山本彩 20歳の生誕祭 (2013/07/22、チームN)

NMB48劇場 / NMB48チームN「誰かのために」リバイバル公演

■出演メンバー
チームN → 小笠原茉由門脇佳奈子岸野里香木下春奈古賀成美小谷里歩近藤里奈上西恵白間美瑠・西村愛華・山口夕輝・山本彩・吉田朱里・渡辺美優紀

研究生 → 中川紘美・三浦亜莉沙



■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.月見草
◆M02.Warning
◆M03.誕生日の夜


■MC (自己紹介)
山本彩「みなさんこんばんは」
みんなで「NMB48チームNです」客、拍手

山本彩「さー、始まりました、NMB48チームN 「誰かのために」リバイバル公演、みなさん熱くなってますか!?」客、イェー!&拍手


【1列目 下手側から】
渡辺美優紀「ミルクと美優紀を混ぜるだけ。あっという間に? (みるきー!) ありがとうございます。奈良県出身、19歳の渡辺美優紀です」

「私今日公演前にボディークリームを塗ったら、手がちょっとぬるぬるしてて、マイクがちょっとすべりそうなんで、拭いて次から参加しようと思いました。楽しみるきーしましょう」

近藤里奈「ばっち(りーな!) がんば(りーな!) 今からやった(りーな!) 滋賀県出身、高校2年生、16歳、近藤里奈です。りぃちゃんって呼んでください」

「今日は久しぶりの公演なんで、いっぱい、アゴが痛くならないぐらい」客w

「歌いたいと思います」
山本彩「それは私のアゴを気にしてくれてるってこと?」
近藤里奈「そう」
山本彩「普通にしてたらアゴ痛くならへんからね」客w

「大丈夫やで」
近藤里奈「良かった」客、軽くw

山本彩「さやか ささやか さわやか (さやか!) ささっと やさしさ あざやか (さやか!) のさやかこと大阪府出身、二十歳になりました、山本彩です」客、タオルを掲げる

「タオル、すげー」
岸野里香「ハイセンスやな」
山本彩「私と違ってね」客w

「ありがとうございます。二十歳になったということで、これからちょっと辛いことがあったらお酒の力を借りながらがんばっていきたいと思っています」客、声援&拍手

岸野里香「得意科目は体育音楽数学社会 でもやっぱり? (里香!) ありがとうございます。兵庫県出身、19歳の岸野里香です」

「久々に机の中を掃除してて、昔の使ってた教科書とかがあったんですけど、その国語の本にモアイ像が載ってたんですね。それ見て彩のこと思い出してしまったんですけども」客w

「これは彩には秘密にしといてください」
山本彩「ここにおるのなんなん」
岸野里香「おったん?」
山本彩「四六時中私のこと考えてるってやな。ありがとう」
岸野里香「そういうことやで」

山口夕輝「ぴっぴー (ぴっぴー) ぴっぴー (ぴっぴー) バックするとみせかけて~ (ゆっぴー!) ありがとうございます。NMB48のお母さん、ゆっぴこと山口夕輝です」

「たぶんさや姉はモヒカンも似合うと思います。ロングからショートにした時、夢にモヒカンにしたさや姉が出てきたんで」
近藤さや香「さや姉、坊主も似合うと思う」客w
岸野里香「坊主はまーちゅんが一番似合うから」客w

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から】
小谷里歩「みなさん、おいでやす。今日はノッたはる? (イェー!) おおきに。ほな、はんなり行きますえ。京都府出身、りぽぽこと小谷里歩、18歳です」

「宣伝するんですけど」客w&おー

「7月28日にここで独演会するの知ってますよね?」客、拍手

「そのチケットが500円で販売開始になったので。私はタダにしてくださいって言ったんですけど、500円は取るっていうことなので、その分喋るのがんばるので、みなさん応募してください。よろしくお願いします」

白間美瑠「ねぇねぇ、ねぇねぇ、みるの?みないの?どっちかな? (みる!) みるも、みーんなのことを みるみる。そして、今日は初めてさや姉のことを彩って呼んでドキドキしました」客、拍手

「ではでは今日もいーっぱい汗をかいて (みるみる!) 大阪出身、15歳、みるるんこと白間美瑠です。よろしくお願いします」

木下春奈「元気満々 天真爛漫 春爛漫 でも春奈は中3 (ウーマン!) ありがとうございます。中学3年生、15歳のはること木下春奈です」

「昨日、佳奈子ちゃんが私の家にお泊りに来てたんですけど、それを知った美瑠が今日またなんか拗ねてて、ロッカーをバンバンバンバンバン」客w

「してて」
門脇佳奈子「佳奈子なんかな、最初会った時な、「もう佳奈子なんか消えうせろ」って言われて」客w
木下春奈「だから次こそはちゃんとこの3人で、プラス吉本新喜劇でがんばってるお姉ちゃんも誘って4人でお出かけしようと思います」客、拍手

西村愛華「み~んなに愛の華を届けたい。愛華パワーで レッツゴー! ありがとうございます。京都府出身 高校1年生 15歳 あいかこと西村愛華です」

「今日は3週間ぶりの公演ということで、いつも以上に元気にがんばっていきたいと思っています」

吉田朱里「あかりをつけましょ♪ みんなのハートに (イェイ! イェイ!) みんなのハートの あ・か・り を灯したい、高校2年生、16歳、アカリンこと吉田朱里です」

「今日は本番前に出演メンバー全員でビーチバレーを楽屋でしたんですよ。だからちょっと今日はみんな一致団結してるんで、そこも見てください」

小笠原茉由「なんば発小笠原 (特急!) みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん (乗車しまーす) ありがとうございます。19歳のまーちゅんこと小笠原茉由です」

「(さや姉はお酒の力を借りると言ってましたが) 私は芋焼酎の力を借りたいと思います。よろしくお願いします」
メンバーたち「まだ未成年でしょ」「あかんで」「あと1年」
小笠原茉由「はーい、わかりました」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から】
古賀成美「どうなるなるなる こうなるなるなる なるなるなるなる きになる? (なる!) ありがとうございます。大阪府出身 高校1年生 15歳 今日も! ハイテンション! ありがとうございます。なること古賀成美です」

「今日は見ての通りこんなに汗ダラダラなんですけど、もっと汗ダラダラなるぐらいポタポタこぼれるぐらいがんばりたいと思います」

門脇佳奈子「激甘スマイルと甘辛ダンスがギューッと詰まったかなきち定食を召し上がれ (いただきまーす) ありがとうございます。NMB48一番の食いしん坊そしてNMBのガチの釣り師、かなきちこと門脇佳奈子です」

「ちょっとみなさんにさや姉の新情報を教えますね」客、おー

「今日からか知らんけど、メイクポーチ変わってました」客、ひゅ~

三浦亜莉沙「ありりんレシーブ! ありりんトス! みーんなのハートにありりん (アターック!) ありがとうございます。兵庫県出身 高校2年生 17歳のありりんこと三浦亜莉沙です」

「昨日は家族で焼肉を食べて、スタミナをいっぱいつけてきたので、今日は元気なパフォーマンスをお届けしたいと思います」

中川紘美「みーんなのパワーを笑顔に変えて、へーんしん! 笑顔ライダー! ありがとうございます。大阪府出身、18歳のひろりんこと中川紘美です」

「先日からですね、キャッチフレーズというか、自己紹介にひと言足したので、みなさんで一緒にやっていただきたいんですけど。飛ばしてくぜって言ったらブンブンって言ってください」

「今日も飛ばしてくぜ!」客「ブンブン」

「ありがとうございます。よろしくお願いします」
門脇佳奈子「めっちゃいいやんか!」
上西恵「でも声裏返ってたで」

上西恵「みなさんは何系が好きですか? あっさり系? こってり系? N700系? それとも上西恵? (上西恵!) ありがとうございます。滋賀県出身、18歳、けいっちこと上西恵です」

「今日で私300回目です、公演」客、拍手

「NMB48で一番多いのが佳奈子で、次に私かな?」
門脇佳奈子「そう、恵ちゃん恵ちゃん」
上西恵「なので、一番狙いたいと思います」客、おー
門脇佳奈子「(手を横に振る) 佳奈子には勝てへんな、無敵やから」

上西恵「1曲目「月見草」2曲目「Warning」そして3曲目「誕生日の夜」と3曲続けて聴いていただきました。みなさん今日はあれですね?」
門脇佳奈子「例のやつですね」
上西恵「思いっきし楽しみましょうね」客「イェー!」

「みなさんシャス」客「シャス」
門脇佳奈子「いきなり過ぎてわかれへんから、誰も」客w
上西恵「あの人の考えて、これしか思い浮かばへんくて」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.Bird (岸野里香・山本彩・山口夕輝)
◆M05.投げキッスで撃ち落せ! (西村愛華・小谷里歩・渡辺美優紀・白間美瑠・木下春奈・吉田朱里)
◆M06.蜃気楼 (小笠原茉由・近藤里奈)
◆M07.ライダー (三浦亜莉沙・古賀成美・門脇佳奈子・上西恵・中川紘美)


■MC
古賀成美・三浦亜莉沙・門脇佳奈子・中川紘美

お題提供:ケイスケさん
お題:夏を楽しむには絶対必要なもの

中川紘美「私はですね、花火。夏の風物詩ですから。やらないと気が済まないぐらい。線香花火の束だけ打ってたりするんですよ。あれを買ってて、毎年」
門脇佳奈子「それ全部点けるってこと?」客、軽くw
中川紘美「違います。線香花火しか入ってないやつがあるんですよ」
門脇佳奈子「シングルで使うわけね」客『シングル』に反応
中川紘美「そうです。家の庭で家族で」
門脇佳奈子「あまり気にしないでください」
古賀成美「気にしますよ」
中川紘美「普通1人1本ですからね。家族で座りながら庭でこうやってやるんです」
門脇佳奈子「庭?」
古賀成美「ひろりん家の庭めっちゃ広いです」客、おー
中川紘美「誤解を招くようなことは言わないでくれませんか」
古賀成美「普通に花火できそうな感じ。めっちゃいいところですよ」
門脇佳奈子「マジで? ヤバイやん。かねもや、かねも」客w
中川紘美「そういう発言はしちゃダメですよ、かなきちさん」

三浦亜莉沙「亜莉沙は祭り。実はね、1回だけ行ったんですよ、祭り、今年行ったんですけど、ちっちゃ過ぎて、お店が全然なくって、あんまり楽しめなかったんですよ。大きい祭りに行きたいんです、なんでもあるような」
古賀成美「金魚すくいとか?」
三浦亜莉沙「そうなんです、金魚すくいも無かったし、わたあめも無かったし」
門脇佳奈子「それ絶対祭りじゃないで」客w
三浦亜莉沙「一応祭りやったんです、旗あったんです、祭りって。でもあんま楽しめなかったから、もっとでかいところに行きたいなと思って」
古賀成美「みんなで行きたいですね」
門脇佳奈子「まだ終わってないところあるのかな?」
中川紘美「けっこうありますよ」
門脇佳奈子「佳奈子のとこ全部終わったで」
中川紘美「まだ大きいお祭りけっこう残ってますよ」
門脇佳奈子「行こう」
メンバーたち「行きましょう」
古賀成美「いろいろ聞いていただいたところで、後半戦行きたいと思いますが、みなさんまだまだ盛り上がれますか?」客「イェー!」


◆M08.制服が邪魔をする (山本彩・渡辺美優紀・小笠原茉由・岸野里香・近藤里奈・上西恵・白間美瑠・小谷里歩)
◆M09.夏が行っちゃった
◆M10.小池
◆M11.月のかたち


■MC
上西恵・小笠原茉由・古賀成美・渡辺美優紀・山本彩・吉田朱里・門脇佳奈子・白間美瑠

お題提供:餃子の町の住民さん (宇都宮より)
お題:大人になったらしてみたいことはなんですか?

小笠原茉由「じゃ~、一番若いのは美瑠となる? じゃ~、なるちゃん」
古賀成美「私、こう見えてめっちゃ少女マンガとかマンガ好きなんですよ。だからマンガを1巻から全部まとめ買いしてみたいです」
山本彩「いわゆる大人買いってやつですね」
古賀成美「美瑠さんもマンガけっこう読みますよね?」
白間美瑠「そう、読む、大好き」
古賀成美「だから1回してみたいんです。憧れです。みるきーさん興味なさすぎ」客w
小笠原茉由「みるきー興味ないの?」
渡辺美優紀「あるで。へー」客w&拍手
小笠原茉由「なさそう過ぎる」

白間美瑠「美瑠は町をキレイにするためにゴミ拾い」
メンバーたち「今でもできる」
白間美瑠「でも、大人は大きいからいっぱい拾えるじゃないですか」
メンバーたち「美瑠、手大きい」
渡辺美優紀「今日帰りの道、全部ゴミ拾って帰って」
白間美瑠「OK、わかりました」客、軽くw

渡辺美優紀「私は、ちょっと彩ちゃんと似てるんですけども」
山本彩「私何も言ってないよ」客w
渡辺美優紀「自己紹介の時のに似てるんですけど、酔っ払いになりたいです。酔っ払ってみたい」
吉田朱里「みるきー酔っ払ったらめんどくさそうじゃない?」
門脇佳奈子「しかも弱そう」
小笠原茉由「みるきーはもう普通でも酔っ払ってるみたいだから大丈夫」
渡辺美優紀「ウソ? 歯医者さんで麻酔したことがあるんですけど、それが効かなくって、歯医者さんにたぶんアルコール強いよって言われたから、もしかしたら酔わへんかもしれへん」
吉田朱里「じゃ~、違いがわからへんのちゃう? 普段も酔っ払ってるみたいやから、結局酔っ払ってもプラマイゼロみたいな」
渡辺美優紀「酔っ払ってるから、まぁ、いっか」客、軽くw
小笠原茉由「9月19日やもんな」
渡辺美優紀「(彩に)飲みに行こうな」客、おー
山本彩「。。そうやな」客w
渡辺美優紀「たぶん(彩は)泣き上戸になると思う」
山本彩「飲んでみないとわからないですけど、その時はまーちゅん来てください」
小笠原茉由「未成年なんで」
山本彩「飲めへんくても保護者みたいに」
小笠原茉由「絶対行きたくないよね」客w
山本彩「私もみるきーと2人はちょっと」客w
渡辺美優紀「たしかに2人やったらかわいそうやと思うからもう1人行かなあかんな」

上西恵「私は大人になったら、やりたいというか、好き嫌いを無くした。食べ物とかの。好き嫌いが多いってだけで子供って感じやんか。申し訳ないし。だからちゃんと、トマトが嫌いやねんか」
小笠原茉由「一緒」
上西恵「そう一緒。トマト嫌いなんですよ」
小笠原茉由「でもめっちゃ美味しそう。美味しそうと思うんですよ」
山本彩「トマトの何があかんの?」
上西恵「すべて。食べた瞬間(手で口を押さえる)ってなるから」
山本彩「トマトのいろんなメニューを挑戦してみたら」
小笠原茉由「煮たり焼いたり」
上西恵「そうして行きます、徐々に」
小笠原茉由「一緒にがんばろうね」

山本彩「私はでもそんな、やっぱり二十歳になったからお酒には挑戦してみたいなと思って、その先の酔っ払った世界って気になるじゃないですか」
渡辺美優紀「一緒やん」客w
山本彩「違う、ちょっと違う。ほんで、酔拳してみたい」客、反応

小笠原茉由「もっともっとみんなでね、成長して行って、みなさんとNMBの歴史を作り上げて行きたいと思ってますので、みなさん一緒に大人になって行ってください」

「それでは次が最後の曲になります。良かったら一緒に歌ってください。それでは聴いてください。誰かのために」


◆M12.誰かのために -What can I do for someone?-


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「本日は7月14日に二十歳の誕生日を迎えられました山本彩さんの生誕祭です」客、イェー!&拍手

「みなさん、SAYAKA SONIC 2013 楽しんでいただけてますか?」客「イェー!」

「二十歳の生誕祭をもっともっと盛り上げていきましょう」客「イェー!」

「みんなで楽しんで、メンバー全員も楽しんで、思い出に残る公演にしましょう」客「イェー!」

「この公演を経て、魅力溢れる彩さんがより一層輝き、活躍される姿を楽しみにしています。そして、彩さんには大きな夢があります。彩さんの持つ無限の可能性を信じ、二十歳という節目の誕生日を迎えられた、大人になる彩さんが夢に向かって突き進んで行く姿を僕達ファン一同はいつまでも応援し続けていきます。まだ見ぬ彩さんに会いたいな、と思います。彩さんが夢に向かって羽ばたいていけるように、アンコールは「さやか」コールでお願いします」客、イェー!&拍手


「さやか」コール


◆EN01.HA !
◆EN02.北川謙二


山本彩「みなさんアンコールありがとうございます!」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

山本彩「もう1曲歌っちゃってもいいですか?」客「イェー!」

「みなさんもっと声出せますか? (イェー) 女子! (イェー) 男子 (イェー) 全員で (イェー) 」


◆EN03.僕らのユリイカ


■山本彩 生誕祭
小谷里歩「さてさてさてさて、今日は7月14日に祝20歳のお誕生日を迎えたさや姉の生誕祭です」客「イェー!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入

小谷里歩「さや姉、戻っておいで。今日はここにいないとあかんねん」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア さやか(さや姉) ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

メンバーたち「おめでとう」客、拍手
山本彩「ありがとうございます」

渡辺美優紀「これはファンのみなさまからの花束です」
岸野里香「すごない? これ本物ですか?」
渡辺美優紀「レインボーローズ?」
メンバーたち「すごい」「初めて見た」
木下春奈「それ、高いやつや」客w
山本彩「子供やからそういうことばっか気にしてる」
近藤里奈「さや姉、それもうこれからその花好きいんあるわ、うち。一番好きな花なんですか?って言われたらそれって言うわ」客、ひゅ~

「向日葵やめた!」
岸野里香「これどうやって咲かすか知ってる?」
渡辺美優紀「知ってんで。青の花と七色の色をたぶん近くに咲かせたら」
木下春奈「それ、どうぶつの森やろ?」
メンバーたち「ゲーム?」
山本彩「ここに書いてあるのはレインボーローズの花言葉、無限の可能性」客、拍手
渡辺美優紀「かっこいいことしますね」
小谷里歩 → 彩に耳打ち 「後で言おう。秘密の話すんねん」
山本彩「ありがとうございます。キレイ」

岸野里香「続いては手紙なんですけれども、AKBさんのチームA、横山由依さんから」客、おー&拍手

「肩幅として里香が読むわな、同盟として」
山本彩「今となっては横山チームAですよ、キャプテンになられたので」
岸野里香「読みます」

「彩ちゃんへ。20歳のお誕生日おめでとう。

初めて一緒になったお仕事はAKB48の「Everyday、カチューシャ」のMV撮影。その時はお互い緊張してて、2人ペアの写真撮影もぎこちなかったのを覚えています。それからAKB48の選抜で一緒に活動することも増えてきて、少しずつ話すようになりました。

「ぐぐたすの空」のMV撮影の時、床に落ちてた花びらを手ですくって、自分で浴びるという行動をする彩ちゃんを見て、「何だ、この人は」と、その時ら辺から不思議な魅力を感じていました。

そんな中、私のNMB48との兼任が決まりました。「NMBには彩ちゃんいるから大丈夫」と突然のことでしたが、不安もなく始められました。

兼任をして、NMB48のキャプテン、山本彩のしっかりした姿に驚き、それと同時に、彩ちゃんの支えになれたらいいなーなんて思っていました。NMBのリクエストアワーの時、ふと「彩ちゃんの重荷のリュックサック、半分持つよ」って言ったら、カッコつけた言葉の裏のほんとの気持ちが伝わったのか、喜んでくれたのが嬉しかったです。

ほんとに真面目で熱くて完璧主義なので、私は彩ちゃんが心配です。がんばり過ぎないで、さやかちゃんの信じた道を進んでください。私はさやかちゃんの味方です。勝手な予想ですが、彩ちゃんとはこれから一生の付き合いになると思うので、よろしくね。

山本彩という素晴らしい人に出会えて良かった。生まれてきてくれてありがとう。大好きー。AKB48チームA、横山由依」客、拍手
山本彩「ありがとうございます」
岸野里香「ゆいはんのね、たぶん本当に性格が出てんのかめちゃくちゃ字キレイなんですよね。真面目な感じがすごい伝わる」

上西恵「では、さや姉のママよりお手紙を預かってるので、読みます」

「彩へ。二十歳の誕生日おめでとう。

泣き虫な甘えん坊だったあなたがもう二十歳。ほっとする気持ちとちょっぴり寂しい気持ちが入り交じっています。

ママがNMBのオーディションを勧めた時、「私にはアイドルは無理だー」なんて言っていたけれど、今ではすっかり1人のアイドルとして、その活動ぶりも板についてきましたね。

毎日がめまぐるしくて、睡眠時間も短い中、大好きな歌やダンスだけでなく、苦手なことにもチャレンジしたり、キャプテンとしてがんばっている姿を見ると、パパもママも彩のことをもっともっと応援しなくちゃという想いになります。見た目は強く見えるけれど、心は意外ともろくて弱いから、まだまだ心配で目が離せないのです。

心配と言えばもう1つ。これはパパからの伝言です。パパもママもお酒は全然飲めないので、彩もきっと飲めない体質だと思うから(w)、今後お酒を飲む機会があれば、慎重に飲むようにと忠告しておきます(笑)

NMB48は結成以来、ぐんぐん成長して来ましたね。これからますます楽しみです。仲間たちと切磋琢磨し合い、もっともっと団結力のある素晴らしいグループへと成長していってください。必ず目標を達成できると信じています。

そして、ここまで導いてくださった先輩方、支えてくださるスタッフのみなさま、応援してくださるファンのみなさまへの感謝の気持を忘れず、その名のごとく、たくさんの方の心を彩れるよう、素敵な女性になってください。彩の夢が叶うまで、パパもママもお兄ちゃんもお姉ちゃんも全力で応援していきます。

最後に彩へ。生まれてきてくれてありがとう。ママより。

彩の生誕祭にご協力してくださったみなさんへ。本日は本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。」客、拍手

山本彩「ありがとうございます」

門脇佳奈子「そして、メンバーからの色紙です。これはゆっぴが書いてくれたよ。このギターの絵」
山本彩「オシャレ。でも余白が気になる」
門脇佳奈子「あと後ろに菜々ちゃんからも」
岸野里香「菜々ちゃん、前に書いていいのにどうした? 遠慮し過ぎや」
門脇佳奈子「どうぞ」色紙を彩に贈呈

小谷里歩「それでは彩さん、気持ちいっぱい喋ってください」客w
山本彩「雑いな」客、軽くw

「何話そうかなってすごいいろいろ考えてたんですけど。まずは今日こうして生誕祭に足を運んでくださったみなさん、そしてこの生誕祭を企画してくださったみなさん、今ロビーでモニター観覧をしてくださっているみなさん、生配信を見てくださっているみなさん、今日は本当にありがとうございます」客、拍手

「正直、19歳から二十歳になってみて、まだ全然月日も経ってないのであんまり実感がないっていうのがほとんどなんですけども、すごくやっぱり19歳の時と二十歳になった今では、これからの自分の行動とうか、言動がすごく自己責任になってくるところがあるんだろうなっていうような自覚はすごくありまして、
19歳の時に、ちょっと親とケンカをして、泣かせちゃったりとかをしたことがあって、すごく自分自身悔しかったというか(涙) 19歳にもなって、ケンカして親の涙を流させてしまったことが、その時はすごく悔しくて。

でも子供だったので、その時は。心からのごめんなさいとか、ありがとうっていう言葉が言えなかったので、二十歳になった私は総選挙とかで「これからは猫被りはやめる」と言ったように、10代の自分とはまた生まれ変わって、20代の自分の人生を謳歌していきたいのと思うので、家族だったり、ファンの方にも、そういった心からの感謝だったりとか、言葉が伝わるような、伝えていけられるような人間にこれからはなっていきたいなと思います。

今年の総選挙では初めて16人の選抜の中に入ることができて、本当に心から嬉しくって、約3年突っ走ってきて、なんかようやく、自分のやってきたことが間違ってなかったというか、そういう風に確信できた年だったので、今年はこれからも自分だったり、応援してくださってるみなさんのことを信じて、前へ歩き続けていきたいなと思います。

そしてNMB48というグループが私はすごく大好きなんですけども、それ以上というか、それ同等に、このチームNがほんとにほんとに大好きだし、大切なので、これからも変わらずにMやBIIがどんどん勢いを増してきていますけれども、まだまだ負けないつもりでがんばっていきたいですし、新公演も今、秋元先生とお話させていただいているんですけれども、順調に行っていますので、これからもチームNのことも変わらずに見守っていただいて、一緒にチームNの夢、そしてNMB48の夢、山本彩の夢をみなさんも一緒に追いかけてくれたら嬉しいなと思います。みなさん、これからもどうぞ私たちのことをよろしくお願いします」客、拍手

小谷里歩「了解です」客、軽くw

「では、彩のアゴのように私たちものびのび成長していくので、よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# ケーキ片付け

山本「何この二次会をしれっと終わる感じ」客w
木下春奈「いっつもこんな感じやねん」

■MC
山口夕輝・小谷里歩・中川紘美・白間美瑠・門脇佳奈子・木下春奈・三浦亜莉沙・西村愛華

山口夕輝「さや姉の生誕祭だったんですけど、実は準備してたお題が全然関係ないんですけどいいですか? 里歩ちゃん考えてくれたんですけど、今日終業式が多かったっていうのを耳にしたので、終業式終わって夏になるじゃないですか。夏にしていきたいこと」

中川紘美「私はですね、バイクで海に行きたいです。愛車に全然乗れてなくて。そうなんですよ、シービー乗ってるんですけど。400ccのけっこう大きいバイクに乗ってて」
小谷里歩「それって2人乗り?」
中川紘美「2人乗りできます」
山口夕輝「ちょっと乗せてもらおうと思ったやろ?里歩ちゃん」
小谷里歩「いいわ」客w

「なんかバイクってさ、身めっちゃ出てるやん。ちょっと怖い。コケたことある?」
中川紘美「コケたことありますね。それ乗って行きたいですね」

門脇佳奈子「佳奈子はもうやっちゃってんな」
山口夕輝「明日から夏休み無しでいい?」
門脇佳奈子「違うねん。まず海にも行ったし、この間、春ちゃんと初のパンダも動物園に見に行ったから」
木下春奈「夏休み春奈、佳奈子としか過ごしてない」客w

「この前、春奈が佳奈子の家に泊まりに行って、昨日佳奈子が春奈の家に泊まりに来て」
門脇佳奈子「ごめんな、美瑠」客w

「これから夏休みまだ1時間じゃない」客w

「1ヶ月あるから、大丈夫大丈夫。だからやっちゃってな。でも今ね、NMBとまなぶくんでも今やらせていただいてるんですけど、船の船舶の免許をちょっと取らせていただいてるんで、まだ結果は教えれないんですけど、もし取れた時の場合、みんなを船に乗せて、大海原を乗り回そうぜ」客、拍手

「なんかイベントとかみなさんとの船のイベントとかあったら」
木下春奈「佳奈子が運転するの? マジで嫌」客、軽くw

「全員帰ってこれへんかもしれない。大丈夫?」
門脇佳奈子「大丈夫です。そのイベントとかもね、やらせていただけるよう」
山口夕輝「じゃ~、バイクで連れて行ってもらって、船のイベントしたらええやん」
木下春奈「バイク1人やで」
中川紘美「じゃ~、車で送迎します」
小谷里歩「車の免許取ったん?」
中川紘美「はい、取りました」
メンバーたち「すごい」
門脇佳奈子「CMやってたやんか」
小谷里歩「車の? すっごいな」客w
門脇佳奈子「何も知らんやん」

三浦亜莉沙「亜莉沙は誰かのお家にお泊りに行きたいです」
山口夕輝「はなこと・・・」
メンバーたち → w

木下春奈「春奈はやらなきゃいけないことなんですけど、今年はちゃんと夏休みの宿題終わらせようと」
山口夕輝「去年やらんかったん?」
木下春奈「去年みんなに手伝ってもらったけど、提出期間を過ぎて提出をしました。でもさっき裏でさや姉に「海行ってたん、見たよ、ぐぐたすで」って言うから、ちゃんと宿題も進めてるよって言ったらボソっと「宿題か、、」って言ってた。だからやってくれる気はあんねんやと思う」
山口夕輝「覚悟したんか、その時に」
木下春奈「よろしく」

白間美瑠「この間の休みに日本の妖怪を見に行ったんで、夏休みはこの日本じゃない外国の妖怪を見に行きたいです」
山口夕輝「外国にもいるの?妖怪って。悪魔とかじゃなくて」

西村愛華「ちょっとベタなんでいいですか? 私、お祭りと花火を見に行きたいです。お祭りはちょっともう行っちゃったんですよ。京都の祇園祭り」
山口夕輝「行ったんです、私も」
西村愛華「花火は宇治の花火大会があるんで、ちょっと地元京都の花火大会行きたいです」
山口夕輝「いいですね。みんなで行けたら行こうよ。みなさんと一緒に打ち上げ花火大会みたいなのしたくない?」
メンバーたち「したい」
木下春奈「じゃ~、佳奈子の運転する船に乗って、海上から打ち上げたらいい」
門脇佳奈子「めっちゃいいやんか!」
木下春奈「でもめっちゃ費用かかるな。やめようか」客、軽くw

# 「イェー」後半メンバー入場 / メンバーチェンジ

岸野里香・近藤里奈・小笠原茉由・山本彩・渡辺美優紀・古賀成美・吉田朱里・上西恵

岸野里香「毎回恒例の生誕祭の人のエピソードを話そうという回にしたいと思います。アゴはできるだけ省いて」

近藤里奈「今日の話なんですけどね、めっちゃね、机にかわいい化粧ポーチが置いてたんですよ。でもさや姉のカバンの近くにあってさや姉のかなと思ったけど絶対さや姉が持たなさそうな化粧ポーチなんですよ。めっちゃかわいいんですよ。で、欲しいなと思ってたんですよ」客、軽くw

「なんか、さや姉がこうやって持って、化粧する部屋に行ったんですよ。「それさや姉の?」って言って、「そう、なんか買うのめっちゃ迷ってんけど」みたいな感じで話してたから、ちょっと欲しいアピールしたんですよ。「あっ、そうなん」みたいな。それで・・・」
岸野里香「話をまとめろよ」客w
山本彩「欲しいアピールっていうか、完全に欲しいって言ったから」
渡辺美優紀「りぃちゃんの話、それさっきの話と全然違う。見ててん、一部ししゅうを」
山本彩「一部始終ね」
近藤里奈「じゃ~、みるきーが話して」
渡辺美優紀「りぃちゃんがこのポーチ欲しいって言っててん」
山本彩「なぁ」
渡辺美優紀「大きい声で言っててん」
岸野里香「すごいみんな今興味あんまないからちゃんと惹きつける感じで話してよ」
渡辺美優紀「大きい声で話してたんですよ。じゃ~、彩ちゃんが「今欲しいって言ったの誰?」みたいな。「りぃちゃんこれ欲しい?」って言って、「あげんでー」って言って、それだけの話」客w

「そっからこのポーチ迷ったんやけどな、みたいな話をしてた」
近藤里奈「違うで違うで」
山本彩「もうええわ!」客w
小笠原茉由「結局くれる感じになったの?」
山本彩「そう、使ったけどいいの? 私がちょっと思ってた感じと違ってたから買い直そうかなとか思ってて。それで「欲しい」って言ったから、じゃ~、あげようかみたいな感じです、終わり」客、軽くw
渡辺美優紀「すべらない話でした」
山本彩「まぁまぁすべったわ」客w
岸野里香「10笑いです。はい、次行きましょう」

上西恵「私、最初大人しい人やと思ってたんですよ。大人しかったやんか」
岸野里香「大人しかったし、ちょっとなんかこう、ツンとした感じがしてた」
上西恵「だから恵、何考えてるかわからへん人好きやから、あー、この人いいかもと思ってたのに、なんか途中からキャラが変わったというか、素出してきたやん。なんか意味わからへんところ出してきたから」
岸野里香「本性出してきたん?」客w
上西恵「そう、それを初めて見た時は若干ひいた。レッスン中にいきなりタオルを頭に巻き出して、なんか工事の人の」
岸野里香「それ覚えてる」
メンバーたち「覚えてる」
近藤里奈「それ嫌やってん」
上西恵「それ見た瞬間ちょっとひいちゃった」
小笠原茉由「Birdっていうユニット曲を思いっきり変に踊ってなかった?」
近藤里奈「そっからさや姉のすべてが導き出された」
岸野里香「何をきっかけに出そうと思ったわけ?それは」
山本彩「やっぱもともとは自分がそういう人間じゃない、いずれは出していかなと思った」
上西恵「ある日突然過ぎたよね。でもけっこう好きやで、さや姉のこと。知ってる?」
山本彩「けっこうな」
上西恵「なんでそんな上からなん」客、軽くw
岸野里香「色紙に「けっこう好きピーナッツでーす」って書いてあった」客w

「だからほんまにけっこう好きなんやと思う」

吉田朱里「朱里はけっこう前にまーちゅんとりぃちゃんとさや姉で4人で私の家でお泊り会したんですよ」
岸野里香「はい、呼ばれてません」客w
山本彩「今そういう話じゃないから」
吉田朱里「その時に4人で普通に狭いお風呂、私の家そんなお風呂広くないんですけど、そのお風呂に4人でちゃぷちゃぷしたんです」
小笠原茉由「彩が一緒に入ると思わんくて。絶対裸見せへんしみたいな」
吉田朱里「そう、3人で入ろうかみたいな。さや姉は1人でいいんちゃう? 一緒に入ってきて、脱ぎ出して」
山本彩「一緒に入ってきてって誘ったのそっちやろ」客w

「なんでやねん。だってね、誘われたんよ。それで人様のお家にお泊りさせてもらってるからさ、私1人だけ別で入るなんて失礼な話やん。だから入ったのに!」客w
吉田朱里「そしたらりぃちゃんの髪の毛全然泡立てへんで」
岸野里香「それ全然関係ない」客w
近藤里奈「朱里の家でシャワーしたら全然泡立たないんです」客w
渡辺美優紀「なぁ、里香ちゃん、そんなの」
岸野里香&渡辺美優紀「関係ねー、おっぱっぴー」客w
山本彩「なんなんこれ」
岸野里香「何? これはまとめてくれたわけ?」
渡辺美優紀「そう」
岸野里香「ありがとう。ということで、こんな彩のエピソードを聞いていただきましたが、彩にこれから私たちついて行きたいと思うんですけども、彩そんなに無理はせず、メンバーにもっともっと、みんなで荷物を分け合ってさ」客w

「どんどん上に上がって行こう。こんなにNMB48にみなさんついてきてくれますか?」客、拍手

「ありがとうございます。これからもこんなNMB48の応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

渡辺美優紀「それでは本当に本当に最後の曲になります。聴いてください。涙売りの少女」


◆EN04.涙売りの少女


山本彩「本日はNMB48チームN「誰かのために」リバイバル公演に足をお運びいただき本当に本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 山本彩 ハイタッチ案内

# 一抹礼(手繋ぎ挨拶) 「ありがとうございました」

# BGM:誰かのために / メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月22日(月) チームN公演

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ