綾巴は常に全力で生きてます (2013/09/25、チームS)

SKE48劇場 チームS 4th「RESET」公演 11回目

■出演メンバー
チームS → 阿比留李帆石田安奈磯原杏華江籠裕奈大矢真那・木﨑ゆりあ・後藤理沙子斉藤真木子佐藤聖羅都築里佳中西優香新土居沙也加向田茉夏矢方美紀
研究生 → 北川綾巴北野瑠華

前座ガールズ → 大脇有紗後藤真由子矢野杏月日高優月



■開演前
矢野杏月「チームSさんの公演では毎回公演の前に前座ガールズが1曲披露させていただきます。今日は私たちこの4人でお届けします」

# 下手から順に自己紹介 (大脇有紗後藤真由子矢野杏月日高優月)

大脇有紗「それでは歌わせてください。前座ガールズで檸檬の年頃」

◆M00.檸檬の年頃(前座ガールズ)

後藤真由子「チームS公演始まります」

# 4人手を振りながら緞帳閉まる


■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.RESET
(OP → 矢方美紀?・大矢真那向田茉夏)
◆M02.洗濯物たち
◆M03.彼女になれますか?
◆M04.ウッホウッホホ


■MC(自己紹介)
中西優香「みなさんこんばんは」
みんなで「SKE48チームSです」客、拍手

中西優香「チームS「RESET」公演始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

中西優香「まず1曲目からRESET・洗濯物たち・彼女になれますか?・ウッホウッホホ 4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん楽しんでいただけてますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます(一同お辞儀)」客、拍手

「それではまずは自己紹介からさせていただこうと思います。今日の自己紹介は最近ドキドキしたことを添えてお願いします」

【1列目 上手側から順に】
斉藤真木子「大阪から来ました、女子大生、19歳の斉藤真木子です。よろしくお願いします」

「先日、高木由麻奈ちゃんと竹内舞ちゃんの、チームKIIの、お2人の誕生日があったので、誕生日パーティーをしてあげようと思って、その時お家に招いてたので、お家にきたら、2人のカラーのサイリウムをロウソク代わりみたいにして、お祝いしてあげようかなっていう考えをしたんですね。で、いざサイリウムってどこで手に入れるんだと思って、栄の100円ショップのところに踏み入れたんですよ、いざ。すっごいいっぱい種類あるんですよね? 輪っかのやつとか光時間が長いとか、超いろいろあって、みなさんすっごいそっから選抜してきてるんだなと思うと、すごいドキドキしたっていうか、すごい選ぶのに30分ぐらいかかってしまったので、今日はみなさんがすごい自分の中の最高潮のサイリウムで私たちを応援してくれるということで、私もそれに負けないぐらい今日はみなさんをドキドキさせれるような公演にしたいと思います」

中西優香「巷で噂の男子系女子、中西優香です」

「この間ですね、ご飯を食べる時にゆりあが一緒にいたんですけど、ゆりあがこう並んでるご飯を見て、あー、このキュウリ美味しそうって言ってたんですよ。キュウリ?と思って、見てみたら、セロリだったんですよ、それは」客w

「キュウリとセロリの区別つかないのまずいなこの子の将来と思ってドキドキしました」客w

「今日もみなさん一緒にテンションアゲアゲでいきましょう」

北川綾巴「あなたに必要な材料は? (りょうは!) ありがとうございます。あなたに必要とされたいな。ちょっぴりツンデレ、14歳の北川綾巴です」

「綾巴は木下有希子さんが大好きで、話かけられるたびにドキドキします。今日はみなさんをドキドキさせられるようなパフォーマンスをしていきたいと思います」

木崎ゆりあ「いつも心に ピース! あなたの心に ゆりあピース! セブンティーンのチームS、木崎ゆりあです」

「センキュー。私、けっこう最近めっちゃドキドキしたんですよ。何って、この綾巴に、ちょっと半無理矢理的ですけど、お姉ちゃんって言ってもらったんですよ」客「おー」

「もう超かわいくって。で、やっぱね、今ね、中西さんにドキドキ足りないと思うんですよ、この歳で。歳も歳だし」客w
中西優香「歳も歳?」
木崎ゆりあ「だから、ちょっと今から綾巴に、言えるかな?お姉ちゃんって、ちょっと萌えさせてあげて」
メンバーたち「お兄ちゃんじゃない?」
木崎ゆりあ「お姉ちゃんって萌えさせてあげて。(お兄ちゃんだと)のちのち困るから。じゃ~、いいですか? いきますよ」
中西優香「ほんとにいいの?」
木崎ゆりあ「3・2・1」
北川綾巴「お兄ちゃん」客w
中西優香「綾巴、ちょっと間違ってるけどドキドキした」客w

「ありがとう、綾巴。これから最後までがんばれるわ」
木崎ゆりあ「これが見たかっただけという。ということでね、ちょっとネタバレしましたけども、今日の公演もね、みんなで楽しく仲良くやっていけたらいいなと思います」

都築里佳「合言葉は~ ぴよす! ダンスに恋する17歳、永遠の中二病、りかちゅうこと都築里佳です」

「昨日、中西優香さんと一緒に帰ったんですよ」
中西優香「登場回数多い」客、軽くw
都築里佳「中西さんと電車で隣の席に座ってたら、ふと肩にもたれてきてくださったんですよ、中西さんが」客、ひゅ~

「やっぱり中西さんって、初めて見る方が男性と間違うぐらいのイケメンじゃないですか。だからやっぱり、ちょっと、そういうかっこいい方が私の肩にもたれてる!と思ったら、ドキドキが止まらなくてですね、今日はだから中西さん以上にイケメンな一面をみなさんにお届けできたらなと思います」


【2列目 上手側から順に】
磯原杏華「はっはー (はっはー) いつでもどこでも全力磯原いっきま~す! 17歳のきょんこと磯原杏華です」

「私は江籠さんと親友なんですけど、そんな江籠さんはですね、やっぱり私、仲良くなろうと思って「江籠さん早くして」って言って、待ち構えてても、やっぱり最初のほうは(ゆっくり歩く)こうやって掠る程度しか、私に寄ってきてくれなかったんですよ。でも、今日の」客「おー」

「公演前に、江籠さん自ら」客「おー」

「(隣の茉夏に抱きつく) こうやってやってきてくれたんですよ」客、拍手
大矢真那「ずるい」
磯原杏華「ヤバくないですか? そんな江籠さん見たことないと思って。もうね、MAXドキドキしました。なのですけど、今日の公演中にまたね、江籠さんにそう抱きしめてもらえるように、かわいいアピールして行くので、みなさんも受け止めてください」

向田茉夏「フラッフィボイス、SKE48チームSの向田茉夏、17歳です」

「私は基本冷静なので、そんなにドキドキしないんですけど、強いて言うならさかのぼって3年前ぐらいで、体育祭ですか? 体育祭で、走らされたんですよ」客、軽くw

「運動が苦手なのに走らされて、結果ドベになるじゃないですか。その時ほんとに足が遅い時ピークだったんですよ。で、周りの先輩とか同級生とか後輩とか、「何?あの子、足遅い」みたいな。「走り方も変」みたいな」客、軽くw

「なんかちょっとクスクスとした、ちょっと嫌な目線をたくさん浴びて、すごいドキドキしました。そのピークは過ぎたので、今はある程度走れると思います。今日はその運動能力でがんばりたいと思います」

後藤理沙子「強化ガラスのハートの持ち主、高校1年生、16歳の後藤理沙子です」

「さっきのリハーサルでですね、阿比留李帆さんと移動で入れ替わるところがうまくいかなかったんですよ。なので、私が「李帆さん、あそこ違うよ」って言ったら、いざ本番になったら私が間違えてて」客、軽くw

「それを、今から捌けた時に怒られたらどうしようっていうドキドキがすごいあるんですけど、こうやって今みなさんに言っとけば、みなさんが味方になってくれるかなと思って」客w

「今言いました」

大矢真那「せ~の、M・A・S・A・N・A まさな! 名古屋のスノーホワイト、大矢真那です」

「私がドキドキしたことはさっきのリハーサルでのことなんですけど、横にいた佐藤聖羅ちゃんに振りの時に手が思いっきり当たっちゃったんですよ。ヤバイ、これ速攻でパンチが返ってくると思って」客w

「すごい怖くてドキドキしてたんですけど、「いってーな、この野郎」だけで済んだので」客w

「あー、良かった、殴られなくてって思って、とってもヒヤヒヤしました。今日は聖羅にちょっとでも当たらないようにがんばっていきたいと思います」

阿比留李帆「あなたの あなたの あなたの中の高まりほモード スイッチ オン! チームSのりぃちゃんこと阿比留李帆です」

「SKE一コミュニケーション力が高いと言われる斉藤真木子ちゃんからある日メールがきまして。HKT48の兒玉遥ちゃんに連絡先教えていい?ってメールがきたんですよ。ドキドキするじゃないですか。えっ?告白?みたいな。または、「ちゅぶす」って言われるか」客w

「どっちかドキドキしてたんですよ。数分後にメールがきて、兒玉ちゃんから。「阿比留さん、滑舌が悪いメンバーが集まる噛み7に入っていただけないですか?」って」客w → 拍手、おめでとう

「夜中きて。はいはい、疑問。おめでとうなんですかね。噛み7に選んでもらって、兒玉ちゃんからね、メールがきた時すっごいドキドキしたんですけど、今日は噛むほうの「噛み」ではなく、神様のほうの神公演って言ってもらえるようにがんばっていきたいと思いますので、みなさんどうぞよろしくお願いします」

新土居沙也加「尾張名古屋は沙也加でワッショイ 今日も輝けハート星。チームSの新土居沙也加です」

「私は自転車が得意なんですけど。なんでかって言ったら、漕ぐスピードがすごく速いんですよ。それで、けっこう前の話なんですけど、いつも通りハイスピードで漕いでたら、電信棒があって」客、ざわ

「電信棒にママチャリで漕いでたので、そのママチャリのママの部分が」客w

「みぞおちに「うっ」ってなってしまって、そのまま倒れこんだ時が車に引かれそうでとってもドキドキしたんですけど、でも自転車が得意です」

【3列目 上手側から順に】
矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! 大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なみきてぃこと矢方美紀です」

「この前、朝のAM7時ぐらいに着信がかかってきたんですよ。まず、私の携帯あんまり電話鳴らないんですよ。プラス、非通知だったんですよ。非通知じゃない、わかんない番号。家の電話番号からで、何これ?と思って。しかも朝早いじゃないですか。とりあえず出ますよね。そしたら留守電が入ってたんで、聞いたんですよ、一応。したら、「田中ですけど、○○電気さんですよね? うちの電気の具合が」間違えとるはこれと思って」客w

「で、そこはかけ直さなかったんですけど、私けっこう電話がかかってくるのが世界で三番目ぐらいに嫌いなので、今日はですね、みなさんが。みなさんがじゃないな。私からみなさんに電話したくなるような」客w

「知らないんですけど、そんなぐらい以心伝心していきたいなと思います」

江籠裕奈「しっかり者なみんなの妹になりたい、2000年生まれ、13歳の江籠裕奈です」

「私はほんとにさっきあった出来事なんですけど。曲中に踊っていたら、なんと大矢真那さんが私の名前を叫びながら追いかけてきたんですよ」客w&反応

「楽屋でならまだわかるんですけど、まさか曲中にまで、追いかけられるとは思わず、ドキドキしました。でもいざとなったら守り隊の向田茉夏さんと木崎ゆりあさんがいるので、みなさん安心してください」

北野瑠華「今日も1日がんばるか! (がんばるか!) ありがとうございます。ハスキーの歌声をお届けします。14歳の生意気北野こと北野瑠華です」

「私はですね、今すごく緊張していて、不安といろいろ混じってすごくドキドキなんですけど、自分に自信を持って、今日は最後まで精一杯踊っていきたいと思うので、よろしくお願いします」

石田安奈「今日も小悪魔なプレゼントをお届けしてもいいですか~? (いいです いいです いいですよ) あんにゃこと石田安奈、17歳です」

「最近ドキドキしたことは、プールに行ったんですよ、友達と。その時にみんな水着着るんですけど、友達の水着がサイズが合ってなくて、プールから上がる度にお尻が半ケツになってて見えるんですよw それが恥ずかしいって言ってたんですけど、スライダーをしようっていう話になって、したら、もう友達、半分出てるんですよw 私、友達だからすごい周りの人に見られて恥ずかしくて、次私が滑ろうと思ったら、私は逆に食い込んじゃうんですよ。ビックリして。なんかTバックみたいになっちゃって、すごいなんかドキドキしました。以上です」客w

佐藤聖羅「水泳は得意、でも陸上競技は苦手。ゴーイングマイウェイなSKEの人魚姫、佐藤聖羅です」

「みなさん、じゃんけん大会見てくれましたか?」客、反応

「イェー、ありがとうございます。その時のですね、衣装がすごいセクシーに作っていただいたんですけど、ちょっと、生放送もあるんで、ちょっと聖羅ポロリしちゃうんじゃないかと思ってすごいドキドキしたんですよ。でもね、やっぱりちゃんとスタイリストさんが作ってくれたので、しっかりした素材になってたし、ポロリは絶対ありえない状況だったんですけど、地上波に乗らなかったです」客w

「w そんな感じでドキドキしたんですけど、みなさん今日はあの衣装と聖羅をリンクさせて、ドキドキしちゃってください」

「チームS「RESET」公演 以上のメンバーでお送りします。この公演をみなさんと力を合わせてチームSの色に染めていきたいと思います」


◆M05.制服レジスタンス (都築里佳木崎ゆりあ斉藤真木子)
◆M06.奇跡は間に合わない (磯原杏華中西優香阿比留李帆)
◆M07.逆転王子様 (新土居沙也加向田茉夏後藤理沙子)
◆M08.明日のためにキスを (阿比留李帆大矢真那江籠裕奈佐藤聖羅)
◆M09.心の端のソファー (中西優香石田安奈矢方美紀)


■MC
矢方美紀石田安奈中西優香

石田安奈「今日は私やりたいのがありまして。題して、一番共感を得るのは誰だ!
中西優香「どういうこと?」
石田安奈「わからん。共感得たい。私も共感得たい」
中西優香「じゃ~、共感できるだろうなっていうエピソードを話して、みなさんが共感したら拍手してもらってとか」
矢方美紀「いいの考えました。るみさんはみかんより丸い。共感すると思う人拍手」客、拍手大
中西優香「なるほどね。すごいわかりやすい例。みかんと比較される加藤るみってすごいね」客、軽くw

「じゃ~、試着室にいいなと思った服があって、試着室に入ってみたら、そこで値段を見たら意外と高いってなって、「いかがですか?」って訊かれた時に、ピッタリだけど「ちょっと大きいです」って言う。共感できる人?」客、拍手

「意外といない」
矢方美紀「But、これ、違うサイズ持ってくる例があるんですよ。それはどうすればいいですか?」
中西優香「それ困るね。あっ、そうですねってなっちゃうね」
矢方美紀「そしたらもう、すみません、やっぱ値段が高かったんでって正直に言いましょう」
中西優香「それだと逆に恥ずかしいね。最初にそうやって言っちゃったらね」

石田安奈「私は映画館でおもしろいところで自分が笑ってるのに周り見たら笑っていない時がある」客、拍手

「ありますよね?」
中西優香「ちょっと笑いのツボがずれてるんだね」
石田安奈「私かな? よくあるんだよね」
矢方美紀「あんちゃんは映画じゃなくてもけっこうずれてる」客w
中西優香「たしかに1人で笑ってる時がある」
石田安奈「バカにしてんの?」客w

「昨日からバカにし過ぎ。もう、いやーね」
矢方美紀「いいことですからね」
中西優香「笑顔がたくさん溢れてるってことだよね」
矢方美紀「素敵な女性です」

「銭湯に行ったら、必ずロッカーを間違えちゃう。鍵の番号書いてるのに、あれっ? こっち、みたいな」
中西優香「ある。それね、駐車場でもある」
矢方美紀「ある人?」客、拍手パラパラ
中西優香「あれじゃない? まずみんなあんま銭湯に行かないって方」
矢方美紀「そういうことですね。銭湯があんまない」

中西優香「私はやったことないけど、みなさんが共感できるであろう話にしますね。推しメンの握手会レーンに並んでいたら、隣のレーンで暇をしていた6期生か5期生か若い子たちが、あっ、目が合って、わ、手振ってくれた、かわいい次回行こうって思う」客、拍手
石田安奈「えっ? 多くない? 多い多い」
矢方美紀「ほぼ全員や」
中西優香「やっぱね、そこでね、グっとね、掴まれてしまう」
矢方美紀「逆パターンありますよ。こっちが見て、あっ、行っとるやん!みたいな」客、軽くw
石田安奈「あるある。行っちゃったやん、みたいな」
矢方美紀「こっちでしょ、みたいな」
中西優香「ちなみにそれ今ね、楽屋で大拍手、めっちゃ拍手されてると思う、今」
矢方美紀「みなさん、意外にですね、メンバーはけっこう見てるので、気をつけてください」客、軽くw


◆M10.毒蜘蛛
◆M11.オケラ
◆M12.ホワイトデーには・・・


■MC
◆前半:中西優香阿比留李帆木崎ゆりあ新土居沙也加矢方美紀大矢真那江籠裕奈北野瑠華

中西優香「もう秋ですね。秋と言えばですよ、やっぱり文化祭とか体育祭のシーズンじゃないですか、私はもう関係ありませんが。やっぱり文化祭、体育祭に今日は言ってみたい言葉。こんなことを文化祭とか体育祭で言ってみたいなっていうのを。じゃ~、私いい? もう言いたくて言いたくてうずうずしてたんだけど。体育祭にて」

「ねぇねぇ、私とちょっときてもらっていい? なんでって、借り物競争、好きな人だったの」客、ひゅ~

「ほら、みんなフーって言ってくれた。萌えた? 萌えたね」客、軽くw
木崎ゆりあ「ほんとに今日の人優しい」客w
中西優香「途中でね、ヤバイ空気感じてね」客w

「ギリギリの自覚あった。こんな感じで」

大矢真那「江籠ちゃんの聞きたい」客、反応
木崎ゆりあ「じゃ~、私、江籠ちゃんに言って欲しいセリフ考えてきたんで。しかも、準備がいいことにもう伝えてあるんで」
江籠裕奈「文化祭の設定です」
木崎ゆりあ「3・2・1」
江籠裕奈「先輩、最後の文化祭、裕奈と一緒にまわってくれませんか?」
メンバーたち「かわいい」客、拍手
阿比留李帆「これはね、まわるよ」
木崎ゆりあ「(大矢に、江籠を)ちょっと触らないでください」客w

「タッチ禁止で」
阿比留李帆「これはまわりたいですよね」
中西優香「江籠ちゃんだから、これは萌えるよね、ほんとに」
阿比留李帆「李帆だったら萌える?」
中西優香「李帆だったら萌えない」客w

「1回やってみる? じゃ~、李帆の萌えゼリフまで」客「3・2・1」
阿比留李帆「先輩、最後の文化祭、李帆とまわってくれませんか?(首傾げる)」客、拍手パラパラ

「なんかさ、今さ」
中西優香「空気が違った」
阿比留李帆「中西さん、気持ちわかった」
中西優香「こんな感じだった」
阿比留李帆「ヤバイ空気感じるね。自重すれば良かった」
中西優香「中盤にちょっとヤバイって思うでしょ?」
阿比留李帆「今後悔してる」

矢方美紀「はいはい。体育祭の設定でいいですか?」

「先輩」客、軽くw

「なんで笑うの?」
大矢真那「設定男?」
中西優香「最後まで聞いてみる?」
矢方美紀「笑わないでね」

「先輩、パン食い競争、優勝したら、パンを、倍返しだ!」客、軽くw
中西優香「みきてぃ、すぐ流行を取り入れてくるから」
阿比留李帆「すぐモノマネするから」
メンバーたち「言いたがり」
大矢真那「倍返しのところ、パン返しとか言ったらもっとおもしろい」
木崎ゆりあ「どこまでも食だな」
矢方美紀「ちょっと間違えちゃった」

阿比留李帆「私はゆりあたんに言って欲しいことがあるんですけど。体育祭と言えば玉転がしじゃないですか」客、反応

「ゆりあたんは好きな先輩がいて、好きな先輩が玉転がしした後に、その先輩の言うセリフね」

「先輩、玉転がしの姿かっこ良かったです。今度はゆりあを転がしてくださいって言って欲しいの」
中西優香「ゆりあ丸いからね。顔が玉だな、みたいな」
木崎ゆりあ「ケンカ売ってる?」客w
阿比留李帆「言ったら絶対萌えますよね?みなさん」
中西優香「みなさん言って欲しいですか?」客、言って欲しい&拍手
阿比留李帆「みんなの笑顔見て」
中西優香「ゆりあ、同じ気持ちになろうぜ」
矢方美紀「さやちゃんとかあります?」
新土居沙也加「(ゆりあに)でも先に」客w
中西優香「じゃ~、いきますよ。ゆりあのセリフまで、3・2・1」
木崎ゆりあ「先輩、玉転がしかっこ良かったです。今度はゆりあも転がしてくれませんか?」客、拍手
メンバーたち「かわいい」
阿比留李帆「うまくいっちゃったよ」
中西優香「こんなに盛り上がるって私も思ってなかった」客w

新土居沙也加「文化祭でのひとコマです」

「男子、ちゃんとこねてよ」
メンバーたち「こねてよ?」「何を?」
中西優香「それさっきのパン食い競争と繋がってる?」
新土居沙也加「違う違う。あの、屋台を出してて、みたらし団子屋さん」客、軽くw

「サボってないでちゃんとこねてよってこと」
木崎ゆりあ「さー、中西さんこれどう締める」
中西優香「はい、えーっとみなさんはこねないで。違うね。みなさんにもこうやってですね、萌えていただけるように、まだまだ未熟な私たちですが、ねぇ、来年頃にはすごい萌えさせられるようになってるので、これからも見守っていてください。よろしくお願いします」

# 後半メンバー登場 / メンバーチェンジ

◆後半:佐藤聖羅都築里佳石田安奈北川綾巴後藤理沙子磯原杏華向田茉夏斉藤真木子

磯原杏華本気になったことってありますか?」

後藤理沙子「私は本気に生きないように、本気になってる」
メンバーたち「どうしたの?」「名言」
斉藤真木子「詳しく」
後藤理沙子「ほんとに、本気になっちゃったらつまらないじゃん。だから、私の本気はすごいっすよ」
斉藤真木子「本気になったことある?」
後藤理沙子「だから・・・」
斉藤真木子「本気になったらすごいよっていう」
後藤理沙子「そう、すごいよっていう話です」
斉藤真木子「どうなるの?」
後藤理沙子「まぁ、ご想像にお任せします」
佐藤聖羅「あんまり掘ってあげないで」

都築里佳「この「RESET」公演4曲目に「ウッホウッホホ」っていうってがあるじゃないですか。その最後のサビの時にみんなが1列になって、ちょっとだけゴリラをやるところがあるんですけど、そこで、ほんとに聖羅さんに負けないぐらいのゴリラになれるよういつも本気でがんばってます」
メンバーたち「おー」
都築里佳「だから、聖羅さんがもしも休演してしまった時は私がゴリラをやるので安心してください」
佐藤聖羅「真木子いるから。地味にハウスで練習してるからね」客w → 拍手
メンバーたち「そうなの?」
石田安奈「今やって、今やって」
佐藤聖羅「だから真木子のアンダーね」
都築里佳「わかりました」
斉藤真木子「してねーだろ」客w
佐藤聖羅「(都築に)真木子のアンダーね。練習しといて」
都築里佳「OKです」

石田安奈「私今高校2年生で文化祭がもう終わったんですけど、文化祭って、食べ物のほかに教室ですごいみんなが作り上げて、ダンボールとかで作るじゃないですか。その時に私のクラス団結力があるのかないのかわかんなくて。文化祭の3日前までにはだいたいできあがってるんですけど、まったくできあがってないんですよ。すごくない? ダンボール積み上げてるだけで、ヤバイなと思って。先生も「早くやりなさいね」みたいな」
メンバーたち「緩いな」
石田安奈「大丈夫かなと思ったら、誰か1人がやろうって言い始めて。そしたら、やらないんです、誰も。ヤダーって言って、みんなノリで遊んでるんですけど、文化祭の1日前に全部作り上げたんですよ」
斉藤真木子「やればできるよ、みたいな?」
石田安奈「でも普通さ、1週間2週間でできなくない? あれっ?」
磯原杏華「何が言いたいの?」
石田安奈「普通の基準では2週間以上かかるじゃん」
斉藤真木子「なんでカタコトなん」客、軽くw
石田安奈「まわってないの、今。ちょっとわかった、次行っていいよ」客、軽くw

「とりあえずがんばったってこと」

北川綾巴「綾巴は常に全力で生きてます」
メンバーたち「うそ?」「マジか」
佐藤聖羅「かっこいい、かっこいい」
磯原杏華「理沙子よりも名言っぽかったよ、今」客、軽くw
後藤理沙子「負けた。意外だね、なんかいつものほほんってした感じの」
メンバーたち「ギャップギャップ」

斉藤真木子「真木子は、最近、AKB子兎道場って番組があるんですけど、その番組で、ロード・オブ・ザ・ダンス。アイドルっていう企画をさせてもらってて、ダンスに久々に本気で火がついたなと思いました、その企画で。あんちゃんとかも一緒にやってるんですけど、ゆりあとか。見てくれてる人いますか?」
メンバーたち「めっちゃ見てくれてる」
斉藤真木子「ウケる。そう、だからそれですごい本気になってるから、ぜひ見て欲しいです、見てない人も」
後藤理沙子「愛知県でも見れますか?」
斉藤真木子「見れるよ」客w
後藤理沙子「じゃ~、真木子さんの本気見ますね」
斉藤真木子「見て」

「茉夏は?」
向田茉夏「私?」
斉藤真木子「当てられないと思ったでしょ?」客w

「いや、当てるから」
向田茉夏「私は中学校の時に美術部だったんですよ。その美術部の1回目で本気を出した」
斉藤真木子「どういうこと?」
向田茉夏「楽な部活を選んだわけですよ。だから周りはけっこう実力派がたくさんいて。だから自分の本気を出したけれど、別に周りと比べたら全然ショボイ。でもがんばったんですよ、1回目はね。それ以降は・・・」
斉藤真木子「訊かないどくね」

石田安奈「本気、そうですね、やっぱりSKE48としてはこうやって毎回公演をやらせていただけることがあるので、この1回1回の公演に対してメンバーそれぞれが本気でパフォーマンスしてるので、ぜひみなさんの心にこれから10年20年30年と長く生き続けれたらいいなと思います。それでは最後の曲です」


◆M13.ジグソーパズル48


■アンコール


◆M14.星空のミステイク
◆M15.夢の鐘


木崎ゆりあ「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

木崎ゆりあ「アンコールの1曲目「星空のミステイク」2曲目「夢の鐘」2曲続けて聴いていただきましたが、みなさん盛り上がっていただけてますか?」客、イェー!&拍手

「ありがとうございます。それではここで7月17日に発売されましたSKE48のニューシングルをチームSバージョンで披露させていただきたいと思います」客、拍手


◆M16.美しい稲妻
◆M17.JYURI-JYURI BABY


■MC
中西優香「美しい稲妻そして美しい稲妻のタイプAに収録されているJYURI-JYURI BABY 2曲続けて聴いていただきました。チームS「RESET」公演、みなさんの温かい声援を受けて、今日の公演も終わりを迎えようとしています。今日の公演の感想を、沙也加」客、軽くw

「お願いします」

新土居沙也加「こんばんは」客w

「劇場に来ていただいたみなさん、今日はDMM配信で見てくれたそこら辺の」客w

「そこら辺のみなさんも今日はどうもありがとうございました」客、拍手

「今日の公演いかがでしたか?」客「最高!」

「私も楽しかったです。やっぱり劇場公演はすごい好きなので、私たちはいつでもここで待ってるので、みなさんもまた遊びにきてください。今日はどうもありがとうございました」客、拍手

向田茉夏「次に聴いていただきます曲は組閣を受けたメンバーの気持ちが表れているんじゃないかなと思います。それでは本当に最後の曲です」


◆M18.引っ越しました


大矢真那「本日はご来場いただき、誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 大矢真那 ハイタッチ案内

# 手繋ぎ挨拶 「ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:RESET)

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月25日(水) チームS 「RESET」公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ