大森美優 15歳の生誕祭 (2013/09/24、チームB)

AKB48劇場 チームB ウェイティング公演 47回目

■出演メンバー
チームB → 石田晴香市川美織岩佐美咲大場美奈大森美優大家志津香片山陽加加藤玲奈小嶋菜月島崎遥香田名部生来中村麻里子名取稚菜野中美郷山内鈴蘭
チームK → 鈴木紫帆里

研究生バックダンサー → 向井地美音大和田南那土保瑞希福岡聖菜市川愛美佐藤妃星



■ポジション
竹内美宥小嶋菜月
梅田彩佳中村麻里子
藤江れいな片山陽加名取稚菜

小嶋陽菜大家志津香
渡辺美優紀大森美優
柏木由紀大場美奈野中美郷

(旧)石田安奈(高城亜樹) → 鈴木紫帆里
(旧)峯岸みなみ山内鈴蘭田名部生来


■抽選前
有志の方が生誕企画について説明

大森美優さん推し以外の人が多いと思いますが」客w

「もし余裕があればみゆぽんコールもよろしくお願いします」


■公演前の陰アナ
大森美優「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください」

「みなさん、こんばんは!」客「こんばんは」

「最近秋が近づいてきて肌寒いんですけど、今日は最高に熱い公演にしましょう。大森美優でした」客、拍手


■開演
◆M00.overture
◆M01.初日
◆M02.君のことが好きだから
◆M03.Virgin love
◆M04.正義の味方じゃないヒーロー


■MC (自己紹介)
中村麻里子「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームBです」客、拍手

中村麻里子「初日・君のことが好きだから・Virgin love・正義の味方じゃないヒーロー、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手

お題提供:マイルさん
お題:私損したなと思うことはなんですか?

【1列目 上手側から】
市川美織「フレッシュレモンになりたいの~♪ ありがとうございます。チームBのみおりんこと市川美織です」

「みなさん、フレッシュですね」客w

「最近損したことはですね、私、最近泊まることが多いので、シャンプーをちっちゃめのボトルを買おうと思ったんですよ。でもどこへ行っても私の好きなそのシャンプーがなくて、いろいろ回った結果、諦めて違うのを買ったんですね。そしたらその宿泊した施設の近くのコンビニエンスストアさんに行ったらあったんですよ。それが私の欲しかったものが。だから、もうちょっと我慢しておけば、損することもなかったなーと思って、最近は我慢ということを覚えました」客、軽くw

小嶋菜月「18歳のなっつんこと小嶋菜月です。よろしくお願いします」

「私は学校での出来事なんですけど、昨日体調が悪くて授業中、講義室で講義みたいなのやってたんですけど、抜けようと思ったんですよ。そしたら先生がスクリーンで映像を流しながらマイクでここはこうでって説明してて、100人ぐらいで、私勇気を振り絞って手上げたんですよ。そしたらなんか、先生がわざわざ映像止めてマイクを使って100人の前で「はい、そちらの小嶋さんどうしました?」って言ったんですよ。私、体調が悪いってことを100人の前で公表してしまい、すごく、損をしました。みなさん盛り上がってますか!?」客「イェー!」

中村麻里子「梅田チームB、19歳の中村麻里子です」

「私はですね、DVD観賞が趣味なんですけども、レンタルDVD屋さんでしょっちゅう延滞しちゃって、この間半額キャンペーンを使って借りたんですよ、CDとDVDを。なのに、家出る時に忘れちゃって。半額だったんで300円が150円で借りれるわけじゃないですか。なのに、倍払っちゃって。本当は2千円で借りたのに、その倍の4千円の延滞金を払っちゃったんですよ、1日で何十枚も借りてたんで。ちょっとそれをね、損しちゃったと思ったので、今後は気をつけたいと思います」

島崎遥香「19歳の島崎遥香です。よろしくお願いします」

「私は普段すごい、なんて言うんだろう、根暗で地味なんですよ。肌も白いので、夜中、ちょっと喉が渇いたなと思って立ち上がったんです。起き上がったんですね。そしたらお母さんがパって目を覚まして、「お化けかと思った」って言われてビックリされて」客、軽くw

「なんか家族なのにお化けと間違えられてすごく悲しかったです。そんな感じです」客、軽くw

「地味な私を今日は見てください」

大家志津香「できませんは言いません、福岡県から来ました大家志津香です。よろしくお願いします」客「おめでとう」

「えっ?何?」客w

「じゃんけん? ありがとうございます。9位になりました。ありがとうございます」客、拍手

「私が損したことはですね、私、こう見えてなぜか恋愛相談すごくされるんですよ、実は。笑うのはおかしいですよ」客w

「すごいされて、この間地元の友達が失恋したらしくて、慰めようと思って、自分のお勧め、私、失恋ソングしか基本聴かないんですけど、お勧め失恋ソングをね、曲買えるサイト、そこのプレゼントってやつで10曲ぐらい送りつけたんですよ、その人に。そしたら、アドレス間違ってて。たぶん全然知らない人に」客、反応

「失恋ソング10曲ぐらい送りつけちゃって、届いてないよって言われて。めっちゃ損したし、その人が失恋してないことをほんとに願うと思って」客w

「わけわかんない人に失恋ソングを有料で買ってあげてしまいましたという損した話です」


【2列目 上手側から】
山内鈴蘭「らんらんらん♪ 幸福の再来のおまじない。みなさんが幸せになれますように。AKB48チームBのらんらんこと山内鈴蘭です。よろしくお願いします」

「あー、照れた。これさっき大家さんが緊急で作ってくれたんですよ。幸福の再来っていうのは、鈴蘭って名前なんですけど、鈴蘭のお花の花言葉らしくて、今日知りました。存してしまったことなんですけども、この間パパから超電話がかかってきてて、めんどくさくて出なかったんですよ。何十件もかかってきてて。で、家を出ようとした時にママから電話がきて、ママはいいか、電話出ようかと思って、ママの電話出たんですよ。そしたら、「パパがめっちゃ怒ってるよ」って言われて、なんで怒ってるんだろうって思ってたの。そしたら、前の日の夜にパパに「お小遣いちょうだい」っておねだりしてたの忘れてて、で、パパちゃんが家に帰るまで待っててくれたらお小遣いあげるよの電話だったらしいんですよ。んー、待っとけば良かったー!。。」客w

「待っとけば良かったなってすごく思いました」

加藤玲奈「あれ?どこ見てるの? あっち?こっち? れなっち ありがとうございます。チームB、16歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「考えたんですけど、あんまり損したことを覚えてなくて。なんでそんな覚えてない脳みそを持ってる自分がラッキーだなって思います」

片山陽加「艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「片山はですね、損したとはちょっと違うのかもしれないんですけど、ある日、お母さんと東京駅のカフェに、私すっぴんだったんですけど、お母さんと話してて。そしたら、私がそのカフェのトイレに行ったんですよ。並んで、出てきて。したら、「すいません。もしかして片山陽加さんですか?」みたいな声かけられたんです。「待って。なぜすっぴんの時に?」と思って。なんかそういうのが多々あって、化粧してバッチリで都会歩いてても全然なんですけど、なぜかふいにすっぴんの時に、「えっ?ここで?」みたいな。一番恥ずかしかったのはすっぴんで、渋谷の109のところ行って、エスカレーターで人が割りと多いところで「片山陽加さんですよね?」って声かけられた時に、「もう私そんなもう」みたいな、誰?みたいな、他人から見れば。知名度あんまりなんでね」客、軽くw

「それが逆に声かけられるのはすごい嬉しいんですけど、周りからの「あんた誰?」みたいな目がほんとに恥ずかしくて。なんでなんだろうね、すっぴんの時っていうね。でもすっぴんもキレイにね、23歳もうそろそろ折り返しきてるのでね、肌の」客、軽くw

「がんばって、若作りしていきたいと思います」

大森美優「ハ~イ、デコポン、すっぽん、思い切り みゆぽん! ありがとうございます。チームBの中学3年生、大森美優です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます・・・。私はですね、ある夏の日のことに、鼻にすごく違和感を感じまして、なんだろうと思って、いいやとほっといたんですけども、その後に鏡を見たら、鼻の頭に蚊に刺されてまして、あら、どうしたんだろうと思って。たぶん私、肌も白いほうだと思うので、たぶん。すごく鼻だけ目立ってしまったんですね。なのであの時パチンってやってれば、そんなことなかったのになって思うんですけど、みなさんなので鼻に違和感を感じたらこうやってみてください。今日は素敵な公演にできるように、みなさんと盛り上がっていきたいなと思います」

石田晴香「はるきゃん (Do it!) ありがとうございます。19歳のはるきゃんこと石田晴香です。よろしくお願いします」

「私は、もう19歳なんですけど、たまにふと勉強したいなっていう時があるんですよ。ちょっと勉強してーなーみたいな。ドリルとか買うかなーみたいな感じで思う時がたまーにあるんですよ。そういう時に、義務教育の時になぜもっと勉強しておかなかったんだと切実に思います」

名取稚菜「幸せを運ぶ4つのエクボ、あなたに幸せを届けます。わかにゃんこと名取稚菜です。よろしくお願いします」

「私はこの間のNOTTVの「あんた、誰?」という番組知ってますか? その時にですね、企画で、私としーちゃんの泊まっていた時の同室を再現しなさいみたいな、が、あったんですよ。で、大家さんのぐぐたすで、今から稚菜を襲うっていう投稿を見たことある人いますか?」客、軽くw

「その襲われてるところを再現したんですよ。それがけっこう過激で、すごかったんです。後ろからガシッみたいな、ここでこうするみたいなのを1コ1コ説明してて、で、足広げられたりとかしたりして、大変なんですよ。だからそれを生放送でやっちゃって、私お嫁に行けるのかなって思いました。それが損かなと思います」


【3列目 上手側から】
田名部生来「刺激1本おたなみんC。たなみんこと田名部生来です」

「私はですね、じゃんけん大会の衣装がんばり過ぎたなっていう」客w

「めっちゃめちゃ嬉しかったんです、ほんとに円谷プロさん協賛で、すごく素敵な大きなタナミクラスの衣装を作っていただいたんですけど、1回戦、初戦でぱるる、前回の王者のぱるるだったんですけど、負けた瞬間にいろんな大人の顔が浮かんで」客w

「もう胃が痛くて仕方がなかったです。でもすごく感謝してます。がんばりたいと思います。今日も嬉しい・楽しい・たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

鈴木紫帆里「シアターを支える3本目の柱になりたい、本日は急遽このチームB公演にアンダー出演させていただきます、チームKのしほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私は先日同級生とディズニーランドに行こうと思ったんですけど、チケットがなかったので、当日券を買おうと思ったんですね。ディズニーランドじゃなかったかもしれないんですけど。そしたら、私の同級生はみんな大学生なので、学生割引というものがついてくるんですよ。なんですけど、私は学校に行ってないというか、大学生じゃないので、学割が1人だけ効かなくって、「みなさん学生証お見せください」みたいな感じでドヤ顔でみんな提示してるのに」客、軽くw

「1人だけなくって、なんか、「大人、料金、ですか?」みたいな感じで、すごいチケットの方も申し訳なさそうに、みんなよりちょっと多目に私からもらってて、学生だったら学割が効いたのにって思いました」

大場美奈「今日もころちゃん体型安定 みなるんこと大場美奈です」客「おめでとう」

「ありがとう。ありがとうございます。じゃんけん選抜4位になりました、ありがとうございます」客、拍手
誰か「博士」
大場美奈「博士の話はしませんよ」客w

「博士は損したと思ってないからね。昨日ですね、握手会の休憩中に、順位決めが裏でありまして、楽屋のほうで。で、私はチームKの平田梨奈ちゃんと3位4位決めをやったんですけど、ずっとね、なんか直感でやってたら3回ぐらいあいこだったんですよ。で、またあいこかと思って。あいこにちょっとなんかこうね、変な感情がありまして、もういいと思って、ちょっと直感とは違うグーが思いつきまして、グーを出したら見事に負けてしまったっていう。あそこで直感でグー以外を出していたら私はもしかしたら3位だったかもしれないというね。3位と4位って違うんですよね、やっぱ」客w

「ピラミッド上だとやっぱ3位ってすごく絶対ね、映るから、それだけが悔いなんですけども、まぁ、珠理奈さんの裏でちょいちょい抜けたいなと思います」客w

野中美郷「22歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「私もあんまり損したなって思うことはあんまりないんですけど、ずっとちっちゃい時から身長が一番高かったんですよ、学校とか保育園とかで。でも、それがたまに気になることがあって、ヒールとか今高いやつがすごい売ってるし、でも履きたいけど、身長が気になって履けないみたいな。でも、紫帆里はけっこうおかまいなしに履くんですよね」客、軽くw

「ヒールが高いやつ。でも見てたらかっこいいんですよ、やっぱり。だから、最近は損してないなって思います」

岩佐美咲「18歳のわさみんこと岩佐美咲です。よろしくお願いします」

「私はじゃんけん大会なんですけど。今回応援席があって、各事務所で4、5人来てたじゃないですか。映ってましたか?テレビ中継。そう、いたんですけど、私の応援団として、徳間ジャパンレコードって私の無人駅とか出してるレコード会社の人が4、5人来てくださって、で、なんと、わざわざ業者に頼んで横断幕を作ってくれて、「演歌の星 岩佐美咲」みたいな、すごい恥ずかしくて。嬉しいのに恥ずかしくて。で、なんかタオルもね、「タオルさ、ネットで調べたら売り切れてたからヤフオクで落とした」とかって言われて」客w

「なんか申し訳なくなっちゃって。でもね、うちわとかも買ってくれて、もう超気合が入ってたんですけど、なんかそれが恥ずかしくなっちゃって。なんだろう、授業参観とかでお母さんとかがすごいオシャレしてきちゃったみたいな、そういう恥ずかしさがあって、しかも1回戦で負けちゃって、損したっていうか、損をさせてしまったなって思って。自分で払いたいです。業者に頼んだり、ヤフオクで落としたのに」客w

「ヤフオクってけっこう高くつくんでしょ? 自分で払いたいです」客w

「ということでですね、今日はチームBの妹的存在のあの子の特別な日なので、みなさん盛り上げていきましょう」

大場美奈「本日の梅田チームB公演は以上のメンバーでお送り致します。続いてはユニットの登場です。どうぞ」客、拍手


◆M05.君のc/w (市川美織島崎遥香小嶋菜月)
◆M06.抱きしめられたら (片山陽加大家志津香加藤玲奈)
◆M07.思い出以上 (中村麻里子山内鈴蘭名取稚菜)
◆M08.ごめんね ジュエル (岩佐美咲大森美優田名部生来石田晴香)
(BD:向井地美音大和田南那土保瑞希福岡聖菜市川愛美佐藤妃星)
◆M09.涙に沈む太陽 (鈴木紫帆里大場美奈野中美郷)


■MC
片山陽加市川美織小嶋菜月山内鈴蘭島崎遥香大家志津香中村麻里子加藤玲奈

中村麻里子「チームBからじゃんけん選抜出ましたね」
メンバーたち「イェー」客、拍手

「おめでとう」
片山陽加「チームBからは?」
中村麻里子「大家さんと」
片山陽加「わかにゃん」
中村麻里子「みなるん。しかもみんな1桁っていうね、順位が」
片山陽加「あとれいにゃんも。4人入ったんだ」
山内鈴蘭「その時の裏話とか、衣装とか、なんでこの衣装選んだのかとか、そういう話しません?」
片山陽加「まずさ、選抜入ったしーちゃん」
大家志津香 → 急に捌ける(客w) すぐに戻り「歯に黒いのが付いたみたい」客w → 捌ける
山内鈴蘭「いってらっしゃい」

「じゃ~、私訊いてみたいんですけど、麻里子絶対言いたいことあるよね」
中村麻里子「言いたいことありますね」
山内鈴蘭「ありまくりでしょ? 言いなよ」
中村麻里子「私、あの・・・(センターへ)」
山内鈴蘭「センターきた」客w
中村麻里子「登場で、渾身のキンタロー。さんを張り切ってやったんですよ。カメラ赤ランプ付いてます。これは私、地上波に乗ったぞ、ついに私の時代がやってきたと思ってやってたわけですよ」客w

「もうやり切って、負けたけど私はこれだけのキンタロー。さんのモノマネを見せれたって安堵感で帰ってきて、みゃおさんがひと言。「すっごいおもしろかった。でも1つだけ言いたい。CMでした!」って言われて」客w

「えっ? CMだったの?と思って乗れなかった自分がショック」
片山陽加「でもスカパーのほうにはバッチリだったから」
中村麻里子「でもやっぱ地上波に出たかったですね」
山内鈴蘭「だってすごい張り切って裏で超練習してて」
中村麻里子「超練習して」
小嶋菜月「何時間前から何やろうかなってずーっと言ってたんですよ」
中村麻里子「ギリギリまでずっと鏡の前でキンタロー。さんのダンスを練習してたのにもかかわらず、ショックだったっていう話で失礼します(定位置に戻ろうとする)」客、拍手
山内鈴蘭「ちょっと待って。やらないの?」客、拍手
中村麻里子「いいんですか?」
山内鈴蘭「やるかと思ってセンターきたと思った」
中村麻里子「じゃ~、みなさん口ずさんでください。フライングゲットのオープニングを」

メンバーたち → フライングゲットのイントロ(客、手拍子)
中村麻里子 → キンタロー。のモノマネを披露 「私がセンターになっても、AKB48のことを、嫌いにならないでください!」客、拍手

山内鈴蘭「ありがとう」
片山陽加「すごい。似てる、超似てる」
中村麻里子「良かった。尺取っちゃったけど、披露できて良かったです」客、軽くw
山内鈴蘭「地上波で映って欲しかったな」
大家志津香「スタイルいいからキモイよね」客w
小嶋菜月「たしかに手足が長いんですよね」
山内鈴蘭「ぱるるが大笑いしてました」
中村麻里子「おもしろかった?」
島崎遥香「なんかほんとついてないんだなーと思って」客、爆笑&拍手
中村麻里子「もうあの日どれだけ持ってないねって言われたか」
島崎遥香「かわいそうになっちゃった」客、軽くw
中村麻里子「応援して」

片山陽加「改めてしーちゃん、選抜に」
大家志津香「私1位になると思ってたから、今年。1位になると思ってたからショックでした。みなるんに負けたんですけど、衣装は普通に、私ダイビングやるんで、「ダイビングの衣装で」って言って。ほんとは全部一式準備してくださいって言ってたんですけど、衣装さんが誰も免許持ってないから、ボンベが借りれなくて、超中途半端な、恥ずかしいジャケットみたいなのだけ着て、これじゃ微妙だなーと思ったから、ほんとは私あんま出すの好きじゃないんですけど、ウェットスーツだけで出てきたら意味わかんないから、上開けて、ビキニで。めっちゃめちゃに、寄せて」客、軽くw

「出て。したらツイッターに「大家の不自然な谷間w」みたいな投稿が」客w
山内鈴蘭「ひどい」
大家志津香「けっこうありました」

中村麻里子「れなっちもナース服とか着てたよね」
加藤玲奈「あれ、キャビンアテンダントで」
小嶋菜月「全然違う」客、軽くw
中村麻里子「ごめんなさい」
市川美織「ちゃんと見てました?」
加藤玲奈「そうですね、はい」
片山陽加「ほんとにおもしろかったよね、今回ね。いろんな、すごい凝ってて」

市川美織「私すごく言いたいんですけど。私レモンでヒョウ柄レモンにしたんですよ。で、衣装さんがヒョウ柄レモン一生懸命作ってくださったんですけど、その、私が出てきた瞬間「腐ったレモンかと思った」ってみんなに言われるんですよ」客w
中村麻里子「たしかに色的にね」
片山陽加「柄がちょっと薄くて」
市川愛美「たぶん黄色とちょっとヒョウ柄の色が混ざっちゃって、なんかすごい「腐ったレモンに見えた」ってすごい言われて、終わった後、お父さんとかお姉ちゃんにも「あれ何だったの? 腐ってるように見えたんだけど」って言われて。ヒョウ柄レモンです、あれは。腐っちゃいません、まだフレッシュです!」客、拍手

「まだフレッシュですよ」
中村麻里子「がんばれ、もうすぐ二十歳」
市川美織「もうすぐ二十歳は余計です」客w

「ということでみなさん、じゃんけん大会裏話というか、楽しい話を聞けたところで、後半戦に参りたいと思います。みなさん準備はいいですか?」客、拍手


◆M10.フライングゲット
◆M11.キスして損しちゃった
◆M12.ナギイチ
◆M13.呼び捨てファンタジー
◆M14.夕陽を見ているか?


# 曲終了後、列ごとに「ありがとうございました」挨拶してから捌ける


■アンコール
有志の方「本日は9月3日に15歳の誕生日を迎えた大森美優さんの生誕祭です!」客、イェー!&拍手

「14歳の1年はチームBに昇格をすることができ、夢に一歩前進できるだったのではないかと思います」客、拍手

「15歳の1年も、更に夢に向かって飛躍できる1年になるよう、アンコールはみゆぽんコールでお願いします」客、拍手

「みなさん、準備はいいですか?」客「イェー!」


「みゆぽん」コール


◆EN01.UZA


■MC
田名部生来野中美郷大場美奈大森美優名取稚菜

野中美郷「ここのMCのお題はみゆぽんが考えてきたということで」客「おー」
大森美優この先AKBとしてやってみたいお仕事はなんですか?

名取稚菜「みゆぽんまず聞きたい」
大森美優「私は大好きなふなっしーに会いたくて」
名取稚菜「会ったよね?」
大森美優「ちゃんと会って話してないので。ふなっしーと会話したい」
名取稚菜「絶対つまらないよ」客w
大場美奈「3万円で交渉できるみたいだよ」
大森美優「お年玉貯めようと思います」
大場美奈「でも叶いそうですね、それ」
大森美優「どっかで見てたら、よろしくお願いします」
名取稚菜「じゃ~、ふなっしーと対談ね」
大森美優「はい、そうです」
名取稚菜「そっか。それが夢なのね」
大場美奈「かわいいじゃない」

「私はね、これはね、絶対できないと思って言いますけど、モデルの仕事がしたい」客「おー」
田名部生来「それは何?グラビアとかじゃなく、こういうやつ?(モデルポーズ)」
大場美奈「こういうやつ(ポーズ)」
名取稚菜「みなるんさんあれじゃないですか? 顔だけのページとかがいい」客、爆笑&拍手
大場美奈「何それ?」
田名部生来「かわいそうでしょ」
名取稚菜「顔すごい美人だからね。そういう意味ですよ」
大場美奈「なんで体のことは褒めてくれないの?」客w
名取稚菜「違う違う。顔をクローズアップしたらいいと思います」
大場美奈「なれないからこそここで言っておくっていうね」

野中美郷「私は、仕事かどうかわかんないけど、私、じゃんけん大会で売り子の格好をしたんですよ」
大場美奈「野球場の」
野中美郷「そうそう。やってみたいんですよね、売り子」
大場美奈「それさ、AKBがやることかな?」客w
名取稚菜「みちゃさんやったらめっちゃ売れますよ」
大場美奈「あっ、わかった。野球場ダメだから、シアターでやったらいいじゃないですか」客「おー」

「ダメだ。シアター飲食禁止です」
大森美優「コンサート会場もダメですかね?」
大場美奈「コンサート会場も飲食禁止? だよね?」
田名部生来「禁止だと思う」
大場美奈「じゃ~、のなんのグッズを売りに。売り子ならなんでもいいんでしょ?」
野中美郷「自分のしか持ってないんでしょ?」客、軽くw

「それ売れるの?」
名取稚菜「売れますよ。I love みちゃのやつ」
大場美奈「それも叶いそう」

田名部生来「私はね、(AKB48)をいろいろ使い尽くしてるんだけど」客w

「それで最近ね、ずっとやりたかったDJをやったの。だから、今度はAKB48グループのDJをやってみたいなっていう」客、拍手
大森美優「DJってどんなのですか?」
田名部生来「音流すんだけどね、機材使って。すごい難しいんだけど、おもしろくて、ちょっと嵌ってるので、やってみたいです。SKEかけたいです」
大場美奈「AKBじゃないの? AKBでしょ?」
田名部生来「SKEの曲が大好きで」
大場美奈「一応ありがとうございました」客、軽くw
田名部生来「うちのだよね」
大場美奈「そうです、SKEです」

名取稚菜「私はそうだな。みなるんさんとグラビアやりたいです」客「おー」

「やったことないだよねね」
大場美奈「お断りします」
名取稚菜「なんで?」
大場美奈「私より優れてるボディーの方とはお仕事しません」客w
名取稚菜「ひどい。そんなことないですよ」
大場美奈「私は1人だからまだ見れるものだって、ほかの人と一緒になっちゃうと霞んできちゃうから」
名取稚菜「そういうの嫌味ですよね。先輩怖いわ、そういうの」客、軽くw
大場美奈「じゃ~、やりましょう。チームBの小嶋菜月とか」
名取稚菜「そうしましょう。小嶋菜月

# 後半メンバー登場

小嶋菜月「何?何? 褒めてくれてました?」
名取稚菜「果樹園、果樹園」客w

# メンバーチェンジ

山内鈴蘭小嶋菜月片山陽加加藤玲奈島崎遥香中村麻里子鈴木紫帆里石田晴香大家志津香岩佐美咲市川美織

岩佐美咲「じゃんけん大会もあったということで、最近ついてた話をしたいと思います」

山内鈴蘭「私、白いお米わかります?みなさん。お水でこうといで、炊くやつ。あれをやろうと思ったんですよ。炊こうと思って、炊飯ジャーをピって押したら炊いてあったつあー(噛む)」
大家志津香「どういうこと?」
山内鈴蘭「だから、ご飯を炊こうと思って、炊飯機の中の黒いやつあるじゃないですか。あれを取ろうと思ってポチって言ったらもう炊いてあったんですよ」
大家志津香「誰が炊いてんの? すげーホラーな話」客w
山内鈴蘭「パパかママかどっちかだと思うですけど」
大家志津香「そういうことね」
山内鈴蘭「やんなくて良かったなって思いました」

岩佐美咲「私、最近運があった話。うんち踏んだの」客、軽くw

「犬のうんち踏んじゃった」
石田晴香「何のうんち?」
岩佐美咲「犬だよ。犬に決まってんじゃん」客w

「何?どういうこと?」
石田晴香「猫猫。鳥とかね」
大家志津香「いろいろあるから」
岩佐美咲「あっ・・・いいや、やっぱ」
メンバーたち「何?」
岩佐美咲「あったなと思って。うんち踏んだことw しかも素足で踏んだんですよ」
メンバーたち「えー?」
岩佐美咲「犬だよ」
大家志津香「犬ならいいみたいじゃないから」
岩佐美咲「犬のうんち踏んじゃって。でも家ですよ。素足で外歩かないから、家で」
石田晴香「そういう人なのかなと思った」
岩佐美咲「違う違う。犬3匹飼ってて、踏んじゃったの、うんちを。踏んじゃって、うわーと思ったら、その後ね、家族でご飯食べに行ったの」
石田晴香「たむちゃん?」
岩佐美咲「違う。ぷー助。踏んじゃったんだけど、洗って、家族でご飯食べに行ったの、その後。そしたら焼肉屋さんに行ったんだけど、なんか、食べ終わって、出たら足に、テーブルの横についてる紙のやついっぱいあるじゃないですか。それが3枚ぐらいついてて。そう、いろいろ付いてた」
大家志津香「うんも付いたし、紙も付いたね」
岩佐美咲「そうそう。でもじゃんけん負けたんだよね」
中村麻里子「これからですよ」

岩佐美咲「しーちゃんおもしろそう」
大家志津香「めっちゃ普通に運があった話考えてたんだけど。ほんとにおもしろくない。あの、私、たかみなと伊勢神宮に行ったんですよ。で、佐瑠女神社っていう芸能の神様の神社に行って、今年って60年に1回の60人ぐらいの神様が集まるみたいな、その年に私たまたまたかみなに誘ってもらって行くことになって、しかもその日がちょうど、1年に1回だけ一番いい日だったの、佐瑠女神社自体が」
メンバーたち「へー」
大家志津香「それで行って、じゃんけん入って、やったーと思ってたら、AKB新聞にたかみなが取材されてる記事があって、SKE48の大矢真那さんと伊勢神宮に行ってきましたっていう」
メンバーたち「えー」「おおや違い」
大家志津香「なってて。結局ついてなかったなと思って、Google+で「私だよ」って書いてやりました」
岩佐美咲「AKB新聞でしょ?」
大家志津香「おおやと言えば向こうみたいになってたんでしょうね」
石田晴香「私たちのおおやはしーちゃんだから、がんばるんだよ」
岩佐美咲「負けんな」
大家志津香「私がたかみなと行ってきました。ついてたようなついてないような話です」

片山陽加「私、じゃんけん大会1回もね、1回戦目も勝ったことないの、4回出て」
岩佐美咲「それさ、はーちゃんとみゃおだけだよ」
片山陽加「でもね、そのじゃんけん大会の前の週のオールナイトニッポンで、じゃんけんに勝ったら好きな曲を勝った人がかけられるっていうので」
岩佐美咲「私も出てた」
片山陽加「そう、あのね、3回あったわけ。3回とも勝っちゃったわけ。それね、もう終わった後、放送後、ファンの人が「嫌な予感がする」って言って」客w

「ここで運使い果たしてるんじゃない?みたいな。そしたらほんとに嫌な予感的中しちゃって。でね、スタッフさんにもなんか「片山さん勝ってるイメージがつかない」みたいな。もう私、男気じゃんけんなら勝てる気がするんだけど、もうほんと、4回出て1回も勝てないって、ある?みたいなね」
大家志津香「逆にすごい」
岩佐美咲「そっちで目立てるからいいじゃん」
片山陽加「ほんと? でもヤフーのニュースにも私とみゃおの名前載ったからいいと思って。負けたほうでね。なんかちょっと勝ちたいよね、いつかは」
大家志津香「いろんな運がありますね」

# 前半メンバー入場

大森美優「ついてること? この間、靴にガムがつきました」
メンバーたち「かわいい」
大森美優「新しく買ったガムがついてしまいました」
石田晴香「新しく買ったガム?」
大森美優「あっ、新しく買った靴にガムがつきました」客、軽くw

「みなさんそういうこともあると思うんですけども、みなさんまだまだ盛り上がる準備はできてますか?」客「イェー!」

「ということで、チームBと言えばこの曲。チーム!」
メンバーたち「B推し!」


◆EN02.チームB推し
◆EN03.ギンガムチェック
◆EN04.タンポポの決心


小嶋菜月「本日はご来場いただき、本当にありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

小嶋菜月「ここでですね、今日はAKB48・32枚目のニューシングル「恋するフォーチュンクッキー」を今日のこのメンバーで披露したいと思います」客、拍手


◆EN05.恋するフォーチュンクッキー


大森美優 生誕祭
加藤玲奈「恋するフォーチュンクッキーを聴いていただき、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 片山陽加 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(バック)、せ~の(前進」
名取稚菜「ちょっと待った」客、拍手

「今日は9月3日に15歳の誕生日を迎えた大森美優ちゃんの生誕祭です」客、拍手

→ 大森の手を取りセンターへ

「みゆぽん」
みんなで「お誕生日おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け(小嶋菜月片山陽加)

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア みゆぽん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

大森美優 → ロウソク火を吹き消す(4フー) 直後に特効発射(客、拍手)

メンバーたち「おめでとう」「思いっきりみゆぽん」
大森美優「ありがとうございます」

名取稚菜「そんなみゆぽんにですね、ある方からお手紙が」客「おー」

「あるのでね、読ませていただきたいと思います」

「みゆぽんへ。みゆぽん、15歳のお誕生日おめでとう。

みゆぽんと初めて会った時はオーディション会場だったよね。その時、私は合格したことが嬉しくて、「なんで私、合格したんですかね?」ってまだ話したこともない隣にいたみゆぽんに思わず訊いた時に、「かわいいからですよ」って言ってくれたあのひと言が今でも頭の中から離れません。

あの日から研究生になって、チームBに昇格して、今日は正規メンバーになって初めての生誕祭だね。本当におめでとう。

みゆぽんが劇場公演デビューしてから今日まできっとたくさんの壁があったと思います。特に、研究生の時にあったセレクション審査は未だに忘れられないね。

デビュー当時は弱音とか言わないみゆぽんだったので、私はちょっと気になっていたけど、最近は相談だったり、意見も私に話してくれて嬉しく思います。

お互いチームが別々で、会える時間とか少なくなっちゃったけど、みゆぽんらしくいてくださいね。そして、これからも夢に向かっていろんなことを吸収していきましょう。

素直でちょっと天然で、負けず嫌いで、いつもかわいいみゆぽんが大好きです。

今度チームB公演を見に行くね。これからもよろしくね。

チームA、佐々木優佳里」客、拍手

大森美優「ありがとうございます」
名取稚菜「ゆかるんからのお手紙でしたけど」
大森美優「ゆかるんは一番仲良しで、ゆかるんからのそういうの弱いんですけど、すごくビックリしたんですけど、この間の全国握手会の時に「生誕祭いつだっけ?」って言ってきて、全然知らないような感じだったので、じゃ~、ゆかるんじゃないのかなって思ってたので今すごくビックリしています」
名取稚菜「そうなんですよね、良かったね、すごい仲いいの普段から見てるから私も嬉しいなと思います」

「15歳の1年はこれからどんな1年にしていきたいですか?」
大森美優「15歳は去年の今まではすごく環境が変わった1年だったんですけども、あんまり私は感情を表に出さないタイプで、あんまり人に言ったりしなかったんですけど、やっぱりみなさんと一緒に成長していきたいので、モバメとかで書いてみようと思って書いて見たんですね。そしたら、握手会とか手紙でみなさんがすごい励ましてくれて、こんなにあったかいんだって思って、すごく安心したので、それによって、すごく悩んでしまった自分とかも、新しい自分に変えられることができたりとか、すごく研究生の時は、研究生一番期が上だったんですけど、年下のほうで、年上の後輩にどう言っていいかわかんなかったりしてたんですけど、こうみなさんがみゆぽんらしくいればいいんだよとか言ってくださったり、それでもがんばっていたけど、勢いのある後輩が自分よりも前にいたりすることもたくさんあったので、今後どうなるのかなってすごい思った時期もあったんですけど、こうみなさんに支えられて、ちゃんと15歳になれたので、これからはみなさんを引っ張っていけるような15歳にしたいなと思っています」客、拍手

名取稚菜「みゆぽんは私にとってチームBで唯一の後輩っていうか12期生だから、もっと頼って欲しいし、弱音とかも吐いて欲しいんで、これからもどんどん頼ってください」
大森美優「はい、ありがとうございます」

名取稚菜「こうやって素敵な生誕祭を開いてくれたファンのみなさんにひと言お礼をお願いします」
大森美優「ほんとに今日はみなさんほんとにありがとうございました」客、拍手

「ありがとうございます。ほんとにみなさん、私のファンのみなさんはすごくおもしろくて、ほわほわしてて、すごくお話したりすると楽しくて、すごくみなさんと気が合うなっていつも思うんですけど、

私がちょっと弱くなってたりすると真剣に話してくれる、いつもほわほわしてるみなさんがしっかり話してくれるのがすごく私は支えになっていてすごくみなさんが大好きだなって思うんですけど、これからは新しいチームに昇格して、今後どうなって行くかわからないし、自分らしくやりたいと思ってるんですけども、みなさんもこれからもみなさんらしくぜひ応援していただけたらいいなって思うんですけど、

今日は「チームB推し」を歌っていて、今日で3回目の生誕祭なんですけど、1回目の生誕祭の時は「シアターの女神」公演でアンダーで出ていた時だったんですけど、その時も「チームB推し」を歌わせていただいたので、その環境の違う曲を今日歌わせていただいて、すごく嬉しかったし、みなさんの顔を見てて、すごくいろんなことを思い出したので、これからもみなさん、優しいみなさん、これからも一緒に歩いていただけたらいいなって思っています。今日は本当にありがとうございました」客、拍手

名取稚菜「そうですね、いつまでもチームBのかわいい妹でいてください」
大森美優「ありがとうございました」
名取稚菜「何か言い残すことありますか?」客、軽くw
大森美優「言い残したことはほんとにありがとうございました」
名取稚菜「そういう意味ではないですよ」客w

「そんな変な意味じゃなくて、感謝とかね、まだあるかなって思って」
大森美優「ほんとにありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです」
大家志津香「おめでとう」
メンバーたち「おめでとう」客、拍手

名取稚菜「今日はみゆぽんに最後の挨拶をしてもらいます」

# バックダンサー → 列の端に加わる

# 手繋ぎ挨拶 / 名取稚菜「せ~の(バック)、せ~の(前進)、ありがとうございました(お辞儀)」客、拍手

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:恋するフォーチュンクッキー)

大森美優「本当にみなさん今日はありがとうございました。幸せでした。ありがとうございました」客、拍手

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■率直な感想 (私見)
率直に今日の公演は楽しかった。また次回も見たいと感じる公演だった。

握手会明けで、山内鈴蘭さんなど、ちょっと声が掠れ気味の子もいたが、疲れが見えるメンバーは少なかった。

(当たり前のことではあるが)ダンスは真面目に、一生懸命踊ってる子が多かった。
3人ほど相変わらずな子もいたが、今日はそういった子に目が行かないほど、他が良かった。ダンススキルの高い片山陽加さんは、今日はいつもとポジションが違ったせいなのか、もしかしたらちょっと調子が悪かったのかもしれないが、その片山さんがそれほど目立たないほど、よく踊れていた子が多かった。鈴木紫帆里さんの出演も大きかったと思う。

今日は特に大場美奈さんが良かった。体を捻るところではよく捻っていたし、手振りなども最後までしっかりやっていた。SKE48との兼任効果でもあるのだろうか。

あと、中村麻里子さんや大家志津香さん、岩佐美咲さんなども良かった。
大家さんはだいぶ長い間、目標がなく、なんとなく踊っていた感があったけれども、ここ最近はすごく一生懸命。がんばりが目につく。

MCも今日はダラダラすることなく、張りが感じられた。声をしっかり張って話す子が多かった。岩佐さんのじゃんけん大会応援席エピソードなど、おもしろい話も多かった。

梅田キャプテン不在だったが、キャプテン不在でもこれだけできるんだと思った。

でも、正規メンバーなので、今日ぐらいやれて当たり前なのかもしれない。
これまでがだいぶあれだったので、その分今日は楽しく感じたのかもしれない。

以上


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月24日(火)「梅田チームB」公演

公演後の感想 → 大森美優名取稚菜

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]



カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ