横山チームA始動&矢倉楓子 A公演デビュー&菊地あやか 二十歳の生誕祭 (2013/07/23、チームA)

AKB48劇場 チームA ウェイティング公演 42回目 / 横山チームA 1回目

■出演メンバー
伊豆田莉奈入山杏奈岩田華怜大島涼花川栄李奈菊地あやか佐々木優佳里佐藤すみれ鈴木まりや・高橋朱里・田野優花・松井咲子・森川彩香・矢倉楓子・横山由依・渡辺麻友



■抽選前
有志の方が生誕祭について説明 (トラメガなし、脚立に乗り、素声で説明)

# 桜の花びらたちで、ピンクのサイリウム3本を振りますと説明

「3本は大変だと思いますが、菊地さんが喜んでくれたら、みなさんも楽しいことになりますので」客、ざわw

「よろしくお願いします」


■公演前の陰アナ
佐々木優佳里「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください」

「横山チームAのゆかるんこと佐々木優佳里です。今日は久しぶりの公演なんですけど、燃えて燃えて燃え尽きたいと思います」


■開演前
# メンバー全員登場

横山由依「今日からチームAのキャプテンをやらせていただきます、横山由依です」客、拍手

「ありがとうございます。昨日卒業されました篠田麻里子さんが福岡ドームでキャプテンに指名してくださって、私がこれからチームAのキャプテンをやらせていただくことになったんですけれども、キャプテンっていうものを人生で経験したことがなくってですね、でも、前のチームKだと秋元さんのキャプテンも見てきたし、もちろん篠田さんのキャプテンも見てきて、兼任していたNMB48では山本彩ちゃんのキャプテンも見てきて、たくさんのキャプテンを見てきたんですけれども、そのキャプテンたちからいいところをですね、どんどん盗んで、そして私にできることはこのチームだと先輩もいて、後輩もたくさんいるんですけれども、先輩も後輩も居心地のいいチームというか、みんなで助け合って、楽しいことも辛いことも悲しい時も一緒にみんなで乗り越えて行けたらいいなと思いますし、今までのキャプテンのように背中で見せることはできないかもしれないんですけれども、みんなと一緒の目線でいろんなことに感情を、喜怒哀楽を共にしていきたいなと思っています。それにはみなさんのいつも応援してくださる声援とかですね、優しい拍手だとか、とても温かく感じることになると思うので、まだまだ全然今日からスタートなので、未熟なのか何かもわからないようなキャプテンなんですけれども、見守っていただけたらいいなと思います。チームAのみんなもよろしくお願いします」客、拍手
メンバーたち「お願いします」

横山由依「そうですね、後はですね、話をまとめるのがものすごく下手なので」客w

「w そこだけはちょっと成長できたらいいなと思っています。今日から始まります、横山チームAどうぞよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 緞帳閉まる


■開演
◆M00.overture
◆M01.重力シンパシー
◆M02.言い訳Maybe
◆M03.制服が邪魔をする
◆M04.大声ダイヤモンド


■MC (自己紹介)
渡辺麻友「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」

# 渡辺麻友 序盤4曲紹介

お題提供:ニコニコさん
本日のお題:今日はいいよいいよ横山チームAの始動ということで、横山チームAになるにあたって、自分のレベルアップしたいスキルを教えてください

【1列目 上手側から】
川栄李奈「18歳のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私はですね、横山チームAということで、横山さんがユーキャンの資格を取ったじゃないですか」客、おー

「なので、私は取らないんですけど。私は無理じゃないですか、絶対。だから私はユーキャンで資格を取れるぐらいに勉強をあやりんさんとがんばります」

森川彩香「アーヤロイドは好きですか? (大好き!) はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。アーヤロイドこと森川彩香です。よろしくお願いします」

「私は運動音痴なので、50メートル走が11秒とかなんですよ。なので、遅いんですよ。いつも速そうって言われるんですけど。ちょっと速くなりたいので、顔に合うように。なので、弟といつも家まで競争とかしてるので、それでもっともっと50メートル走なるべく1桁にしたいです」

渡辺麻友「み~んなの目線をいただき~まゆゆ~。19歳のまゆゆこと渡辺麻友です。よろしくお願いします」

「私はですね、トーク、MCをスキルアップしたいなと思っていまして」客、おー

「ほんとに、お喋りがあまり得意ではないので、横山チームAでね、関西人のゆいはんがキャプテンということで、メンバー、横山チームAはMCもおもしろいチームになったらいいなと」
横山由依「えー!?」
渡辺麻友「横Aということで、みなさん今日は横山チームA初日ということで盛り上がっていきましょう」

佐々木優佳里「17歳のゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私はですね、将来の夢が歌える女優さんなんですよ。歌を歌うには声が大きくなきゃダメじゃないですか。だから、腹筋とかそういうトレーニングをして、スキルアップでしたっけ? したいと思います」

伊豆田莉奈「ウソだけど伊豆から来ました。埼玉県出身の伊豆田莉奈です」

「私はもうトークなんですけど、麻友さんとは別で、すごいお喋りなんですよ、私。だからなんか話したいことがあり過ぎて、まとめられないから横山さんと一緒かなと思ってるんですけど。さっき横山さんが話がまとめられないって言ってたから、似てるなと思ったんで」
佐藤すみれ「あなたの場合まとめる気がないんだけどね」客w
伊豆田莉奈「そうなんですけど横山さんと一緒に横山チームAだから一緒にがんばろうかなと思います」


【2列目 上手側から】
高橋朱里「15歳の高橋朱里です。よろしくお願いします」

「チームAにはですね、横山さんやふぅちゃんみたいに関西人がいるということで、もっとエセ関西弁って言われないようにしなきゃいけないと思うんですね、みんな。だから、ふぅちゃんと関西弁をがんばるさかい」
矢倉楓子「あの、「さかい」をめっちゃ言ってくるんですけど、全然さかい使ってないから」
高橋朱里「えっ? 今日の公演も盛り上がっていくさかい! よろしくお願いします、さかい」

大島涼花「中学3年生、14歳の大島涼花です。よろしくお願いします」

「私も朱里さんと同じで関西スキルを上げたいなと思って。せっかくふぅさんも兼任になったので」客、反応

「ふぅさんって呼んでるんです。なので、朱里さんと同じで関西人になりたいと思います」

入山杏奈「17歳のあんにんこと入山杏奈やねん。よろしくお願いします」客、軽くw

「私は関西弁は特にないんですけど」客、軽くw

「私は特殊能力があって。共演したことない芸能人の方をこの人会ったと思い込んでしまう能力があるんですよ」
松井咲子「それね、たぶん妄想がひどいんだよ」
入山杏奈「共演とかに限らず人から「何々ちゃんがこうやって言ってたよね」って聞くと最初のうちは知らない話なのに、3回ぐらい聞くと「あー、それ私も聞いたかもしれない」と思っちゃうんですよね。だからその能力を高める? 高めちゃダメか。高めないほうのスキル」
松井咲子「すごいポジティブに言ってるけどさ、思い込み激しい」
入山杏奈「なんで気をつけますね。個人的な話なんですけど、私今日で昇格して2周年なんです」客、拍手
メンバーたち「おめでとう」
入山杏奈「ありがとうございます。ということでですね、今日劇場で公演ができることをすごく楽しみたいと思います」

横山由依「京都から来ました、金閣寺よりも輝きたい、横山由依、二十歳です。よろしくお願いします」

「キャプテンって言われる日がくるなんてね、思ってなかったんですけど。私、テンションが上がったら声が高くなるっていうのご存知ですか? でも、キャプテンってたぶん今後ですけど、真剣な話とかをしなければいけない場面が出てくると私は思ってるんです、キャプテンって。でもその時にテンション上がっちゃって、声高いと、真剣な話やのに、ちょっと笑いみたいな感じになっちゃったら困るので、真剣な時はこのトーンで話せるように。ちょっとね、どうですか?」
佐藤すみれ「えー?」
田野優花「でも高い声めっちゃ聞き取りやすいですよ」
横山由依「ほんまに?」
佐藤すみれ「でもいつもここで変わるよね。ハイ!って」客、軽くw
横山由依「気合入るから。でもね、そういう感じでちょっとずつキャプテンらしくなれたらいいなと思います」

佐藤すみれ「すーちゃんこと佐藤すみれです。よろしくお願いします」

「チームAに金閣寺がいるならば、わたくしは銀閣寺を目指そうと思います。やっぱり銀閣寺も輝いているじゃないですか。金閣寺に負けじと、だからチームAの銀閣寺になれるぐらい私も。いいですか?」
横山由依「私「金閣寺よりも輝きたい」って言ってるんですけど、1回も行ったことないんですよ」客w
佐藤すみれ「でも「ぐらい」っていう目標は高くですよ。ということで、今日は笑顔の天使をたくさん見て帰ってください」

矢倉楓子「ワンダー(フー!) パワー(フー!) ハート(フー!) みんな フーフーだよ (フー) ありがとうございます。大阪府出身、16歳、ふぅちゃんこと矢倉楓子です。よろしくお願いします」

「フーって言ってくれるかめっちゃ不安やったんですけど、ありがとうございます。朱里さんも言ってたんですけど、大阪弁、関西弁。私、大阪出身にもかかわらずトークがめっちゃ苦手なんですよ。まゆゆさんと一緒なんですけど、なのでトーク力を上げるさかい!」
高橋朱里「ほら」
メンバーたち「さかい使ってるじゃん」
矢倉楓子「よろしくお願いします」


【3列目 上手側から】
鈴木まりや「3時のおやつは まりやんぬー。ありがとうございます。SNH48とAKB48チームAのまりやんぬこと鈴木まりやです。よろしくお願いします」

「私はですね、理解力がなくてですね、インタビューとかで「宮澤佐江ちゃんが専任になりましたが」って言われると滝に打たれる仙人を想像しちゃうんですよ。兼任と専任の専任を勘違いしちゃったりするので、理解力をスキルアップしたいのと、横山由依ちゃんみたいにいろんな人に気を配れる人になりたいなと思います」

松井咲子「あなたのドレミを奏でたい、えっと、松井咲子です。よろしくお願いします」

「まさかの自分の名前を噛むという」客、軽くw

「すみませんでした。私はですね、麻里子様が昨日卒業してですね、なんとチームAの最年長になってしまいまして」客、おー

「全然おーじゃないんですよ」客、軽くw

「でも22で、今年23になるんですけれども、遂にチームA・・・だってさ、AKBでは上かもしれないけど世間ではまだピヨピヨじゃないですか。だから、最年長なんて日がくると思ってなくてですね、私はほんとに全然体力もないですし、なんせチームAはほんとに若い子が多いので、正直あまり大きい声で言えないんですけど、話が合わないんですよ」客w

「全然合うよ。ほんとに合ってるんですけど、どっちかと言ったらメイクさんとかスタッフさんのほうがすごく話が進むんですよね。だから、なんだろう、学校の先生になった気持ちになるんですよ、みんなが高校生とかで若いから、中学生とかで。だから歳はどうにもできないので、気持ちだけでもやっぱり17ぐらいでがんばろうかなと。気持ちぐらいいいじゃないですか。歳はごまかしてるわけじゃないので。気持ちは17でいさせてください。ということで今日は由依ちゃんの初めてのキャプテンの公演だったり、ふぅちゃんの初めてのチームAの公演だったり、あとあやりんのとてもハッピーな日でもありますので」客、おー

「今日はみんなでとってもハッピーな公演にしたいと思います」

田野優花「16歳の田野優花です。よろしくお願いします」

「私は横山さんはさっき真剣な話をする時は声のトーン低く話せるようにしたいって言ってたんですけど、私は横山さんの甲高い声にすごい尊敬していて、あれぐらいワー!っていう声を出したいんですよ。それだけです」客w

「ということで、この中で、この出演メンバーの中で今日は一番高い歌声を出せるようにがんばりたいと思います」

岩田華怜「可憐で華麗な伊達娘。ありがとうございます。宮城県仙台市から来ました、中学3年生、15歳の華怜こと岩田華怜です」

「私はやっぱり女子力ですね。私はやっぱりスカートよりもパンツスタイルのほうが落ち着くとか、あとは制服とかもリボンよりネクタイ派とか、なにかにつけてボーイッシュなほうに行きたがる傾向があるんですよ。だから、ちょっとね、私気づいたんです、自分かわいげないなって思ったんです」
田野優花「かわいいよ、めっちゃかわいいよ(棒読み)」
岩田華怜「絶対思ってないもん」客w
田野優花「思ってるよ」
岩田華怜「棒読みじゃん」
田野優花「元からだよ(棒読み)」
松井咲子「田野ちゃん、今日感情どこ置いてきた?」客w

「大丈夫?」
田野優花「大丈夫です。どうぞ」客w
岩田華怜「優花の長い髪とかもすごい女子力あるし」
田野優花「伸ばせばいいじゃん、じゃ~」
岩田華怜「すごい絡みづらい」客w

「なので、私は横山チームAとして新たに女子力を上げたいなと思います」

菊地あやか「笑顔の天使! スマイリンリンリン。二十歳になりました、あやりんこと菊地あやかです。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「私、やっと二十歳になったんだって思いましたね、咲子に言われて。ほんと入った時こんぐらいだったのに。ほんとあっという間だなって思うんですけど、私はやっぱりそうですね、横山チームAになって、これからのチームAの絆をどんどん深めていきたいなって思っていて。若い子たちもたくさんいる分、もっといいところをみなさんに知って欲しいなって思うので、絆を深めていって、いつか麻里子様が例えばチームA公演見た時に「あー、すごいな」って感動させられるようなチームAになりたいと思っているので、そうですね、絆深めていけたらいいなって思います。なんか深いイイ話しちゃったね」
鈴木まりや「さすが二十歳は違うね」
松井咲子「二十歳になったら急になんかいいこと言う」
菊地あやか「本音ですよ、ちゃんと」客、軽くw

「今日はほんとに盛り上がっていきたいと思いますのでみなさんよろしくお願いします」

松井咲子「本日のA公演は以上のメンバーでお送りします。続いてはユニット曲の登場です」


◆M05.スカート、ひらり (伊豆田莉奈・高橋朱里・川栄李奈・森川彩香・渡辺麻友・佐々木優佳里大島涼花)
◆M06.純愛のクレッシェンド (矢倉楓子・横山由依・佐藤すみれ)
◆M07.黒い天使 (岩田華怜・入山杏奈菊地あやか)
◆M08.天使のしっぽ (大島涼花川栄李奈・高橋朱里)
◆M09.雨のピアニスト (鈴木まりや・田野優花・松井咲子)
◆M10.ガラスのI LOVE YOU (佐々木優佳里・森川彩香・伊豆田莉奈・渡辺麻友)


■MC
菊地あやか・佐藤すみれ・大島涼花・矢倉楓子・高橋朱里・横山由依・岩田華怜

矢倉楓子「スカート、ひらり・純愛のクレッシェンド・黒い天使・天使のしっぽ・雨のピアニスト、そしてガラスのアイラブリュー」客、軽くw

「I LOVE YOUの6曲続けて聴いていただきました」客、拍手
横山由依「よく言えました、ふぅちゃん」客、軽くw
矢倉楓子「緊張した」
高橋朱里「アイラブリュー」
横山由依「掘り返さなくていい。そんなふぅちゃんは兼任で初めてのA公演やけど」客、拍手
矢倉楓子「ありがとうございます」
横山由依「今までやってきてどうですか?」
矢倉楓子「今まで生きていた中で一番緊張してます」
横山由依「そんなふぅちゃんもこれからチームAに新たな加わったんですけれども、今日はやっぱ私話したいことがあって。やっぱあやりんさんってかわいいですよね?」
菊地あやか「何それ?」
佐藤すみれ「かわえーなー」
横山由依「あやりんさんってちょっとおバカみたいなところあるじゃないですか。そうなんですけど、でもね、さっき私開演前に所信表明させてもらったんですけど、その前、スタンバイのところが一緒やって、そしたらポンポンってやってくれたんですよ。男前めっちゃ」客、おー
菊地あやか「由依ちゃんやっぱりすごい緊張してたのが伝わってたから、少しでも緊張をね、ほぐせたらいいなと思って」
横山由依「実はおバカなふりしてるだけじゃないんですか?」
菊地あやか「自分で言うのもあれだけど、りっちゃんと同じぐらいだと思う」
佐藤すみれ「それを思うエピソードがあって。昔というか、ドドスコドドスコって流行ってたじゃないですか、ラブ注入。それ流行ってた時にあやりんが「今流行ってるよね、らくしんご」私は最初この子わざと言ってるんだよなと思ってスルーしてたんですけど、その後もずっと「らくしんごさんおもしろいわ」みたいな感じで言ってくるから、ついにそれを教えて、「たのしんごさんなんだよ」ってことをあやりんに教えたので、漢字の読み書きがあやりんちょっと苦手みたいなので、音読みと訓読みの勉強がんばろうね」
菊地あやか「そうね、もう二十歳なので」
高橋朱里「この前MCで「せ事件」話したんですけど。ひらがなの「せ」を書き間違えたんですよ、菊地さんが。跳ねて、こうこう書いたんですよ。だけど今日私もきりんの「き」を間違えちゃって、ひらがなの。「き」の、3本書いちゃって」客、軽くw

「ノリでピピピッピって書いちゃって。だからすみません」
菊地あやか「大丈夫だよ。まだかわいいからね、朱里の」
高橋朱里「きのがよほど重症ですよ」

岩田華怜「いい話になっちゃうんですけど。いつかのコンサートのリハーサル終わりにあやりんさんとすみれさんといずりなさんと小林茉里奈さんと5人でご飯食べに行ったんですけど、その時にすごいあやりんさんがお話聞いてくれて、相談に乗ってくれたのが印象に残ってます」
菊地あやか「嬉しかった、逆に相談してきてくれて。逆になんか、私的なイメージで華怜って、1人で溜めちゃうのかなって思ってて、それを逆になんか、相談してきてくれたのがすごい嬉しいなって」
岩田華怜「ほんとにね、すごく楽になりました」
佐藤すみれ「最後いい話で締まったなー(関西弁風)」
高橋朱里「しまったさかい」
横山由依「しまったさかいとか言うのやめてもらっていい? ファンの人が言ったからって人のせいにしない」客、軽くw

「ちょっと私も締めに入ろうと思うさかい」
高橋朱里「なんでやねん!」
横山由依「あやりんさんみたいなね、素敵なメンバーもいますし、新しく入ってきたふぅちゃんみたいなね、若手なフレッシュな子もいるチームAなんですけれども、これからもですね、横山チームAとしての一歩を今日踏み出したので、いいスタートを切れるように、もうスタート切ってるんですけど」客、軽くw

「いい初日になればいいなと思います」


◆M11.RIVER
◆M12.孤独なランナー
◆M13.ファースト・ラビット


■MC (今日の公演の感想)
松井咲子「ふぅちゃん、今日初めてチームA公演でしたけど、どうでした? どうですか?今の気持ちは」
矢倉楓子「こうやって見にきてくださってる方たちもチームAのみなさんもすっごい温かくて、楽しめています、今」客、拍手

「最高です」
松井咲子「すごい緊張してたもんね、本番前」
矢倉楓子「めっちゃ緊張したんですけど、今そんな緊張の気持ちも吹き飛んで、すごいもう最高!って気持ちでいっぱいです」客、拍手

菊地あやか「横山新チームAにもなりつつ、ふぅちゃんの初日もありつつ、なんか今日はほんとになんか、素敵な日だと思いませんか?みなさん」客、拍手

「ほんとに今日嬉しいし、楽しいです、今すごく」
松井咲子「ソロダンスもね、あやりん、カッコ良かったと、思う」客w
菊地あやか「メンバー見えてないからね」
松井咲子「後ろ姿見えなかったんだけど、カッコ良かったですよね?みなさんね」客、拍手

「最後に、由依ちゃんどうですか? キャプテン1日目ですけれども。このチームどうですか?」
横山由依「こんなにも実感が沸かへんねんなっていうのを感じてるんですけど」客、軽くw

「でもね、今日のリハーサルの時からみんなね、私が言い間違えたことをね、いじってくれたりとかね。「そうや、セリ上がるで」みたいなことを、そう言えばセリ上がるよっていうテイストのことを言ったら、「せせり焼ける?」みたいな、なんか言われて」
菊地あやか「セリのことをせせりって聞こえたんだよね」
川栄李奈「あと「制服が邪魔をする」のことを女子高生って言ってました」客w

「次女子高生やるよって言ってましたよね」
高橋朱里「ファースト・ラビット、うさぎって言ったり」
横山由依「みんなが優しくしてくれるので、今まで通りの自分でいられるんじゃないかなと思います。でもそれがね、すごく幸せなことだと思うので、今まで通りの自分でいられるこのチームAにしてくれてるみなさんに、そして応援してくれてるファンのみなさんに感謝したいなと思います。今日は最高の公演ですね」客、拍手

松井咲子「由依ちゃんがキャプテンになって新しいチームAが始まったんですけれども、自己紹介MCであったように1人1人いろんな面をレベルアップしてですね、もっともっとチームAがいいチームになるように私たち成長していきたいと思いますので、みなさんこれからも応援よろしくお願いします」
誰か「よろしくお願い・・・」
松井咲子「そういう面でも一体感を持って」客w

「チームAいきましょう。それでは続いてが最後の曲になります」客、え~

「私たちAKB48はこの曲と共に歩んできました。だからこそ歌い継ぐことによって、これからもみんなで成長していきたいと思います。みなさん準備は大丈夫ですか?」客w

「それでは本当に最後の曲です」


◆M14.桜の花びらたち


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」メンバーたち捌ける


■アンコール
有志の方「本日は、サイリウムを振っていただいてありがとうございます」客、拍手

「この後も生誕祭は続きます。どうか、最後までよろしくお願い致します」客、拍手

「曲中もどんどんあやりんコール入れちゃってください」

「二十歳の生誕を祝して、アンコールはあやりんコールお願いします」


「あやりん」コール


◆EN01.ポニーテールとシュシュ
◆EN02.Only today


田野優花「これからもチームA全員の本気をこのステージでお届けできるようにがんばりたいと思います。AKB48チームAの応援をどうぞよろしくお願いします」

「続いてが本当に最後の曲になります。この公演の締めくくりに相応しい曲となっているので、みなさん知っている方がいたらぜひ一緒に歌ったり、踊ったり、一緒にしてみてください」


◆EN03.AKB フェスティバル


渡辺麻友「本日はご来場本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

川栄李奈「そして、みなさん、31枚目のニューシングル「さよならクロール」はもう聴いていただけましたでしょうか? 今日はその「さよならクロール」をこの公演出演メンバーで披露したいと思います」客、拍手


◆EN04.さよならクロール


■菊地あやか 生誕祭
渡辺麻友「さよならクロールを聴いていただきました。みなさん、いかがでしたか?」客、拍手

「これからもAKB48そしてニューシングル「さよならクロール」をよろしくお願いします」

# 松井咲子 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(バック)、せ~の(前進)」
佐藤すみれ「ちょっと待った!」客、拍手

「今日は6月30日に二十歳の誕生日を迎えたあやりんこと菊地あやかちゃんの生誕祭です。あやりん、お誕生日おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け(入山杏奈&佐々木優佳里)

菊地あやか → ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射
客 → うちわを掲げる
菊地あやか「あー、うちわすごい。かわいいしビックリした。ありがとうございます」

「二十歳なっちゃいましたね」
佐藤すみれ「今日そんなあやりんにある方からお手紙を預かってるので」
菊地あやか「誰!? 怖いんだけど」

「あやりんへ。

あやりん、二十歳のお誕生日おめでとう。あやりんも二十歳か。なんだか時が経つのって早いよね。出会ったのが6年前かな。明るくて元気でおバカで、一緒にいて楽しいなって。そのうち毎日のように一緒にいるようになって、なんでも言える仲になっていったよね。もちろんケンカもたくさんしたし、一緒に泣いて笑って、なんだか今思い返すと波乱万丈だったよね。映画の主演を一緒にできるって聞いた時はすごく嬉しかった。

こんな日々がずーっと続くって思ってたけどそれは違ったなって。もちろん私にも、そしてあやりんにも夢がある。あやりんも私もバカってよく言われてたけど、今もかな? でもお互い夢がしっかりしてたから今があるのかなって思います。

あやりんは優しいし、あまり人に愚痴とかを言わないから、時々心配になるよ。だって人間だもん。嫌になることもあるしさ。だからなんかあったらいつでもメールして。待ってるよ。だってさ、なんか最近すーあやとか言って楽しそうだから。昔はあやはるだったのに。あー(佐藤すみれ動揺) ちょっぴり嫉妬してます。あの方がね」客w

「私はジャカルタであんまり会えないから少し寂しいけど、でも私は私の道をがんばるから、あやりんも自分の道を自分の手で開いてくださいね。あやりん大好きだよ。本当におめでとう。素敵な1年になりますように。JKT48チームJ、仲川遥香より

P.S. あやりんがぐぐたすに横山キャプテンを支えたいって書いてるのを見て、なんだか強くなったなって思いました。みんなを支えられるのはあやりんしかいないよ。支えて支えられて、人は大きくなるんだなって改めて感じました。JKT48チームJ、仲川遥香より」

菊地あやか「嬉しい。ありがとうございます」客、拍手
佐藤すみれ「麻友さんがね、号泣してるんです」
渡辺麻友「だって、はるごん大人になったね」客w

「こんなしっかりした文章書けるようになって感動したの」
佐藤すみれ「波乱万丈って言葉使ってたからね」
菊地あやか「嬉しい、まさかはるごんから」

佐藤すみれ「2人は昔からの仲ですけど、今は離れちゃってるけどどうですか?」
菊地あやか「そうですね、私がこのAKBに入ったのがたしか中学1年生とかで、やっぱりその最初の初期メンのBだった時ははるごんとやっぱり一番仲良くて、ほぼ、本当に仲良しだったし、いつも隣にいたし、相談とかしたりとか、相談されたりとかしつつもほんとにマジのケンカしたことがあって。でもそれほど親友と言えるぐらいに仲が良かったので、こうやってまさかね、ジャカルタにいるジャカごんから」客w

「もらえると思ってなかったのですごい嬉しいです。ありがとうございます」
佐藤すみれ「途中で嫉妬してるって聞いて私すごく焦りましたけれども」
菊地あやか「でもよく言ってるよ。なんか、「すーあやとかよく言ってるからほんと嫉妬すんだよねー」って」客、軽くw

「言ってくるけどでもほんとに私みんな大好きなんで。なので、大好きです、はるごんも」

佐藤すみれ「あやりんは二十歳になって、やっぱり二十歳は子供と大人の節目だと思うんですけどって私が言うことじゃないんですけど、思うんですけど、今年1年どんな目標や夢を持ちますか?」
菊地あやか「やっぱり二十歳になったのがすごいでかくて。やっと二十歳になったんだってさっきも言ったんですけど、やっと実感が沸いたっていうか、やっぱり、正直な気持ちで言うと、その前回元Kがすごい大好きで、新チームAになるって聞いた時はすごいショックだったし、チームAでやっていけるか不安だったんですが、チームAになってから、やっぱチームKだった時はすごい甘えてたので、引っ張るとか、してなかったんですけど、チームAになってから、こうやってたくさんの後輩がいて、たかみなさんもいて、麻友とは半分同期で半分違うみたいな感じなんですけど」
渡辺麻友「同期同期」
菊地あやか「ありがとう。なんですけど、ほんとにいい意味で、自分も、自分自身変われたなって思うし、横山新チームAになって、支えていけたらいいなって、はるごんの手紙にも書いてくださった通り、なんか、やっぱ由依ちゃんも元Kで一緒だったし、すごい安心しています、やっぱりチームAになってから。なので、これからも、チームAほんとに後輩みんなかわいいし。ねぇ、ほんとかわいいいんですよね。なので、私けっこう毎日楽しかったらいいやって人なんで、いい意味で新チームAをよくしていきたいし、後輩とかも、ほんと心から楽しいって思えるようなチームにしていきたいので、これから自分自身も成長していけたらいいなって思います」客、拍手

佐藤すみれ「今日はこうやってかわいいオレンジのうちわをみなさんで振ってくださったり、たくさんあやりんのコールをしてくださったいつも応援してくださるあやりんのファンのみなさまにお願いします」
菊地あやか「ほんとに今日はほんとに素敵な生誕祭をありがとうございました」客、拍手

「誕生日が6月30日で、ぶっちゃけもう無くなったんだなって思ってたんです、正直」客、軽くw

「でもほんとに今日こうやって、ねー、生誕祭をしてもらえてすごい嬉しいなって思います。二十歳になってから、私自身すごい個人の仕事を増やしていきたいなって思っていて。ファッション関係の仕事をどんどん広めていきたいなって思っていて。麻里子様も卒業してから、ともちんさんとか麻里子様とかこじはるさんみたいな存在っていうか、そういうファッション関係の仕事がもっとできるように、二十歳は個人の仕事を広げていきたいなって思ってますので、みなさんこれからも応援のほどよろしくお願いします」客、拍手

佐藤すみれ「あやりんはほんとにビジュアル担当っていうぐらいの持ち主なので、みなさん、うちのあやりんをよろしくお願いします」
菊地あやか「持ち主ってなんなん?」
佐藤すみれ「素敵なお顔もだけど、中身も、だよーん」
メンバーたち「えー?」「どうしたどうした」
佐藤すみれ「中とかもあやりんはね、魅力的だとみなさんもきっと思ってる方も多いと思いますので、これからもそんなあやりんを私たちメンバーとファンのみなさんとで一緒に支えていきたいと思います」
菊地あやか「ほんとにみなさん今日はありがとうございました」客、拍手

「なんか今日緊張してて。だいたいこういう生誕祭の時って何言うか決めるじゃん。もうスッカラカンになった。言うことが消えちゃって、言い難かったんですけど、ぐぐたすとかブログに更新するんで、読んでください。ゆいはん、ありがとう」
横山由依「えっ?」客、軽くw
菊地あやか「よろしくね、チームAこれからも」
横山由依「あやりんとかすみれさんとかまゆゆさんも咲子さんもまりやんぬさんもなんですけど、後輩がなんて言うのかな、キャプテンになるっていうことがなんか別にそんなキャプテンらしいことをするっていう、言ってもそんなにないと思うんですけど」客、軽くw

「でも、そういうのってどうなんやろうってちょっと思うとこもあったんですけど、すごい、決まった時からなんか、一緒に写メ取ってくれたりとか、こう、直接言うわけじゃないけどGoogleとかツイッターとかで、コメントしてくださってるのを見て、なんかすごい、心強いなって思ったから、なんか、ちょっとがんばらないとなって思います」
松井咲子「みんなでがんばりましょう。だって由依ちゃん後輩って感じしないもん。もちろんいい意味だけど、なんかもう貫禄がある。だからみんなでがんばっていきましょうよ」
佐藤すみれ「今日はいい日ですね」
菊地あやか「ほんとに最高過ぎる。今日寝れないかもしれない」
横山由依「とか言ってすぐ寝ると思います」客、軽くw
佐藤すみれ「逆にすぐ寝てください。じゃ~、あやりん最後の挨拶お願いします」

# 手繋ぎ挨拶 / 菊地あやか「せ~の、せ~の」バック前進お辞儀 (客、拍手)

「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:さよならクロール)

菊地あやか「横山チームAよろしくお願いします。ありがとうございました」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)

■メモ (菊地あやか 生誕祭)
・M01「重力シンパシー」にて、ピンクサイリウム
・M09「黒い天使」にて、2本目のピンクサイリウムを折る (前のと合わせて計2本振る)
・M14「>桜の花びらたち」のて、2本目のピンクサイリウムを折る (前のと合わせて計3本振る)


AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月23日(火)「横山チームA」公演 (手書きメッセージ)

公演後の感想 → 佐藤すみれ&菊地あやか

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ