植木南央 16歳の生誕祭 (2013/09/01、チームH)

HKT48劇場 / HKT48 チームH「博多レジェンド」公演 047回目

17時分開演 / 19時04分終演

■出演メンバー
チームH → 穴井千尋植木南央多田愛佳熊沢世莉奈下野由貴田中菜津美中西智代梨宮脇咲良村重杏奈本村碧唯若田部遥
研究生 → 後藤泉坂口理子田島芽瑠冨吉明日香渕上舞



■休演
休演4名 (兒玉遥指原莉乃松岡菜摘森保まどか)

兒玉遥田島芽瑠
指原莉乃渕上舞
松岡菜摘冨吉明日香
森保まどか坂口理子

16人目のポジション → 後藤泉


■開演前の陰アナ
植木南央「みなさん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はですね、外は雨なんですけど、みなさん雨に負けずにザーザーがんばりましょう。それではみなさん一緒に楽しみまっちょ。以上、なおこと植木南央でした。間もなく開演です」客、拍手


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.HKT48
◆M02.君のことが好きやけん ※「君のことが好きだから」博多弁バージョン
◆M03.ボーイフレンドの作り方
村重杏奈「恋は、植木」
中西智代梨「恋は、パクパク~」
◆M04.初恋バタフライ


■MC (自己紹介)
宮脇咲良「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

宮脇咲良「私たちHKT48チームH「博多レジェンド」公演が始まりました。まず最初にHKT48・君のことが好きやけん・ボーイフレンドの作り方・初恋バタフライ、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、みなさん盛り上がっていただけてますか?」客、イェー!&拍手

「ありがとうございます。今日は植木南央ちゃんの生誕祭ということで、最後まで16人で素晴らしい公演を作っていきたいと思います」

「ただいま私たちに訊きたいことを劇場入り口とモバイルサイトにて募集しています。みなさんの質問に答えながら、少しずつ・・・1人ずつ順番にw 1人ずつ順番に自己紹介をさせていただきたいと思います」

お題提供:チューイングパワーさん
本日のお題:夏休みの思い出は?

【1列目 下手側から】
穴井千尋「博多のクールビューティー目指すっちゃん。福岡県出身、17歳の穴井千尋です」

「ニックネーム言うの忘れちゃった」客、軽くw

「私の夏の思い出はですね、花火を見たりとか、あまりそういう夏らしいことはできなかったんですけど、やっぱり五大ドームツアーを夏休みの間は一緒にまわらせていただいて、私、ヤバイぐらい新陳代謝良くて、汗がヤバイんですよ、汗の量が。だからドームツアー中もすっごい、人一倍汗を顔からかきまして、それが今までの夏よりも一番汗をかいた夏だったんじゃないかなと思って、それが一番の思い出です。今日は前の方、いや、立ち見の席の方まで汗が飛んでくかもしれませんが、それはラッキーと思ってください。今日は南央の生誕祭ということでみなさん一緒にお祝いしていきましょう」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、16歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私は一番かどうかわかんないんですけど、海に行ったことですかね。家族で、はとことか従兄弟とかみんなで一緒に行って、ボートに乗ったりとか。いろいろしたんですよ。砂でお城作ったりとか。めっちゃ楽しくて、楽しかったです」客、軽くw

「あと、ドームツアーから帰ってきたら、4歳の妹が「花火したんだよ、昨日」って言われて「いいなー、あおいもしたかった」って言ったら、「残してるよ」って言って、残してくれてたんですよ。でも3本だけだったんで」客、軽くw

「2人で3本一瞬だけやって、楽しみました」

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! ありがとうございます。鹿児島県出身、宮脇咲良、15歳です」

「私の夏の思い出はですね、昨日久しぶりにお家に帰ったら、2歳の弟がフォーチュンクッキーを踊っていて、ずっと「おにぎり♪」って続いてて、それがすごいかわいくて、さっしーの真似もしてて、ずっと「カモンカモンカモンカモンベイビー」ってずっと言ってたので、すごく癒されました。今年10月で3歳になるので、もう少しで誕生日なので、成長がすごく見守っていて楽しいです」

村重杏奈「フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー。ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私はですね、五大ドームの東京ドームツアーのリハの合間時間で、智代梨とりこぴと最近流行の進撃の巨人ごっこっていうのをしてまして。ここで見せたいなって思ったんですけど」客、拍手
中西智代梨 → 嫌そうな素振り
若田部遥「やめてよ、尺」
村重杏奈「すぐ終わる」
中西智代梨「生声でいいの?」
村重杏奈「マイクなしね」

「いいか?お前ら。お前は今日から調査兵なんだ。心臓を捧げろ!」
坂口理子中西智代梨「アー!(首を倒す&左手を右肩付近に)」客、拍手パラパラ
メンバーたち「何これ?」
多田愛佳「知ってる人しかわからないね」
村重杏奈「そうなんですよ」
坂口理子「私もよくわからないままさせられましたよ」
若田部遥「楽屋だったら2割り増しぐらいでおもしろいんだよね」
村重杏奈「そう、ちょっとなんか、さっきすごいおもしろかったのにね、もうちょっと捻ってがんばります」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの16歳、なおこと植木南央です」客、声援&拍手
メンバーたち「おめでとう」
植木南央「ありがとうえき。あのですね、南央は夏休みはいろいろしたんですけど、歌ったり、踊ったり、ラジバンダリ」
村重杏奈「言うと思った」
植木南央「っていうのは置いといて、夏休みに入って料理をするようになってですね、チャーハン作ったり。もうやらんけんね」客、軽くw

「チャーハン作ったり、あとは肉の野菜巻きとか、桃のスムージーとか作って、Google+の動画に上げとうけんみんな見てちょ。ありがとうえき」
若田部遥「なんか、見たくない。ちょっと言い方が」
植木南央「ほんと? じゃ~、美味しいけんみんな見てください。今日は1日よろしくおねげーするっす」
若田部遥「やめてよもうヤダ。なんかとり憑かれてる感じだよね」

【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私の夏休みの思い出は、本物の竹で流し素麺をしたんですけど、お家で」
若田部遥「えっ?お家で?」
熊沢世莉奈「お家で」
若田部遥「すげー」
坂口理子「お家に竹が生えてるんですか?」
熊沢世莉奈「いや、おばあちゃんのところに竹が生えてて、そこから切ってきて、作ったんですけど、お外のシャワーみたいなのあるじゃないですか。あれで水を流して素麺流したんですけど、お父さんが素麺流す係りだったんですけど、そのタイミングがわからないのかよくわからないんですけど、下で待ってたらずっとずっと流してくるんですよ、素麺が。早くて。早食い大会みたいになっちゃって、どんどん下に溜まって行くんですね。下のものをまず、なくなるから、お父さんところに持って行くんですよ。したらだんだんだんだんそれが永遠ループするから、どんどんにゅうめんみたいになってくるんですよ、素麺が。もうくずくずになっちゃってて、結局最後はみんなで楽しく食べれたので、良かったです。それではみなさん一緒に言ってください。今日も1日がんばー! (りーぬ!) ありがとうございます。よろしくお願いします」

若田部遥「14歳の中学3年生、わかちゃんこと若田部遥です」

「私の今年の夏の思い出はですね、今年の夏はちょっと女子力を上げてみようと思いまして、いつもは短く切ってる爪を伸ばして、磨いたり、あと足をピンクのペディキュアを自分でやったりしてですね、女子力を上げて行ったわけなんですけども、この1ヶ月ぐらいね。もう明日から学校じゃないですか。だから落とさないといけないんですよ。だから、手の爪は昨日もう切ったんですよ。だから、明日からは校則を守る真面目ちゃんに戻りたいと思います。やだなー」

渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 高校2年生のお天気キャスターになりたい、舞ちゃんこと渕上舞です」

「私はですね、、夏休みを通して成長したなと思うことなんですけど、自分で衣装のイヤリングを付けれるようになったことです。今まで付けれなくて」
田島芽瑠「私も付けれない」
若田部遥「えー?」
渕上舞「だから衣装さんに「いつも付けてください」っていっつも渡して、付けてもらってたんですけど、やっぱりドームツアーを通して、早替えがけっこうあるので、自分で付けなきゃいけないから、がんばって付けてみたら、意外とスルって付けれて、簡単だなーって思ったので、今度握手会でイヤリング付けてこようと思います」

田島芽瑠「あなたのハートを射止める♪ HKT48の太陽になりたい。2000年生まれの13才 めること田島芽瑠です」

「私の夏の思い出はですね、お台場合衆国のイベントの時に、お台場合衆国のイベントの前に暑いからこの炭酸を冷やしておこうと思って、凍らかしておいて、イベントが終わった後に飲んだんですよ。炭酸のジュースを冷やしてて、最初はすごいキンキンに冷えてて、キャップのところが飲めない状態で凍ってたので、そこをなめてて美味しいってなってたら、傾け過ぎて、ピューンって噴火しちゃって、顔もそのジュースだらけになって、髪の毛も、あとその炭酸もピューンって飛んで行きました」客、軽くw

「芸術作品ができたので、この夏の思い出です。みんな笑っててくださってて、みんなこの夏一番笑ったよって言ってくださった方もいて大爆笑でした」

多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「声援少なかったなー」
田島芽瑠「愛ちゃん」客、声援
多田愛佳「ありがとう。でももう遅いからさ、次公演出る時にいっぱい呼んでくださいね。私の夏休みの思い出というか、夏休みなんてもう学生じゃないからないんですけど、今年はロッテのガムマジック部の今第二弾の選手権に出てるんですけど、今月の9日までなんですけど、今なつがすごい追い上げてきて、3位になっちゃったんですよ。なので私はずっとそのロッテのガムマジック部の自分の再生をずっと見てたんですけど、なのに全然伸びなくて。だけど今日も公演始まる前までずっと自分の携帯で見てたのに全然伸びないから、今日ここにきた300人のお客さんが全員1回でも見たら300票増えるわけなんですよ。なのでみなさん、公演が終わったら絶対ロッテのガムマジック部って調べて、多田愛佳だけ見てください」客w

「お願い致します。そしたら300票増えるんで、ちゃんと見てますからね」客、軽くw

「10分起きに繰り返されるので、ちゃんと再生してくださいね。いいですか?」客「はーい」

「はい、返事した、いい子」客、軽くw

「今日はよろしくお願いします」

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、8月10日にあった自分の誕生日なんですけど、当日に生誕祭ができたのがほんとに嬉しくて。やっぱ今日とかはもう次の月(げつ)行っちゃったり」
若田部遥「次の月(げつ)? 次の月(つき)」
田中菜津美「あっ、次の月(つき)」客、軽くw

「次の月(つき)に行っちゃったり、っへへw」客w
若田部遥「そうね。だって南央とか2日しか変わんないのにね」
田中菜津美「そうなんです。で、松岡菜摘ちゃんも私のほうが誕生日遅いのに、私のほうが先に生誕祭あったり、チームHも最近お仕事も増えて、なかなか公演とかできなかったんですけど、当日にできて、しかも2年も待ったぐぐたすも手に入れて、今更新しているので、みなさんぜひここにいるみなさんフォローしてください。300はまたね、増えるはずですから」
多田愛佳「そうだよ」客、軽くw
田中菜津美「フォローして、そしてコメントもよろしくお願いします」


【3列目 下手側から】
坂口理子「ハイ! 福岡県出身、18歳、セクシー担当になりたい♪ りこぴこと坂口理子です」

「今日はまどかさんのアンダーということでですね、顔もちょっとビジュアル系にしなきゃいけないということで」客、軽くw

「衣装もちょっとピチピチでですね、ちょっとお腹が見えそうでヒヤヒヤしています」
中西智代梨「あの、ひと言いいですか? その顔では無理があります」
坂口理子「ほんとに、ほんとに、後で謝るんですけど、黙って」客w

「本題に行きますと、夏の思い出なんですけど、やっぱり公演にいっぱい出させていただくことが多くて、今日もレジェンド公演に出させていただいて、いっぱい楽しい思い出を公演でも増えたんですけど、やっぱりドームコンサートもすごく思い出でして。ヤフオク!ドームのコンサートと東京ドームのコンサートに参加させていただいたんですけど、その時にですね、いっぱいあるじゃないですか。公演もたくさんお客さんがいるんですけど、ドームってなるとものすごくお客さんいるじゃないですか。その中でですね、私のうちわを見つけたんですよ。で、やったー!と思って、「りこぴーちゃん! りこぴーちゃん!」って動いて、手振ってたんですよ。そしたらその人が私がちょっと過ぎて行った後ぐらいに、裏向きにこうしたんですよ、うちわを」客、軽くw

「そしたら裏に「由莉耶紙推し」って書いてあったんですよ」客w

「だから、そういうこともあるわなと思ってね、やっぱり決められないでしょ?みなさんもね。1人には絞れないからそれはしょうがないと思うんですけど、今日はですね、この公演に心臓を捧げたいと思います」

後藤泉「溢れる笑顔は泉のように。福岡県出身、15歳、高校1年生のいーちゃんこと後藤泉です」

「私はですね、りこぴも言ったんですけど、やっぱり研究生公演をすごくたくさんさせていただいて、その中で気づいたことがたくさんありまして。桜の花びらたちっていう曲があるんですけど、上から桜が降ってくるんですね。でも私のポジションがいっつも桜の花びらたちの時だけすごい端っこなんですよ。なので、降ってきても桜がかかんなくて、なんかすごい悲しい気持ちになって、ファンの方見ていたら、桜の花びらたち、こうやって手を打ってくださるんですけど、1人だけ(その仕草)ってめっちゃかっこ良く、リズム刻んでる人がいて、やっぱりこういう発見ができる公演楽しいなと思います。そしてですね、今日のレジェンド公演はなんと2期生が5人出演させていただいておりまして。芽瑠と舞ちゃん、そしてりこぴと私と冨吉というね、このね、なんというネタキャラ感」客、軽くw

「ということで、3人で主役の植木さんをガツガツ食っていきたいと思いますので、せ~の、がんばるぞ!」
坂口理子後藤泉冨吉明日香「おー!」さっきの進撃の巨人ポーズ

冨吉明日香「よろしくお願いしま~す」

「明日はあすかの風が吹く。宮崎の元気と笑顔をてげ届けるために 今日もトミヨシレボリューション!(ポーズ) あすかこと冨吉明日香です」
後藤泉「今明日香が一番目立ってなかったよ」
坂口理子「ほら、先輩にも体力を使わせてしまいました」
冨吉明日香「いつもより人数少ないんですけど、メンバーが濃いのでプラマイゼロみたいになって。ありがとうございます。私はですね、すごく印象に残ってることがあって。村重さんも言ってたんですけど、東京ドームのホテルでですね、中西智代梨さん、そして村重杏奈さん、そして宮脇咲良さん、そしてりこぴ、で、あと駒田京伽ちゃんと私っていう、なんとも濃ゆいメンバーでですね、ホテルで過ごしてた時間があったんですけど、その時にですね、笑ってはいけないゲームというのをしてたんですね。そして、笑ったらダメっていうゲームなんですけど、その中でも村重さんはずーっとめんたいこをやるんですね。笑ったらいけないんで、そりゃー楽ですよ」客w

「すごい楽なんですよ。でも村重さんが1つすごいおもしろいめんたいこをしたんです。神ってるめんたいこっていうめんたいこがあるらしくて」
下野由貴「ごめん、聞いただけでは全然おもしろくないの」
冨吉明日香「いつかたぶん披露してくださると思うので、それはちょっとお楽しみにしていて欲しいなと思います。そしてですね、私は今日はなつさんのアンダーということなので、まぁ、私も今日はビジュアル担当」
中西智代梨 → マイクを口に
冨吉明日香「(言われる前に) お前に言われたくねーよ」客w

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、18歳、ちょりこと中西智代梨です」

「私、夏の思い出というか、やり残したことなんですけど、私、こう見えてまだダイエット続けてるんですよ。えっ?ってなんですか?」客w

「やってるんですよ。それで、その時に、まだ行ったことない岩盤浴っていうのがあって、よく愛ちゃんとか、いろんな子も行ってて、すごいなんか汗をかきやすい? というか、サウナみたいな感じの場所らしいんですけど、私全然知らないから、どういうところかわかんなかったんですけど、みんな寝るらしいんですよね、岩盤浴って。それで汗を流して、こう痩せるみたいなこと言ってたんですけど、なんかちょっとみんなと同じ痩せ方はちょっと嫌だなと思って、こう貪欲なので、倍に汗をかきたいなと思って、岩盤浴でUZAを踊ったらいいんじゃないかなと思ったんですよ」客、軽くw

「だからそのことを、よく行ってる愛ちゃんに言って、「ちょっと岩盤浴で私UZA踊ってこようかな」って言ったら「やってみれば」って言われたから、ちょっと怖いんですけど、どんな場所かわからないので、今度愛ちゃんと行って、やってみたいなと思います」

下野由貴「意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、15歳のしなもんこと下野由貴です」

「私は、私もガムマジック部を今やってまして、で、この間お台場合衆国のほうでガムマジックショーというのをさせていただいて、その時にマギー審司さんが一緒に共演させていただいて、ガムマジックショー終わって、すごい話してたら、なんか話の流れでマギー審司さんが普段愛用しているトランプをくださったんですよ、私に。だから、これはこのトランプを使って、マジックをできるようにならなきゃいけないなと思いましたので、練習してできるようになったらみなさんに見せれたらいいなと思います。そしてですね、今ガムマジック私もやってるんですけど、愛ちゃん3位って言ってたんですけど、私たぶん今最下位なので、みなさん公演終わったら100回ぐらいは見てください」客、軽くw

中西智代梨「HKT48チームH「博多レジェンド」公演以上のメンバーでお送り致します。今日はみなさん、南央の生誕祭です。盛り上がってますか!?」客「イェー!」

「みなさんの盛り上がりのその熱い気持ちを南央にぶつけていきましょう。ここからはですね、様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」客、拍手


◆M05.ガラスの I LOVE YOU (宮脇咲良植木南央本村碧唯穴井千尋)
◆M06.制服レジスタンス (熊沢世莉奈村重杏奈田中菜津美)
◆M07.ハート型ウイルス (穴井千尋多田愛佳若田部遥) ※マイク出し:宮脇咲良本村碧唯田島芽瑠
◆M08.てもでもの涙 (植木南央熊沢世莉奈)
◆M09.天国野郎 (村重杏奈(大阪のおばちゃん)・後藤泉(婦人警官)・中西智代梨(ナース)・下野由貴(ガソリンスタンド))
(BD:本村碧唯(ランドセル)・田中菜津美(チャイナドレス)・冨吉明日香(メイド)・穴井千尋(セーラー服)・坂口理子(テニス)・若田部遥(巫女))

中西智代梨「今から、診察を始めます。みなさんの心の声を聞かせて。私のこと好き? (好き) あー、なんか胸が痛い。こんな私は?」
みんなで「天国野郎!」


■MC
後藤泉中西智代梨村重杏奈下野由貴

村重杏奈「何?このナース」
中西智代梨「ちょっとあのセリフを言いたくて」
村重杏奈「こじはるさんのね」
中西智代梨「そう」
下野由貴「ドームでやったんですよ、こじはるさんが。全然違うよね、こじはるさんと」
中西智代梨「違う? でもちゃんとみなさん答えてくださって」
下野由貴「ちょろちょろで」
中西智代梨「ちょっと聞き取り辛かったんだけど、あるかなと思って」

下野由貴「今日から9月ということで、明日にはもうね、学校が始まる人も多いなんじゃないかなと思いまして、私たちみんな学生なので、みんなのね、9月からの目標とやらを聞いてみようかなと」

後藤泉「私は9月からと言いますか、もう常にしてなきゃいけないことなんですけど、やっぱり3期生さんがいつ入ってくるかわからないわけなので、やっぱり今のうちにファンのみなさんの心を逮捕しちゃうぞ♪」客、ひゅ~
村重杏奈「なんかすごい昭和風だね」
後藤泉「なんでですか? あとはですね、9月、私誕生日なので、プレゼント待ってます、先輩」
村重杏奈「智代梨がすごいのくれるよ」
後藤泉「ほんとですか?」
村重杏奈「智代梨ね、持ってるから、けっこう」客w
中西智代梨「やめろよ。9月ね」
後藤泉「はい、お願いします」
下野由貴「9月何日でしたっけ?」
後藤泉「27です」
下野由貴「けっこう後だね。じゃ~、ちよたん、いいのあげて」
中西智代梨「そうね」
村重杏奈「何あげよっか」
下野由貴「何が欲しいの?」
後藤泉「まぁ、それはやっぱり智代梨さんがね、持ってるなら持ってるだけ。具体的にはね、智代梨さんに決めていただいて」
中西智代梨「この人のほうがけっこうね、太っ腹な部分があるんじゃないですか?」
村重杏奈「いや、太っ腹だけど、持ってないよ、村重は」
後藤泉「お願いします、智代梨さん」
村重杏奈「智代梨にお願いして。たくさんくれるから」
中西智代梨 → 村重をパンと

下野由貴「何かありますか?」
中西智代梨「私はでも高校と言ってももうすぐ卒業なんですよ。終わったら、もう社会人になるので」
村重杏奈「もうおばちゃんやん」
中西智代梨「おばちゃん? おばちゃんではないです」
村重杏奈「この服あげるよ」客、軽くw
中西智代梨「けっこう似合ってるけどね。でも、やっぱ、なんだろう、未来をどうしますか?みたいな紙がくるのよ」
下野由貴「進路とかね。未来をどうしますかって」
中西智代梨「短大とか大学とか。でも一時期大学をね、目指したことがあって。だから、ちょっと今話すとバカだなって思われるかもしれないんですけど、東大?」
下野由貴「いや、バカじゃん」
村重杏奈「ってか、まず進路の紙を未来の紙って言ってる時点でバカだよ」
中西智代梨「行く気はなかったんだけど」
下野由貴「じゃ~何? 向こうから東大きませんか?って言われても断るつもりだった?」
中西智代梨「そうね、そうなんだけど、東大行ってみたいなっていう気持ちがあって」
後藤泉「夢を見るのは自由ですからね」
下野由貴「行ってみたいなで行けるもんじゃないからね」
中西智代梨「そう、だから私バカだなと思うんだけど、大学ってけっこう難しいじゃん、勉強とか。もう勉強はちょっと嫌だから、こうHKTにね」
下野由貴「嫌なのに行きたかったのね、東大に」
中西智代梨「(HKTに)専念するからフリーターに丸」
下野由貴「そんなのあるの?」
中西智代梨「選択肢にやっぱ一番向いてるのがフリーターだったから、フリーターに丸」
村重杏奈「芸人アイドルって書けばいいじゃん」
下野由貴「芸人兼アイドル」
中西智代梨「だからここで、専念するっていう」
下野由貴「なるほどね。じゃ~、今後はここに専念すると」

村重杏奈「村重はそうだな、友達が欲しいな」客、軽くw
中西智代梨「ずっと言ってるよね」
後藤泉「まだですか?」
村重杏奈「うん、ちらほらできてる」
中西智代梨「でも仲いい子いるじゃん」
村重杏奈「そう、仲いい子1人いるの」
中西智代梨「ねぇ、智代梨推しの」
下野由貴「珍しいね」
村重杏奈「そう、ほんとに村重もね、初めて聞いた時めっちゃ思った。なんで智代梨なの?って」
中西智代梨「なんか言ってた?」
村重杏奈「顔がおもしろいって言ってたよ」客、軽くw
中西智代梨「それで推しになってくれたの?」
村重杏奈「でも智代梨、今日村重なんかね、たくさん喋るんだけど、イマイチ笑い取れないからちょっとおもしろいことしてよ」客、軽くw
中西智代梨「もうね、やめてよ」
村重杏奈「なんかおもしろいことして」
下野由貴「それで終わりましょうか」
村重杏奈「それで締めよう」
後藤泉「芸人アイドルさんですからね」
中西智代梨「ほんとになんかね、ほんとちっちゃい子に「芸人ですか?」ってほんとに訊かれちゃうから」
下野由貴「やっちゃえやっちゃえ」
中西智代梨「何をするの?」
村重杏奈「なんかおもしろいことして」
中西智代梨「ひどい」
下野由貴「じゃ~、何か見たいの訊きますか?お客さんに。何が見たいですか?」客「めんたいこ」
中西智代梨「私じゃないよね」客w
村重杏奈「智代梨のめんたいこしな」
中西智代梨「あっ、神ってるめんたいこ」客、拍手

「神ってるめんたいこで締めよう」
村重杏奈「(客に)なんでめんたいこって言ったんですか?」客w
中西智代梨「あれおもしろかった」

「じゃ~、神ってるめんたいこまで」
メンバーたち「3・2・1」

村重杏奈 → 『神ってるめんたいこ』披露(屈んだ状態から回転しながら立ち上がり、めんたいこ)

下野由貴「はい、おもしろかったですね」客、軽くw

「というわけでですね、、今回は9月の目標についてちょっと聞いてみたんですが、村重は9月の目標おもしろくなることにしてもらいたいなと思います」
村重杏奈「がんばりしげ」

中西智代梨「HKT48チームH「博多レジェンド」公演まだまだ続きます。続いての曲は自然の動物の気持ちになるようなお曲です。どうぞ!」


◆M10.制服のバンビ (兒玉遥渕上舞宮脇咲良)
◆M11.遠距離ポスター (村重杏奈多田愛佳穴井千尋若田部遥田中菜津美本村碧唯中西智代梨)
◆M12.Two years later
◆M13.回遊魚のキャパシティ
◆M14.シャムネコ
◆M15.大声ダイヤモンド


■MC
◆前半:多田愛佳穴井千尋冨吉明日香田島芽瑠中西智代梨熊沢世莉奈植木南央下野由貴

穴井千尋「今日は南央の生誕祭ということで、南央について話しましょう」
植木南央「やった、うれぴー」
穴井千尋「南央、今日アゴの調子どう?」
植木南央「アゴの調子いつも通り」

下野由貴「南央はみんなからいじられてるじゃないですか、いろいろ。なんだけど、私のことは南央でもいじれると思ってるらしく、南央も影が薄いのに、いつも私のことを影が薄いと言ってくるのをちょっとやめて欲しいなと」
植木南央「でもね、報告会でね、言われた通り、影が薄いのは(下野)1番で(私)2番なの。だから、しなもんのほうがちょっと薄いかなーって」
下野由貴「でも南央はたしかにアゴが出てるからそれなりに存在感はあると思うんですけど。アゴのおかげなの、たぶんね。愛ちゃんとかから影薄いねって言われると、まぁ、そりゃーそうだわってなるんですけど、南央から言われると、なんか」
穴井千尋「似てるんじゃない?」
中西智代梨「そうね、系統が」
田島芽瑠「同類。カマキリさんとバッタさんだから」
植木南央「芽瑠」
穴井千尋「今日も無邪気でいいよ」
田島芽瑠「ほんとですか?」
下野由貴「芽瑠ちゃんね、ほかの子たちを動物で例えるとって言うとちゃんと動物にするんだけど、私たち虫に例えられるの」
中西智代梨「あっ、でもしなもんは私が小学1年生の時に飼ってた、亡くなったハムスターのルビーちゃんに似てる」
下野由貴「亡くなったんかい」
中西智代梨「すごく似てるの。かわいらしいハムスター」
穴井千尋「芽瑠ちゃん、なんで虫なの? あの2人は」
田島芽瑠「えーと、イメージです。頭に浮かんできたのが(下野)バッタさんと(植木)カマキリさんです」
植木南央「ドイヒ~。。」客、軽くw

冨吉明日香「そうですね、自己紹介MCとか聞いてて思ったんですけど、南央さんってどこに向かってるのかなって」
下野由貴「ここにいる人みんなが思ってるよ」
植木南央「えっ? ほんと?」
多田愛佳「夢は何?」
植木南央「南央はソロデビューすること」客「おー」
多田愛佳「シンガーソングライター?」
穴井千尋「でもね、アゴが出てる人って歌上手いらしい」
植木南央「なんでそこに」
穴井千尋「ほんとに」
植木南央山本彩さんとか。あっ、違う違う、上手いから、そうなのかなってちょっと」
多田愛佳「いや、アゴは出てないよ」
熊沢世莉奈「でも上手いよね、歌ね」

中西智代梨「私でも、このアゴ? いろいろいじられてるけど、私すごくいいなって思って。例えば、あー、肩凝ったなーみたいな」客、軽くw

「なるじゃない。そしたら南央がね、すぐね、「肩が凝ってるの?」って言って、すぐ来てくれて、揉んでくれるの。だけど、そのやり方がね、アゴを使うの。このアゴの鋭さがツボにフィットする」
多田愛佳「でも私それやってもらったことあるけど全然気持ち良くなかったよ」
植木南央 → アゴで中西の肩をほぐす
中西智代梨「ほら、いい感じ」
植木南央「こう噛むとね、アゴがね、下に行くからね、気持ちいいんだよ」
冨吉明日香「そういう使い方もあるんですね、アゴ」
田島芽瑠「今いっぱいアゴって出てるんですけど、私いっつも植木さんとアゴチューしてます」
植木南央「芽瑠もね、カマキリとか言いながら、芽瑠も少しカマキリなんですよ」
中西智代梨「ちょっと出てると」
植木南央「そう」
田島芽瑠「ドラマ仕立てでいっつもしてますよね? 今やってみますね」

植木南央「芽瑠大好きだよ」
田島芽瑠「カマキリくん」
田島芽瑠植木南央 → アゴチュー(客、拍手)

多田愛佳「拍手するほどでもない」
冨吉明日香「楽屋でやりましょう」
田島芽瑠植木南央「イェー」2人ピョンピョンしながらハイタッチ何度も
下野由貴「誰か止めて」

穴井千尋「愛ちゃん、どうだった?最初見た時」
多田愛佳「でも、最初は南央が一番仲良くできないと思ってたけど、でも今は一番仲良くて、ねぇ、南央ちゃん」
植木南央「愛ちゃんはラジオで、自分の。南央推しって言ってくれたんですよ」
多田愛佳「推しとは言ってない」客、軽くw

「イチ推しは一応咲良だから、南央は一応親友、一応ね」
植木南央「やったー」
多田愛佳「でもSNSのタイムラインは公開してない」
植木南央「ドイヒ~」
多田愛佳「やっぱ絡み難い」
穴井千尋「そうですね、こんな南央ですけども、すごく不思議でおもしろくて私は大好きです」

# 「イェー」後半組入場 / メンバーチェンジ

◆後半:宮脇咲良後藤泉若田部遥田中菜津美坂口理子渕上舞本村碧唯村重杏奈

田中菜津美「明日から新学期が始まるということで、遅刻した時の言い訳について」
坂口理子「新学期早々けっこう悪いことしますね」
田中菜津美「やっぱ案を一応考えておいたほうがね、念のために」

「りこぴから」
後藤泉「りこぴ新学期ないから」
坂口理子「そうですけどね」
田中菜津美「じゃ~、妄想。実践していましょう」
坂口理子「先生誰が」
田中菜津美「はい」
若田部遥「走ってきてガラって開けて」
村重杏奈「じゃ~、村重チャイムチャイム」
坂口理子「要ります?チャイム」客、軽くw
田中菜津美「したいならどうぞ」

村重杏奈「キーンコーンカーンコーン、キーンコーン・・・(長い)」
坂口理子「タイミングが」客、軽くw
田中菜津美「間に合ってるから、それ」
若田部遥「1コでいい」

村重杏奈「キーンコーンカーンコーン」
坂口理子「(走ってきて) ごめんなさい」
田中菜津美「坂口、遅刻だぞ、お前」
坂口理子「すみません、ほくろの数、数えてました」客、軽くw

「すみません、ほんとごめんなさいごめんなさい、すみません。ほんとごめんなさい」
田中菜津美「で、何個あったんだ、ほくろ」
坂口理子「23コありました」
後藤泉「これ「PARTYが始まるよ」公演ではウケたんです」
田中菜津美「ちょっとレベルが高かった」
坂口理子「すみませんあの、シケちゃいました、すみません、ごめんなさい」
後藤泉「あの謝り方しないと、ちゃんと」
坂口理子「やめてよ」
若田部遥「もう完全なる内輪ネタ」
坂口理子「新しい村重さんのめんたいこを超えるかもしれない謝り方を」

「ごめん(体を捻り、上体を倒す)。。。」
後藤泉「すみません、ほんとすみません」
坂口理子「次行きましょう、次行きましょう」
若田部遥「ヤバイよ、これ。なんてこと言うの?」
後藤泉「私の頭がおかしかったです、すみません」
田中菜津美「そうだよ」
坂口理子「今のはいーちゃんが悪い。次行きましょう」
村重杏奈「フォローできねー」
若田部遥「お前が言うなよ!」

田中菜津美「わかちゃんいきましょう。チャイム。。村重」
村重杏奈「あー、ハイハイ」客w
若田部遥「忘れるなよ」

村重杏奈「キーンコーンカーンコーン」
若田部遥 → ドアを開け、教室へ
田中菜津美「若田部、遅刻だぞ、お前」
若田部遥「すみません! メンバー全員にモーニングコールしてたら遅れました」
田中菜津美「真面目か」
若田部遥「特に田中とかおかぱんとか全然起きないんです」
田中菜津美「リアルなことやめて」客、軽くw
若田部遥「あいつら遅刻ばっかりするんです」
村重杏奈「おかぱんとボスめっちゃ遅刻する」
若田部遥「ボスと一緒に寝てるりーぬも巻き添えを食らうっていう」
田中菜津美「リアルなこと言わない。あっ、尾崎さん見てるよ、ほら」
メンバーたち「あー」

田中菜津美「次いーちゃんいきましょう」
村重杏奈「キーンコーンカーンコーン」
後藤泉 → 走って田中のもとへ
本村碧唯「走り方w」
誰か「昭和」
田中菜津美「おい、後藤。お前遅刻だぞ」
後藤泉「あの、やっぱりスーパーの安売り行ってました」客、軽くw
若田部遥「団地妻みたい」
田中菜津美「お前ん家はどうなってるんだ」
後藤泉「お前ん家は朝8時からちょっとスーパーの早いのに並んでました」
若田部遥「開いてないでしょ」
後藤泉「開いてないわ。開いてなかったです」
田中菜津美「どこ行ってたんだ、その間」
後藤泉「あの、ちょっと天国野郎のMCで白けたので落ち込んでました」客、軽くw
村重杏奈「ちょっと待って。それ村重に対して嫌味?」
後藤泉「違います違います」
田中菜津美「それは先輩の村重が悪いな」
後藤泉「後で4人で反省会しましょう」
坂口理子「いろいろリアルなこと出てきますね」
若田部遥「朝市だったら空いてるね」

田中菜津美「さくらたん。珍しいからね」
後藤泉「絶対しなさそうですね」
若田部遥「でも咲良もなかなか」客、軽くw
田中菜津美「なかなかするよね」
若田部遥「あの人が遅刻するから」
宮脇咲良「村重が起きない」
田中菜津美「村重とこの2人はよく遅刻する」
若田部遥「セットだからね」
村重杏奈「そんなバナナ。そんなことない」

「キーンコーンカーンコーン」
田中菜津美「おい、宮脇、お前遅刻だぞ」
宮脇咲良「さっきの衣装でリボンを忘れてました」客w → 拍手

「違うの、なかったの」
若田部遥「もともとシャツに付いてなかったんだよね」
後藤泉「さっきの衣装の時から間に合ってなかったですね」
田中菜津美「1人だけリボンなしで真剣に」客w
若田部遥「だから許してくれと」
宮脇咲良「ごめんなさい」
田中菜津美「探してたんだね、ずっと」

「じゃ~、あおいたん。泣く以外で。許しちゃうからね、それじゃ」
本村碧唯「OK」
村重杏奈「キーンコーンカーンコーン」
本村碧唯 → ゆっくり歩き、そしてドアを開ける
若田部遥「余裕」
後藤泉「歩いてますけど」
田中菜津美「おい、本村、お前遅刻だぞ」
本村碧唯「先生ちょっと目つぶってみてください。えっと、遅刻したと思ったら遅刻したかもしれないけど、遅刻してないと思ったら遅刻してないですよ」
田中菜津美「遅刻したぞ」客w
後藤泉「逆ギレですか?」
田中菜津美「遅刻だぞ、本村」
坂口理子「目閉じてって言われたらちょっと期待しちゃいません?なんか」
田中菜津美「私ちょっとこの300人の中でいいのかなって思った」客、軽くw
後藤泉「ダメですダメです」
田中菜津美「ということでですね、今回のお題はですね、遅刻した時の言い訳だったんですけど、学生のみなさんは絶対に真似しないようにお願いします」

「というわけで次が最後の曲になります。私たちはこれからもメンバーみんなで力を合わせてどんどん上へ行きたいと思います。それでは最後の曲聴いてください」


◆M16.未来の扉


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「今日は8月12日に16歳の誕生日を迎えた植木南央ちゃんの生誕祭です」客、イェー!&拍手

「南央ちゃんは15歳の1年でたくさんのことを学びました。そして、その学んだことや経験したことを活かし、16歳の1年がよりよいものになるように、今日のアンコールはなおコールでお願いします」客、イェー!&拍手


「なおちゃん」コール


◆M17.会いたかった ※ショートバージョン(サビのみ)


植木南央「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

植木南央「みなさん、まだまだ盛り上がっていただけますか?」客「イェー!」

「もっと、盛り上がりますか?」客「イェー!」

「ありがとうえき」客、軽くw

「まだまだこれからもモヤっと盛り上がってください」客、軽くw
村重杏奈「モヤっとじゃダメでしょ」


◆M18.お願いヴァレンティヌ
◆M19.スキ!スキ!スキップ!


穴井千尋「楽しい時間はあっという間で、もう次の曲が最後の曲になってしまうんですが、今日は、最後の曲の前にもう1曲だけ披露させてもらってもよろしいですか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。それでは聴いてください。せ~の」
みんなで「メロンジュース!」


◆M20.メロンジュース


植木南央 生誕祭
穴井千尋「9月4日に発売されますHKT48のセカンドシングル「メロンジュース」をチームHバージョンで聴いていただきました。あと9月4日発売日まであと今日入れて4日です」
誰か「3日です」
穴井千尋「3日です」客w
下野由貴「4日です。今日入れると4日」
穴井千尋「3日ですよ。あともう少しなのでみなさん楽しみに待っていてください」

本村碧唯「それでは次が本当に最後の曲になります」
村重杏奈「ちょっと待った!」客、反応

「みなさん、今日は誰の生誕祭ですか?」客「南央ちゃん」

「そうです。今日は8月12日に16歳のお誕生日を迎えて植木南央お誕生日、生誕祭です!」客、軽くw
メンバーたち「イェー」客、拍手

村重杏奈「南央!」
みんなで「お誕生日おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け (下野由貴熊沢世莉奈)

メンバーたち「おめでとうえき」
植木南央「ありがとうえき」

村重杏奈「でも、メロンジュースの後に生誕祭はちょっときついね」客、軽くw
穴井千尋「そんなことない」

村重杏奈「改めまして、今日は8月12日に16歳のお誕生日を迎えた植木南央ちゃんのお誕生日です。それではみなさん一緒に歌いましょう。せ~の」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 南央ちゃん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

植木南央 → ロウソク火を吹き消す(5フーぐらい) 客、拍手

メンバーたち「おめでとう」
植木南央「ありがとう」
村重杏奈「おめでとめんたいこ」

「じゃ~、16歳を迎えてどうですか?植木ちゃん」
植木南央「16歳。なんか、すごく、まだ16歳なんだなって自分思うんですけど、あっという間の16歳なので、これからもたくさんファンの方にもメンバーにもいろいろお世話になっていきながら成長していきたいなって思います」客、拍手

村重杏奈「じゃ~、今年はどんな1年にしたい?」
植木南央「今年は、んー、やっぱり、15歳の時は最後に、最後の最後にセカンドシングルの選抜落ちてしまったので、今年は、(涙混じり)んー、やっぱり、自分に負けたくないから、えっと、今年は去年よりもいっぱいの笑顔と気合で、みなさんからもたくさん愛をもらいたいなって思います」客、拍手
村重杏奈「まだまだだよ。まだまだだから」

「じゃ~、去年の生誕祭何したか覚えてる?」
植木南央「覚えてるよ」
村重杏奈「あの、AKB劇場に出張公演にちょうど行ってて、ダジャレが大好きなね、植木さんなだけに植木鉢をプレゼントしたじゃん。で、博多にも帰ってきて、もう1回生誕祭して、2回」
植木南央「そう、2個も大きい植木鉢を帰るの大変やったっちゃん、持って帰るの」
村重杏奈「なんか噂で聞いたんだけど、枯らしたとか」
植木南央「違う、枯らしたんじゃないんです。あの、一生懸命毎日毎日お水をあげて、で、東京に行っちゃう時はママに頼んで、お水やってもらってたりしてたんですけど、元気に育たなかった」客、軽くw
若田部遥「結果的に?」
村重杏奈「枯らすのは声だけにして欲しいと」客、軽くw
植木南央「ちょっと」
若田部遥「あれの植木鉢の花言葉さ、何だったか覚えてる?」
植木南央「何だっけ? 友情?」
若田部遥「そう、だから去年はるっぴに「これを枯らしたら私たちとの」って」
植木南央「あー!」
村重杏奈「だから、リベンジとして」客「おー」

「今年、植木鉢を、プレゼントしたいなと。智代梨!」
中西智代梨 → いったん捌ける
植木南央「持って帰るの大変やったっちゃけんね」
村重杏奈「今年もがんばれ」
下野由貴「来年また聞いてね、枯らしちゃったらまたこっちからあげようと」
植木南央「また?」
若田部遥「そう、友情を枯らさないようにね」
植木南央「なんかね、マネージャーさんから昨日電話があって、植木鉢生きてる?って言われて」
中西智代梨 → 植木鉢を抱えて登場
植木南央「えー?何これ」
村重杏奈「三代目って」
メンバーたち「キュウリみたい」
植木南央「重たい」ステージに置く
村重杏奈「これには意味があってですね、このシュッて尖がってるじゃない。植木のアゴのシュッていうの」客w → 拍手
メンバーたち「なるほどね」「うまいね」
植木南央「うまいねじゃない」
多田愛佳「これ何が咲くわけ?」
若田部遥「(紙を見ながら) 空気清浄、ストレス解消となりますサンスベリアキリンドリカ。マイナスイオンを大量に出すと言われてます。喉を潤してください」
田中菜津美「そういう意味だったんですね」
村重杏奈「今年のね、ちゃんと枯らさずに。来年もまた訊くから」
植木南央「また?」
村重杏奈「ちゃんと、生きてる?って。今日また育てますってぐぐたすにも絶対アップしてね」
植木南央「わかった」
村重杏奈「絶対だよ」

「そしてですね、あともう1つある。南央の大好きなあの方から、ねぇ、メッセージをいただいています。智代梨」
中西智代梨「じゃ~、読ませていただきます」

「おいっすー! 阿部ちゃん先生ですばい」
メンバーたち「ワー!」客、拍手&ざわざわ
中西智代梨「植木くん、生誕祭、ちゃんと呼ばれてきとるんやろうね?」客w

「勝手に生誕祭したら、つまらんばい。これからも気合入れて、わけわからんことを言い合いましょう。なんはとあれ、誕生日おめでとう、阿部ちゃん先生より」客、拍手
植木南央「やったー。ありがとう」
村重杏奈「そうなんですよ。なんとあのレモンティーの阿部ちゃん先生からメッセージをいただきました。知ってる方もいると思うんですが、安陪ちゃん先生はあるあるYY劇場だったりコレカラの番組だったり、ねぇ、すごいお世話になってる方なので、ねぇ、嬉しいですか?」
植木南央「うれぴーよ。。あっ、ごめんね」客、軽くw

「助けてー」客、軽くw
村重杏奈「助けて欲しいのはこっちなんですけど」
植木南央「めんごちょ」
村重杏奈「いちいちイライラするよね」客w
植木南央「村重もやろ?」
若田部遥「村重が困ってるっておもしろいよね」
村重杏奈「がんばってんの」
若田部遥「がんばってる、村重」
村重杏奈「じゃ~、これをね、育てるのと、おもしろくなるのがんばってください」
植木南央「なんか村重から言われるとムカつくんだよね」客w
若田部遥「お互い様やん」
村重杏奈「お互いイライラ」

「じゃ~、こんな素敵な生誕祭を開いてくださったファンの方へひと言」
植木南央「えっとですね、今年は、んー、ぐぐたすにも書いたんですけど、16歳なので、いろいろ、お世話になりながら、いろいろこう自分で研究したり、努力したりして、どんどん上のステップに上がれるようにがんばりまっちょするので、みなさんも一緒にがんばりまっちょ」客、拍手

下野由貴「この植木鉢はどうします?」
中西智代梨「一応裏に」
村重杏奈「これはね、三代目って、三代目ジェイ・ソウル・ブラザーズさんみたいにオシャレ風に」
中西智代梨「大切に裏に置いとくので」
植木南央「ありがとうえき」
村重杏奈「でもね、もう1回最後に締めとして南央におめでとうを言いましょう。南央!」
みんなで「お誕生日おめでとう!」客、拍手
植木南央「ありがとうえきございます」

村重杏奈「じゃ~、みんなさっきの(位置に)。じゃ~、あおいたんよろぴく。。」客、軽くw

「ヤバイ、こんな空気になっちゃった」
坂口理子「移っちゃいましたね」

本村碧唯「ということで、次が本当に最後の曲になります。今日はうえきんぐの。ごめんなさい、私、うえきんぐって呼んでんの、私。うえきの生誕祭をなんかみんなで楽しくお祝いすることができて、ほんとに良かったなと思います。うえきんぐの誕生日のお祝いに、みなさん最後まで一緒に盛り上がっていただけますか?」客「イェー!」


◆M21.白いシャツ


宮脇咲良「本日はご来場いただきまして、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

宮脇咲良「ここで、私たちからお知らせがあります。9月4日に発売されるメロンジュースのタイプAに収録されているあまくち姫「希望の海流」のミュージックビデオを今日初公開したいと思います」客、拍手

「今日のメンバーでは愛ちゃん、芽瑠、杏奈、あおい、わかちゃん、しなもん、南央と私が参加しています」
若田部遥「ちょっと入ってる人、手上げよう」
メンバーたち「はーい」
宮脇咲良「おっ、いっぱいいるね。ミュージックビデオはですね、山の中というかね、草原で撮ったんですけど、どうだった?」
田島芽瑠「いっぱいお手紙が降ってきたりとか、とかとか、かわいらしい感じに」
若田部遥「前回は私たちあまくち姫、妖精になったんですけれども、今回はなんと、あれになっちゃいます」
村重杏奈「そう、そして村重が一番かわいいよね」
多田愛佳「いつも言うね」
宮脇咲良「村重、セバスチャンみたいになってたじゃん」
メンバーたち「そうそう」
下野由貴「衣装がセバスチャンみたいな」
若田部遥「あと、あれあれ、ミュージックビデオの内容がですね、実はある童謡とリンクしてまして」
下野由貴「あとね、これはミュージックビデオに入ってるかわかんないんですけど、あおいたんとかね、私とかちょっと踊るところが。けっこうダンスパートがあったりするんですよ」
若田部遥「映ってるかな?」
宮脇咲良「ミュージックビデオの休憩中にもカキ氷がきてね」
メンバーたち「そう!」
田島芽瑠「自分たちで作りました」
宮脇咲良「美味しかったね」
若田部遥「素麺もあったよね」
下野由貴「夏を満喫しましたね」
宮脇咲良「そんな夏を満喫したかわいらしいミュージックビデオになっているので、みなさんぜひチェックしてください」

# 多田愛佳 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶
村重杏奈?「せ~の」バック / 客「南央ちゃん!」

「せ~の」前進 / 客「お誕生日おめでとう!」拍手

# 「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:スキ!スキ!スキップ!)

植木南央「会場のみなさんもロビー観賞のみなさんも足元の悪い中、ありがとうえきございました」客、拍手

「めんたいこ! モヤっとモヤっとバイバイ」

# 公演終了


■HKT48 2ndシングル タイプA収録「希望の海流」MV上映 (あまくち姫)

■ハイタッチお見送り (ロビーにて)

■メモ (植木南央 生誕祭)
M05「ガラスの I LOVE YOU」にて、ピンクサイリウム
E05「白いシャツ」にて、水色or黄色サイリウム


■率直な感想 (私見)
自己紹介MCの3列目はやけに濃いメンバーだった。
研究生は天国野郎の空きポジション以外は基本的にユニットに出演しないので、自己紹介は3列目になることが多いのだけれども、それにしても坂口理子さん、後藤泉さん、冨吉明日香さんと2期生のネタキャラ3人と中西智代梨さん、下野由貴さんと、ほんとに狙ったようなメンバーが並んで、おもしろかった。

植木南央さん生誕祭。
植木さんは以前から不思議キャラだけれども、このところますますその不思議さに磨きがかかってきた。
変に周りに合わせることなく、これからも我が道を突き進んで欲しい。

植木さんもそうだし、智代梨さんなどもそうだけれども、そういう子がいるから、グループとして幅が広がると思う。

阿部ちゃん先生さんからのお手紙は、今までにはない感じの盛り上がりだった。

以上

HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月1日(日) チームH「博多レジェンド」公演

公演後の感想 → 村重杏奈植木南央

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ