FC2ブログ

チームBII久々のフルメンバー (2013/08/18、チームBII)

NMB48劇場 / TeamBⅡ『会いたかった』公演

■出演メンバー
チームBII → 赤澤萌乃・石塚朱莉・井尻晏菜・植田碧麗・梅原真子・太田夢莉・加藤夕夏・上枝恵美加・日下このみ・久代梨奈・黒川葉月・河野早紀・小林莉加子・室加奈子・薮下柊・山内つばさ

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.嘆きのフィギュア (黒川葉月・加藤夕夏・室加奈子・薮下柊)
◆M02.涙の湘南 (上枝恵美加・赤澤萌乃・久代梨奈・山内つばさ・小林莉加子)
◆M03.会いたかった


■MC (自己紹介)
薮下柊「みなさん、こんにちは!」
みんなで「NMB48チームBIIです!」客、拍手

薮下柊「本当にみなさんに!」
みんなで「会いたかった!」客、拍手

薮下柊「今日はむっちゃくちゃ久しぶりにチームBII全員揃ったんと、そしておやつ公演なんで、お昼のテンションでみなさん私たちと一緒に楽しんでいきましょう!」客「イェー!」

加藤夕夏「そして今日はお盆休みの最後なので、明日からみなさんががんばれるようにいっぱい元気をお届けしたいと思います。こんな私たちチームBIIについてきてくれますか?」客「イェー!」

久代梨奈「それではメンバーの自己紹介を1人ずつさせてください。今日の自己紹介テーマは自分はプロやなって思うことです。それではさきぴーどうぞ」


【1列目 上手側から】
河野早紀「幸せ届ける夢先案内人、み~んなの目線の先にはいっつもさきぴ! ありがとうございます。広島県出身じゃけぇね、大学1回生、19歳のさきぴこと河野早紀です」

「私がプロだなって思うことは、これはリアルにDSの大合奏バンドブラザーズっていうソフトのキラリセーラードリームっていう曲のソプラノサックスをやると、私本当にプロだなって思いました」
メンバーたち「わかんない」
河野早紀「とりあえずゲームで100点を出せるっていうことです。今日の公演でも100点を出します!」

加藤夕夏「そこの~君!君!君!君!・・・ うかうかしとったら うーかにう~っかりハート奪われんで 覚悟しときや! (フー!) ありがとうございます。大阪府出身、高校1年生、16歳のうーかこと加藤夕夏です」

「夕夏がプロってるなと思うのは、まず誰にでも間違いっていうのあるじゃないですか。そこで踊ってる時にちょっとだけ立ち位置間違えちゃった時とかにごまかすのがプロです。でも今日はちゃんとがんばります」

薮下柊「み~んなの気持ちを全部没収! その代わりにしゅうの笑顔をナイッシュー! (ゴール!) ありがとうございます。大阪府出身、中学3年生、14歳のしゅうこと薮下柊です」

「しゅうがプロやと思うことは自分が寄り目すごく上手いことです。今日の公演でも寄り目するんで見ててください」

久代梨奈「せ~の、インジャンホイ! あっち向いてホイ! そっち向いてホイ! りなっち向いて~ (ホイ!) ありがとうございます。大阪府出身、中学3年生、14歳のりなっちこと久代梨奈です」

「私はプロってるなって思うことはすごくしょうもないんですけど、ネックレスとか絡まるじゃないですか。それを取るのがめっちゃ上手いんですよ」
太田夢莉「今度やって」
久代梨奈「OK。みなさんぜひ私に頼んでください」

石塚朱莉「チュッ・チュッ・チュッ♪ あんちゅの投げキッチュで世界一のコメディー女優の座を ゲッチュ! ありがとうございます。千葉県出身、高校1年生、16歳のあんちゅこと石塚朱莉です」

「私がプロやなと思うことはペンライト、サイリウムみなさん持ってらっしゃるじゃないですか。それをカチって消したとこにパっと目が行ってしまうってことなんで」客、軽くw

「エコしてるのはわかるんですけど、今日の公演はずーっとつけて欲しいなっていうとこちょびっと思ったりしなかったりです。よろしくお願いします!!」
山内つばさ「最後何言ってるかまったくわからへん」


【2列目 上手側から】
山内つばさ「難波からちゅばっと翼を広げてどこまでもー! (Let's fly!) ちゅばさ航空へようこそ! (搭乗しま~す) ありがとうございます。大阪府出身、中学1年生、13歳のちゅばこと山内つばさです」

「私がプロやなと思うのは振りを覚えるのが早いっていうところがプロやなと思いました。なので、今日の公演ではここにいるみなさんを私のパフォーマンスで魅了したいと思います」

梅原真子「まことの幸せ届けるように、真っ向勝負挑ませていただきますえ (よろしおす!) おおきに。京都府出身、中学3年生、14歳のまこぽんこと梅原真子です。まこぽん でこぽん ぽんぽこぽん! ありがとうございます」

「私が自分でプロやなと思うことはメンバーの話聞いてないのにうまいこと受け流してるなって自分の中ですっごい上手いと思って」
上枝恵美加「ほんまそれ。いっつも受け流されるもん、恵美加」
梅原真子「時々ふふんって済ませる時もあるんですけど、自分の中で受け流すのが上手いんですけど、みなさんには今日は受け流されないようにいっぱいいっぱい目立ちたいと思うんで、真子のことちゃんと見といてください」

赤澤萌乃「みんな!やっほのりー! (やっほのりー!) ほのりのお目目でほーのぼの。大阪府出身、高校2年生、16歳のほのりこと赤澤萌乃です」

「萌乃(ほの)がプロやなって思うことを言おうと思ったんですが、プロじゃないとこを見つけてしまいました。バンドエイドを貼ったまま出てしまったので、今日は次の曲からはちゃんと外して出るのでそこも注目しててください」
梅原真子「謝って」
赤澤萌乃「さんません」客w

「なのでバンドエイド次は貼ってないかまで注目しててください」

太田夢莉「私に不利なことなんかあれへん。いつでもどんな時でも (ゆーり!) ありがとうございます。奈良県出身、中学2年生、13歳のゆーりこと太田夢莉です」

「私がプロやなーって思うところは焦った時の対処法が上手いんじゃないかなって自分で思います」
小林莉加子「リアクションし辛い」
太田夢莉「みなさん今日の公演も盛り上がっていきましょうね!」客「イェー!」

日下このみ「お好み焼きと このみんの どっちが好み? (このみん!) 今日もこのみんのほうが多いんですね (軽くw) ありがとうございます。みなさん好みのこのみんになりたい、大阪府出身、高校3年生、17歳のこのみんこと日下このみです」

「このみがプロやなと思うことは目覚まし止めてからの寝る早さなんですけど」客、軽くw
上枝恵美加「あかんやん」
日下このみ「そう、あかんねん。だからあかんねん、私」客、軽くw

「でも今日の公演では「もうあいつ寝てるんちゃうか」って疑われないように全力で目力を注ぎ、踊りたいと思います」

黒川葉月「はーこの箱の中身、教えたろか? (教えて!) ♪箱の中身は? (はーこ!) ありがとう」
メンバーたち → w 「ありがとうって」
黒川葉月「言ってもいい? 大阪府出身、中学3年生、15歳、はーここと黒川葉月です」

「私がプロやなーって思うところは金魚すくいなんですけど、98匹釣ったことあるんですよ」客、反応
梅原真子「釣り師」客w
黒川葉月「なので、今日はみなさんのハートをいっぱいこうやってすくいちゃいたいと思います」


【3列目 上手側から】
室加奈子「み~んなが探してるものはあっちかな?こっちかな?どっちかな? もしかして? (むろかな!) ありがとうございます。大阪府出身、高校2年生、16歳のむろかなこと室加奈子です」

「私、ダイエットめっちゃ好きなんですよ。めっちゃ好きなんですよ。だからそういうとこはめっちゃ自分プロかなって思います。だから、今日はそのダイエットの知識を忘れて、でも。なんか変なことなってもうたな」客w

「でも今日はみなさんにその・・・」客「がんばれ」
井尻晏菜「汗かいて痩せようか」
室加奈子「そうします。よろしくお願いします」

井尻晏菜「あんあん・たんたん・あんぽんたん! でもいじるなよ (いじりまーす!) ありがとうございます! 京都府出身、BII唯一の専業アイドル、18歳のあんたんこと井尻晏菜です」

「私がプロやなって思うことは、汗かいてすっぴんになっちゃってもドヤ顔してることです」
小林莉加子「あんたんがプロなのはすべることやろ?」
井尻晏菜「それも言おうかなって思ったけど、それですべったらまたほんまにすべっちゃうから」客、軽くw

「ということで今日もすっぴんに近い状態だと思うんですけど、よろしくお願いします」

植田碧麗「右を見れ見れ! 左をみーれ! 大根植えたら食べてみーれ♪ それでもやっぱり碧麗を~? (みーれ!) ありがとうございます。兵庫県出身、中学3年生、14歳のみーれこと植田碧麗です」

「私のプロやなって思うことはいつでもどんな時でも明るいことです。みなさん、今日は一緒に楽しみましょう」

上枝恵美加「えみちの笑みであら不思議! 上から読んでも下から読んでもかみえだえみか! ありがとうございます。大阪府出身、大学1回生、19歳のえみちこと上枝恵美加です」

「私がプロやなって思うことは無意識にてへぺろってしちゃ(舌)を出しちゃうことです」
井尻晏菜「しちゃ(舌)を出しちゃうことです」客、軽くw
メンバーたち「絡まってんの?舌」「ぶりっ子のプロやな」
上枝恵美加「ハァ?」客w

「そういうことは置いといて、何回てへぺろってしてるか見てください」

小林莉加子「リトルりっぴー、キューティーりっぴー、ファンキー? (りっぴー!) アイドル上等やったんで! (かかって来い!) めっちゃいかつい掛け声、ビックリした。ありがとうございます。大阪府出身、高校2年生、17歳のりっぴーこと小林莉加子です」

「りかこんな「アイドル上等」とか言って、キャラに合ってないと思われるかもしれないんですけど、赤ちゃんがあやすのちょっとプロ並みに上手いんですよ。ちょっと笑った方いたでしょ?」客w

「マジですから。なんですけど、今日はみなさんをあやすんじゃなくて、癒したいと思います」

上枝恵美加「NMB48チームBIIによります「会いたかった」公演、久々のフルメンバー、そして日曜日のお昼公演でお盆ということで、初めて見に来てくださった方どれぐらいいらっしゃいますか?」客「はい」
メンバーたち「おー」「超いてる」
上枝恵美加「ありがとうございます。じゃ~、何回も来てて、もう一緒に振りまで踊れますって方? じゃ~、一緒に踊ってくださいね、お願いします」
小林莉加子 → 上枝をバンと
上枝恵美加「なんで叩くねん」客w

「今日来てくださった方も初めて来てくださった方もDMM配信を見てくださっている方も今日でBIIの「会いたかった」公演大好きになってもらえるように私たちも素敵なパフォーマンスしたいと思います。はぁ~」客、軽くw

「それでは続いてはこちらの曲です。せ~の」


◆M04.渚のCHERRY (黄=薮下柊・青=石塚朱莉・河野早紀・梅原真子)
◆M05.ガラスの I LOVE YOU (山内つばさ・赤澤萌乃・太田夢莉・久代梨奈)
◆M06.恋のPLAN (井尻晏菜・日下このみ・河野早紀・加藤夕夏・梅原真子・黒川葉月・小林莉加子)


■MC
河野早紀・井尻晏菜・黒川葉月・小林莉加子・梅原真子

梅原真子「ちょっとさっき公演が始まる前にこのりっぴーとめっちゃしょうもない話なんですけど、もしもさきぴがカーナビやったらっていう話になったんですよ。めっちゃしょうもないんですけど、さきぴがカーナビなんですよ」
小林莉加子「道案内してくれるやつです」
梅原真子「道案内をさきぴがしてくれたらどうなるかなっていう話になったんですね」
河野早紀「全然聞いてないけど」客、軽くw
小林莉加子「さきぴのいないところでね」
梅原真子「話してたんですけど、ちょっとりっぴーがね、いいの言ってくれて」
小林莉加子「違う、待って、言ってない」
梅原真子「言ったやんか。ちょっと言ってよ、カーナビの例を」
小林莉加子「めっちゃ無茶振りされてるんですけど。もし右折したい時とか喋り方が広島弁やから「ちょっと右行ってくれん!」みたいな」客w

「そういう感じかな、みたいな。だからバカにはしてないですよ」
河野早紀「バカにしてるよね、声」
小林莉加子「めっちゃ右なんじゃけど!みたいな感じかな、みたいな。雰囲気こんなんかな」
梅原真子「それでちょっと話してて、もしね、道を間違えたり、こっちのほうが近道やからって従わなかった時「なんで言ったこと守れんの? もう知らんのじゃけど。もう終わる」って言って終わるなって話を」
小林莉加子「最後までちゃんと従わないと途中で消えちゃうっていう」
梅原真子「めっちゃしょうもないんですけどしてたんですよ。じゃ~、いじりーはどう思いますか?」
河野早紀「この話膨らますの?」
梅原真子「そうやで、この話をモコモコ膨らませるよ」
小林莉加子「じゃ~、早紀ちゃんがカーナビになったら言いそうなこととか」
井尻晏菜「道がちょっと複雑やって、ちょっと運転手が「あれっ?」ってなった時に、さきぴな「マジやばいんじゃけど、道複雑過ぎなんじゃけど!」」
梅原真子「カーナビがパニ狂うの? ちょっと失笑しーやったけど」
井尻晏菜「道が複雑過ぎなんじゃけどっていうのを言ってんねんな、自分でね」
河野早紀「待って、この話お客さん聞きたいかね?」客w
黒川葉月「聞きたいですか?」客「聞きたい」
梅原真子「優しい」
河野早紀「みなさんさきぴのキャラわかってないですよね?」
梅原真子「でもちょっとわかってもらうとしたら」
河野早紀「そんな喋り方じゃないもん。○○じゃけど!みたいな、そんなじゃない」
梅原真子「言うよ」
河野早紀「言ってないもん」
小林莉加子「早紀ちゃんはずーっとそうじゃないけど、テンション上がった時とか、「ちょっとヤバイんじゃけど!」みたいなやるんですよ。ほんとなんですよ、これ。それは自覚してるよね」
梅原真子「カーナビ中にフー!って言い出す。ノリノリなんじゃけど!って」
小林莉加子「さきぴの真似してマイク通したら、声ちょっとダーってなっちゃう」

梅原真子「じゃ~、はーこはどう思いますか?」
黒川葉月「さっきさ、真子がちょっと言ってたところとちょっと変わる、変わるっていうかちょっとあれになるかも」
梅原真子「どうした?」
黒川葉月「ごめんなさい、カタコトです」
小林莉加子「意味がわからない」客、軽くw
河野早紀「いつ日本にきたんだっけ?」
梅原真子「はーこワールドにいるから」
小林莉加子「そこちょっと引っ張らんでいいから」
黒川葉月「さきぴが海とかにドライブしに行った時に、カーナビなんですけどね、その時に「ワー! 超気持ちいい! ワー!」言ってそう」
梅原真子「何言ってんねん」客w

「マイク通してキーンやわ」
小林莉加子「はーこやん、これ。さきぴじゃないよね、もはや」
井尻晏菜「さきぴの真似する時、ちょっとマイク遠目で」
梅原真子「(黒川に)今マイクのチェックするのやめてくれへんかな」客、軽くw

「今日はちょっと扱い難かったですね」
小林莉加子「今日は? いつもだよ」
黒川葉月「さんません」
小林莉加子「地味にさんませんぶっこんできたからね、今」客、軽くw

河野早紀「なんかね、私さ、カーナビの対象とされてるけど私の立場から言っていいかな?1つ。私がいないところでこの話すると盛り上がると思うんやけど、さきぴここにいたらどうしたらいいかわかんなくて」客w
梅原真子「ハハハ。立場に困んのか」
河野早紀「困ってる」
梅原真子「ごめんごめん」
黒川葉月「こういう時はあるあるって言っといたほうがええねん」
井尻晏菜「もういいって」客、軽くw
小林莉加子「あんたんの今のマジトーンやからな」
梅原真子「ちょっとね、危ないんで、安全運転のためにね、1回やめます、この話」
小林莉加子「ごめん、全然わからん、締めれてないんですけど」
梅原真子「いや、締め考えてたんですけど。とにかくこんな調子でグチャグチャと最後まで」
小林莉加子「行っちゃうんですか? もっとビュンビュンと行っちゃいますか?」
黒川葉月「もうわからへん」
梅原真子「バイクだけに?」
小林莉加子「ブンブン」
黒川葉月「あかん」
誰か「ちょっと危ないんで」
梅原真子「今日はメンバーのテンションがとっても高いので、みなさん最後までついてきてください。よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手


◆M07.背中から抱きしめて (赤7=薮下柊・久代梨奈・加藤夕夏・室加奈子・植田碧麗・上枝恵美加・石塚朱莉)
◆M08.リオの革命 (赤7&青5=日下このみ・小林莉加子・山内つばさ・赤澤萌乃・黒川葉月)
◆M09.JESUS (赤7&青5&緑4=河野早紀・梅原真子・太田夢莉・井尻晏菜)
◆M10.だけど・・・


久代梨奈「これからも私たちチームBIIの想いをたくさんの方に伝えられたらいいなと思います」

薮下柊「来てくださった方々が少しでも元気を持って帰ってくださったら嬉しいです。それでは最後の曲聴いてください。私たちにとっても大切な曲です」


◆M11.桜の花びらたち


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


◆EN01.未来の扉
◆EN02.NMB48


赤澤萌乃「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

赤澤萌乃「1曲目「未来の扉」、2曲目「NMB48」を聴いていただきました」
メンバーたち「イェー」客、拍手

「ずんちゃちゃずんちゃ ずんちゃちゃずんちゃ ずんちゃちゃずんちゃ ずんちゃちゃずんちゃ」
山内つばさ「はじまりはじまり~」

梅原真子「私たちは発掘隊です」
河野早紀「化石ね」
梅原真子「化石発掘隊です」
# メンバー横一列となり全員で敬礼

梅原真子「さぁ、化石探しに行くぞ!」
メンバーたち「おー」

メンバーたち「チャラ~ チャラララ」
石塚朱莉&赤澤萌乃 → おちゃらける
メンバーたち「何やってんねん」
石塚朱莉「ごめんごめん、ついやってもうた」

河野早紀「テー テレレー テレレー」
上枝恵美加 → 馬のマネ
小林莉加子「競馬場ちゃうし。出発しよう、早く」

河野早紀「よーし、ついた。じゃ~、みんな今から化石発掘するぞ!」
メンバーたち「おー!」

河野早紀「あー! こんなところにアーモンドクロワッサンが埋まってる」
メンバーたち「うそー?」
植田碧麗「あー! こんなところにも」
太田夢莉「みんなここにもある」
井尻晏菜「なーなーなーなーみんな、昔の人のこんなにいっぱいアーモンドクロワッサン食べてたってことは絶対美味しいってことやし、みんなで作りたい!」
メンバーたち「うん!」
誰か「タラッタッタッター」
山内つばさ「今日のメニューは」
小林莉加子「なんで3分クッキングやねん」
日下このみ「まぁまぁ、こんなとこは置いといて、みんなでお家帰ってさ、アーモンドクロワッサン作ろうよ」
メンバーたち「そうしよう!」
日下このみ「これぞまさに? せ~の」
みんなで「アーモンドクロワッサン計画」


◆EN03.アーモンドクロワッサン計画


■MC
植田碧麗「アーモンドクロワッサン計画を聴いていただきました。始まる前にお芝居をしてたんですけど、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

赤澤萌乃「それではここで全員揃ってのお題のコーナーにいきたいと思います」

今日のお題:暑くなると機嫌が悪くなるメンバー (マッキーさんより)

赤澤萌乃「悪口にならないように。なんかある人?」

石塚朱莉「私はね、晏菜ちゃん。なんか暑くなるっていうより、怒った時になんか、例えばあかが「あー!もういややー!」とか言うと(冷めた口調で)「静かにせーや」みたいな」
メンバーたち → 軽くw
石塚朱莉「ボソっと言うんですよ。あか、聞こえてるからね」
小林莉加子「一番怖いやつやん、それ」
石塚朱莉「1回ちょっとおもしろかったんは、なんか差し入れもらった時に、パイやったんですね、それもらったがの。で、しゅうちゃんが「パイや!パイや!」って騒いでて、なんかちゃうこと言ったんですよ。「クッキーやし」みたいな。なんかそんなことがあったんです。バイバイ!(定位置へ)」
メンバーたち「終わり?」
赤澤萌乃「晏菜ちゃんが何て言ったんか気になるんやけど」
石塚朱莉「なんかちゃうこと言って、明らかにパイやのに、ちゃうこと言って、なんか」
井尻晏菜「全然覚えてないねんけど」
赤澤萌乃「でも晏菜ちゃんは暑くなったら1人でも暑いって、虫おらんのにこんなやり出す(手で払う)」客w
山内つばさ「誰も寄せ付けてこないようなバリアがついてる、周りにな」

室加奈子「私は夢莉。夢莉な、怒り出したらな、なんかめっちゃ、なんも悪くないのに「なんでこれTシャツやねん」みたいな」
メンバーたち「わかる」
室加奈子「別にそれ悪くないのに、別に悪くない物に対してめっちゃキレ出すんですよ。ほんまに「なんでこれお茶やねん」みたいな」客w

「別にそれ怒るところちゃうやろみたいなとこに全部に対してキレ出すみたいな。だから、ちょっと見てて、こわって思う」
太田夢莉「それは自覚あるわ。お茶につっこんだりはしーひんけど」
室加奈子「お茶はたしかになかったけど、でもほんまに「えっ? そこ?」みたいなところにめっちゃキレ出す」
太田夢莉「それは、自覚ありです」

日下このみ「私はこれは実際にあった話ではなく、予想ですよ。なんか、もし上枝恵美加がちょっとキレたら」
上枝恵美加「私?」
日下このみ「このみ、1人2役するから見ててな。このみはこのみで、このみはこのみやねんけど今このみとして話してるけど」
小林莉加子「このみ多過ぎるから」客w

「わからんから」
日下このみ「こっち行ったら上枝に行くからな」

「(日下)なぁなぁ、えみち、今日暑くない?」
「(上枝)暑いなー、めっちゃわかる。もうこの辺めっちゃ暑いわー」
「(日下)なぁなぁ、やっぱりえみちも汗かくよな」
「(上枝)うん、めっちゃ汗かくで、恵美加(跳ねるように歩く)」客w
上枝恵美加「誰それ?」
日下このみ「最後重要やねんけど、1回こうキャピを入れて、ペロってしてからの(真顔)」客w
赤澤萌乃「かわい子ぶって、ぶりっ子してるけどめっちゃ暑いってことね」
日下このみ「たまにやってるねん」
上枝恵美加「ちょっと1回言っていい? なんかひいてはるかもしれへんけどさ」客、軽くw
日下このみ「ごめんごめん。えみちの感情下げてしまった。申し訳ない」
上枝恵美加「全然それは大丈夫ですけど」

赤澤萌乃「最後に1人。萌乃が思うのは真子なんですけど」
梅原真子「なんで?」
赤澤萌乃「なんか真子はいっつも暑くて汗かいたりしたらほうれい線が出るからいやーみたいな」
梅原真子「それ言ったらダメでしょ? たしかにね、ほうれい線めっちゃ出るんですよ」
赤澤萌乃「めっちゃ怒ってるから」
梅原真子「そう、しゅうとかにもね、めっちゃ言われるんですよ。(マネて)ほうれい線って」客w
メンバーたち「似てる」
赤澤萌乃「みんな暑すぎてほうれい線いっぱい出るくらい踊りたいと思うので、こんなチームBIIに最後までついてきてください。よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

薮下柊「それでは次は6月19日に発売されました、私たちNMB48の最新曲を聴いてください」


◆EN04.僕らのユリイカ


石塚朱莉「次で最後の曲になってしまいます(泣き真似)」客、え~

「ありがとうございます。それではみなさん、TKMR、高まっていけますか?」客「イェー!」

「みなさん、ワクワクテカテカしてますか?」客「イェー!」

「石塚朱莉を含め、チームBIIのこと好きですか?」客「イェー!」

薮下柊「最後まで楽しんでいきましょう!」


◆EN05.NMB48メドレー
(1)北川謙二
(2)ヴァージニティー
(3)三日月の背中
(4)青春のラップタイム


上枝恵美加「本日はNMB48チームBII 1st「会いたかった」公演に足をお運びいただきありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 上枝恵美加 ハイタッチ案内

# 一抹礼 / メンバー手繋ぎ「せ~の(バック)、せ~の(前進)、イェー! ありがとうございました!(お辞儀)」客、拍手

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:会いたかった)

メンバー全員捌けた後、石塚朱莉が上枝恵美加を連れてステージセンターへ

石塚朱莉「上枝がぶりっ子してる時。あー、あんちゅやめてー、あんちゅ(キャピキャピと) バイバイ(駆けて上手袖へ捌ける)」客w&拍手
上枝恵美加「最後1人、ありがとうございました」

# 公演終了

NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】8月18日(日) チームBII公演

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]