FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

市川美織 チームN公演デビュー&8thシングル「カモネギックス」初披露 (2013/09/02、チームN)

NMB48劇場 / NMB48チームN「誰かのために」リバイバル公演

■出演メンバー
チームN → 市川美織小笠原茉由門脇佳奈子岸野里香木下春奈古賀成美小谷里歩近藤里奈上西恵白間美瑠西村愛華山口夕輝山本彩吉田朱里渡辺美優紀
研究生 → 林萌々香

※ラストソング1曲のみ
チームM → 高野祐衣谷川愛梨矢倉楓子山田菜々與儀ケイラ
チームBII → 加藤夕夏薮下柊

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.月見草
◆M02.Warning
◆M03.誕生日の夜


■MC (自己紹介)
山本彩「みなさんこんばんは」
みんなで「NMB48チームNです」客、拍手

山本彩「さー、始まりました、NMB48チームN「誰かのために」リバイバル公演。先ほど佳奈子ちゃんが陰アナで声出しをしてくれましたが、みなさん発声練習できましたか?ちゃんと」客「。。イェー!」

「遅いな」客w

「女子?」客「イェー!」

「男子?」客「イェー!」

「みんな!?」客「イェー!」

「ありがとうございます。その調子で自己紹介いきたいと思います。みるきーからどうぞ」

【1列目 下手側から】
渡辺美優紀「ミルクと美優紀を混ぜるだけ。あっという間に? (みるきー!) ありがとうございます。奈良県出身、19歳の渡辺美優紀です」

「今日は、見てください。新生チームNが揃いました!」客、拍手
山本彩「みおりんがね、初舞台ですね」
渡辺美優紀「みおりんもいるんです」
市川美織「そうなんです」
渡辺美優紀「だから今日は全力で楽しみるきーしたいと思います」

近藤里奈「りぃちゃんこと近藤里奈、16歳です。今日は・・・」
山本彩「りぃちゃんは自己紹介いつからそうなったん?」客w
岸野里香「あのな、前の公演からやねん」
山本彩「そうなんや。私おらんやん」
岸野里香「そうやねん」
山口夕輝「クラス初めてなった時の自己紹介みたいな」
近藤里奈「なんか、ばっちりーなは、ちょっと、とういんしようかと思って」
山本彩「とういん?」
木下春奈「封印じゃなくて?」
山本彩「封印と冬眠が混ざったかな?」客、軽くw
近藤里奈「今日はいつも真面目にがんばってるんですけど、今日も真面目にがんばっていきたいと思っています」

山本彩「さやか ささやか さわやか (さやか!) ささっと やさしさ あざやか (さやか!) のさやかこと大阪府出身、二十歳の山本彩です」

「りぃちゃんも真剣にがんばるということなので、私も真面目にがんばりたいと思います(ヤンキー座りみたく)」
近藤里奈「てんどんか!。。」客w
メンバーたち「ヤバイ今の」「何のつっこみ?」「救いようがない」
岸野里香「今の何?」
渡辺美優紀「まずさ、つっこみどころが「それ真面目ちゃうやん」ちうのやろ?」
近藤里奈「だって・・・」
岸野里香「どこがてんどんやったか」
近藤里奈「さや姉と一緒に」
山本彩「同じこと言うっていうオチやったんやな」
近藤里奈「そう、だから「てんどんか」って言おうとしたら、なんか意味わからへんことを」
山本彩「ごめんな、私が変な小技つけちゃったから」
岸野里香「大丈夫。りぃちゃんこれは彩が悪いわ」客、軽くw
山本彩「すみませんでした」
近藤里奈「全然いいよ」客w
山本彩「良かった。がんばります」

岸野里香「得意科目は体育音楽数学社会 でもやっぱり? (里香!) ありがとうございます。兵庫県出身、19歳の岸野里香です」

「今日ちょっと始まる前に思ったんですけど、みなさん今日めちゃくちゃ元気やなと思ったんです。いつもよりも3倍ぐらい声が出ておる。なので私は負けないようにパワフルにいきたいと思いますんで、みなさん、どっちがパワフルか勝負ですよ、これ。みなさん盛り上がっていきましょうね。準備はいいか?」客、反応

「よーし、がんばりましょう!」
山本彩「でも声出す時以外みんなけっこう顔死んでんで」客w
岸野里香「ちょっと待ってよ。今いい感じで丸く締めたのに。がんばりましょうね、みなさん盛り上がっていきましょう!」

山口夕輝「ぴっぴー (ぴっぴー) ぴっぴー (ぴっぴー) バックするとみせかけて~ (ゆっぴー!) ありがとうございます。NMB48のお母さん、唐揚げのレモンは2個目からはつけるほうです。ゆっぴこと山口夕輝です。よろしくお願いします」
山本彩「1個は普通に食べるってことやな」
山口夕輝「レモンちゃんがきてるから、ちょっとレモンでかけてみてんけど、あんまりやった」
木下春奈「さや姉のほうにかけたと思われてる」
岸野里香「さらに自分で説明してしまって、なんかもうビックリするぐらい」
山口夕輝「ちょっと、次いかへん?もう」客、軽くw
山本彩「今日はたぶんあんまり掘り下げたらあかん日やは」
山口夕輝「たぶん誰も得してない」


【2列目 下手側から】
小谷里歩「みなさん、おいでやす。今日はノッたはる? (イェー!) おおきに。ほな、はんなり行きますえ。京都府出身、りぽぽこと小谷里歩、18歳です」客、軽くw

「ハロー! (ハロー) みんな元気出して、もっと (イェー) その調子その調子。よろしくお願いします」

白間美瑠「ねぇねぇ、ねぇねぇ、みるの?みないの?どっちかな? (みる!) みるも、みーんなのことを みるみる。そして今日はレモンちゃんがいるからすごい汗がレモンの味します」客、反応

「ほんとです。ではでは今日もいーっぱいレモンの汗をかいて (みるみる!) 大阪出身、15歳、みるるんこと白間美瑠です。よろしくお願いします」

木下春奈「元気満々 天真爛漫 春爛漫 でも春奈は中3 (ウーマン!) ありがとうございます。中学3年生、15歳のはること木下春奈です」

「ハロー (ハロー) 小谷に引き続いて、なんやっけ? アイム イズ?」
メンバーたち「違う」「be動詞が2個きたな」
木下春奈「(愛華に聞く) My name is Haruna Kinosshita. ちょっと待って」
吉田朱里「春奈はへんに背伸びせんでええし」
木下春奈「違う、これでも明日実力テストなんで」
メンバーたち「ヤバイ」「それ中1の範囲やろ」
木下春奈「復習したんですけど、でも今日は忘れます」
吉田朱里「それぐらいテストで書いてきてな、絶対」
木下春奈「がんばるね、明日」

西村愛華「み~んなに愛の華を届けたい。愛華パワーで レッツゴー! ありがとうございます。京都府出身 高校1年生 15歳 あいかこと西村愛華です」

「今日はみおりんさんがフレッシュレモンをフレッシュって名乗ってはるじゃないですか」
メンバーたち「おっと」
西村愛華「私もまだNMB入ったばっかで、フレッシュなので、フレッシュパワー負けないようにがんばりたいと思います」
誰か「どうする?みおりん」
市川美織「いや、でもね、私のほうがNMBに入るのが私のほうが若いんで、まだフレッシュさ負けてない」
西村愛華「年齢は若いですよ」
木下春奈「最年少の私がフレッシュさ負けてますよ」客、軽くw

吉田朱里「あかりをつけましょ♪ みんなのハートに (イェイ! イェイ!) みんなのハートの あ・か・り を灯したい、高校2年生、17歳、アカリンこと吉田朱里です」

「みんな私の自己紹介がちょっと特徴的らしくて手まで真似してくれるようになったんですよ。っていう話」
小笠原茉由「喋り方がね。あたたたたー(舌っ足らず)みたいな」客w
メンバーたち「似てる」
吉田朱里「今日もこんな感じでがんばりたいと思います」

小笠原茉由「なんば発小笠原 (特急!) みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん (乗車しまーす) ありがとうございます。19歳のまーちゅんこと小笠原茉由です」

「私最近、近藤里奈ちゃんに深海魚に似てるねって言われて」客、軽くw

「でも嬉しいです」
木下春奈「しかもね、まーちゅんの深海魚は種類やと前歯がめっちゃ出てる深海魚らしいですよ」
小笠原茉由「歯剥き出しの深海魚って言われるんですけど、似てますか?」
誰か「ちょっと横向いてみて」
木下春奈「ちょっと前歯出してみて」
小笠原茉由 → 前歯出しながら、コミカルな感じで前進(客w)

「似てるかな? でも深海魚らしくみなさんをね、キラキラ魅了させたいなと思っていますのでよろしくお願いします」


【3列目 下手側から】
古賀成美「どうなるなるなる こうなるなるなる なるなるなるなる きになる? (なる!) ありがとうございます。大阪府出身 高校1年生 15歳のなること古賀成美です」

「今日はなんかいつも以上にテンション高いんで」
上西恵「高そうじゃない、でも」客、軽くw
古賀成美「違うんです。地声が低いんです。でもテンション高いんで、よろしくお願いします」

門脇佳奈子「激甘スマイルと甘辛ダンスがギューッと詰まったかなきち定食を召し上がれ (いただきまーす) ありがとうございます。NMB48一番の食いしん坊そしてNMBのガチの釣り師! かなきちこと門脇佳奈子です」

「私は釣りが趣味なので、さっきの前歯出た深海魚を釣ってやろうと思います」

林萌々香「今日は何たのモーカ? コーヒーのモーカ? みーんなの注文は? (モカ!) ありがとうございます。京都府出身 中学3年生 14歳のモカこと林萌々香です」

「今日もみなさんに楽しモーカしていただけるように、今日も1日気合を入れて、いきます。モカパンチ!」
メンバーたち「ワー」
林萌々香「ありがとうございます。今日も1日よろしくお願いします」

市川美織「みなさんこんばんは。知っている方も、知らない方も一緒に大阪バージョンやっちゃいましょう」客「おー」

「いきますよ。せ~の、フレッシュレモンになりたいねん♪ ありがとうございます。おおきに。みおりんこと市川美織ですけれども、今日は初めてのチームN公演そして、だから、NMB劇場デビュー公演です」客、拍手
メンバーたち「ようこそ」
市川美織「ありがとうございます。みなさん、お待たせしました。でも私もやっとこうしてチームN公演に出演することができて、ほんとに嬉しいです。ちょっと緊張し過ぎてレモン汁が目に染みて痛いです」客、軽くw

「なんで、ちょっと今も目がこんななんですけど、徐々に開いてフレッシュパワーでがんばっていこうと思いますので、みなさんよろしくお願いします」

上西恵「みなさんは何系が好きですか? あっさり系? こってり系? N700系? それとも上西恵? (上西恵!) ありがとうございます。滋賀県から来ました、18歳、けいっちこと上西恵です」

「みおりんは喋ったことない時から、たぶんみおりんも私のこと知らないだろうなっていう時からずっとかわいいな、ギュッてしたいなってこっそり見てました。そう、ずっと(市川とハグ)」客、ひゅ~&拍手

「ギュッてしてみたかってん。初めて今日したかも」
市川美織「ママー」
上西恵「ママ?」客w

「初めて言われた」
門脇佳奈子「どっちが年上?」
上西恵「みおりんさん。ということでよろしくお願いします」

「1曲目「月見草」2曲目「Warning」3曲目「誕生日の夜」と3曲続けて聴いていただきました。今日はみおりんさん初出演のN公演ということで、フレッシュパワー全開でいきましょう。それでは続いてはユニット曲です。せ~の」
みんなで「どうぞ」客、拍手


◆M04.Bird (岸野里香山本彩山口夕輝)
◆M05.投げキッスで撃ち落せ! (西村愛華小谷里歩渡辺美優紀白間美瑠木下春奈吉田朱里)
◆M06.蜃気楼 (小笠原茉由近藤里奈)
◆M07.ライダー (林萌々香古賀成美門脇佳奈子上西恵市川美織)


■MC
古賀成美林萌々香門脇佳奈子市川美織

お題提供:カズマさん
お題:秋に遊びに行ってみたいところ

古賀成美「もうすぐ秋なんでね」
門脇佳奈子「そうやね、もう9月に入ってしまったしね」
市川美織「時は早足だね」客、軽くw
門脇佳奈子「そうですね。まさにそうです」

門脇佳奈子「私は京都に行きたいです。よく秋になって、紅葉が出てきたら、京都のキレイなところとかテレビに映るじゃないですか。で、なんか自分がテレビに映ってるとこに行ったらテンション上がりません?」
市川美織「わかる。あっ、ここだ!みたいな」
門脇佳奈子「そうそうそう。ちょっと今「土曜はダメよ」をレギュラーで出させてもらってるんですけど、もうちっさい時からずっと見てるスタジオに行ったら、あー、藤井さんや!みたいな、思ってしまったんですよ」
古賀成美「モカって京都生まれやから」
林萌々香「そうなんですよ。京都府出身です」
門脇佳奈子「京都ってそういう独特な空気があるじゃないですか」
古賀成美「和って感じ」
門脇佳奈子「だから行ってみたいなって大人な気持ちで」
林萌々香「ぜひじゃ~、かなきちさんがくる時に私がね、案内しますわ、京都を」
門脇佳奈子「マジで? 知ってんの?」
林萌々香「知ってますよ」
門脇佳奈子「大丈夫?」
林萌々香「大丈夫です」

市川美織「私はですね、あの、川に鮎釣りに行きたいんですよ」
門脇佳奈子「釣りドルなのになんで京都って言ったんやろ。でもね、いいね、鮎釣り」
市川美織「釣った魚を火にかけて、鮎の塩焼きなんかやっちゃって」
門脇佳奈子「よくわかっていらっしゃる」
古賀成美「意外ですね」
市川美織「意外に野生的なんですよ、レモンって」
古賀成美「みなさん覚えといてくださいね、野生的なんです」
市川美織「突然野生レモンが出てくるんで、気をつけてください」
古賀成美「野生レモン今日出してください」
市川美織「わかった。いつ出るかな。見といてくださいね」

古賀成美「みんなの秋に遊びに行きたいところを聞いていただきましたが、年中無休みんなに会いに行きたいと思ってもらえるようにこれからもがんばりたいと思いますので、応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手


◆M08.制服が邪魔をする (山本彩渡辺美優紀小笠原茉由岸野里香近藤里奈小谷里歩白間美瑠上西恵)
◆M09.夏が行っちゃった
◆M10.小池
◆M11.月のかたち


■MC
上西恵小笠原茉由古賀成美渡辺美優紀山本彩吉田朱里門脇佳奈子白間美瑠

小笠原茉由近況報告

「まずはアカリン」
吉田朱里「なんで?」客、軽くw

「いきなり過ぎた。ボーっとしてた。私は最近なんですけど、さっきの自己紹介の時にもあったんですけど、すごい声をいじられるんですよ。それはじめけっこう嫌で、これ直そうと思ったんですよ。最近いじられ過ぎて、これちょっと変な話、おいしいなと思って」客、軽くw
山本彩「わー、やらしいな」
吉田朱里「使ってこうって思った」
山本彩「例えば誰が真似すんの?」
吉田朱里「りぃちゃんと里香ちゃんと最近まーちゅんもあるし、美瑠もやるし」
小笠原茉由 → 真似る(聞き取れず)
山本彩「似てな」
小笠原茉由 → 真似る(聞き取れず)
山本彩「喋れてないってこと?」
渡辺美優紀「違うで。テテテテテテ」
吉田朱里「みるきーもほんまに似てないからな」
山本彩「テしか言ってないやん」
吉田朱里「りぃちゃんと里香ちゃんが一番似てるのかな」
小笠原茉由「でも時々ほんまに聞きとられへん時あるから」
吉田朱里「ちゃんと喋ってますよ」
山本彩「早口やからな」
吉田朱里「そうなんですよ。ちゃんと喋ってんねんっテw」
メンバーたち「あー、出た出た」「それそれ」
吉田朱里「"ちゃ"とか言えないんですよね」
小笠原茉由「だからそこおいしいと思ってん、正しいと思うよ」
吉田朱里「思ってしまう自分がいることにちょっとビックリしたけど」
小笠原茉由「ちょっと大阪っぽいね、そこは」

上西恵「私はメンバーに対してちょっと嫌やなと思ってることなんですけど」客「おー」

「みんながダイエットしてるから嫌なんですよ。私はご飯食べるの大好きやから一緒にご飯食べに行きたいのに、みんなダイエットしてるからついてきてくれないんですよ」
吉田朱里「ガリガリやから言えんねんで」
小笠原茉由「それはガリガリにしか言われへん」客w
渡辺美優紀「朱里がダイエットしてるんですけどどう思いますか?」客、え~
吉田朱里「しますよ、そりゃー」
小笠原茉由「ちょっと朱里、嫌味やろ?それ」客、軽くw
吉田朱里「まーちゅん、一緒に痩せようって誘ってきたやん」
山本彩「まーちゅんはいかに脚長く見せるか研究してんのにな」
小笠原茉由「そうそう、脚長ポーズっていうのがあってな、こういうポーズ」
山本彩「全然見えない」客「脚長い」
小笠原茉由「脚長い? ありがとう。わかってるー。ありがとうございます」

「みんな、ダイエットやめたから」
上西恵「この前行ってくれへんかったくせに今みんなめっちゃ食べてるやろ」
吉田朱里「でも夜食べてないで」
上西恵「ほんまかな」
小笠原茉由「お昼食べに行こう」

白間美瑠「なんて言う名前やったっけ? ケンシロウになりたい」
渡辺美優紀「何それ?」
小笠原茉由「北斗の拳」
白間美瑠「そう、北斗の拳のケンシロウになって、秘孔をブスって刺して、バーンってさせたい」客、反応
吉田朱里「次元の違う話や」
山本彩「とりあえずここに銃弾描こうか」客、軽くw
白間美瑠「ほんまや」
メンバーたち「特殊メイクで」
白間美瑠「がんばります」
山本彩「嫌やろ、ファンの人は美瑠がケンシロウになったら嫌ですよね?」
渡辺美優紀「ケンシロウになっても好き」
白間美瑠「ほんまに?」
山本彩「みるきーやで、言ったの」
白間美瑠「なるほど」
山本彩「大丈夫?」客、軽くw
小笠原茉由「まぁ、ちかなれたらいいな」
白間美瑠「がんばります」
小笠原茉由「がんばってくださいね」

渡辺美優紀「さっきのダイエットの話の次に言うのちょっとあれなんですけど、昨日と今日で4人ぐらいに痩せた?って言われました」
山本彩「はいはい」
小笠原茉由「嫌味?」客、軽くw

「何それ嫌味?マジで」
渡辺美優紀「チームダイエットあるやん、NMB」
小笠原茉由「コアリズムで痩せ隊っていうの結成しまして」
渡辺美優紀「それに、私入ってなくってですね、なんかちょっと嫌味みたい」客w
山本彩「結局嫌味やな」
渡辺美優紀「でもなんかやっぱ、ダイエットって、みなさん思いません? ダイエットをしようとかじゃなくて、日ごろから痩せ易い体質を作るのが大切じゃないですか」客、軽くw
吉田朱里「言われてんで、まーちゅん」
小笠原茉由「でも最近さ、なんかプニ子っていうのが」
渡辺美優紀「あっ、そうやで」
小笠原茉由「流行ってるって聞いたから、なんかまぁいいかなってとこはあるけど」
渡辺美優紀「プニ子になりたい」
小笠原茉由「なりたい?」
渡辺美優紀「違う。これほんとに女の子でちょっとぽっちゃりしてる子がタイプなんですよ」
吉田朱里「今痩せたって自慢したよな」客、軽くw
渡辺美優紀「違う、今の自慢じゃないねんってほんまに」
山本彩「嫌味子やな」客w
小笠原茉由「まぁ、それぞれがね、それぞれの良さがあるからね、自分を大切にしていきたいと思います。近況報告と言いますとね、私たちNMB48なんと3周年ライブを大阪城ホールでライブさせていただくことになりました」客、拍手

「そして10月の2日にはですね、8枚目のシングルも発売されることになっていまして、本当にみなさんの応援のおかげだと思ってます。みなさんいつも本当にありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

小笠原茉由「それでは、そんな感謝の気持ちを込めて最後の曲を歌わせていただきたいと思います。それでは聴いてください。誰かのために」


◆M12.誰かのために -What can I do for someone?-


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
発動客「今日は市川美織さんのNMB劇場での初日公演です」客、拍手

「みなさん、それぞれ好きなメンバーがいらっしゃるとは思いますが、今日はみおりんのためにアンコールはみおりんコールでお願いしたいと思います」客、イェー!&拍手

「よろしいでしょうか? アンコールいくぞー」


「みおりん」コール


◆EN01.HA !
◆EN02.僕らのユリイカ


山本彩「みなさんアンコールありがとうございます!」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

山本彩「HA !と僕らのユリイカ 2曲続けて聴いていただきましたが、ここでみなさんにご報告があります」客「おー」

「6月19日に発売されました私たちの7枚目のシングル「僕らのユリイカ」がですね、日本レコード協会さんからダブルプラチナシングルに認定していただきました」客、拍手

「そのトロフィーを今持っていただきたいと思います」客「おー」
白間美瑠「助けて・・・(トロフィーを乗せた台をゆっくりとステージへ)」
メンバーたち「どうした?」
山本彩「すごい、手袋までしてる」

白間美瑠 → 台をステージセンターへ (客、おー&拍手)
渡辺美優紀「今回はダブルプラチナシングル?」
山本彩「そうなんですよ」
白間美瑠 → トロフィーを掲げ、客席に見せる (客、拍手)
渡辺美優紀「初めてのね。今までプラチナ賞だったんですけど、今回ダブルプラチナ賞になったんです」
山本彩「前回までは25万枚を突破ということで、プラチナシングルだったんですけれども、「僕らのユリイカ」は50万枚を突破したということで」客、おー&拍手

「ダブルプラチナをいただきました。ありがとうございます、もちろんみなさんの応援のおかげですし、このダブルプラチナをいただくことによってまたNMB48一歩前に進むことができたかなって思います。これからも私たちの応援をどうぞみなさんよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

白間美瑠小笠原茉由 → 台を片付ける


■MC
山口夕輝市川美織小谷里歩門脇佳奈子白間美瑠木下春奈林萌々香西村愛華

山口夕輝「今日みおりんがね、初めてじゃないですか、「誰かのために」公演。ということでここでみなさんにNMBとしてのみおりんをね、知ってもらうために、みおりんについてみなさんに話してもらおうかなと思って」

小谷里歩「私は質問なんですけど。何が好きですか?ご飯」
山口夕輝「アバウト」
市川美織「レモン」
小谷里歩「以外で(即答)」客w
市川愛美「ラーメンが好きです」
小谷里歩「私、みおりんさん細くって、心配になってるんですよ、いつも。行きましょう、ラーメン」
市川美織「行こう」
小谷里歩「お勧めのところ連れてってください」
市川美織「わかった」
山口夕輝「連れて行ってもらうん? 連れて行くんじゃなくて?」
小谷里歩「詳しくないから」
市川美織「大阪のラーメンとかないの?」
小谷里歩「すぐ出たとこにあります」客、軽くw
木下春奈「トマトつけめん」
市川美織「美味しそう」

木下春奈「私、チームNで最年少なんですけど、みおりんがNMBに兼任した時にずっと私だけ敬語だったんですよ。なんでかなと思って、ツアーの時に「みおりんなんで敬語なんですか?」ってこっちも敬語になっちゃって、言ったらみおりんが「えっ? 私より年上なんで」って言って。そう、私20歳より上やと思われてて、NMBの最年長やと思われてて。で、ちゃんと和解して、最年少っていうのわかってもらって、今はちゃんとタメ口で喋ってもらってます」
市川美織「ねぇ、春ちゃんって」
山口夕輝「オーディションの時もなんか12歳の子がおるってすごい噂になって、すごいみんなどの子が12歳やって言って、あの子やでって春奈のことをみんな指差すんですけど、めっちゃカチューシャで前髪全部上げてて、絶対あの子ちゃうやん」客w
門脇佳奈子「人間違いやんって」
木下春奈「そう、それでずっと最初仲間ができなかった、私。ボッチボッチ」
山口夕輝「今はね、みおりんとも打ち解けてね」
木下春奈「そう、仲良しで」

白間美瑠「美瑠はこの前、寝てる時にみおりんの夢を見て、空をみおりんが飛んでたんですよ。で、質問です、ジャジャン。みおりんは妖精ですか?」
市川美織「みおりんはですね、レモン星人です」
山口夕輝「ちょっと妖精もぶっ飛んでたけどレモン星人もっとぶっ飛ぶって。ビックリします」
市川美織「でもね、なんかまぁ、そう言えばね、ふわっとしてていいんですよ」
小谷里歩「かわいくないですよ、レモン星人」客w
市川美織「ウソ?」
小谷里歩「妖精って言ってるほうがかわいい」
山口夕輝「ちょっとこれからメンバーで」
市川美織「じゃ~、妖精にしとこう」
小谷里歩「レモンの妖精に」
市川美織「じゃ~、レモンの妖精です(手をひらひらと)」客w
メンバーたち → w 「かわいい」
市川美織「これね、飛んでるの」
山口夕輝「どうやって進めたらいいかわからんくなってきた」客、軽くw

西村愛華「みおりんさんはなんかうさぎみたいやなと思ったんですよ」
山口夕輝「でも今レモン星人って言ってたからね」
木下春奈「妖精らしいで」
山口夕輝「どっち? うさぎかレモン星人か」
市川美織「うさぎかもしれない」客、軽くw

「それはないですよ。うさぎではないですよ、すみません。愛華ちゃんモルモットみたい」客、軽くw
山口夕輝「ハムスターのでっかい版みたいな」
市川美織「そうそうそう」
小谷里歩「ハムスターこんぐらいでっかいやつ」
山口夕輝「すごいみなさんの頭にハテナがね」客、軽くw

林萌々香「みおりんさんってやっぱりふわふわしてるじゃないですか。で、裏ではそういうこともないんかなって思ってたんですよ。そしたら裏でもめっちゃふわふわしてて、しかも持ち物がほとんどね、ピンクなんですよ。ビックリしました、それには」
山口夕輝「たぶんなくなったらすぐ見つかると思うで。ピンクやからみおりんのやなって」
市川美織「ピンクはみおりん。ほんとはね、黄色のほうが」
山口夕輝「思った」客、軽くw
市川美織「ほんとはレモン色なんですけど、まぁ、ピンクもね、やっぱ人間界にきたらやっぱり」
木下春奈「あれですね、ゆっぴちょっと今日人物間違えましたね、注目する人物」
山口夕輝「レモンがピンクじゃないのが悪いな。そういうことかもしれへん。ピンクのレモンができたらいいな」
小谷里歩「ちょっとレモン否定してるやん」
市川美織「まぁ、たしかに。でもね、いいと思いますよ」
山口夕輝「すごいなー、緊張する」
市川美織「お母さんがんばってまとめて」

山口夕輝「最後に佳奈子どうですか?」
門脇佳奈子「佳奈子は思ってんけど、レモンちゃんってボケたがりやんな」
市川美織「なんで知ってるんですか?」
門脇佳奈子「この間水着の撮影があったんですけど、上にTシャツを着てたんですよ。あれっ?水着じゃないの?って言ったら「実は水着も着てるのよ」みたいな感じで」
木下春奈「あれっ?佳奈子全然ウケてない」
門脇佳奈子「違うねん、違うねん。佳奈子がウケたいんじゃないねんって。でも、レモンちゃんはすぐボケたがるから、あっ、こんな子やったんやって思った」
市川美織「すぐね」
山口夕輝「さっきも妖精してたもんな」
市川美織「そう、おもしろいことをやろうと思って、おもしろくないっていうオチなんですけど」
山口夕輝「それ一緒。さっきみるきーに「ゆっぴってほんまおもしろくないよな」って言われて」客w
メンバーたち「おもしろいよ」
門脇佳奈子「NMBのなんかあったらさ、そのおもしろさで伸び悩みの時期ってあるやんか」
山口夕輝「今それやねん。だからたぶん一緒に悩んでがんばっていこうな」
市川美織「そう、ここで成長しますよ、レモンも」
山口夕輝「はい、ということでここで結束力が生まれたところ、がんばりましょう。次のメンバーに交代したいと思います」

# 「イェー」後半メンバー入場 / メンバーチェンジ

岸野里香近藤里奈小笠原茉由山本彩渡辺美優紀古賀成美吉田朱里上西恵

お題提供:刈り上げのヒラオカさん
お題:夏の思い出

岸野里香「私はナガシマスパーランドに行ったんですよ。ナガシマスパーランド知ってる人?」客「はーい」

「ジャンボ海水プールなんですけど、めっちゃスライダーがジェットコースターかってぐらいすごいねん。なんかさ、スライダーってやっぱりジェットコースターよりは怖くないイメージやんか。やっぱ水着やしさ。シートベルトとかないしさ。でも、めっちゃ絶叫なんですよ。ブワーって下がってブワーって上がってブワーみたいな」
山本彩「上がるの?」
岸野里香「ほんまにすごいから。知ってる? CMでやったやつ」
近藤里奈「こうやるやつ」手を左右にゆらゆらと
山本彩「それバイキングちゃう?」
岸野里香「でもそういう系、そういう定理?」
近藤里奈「ボートみたいなのに乗って、4人乗りぐらい」
岸野里香「6人乗りのな、でっかいやつ」
渡辺美優紀「里香ちゃん、その絶叫のやつ乗ってさ、ポロリせんかったん?」
岸野里香「ポロリはほんまに心配やったけどセーフやった。大丈夫やったんですよ。そこはやっぱジャンボ海水プールさん考えてくれてます」客、軽くw
小笠原茉由「海水やねんな」
岸野里香「すごいねん。海水やん」
小笠原茉由「淡水じゃないんや」
近藤里奈「えっ? 海?それ」
岸野里香「やから、海じゃないねんけど、プールやねんけど」
近藤里奈「あっ、塩の味がする、あーそういうこと」
岸野里香「だからすごい海に行った気分やし、なんか夏を満喫した気分でしたね。満喫したし」

近藤里奈「私はいっぱい寝れたことですね」
メンバーたち → w
岸野里香「ええことやで」
山本彩「春よりも秋よりも冬よりも寝てんな」
近藤里奈「そう、でも私これほんまに寝ることがほんとに大好きで」
山本彩「今日も寝てたな」
渡辺美優紀「絶対ウソやろ? りぃちゃんだって夜めっちゃ遅くまで起きてさ、全然寝なくてもイケるっていっつも言ってんで」
吉田朱里「ちょっと中2男子みたいに「今日5時まで起きとってん」みたいな」
渡辺美優紀「言ってくる」
近藤里奈「あの遅くまで起きるんですけど、寝る時間はめっちゃ遅いんです」
小笠原茉由「あっ、起きるのが遅いから、その分夜寝るのも遅いってこと?」
近藤里奈「そうなんですよ。だからいっぱい寝てますよ」
岸野里香「またお母さんに怒られるな、これで」
近藤里奈「でも今日お母さんDMM配信見てないから大丈夫」客w

古賀成美「私、毎年、夏なったら黒いって言われてるんですけど、今年みんなから白いって言われたんですよ」
メンバーたち「白い」
古賀成美「そうなんです」
渡辺美優紀「白くない」客、軽くw
吉田朱里「黒の衣装やからほとんど隠れてるよな」
山本彩「でも入った時はほんまにな」
古賀成美「真っ黒でした」
山本彩「黒豆やったから」
岸野里香「この衣装着てたら見えへんぐらいの黒さ」
古賀成美「そんなに黒くないですよ。でもめっちゃ嬉しいんです、それが」
山本彩「なんかしたの? 白くなるの」
古賀成美「日焼け止め塗りました」
メンバーたち「あー」「努力ですね」
岸野里香「けっこう普通」
吉田朱里「来年もがんばってよ」
古賀成美「はいw」
吉田朱里「なんでそんな笑ってんの?」
岸野里香「まぁね、どんどん白くなってくるから、その辺は大丈夫ですよ。化粧水とかをやってもらえば年々白くなって行くので」
渡辺美優紀「わかった。それあれやろ?」
岸野里香「化粧品の人」
吉田朱里「次行っていいかいな?」
岸野里香「ごめん」

上西恵「私はチームMのメンバーに混じってなぜかお祭りとご飯行ってきました」
岸野里香「なるもやんな」
古賀成美「そうなんですよ」
上西恵「なぜか菜々ちゃんからいきなり電話かかってきて、お祭り行こうって言われたから」
吉田朱里「それ暇人やと思われとんちゃう?」
近藤里奈「(菜々を真似て)もしもしけいっち、あのさ」客w

今なんか時間とかある?
上西恵「うん、暇」
近藤里奈なんかさ、Mでお祭り行くけんけーへん?」客w
メンバーたち → w
上西恵「行く。そんな感じやった」
岸野里香「菜々ちゃんもおらんのにいじられて最悪やな」客w
渡辺美優紀「(真似て)おらへんのにいじらんといて」客w&拍手
メンバーたち「もう1人おった」「何人おんねん」
吉田朱里「一番真似しやすいんかな、菜々ちゃんが」

小笠原茉由「私ね、どこも行ってないねんか。お祭りも海もプールもなんもしてないけど、唯一夏を楽しもうと思ってしたことがパソコンで小笠原諸島の画像を検索。カタカタ、ターンってやって、いろいろ調べて、すごいなんかイルカの写真とか見て」
山本彩「小笠原諸島にイルカがいるの?」
小笠原茉由「いるいる、いろいろいるよ」
吉田朱里「まーちゅんさ、深海で泳いどったんちゃう?」客、軽くw
小笠原茉由「そやんな、深海魚やからな」
岸野里香「誰が深海魚や!って言わな、そこは」
小笠原茉由「あー」
近藤里奈「でもまーちゅん自分でな、言ってるからな、つっこめへんねんと思う」
吉田朱里「なんでそんなマジレスされたんやろか」
岸野里香「じゃ~さ、ガチャガチャあるんやろ?小笠原諸島の」
小笠原茉由「そう、小笠原諸島のガチャガチャがあるよ」
岸野里香「それのキャラクターになれるようにがんばらなな」
小笠原茉由「そう、だからその中に小笠原茉由って入るようにこれから精進して参りたいと思いますんで、みなさんよろしくお願いします(お辞儀)」客w → 拍手
渡辺美優紀「なんかまーちゅん、締めたな」
吉田朱里「まぁ、こんな感じで夏の思い出を聴いていただきましたけども、秋も冬もみなさん私たちと一緒に思い出作ってくれますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。これからもNMB48の応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

渡辺美優紀「それでは次が最後の曲になります」


◆EN03.涙売りの少女


山本彩「ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# メンバーたち手を振りながら捌ける


■僕らのユリイカ MV上映


# メンバー登場(客、おー)

山本彩「10月2日に私たちNMB48の8枚目のシングルを発売させていただくことが決定しましたので、今日はその新曲を聴いていただきたいと思います」客、拍手

「ありがとうございます。それでは聴いてください。カモネギックス」客、軽くw


◆EN04.カモネギックス (市川美織小笠原茉由門脇佳奈子小谷里歩上西恵白間美瑠山本彩吉田朱里渡辺美優紀高野祐衣谷川愛梨矢倉楓子山田菜々與儀ケイラ加藤夕夏薮下柊)


山本彩「まずね、ちょっとね、反応に困ると思うんですけど」客w
渡辺美優紀「だって、笑ってたもんな」
山本彩「タイトル聞いて、カモネギックスって」客、軽くw

「ほんとに私たちもその曲をいただいた時からみなさんと同じような反応だったわけなんですけれども」客w

「なんて言うんですか? 諺(ことわざ)じゃないですけど、カモがネギしょってくるみたいな、都合のいい人間みたいなね、自分にとって」
渡辺美優紀「たぶん若い人は知らんかもな」
山本彩「わからないですかね」客、軽くw

「でもこう、この歌詞の女の人が自分がカモにネギ背負ったような存在やとわかってても懲りずにね、男の人を好きになってしまうみたいな、そういう残念な女子の歌というか」
山田菜々「ダメな女ですね」
山本彩「誰?誰?」
メンバーたち「誰?」
小笠原茉由「君誰や?」
渡辺美優紀?「今チームNの公演やけど」
山田菜々「事件だよ (ななな ななな なーなー) 山田菜々です」客、拍手
メンバーたち「事件やわ」「事件や」
山田菜々「ありがとうございます」
山本彩「お久しぶりですね」
山田菜々「お久しぶりですね。聞いてましたよ、けど」客w

「裏で」
渡辺美優紀「何を聞いてたん?」
山田菜々「歌ってる声とかさ、りぃちゃんの小池とかさ」
渡辺美優紀「みんな菜々ちゃんのモノマネしてたの知ってる?」
山田菜々「えっ?そうなん?」客w
渡辺美優紀「聞いてないんかい」
山田菜々「そこは聞いてなかった。そうなんですか?」
山本彩「そうなんですけれども、どうですか?シングル、新曲「カモネギックス」のほうは」
山田菜々「いや、でもさ、まさかの「僕らのユリイカ」っていうね、すごいなんかさわやかないい曲をいただいた後に。いや、悪いとか言ってないですよ(慌てて否定)」客w
山本彩「すごい曲じゃないですか、いい」
山田菜々「まさかのダンスナンバーって言うんですか? NMBの中ではね。それが意外でしたね」
渡辺美優紀「ユリイカも聴いてみるといい曲やん。でもなんかNMBの曲のタイトルっていっつも変じゃない?」客、軽くw

「イカとかカモとか」
山本彩「変わってるよね」
山田菜々「だって人の名前がついちゃうぐらいやもんな」
渡辺美優紀「そっからなんか変わってったよな」客、軽くw

「ほんまに」
山本彩「どうですか?実際歌ってみてというか」
渡辺美優紀「歌ってみると、私初めて聴いた時はなんかどうなんかなって思ってん、ほんまに正直。でも今好きなんですよ」
山本彩「おー」客、拍手

「スルメ曲みたいなことですか?」
渡辺美優紀「ダンスも込みで、なんか嵌っちゃう?」
山本彩「初めてやしね、こういうのが」

「みおりんはどうですか?」
市川美織「なんかもう語尾にギックス付けるしかないんですよね」
渡辺美優紀「例えば?」
市川美織「グッモーニンッグス。あっ、間違えた」客w

「違うか」
山本彩「付けるならクスやね」
市川美織「それです。フレッシュレモンクス」
メンバーたち「あー」
渡辺美優紀「かわいいからいいやん」
山本彩「ちなみにカモネギックスっていうのは秋元先生が考えたただの造語らしいんですけど」
市川美織「そうなんですか?」
山田菜々「ぞうが?」
山本彩「造語」客、軽くw

「造語や」
山田菜々「ちょっと待って。造語わかる?みんな」
メンバーたち「作った言葉」
山田菜々「大丈夫です」客w

山本彩「タイトルから曲調からこの衣装まですごいなんか、斬新でなんかね、今までと違うからこそなんか改めまして、なんて言うんですかね、興味を持っていただけたんじゃないかなと思いますし、ミュージックビデオもこの間撮影をしたんですけれども、すごいおもしろい感じになっているのでみなさんぜひ楽しみに」
渡辺美優紀「待って、おもしろい言ったらあかんやん」
山本彩「おもしろいっていうか、おもろいじゃないですよ。笑けるとかじゃなくて」
渡辺美優紀「そうやんな」
山本彩「作品としてね、すごく」
山田菜々「ちょっと笑いに厳しくなってきてますね」
渡辺美優紀「菜々ちゃんがおらん間にちょっと厳しくなってんの」
山田菜々「そんな寂しいこと言う?ここで」客w
山本彩「そういう世界やねん」客w
山田菜々「現実」
山本彩「みなさん楽しみに待っていただけたらなと思いますし、ぜひ発売されたらみなさんに聴いていただきたいと思います。よろしくお願いします」客、拍手

「それでは、最後の挨拶をみんなでやりたいと思います」

# メンバー全員登場

誰か「あっ、しゅう。おはよう、しゅう」
薮下柊「おはようございます」客、微妙な反応
山本彩「今やらんでええ」

「(マイクなし)本日はお越しくださったみなさん本当に本当にありがとうございました。またみなさんに会えるのを楽しみにしています。せ~の」
メンバーたち「ありがとうございました」一抹礼(手繋ぎ挨拶)客、拍手

# BGM:誰かのために / メンバーたち手を振りながら捌ける

山本彩「すみません、この後ハイタッチのほうをやらせていただきますので係員さんの支持に従ってください。よろしくお願いします」

市川美織「みなさん、あの、みおりんコールありがとうございました」客、拍手

「嬉しかったです。ありがとうございます。今後もよろしくお願いします」

# 公演終了


NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月2日(月) チームN公演

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND