FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

中西智代梨と谷真理佳 どっちがおもしろいか (2013/05/30、チームH)

HKT48劇場 HKT48 チームH「博多レジェンド」公演 24回目

■出演メンバー
チームH → 穴井千尋・植木南央・多田愛佳・熊沢世莉奈・兒玉遥・下野由貴・田中菜津美・中西智代梨・松岡菜摘・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・若田部遥

研究生 → 今田美奈・渕上舞

■休演
休演1名 (指原莉乃)

指原莉乃 → 渕上舞

16人目のポジション → 今田美奈


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.HKT48
◆M02.君のことが好きやけん ※「君のことが好きだから」博多弁バージョン
◆M03.ボーイフレンドの作り方
穴井千尋「恋はタイミングだと思います」
松岡菜摘「恋は幸せだと思います」
◆M04.初恋バタフライ


■MC (自己紹介)
兒玉遥「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

兒玉遥「私たちHKT48チームH「博多レジェンド」公演が始まりました。まずはじめにHKT48・君のことが好きやけん・ボーイフレンドの作り方・君のことが好きやけん、4曲続けて・・・」客w
メンバーたち「初恋バタフライ」
兒玉遥「初恋バタフライ。ごめんなさい。4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、楽しんどーと!?」客、イェー!&拍手

# メンバーへの質問を劇場入り口とモバイルサイトにて募集中

お題提供:焼きいもプップさん
本日のお題:隣のメンバーの好きなところ

【1列目 下手側から】
穴井千尋「博多のクールビューティー目指すっちゃん。福岡県出身、17歳のちひろんこと穴井千尋です」

「私の隣、本村碧唯ちゃんの好きなところはですね、見たままほんとかわいいから、どこが好きって決められないんですけど、あおいたんと会話をするとたぶんほとんどのメンバーがそうだと思うんですけど、会話の最後、あおいの「んー、わかんない」って結果、たぶん終わると思うんですよ。私もそうなんですけど、でもちょっと「わかんない」聞くと「あれっ? ちょっとおバカなのかな」ってちょっと思うところもあるんですけど、でも、劇場公演とかどこか違う舞台で公演をさせていただくとか、パフォーマンスさせていただくってなった時はすっごいあおいたん、パフォーマンスに関する位置とか、こっからここはでも出てきたほうがいいよねとか、ダンスに関してもすっごい意見も言ってくれるんで、そういうしっかりした部分を見た時はすごい「あー、あおいたん、なんか一緒にがんばってるな」って気がしてすごい嬉しくなるので、これからも一緒にメンバー全員でがんばっていきたいと思っています」

本村碧唯「はい・・・」客、軽くw

「泣きそうになっちゃった」
メンバーたち「泣かないで」
本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、15歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私ははるっぴの好きなところ。はるっぴの好きなところは・・・おでこ!」客w

「なんか、ご利益ありそうじゃないですか。いいことありそうな感じ」
兒玉遥「じゃ~、触っとく?」
本村碧唯「いい? (左手で兒玉のおでこを触る)」客w

「いいことあるかな?」
兒玉遥「いいことあると思うよ」
本村碧唯「みなさんもちょっと拝んどいてください。絶対いいことありますよ」

兒玉遥「今日の気分はハッピーハッピー はるるっぴー!毎日ハッピー 博多の妖精、HKT48チームH、AKB48チームA兼任のはるっぴこと兒玉遙です」

「私は咲良の好きなところなんですけど、この前ね、けっこう前かな、一緒にお買い物とかしに行った時にですね、タピオカを買いに行ったんですよ。それとか店員さん、洋服屋さんとか訊く時に絶対鹿児島弁になるんです。そこがすっごい大好きで。だからちょっとみなさんにも聞いていただきたいなと思って」客、おー&拍手

「私、店員さんするね。いらっしゃいませ~」
宮脇咲良「(鹿児島弁) えっと、チョコレートココアシェークのタピオカ多めをください」
兒玉遥「あー、好き!」
メンバーたち「かわいい」
兒玉遥「これが大好きなんですよ。だから、みなさんぜひ握手会で店員役をやってみてください」客w

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! ありがとうございます。鹿児島県出身、宮脇咲良、15歳です」

「私の南央の好きなところは」
植木南央「うん、なーに?」客w
宮脇咲良「いっぱいあって。ちょっと待ってね」
植木南央「さくたん、南央大好きやもんね」
宮脇咲良「大好き。あっ、えっと、自分の存在感を消してまでもメンバーを引き立たせるとこ」客w
植木南央「それわざとじゃない」
宮脇咲良「えっ? わざとじゃないの? うそー。自然にできてるってもっと尊敬する」客w
植木南央「かなぴー」客w
宮脇咲良「こういうところが好きです」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの15歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうえき」客w
メンバーたち「なんなの?」
植木南央「これを広めていかないといけないんです。広めていきたい。南央の隣、あっ(いない) っていうのはうそぴょんで」
若田部遥「もう何?」
下野由貴「いちいちそういうの挟まなくて大丈夫よ」
植木南央「ちいちゃんなんですけど。ちいちゃんは公演前に1人の時間があるんですよね。いつも端っこで1人でジーっと何かをしてるんですけど、南央はそれを邪魔するのが大好きなんですよ」客、軽くw

「でも、ちいちゃんは南央が話しかけてもすごい優しく相手してくれるのが大好きです。ちいちゃん、パクパク」客w
穴井千尋「南央ちゃん、パクパク」
植木南央「パクパク」
多田愛佳「早く締めろ」客w

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私はわかちゃんの好きなところなんですけど。わかちゃんは毎日白い靴下を履いてるんですよ。そこがすごい大好きなんですけど。ちょっと変わってるとか思わないでくださいね。あの、やっぱり学校があるから、学校は白い靴下らしくて、平日はやっぱ仕方ないじゃないですか、学校行ってるから。だけど、土日とかでもよく白い靴下を履いてるんですよね」
松岡菜摘「しかも真っ白なのよね、これが」
熊沢世莉奈「そう、真っ白。何も模様が入ってないんですよ」
松岡菜摘「超キレイなの。汚れてないんだよね」
若田部遥「しょうがない、指定なんだもん」
熊沢世莉奈「だから私、色が付いてる靴下をわかちゃん持ってないんじゃないかと思って、今度の誕生日プレゼントに色の付いた靴下をプレゼントしようかなと思います。白い靴下を履いてるわかちゃんも、まぁ、大好きです。それではみなさん一緒に言ってください。今日は1日がんばー! (りーぬ!) ありがとうございます。よろしくお願いします」

若田部遥「福岡県出身、14歳、ニックネーム変わりました、わかちゃんこと若田部遥です」

「白靴下の若田部です」客w

「いいですよ、白いの。考えなくていいから。私は舞ちゃんの好きなところなんですけど、舞ちゃんはほんとなんか、誰にでも大好き大好き言うんですよ、すぐに。○○さん大好き、○○さん大好きって言うから」
渕上舞「そんなに言ってないです」
若田部遥「ねぇ、みんな言うよね?」
村重杏奈「私何回も言われたよ」
若田部遥「そう、だから、ほんとは誰が好きなの?って問い詰めたら、いっつもすっごいヘタクソな言い訳をするんですよ。それがほんとなんかかわいくて。かわいいです。だから大好き。あと、言い訳がヘタクソなんですよね。だから、いじめたくなるみたいな」客、軽くw

「いじめてないですよ。舞ちゃん大好きです」

渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 高校2年生の2期研究生、舞ちゃんこと渕上舞です」

「私はですね、なつさんの好きなところなんですけど、全部好きなんですけど、あの、ちょっとツンデレなところが好きで、最近私にけっこうツンツンしてて、よく冷たい眼差しで見てこられるんですけど」
松岡菜摘「ちょっとね、舞ちゃんの夜のテンションがすごくて。1回すごい時があったんですよ。私、ホテルに1人部屋だからんですけど、遊びに来て、すごい2期生を引き連れてやってきたんですけど、その時の舞ちゃんのテンションは今と同一人物の舞ちゃんなのかってぐらいのテンションで」
村重杏奈「下ネタ多くない? 夜になると、まいまい」客w
渕上舞「違う。先輩たちがいっつも言ってるから。。」客w → 拍手
メンバーたち「言ってません」
多田愛佳「言ってるのは私とさっしーだけだから」客w

「そういうことにしといてください、みなさん。1期のメンバー、下ネタなんて言ってませんからね」客w

「信じちゃダメですよ」

松岡菜摘「ホルモンが~ (食べたーい!) ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「愛佳!」
多田愛佳「はい、なんでしょう」
松岡菜摘「愛佳って名前が好き」
多田愛佳「あっ、ありがとうございます。名前だけか」客、軽くw
松岡菜摘「愛ちゃんのやるとこはやる時にやるとこ? すごいかっこいいんですよ。それが、愛ちゃん最近痩せるって言ってて。なんと5キロ痩せると言って、5キロ痩せたんですよ」客「おー」

「すごくないですか?」客、拍手

「ダイエットって難しいのに」
多田愛佳「ありがとうございます」
松岡菜摘「すごいんですよ。かっこいい」
多田愛佳「あと5キロ痩せます」客「おー」
メンバーたち「おー」
松岡菜摘「痩せて無くなんないでくださいね」客、軽くw
多田愛佳「大丈夫」
松岡菜摘「がんばってください」

多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私の好きな人はなつみかん」客、軽くw
田中菜津美「好きな人はなつみかん? なつみかんの好きなところ」
多田愛佳「なつみかんの好きなところはやっぱりちょっとボスっぽいところで。けっこうかなりボスな感じで中1には見えないんですけど、私にはけっこう甘えてきてくれて、まぁ、中1だし、漢字とか。あと私が好きなアイドルの動画とか一緒に見て盛り上がってくれるので、なんかね、妹ができたみたいな感じなんですよ。なので最近あんまり泊まりにきてくれてないので、また泊まりにきてください」
田中菜津美「嫌」
多田愛佳「えっ?」客w

「嫌?」
多田愛佳「じゃ~、もう泊まりにくるなよ」
田中菜津美「愛ちゃん家に行って、ご飯作んないからいっつもコンビニ弁当なんですよ」客w
多田愛佳「だって人に振舞うほどまだ腕が無いから。腕上げてから」
田中菜津美「けっこう、じゃ~、料理できるようになったら行きますね」
多田愛佳「嫌だー、早く来てください」客w

「こんな感じです。今日はよろしくお願いします」

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、りーぬの好きなところなんですけど、一番仲良しなので、いっぱいあるんですけど、まずはすごいなんでも笑ってくれるところがほんと大好きで、バラエティ班とか特に助かってると思うんですけど」客、軽くw
下野由貴「めっちゃ助かってる」
田中菜津美「ほんとに助かってます」
熊沢世莉奈「やったー」
田中菜津美「絶対に、もうお箸が落ちたぐらいで笑ってくれるぐらいの勢いで、すごい毎日笑ってくれるし」
村重杏奈「笑い方素敵だよね」
田中菜津美「そう」
村重杏奈「ガハガハ笑ってくれるから」
田中菜津美「芯から笑ってくれるから、ほんとにおもしろいんだろうなと思うんですけど、でも村重のめんたいこで笑うから、なんかよくわかんないんですけど」客w

「ほんとかどうかはよくわかんないんですけど、でもあと、ダンスがすごい上手なんです、こんなベビーフェイスみたいな顔してるのに、すっごいキレキレのダンスを踊って、いっつも教えてくれるので、そういうところも大好きだし、あと奢ってくれます、東京とか行ったら。アイスとか。ダメ元で「奢ってよ」って言ったらほんとに奢ってくれたんです。しかもちょっとパシったら」客、軽くw

「聞いてくれるんです」
若田部遥「言い方」
田中菜津美「聞いてくれるんですよ、年上なのに」
熊沢世莉奈「頼んだら、でしょ?」
田中菜津美「そう、頼んだら。最初は「ティッシュ取って」とかだったんです。そっから始まって。絶対ほかのメンバー「ダメ」って言うんですけど」
メンバーたち「当たり前じゃん」
田中菜津美「それがどんどん使っちゃう」
メンバーたち「ダメだよ!」
田中菜津美「もうりーぬを使うのはやめたいと思います。頼んでいいから、私に、どんどん」
熊沢世莉奈「でも人に頼まれて、動くことは好きだから」
メンバーたち → 反応
村重杏奈「神様」
田中菜津美「好感度上がったわ」客、軽くw

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から】
森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、15歳のまどかこと森保まどかです」

「私の隣のメンバー、みなぞうの好きなところはですね、バッサリ感が好きです。サバサバしてて、すごいなんかお姉ちゃんみたいなんですけど、この間、私がレギュラーでさせてもらってる「まどかのまどから」でゲストに来てくれて、すごいその時のラジオがね、好評だったので」
今田美奈「そう、村重の回より好評だった」客w
森保まどか「だいぶ扱い辛かった」
村重杏奈「村重もね、けっこう好評だったよね。ずっとカボチャって言い続けるやつ」
森保まどか「いやいや、もうほんとにやっとまともな人が来たって感じで」客、軽くw

「翌週だったんだよね、みなぞうが。ほんとにまた来て欲しいなと思います」

今田美奈「福岡を盛り上げるのは? いまだー! ありがとうございます。16歳のみなぞうこと今田美奈です」

「私の隣は村重なんですけど」
村重杏奈「ハーイ!」
今田美奈「別に、好きなんですけど、そんなにお客さんの前で言うようなあれはないんですけど」
村重杏奈「いっぱいある・・・」
今田美奈「でもなんか、コンビニに一緒に行った時に、すごいおねだりしてくるんですよ、かわいい顔で。だからそういうところがすごい大好きで、たまに甘えてくるところとか、おもしろくないのにギャグやり続けるところとかがすごいなーと尊敬します」

村重杏奈「フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー。ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私は智代梨なんですけど。あの、いいところはガチなやつだと、本気のやつだと村重が凹んでる時とか笑わせてくれようとするから好き。いいやつなんすよ」客w
下野由貴「逆に恥ずかしいよね、そう言われるとね」
村重杏奈「でも村重のぐぐたすのネタ用に写真撮る時とか、村重じゃなくて一番におもしろさを考えてくれるのはちょりだから、すごいいっつも助かってる」
中西智代梨「ほんと? けっこうリクエストするからさ」
村重杏奈「おもしろいじゃん、智代梨って。だからなんかやってよ、ここで今から」客w → 拍手
中西智代梨「ハァ? いいこと言うなと思いよったのに。何この・・・」客「よっしゃ行ってみよー」

「よっしゃ行ってみよーじゃない」客w

「何このムチャブリ感。なんかお題が無いとできない」
村重杏奈「じゃ~、一発ギャグ」
中西智代梨「ハァ?」
村重杏奈「何がいいですか?」
今田美奈「全部おもしろいから一発ギャグでいいんじゃない?」
中西智代梨「何それ?」
下野由貴「早く」客「スティッチ」
中西智代梨「じゃ~、そのリクエストにお応えして、スティッチの声マネしたいと思います」

ボク、スティッチ」客w → 拍手
村重杏奈「楽しかった。ありがとうございます」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、18歳、ちょりこと中西智代梨です」

「ちょっと汗がすごいんですけども。私はですね、しなもんの好きなところなんですけども。一緒にバラエティ班の活動とかね、していて、やっぱりよく知るようになったんですけども、そこでですね、なんと私のしなもんの大好きな部分がわかりまして。あの、手なんですよ。ガチで大好きで。ごめんなさいね、ガチで」客、軽くw

「ピアノを習ってるかのような、爪がキレイなんです。わかります? 手が清楚な人、私どうしても大好きで」
村重杏奈「まどかもキレイだよね」
中西智代梨「まどかも好き」
村重杏奈「私、あなた(森保)の手、大好きなのよ」客、軽くw
中西智代梨「ほんとキレイなんだけど、手も大好きなんだけど、いろいろ最初はなんか、清楚班かなんか知らないけどさ、清楚、あと腹黒キャラ、真面目キャラとかいろいろやってきてね、キャラに迷走してる姿も大好きだよ」客w

下野由貴「意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、15歳のしなもんこと下野由貴です」

「私はまどかの好きなところはですね、私のお父さんがですね」客w

「ありがとうございます。ご存知の方もいると思うんですけど、まどか推しなんですよ。お父さんは関係なくて、私はですね、だいたい悩み事を相談する時はまどかに相談するようにしてて。すごく優しいし、外見ももちろんキレイだし、人に合わせるのもとても上手で、なんか、客観的に見るとキレイ過ぎてちょっと怖いなっていうイメージもあるかもしれないんですけど、そんなことないんで。そんなことないんです」客、軽くw
森保まどか「ありがとうございます」
下野由貴「そんなまどかのことをですね、これからも父親と共に応援していこうと思います」客w

「HKT48チームH「博多レジェンド」公演、以上のメンバーでお送りします・・・(煽り) HKT48 伝説の幕開けです!」

村重杏奈「めんたいこ!」客w

# 3列目メンバー捌ける


◆M05.ガラスの I LOVE YOU (宮脇咲良・植木南央・本村碧唯・兒玉遥)
◆M06.制服レジスタンス (熊沢世莉奈・松岡菜摘・田中菜津美)
◆M07.ハート型ウイルス (穴井千尋・多田愛佳・若田部遥)
◆M08.てもでもの涙 (松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.天国野郎 (村重杏奈(ニッカポッカ)・今田美奈(コックさん)・中西智代梨(メイド)・下野由貴(セーラー服))
(BD:本村碧唯(ランドセル)・田中菜津美(学ラン)・植木南央(ガソリンスタンド)・穴井千尋(ナース)・熊沢世莉奈(画家)・若田部遥(巫女))

下野由貴「みなさん、なんと私、日産スタジアムでソロコンサートが決まりました! イェー! 絶対来てくれますよね? (イェー) ありがとうございます。ドームツアーも決まってるのでがんばりたいと思います。こんな私は?」
みんなで「天国野郎!」


■MC
今田美奈・中西智代梨・村重杏奈・下野由貴

下野由貴「やっぱり私たちのことをまだ知らないという方も多いんじゃないかなと思うので、今日は私たちのこともっと知っていただくために、こんな物をご用意しました」いったん捌け、箱を手にすぐに戻る(客、おー)

「このボックスの中にはですね、事前に自分の恥ずかしい暴露を書いて入れておいてもらいました」
村重杏奈「えー!? ここで?」
中西智代梨「しなもんに集めるって言われた」
下野由貴「これです」
村重杏奈「ここで使うの?」
下野由貴「ここで使います」
村重杏奈「私、テレビかと思った」
下野由貴「テレビではありません。名前は伏せてますので」

「じゃ~、村重さん引いてください」
今田美奈「自分の引いたら嫌じゃない?」
下野由貴「私のも入ってます。4人のやつが入ってます。私読もうか。心配」客、軽くw
村重杏奈「何が心配なんだろう」
下野由貴「これちょっと。まず1つ目。鼻の骨が無い。鼻の骨が無い人?」客w
中西智代梨「w 誰?」
下野由貴「絶対お前やろ」
中西智代梨「しょうもないの引いたね。何個か入れてたんだけど、費やしの為にしょうもないの入れようと。しょうもないの一番最初に」
村重杏奈「一番最初だから逆に良かったよね」
下野由貴「何? ほんとに無いの?」
中西智代梨「あの、これを発見したのが美桜とじゃれ合ってる時で。美桜ちゃんが私の鼻を押したの、何かしらの事故で。そしたら「あっ、智代梨さん骨が無い」って言われたの」客w

「で、あれっ?と思って。骨あるけどなと思ったんだけど」
下野由貴「押してみて、みなぞう」
中西智代梨「そっちじゃない。上に上げるんじゃない」客w

「下に押してよ。たぶん美桜が言ってるのは、鼻の頂点の骨が無いってこと。(村重の鼻を押す)これは骨があるバージョン」
下野由貴「自分の確認してみてください。ありますか?みなさん」
中西智代梨「あると思うんですよ、みんな。私無いから、鼻がすごい潰れるの」
下野由貴「ちょっと潰してみて」
中西智代梨 → 人差し指で鼻の頭を押す(潰れる)客、反応
メンバーたち「あー」
中西智代梨「こんぐらい潰れるの。だからたぶん骨が無いんだろうなと思って、ポンって入れたの。これは言ってないからちょっと暴露かな」

下野由貴「ちょっと村重さ、ポッケ多いから(引いた紙を)入れて」
村重杏奈「あー、いいぞ」客w

「その間に中西さん引いて」
中西智代梨「引くよ。レッスン当初、メイク道具を救急箱に入れて持ち歩いていた。救急箱?」
下野由貴「誰?」
今田美奈「誰?」
中西智代梨「薬とか入れるやつ? しょうもない暴露やな、この人」客w
村重杏奈「知っても知らんでもどうでも良くない?」
今田美奈「誰やねん」
中西智代梨「誰ですか?」
下野由貴「はーい。みんなでそうやったら上げ難いやん、手」
中西智代梨「一応聞いてみましょうか」
下野由貴「みんなかわいいバッグとか持ってたりするじゃん。でも、私だけ救急箱に入れてたって話」
村重杏奈「へー。じゃ~、次行こっか」客w
今田美奈「そうね」
中西智代梨「こうなるよ」
下野由貴「こうなるね、ごめんなさい」

今田美奈「じゃ~、私引きます。トイレする時、ドアを開けてするクセがある。誰ですか?」
下野由貴「わかる気がする。じゃ~、せ~ので」
村重杏奈「はい」客w
下野由貴「手上げちゃったやん」
今田美奈「あなたしかいなですよね」
中西智代梨「この人ほんとにそうよ」
今田美奈「なんで?」
村重杏奈「ドアを開けてしないと怖い」
中西智代梨「この人ほんとにヤバイの。1回ね、東京のホテルに私が1人部屋なんだけど、泊まってたら、杏奈から「ちょっとトイレだけなんだけど貸して」みたいな言われたの。自分のところにあるのに、わざわざ来て。でもいいやと思って「はい、どうぞ」って言って「ありがとう」って言うやん。もう、ドアが、これが閉まってる状態で、これ(全開)」客w
今田美奈「その時のホテルのトイレってなんか、目の前に鏡があるんですよ。自分がトイレしてるところ、鏡でそのまま見るっていう。そういうことだよね」
村重杏奈「違う違う。怖くない?」
下野由貴「怖くないでしょ」
中西智代梨「トイレしてる姿見て、ちょっと不愉快になるからさ」客w
下野由貴「そうだ、私も一緒に行ったことあって」
村重杏奈「村重だって自分の鏡見て嬉しくないよ、そんな」
中西智代梨「なんで開けてるの? ちょっとだけでもいいじゃん」
下野由貴「ほんとだよ」
村重杏奈「なんで? 逆になんで?」
中西智代梨「今「なんで?」って訊いてるのに。なんか直せないんですか?それは」
村重杏奈「直せない。怖い」
下野由貴「怖いんだ。なるほどね」
村重杏奈「トイレが怖くてしょうがない」
中西智代梨「家でも?」
村重杏奈「できるならば1日の中でトイレしたくないの、村重」
中西智代梨「膀胱炎になるから、それ」
下野由貴「アイドルです」

「じゃ~、最後に1枚だけ引きましょうか」
中西智代梨「じゃ~、しなもん」
下野由貴「あっ、これ意味深ですね。生まれた頃から手放せないものがある」
今田美奈「私です、それ」
今田美奈「おっ、良かった良かった」
下野由貴「全員当たった」
今田美奈「あの、生まれた頃からピンクのタオルケットを持ってて、それが16歳になった今でも手放せないんですよ、寝る時に。名前をつけてて。これ初公開なんですけど。ピンクのお布団って言うんですよ」客w
中西智代梨「そのまんま」
下野由貴「恥ずかしい! 呼んでるの?」
今田美奈「ピンクのお布団ってなんか自分では太陽の匂いがすると思ってるんですけど、家族からはよだれの臭いがするって言われてるんですよ」
メンバーたち「やだー」
今田美奈「でも、それがいいの」
中西智代梨「洗わずに?」
今田美奈「そう、洗わずに」
下野由貴「えっ? 洗わないの?ウソでしょ?」
今田美奈「1ヶ月に1回洗うか」
村重杏奈「でも村重いるよ、そういうの。ケビンっていうのがいる。これほんと知名度無いんですけど、咲良のブラウニーくんっているじゃないですか。それの公式ライバルでケビンっていうの使ったんですよ」客、軽くw
下野由貴「絶対知らないと思うよ」
村重杏奈「だから知って欲しいんです」

中西智代梨「今は、過去の自分と向き合ってきましたが、やっぱりこれからはそんな過去の自分はすべて捨てて、今はずっと新しい自分と向き合いながらどんどん成長していきたいと思います。ハイ!HKT48「博多レジェンド」公演まだまだ続きます。続いての曲はとてもプリティーフェイスな曲です。どうぞ!」


◆M10.制服のバンビ (兒玉遥・渕上舞・宮脇咲良)
◆M11.遠距離ポスター (田中菜津美・多田愛佳・若田部遥・穴井千尋・松岡菜摘・本村碧唯・森保まどか)
◆M12.Two years later
◆M13.回遊魚のキャパシティ
◆M14.シャムネコ
◆M15.大声ダイヤモンド


■MC
◆前半:多田愛佳・穴井千尋・松岡菜摘・兒玉遥・中西智代梨・熊沢世莉奈・植木南央・下野由貴

中西智代梨「みなさん、みなさん」
メンバーたち「何?何?」
中西智代梨「今日は、私がMCをさせてもらいます!」客、拍手

「私がMCなので、普通のMCとは違いますよ。よく下を見てください。ステージがあります。ステージを使ったMCをしたいと思います」

「まずですね、ここに1本のラインがあります。このラインを中心にこっち(下手側)がYes、こっち(上手側)がNo、これで分かれてください」

「まず私がクイズを出すのでYesかNoかって思ったところに行ってください」

「まず、レッスン1。もし中西智代梨が」
松岡菜摘「智代梨に関するクイズなんだ」客、軽くw
中西智代梨「そうよ。私に関する問題。もし私が海の真ん中で溺れていたら、Yes No Yes」客w
メンバーたち「どういうこと?」「大事な部分ない」
多田愛佳「ちゃんとしてよ」
中西智代梨「助けるか、助けないか」
兒玉遥「どんな風に溺れとーと?」
中西智代梨「沖が無くて、もう着くところが見えない」
下野由貴 → 既にNoへ移動。しかもセンターからかなり遠くに離れる。(客w)
多田愛佳「じゃ~、移動しましょう」

中西智代梨「あれっ? なんで迷うの?」客、軽くw

「Noよ、こっち。助けないよ」
下野由貴「迷わないよ」客w

◆助ける → 中西智代梨(1人のみ)
◆助けない → 中西以外全員

多田愛佳「はい、助けません、すみません」客w → 拍手

「2問目行きましょう」
中西智代梨「ここ一致団結するかなと思ったら」
松岡菜摘「一致団結したよ」客、軽くw

中西智代梨「2問目行く。レッスン2。私はよく顔がでかいと言われていますが、実際顔はでかくない。Yes No Yes」

◆顔がでかいと思っている → 中西以外全員(客w)
◆本当はでかくないんじゃないか → 中西智代梨(1人のみ)

中西智代梨「なんでこれも。一致団結?」
多田愛佳「絆ありますね、私たち、ほんとに」
松岡菜摘「下野の距離感ね」客w
下野由貴「ほんとにそう思ってる」
中西智代梨「ほんとに?」
松岡菜摘「そんな言った、おいしいと思ってるんでしょ?」
下野由貴「ほんとだよ」
兒玉遥「だってこれ楽屋で打ち合わせしたし」客w → 拍手
中西智代梨「(なんで)言うのよ! 言っちゃダメだって。今いいところだろ」
兒玉遥「ごめんね」
メンバーたち「次はガチでね」

中西智代梨「レッスン3。私は谷真理佳と同級生ですが、1期生2期生の先輩後輩であります。でも谷真理佳、今すごいグイグイきています。実際どっちがおもしろいか。これガチよ。これマジで知りたい」

◆谷真理佳のほうがおもしろい → 下野由貴・植木南央
◆中西智代梨のほうがおもしろい → 多田愛佳・穴井千尋・松岡菜摘・中西智代梨・熊沢世莉奈
◆真ん中 → 兒玉遥

中西智代梨「はるっぴは?」
兒玉遥「どっちか決められないよ」客、軽くw

「どっちもおもしろいもん」
下野由貴「これ決める企画です」
兒玉遥「どっちもいい感じ」

松岡菜摘「言い訳聞いて。谷はやっぱ勢いがあるんですよね。それがすごいグイグイグイグイ行くのが。大人にもグイグイ行きますし、現場とかで。それがやっぱすごいなって思うんだけど、智代梨はやっぱ顔がおもしろいから」客w
多田愛佳「何してもおもしろい」
中西智代梨「顔だけ? あっ、そう。お話的な、トーク力とか」
松岡菜摘「顔がおもしろいから言ってることもおもしろくなるんですよね」
中西智代梨「そうなの? 顔が関係してるの?」
松岡菜摘「谷はかわいいんで」
中西智代梨「谷はかわいい?」
松岡菜摘「そう、普通にしてればね。プリティーフェイスだから」
兒玉遥「智代梨もかわいいよ」
中西智代梨「でもちょっと待って。なんでそっちいるの?」
下野由貴「南央はどう?」
植木南央「南央はなんかね、部類が違うくて、2人とも。ちょりは顔がおもしろくて」
中西智代梨「やっぱ顔なのね」
植木南央「それほんとにおもしろい」
中西智代梨「嬉しい、ありがとう」
下野由貴「私はやっぱ1期生として、智代梨にがんばって欲しいなと思うけど、まぁそこは公平に見て、谷がおもしろいなって思いました」
中西智代梨「よく見たらここの2人なんか似てる空気持ってるんですね」客w
下野由貴&植木南央「ちょっと!ちょっと!」
中西智代梨「影が薄いかわかんないけど」
植木南央「おい! ダメそれは」
下野由貴「最近、南央が影薄いみたいになってちょっと焦ってる」客、軽くw

「またちょっと取られるんじゃないかって」
中西智代梨「どんどんキャラ迷走中になって行って」
松岡菜摘「結果これ何だったの?」
中西智代梨「結果これはですね、私がおいしくなる、尺時間ということですよ」
メンバーたち → 反応
松岡菜摘「楽しかったですよ」
中西智代梨「でもいろいろ私のこととかをみんながどう思ってるのか知れたので、とても楽しかったです」
兒玉遥「続いては後半組です」

# 「イェー」後半組入場 / メンバーチェンジ

◆後半:宮脇咲良・今田美奈・若田部遥・田中菜津美・森保まどか・渕上舞・本村碧唯・村重杏奈

田中菜津美「どうしようと思った瞬間について」

「じゃ~、得意そうなあおい」客w
若田部遥「わかる。得意そう」
田中菜津美「ほぼ毎日だからね」
本村碧唯「じゃ~、さっき。さっきのMCで泣きそうに時、どうしようと思った」
田中菜津美「そうだね、あおいたんはね、もう泣かないって約束したからね」
本村碧唯「泣かないって言ってたのに泣きそうだったし、なんかここら辺、悪魔と天使がこうワーって言い合ってるように感じた」
田中菜津美「泣いていいんだよ、ダメだよって?」
本村碧唯「そうそう」
田中菜津美「結局どうなったの? 泣いた?」
本村碧唯「泣かなかった」
田中菜津美「偉い」
本村碧唯「ダメっていう天使さんが勝った」
メンバーたち「かわいい」
本村碧唯「だから、泣かなかったよ」
村重杏奈「なんでこんなこと言ってもかわいいって言えるんだろうね。なつみかんが言ったらどうなる?」
田中菜津美「おい! どうなるんだろうね。普段泣かないからね、私が」
村重杏奈「ハハw」
田中菜津美「なんで笑うの?」客w

「何今の?」
若田部遥「なぜ笑う」
村重杏奈「違う違う。たまにさ、この間とかさ、メイクさんとケンカやってたじゃん、昔。勝てないことが悔しかったんだよね」
田中菜津美「そう、なんか泣いちゃうんですよ。よくスタッフさんとケンカするんですけど」客w

「なんか悔しくて泣いちゃうんです。なんで負けちゃうんだろうと思って。結局はね、大人の力というやつで負けちゃうんですよ」客w

「じゃ~、杏奈どうぞ」
村重杏奈「ギャグがすべって、フォローされてもすべった時どうしようと思う」客w
田中菜津美「フォローしようの無い時あるよね」
若田部遥「私たちのほうがどうしようと思うもん」
田中菜津美「特に東京ですべった時は私たちすごい焦る」
村重杏奈「どうしたらいいの?村重もう。私、最近わかんなくなっちゃった、自分が」客、軽くw
若田部遥「キャラ変えな。かわいいんだから」
本村碧唯「好きなほうに行けばいいよ」
村重杏奈「あのね、ギャグのほうに進みたいの。でもね、ダメって言われてるような気がする、誰かに」
本村碧唯「悪魔さん」
村重杏奈「そう、悪魔さんに」
田中菜津美「でも村重それ以外何があるの?」客、軽くw
村重杏奈「まだかわいいが残ってるじゃん」
メンバーたち「トリンドルシゲ」
田中菜津美「でもいっぱいいるよ、さくらたんとか、ほら。レベル高いし」客w
村重杏奈「そうなのよ。さくらたんと比べものになんないじゃん、村重って」
宮脇咲良「そういうことないです」
村重杏奈「そういうことあるんだよ」
宮脇咲良「ほんとに・・・(首を横に振る)」
メンバーたち「かわいい」
田中菜津美「かわいいんだよ、みんな」
今田美奈「村重はかわいいよ」
田中菜津美「みんなかわいい。みんなね」
村重杏奈「でもその中でも断トツじゃないじゃん」
今田美奈「一番になりたいの?」
村重杏奈「どうしたらいいんですか?私。もうね、おもしろくもないし、かわいくもないし、何がある?村重。あおちゃん、何がある?」
森保まどか「楽屋で決めよう」客w
若田部遥「そうだよ、ほんと。この大事なMCの時間をどうしようで使うのやめてくんない? 喋りたいこといっぱいあるんだから」
村重杏奈「すまん」

宮脇咲良「さっき「ガラスの I LOVE YOU」のスタンバイをしてた時に、壁にですね、こう寄っかかってたんですよ。そしたら、こっから声が聞こえたんです」
メンバーたち「えー?」
田中菜津美「誰もいないのに?」
森保まどか「何て言ってたの?」
宮脇咲良「ぼーって」客w
メンバーたち「声じゃないじゃん」
今田美奈「空調じゃないの?」
宮脇咲良「そうなのか」
今田美奈「村重こういうこと言ったらいいと思うよ」
村重杏奈「ぼー」客w → 拍手
若田部遥「ダメだ」
メンバーたち「ちょっと違う」

若田部遥「私はどうしようと思うことなんですけど。なんですかね、オフの日にどうしようと思うんですよ。最近デビューイベントとかが落ち着いてきて、オフがもらえる日が多くなったんですけど、私なんかちっちゃい頃からずっと毎日毎日ダンス通ってたり、スイミング行ってたり、なんか習い事いっぱいやってたり、HKT48に入ってからもいろいろやってたから、最近なんかグっと休みが増えたから、何していいかよくわかんなくて。だからなんか、料理とか使ってるんですよ」
田中菜津美「でも基本私の朝は12時から始まるから、オフの日は」
今田美奈「何する?休みの日」
村重杏奈「私、お買い物行く」
本村碧唯「お買い物しかしない」
今田美奈「でも最近休みの日ザリガニ釣りに行ったんですよ」
メンバーたち「えー!?」「アウトドア」
今田美奈「小学校6年生ぶりに糸にですね、サキイカ付けて」
メンバーたち「すごい」「めっちゃ楽しそう」
今田美奈「ジュピと2人でそこら辺の池に行ったんですよ」
田中菜津美「いるんだ」
今田美奈「そう、いたの」
若田部遥「ちょっとみなぞうと気が合いそう、私」
村重杏奈「村重も昔、山口にいる時によく川で魚釣りとか山登ったりしてたよ。山にね、秘密基地あるんだ、村重」
若田部遥「見てこの空気」客w
今田美奈「どうでもいいわ」
田中菜津美「今みなぞうの話だったのにね」
今田美奈「やっと盛り上がったって思ったのに」
田中菜津美「2人ともすごい楽しそう。そういうのに憧れる」
今田美奈「行きましょう、今度、みんなで」
田中菜津美「わかちゃんもさ、そういうさ、アウトドアみたいなのしたらいいじゃん。魚釣ったりさ」
今田美奈「似合いそうだよね」
若田部遥「日焼けするから」
田中菜津美「そうだね、アイドルだからね、やっぱ日焼けとか」
若田部遥「日焼けしちゃうからさ。日焼けしたらさ、なつみかんにさ、ちょっといろいろ言われるから」
村重杏奈「じゃ~、今度一緒に買い物行く?村重と」
若田部遥「あー、行こうよ、じゃ~。みんなで行こうよ」
村重杏奈「ごめん、この流れっていいえって言われる流れだよね」客w
田中菜津美「今いいところで締めれる感じだったのにさ」
若田部遥「なんで入ってきたの?」
村重杏奈「えっ? 村重のせい?」
田中菜津美「もっとMC勉強してこい、早く」客w → 拍手
村重杏奈「違う違う。今のはわかちゃんじゃない? 村重が買い物行こうって、いいえで終わる予定・・・」
田中菜津美「わかったわかった」
若田部遥「予定も何も打ち合わせしてなかったじゃん」

田中菜津美「どうしようと思った瞬間について話したんですが、これからもいろんな経験を積んで、どんどん成長していきたいと思います」

若田部遥「それでは次が最後の曲になります。私たちHKT48 1期生はですね、HKT48としてレッスンを始めてからもうすぐ2年が経とうとしてるんですけども、やっぱりまだ2年、もう2年とたくさんの考え方がありますが、何年経ってもいつまでも成長し続けられるようなグループになっていきたいと思います。それでは最後の曲聴いてください。未来の扉」


◆M16.未来の扉


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


◆M17.会いたかった ※ショートバージョン(サビのみ)


村重杏奈「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

村重杏奈「みなさん、盛り上がる準備できてますか?」客「イェー!」

「できてますか?」客「イェー!」

「めんたいこ」客「めんたいこ」

「ありがとうございます」客w

「次はHKT48のオリジナル曲2曲続けて聴いてください」

兒玉遥「それではこの曲からです。聴いてください。お願いヴァレンティヌ」


◆M18.お願いヴァレンティヌ
◆M19.スキ!スキ!スキップ!


宮脇咲良「お願いヴァレンティヌ・スキ!スキ!スキップ! 2曲続けて聴いていただきました」

穴井千尋「それでは、次に聴いていただく曲は私たちAKB48グループが私たちにできること、子供たちを笑顔にすること、そしてこれからも被災地への支援活動を続けて行きますという想いが込められています。この曲をたくさんの方に歌っていただくことで、気持ちが繋がり、世界が1つになるという願いも込められています。知っている方はぜひ一緒に歌ってみてください」


◆M20.掌が語ること


穴井千尋「掌が語ることを聴いていただきました」

本村碧唯「それでは次が本当に最後の曲になります。今日はみなさんと一緒に盛り上がることができて、本当に嬉しかったです。私たちはこれからもメンバーみんなで協力して、みなさんがいることを忘れずに、もっともっと成長していきたいと思います。それではみなさん最後まで盛り上がっていただけますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。聴いてください。白いシャツ」


◆M21.白いシャツ


兒玉遥「本日はご来場いただきまして、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 松岡菜摘 選抜総選挙投票解説VTR上映案内

# 兒玉遥 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 兒玉遥の「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:スキ!スキ!スキップ!)

# 公演終了


■AKB48 32ndシングル選抜総選挙投票解説VTR

■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
5月30日(木) チームH「博多レジェンド」公演

公演後の感想 → 宮脇咲良&村重杏奈

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND