FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

植木南央 劇場公演 通算300公演 (2013/07/01、チームH)

HKT48劇場 HKT48 チームH「博多レジェンド」公演 35回目

■出演メンバー
チームH → 穴井千尋植木南央多田愛佳熊沢世莉奈兒玉遥下野由貴田中菜津美中西智代梨松岡菜摘宮脇咲良・本村碧唯・森保まどか

研究生 → 安陪恭加・神志那結衣・谷真理佳・渕上舞

■休演
休演3名 (指原莉乃・村重杏奈・若田部遥)

指原莉乃 → 渕上舞
村重杏奈 → 安陪恭加
若田部遥 → 神志那結衣

16人目のポジション → 谷真理佳


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.HKT48
◆M02.君のことが好きやけん ※「君のことが好きだから」博多弁バージョン
◆M03.ボーイフレンドの作り方
穴井千尋「恋は運命だと思います」
田中菜津美「恋はときめきだと思います」
◆M04.初恋バタフライ


■MC (自己紹介)
兒玉遥「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

兒玉遥「私たちHKT48チームH「博多レジェンド」公演が始まりました。まずはじめにHKT48・君のことが好きやけん・ボーイフレンドの作り方・初恋バタフライ、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、楽しんどーと!?」客、イェー!&拍手

# メンバーへの質問を劇場入り口とモバイルサイトにて募集中

お題提供:イチゴパフェさん
本日のお題:もう7月になりましたが、夏に楽しみなことはありますか?

【1列目 下手側から】
穴井千尋「博多のクールビューティー目指すっちゃん。福岡県出身、17歳のちひろんこと穴井千尋です」

「私が夏休みに楽しみにしているというか、やりたいなと思ってることなんですけど。HKT48で野外でイベントを何かね、したいよね。できたらいいなと思うんですけど、まぁ、お昼ぐらいから始まって、途中パフォーマンスとかもいろいろ披露したいし、その後はスイカ割りとか、あと素麺流しとか、あと氷を投げ合ったりとか」客、軽くw
松岡菜摘「それは危ないでしょ」
穴井千尋「危ないかな? でもひんやりしてて楽しめるかなと思ったんですけど、それをメンバーでもやりつつ、ファンの方とも何か一緒に楽しめるような企画をできたらいいなと思うんですけど、そして夜にはやっぱり夏と言えば花火じゃないですか。花火をドカンと打ち上げて、みんなで気持ち良く終わって、でも冷たいジュースを持って乾杯とかでもいいですね。なんか気持ちいいよね。野外でそういうみなさんと一緒に楽しめるイベントができたらいいなと思います。今年の夏もみなさんと一緒に過ごすことができるかもしれないですね。はい、楽しみにしてます」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、16歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はですね、中学校1年生の時とか小学校6年生の時によく友達と水風船をして遊んでて、いっつもビッチョビチョになって帰ってめっちゃお母さんに怒られてたんですけど、それをメンバーとやりたいなって思います」
松岡菜摘「そうだよね、普通氷投げじゃなくて水風船だよね」
本村碧唯「氷めっちゃ痛いから。やりたいです。みなさんにも投げてみたい」客、軽くw

兒玉遥「今日の気分はハッピーハッピー はるるっぴー! 毎日ハッピー 博多の妖精、HKT48チームH、AKB48チームAのはるっぴこと兒玉遙です」

「私が夏に楽しみにしていることは海なんですけど、やっぱり夏と言えば海っていうイメージがあるんですよ。やけん、なんか去年とかも海にちょっと行ったっちゃけど、海に行ったらクラゲが浮かんでて、あっ、すごいと思って私普通に触って手に乗っけちゃったんですよ、クラゲを。痛いと思うでしょ? でもですね、痛くも痒くもなかったんでしゅ」
松岡菜摘「でしゅ」客、軽くw
兒玉遥「でしゅよ」客、軽くw

「だから、今年もほんとに痛くないのか検証してみたいと思って、写真とかもほんとにやったらぐぐたすに載せるので。でもケガだけしないようにします」
メンバーたち「危なくないようにね」
兒玉遥「大丈夫」客w

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! ありがとうございます。鹿児島県出身、宮脇咲良、15歳です」

「私はですね、昨日の映像センターみなさんご覧になってくださいましたか?」客、反応

「あー、ありがとうございます。富士急ハイランドの富士山に乗ったんですけど、私、絶叫系がほんとに無理で、ほんとにブスだったんですよね、あの映像」客、軽くw

「なので、ブスに映らないお化け屋敷? 富士急のお化け屋敷に行ってみたいなと思います」
メンバーたち「絶対無理だよ」「怖い」
下野由貴「絶対ブスくなっちゃうと思うよ」客w
宮脇咲良「じゃ~、メリーゴーランドに乗ります」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの15歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうえき。あのですね、南央が楽しみにしとうことは夏は誕生日もあるので、なんか特別なことがしたいなーと思って、考えたのは、バナナボートで、バナナを食べたいなって思ったんです。でも、バナナボートに乗る勇気がどこにもありません(妙なポーズ)」
メンバーたち「大丈夫ですか?」「どうしたの?」
植木南央「逆にどうしたの?」
松岡菜摘「見てみ。ややウケややウケ」
植木南央「小笑い」
下野由貴「怖いよ」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私はですね、メンバーと海に行ったりとかバーベキューに行ったりとかしてみたいなと思うんですけど、やっぱり私の楽しみの一番は私の大好きなアニメの銀魂の映画が公開7月6日にあるので、それを見に行くのがすごく楽しみです。銀魂とかアニメに興味がある方は私のぐぐたすにぜひ遊びに来てください。それではみなさん一緒に言ってください。今日は1日がんばー! (りーぬ!) ありがとうございます。よろしくお願いします」

神志那結衣「あなたのハートを工事ちゅう! 今日はみ~んなに会えて うれ じーな! ありがとうございます。福岡県出身、高校1年生の15歳、グミと食レポが大好きなじーなこと神志那結衣です」

「私の楽しみなことは今言ったんですけど、大好きな食レポをすることなんですね。それで、私の食レポはメンバーとかスタッフさんによく胡散臭いって言われるんですね。夏はその夏の限定の食べ物で食レポをやりたいなと思うんですけど、今回そのシュミレーションをやってみたいなと思って。やってみてもいいですか?」
メンバーたち「いいよ」客、拍手
神志那結衣「じゃ~、今回はスイカ編です」

「あー、やってきましたねー。あっ、ちょっと見てください、みんな。種が5粒しかありません。ということは? 実がギッシリ! はい、じゃ~、ひと口食べてみたいと思います。シュー、シュー。あー! すごい果汁がジューシーなので口から食べた瞬間にワーっぽい果汁が出てきます。なので地面にはもう果汁の海がポチャポチャ」客、軽くw
誰か「果汁ばっか言ってんじゃん」
松岡菜摘「美味しかったのかな?」
神志那結衣「美味しいです。なので、こんな胡散臭いって言われる食レポですが、よろしくお願いします」

渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 高校2年生の2期研究生、お天気キャスターになりたい、舞ちゃんこと渕上舞です」

「私はですね、HKT48全員で水泳大会をやってみたいと思って、みんなで学生が多いから、スクール水着を着て」
松岡菜摘「泳げない」
渕上舞「じゃ~、浮き輪で。浮き輪をつけて、それでスクール水着着てやりたいなと思うんですけど、2期生には太ももが好きって言いよる人とか、あと、キス魔とかいろいろいるから、変態な子がいっぱいいるからそういう子たちに気をつけてみんなで水泳大会やってみたいなと思います」

松岡菜摘「ホルモンが~ (食べたーい!) ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「私は普段すごくネガティブで、根暗なんですよ。急に言うのもなんですけど。で、夏場にそれはちょっとね、自分的にもあれだなと思うので、自分磨きをしたいなと思いまして、この夏。ちょっと、人肌脱ごうじゃないかと」客「おー」

「そうなんですけど、ちょっと、どうやったらなれるのかなと思ったんですけど、女の子はですね、恋をするとかわいくなるって言うじゃないですか。なので、私はみなさんに恋をして、今年の夏すごくかわいくなりたいと思います」客、ひゅ~

「ありがとうございます。みなさんも私に恋していっぱい私のこと見てください」

多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私が夏にしたいことは1人暮らしの福岡のお家にメンバー、チームHの15人を呼んで、たこ焼きパーティーとか、あとはいろんなDVDを見たりしたいのと、あとはやっぱり夏は代謝が良くなるので痩せれるじゃないですか。なので、私の目標としてる、あとマイナス5キロを今年の夏中にできたらなと思って。まぁ、私の勝手な妄想なんですが、マイナス5キロあと痩せたら、ダイエット本を出したいなという目標です。みなさん出たら買ってくださいね。絶対に買えよ」客w

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、やっとぐぐたすが8月10日になったら、10日かな? か、生誕祭になったらもらえるので、やり方はまぁ知ってるんですけど」客、軽くw

「でもですね、今までやってなかった分を取り返したいなと思うんですけど。2期生にもさっき始まっちゃって、で、一緒に部屋っ子やってた田中優香ちゃんにも先越されちゃって。私、ずっと入ってから2年もぐぐたすを無い生活してきたから、すごい不思議なんですよ、もらえると思うのは。普通だったらメンバーの、か・・・なんか使って」
松岡菜摘「今「勝手に」って言おうとしたでしょ?」客、軽くw
田中菜津美「勝手にじゃない。ちゃんとね、聞いてはないけど、ちゃんとやって、今までコメントとか勝手にしてた時もあったんですけど、これからは自分のアカウントでできるっていうことがすごく楽しみなので、みなさんぜひ私が投稿できるようになったらぜひ遊びに来てください」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から】
森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、15歳のまどかこと森保まどかです」

「私もちょっと被っちゃうんですけど、誕生日を迎えることが楽しみです。7月26日生まれなので、今年の夏休みで16歳になるんですけど、今まで15歳で限られてきたことが多くて。16歳になったら、んー、なんだろう、9時以降とかもテレビに出演できるようになるし、あとは結婚できるようにもなるんですよ、早いけど。なんちゃって。なんちゃってですよ。大人になるのが楽しみです」

谷真理佳「福岡県出身、17歳、(下手側)いつでも (上手側に行ってから定位置へ)どこでも あなたを笑顔にさせちゃいます。チャームポイントはヘリウム声~の真理佳こと谷真理佳です」

「(妙な手つきと共に)あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す。真理佳たんだよ。ありがとうございます。あのですね、私の夏の楽しみはですね、やっぱり谷真理佳にもかわいい後輩、3期生ちゃんが入ってくるので、あの、一緒にお買い物をして、なんだろうな、後輩ちゃんを谷真理佳一色にしたいですね。だけど、みなさんには谷真理佳だけを見ていてくださいね」

安陪恭加「あべ あべ あべっこりー 好きな食べ物はブロッコリーの天ぷら、15歳のきょうかこと安陪恭加です」

「私はお化け屋敷に行きたいんですけど、お化け屋敷怖いんですけど、でもちっちゃい時にお化け屋敷に行った時に、お化けによくわからずにバイバイしちゃったんですよ、ふふふふふw」
中西智代梨「えっ? どういうこと?」
下野由貴「バイバイしちゃったんだ」
安陪恭加「そう、バイバイってして」
下野由貴「友達みたいになっちゃったんだ」
安陪恭加「そう。で、バイバイ返してくれたんですよ、お化けが」
中西智代梨「怖い」
下野由貴「なんか安陪ちゃんが言うと怖いわ」
安陪恭加「なんかすごい楽しかったんで、今度はまたお化け屋敷に行ったらバイバイはもちろんのこと、私、笑い方が変だと言われるので、この笑い方で笑って、お化けにビックリしてもらいたいなと思います」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、18歳、ちょりこと中西智代梨です」

「そうですね、私はやっぱり夏と言ったら暑い、暑いと言ったら海、海と言ったらビキニという想いがあるんですけども」客、反応

「ずっと私ね、ビキニを着たくて。でもやっぱり、ちょっと体型があれじゃないですか」客「ハァw」

「ハァって誰?」客w

「笑うんじゃない。だから私今ちょっとダイエットしてて。なので私ちょっとあの、ほんとは目標は田中のようにガリ細になることなんですけど、ちょっと無理があるので、でも、そういうもしかしたらビキニのCMとかもしかしたらくるかもしれないじゃないですか。えーって何?」客w

「だから、CMとかきた時に、あっ、このビキニとても素敵って思えるぐらいの体型になりたいなと思います。でもみんな、変態な目で見るんじゃないよ(下野の後頭部をポンと)」
下野由貴「イタッ」客w
中西智代梨「今日は1日よろしくお願いします」

下野由貴「意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、15歳のしなもんこと下野由貴です」

「私は夏になるとやっぱ夏休みとかがあるので、メンバーが一緒に集まる時間が増えると思うので、私のお家で合宿みたいな、お泊り会とかしてみたいなと思うんですけど、そうですね、近所迷惑にならないために智代梨と谷は呼ばないようにしようと思います」
谷真理佳「呼んでくださいよ」
下野由貴「近所迷惑だから、ねぇ」

中西智代梨「HKT48チームH「博多レジェンド」公演、以上のメンバーでお送り致します。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」客、拍手

# 3列目メンバー捌ける


◆M05.ガラスの I LOVE YOU (宮脇咲良・植木南央・本村碧唯・兒玉遥)
◆M06.制服レジスタンス (熊沢世莉奈・松岡菜摘・田中菜津美)
◆M07.ハート型ウイルス (穴井千尋・多田愛佳・植木南央)
◆M08.てもでもの涙 (松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.天国野郎 (植木南央(ガソリンスタンド)・谷真理佳(コックさん)・中西智代梨(メイド)・下野由貴(セーラー服))
(BD:本村碧唯(ランドセル)・田中菜津美(学ラン)・安陪恭加(アフロお母さん)・穴井千尋(ナース)・熊沢世莉奈(画家)・神志那結衣(巫女))

中西智代梨「なんと中西智代梨、朝からすき焼き大丈夫言い続けて2年間、やっとすき焼きのCMが決まりました! (イェー) やったー! やったー! こんな私は?」
みんなで「天国野郎!」


■MC
谷真理佳・中西智代梨・植木南央・下野由貴

下野由貴「今日はですね、村重が休演ということで、谷真理佳と中西智代梨とそして私、下野由貴で」客、軽くw

「なんか聴こえた」
中西智代梨「おった?」
植木南央「おったじゃない」
谷真理佳「あれっ? ちょっと呼ばれてきました?」
植木南央「呼ばれてきたよ」
下野由貴「ちょっと、AGO」
植木南央「アゴってことでしょ?」客、軽くw

「ローマ字で言うなよ」
中西智代梨「でもね、南央が初ということでね、新しいこの4人でMCということで」
下野由貴「南央も今日からバラエティ班ですね」
植木南央「あー、それは」客w
中西智代梨「けっこう似合ってるよ」
植木南央「めっちゃ言われた、それメンバーから」
下野由貴「色は派手だけどちょっと地味よね」客、軽くw
植木南央「あっ! それ言っちゃダメ」
中西智代梨「黄色だけどね」

下野由貴「今回のMCは、ちょっとまぁ、私、自分で自分のことかわいいとあんま思ったことないんですけど」
中西智代梨「たしかに」客、軽くw
下野由貴「おい。というわけで、かわいい子はぶっちゃけ得をしてるんじゃないかと」
中西智代梨「たしかに」
下野由貴「怒られなかったりとかね、いろいろあるじゃないですか。だからまぁ・・・かわいいということにしましょう、かわいいメンバーにちょっといろいろ聞いていこうかなと思います。何かかわいくて得をしたことはありますか?」
メンバーたち「ハーイ!」
中西智代梨 → 手を耳の横にあて、かわいく手をあげる(客w)
植木南央「かわいくないんですけど、この人」
下野由貴「じゃ~、とってもかわいい智代梨ちゃん」
中西智代梨「はーい、智代梨ちゃんです。私はお母さんにお遣いを頼まれて、近くの八百屋さんに行ったんですよ。八百屋さんに行って。で、まぁ、けっこう前にトマトとかいろいろ出てるじゃないですか。美味しそうだなと思ってこうやって見てたんですよ。そしたら奥からおっちゃんがやってきて、おー、あんたベッピンさんやねって言われたんです。で、言われて、だから、このお勧めかなんかわかんないけど、お芋を2つ持って「あんたベッピンさんやけんこれやるよ」って言われたんですよ。で、えっ? いいんですか?と思って、「ちょっとお嬢ちゃんおいで」って言われて、行ったとこはレジで、で、レジで、お金が「芋1コ100円」みたいに言われちゃって、「あっ、はい」と思って普通に払ってたんですけども」
植木南央「誘導されたんだ」
中西智代梨「ちょっと誘導されちゃったんだけど、騙されやすいから、ちょっとそうなっちゃったんだけど、でもベッピンさんやって初めて会ったのに言われたってことはちょっと得をしてますよね」
下野由貴「それはたぶんそこら辺にいるおばちゃんとかでも言われてるんじゃないでしょうか」
中西智代梨「言ってますかね」

谷真理佳「谷はですね、やっぱり私よくかわいいと言われるので、街に出るだけで視線が集まっちゃうんですよ」
中西智代梨「いやいや、それ自意識過剰ってやつやない?」
下野由貴「その顔でよく言うよね」客、軽くw
谷真理佳「えっ? 下野さん今なんて言いました?」
下野由貴「いやいや、なんも言ってない」
谷真理佳「私に向けて言ったのかな?」
下野由貴「じゃ~、はっきり言うとその顔で何言ってるの?って」
谷真理佳「ようやく意味がわかりました。たしかに私はおブスですよ」
下野由貴「言っちゃった」
中西智代梨「いろいろ目線を感じたりするわけ?」
谷真理佳「はい、そうです、視線ですね」
中西智代梨「ほんとに?」
下野由貴「ほんとに感じてる?」
谷真理佳「うん、もう一歩出すだけでチャーン」客、軽くw
中西智代梨「もう一歩出すだけでチャーンって見られるの? 何その視線。おかしいんじゃないの?」
植木南央「歩き方がおかしいんじゃない?」
中西智代梨「けっこう注目を浴びてるような気がするということで。そうなんだ」

植木南央「南央はね、この間新しいDVDプレーヤーを買って、それでパパがですね、まず入れて、やってみたんですよ。そしたら、読み込めませんでしたってなって、何回やっても読み込めませんっていうから、もう南央がやるよってやったらなったけんが」
中西智代梨「けんが」
植木南央「DVDプレーヤーも顔を見るんだと」
中西智代梨「どういう感じ? いろんな意味で自意識過剰だよ、それ」
植木南央「1回でなったとよ」
中西智代梨「あっ、南央がやったら直ったから」
植木南央「そう、DVDプレーヤーも顔を見るのかな」
下野由貴「なるほど。咲良とかのほうが一発でバシってなるかな」

中西智代梨「でもそういうのもありなら私ももう1つある。私もおばあちゃん家でキンピラゴボウを食べてたんですよ。キンピラゴボウを食べてたら、そのゴボウのカケラが落ちちゃって、床に。あー、落ちちゃったーと思ってパって見たら、蟻んこ二匹がそのゴボウを取り合ってたんです。蟻んこもそのベッピンさんに気づいてるっていう」
植木南央「それゴボウが欲しかっただけって、蟻んこは」客、軽くw
中西智代梨「ただ単にそういうことかな」
植木南央「じいしきかんちょう」客、軽くw

下野由貴「というわけで、このメンバーに訊いた私がちょっと間違えだったかなと思うので、次はもっとかわいい子に訊こうかなと思います」

中西智代梨「HKT48チームH「博多レジェンド」公演まだまだ続きます。続いての曲はかわいい動物たちが踊りますよー、どうぞ」客、拍手


◆M10.制服のバンビ (兒玉遥・渕上舞・宮脇咲良)
◆M11.遠距離ポスター (田中菜津美・多田愛佳・穴井千尋・下野由貴・松岡菜摘・本村碧唯・森保まどか)
◆M12.Two years later
◆M13.回遊魚のキャパシティ
◆M14.シャムネコ
◆M15.大声ダイヤモンド


■MC
◆前半:多田愛佳・穴井千尋・松岡菜摘・兒玉遥・中西智代梨・熊沢世莉奈・植木南央・下野由貴

穴井千尋「もう今日は7月1日ということで、7月に入ったということで上半期が終わっちゃったんですけども、上半期一番自分あの時輝いてたなって思った時たぶんあると」

熊沢世莉奈「私が一番輝いていたことはやっぱり公演をしてる時が一番輝いてるんじゃないかなと」
兒玉遥「そうだね、りーぬのキレッキレダンスでね」
松岡菜摘「生誕祭もあったしね」
熊沢世莉奈「まさか自分が2回も泣くとは思わなかったです、去年と今年で」
松岡菜摘「輝いてたよ」
穴井千尋「しかもりーぬたん、300回迎えましたし、劇場公演ね」客、拍手
メンバーたち「すごいよ」
中西智代梨「すごいね、300回って」
植木南央「南央、今日で300回だよ」
メンバーたち「おー」「ほんと?」「おめでとう」客、拍手
植木南央「ありがとうえき」
中西智代梨「すごいね」
植木南央「南央もさっき知った」
メンバーたち「えっ?」客w
松岡菜摘「そんなわかんないぐらいやってるってことだよね」
植木南央「そう、300回も」
穴井千尋「この後もがんばりましょう」

多田愛佳「私、輝いてた日ないかも」
メンバーたち「えー!」「そんなことないよ」
多田愛佳「今ずっと考えたんだけど」
下野由貴「でも私が思う愛ちゃんの輝いてたなって思うのは、HaKaTa百貨店の最終回の虫?」
メンバーたち「あー」
松岡菜摘「大先輩にこんなこと言うのもなんだけど、めっちゃおもしろかったです。もっとやれもっとやれと思った」
中西智代梨「泣きながら虫を持つっていうその姿」
植木南央「しかも愛ちゃん泣いたら自分のこと愛ちゃんって呼んじゃうのがかわいい。「愛ちゃんできる、愛ちゃんできる」」
多田愛佳「じゃ~、それが輝いていた私で」
松岡菜摘「照れてますか?」
多田愛佳「照れてます」
メンバーたち「かわいい」

中西智代梨「でも、虫と言ったら私もね、けっこう、ほら、笑ってくれたじゃん、なつ」
松岡菜摘「智代梨は虫を目の前にしたらこう行くんです(仰け反る)。こうじゃなくて、こう行くの」
穴井千尋「後ろに」
下野由貴「顔が重いからかな?」客w
中西智代梨「うるさい。たしかにこう行くけど」
穴井千尋「仕方ないね、それは」
中西智代梨「だから私は虫を持って、こう嫌だって言うことができないから、もう虫を持たず、たぶん投げてしまうぐらい、そんぐらい驚いてしまうから、すごいなって思った、ほんとに愛ちゃん」
多田愛佳「あの、HaKaTa百貨店の大きい幼虫みたいなきた時、なんかこう透明なガラスにさ、入ってたじゃん。なんかこう落としたいんだけど、落としたらこれがまた出てきちゃうっちゃん、だからどうしたらいいんだろう、どうしたらいいんだろうって考えたらずっと泣いていて、あんなブサイクな顔で映ってるんだなって、オンエア見て初めて知って。泣く時は気をつけてね」
メンバーたち「はーい」

穴井千尋「あら、今日もアゴが絶好調の」
植木南央「何それ!」
多田愛佳「300回のアゴ」
植木南央「南央は、今年は高校生になったじゃないですか。入学式があって、その後の生徒全員が集まる時に生徒代表を言った時」
中西智代梨「せんせい!ってやつ?」
植木南央「せんせいじゃないけど」
松岡菜摘「それは体育祭じゃない?」
植木南央「言ったとよ、新入生代表」
メンバーたち「すごい」
植木南央「すごかろ?」
中西智代梨「なんかそういうのって頭がいい人しかできないイメージがある」
植木南央「まぁまぁまぁ」
中西智代梨「ほんとに?」
植木南央「でも言った」
下野由貴「ちゃんと言えた?きっちり」
植木南央「カスカスになったの。大事な時にちゃんとそう、潤った声で言いきらんっちゃん」
下野由貴「いつもだと思う」
兒玉遥「私も新入生の言葉言ったけど、でも噛まんやったよ、私。そう、はっきり喋れたとって。1年前だけどその時が一番輝いてた」
下野由貴「はきはきしてたのね、いつもよりも」

松岡菜摘「愛ちゃんと同じようにわかんないな」
多田愛佳「でもなつはいっつもかわいいよ」
松岡菜摘「やったー。丸く収めようとしてません?」客、軽くw
多田愛佳「絶対してないよ。ほんとに思ってる」
松岡菜摘「でもいっぱいなんか、ファンの方と合う機会が多かったのかな。CDデビューしてから、毎週のように握手会だったりイベントだったりで会ってたので、その度になんか、会って、褒めてくださるのでそれは嬉しいなと思って。パワーになりました。自分の自信になる」
兒玉遥「じゃ~さ、ちょっとさ、今さ、輝こうよ、なんか」
中西智代梨「そうね」
兒玉遥「今さ、なんかしようよ」客、軽くw
下野由貴「どういうフリ?」
多田愛佳「何するの?」
中西智代梨「いきなり過ぎて」
兒玉遥「なんか今輝くことしよう」
植木南央「じゃ~、なつ、キラキラキラって言って」客w
松岡菜摘「じゃ~、いきますよ。みんなで輝きましょうか。じゃ~、南央さんお願いします」
植木南央「せ~のがはい」
メンバーたち「キラキラキラ~」
多田愛佳「なんだよ」
穴井千尋「ということで、下半期も輝いていきたいと思います」

# 「イェー」後半組入場 / メンバーチェンジ

◆後半:宮脇咲良・谷真理佳・神志那結衣・田中菜津美・森保まどか・渕上舞・本村碧唯・安陪恭加

谷真理佳 → 両手上げて宮脇咲良を追いかける
田中菜津美「何してるの?真理佳」
谷真理佳「追いかけごっこをしてました」
本村碧唯「かわいそう」
宮脇咲良 → 定位置へ行こうとするも谷が驚かし、行けず(客w)
田中菜津美「かわいい、咲良」

「今月ヤフオクドームで五大ドームが行われるんですけど、コンサートなどでやってみたい演出について話していきたいと思います」

宮脇咲良「私は谷と」
谷真理佳「あっ、私?」
宮脇咲良「アボガドじゃねーし…がしたいです」
谷真理佳「やりたいですね!」
田中菜津美「いいね、ちょうどアボカド役で」客、軽くw
谷真理佳「私、イチゴ役ですよ」
田中菜津美「イチゴはさくらたんだよね、もちろん」
谷真理佳「私がイチゴで、宮脇しゃんがアボカドです」
田中菜津美「何を言ってるの? ほんとに言ってる?」
宮脇咲良「いいよ、それで」
田中菜津美「優しい。逆に引き立つかもしれないね」
谷真理佳「そうですよね」客w

「やー、けどしてみたいです、ほんとに」
田中菜津美「どういう感じで。照明とか」
谷真理佳「照明はやっぱりピンクピンクピンクピンク私だけにスポットライツ」客、軽くw
田中菜津美「じゃ~、ソロでやればいいじゃん」
谷真理佳「だけどやっぱりソロだと、ちょっと緊張するので、やっぱり心強い宮脇しゃんが私の隣に」
田中菜津美「そうね、真理佳だと持たないかもしれないからね」
森保まどか「絵がね」
田中菜津美「絵が?」客w
谷真理佳「今何て言いました?」
森保まどか「絵がもたないかもしれない」
田中菜津美「けっこうね、1曲3分とかあるからね。咲良とやればちょうどいいくらいね」
谷真理佳「どう思います?宮脇しゃん」
宮脇咲良「やりたいね。。」客、軽くw
谷真理佳「あっ、そうですか? じゃ~、やりましょう」
田中菜津美「いつかね、公演とかでもね、コンサートとかでもできるように」

神志那結衣「私はやっぱりみんなで食レポ大会したいですね」
田中菜津美「みんなで?」
神志那結衣「みんなで。で、誰が一番上手いかみたいな」
宮脇咲良「ヤフオクドームで?」
神志那結衣「ヤフオクドームで」
田中菜津美「MCの時に?」
神志那結衣「MCの時に」
宮脇咲良「ヤフオクドームでするの?」
神志那結衣「そうです」
本村碧唯「ヤフオクドームじゃなくても良くない?」
神志那結衣「東京ドームで、ヤフオクドームで、大きなステージの中でみんなで並んで、スイカを食べる」
谷真理佳「けどじーなちゃん胡散臭いって言われてるじゃん♪」
宮脇咲良「どうしたの?」
田中菜津美「真理佳ちょっと不調だね、今日」
谷真理佳「私もなんかかわいい子、かわいい子に挟まれてるので、かわいい口調が言いたいなと思って♪ てへっ♪」客w
田中菜津美「ハッハッハッハ」
谷真理佳「ありがとうございます、ありがとうございます」
田中菜津美「本物食べる? エアー?」
神志那結衣「本物です」
田中菜津美「みんなで?」
神志那結衣「はい、本物です」
田中菜津美「なんで食べるの? 食レポのコツみたいな」
神志那結衣「食レポのコツは、まぁ、とにかくイメージして」
田中菜津美「あるのに?」
神志那結衣「いかにお客さんに美味しさを伝えるかですよね」
田中菜津美「でも言ってもじーな、あんまり上手ではなかったよね」
神志那結衣「上手でしたよね。上手でしたよね?。。」
田中菜津美「上手じゃないと」

森保まどか「私、ちょっと提案なんですけど。さっきさ、アボガドじゃねーし…って言ったじゃん。だからあおいと智代梨でやったらいいかなと思って」
本村碧唯「あー、やりたい」
田中菜津美「そうね」
森保まどか「あおいやりたい?」
本村碧唯「じゃ~、なんかさ、ドームこう大きいじゃん。だからこっちとこっちでやりたくない?」
メンバーたち「いいね」
田中菜津美「1人ずつね。向こう側のお客さんとこっち側のお客さんと」
本村碧唯「一緒にやりたい」
田中菜津美「おもしろそう。じゃ~さ、丸じゃん、160度あるじゃん」
メンバーたち「160度?」客w
宮脇咲良「なんか微妙だね」
田中菜津美「180度か!」
宮脇咲良「360度だよ」
田中菜津美「そっか、360度。バカ丸出しだし。360度あるじゃないですか。だから、咲良、谷、あおい、智代梨で4人で」
メンバーたち「あー」
田中菜津美「ちょうどお客さんとかやっぱ見えないじゃん、大きいから。そうすればおもしろいんじゃない?ちょっと」
メンバーたち「いいと思います」
谷真理佳「じゃ~、やりましょう」
森保まどか「やりましょうって言ってやれるものじゃない」客、軽くw

「マジレスしてみる」
谷真理佳「先輩」
田中菜津美「これからもね、HKTどんどんどんどん成長して、アボガドじゃねーし…とかいろいろ成功できたら夢じゃなくて、叶えられたらいいなと思います」

宮脇咲良「次が最後の曲になります。今日は神志那結衣ちゃんが初めてのレジェンド公演ですごく緊張していたんですけど、しっかりダンスができて良かったと思います」客、軽くw

「あっ、ごめんなさい」
谷真理佳「どうしたんですか?」
田中菜津美「どういうこと?」
神志那結衣「お母さん?」
宮脇咲良「いつも、はい、努力してる姿を見ています」
神志那結衣「ありがとうございます」
田中菜津美「ファンみたい」
宮脇咲良「これからもいろんな経験を積んで、39人でがんばっていきたいと思います。それでは聴いてください。未来の扉」


◆M16.未来の扉


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
発動客「今日は植木南央ちゃんの300回目の公演出演です」客、拍手

「日々努力を続けてきた南央ちゃんにハイタッチでおめでとうと伝えていただければ幸いです。よっしゃ、アンコールいくぞー」 → 「アンコール」


◆M17.会いたかった ※ショートバージョン(サビのみ)


中西智代梨「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

中西智代梨「みなさん、まだまだ盛り上がれますか?」客「イェー!」

「じゃ~、こちらから半分のみなさん(上手側)、盛り上がれますか?」客「イェー!」

「残りのみなさん(上手側)、盛り上がってゆけますか?」客「イェー!」

「じゃ~、最後に、ここ、みんな中西智代梨を愛してくれるみんな、盛り上がれますか?。。」客「いぇ~」w
松岡菜摘「さすがお客さん、さすがお客さん」
中西智代梨「ノリがいいということにしときましょう。ここからですね、HKT48のオリジナル曲を2曲続けて聴いていただきます」

兒玉遥「それではこの曲からです。聴いてください。お願いヴァレンティヌ」


◆M18.お願いヴァレンティヌ
◆M19.スキ!スキ!スキップ!


宮脇咲良「お願いヴァレンティヌ・スキ!スキ!スキップ! 2曲続けて聴いていただきました」

穴井千尋「今日はですね、南央も300回目の公演だよね」
植木南央「そうなんです」
穴井千尋「ということで、もう1度改めて南央にみんなでおめでとうを言いましょう」客、拍手

「南央、300回おめでとう」
メンバーたち「おめでとう!」
植木南央「ありがとうえき」
穴井千尋「どうですか? 300回目を迎えて」
植木南央「なんか、この間100回迎えたような気持ちなんですけど、すごい1回1回が濃くて、今日もなんかいい300回目になったなって思います。ありがとうえき」客、軽くw
穴井千尋「これからもみんなで400回も・・・」
松岡菜摘「キラキラだね」
穴井千尋「キラキラしていきたいね。これからもキラキラしていきましょう。ということで次がついに最後の曲になってしまうんですが」客、え~

「みなさんまだまだ体力有り余ってますよね?」客「イェー!」

「ありがとうございます。南央の300回のお祝いも込めて、最後の曲の1曲前にもう1曲披露させてください」

松岡菜摘「それでは聴いてください。さよならクロール」


◆M20.さよならクロール


松岡菜摘「チームHバージョンでさよならクロールを聴いていただきました。みなさん、この曲いつ聴くの?」客「今でしょ!」

「ありがとうございます。さよならクロール、今年の夏たっくさん聴いてください」

本村碧唯「ということで、次が本当に最後の曲になります。今日はみなさんと一緒に楽しい時間を過ごすことができて、本当に嬉しかったです。私たちはこれからもみんなで協力して、みなさんが笑顔になるような、みなさんが笑顔になるような」客、軽くw

「公演を作っていきたいなと思います。みなさん、最後まで一緒に盛り上がっていただけますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。それでは聴いてください。白いシャツ」


◆M21.白いシャツ


兒玉遥「本日はご来場いただきまして、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

兒玉遥「そして本日はみなさんにお知らせがあります」客「おー」

「7月3日水曜日にHKT48チームH 1st「手をつなぎながら」公演のDVD、CDが発売が決定しました」客、拍手

「今言った7月3日水曜日の分はHKT48シアターの物販ブースにて先行発売になります。7月6日土曜日には一般発売となりますので、みなさん、詳しくはHKT48オフィシャルホームページをご覧ください。それでは最後のご挨拶をしましょう。なんだろうな」客w

「あっ、この後は私たちが感謝の気持ちを込めて・・・(ハイタッチ案内)」

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶
兒玉遥「せ~の」バック / 客「南央ちゃん300回おめでとう」

「せ~の」前進 / 客「おめでとう」

「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:スキ!スキ!スキップ!)

植木南央「ありがとうございました。ありがとうえき」

多田愛佳「ありがとう。咲良大好き。咲良は私がいただくよ!」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
7月1日(月) チームH「博多レジェンド」公演

公演後の感想 → 中西智代梨&下野由貴

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND