FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

内田姉さんのセクシー講座 レンタルビデオ屋編 (2013/07/4、チームK)

AKB48劇場 チームK ウェイティング公演 44回目

■出演メンバー
大島チームK → 秋元才加内田眞由美北原里英倉持明日香小林香菜佐藤亜美菜島田晴香鈴木紫帆里近野莉菜中田ちさと・永尾まりや・藤田奈那・古畑奈和・前田亜美・宮崎美穂・武藤十夢

■ポジション(全体曲)
板野友美 → 永尾まりや → 近野莉菜
大島優子 → 武藤十夢 → 小林香菜

阿部マリア → 鈴木紫帆里 → 佐藤亜美菜

(旧)松原夏海 → 内田眞由美
(旧)仲谷明香 → 宮崎美穂
(旧)増田有華 → 古畑奈和


■開演
◆M00.overture
◆M01.青春ガールズ
◆M02.脳内パラダイス
◆M03.最終ベルが鳴る
◆M04.スクラップ&ビルド


■MC (自己紹介)
武藤十夢「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームKです」客、拍手

# 武藤十夢 序盤4曲紹介

お題提供:さん
本日のお題:ムシャクシャした時のストレス解消法を教えてください

【1列目 上手側から】
内田眞由美「みなさんこんばんは! 内田さんこと内田眞由美です。よろしくお願いします」

「私のストレス解消法は好きなアーティストさんの音楽を大音量で聴き、それに負けないぐらいの大音量で自分で歌うっていうのがすごく気持ちいいんですけど、さっきそれを楽屋でやっていたら「うるせー」と言われちゃったので、気をつけようかなと思ったんですけど、やっぱりそれが私にとってはストレス解消法なので、温かく見守ってください」

永尾まりや「み~んなに幸せを届けたい、ウインクキラー、永尾まりやです。よろしくお願いします」

「ムシャクシャしてることはやっぱりビタミンCが足りてないんじゃないでしょうかと思って、食べ物はやっぱりビタミンCとかサプリメントとか」
小林香菜「イライラする時はカルシウムじゃない?」客、軽くw
永尾まりや「カルシウムですか?」
内田眞由美「香菜ちゃんよく知ってる」
永尾まりや「ありがとうございます。カルシウムを摂ればいいらしいということで、ご飯をたくさん食べればいいかな。でも食べ過ぎはやっぱり見た目とか、そうですね、食べ過ぎず、カルシウムを摂ることが大切なんじゃないかなと思います」

武藤十夢「チームKの武藤十夢です。よろしくお願いします」

「私のストレス解消法は友達と一緒に遊ぶことです。私、寝ることが好きって言ってるんですけど、ストレス解消法となるとやっぱり外に出て、アクティブに動き回って、買い物とか遊園地行ったりとかっていうのがいいのかなと思います」

倉持明日香「みなさんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「ムシャクシャした時が無いのでわからないので、ほかの15人のメンバーの意見を参考にしてください。今日もみなさん最後まで盛り上がっていきましょう」

秋元才加「強く気高く美しく、24歳の秋元才加です。よろしくお願いします」

「ほんとに明日香が言った通り、明日香がムシャクシャしてるところを見たことが無いんですよ。ほんとに仏のような心を持っていて、ほんとに優しいの。まぁ、私は正反対でけっこうムシャクシャすることいっぱいあるけど」客w

「私は千葉県の市川にあります大慶園って知ってる方はいらっしゃると思うんですけれども、の、ゴーカートがあるんですよ。それに弟と弟の友達連れて、女だからなめんなよって、本気でやれよって言って」客、軽くw

「そこで戦うと、すごいストレス解消になります。免許持ってないからゴーカートしかできないんですけれども。免許持っててもダメか。みなさん交通安全ちゃんと」客、軽くw

「ぜひね、スピード守って運転してください。ということで、今日はみなさんのムシャクシャした気持ちだったり、明日の活力になるような公演目指してがんばっていけたらいいなと思います」

# 1列目メンバーたち捌ける


【2列目 上手側から】
中田ちさと「ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、ちぃちゃんこと中田ちさとです。よろしくお願いします」

「私は若いかわい子ちゃんたちがその辺ではしゃいでるだけで元気が出たり、癒されたりするので。最近ほんとにお母さんみたいな気持ちになってる自分にビックリしてるんですけど、もうほんとにそれだけでいいんで、研究生とかね、そういう子たち」
前田亜美「ちょっと危ない」
中田ちさと「危なくない。本気なの、これ」客、軽くw

「それだけで元気出るんです。だから、これからね、リハーサルとかでもしね、研究生とか会う時があったら、ちょっと集めてね、私を元気にさせてって言って遊んでもらいたいと思います」

佐藤亜美菜「愛されたい愛したい、でもやっぱり愛されたい、AKB48チームKの佐藤亜美菜です」

「私はですね、最近ムシャクシャしたことがあったんですよ、お母さんとちょっと口ゲンカしちゃって。ハァンと思って自分の部屋に戻って、ベットに背中からポンって乗っかったら、棚の上からぬいぐるみが亜美菜の顔にガンって落ちてきて、すっごいいろいろして。いつもそのぬいぐるみと一緒に写真とか撮って、モバメとかぐぐたすとかに上げてるのに、そいつすっごいムカついてきて、で、お前私の気持ちわかってんのか?とか思って、でも全然喋んないし、顔も変わんないじゃん。で、もう!と思って、バンって投げちゃったんですよ。そしたら、なんか、すごい寂しそうな顔をしてて、どんどんごめんねって気持ちになってきて、もう二度と物にはあたらないと心に誓いました。みなさんも物にあたらず今日いっぱい声出して発散して行ってください」

前田亜美「高校3年生の18歳、あーみんこと前田亜美です。よろしくお願いします」

「私はそうですね、やっぱ寝ることが好きで。特技もどこでも寝れることなんですよ。立ち寝もできるし、アイス食べながらも寝れるし、お風呂の中でも寝れるし、どこでも寝れるので、寝るとやっぱりスッキリするのと、あとはやっぱ街に出かけていろんな人に話かけます。あーって。そうするとけっこう「おー、友達かな」みたいな反応をしてくるので、喋れるんですよ。ありがとうって言ってそのまま通り過ぎるんですけど。大丈夫です」客、軽くw

「人とのコミュニケーションを大切に毎日過ごしたいなって思います」

近野莉菜「ミラクルミラクル? (きっとくる) ありがとうございます。大島チームKの二十歳になりました、近野莉菜です。よろしくお願いします」

「やっぱりムシャクシャした時は趣味に没頭するのがいいって言うじゃないですか。なので私の趣味はお料理教室に今通ってて、料理をすることなので、パンを作るんですね。その時にンッ!ンッ!って、テーブルに打ち付ける? あの感じがたまらなく好きです」

北原里英「愛知県から来ました、北原里英、22歳です。よろしくお願いします」

「私もあんまりストレスが溜まらなくて、たいてい一晩寝るか、たくさん友達と喋れば全然気にならないので、あんまりストレスは溜まらないんですけれども、今日はみなさん日ごろのストレス発散のためにもたくさん声出してたくさん公演楽しんで行ってください。今日はピースの又吉さんを意識した髪型をしています」客w

小林香菜「負けっ放しの負けず嫌い、小林香菜です。よろしくお願いします」

「私は基本、外に行くと出るお金も多いので、家で1人で閉じこもるんですけど、そんな時にパンサーの尾形さんって知ってますか? ロンハーによく出てて、汗めっちゃかいて、いろんなドッキリに嵌められてる人なんですよ。なんかその人を見ると、こんなにがんばってる人もいるんだから自分もがんばらなきゃなーみたいな。別に私がドッキリされた気分じゃないんだけど、友達でもなんでもないんですけど、一緒にがんばろうっていう気持ちになれるので、パンサーの尾形さんは1人じゃないんだよといつも心で思っています。今日もみなさん1人じゃありません。よろしくお願いします」

# 2列目メンバーたち捌ける


【3列目 上手側から】
古畑奈和「私と素敵な笑顔の交換をしませんか? (する!) ありがとうございます。チームKの古畑奈和です」

「私のストレス解消法はカスタードを食べることなんですけど。生クリームの入ってないカスタードを食べることが好きで、特にたい焼きのカスタードが好きなんですよ。だから、今日の公演はそれが、んー、25個ぐらい食べれるように動いていきたいと思います」

鈴木紫帆里「シアターを支える3本目の柱になりたい、チームKのしほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私はムシャクシャした場所が外だったら、その場所で思い切り全速力ダッシュをして、疲れるまで、知らないところに行ってもいいからとりあえず直接だったら思い切り走ります。で、もしムシャクシャした場所が家の中だったら、ムシャクシャした時ように引越しとかのダンボールとかによく入っているプチプチあるじゃないですか。あれを取ってあるんですけど、それをプチプチ押すのはちょっと私あれなんですよ、苦手なんで、雑巾しぼりみたいに、ボキボキボキボキ!ってなるぐらい、絶対これたぶん、みなさんやったことあると思うんですけど、ほんとにそれでストレス解消になるので、ぜひみなさんやってみてください」

島田晴香「チームKの島田晴香です。よろしくお願いします」

「私はもう海が大好きなんです。見ればわかるように真っ赤に焼けております、今。撮影で昨日まで沖縄に行っててですね、ちゃんとアイドルとして日焼け止めも塗ってましたよ。塗ってましたけれども、陽射しが強すぎてこの通り真っ赤に焼けております。わかります? 見た目からわかりますよね。すげー痛いんですよ。踊るたんびに擦れるから、今すごいこう、わかります?この気持ち」
鈴木紫帆里「今ムシャクシャしてる?」
島田晴香「ムシャクシャしてる」客、軽くw
鈴木紫帆里「どうぞどうぞ、なんか」
島田晴香「海行きたい。私のストレス発散法はほんとに海で、海で泳ぐか、ほんとにもう潜って、いろんな物取ったりとか、素潜りみたいなことしたりとか、あとは海に向かって叫んだりとか、ほんとに海に行けばストレス発散法になるので、ぜひみなさん。海と言ったら東京の海だとけっこうビルとかがあって見え難いのでぜひ沖縄とか伊豆とかお勧めなので、行ってみてください」

藤田奈那「実はですね、今日から毎回公演で、亜美菜さんが考えてくれたキャッチフレーズをやろうっていうことになったんですよ。何個かやってって、一番反応が良さそうなやつを採用するので、ちょっと聞いてください。1コ目。今日1コしかないですよ。今日のやついきます」

「グーチョキパーでグーチョキパーで何作ろう?何作ろう? 右手がパーで左手がチョキで、なぁな、なぁな」最後声小さく
鈴木紫帆里「これちょっとやめようか」
島田晴香「尺が長い」
藤田奈那「まだ終わってないよ、しかも。まだ続きがあるの。最後までやらせて、途中から。なぁな、なぁな。この調子でじゃんけんも勝つぞ♪ 16歳、高校2年生のなぁなこと藤田奈那です。よろしくお願いします」

「もう大丈夫です。ちょっとダメだったみたいですね、今日のは」客、軽くw

「私のストレス発散法はお煎餅とかちょっと硬めのスナック菓子とか食べる時に、ちょっと噛むと音が鳴るじゃないですか。あれをいかに大きい音を出して食べられるかっていうのを。そのスナック菓子をいかに大きい音出して、人にその音を聞かせるかっていうのに自分のストレスを勝手に発散しています」

宮崎美穂「ド・レミ・ド・ミ・ド みゃお~! ありがとうございます。19歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「一番最後で、みんな15人の発言を聞いてたんですけど、やっぱり現代っ子だと思うんですよ、みんなの発言が。海で叫ぶとか。やっぱり現代っ子だなと思って。私、昭和大好きなんで。初めて言いましたけど。昭和大好きなんですけど、やっぱりちゃぶ台をこうひっくり返す」客、軽くw

「やっぱりこう、古き良き時代、お父さんが大黒柱として、子供がテスト0点取ったらひっくり返されるみたいな、そういう古き良き時代を大切にして行きたいなと私は勝手に思ってますんで」
島田晴香「家にあるんですか?ちゃぶ台」
宮崎美穂「ありますよ。やったことあるんですよ、1回」
島田晴香「じゃ~、やってもらっていいですか? エアーで」客、軽くw
宮崎美穂「それは意味わからないけど、やったことあるんですよ。やっぱり家族の中で一番身分が低いんで、誰にも何も言われないで片付けも全部1人でやって。でもね、すごいスッキリしたんでやっぱりちゃぶ台をひっくり返すっていうのね、すごい大事なことだと思います」

島田晴香「チームK公演、以上のメンバーでお送りします。続いてはメンバーの新たな一面が見れるユニットの登場です。どうぞ」客、拍手

# 3列目メンバーたち捌ける


◆M05.誘惑のガーター (内田眞由美・秋元才加・倉持明日香)
◆M06.星の温度 (永尾まりや)
◆M07.キャンディー (中田ちさと・前田亜美・佐藤亜美菜)
◆M08.初めてのジェリービーンズ (武藤十夢・北原里英・小林香菜)
◆M09.ヒグラシノコイ (古畑奈和・近野莉菜)
◆M10.エンドロール (宮崎美穂・島田晴香・藤田奈那・鈴木紫帆里)


■MC
秋元才加・倉持明日香・前田亜美・佐藤亜美菜・中田ちさと・内田眞由美

倉持明日香「今夜もみなさん、今日はですね、この企画のためにこの公演を見にくださったと聞いております。いっちゃいましょう。今夜もこの企画やっちゃいます。内田姉さんのセクシー講座」客、拍手
中田ちさと「やったー。嬉しい」
倉持明日香「みんな元気? 今日はちょっと元気無いみたいね。これからね、これから」
中田ちさと「内田さんのちょっと、パワーで元気にさせてください」
内田眞由美「みんな、元気?」客、反応

「最高」
佐藤亜美菜「これは別にセクシーではない」客、軽くw
秋元才加「まだただの呼びかけだから」
倉持明日香「今夜はどんな講座を私たちに」
内田眞由美「そうね、やっぱりなんて言うの? 日常にね、やっぱセクシー取り入れなきゃならないじゃない? 前も言ったけど」
佐藤亜美菜「なかなか難しいですよね?」
内田眞由美「今日はとっておきの教えてあげる」客「おっ」

「レンタルビデオ屋に行って、一番上の高いとこのビデオ取ってもらったけど、やっぱ返したいなっていう時の返し方」
メンバーたち「あー」
倉持明日香「この返し方はね、やっぱセクシーじゃないとね」
内田眞由美「これちょっと、一見子供っぽいというかね、ちょっとね、だらしない感じに見えちゃうけど、これをやっぱセクシーにやるのが私たち」客、軽くw
メンバーたち「私たち」
内田眞由美「と思うから、まずはでもみんなのね、実力を見たいと思う」
佐藤亜美菜「私たちがやるんだ」
内田眞由美「みんなの見てみたいなって。みんなもセクシーだから十分セクシーだと思うけど」
佐藤亜美菜「すげーバカにされてる」客、軽くw
倉持明日香「でも今までね、何回も内田先生の講座受けてきてますから」
内田眞由美「そろそろね、成長したかなって思うから」
前田亜美「私以外みんなお姉さんですね、今思ったけど」
佐藤亜美菜「亜美ちゃんだって「誘惑のガーター」やる時もあるんだから」
中田ちさと「もう逃げられませんよ、亜美ちゃんも」
倉持明日香「どうしますか? やりますか?私たち。私たちやってから先生にしましょう」
内田眞由美「そうね、最後に」
佐藤亜美菜「じゃ~、亜美ちゃんから」客、拍手
前田亜美「セクシーでしょ? 戻す時でしょ?」
佐藤亜美菜「じゃ~、店員さんが取ってくれて、店員さんどっか行っちゃって、どうやって戻そうっていうところね」

「はい、これ。はい、ありがとうございます」立ち去る
前田亜美「あっ、すみません。あっ」右膝上げ、膝の下を通して棚に戻す(客、拍手)
内田眞由美「ナイス」
佐藤亜美菜「学んでる」
前田亜美「助走をつけながらのヒュッ」
秋元才加「キレイだった。ショートパンツが功を奏したね」
前田亜美「どうですか? いい感じですか?」
内田眞由美「ナイスセクシー」
倉持明日香「ナイスセクシーいただきました」
内田眞由美「ただ、まだ全然上げられる」

佐藤亜美菜「ちぃちゃんやってみなよ」
中田ちさと「いつも私、背低いからやっぱ困ることよくあるから」
佐藤亜美菜「そうだよね」
内田眞由美「それはね、活用しましょう」

佐藤亜美菜「はい、どうぞ」
中田ちさと「ありがとうございます」
佐藤亜美菜「ありがとうございます」立ち去る
中田ちさと「あっ、すみません」
倉持明日香「声ちっちゃ」客w
秋元才加「いるいる、こういう子いる」
中田ちさと「サッ」投げて戻す(客、軽くw)
内田眞由美「サッて何? 交換音入ったんだけど」
倉持明日香「そんなプロいる? これで入るプロいる?」
中田ちさと「イチかバチか、やっぱ背低いから」
内田眞由美「ノーセクシー。1つもセクシー感じなかった」
秋元才加「ただ命中率いいだけだった」

佐藤亜美菜「じゃ~、才加ちゃんなら、100点満点出せるかもしれない」
内田眞由美「私も才加ちゃんはね、イケルと思うわ」
秋元才加「一応一番年上なんですよ、この中で」

佐藤亜美菜「どうぞ」
秋元才加「あっ、ありがとうございます」
佐藤亜美菜「ありがとうございます」立ち去る
秋元才加「(ビデオを見て)私の奴隷になりなさい」客w
メンバーたち → w
倉持明日香「壇蜜さん」
秋元才加「でも借りれないな。本名だしな、カード」客、軽くw

→ 腰を前後に揺らし、なめらかな感じで戻す(客、拍手&ひゅ~)
内田眞由美「さすがだわ、秋元さん」
倉持明日香「どうですか? 24歳のセクシーさは」
内田眞由美「体感を使うっていう」
秋元才加「今日ちょっと歩いてる時にグキって言ったんで、ちょっと腰痛気味なんですけども」
中田ちさと「ちょっとがんばってる」
内田眞由美「才加ちゃんにしかできない。ナイスセクシー」
秋元才加「ありがとうございます」
前田亜美「DVDの名前もちょっとビックリしましたけどね」客、軽くw
倉持明日香「亜美ちゃんには刺激的かもしれない」
秋元才加「でもあれめっちゃおもしろいよ。ダメだ、18禁とかだった」
前田亜美「大丈夫ですよ」
秋元才加「そっかそっか」

倉持明日香「これ内田姉さん、いっちゃいますか? 本物のセクシーを見せてください。じゃ~、亜美菜ちゃん店員役お願いします」
内田眞由美「じゃ~、みんな、リズムに乗って手拍子お願い」客w
秋元才加「どういうこと?」
佐藤亜美菜「何やんの?」

客 → 手拍手
内田眞由美 → リズムよく踊りながら、最後、後ろ向きで立ち、後ろ向きのままDVDをかろやかに戻す(客、拍手)
メンバーたち → w
秋元才加「えっ?」
メンバーたち「何?」
内田眞由美「見て、このオーディエンスたちよ」
佐藤亜美菜「せっかく明日香ちゃんが「亜美菜ちゃん、じゃ~店員さん役やってよ」ぶった切ったよね」客、軽くw
倉持明日香「店員さんの意味を」
中田ちさと「なるほど」
倉持明日香「みなさん、ナイスセクシーでしたよね?」客、拍手
内田眞由美「ありがとうございます」
倉持明日香「さすがですよ。ありがとうございます。姉さんの貫禄をありがとうございます」
内田眞由美「みんな、勉強になりましたか?」客、拍手
中田ちさと「ありがとうございました」
倉持明日香「ということで、以上、内田姉さんのセクシー講座でした。みなさん、後半戦もまだまだ盛り上がっていきましょう」客「イェー!」

# 他のメンバーたち入場

倉持明日香「ここからは大島チームKそして48グループを楽しんでいってください」


◆M10.ただいま 恋愛中
◆M11.ALIVE
◆M12.オネストマン
◆M13.走れ!ペンギン
◆M14.姉妹グループメドレー
(1) 孤独なランナー ※ソロダンス:武藤十夢
(2) 強き者よ
(3) 絶滅黒髪少女
◆M15.転がる石になれ


■MC
前半:藤田奈那・古畑奈和・内田眞由美・近野莉菜・北原里英・前田亜美・倉持明日香

客(子供)「里英ちゃん」
北原里英「何?」
内田眞由美「里英ちゃんって声が聴こえたぞ」
北原里英「すごいかわいい声が聴こえた」

「自分にとって神様な物、人、事などについて。よく言うじゃないですか、ゆきりんが「マジ神」って。あの人なんでも」
内田眞由美「この中にもいるんじゃないですか? ゆきりん神な人? あっ、いない」客w
北原里英「なんてこと訊くの?」
内田眞由美「言えないんだね、私たちの前で」
倉持明日香「たしかにけっこう口ぐせのようにね。でも本人そんな思ってないですよ。そんなに神って思ってなくても、「うわっ、神」って言ったりするし、口ぐせなんですよね」
北原里英「だからそんな感じで、私たちは本当に神だと思うものについて今日は話し合いたいと思います」

藤田奈那「私の神様はあーみんです」
前田亜美「絶対思ってないからね」
藤田奈那「思ってるよ。なんかちょっと今日疲れちゃったなとか眠いなとか思ってても、あーみんと喋ってると元気になるんですよ。ハイテンションになる。ねぇ?」
前田亜美「うるさいんです、ただ」客、軽くw

「会った瞬間「あっ、あーみんいる」ってすごい言ってきて、嬉しいんですよ、すごい。でも、めっちゃうるさい」
藤田奈那「でもたぶん、似てるよね」
前田亜美「そうね、似てるなって思います」
北原里英「たしかに亜美ちゃんと喋ってると元気になるよ」
前田亜美「ほんとですか?」
北原里英「若いなと思って」客、軽くw
前田亜美「若いですか? なんでだろう。そうなんですかね。ふわふわしてるからかな」
倉持明日香「なぁなと亜美ちゃんとちかちゃんはなんか似てる。元気系で太陽みたいな感じ」
近野莉菜「チームKは太陽が3人もいるのか。いぇー」
北原里英「明るいな」
前田亜美「いつもこんな感じですよ」
北原里英「そんな感じの亜美神様は何が神様ですか?」
前田亜美「私は、でもちっちゃいですけど、でもなぁなたしかに神です」
藤田奈那「ほら言ったー。仲良しなんじゃん」
前田亜美「あのですね、私の大好きなお煎餅いつも持っててくれるんです」
藤田奈那「いっつも会って第一声は「お煎餅」なんですよ。「お煎餅ちょうだい」って」
倉持明日香「私、隣なんですけど、亜美ちゃんと。すっごいお煎餅の匂いがしてて。食べてるなーと思って」
前田亜美「そう、いっつも持ってきてくれて。そう、私の元気の素です」
近野莉菜「亜美ちゃんにお煎餅を与えればいいのね」
北原里英「私もなついてもらいたいから煎餅買ってくる」
近野莉菜「みんなで煎餅買いましょう」
内田眞由美「神様なっちゃうね」

北原里英「内田さんは?」
内田眞由美「内田さんは浜崎あゆみさん」
メンバーたち「あー」「そうでしたね」
内田眞由美「いつも言ってますね」
近野莉菜「今日もあゆ仕様ですか?」
倉持明日香「今日のテーマは?」
内田眞由美「今日はあゆだった。似てた?やっぱり」
近野莉菜「あっ・・・」客、軽くw
倉持明日香「めっちゃ似てた」
内田眞由美「(マネて)ありがとう」
北原里英「あっ、あゆだ」
内田眞由美「(マネて)ありがとう」
北原里英「中途半端なモノマネ出てきて、どう処理していいかわかんないから、こっちも」
内田眞由美「神だと思ってます、あゆを」
北原里英「でもね、そういう憧れの人みたいなのがいたらその人に近づこうとね、思ってがんばったりできますから」

古畑奈和「私が神だと思うのはソフトクリームです。私、去年の夏だったっけな、13個食べたんですよ、1日に」
メンバーたち「えー?」「1日に?」
古畑奈和「はい。朝から晩まで」
近野莉菜「ほんとに? マザー牧場のイメージガールやりなよ」客、拍手

「食べ放題だよ。食べれるよ、いっぱい」
古畑奈和「待ってます、私」
近野莉菜「ぜひ行ってみて、マザー牧場。ちょっと遠いけど」
北原里英「お腹壊したりしないの?」
古畑奈和「私、お腹だけは頑丈なんですよ」
メンバーたち「頑丈?」「丈夫」
古畑奈和「ちょっと待ってください。さっきリハーサルしてる時、めっちゃお腹痛いって」客w

「ずっとお腹痛がってた。ウソつき」
北原里英「今日は特別、特別ね」
古畑奈和「バカ(藤田を叩く)」客w
藤田奈那「怒られた」
近野莉菜「この2人仲良しだからね」
藤田奈那「同い年なんですよ。ねぇ」
古畑奈和「そうだっけ?」客w
藤田奈那「そうだよー」

北原里英「ちなみに秋元才加ちゃんの神なものはなんですか?」

# 後半チーム入場

秋元才加「私の神なもの?」
メンバーたち「(秋元の格好を見て)神?」「神様?」客w
秋元才加 → それっぽいポーズ(客、拍手)
メンバーたち「神がいる」
秋元才加「神のご加護を」客w

# メンバーチェンジ

後半:鈴木紫帆里・島田晴香・秋元才加・武藤十夢・永尾まりや・小林香菜・中田ちさと・宮崎美穂

島田晴香「似合ってましたよ、すごく」

「七夕が近いじゃないですか。なので、ちょっとでも叶ったらいいなっていう願い事」

「大きい願い事は七夕に書くとして、今はちょっとした願い事をね、書きたいなっていう」

宮崎美穂「小さいことかもしれないんですけど聞いてください。「チームB推し」っていうすごいいい曲があるじゃないですか。みなさんご存知の方いるかもしれないんですけど。その時に、例えば「あなたは今日でなんとか推し、ほらゆきりん!ゆきりん!夢中にさせちゃうぞ」みたいな感じじゃん。ゆきりん!ゆきりん!とか言うじゃないですか。あそこのゆきりん!ゆきりん!のコールは私が考えたってこと知ってる人いるんですか?」
鈴木紫帆里「あー」
秋元才加「それ願い事?」
宮崎美穂「みんなで知って欲しい。知ってる人?それ。これたぶん元B推しの方ですよね?」
鈴木紫帆里「チームBの公演の時に決めたんですよね、たしかMCの時に」
島田晴香「今でも広まってますね」
宮崎美穂「。。そうだね、一応私が考えたっていうことを拡散してください」客、軽くw

武藤十夢「私はまりやぎさんがおはむっていうハムスターを飼ってるんですけど、それに会いに行きたいんですよ。でもなかなか会わせてくれなくて」
永尾まりや「いいよ」
武藤十夢「ほんとですか? 違うんですよ。泊まりに行っても「おはむいない」って言うんですよ」
中田ちさと「えー? なんで?」
永尾まりや「実家のほうにいるんです」
中田ちさと「うちのハムスター見にきなよ、そしたら。うちのハムスターすっごいかわいい」
武藤十夢「あっ、写真見たんです」
永尾まりや「ちぃさんのハムスターめちゃくちゃかわいくて」
中田ちさと「私、ハムスター界のこじはるさんって言ってるんですよ」
永尾まりや「こじはるさんなんですよ。超かわいいんですよ。目がクリクリで。ほんとにかわいい」
島田晴香「ヤギのハムスターどんなんなの?」
永尾まりや「ちょいブスぐらいだけど、ブサかわみたいな感じで、かわいいんですよ。また違ったかわいさ」
宮崎美穂「種類は何?」
中田ちさと「ジャンガリアンハムスターです」
永尾まりや「キンクマです」
島田晴香「全然わかんないんですけど。私だけじゃなくて、わかんないですよね? ジャンクマとか言われても。ジャンクマ?」
宮崎美穂「キンクマ知らないの?」
島田晴香「キンクマ知らないです。金スマは知ってますけど」客、軽くw
宮崎美穂「キンクマだよね。有名有名」
中田ちさと「みゃおも飼ってたんだよね」
島田晴香「秋元さんがついていけないってつぶやいてます」
秋元才加「でもね、今年25になるんだけど「ハムスターかわいいのって言ってる自分がかわいいの♪」って見えてくるのよ」客w → 拍手
永尾まりや「なんで?」
鈴木紫帆里「たぶんそういうタイプかもしれない」
秋元才加「早くこの話終わんねーかなー」客、軽くw

「お願い事なのに」
宮崎美穂「だったよ、まりやぎ」
永尾まりや「私、小さい願い事で、秋元さん家に行きたいって言おうとしてたんですけど、ちょっと取り下げます」客w
秋元才加「いやいや、お願いお願い。お願いきて。寂しがり屋だから」
中田ちさと「だって、言うじゃん、それ。なんか、そのハムスター飼ってる自分がかわいいって言うじゃん。私しょっちゅう才加の家行くけど、めっちゃ女の子のグッズばっかだからね。家で、消しゴムのパンのとかあるよね、そういう感じの」
島田晴香「消しゴムのパンってなんですか?」
小林香菜「そういうシルバニアファミリー的なので、こいつのほうが25歳なのに何言っちゃってんだよって思います」客w
鈴木紫帆里「あれっ?」
宮崎美穂「2期生ケンカしないでよ」
島田晴香「ケンカしないよ。何も言い返せないじゃん、もう」
秋元才加「すみません」
島田晴香「あります? 才加ちゃん」
秋元才加「私は7月7日が最後の握手会、AKB48の握手会があるので」
島田晴香「織姫じゃん、織姫」
秋元才加「まず、織姫と彦星、毎年雨だから、晴れたらいいなって思うのがまずあるのと、やっぱ来てくださるみなさんが無事ちゃんと行き返りを」
宮崎美穂「セレモニーはないんですか?セレモニー。あるじゃないですか。終わる時に「才加!才加!」みたいな」
秋元才加「全然わかんない」
小林香菜「じゃ~さ、みんなでさ、なんかさ、虹作ってあげようよ。その上歩けばよくない?」
島田晴香「なんで虹になるんですか」
秋元才加「なんで握手会終わってレーンから出て行って虹のとこに歩いて行っちゃうんだよ」客w

「どこに歩いて行くんだよ」
島田晴香「しかも七夕、虹じゃないですからね」
秋元才加「一緒にファンの人たちと一緒に帰ればいいのかよ」
小林香菜「一応渡ったら会えるんだよね」
島田晴香「違いますよ」
宮崎美穂「虹って空だよ。やめてよ」
島田晴香「天の川も空ですよ。もうよくわかんない」
小林香菜「チームKってバカばっか」
宮崎美穂「空嫌だ」
島田晴香「修復つかないんで」
宮崎美穂「何します? セレモニー」
秋元才加「考えてくれるの?」
宮崎美穂「うん、私が考えます」
秋元才加「恥ずかしいから大丈夫大丈夫」
小林香菜「じゃ~、才加らしく、脚立に上ってバイバイって言えばいいじゃん」
秋元才加「脚立に上ってバイバイ?」客、軽くw

「そう言えば尾崎豊さんもそれでコンサートやってたかもしれない、脚立に上って。わかり辛いからいいよ」客w

「そういうの小出しにしなくていいんだよ」
永尾まりや「ということでみなさんの夢が叶いますように」客、軽くw
中田ちさと「締め方強引だけど」
秋元才加「心こもってた?今。ちゃんと受けて、心を込めて、お返しするの。君たちだからね」
永尾まりや「秋元さんの、そうですね、ちゃんと握手できますように」客、軽くw

「ということで、次が最後の曲になります」

# 前半メンバー入場

永尾まりや「それでは最後の曲です。聴いてください。夕陽マリー」


◆M16.夕陽マリー


■アンコール


◆EN01.ヘビーローテーション
◆EN02.ファースト・ラビット


■MC
秋元才加「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

秋元才加「ヘビーローテーション、ファースト・ラビット 2曲続けて聴いていただきました。今日の公演もみなさまの大きな声援そして応援に包まれて無事終わりに近づこうとしています。ここでメンバーの1人から感謝の気持ちを述べさせてください。今日は、なぁな」

藤田奈那「今日はみなさん来てくださったありがとうございました」客、拍手

「チームK公演はこの前、新しくチームKに昇格したひらりーが初日を迎えたり、先々月までは少なかった公演回数が最近すごくK公演たくさんやらせていただけるようになって、みんなでこのステージに立つ機会もすごく増えてきたので、せっかくこうしてみなさんの前に立たせていただける機会をいただいているので、もっとみんなで良いチームにできるように、たくさん話し合って、たくさん練習して、チームK公演一番見たいなって、また見たいなって思ってもらえるようなチーム、そして公演にこれからもしていきたいと思います。ぜひまた来てください。今日はありがとうございました」客、拍手

秋元才加「私たち、ひらりーもこの間初日を迎えたり、ユニットを変えてみたり、そしていろいろ試行錯誤をしております。そして古畑ちゃんも入ってきたり、チームKにも新たな風がたくさん吹いています。これからも前に進んで行くチームKをみなさんが背中を押して応援してくださったら嬉しいと思います。今日は本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

秋元才加「それでは本当に最後の曲です。聴いてください。草原の奇跡」


◆EN03.草原の奇跡


永尾まりや「本日はご来場誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

永尾まりや「みなさん、AKB48 31枚目のニューシングル「さよならクロール」はもうチェックしていただけましたか?」客、拍手

「その「さよならクロール」をこの公演メンバーで披露したいと思います」


◆EN04.さよならクロール


北原里英「さよならクロールを聴いていただきました。「さよならクロール」そしてAKB48をこれからも応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 北原里英 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」バック前進お辞儀 (客、拍手)

「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:さよならクロール)

上手袖前に、島田晴香・近野莉菜・佐藤亜美菜・永尾まりや
佐藤亜美菜「それではみなさんご一緒に、せ~の」
みんなで「またきてな~」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
7月4日(木)「大島チームK」公演

公演後の感想 → 古畑奈和&藤田奈那

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND