FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

夏の理想のデートプラン (2013/07/16、チームM)

NMB48劇場 チームM 1st「アイドルの夜明け」公演

◆出演メンバー
チームM → 東由樹沖田彩華川上礼奈木下百花小柳有沙三田麻央村上文香村瀬紗英山岸奈津美

研究生 → 石田優美・照井穂乃佳・中川紘美・林萌々香・松村芽久未・三浦亜莉沙・森田彩花

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.アイドルの夜明け
◆M02.みなさんもご一緒に
◆M03.春一番が吹く頃
◆M04.拳の正義


■MC (自己紹介)
山岸奈津美「みなさんこんばんは」
みんなで「NMB48チームMです」客、拍手

# 山岸奈津美 序盤4曲紹介

【1列目 上手側から】
三浦亜莉沙「ありりんレシーブ! ありりんトス! みーんなのハートにありりん (アターック!) ありがとうございます。兵庫県出身 高校2年生 16歳のありりんこと三浦亜莉沙です」

「今日は朝から幸せなことがたくさん起きたので、幸せな気持ちでみなさんのことをたくさん見たいと思います」

川上礼奈「香川のうどんはチャンピオン! あなたの具材はれなぴょん! うどんの都、香川県から来ました、宇宙一かわいいうどんの国のお姫様、れなぴょんこと川上礼奈です」

「今日は公演が始まる目にまおキュンがずっとペラペラペラペラ言ってたんですよ」
三田麻央「違うよ、1人じゃないよ。一緒に言ってたやん」
川上礼奈「えっ? 言ってませんよ。まぁ、気持ち悪かったんですけど、今日はれなぴょんはかわいくがんばれなぴょん」
木下百花「争いが醜い」客、軽くw
川上礼奈「なんでそんなこと言うの? 悲しいれなぴょん」
木下百花「次行っていいよ、大丈夫」客、軽くw

村瀬紗英「1・2 (さえ!) 2・2 (さえ!) 3・4がなくてもやっぱり (さえー!) ありがとうございます。大阪府出身、高校2年生、16歳のさえぴぃこと村瀬紗英です」

「さっきまでバレーボールをメンバーとしてたんですけど、今日の公演ではみなさんの心にさえぴぃアタックしたいと思います」

村上文香と言えば~?(や~!) と言えば~? (か~!) と言えば~? (あやか~!) ありがとうございます。今日もみ~んなの笑顔にあやかりたい、兵庫県出身、大学2回生、二十歳のあやちゃんこと村上文香です」

「今日この劇場に来てくださってるみなさんはちょっとね、れなぴょんのことをかわいいって言ってくれるぐらい優しいみなさんなので」
川上礼奈「なんなんですか? もう。そうだねって」
村上文香「そうだよ」
川上礼奈「悲しいれなぴょん パート2」
村上文香「ちょっと黙っといて。ということで、今日は私もかわいいキャラでいきたいなと思います」
木下百花「大丈夫? 大丈夫?ほんま」
村上文香「大丈夫って何?」
木下百花「暑さでやられてる感じ?」客w
村上文香「やれてないよ。かわいいキャラもともと」

三田麻央「きゅんきゅんきゅん みーんなの胸がきゅん やっぱりー? (まおキューン!) ありがとうございます。大阪府出身、高校3年生、17歳のまおキュンこと三田麻央です」

「さっきれなぴょんがペロペロペロペロ言ってたっていうのは理由があって。昨日ね、新しい自転車を買ったんですよ。めっちゃかわいくて。もうめっちゃテンション上がってるんで」
木下百花「えっ? 自転車にペロペロしてる?」客、拍手
三田麻央「違うよ。かわいいとか言われたらさ、キャーみたいな、すごいペロペロ」
木下百花「すごい新しいマニアでいいと思う」客w
川上礼奈「時間ないから早くしてもらっていいかな?」
三田麻央「みんながペロペロやりたくなるような公演にしたいと思います」

山岸奈津美「春・夏・秋・冬 どの季節が好きですか? (なつー!) ありがとうございます。大阪府出身、18歳、なつみんこと山岸奈津美です」

「昨日はゆきりんさんのいろんな動画を見て、めっちゃいろいろ研究してきたので、今日は大人っぽくセクシーにいきたいなと思います」

「次はモカちゃんです。どうぞ」
メンバーたち「よろしくー」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 上手側から】
林萌々香「今日は何たのモーカ? コーヒーのモーカ? みーんなの注文は? (モカ!) ありがとうございます。京都府出身 中学3年生 14歳のモカこと林萌々香です」

「今日はですね、公演が始まる前にジャングルレディオっていう、ゆうみんこと石田優美ちゃんと一緒にやらせていただいているラジオをしてきたので、今日はMCでたくさん喋りたいと思います。そして、今日も1日気合を入れて、モカパンチ!」
メンバーたち「かわいい」
木下百花「甘やかしたらいかん!」客w

中川紘美「みーんなのパワーを笑顔に変えて へーんしん! 笑顔ライダー! ありがとうございます。大阪府出身、18歳のひろりんこと中川紘美です」

「私はですね、愛車三台持ってるんですけど、バイクを。一台原付なんですけど、その原付修理に出して、今日やっと帰ってきたんですよ。すごく嬉しかったので、この嬉しい気持ちをみなさんにお届けしたいと思います」

沖田彩華「みなさん起きてますか? (おきたー!) ありがとうございます。広島県から、あ~ぽん!ってやってきました、あ~ぽんこと沖田彩華、17歳です」

「いつもエロイエロイって言われるので、今日はそんなものは捨てて、純粋なアイドルを目指して1日がんばりたいと思います」

木下百花「リンゴかミカンかやっぱりももか! 木の上よりも木の下が好き。兵庫県出身 16歳 きのしたこと木下百花です」

「あ~ぽんエロイの・・・」客w

「エロイの捨てるとかはない。あかん」
沖田彩華「いっつもな、特攻服こうやってたら(肌蹴てたら)エロイって言われるからシュって(閉じる)」客、ひゅ~
木下百花「隠してるのもいいかな」客w

「今日はみなさん、そういうポイントを見つけて一緒に盛り上がっていきましょう」
沖田彩華「何?ポイントって」

照井穂乃佳「みんなー、教えて。今日はどんな気分? 楽しい気分? 嬉しい気分? 超ハッピー! みんなの気分を教え てるみー! ありがとうございます。大阪府出身 中学3年生 14歳のてるみーこと照井穂乃佳です」

「私、ありぃさんが好きって言ってたんですけど、実はもう1人気になる先輩がいて」客、おー
メンバーたち「おー」
照井穂乃佳「おもしろくて、かわいくて」客、おー

「ゆきゆきさんなんですけど」
木下百花 → 期待して照井に近づくも、違う名前を言われ上手袖へ捌けようする(客w)
沖田彩華「百花百花、ダメダメ」
木下百花「えっ?」客w
沖田彩華「まだいる」
照井穂乃佳「ゆきゆきさんが好きなんですけども、今日はみなさんをてるみーが好きって言ってもらえるようにがんばりたいと思います」
沖田彩華「ちなみに百花はどう思う?」
照井穂乃佳「まぁ、いいんじゃないですか?」客、軽くw
木下百花「あれあれ」
照井穂乃佳「次はあやてぃんです。どうぞ」
メンバーたち「よろしくー」

# 2列目メンバー捌ける

木下百花「覚えとけよ!


【3列目 上手側から】
森田彩花「みなさーん、盛り上がってますか? (イェー!) あやてぃんは今日も元気モリモリ! こんなあやてぃん推しになってくれるかな? (いいとも!) ありがとうございます。兵庫県出身 高校3年生 18歳 あやてぃんこと森田彩花です」

「私は今日チームMさんよりも目立ちたいと思いますので」客、おー

「あやてぃんオーラをいっぱい出すのでぜひ見てください」

小柳有沙「それってあり?なし?あり?ありぃ?どっち? (ありぃ!) ありがとうございます。兵庫県出身、18歳、ありぃこと小柳有沙です」

「わたくし明日体育祭なんですけど、今ね、すごい気持ちが高ぶってるんで、そのまま公演を楽しみたいと思います」

東由樹「元気経由スマイルゆき 東へゆきまーす。みなさんもゆきますか? (ゆきまーす!) ありがとうございます。兵庫県出身 高校3年生 17歳 ゆきつんこと東由樹です」

「今日劇場に来る前に金子さんに出会って、めっちゃまぶしかったので」客、軽くw

「今日はこの公演でまぶしくなるぐらい輝きたいと思います」

石田優美「ゆうよ~ ゆっちゃうよ~ (ゆっちゃって~) 優美はみ~んなのことが大好き♪ (オレもー!) ありがとうございます。兵庫県出身 中学3年生 14歳のゆうみんこと石田優美です」

「今日は公演前にモカこと林萌々香ちゃんとジャングルレディオっていうラジオを収録してきたんですけど、口を動かしてきたんで、たぶん公演のMCは滑舌いいと思います。今日も1日! えいえいおー!よろしくお願いします」

松村芽久未「みなさん、目ぐっと見開いて、めぐ見んと怒んで。食べるの大好き。でもトマトは ダメミン。ありがとうございます。大阪府出身 高校3年生 18歳 めぐみんこと松村芽久未です」

「私はですね、「アイドルの夜明け」公演、今日が2回目の出演なんですけど、たっくさん「めぐみん!」って呼んでいただけるようにがんばりたいと思います」

東由樹「チームMの魅力がた~っぷり詰まった「アイドルの夜明け」公演、次からはユニット曲をお楽しみください」
松村芽久未「あー! 東の空が明るくなってきたよー!」
みんなで「アイドルの夜明けだー!」

# 3列目メンバー捌ける


◆M05.残念少女 (川上礼奈・村上文香・三浦亜莉沙)
◆M06.口移しのチョコレート (村瀬紗英山岸奈津美三田麻央)
◆M07.片思いの対角線 (中川紘美・沖田彩華・林萌々香)&BD
◆M08.天国野郎 (木下百花(オタク)・照井穂乃佳(オーバーオール)・小柳有沙(ロリータ)・石田優美(幼稚園))&BD

木下百花「みなさんお祭りの季節がやってきましたね。お祭りと言えば焼きそば綿菓子。しかし女の子の浴衣姿が一番たまらんとです。今年は私、てるみーと浴衣でもしたいなー、お願いします!」
みんなで「天国野郎!」

◆M09.愛しきナターシャ (森田彩花・東由樹・松村芽久未)


■MC
松村芽久未・東由樹・森田彩花

東由樹「ありがとうございます。では、久しぶりに」客、おー

「脱ぎます(毛皮のコートを脱ぐ)」客、ひゅ~

「ムチムチやろー」客、軽くw

森田彩花「私も、脱ぎます(毛皮のコートを脱ぐ)」客、ひゅ~

「めぐみんも?」客、軽くw
松村芽久未「脱ぎますってっていうやろ?(毛皮なし)」
東由樹「下は危ないな」

森田彩花「ここのトークでは祭りの時期じゃないですか、今。祭りと言えばカキ氷じゃないですか」
松村芽久未「違いますよ。キュウリの一本漬けでしょ?」客w
森田彩花「それも美味しいけどさ。でもカキ氷やんか。だから今日は好きなカキ氷の味を聞こうかなと思って」
東由樹「イチゴ」
森田彩花「イチゴ安定ですね。美味しいよね」
松村芽久未「普通に答えても大丈夫? おもしろさとか大丈夫?」
森田彩花「いいよ」
松村芽久未「イチゴやけど練乳かけて食べる」
森田彩花「あー、美味しいな。ほかは?」
東由樹「ハワイアンブルー」
森田彩花「美味しいです」
東由樹「コーラ」
森田彩花「コーラ? かけたことありますかね」
東由樹「ないけどてるみーが美味しくないって言ってた」客w
森田彩花「それ絶対マズイじゃないですか」
松村芽久未「あやてぃんは?」
森田彩花「私はやっぱイチゴかな」
松村芽久未「かわいいね」
森田彩花「何?見た目によらずかわいいって? ちょっと」
東由樹「誰も言ってへん」客「かわいい」
森田彩花「ありがとうございます。ほかはなんかないですか?」
松村芽久未「抹茶」客、あ~

「あーという声が」
森田彩花「かけたことないからわからへん」
東由樹「何あるかな? レモンとか。コーヒーは?」
松村芽久未「コーヒー?」
森田彩花「おもしろいこと言ってくださいよ」客、軽くw
松村芽久未「せやろ・・・」客「白米」
森田彩花「待ってください。カキ氷に白米って想像してみてくださいよ」
東由樹「ガチガチやな」客、軽くw → トマト
松村芽久未「トマトはダメです」
東由樹「搾ろう。そのまま手でグチュって」
松村芽久未「お疲れ様でした」客、軽くw
森田彩花「もういいですかね? そんな感じで私たちの好きなカキ氷を聞いていただいたんですけど(ごにょる)」
松村芽久未「なんて?なんて? もう1回ちゃんと言って」
森田彩花「私たちの好きなカキ氷の味を聞いていただいたんですけど、みなさんは私たちが一番好きって言われるようにがんばりたいと思います。次はこの曲を聴いてください。せ~の」
みんなで「どうぞ」


◆M10.女子高生はやめられない (じゃんけん優勝:山岸奈津美)
◆M11.好きと言えばよかった
◆M12.そばかすのキス


■MC
前半:三田麻央・沖田彩華・中川紘美・林萌々香・木下百花・東由樹・小柳有沙・村上文香

三田麻央「みなさん、夏がきましたよ。夏ですね。夏と言えばお祭り、花火、いろんなことがありますけども、夏の自分の理想のデートプランをみんなに発表してもらおうかなと思います」客、ひゅ~

「ある人?」
メンバーたち「はーい」
木下百花 → 挙手せず(真顔) / 客「1人おかしい」軽くw
三田麻央「それは、今は触れんとこう」

林萌々香「私はやっぱり最近今の時期ってやっぱりお祭り時じゃないですか。なんで、お祭りに行って、その後に打ち上げ花火でドーンと一発ね」
三田麻央「なるほど。お祭りに行って・・・」
木下百花「楽しい? 楽しいと思う?」
林萌々香「楽しいと思いますよ」
木下百花「花火?」
林萌々香「はい」
木下百花「ふっ」客w
三田麻央「諦めたような顔してるけど。お祭り、モカちゃんは行きたいと」
林萌々香「行きたい。百花さんは行きたくないんですか?」
木下百花「。。なんか、それさだってさ、2人で行ってなんなん」客、軽くw
三田麻央「そういうさ、少女マンガとかあるやんね、モカちゃんね」
林萌々香「そう、あるある。そういうのがしたいねん」
沖田彩華「(百花に)イジイジしないの」
三田麻央「モカちゃんは花火を見たいと」
林萌々香「はい、そうなんですよ」
三田麻央「素晴らしい。少女マンガの王道ですね」

「はい、次? わー、なんか村上が手振ってんねんけど」客、軽くw
村上文香「三田に振ってないよ。モカちゃんやん。勘違いすんな」
三田麻央「じゃ~、村上なんかあるんか」客、おー
村上文香「なんやったっけ?トークテーマ」
三田麻央「えー? 理想のデートプラン」
村上文香「えっと、文香は熱いのいややから、モカちゃん家に行きたい」
沖田彩華「あれっ? なんか趣旨が」
村上文香「モカちゃん家でデートして」
誰か「誰とデート?」
村上文香「そんなん好きな人やん」
林萌々香「えっ? 私の家に連れ込むの?」
三田麻央「ちょっと待って。村上、趣旨が違うからアウト! はい、ほか何かある人? 考え直してください」

中川紘美「私はドライブデート」
メンバーたち「あー」
中川紘美「車で」
沖田彩華「ひろりんが運転するの?」
中川紘美「いや、両方交代交代で」
三田麻央「おー、いいね」
中川紘美「音楽とかかけながらこうね」
木下百花「電車で行ったらいいやん」客w
メンバーたち「違うやん」
三田麻央「全部否定的にするな」
木下百花「いちいちガソリン入れてさ、行くのめんどうやん」
中川紘美「2人っきりの空間がいいんじゃないですか、運転しながら」
沖田彩華「じゃ~、百花ちょっと想像してみて、好きな人の車に乗って、ブーンって」
木下百花「誰?誰? 好きな人って誰?」
中川紘美「もうー」
三田麻央「じゃ~、みるきーさん」
木下百花 → 急に明るい表情に(客w)
三田麻央「顔色変わった」
沖田彩華「みるきー、みるきー」
木下百花「どっちが運転? うち?」
沖田彩華「百花さんでね」
中川紘美「みるきーさん隣」
木下百花 → 目つぶって運転するマネ
村上文香「(百花の隣へ行き) ももちゃん、みるきーやで」客w
木下百花「今日も一番かわいいと思う、みるきー」
三田麻央「さー、目を開けてご覧」
木下百花「。。。(目開けず)」客w
村上文香「開けたくないんかい」定位置へ
木下百花「なんか空気もう察した。なんかじゃがいも臭いなって思ったから」客、軽くw
村上文香「ちょいちょい」
三田麻央「今日は村上さん喋らないでください。いらんことばっかりするは今日、あかん」
村上文香「はーい」

小柳有沙「有沙はですね、場面で、その場その場で動くのが好きなので、普通にデートして、急に有沙が「はい、海行きたい」って言って、海行くのがいい」
木下百花「なんか1人だけ的確じゃない?」
メンバーたち「あれっ?」
木下百花「あれっ?もしかして。なんかあれっ? ダメですよ、ここは」
沖田彩華「なんやねん」
三田麻央「そういう方向行っちゃう? いないよね」
小柳有沙「最近なんなん自分」客w
木下百花「なんか、かわいくなったし」客、反応

「わかるでしょ? 今日もね、「公演の時パッツンしてもらえますか♪」って」客、軽くw
メンバーたち「フー」
木下百花「でもうちは許さへんぞ」客w
小柳有沙「これでネットに書き込まれたら百花のせいやからな」客、軽くw
三田麻央「でも、そうやって行ったところで、海行きた言って、海でキャッキャするのがいいと」
小柳有沙「はい」
三田麻央「水着とか持って行かんと」
小柳有沙「はい。買ってもらうほうで」
三田麻央「そこで買ってもらうほうで」
小柳有沙「はい」
三田麻央「ちょっと水着で思い出しちゃったんやけどさ、あ~ぽん、あ~ぽんのデートプランってどんなん? 水着であ~ぽん思い出してしまったけど」
中川紘美「聞きたい、大人の意見」
沖田彩華「じゃ~、私は、私さっきモカちゃん言ってたけど、お祭り行きたいんですよ」
三田麻央「おー、いいですね」
沖田彩華「でも、やっぱりそのバレちゃうじゃないですか、お祭りなんか行ったら。やから、サっと買って、カキ氷食べさせて欲しい」
三田麻央「うわー!」
木下百花「あれっ? あ~ぽんも的確やない?なんか」客w
沖田彩華「ぜひ口移しで食べさせてください」
メンバーたち「ひゅー」
木下百花「(ニヤケた表情で) か か カキ氷を?」客、軽くw

「か か カキ氷を?」客w
沖田彩華「カキ氷を」
木下百花「く く 口移しで?」
沖田彩華「口移しで」
木下百花「どっ、どっちから?」客、軽くw
沖田彩華「どっちから?」
三田麻央「じゃ~、右から」客、軽くw
沖田彩華「右からって」
三田麻央「よく私も理解できてない」
中川紘美「相手から」
沖田彩華「そうね、相手から」
村上文香「ももちゃんなんなん?その立ち方」
木下百花 → 軽く膝を曲げて、背中か丸める
沖田彩華「じゃ~、想像して。みるきーに口移しででカキ氷食べさせてもらって」客、ひゅ~

「想像してご覧」
木下百花「向こうからでいい?」
沖田彩華「うん、向こうから。ももちゃんって」
木下百花「(目つぶり自分の世界に入る) そうか。えっ?イチゴ味? うん、そう」客、軽くw
村上文香 → 百花の隣へ行き、チューしようとする
木下百花「えっ? でもなんかこのカキ氷じゃがいもくさない?」客w

「いける? (一瞬目を開け村上を見て、すぐに閉じる)」客、軽くw

「もういらんやつ、いらんやつ、ほんとに。じゃがいも臭いから、ほんまに。わかるねん、すぐ」
村上文香「ちょいちょいちょいちょい。臭くはない。似てるかもしれへんけど臭くはない」
三田麻央「それは認めるのね」
木下百花「今日のハイタッチの時ほんまにおってください」客、軽くw
三田麻央「はーい、ありがとうございます。ということでね、あんまり参考にならないデートプランでしたけれども、今年の夏はみんなでちょっとね、行きましょうよ、お祭りとかプールとか」
メンバーたち「はーい」
三田麻央「それでは次のメンバーです。せ~の」
メンバーたち「どうぞ」

# 「イェー」後半チーム入場 / メンバーチェンジ

後半:森田彩花・村瀬紗英・三浦亜莉沙・石田優美・山岸奈津美・照井穂乃佳・川上礼奈・松村芽久未

山岸奈津美「最近暑くなってきた時々、今回のお題は夏バテ対策です」

森田彩花「私はもうアイスいっぱい食べまくることですね」
川上礼奈「アイスか」
山岸奈津美「どうした?れなぴょん。あなたうどんでしょ?」
川上礼奈「そうなんですよ。あの、やっぱりアイスもすごい美味しいけど、やっぱれなぴょんはうどんを食べて、涼しくなるっていうのが一番いいと思います。イェイ」
山岸奈津美「絶対涼しくならんやろ」
川上礼奈「でも夏はうどんってね、みなさん言いますよね? 全然反応してくれないんだけど」客、軽くw
山岸奈津美「さえぴぃが話かけてるよ」
村瀬紗英「れなぴょんがいたら熱いから」
川上礼奈「えっ?どういうこと?」
村瀬紗英「今からでもいいから香川帰ってもらって」
川上礼奈「えっ? 香川ってどこ?」客、反応
メンバーたち「えー?」
村瀬紗英「あっ、うどんの国」
川上礼奈「そうそうそう」客、軽くw

「いや、でもうどんの国にはまだ帰れないですよ、絶対」
村瀬紗英「なんで?」
川上礼奈「やっぱりだってこの夏めっちゃ熱いじゃないですか。だから、れなぴょんのかわいさを世界中に振りまいて」
山岸奈津美「えっ? なんて?」
川上礼奈「だから、れなぴょんのかわいさを世界中に振りまいて」
山岸奈津美「えっ? なんて?」
川上礼奈「えー、もう、れなぴょん、おこおこおこおこおこ」
山岸奈津美「じゃ~、次はてるみー(スルー)」客w
川上礼奈「ちょっとさ」
照井穂乃佳「あの、氷風呂」
メンバーたち「なんか渋い。おばあちゃんみたい」
照井穂乃佳「水風呂にさらに氷を入れる、お風呂に。まぁ、そこの中にれなぴょんさん入れてカッチカチにしちゃいたい」
メンバーたち「そういうことやな」客、拍手
川上礼奈「えー?」
村瀬紗英「拍手」
川上礼奈「いや、もうみなさんひどいですよ。れなぴょんが喋った時はシーンってなっちゃうのに」客w

「てるみーが喋るとワーって言うんですね。もう、悲しいれなぴょん」
山岸奈津美「れなぴょん、とりあえずうどんの国に帰ろっか」
川上礼奈「そうやな、じゃ~、うどんの王子様とラブラブになってくるわ」
メンバーたち「お願いしま~す」客、拍手
川上礼奈「いやいやいや、みなさんなんなんですか?」
村瀬紗英「全然止めへん」
川上礼奈「ちょっと誰か止めてもらってもいいかな?」
山岸奈津美「もういい?」
川上礼奈「あっ、どうぞ。あー、悲しい」

三浦亜莉沙「亜莉沙はもう部屋から出ない」
山岸奈津美「それが一番いいけど、でも室内におっても熱中症とかなるから」
三浦亜莉沙「。。そうですね」客、軽くw
川上礼奈「でも、ひきこもりになってまおキュンと同類になるけど大丈夫?それは」
三浦亜莉沙「嫌です嫌です」客w
川上礼奈「それは嫌やんなー」
山岸奈津美「じゃ~、外に出て水分も取ってね。それやったら大丈夫」

松村芽久未「私は特に何もないですけどね」
メンバーたち「えー?」
川上礼奈「じゃ~、どうやって熱い時はやってんの? 寝てる?」
松村芽久未「言ってませんよ」
川上礼奈「えー? なんて? 玲奈ちゃん耳がおかしくなったかな」客、軽くw
松村芽久未「なつみんさんもう1回言ってください。なんでしたっけ?お題」
山岸奈津美「夏バテ対策」
川上礼奈「あのさ、めぐみちゃん、私ここ」
山岸奈津美「いいよ、もうちょっと顔隠して大丈夫」
川上礼奈「なんでそんなこと言うの? 悲しいれなぴょん パート3」
メンバーたち「おー」
松村芽久未「あれじゃないんですか? おこおこじゃないんですか?」
川上礼奈「いや、おこおこはやっぱ1日1回ってちょっと決めちゃおうかなと思って」客、軽くw

「そういうこと」
山岸奈津美「れなぴょんブサイク」
川上礼奈「えー? なんでそんなこと言うの? もう、れなぴょん」
松村芽久未「おこおこおこおこ」
川上礼奈「おこおこおこおこ」
山岸奈津美「パート2」
松村芽久未「ちょっと、私とあやてぃんもおこおこしたいです」
森田彩花「だってね、さっきから話聞いてたられなぴょんさんずーっとなんか言ってるじゃないですか」
メンバーたち「キレてるキレてる」
松村芽久未「あやてぃん言ったって」
森田彩花「おこおこおこおこ」客、ひゅ~
川上礼奈「みなさん、なんでですか? かわいいって誰か言ったでしょ?」客、軽くw

「れなぴょんのほうがかわいいよ、もう。。えっ? ちょっとシーンってならないでくださいよ」

石田優美「私はエアコンをつけます」
山岸奈津美「つけ過ぎは良くないけどな。外で遊んで、優美ちゃんも」
石田優美「えー? 日焼けしちゃう」客、軽くw
山岸奈津美「そうやけど、日焼け止めいっぱい塗って」
石田優美「はい」
山岸奈津美「何年生?」
石田優美「今中3です」
山岸奈津美「中3やったらもっと、外に出て」
川上礼奈「優美ちゃんはワンちゃんに似てるから犬と一緒に遊んだほうがいいと思う」
メンバーたち「どういうこと?」「困ってる困ってる」
川上礼奈「いや、だいぶみなさんもお気づきかと思うんですけど、れなぴょんもだいぶ今困ってます」客w

「もうすごくすごく困ってるんで、なるべくれなぴょんが喋ると笑ってもらったほうがスムーズに行きますので」
山岸奈津美「れなぴょん、困った時はどうするの?」
川上礼奈「もうー、れなぴょん、困った困った困った」
山岸奈津美「考えてなかったやろ?」客、軽くw
川上礼奈「いきなり振ってくるからさ、じゃ~、これも今度から使っていこうと思います」
村瀬紗英「いや、今の反応見たらわかるやろ?」
山岸奈津美「れなぴょん、ネタもうちょっと考えてね」
川上礼奈「せやな。でもやっぱり最近は熱いな、ほんとにね、みなさん」客w

「熱中症よくニュースで聞きます」
山岸奈津美「だから夏バテ対策を言ってるんやけど」
川上礼奈「そっかそっか」

村瀬紗英「紗英は水分取る」
山岸奈津美「さっき言ったやん」
村瀬紗英「でも夏バテってなったことありますか? ないですか?」
山岸奈津美「でも今けっこうなってるみたいです」
村瀬紗英「やんな、ならないとわからない」客w
山岸奈津美「たしかに」
川上礼奈「じゃ~、みんなならんようにがんばろう」
村瀬紗英「水いっぱい飲んで」
山岸奈津美「こんな感じで聞いていただいたんですけど参考になりましたか?」
川上礼奈「なりましたー」
山岸奈津美「なってないですよね? こんな感じで聞いていただいたんですけど、みなさんも夏バテには注意してください」客「はーい」

村瀬紗英「私たちはこれからも悩んだり迷ったり失敗もしますが、この劇場でみなさまと出会えて本当にたくさんの勇気をいただいています。そのいただいた勇気を持って、これからも前に進んで行きますので、NMB48の応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

村瀬紗英「次が最後の曲です。聴いてください。タンポポの決心」


◆M13.タンポポの決心


# 緞帳締まる


■アンコール


◆EN01.横須賀カーブ
◆EN02.メドレー
(1) 純情U-19
(2) オーマイガー!
(3) ナギイチ
(4) 北川謙二


村上文香「改めましてアンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

村上文香「横須賀カーブ・メドレーを聴いていただきました。それではここでみなさんにもう1曲聴いていただきたい曲があります。6月19日に発売しました、私たちのの7枚目のシングルです。それでは聴いてください。僕らのユリイカ」


◆EN03.僕らのユリイカ


沖田彩華「ありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」

沖田彩華「楽しい時間はあっという間でして、次の曲が最後の曲となってしまいます」客、え~

「ありがとうございます。私がこうして舞台に立てるのもいつも応援してくださるみなさまのおかげです。そんな感謝の気持ちを込めて、この歌を歌わせてください。聴いてください。アリガトウ」


◆EN04.アリガトウ


# 曲終了後、バックダンサー入場

沖田彩華「本日はNMB48チームM 1st「アイドルの夜明け」公演に足をお運びいただき、本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 沖田彩華 ハイタッチ案内

# 一抹礼 / メンバー手繋ぎ「せ~の、せ~の」バック前進「イェー!」お辞儀「ありがとうございました!」

# 「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:アイドルの夜明け)

メンバー全員捌けた後、木下百花がセンターへ(客、おー)

木下百花「今年の夏はですね、木下さんの水着姿はコラってわかりますか? 顔と体を合成したみたいって言われるんですよ。だから、でもそれを見返すために」客、おー

「今年は・・・ビキニを着たいと思います」客、ひゅ~

くるくる回転しながら下手袖へ
沖田彩華「満足ですか?」
木下百花「満足~」

# 公演終了


NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月16日(火) チームM公演

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND