FC2ブログ

柔軟対決 (2013/06/26、チームH)

HKT48劇場 HKT48 チームH「博多レジェンド」公演 34回目

■出演メンバー
チームH → 穴井千尋・植木南央・熊沢世莉奈・指原莉乃・下野由貴・田中菜津美・中西智代梨・松岡菜摘・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・若田部遥

研究生 → 岡田栞奈・草場愛・田島芽瑠・朝長美桜

■休演
休演3名 (多田愛佳・兒玉遥・宮脇咲良)

多田愛佳 → 草場愛
兒玉遥 → 田島芽瑠
宮脇咲良 → 朝長美桜

16人目のポジション → 岡田栞奈


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.HKT48
◆M02.君のことが好きやけん ※「君のことが好きだから」博多弁バージョン
◆M03.ボーイフレンドの作り方
森保まどか「恋は魔法だと思います」
下野由貴「恋は尺だと思います」
◆M04.初恋バタフライ


■MC (自己紹介)
松岡菜摘「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

松岡菜摘「私たちHKT48チームH「博多レジェンド」公演が始まりました。まずはじめにHKT48・君のことが好きやけん・ボーイフレンドの作り方・初恋バタフライ、4曲続けて聴いていただきましたが、楽しんでます?」客、イェー!&拍手

# メンバーへの質問を劇場入り口とモバイルサイトにて募集中

本日のお題:先日渡辺麻友さんがHKT48シアターにサプライズ出演をしてくださったんですけれども、AKB48グループの中で共演したいメンバーとその楽曲はなんですか?

【1列目 下手側から】
若田部遥「14歳の中学3年生、わかちゃんこと若田部遥です」

「私はですね、松井玲奈さんと松井珠理奈さんが歌う「TWO ROSES」っていう曲がありますよね? その曲が大好きなんですけど、発音は気にしないでください。その曲がとても大好きなので、大好きな森保まどかちゃんと一緒にその曲をやってみたいなーと思います。いつか大きな舞台でやってみたいと思います」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、15・・・ (客w) 16歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はですね、板野友美さんか、咲良と「君と僕の関係」をやってみたいなと思います。いつもカラオケで歌ってるんですよ、よく。だからいつかステージの上でできたらいいなと思います」

松岡菜摘「ホルモンが~ (食べたーい!) ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「私はですね、渡辺麻友さんなんですけど。この間、愛ちゃんの力を借りてやっと連絡先を聞くことができたんですけど、メールをさせていただいて。そしたら麻友さんが一緒にいつか歌いたいねって言ってくださったんですよ。なので、いつか麻友さんとユニットやりたいなと思ってたんですけど、麻友さんってすごくアイドル中のアイドルと言いますか、すごくかわいらしい、もうほんとにアイドルって感じなんですけど、なかなかそういう曲を私はやったことがなくて。まどかと「笑わないーず」っていう非公式のコンビを組んでいるんですけど、そんぐらい笑わない曲が多いので、麻友さんのDVDとか見て研究していつかやれたらいいなと思うんですけど、前々からもう1つ考えてたことがあって。大好きな峯岸さんの「私は私」っていう曲をいつか、何年後かの誕生日に歌いたいなと思っているので、がんばって、その頃まだにHKT48としても松岡菜摘としてももっと上に行けれるようにがんばりたいなと思います」

村重杏奈「フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー。ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私はさっしーと、それでも村重」客、軽くw
指原莉乃「じゃ~、今度カラオケでやろうね、それ」
村重杏奈「はい、「それでも村重」一緒にしたいです」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの15歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうえき」客、軽くw

「あのですね、南央はまず共演したいメンバーから。ここにいる大好きなさっしーと」
指原莉乃「えー? ごめん、ちょっと嫌だ」客w
植木南央「えー!? さっしーと大島さんと「口移しのチョコレート」をして」
指原莉乃「どんなメンバー?」
植木南央「それで、センターはもちろん植木南央です」
指原莉乃「w いいじゃん。それどこの会場でやりたい?」
植木南央「東京ドーム」
指原莉乃「じゃ~、東京ドームの近くのカラオケ屋さんでやろう」客w
植木南央「わかった。もやっと」客、軽くw

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私は共演したいメンバーはチームAの田野優花ちゃんなんですけど。優花とはすごい昔から仲良くさせてもらってるんですけど、優花はすごいダンスが上手なんですよ。だから、前からずっと一緒に踊りたいなってずっと思ってたので、ダンスがメインのユニットの「エンドロール」っていう曲をいつか一緒に踊れたらいいなと思います。それではみなさん一緒に言ってください。今日は1日がんばー! (りーぬ!) ありがとうございます。よろしくお願いします」

穴井千尋「博多のクールビューティー目指すっちゃん。福岡県出身、17歳のちひろんこと穴井千尋です」

「私がやりたい曲はですね、大好きな倉持明日香さんと一緒に「抱きしめられたら」っていうユニットで、いつか共演できたらいいなと思うんですけど、「抱きしめられたら」という曲を好きになったきっかけも倉持さんで、倉持さんを好きになったきっかけも「抱きしめられたら」なんですよ。なんですごく、なんだろう、印象に残ってる曲なので、でもこの曲はけっこう大人っぽくて、セクシーじゃないですか。なので、倉持さんもすごく大人っぽくてセクシーなので、私ももうちょっと色気をたくさんムンムン出せるようになってから、いつか倉持さんと共演できたらいいなと思います」

指原莉乃「大分県出身、さっしーこと指原莉乃です。よろしくお願いします」

「私は北原と前、紅白歌合戦っていうイベントで、「おしべとめしべと夜の蝶々」をやったんですけど、やっぱ北原とだといまいち感情が入らないというか」客w

「なんか、友達同士で何やってんのみたいな感じだから、ぜひあおいたんさんと」客「おー」

「やらせていただきたい。今からでもやりたい」客、軽くw

「そんな気持ちです」

田島芽瑠「あなたのハートを射止める♪ HKT48の太陽になりたい。2000年生まれの13才 めること田島芽瑠です」

「私はAKB48さんの大島優子さんが大好きで、HKT48に入ったので、大島優子さんのソロ曲の「泣きながら微笑んで」が大好きなので、その曲を一緒に歌いたいなって思うんですけど、日産スタジアムのリハーサルをそれの曲を間近で見てて、とても感動したので、野外でしたいなと思います」

草場愛「愛と書いてまなみやけん。覚えてくれたらまなみの愛をプレゼント♪ (ありがとう!) ありがとうございます」
指原莉乃「初めて見たからビックリしちゃった」客、軽くw

「もう1回見せて」
草場愛「愛と書いてまなみやけん。覚えてくれたらまなみの愛をプレゼント♪」
指原莉乃「ありがとう!」
草場愛「 ありがとうございます。福岡県出身、17歳、高校3年生の2期研究生、まなみんこと草場愛です」

「私は秋元才加さんが憧れなんですけど。秋元才加さんと言ったらやっぱり「虫のバラード」なので、ソロ曲なんですけど、一緒に歌わせていただきたいなって思うんですけど、でもやっぱり、ソロだから、もしできなかったら、「ウッホウッホホ」という曲を」客w

「一緒にしたいなって思うんですけど、でもその前にまず私は腹筋を割れるように鍛えたいと思います」

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、「手をつなぎながら」公演の時にしなもんとまーちゃんと一緒に「この胸のバーコード」というユニットをやらせてもらってて。本家がSKE48のチームSの出口陽さんなんですけど、すごい、昔から3人で、本家と一緒にやりたいねって言ってて。ハートを作るシーンがあるんですけど、フォーリンラブって歌詞のところでハートを作るんですけど、そこをもうどうしても一緒にやりたくて、あと私、ダンス苦手なのでできれば落ち着いた曲をやりたいなってずっと思ってるので、夢が叶うようにこれからも私自身どんどんがんばっていきたいと思います」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から】
森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、15歳のまどかこと森保まどかです」

「私はですね、ぜひあの曲をやりたいなと思って。「くるくるぱー」をやりたいです、私。なんか、見た目が冷たいと思われてるらしくて、私。なんかすごい怖いって言われるんですよ。なので、真逆の明るいっていうか、ふざけたっていうか、ネタ系の曲をぜひやってみたいなと思います。ぜひ中西智代梨ちゃんと村重杏奈ちゃんと下野由貴ちゃんとバラエティ班でやりたいと思います」

岡田栞奈「みーんなに幸せを届ける 青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん。福岡県出身、今日から16歳になりました! おかぱんこと岡田栞奈です」客、拍手&おめでとう

「あのですね、私が先輩メンバーさんとやりたい曲は、今日で16歳になったわけですけども、やっぱ大人の階段上がったんですよ。なので、ちょっと、私もクールを目指そうと思ってるんですよ。それでですね、SKEの松井珠理奈さんと一緒にマジジョテッペンブルースをやりたくて。やりたいって言ってもセリフ部分なんですけど。あのセリフをかっこ良く言いたいので、ちょっと練習してきたんで、今日披露したいと思います」客、拍手

「じゃ~いきます。3・2・1、みなみと約束したんだ。マジで生きるって。あつ姉! 私も行く。お前1人に行かせるわけには行かねー」
下野由貴「ちょっとちょっと。おかぱん尺長いよ」客、軽くw

「短かめに」
岡田栞奈「がんばります、先輩」客、軽くw

「がんばります、先輩。(マイクを外し)ハイ、今日は1日よろしくお願いします!」

朝長美桜「みーお(meを)笑顔にしてくれますか? (はーい!) ありがとうございます。笑うと目の形がカシューナッツになります、みおこと朝長美桜です」

「ちょっと震えちゃった。私は篠田麻里子さんと一緒に「てもでもの涙」がやりたいんですけど。でも私、こんなのだから」
メンバーたち「できる?」「できないよ」
中西智代梨「声がめっちゃ高くなりそう」
朝長美桜「声もちょっと、歌もちょっと下手だし、ダンスもパフォーマンスまだまだなので、もっとパフォーマンスも歌もできるようになってから、いつか共演できたらいいなと思います」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、18歳、ちょりこと中西智代梨です」

「やっぱり私は愛しの優子さんと2人でですね、「禁じられた2人」をやりたいなと思うんですけど、やっぱ色気もあって、大人っていう感じもあるので、特にですね、私がしたいところは最後のね、言ってもわからないと思うので、ちょっと形でやりたいなと思います・・・ (朝長の手を恋人握り)」
朝長美桜「えっ? 嫌です」客w → 拍手

「嫌です、私嫌だ」
中西智代梨「嫌ですとか言わんとってばってんが、そんな」
朝長美桜「その博多弁がもう嫌です」客w
中西智代梨「博多弁もダメばってんが」
朝長美桜「もう早く締めてください」客w

下野由貴「意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、15歳のしなもんこと下野由貴です」

「私はNMB48チームBIIの薮下柊ちゃんとすごい仲良くしてて、メール友達なんですよ。で、よくメールしてて、そのメールの内容の中にですね、いつか48グループのコンサートの時に2人で何かできたらいいねという話をしたことがあるので、2人で特に、柊ちゃんもすごいお喋りで、私もお喋りなんで、「となりのバナナ」をして、一緒にあの、途中の間奏のところのセリフを言いたいなと思って、今絶賛尾崎さんに交渉中なので」客、軽くw

「みなさん、楽しみにしててください」

中西智代梨「HKT48チームH「博多レジェンド」公演、以上のメンバーでお送り致します。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」客、拍手

# 3列目メンバー捌ける


◆M05.ガラスの I LOVE YOU (村重杏奈・植木南央・本村碧唯・若田部遥)
◆M06.制服レジスタンス (熊沢世莉奈・指原莉乃・田中菜津美)
◆M07.ハート型ウイルス (穴井千尋・本村碧唯・若田部遥)
◆M08.てもでもの涙 (松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.天国野郎 (村重杏奈(ニッカポッカ)・岡田栞奈(コックさん)・中西智代梨(メイド)・下野由貴(セーラー服))
(BD:本村碧唯(ランドセル)・田中菜津美(学ラン)・植木南央(ガソリンスタンド)・穴井千尋(ナース)・熊沢世莉奈(画家)・若田部遥(巫女))

村重杏奈「みなさ~ん! 私がHKTイチ美少女の村重です! イェー! こんな美少女どこにもいませんよ。いつ推すの? 今でしょ! こんな私は?」
みんなで「天国野郎!」


■MC
岡田栞奈・中西智代梨・村重杏奈・下野由貴

下野由貴「おかぱんは今日でレジェンドに出るの2回目ということで。何か得意なことを教えて欲しいんだけど」
岡田栞奈「やっぱり私、バレエを習ってたので」
村重杏奈「そうなの? 初耳」
下野由貴「智代梨さんどうしたんですか?」
中西智代梨「いやいやいや、私もね、バレーボール5ヶ月間やってました」客、軽くw
下野由貴「そっちじゃないでしょ。しかも5ヶ月って。バレーって、そっちじゃないんだよね」
岡田栞奈「はい。バレエです」
下野由貴「踊るほうのやつ」
岡田栞奈「くるくる回るほうです」
下野由貴「ということは体も柔らかいと」
岡田栞奈「そうなんですよ」
下野由貴「なるほど、すごいね」
メンバーたち「見たい」
下野由貴「じゃ~、今日は何かやりたいことがあるということなんだけど」
岡田栞奈「そうなんです。なので、ここで柔軟対決をしたいと思います!」客、拍手

「やりましょうよ」
村重杏奈「不得意なんだよね。一発ギャグ大会なら得意だけど」客w
中西智代梨「全然ダメだろ」
下野由貴「じゃ~、まずは何からしようか。タテに足を開いていくやつあるじゃないですか。できますか?」
岡田栞奈「できます」
下野由貴「ちょっと見せて欲しい」
岡田栞奈「じゃ~、靴脱いでいいですか?」
下野由貴「全然。本気ですね」
岡田栞奈「本気ですよ」
村重杏奈「靴下しましまじゃん」客、軽くw
中西智代梨「そこ言わなくていい」
岡田栞奈「じゃ~、いきます」足を前後に開いていき、床にペタンと(客、おー&拍手)
メンバーたち「すごい」「柔らかい」
下野由貴「骨折れてるんじゃないの? すごい」
中西智代梨「ほんとにそれぐらい柔らかいね」
岡田栞奈「そんなこと無いですよ」
中西智代梨「けっこうほんとに。ちょっとなめて見てたけど。ほんとにやわらかいじゃん」
下野由貴「次智代梨行こうか」
中西智代梨「えー?」客「がんばって」

「がんばるよ」
下野由貴「靴脱がなくて大丈夫?」
中西智代梨「じゃ~、脱ぐわ」
岡田栞奈「本気モードに入りましたね」
村重杏奈「靴下穴開いてない?」
中西智代梨「開いてないわ。いくよ・・・あー、痛いね」
下野由貴「もうちょい行くんじゃない?」
中西智代梨「あー! ダメ!。もうダメ」半分ほど開いたところでストップ
村重杏奈「下品な声出すなよ」客、軽くw
中西智代梨「もうダメ。どうしよう」
村重杏奈「もうちょっと行けるんじゃない? (上から押える)」
中西智代梨「やめろよ」客w
村重杏奈「もうちょっと」
中西智代梨「けっこうこれで無理や」

下野由貴「じゃ~次、村重行こうか」
村重杏奈「(7割ぐらい足開く)」客「おー」
下野由貴「行きそう (村重を上から押す)」
村重杏奈「あー!」客、軽くw

「あー」足開いたまま、しりもち
下野由貴「痛い?」
村重杏奈「待って、痛い」

岡田栞奈「じゃ~、しなもんさんやってみてください」
下野由貴「私、司会だからもうやらないと思ってたんだけど」
岡田栞奈「ちょっとやってくださいよ」客、反応
下野由貴「行けるかな。やりますよ。怖いな」キレイに前後に足を開き、床にペタンと (客、おー&拍手)
中西智代梨「行けるじゃん」
村重杏奈「それで司会してよ」
下野由貴「ダメだよ (立ち上がる)」

「続いて第2回戦いきましょうか。続いてはY字バランスを。じゃ~、まずおかぱんからどうぞ」
岡田栞奈「ちょっとひん曲がったY字バランスになるかもしれない」

「いきます (キレイなY字バランス披露)」客、おー&拍手
メンバーたち「すごい」
中西智代梨「待って待って。これに対抗して私が小文字のY字バランスする」客、軽くw
メンバーたち「小文字?」
中西智代梨「一瞬だけですからね。いきますよ」
メンバーたち「3・2・1」
中西智代梨「Y!」右足を横に広げる
下野由貴「できてない」
村重杏奈「なんか微妙」
中西智代梨「行けるかなと思ったんだけど」
下野由貴「じゃ~、次私行く」
中西智代梨「行ける?」
岡田栞奈「私にとって強敵なライバルですよ」
下野由貴「(村重の肩を借り、肩に手を置き、Y字バランス披露)」客、拍手
メンバーたち「あー」
下野由貴「いけた」
中西智代梨「柔らかい、しなもん」
村重杏奈「じゃ~、村重もする。あれっ(途中までしか足上がらず)」客、軽くw
中西智代梨「もうちょっと行ってみようよ」
下野由貴「もうちょっと行ける」
中西智代梨「助けてあげようか?」
村重杏奈「いいって、怖い」
中西智代梨「せ~の、ほい(村重の右足を掴み、勢いよく上に上げる)」
村重杏奈「あー!」客w
中西智代梨「はい、行けた」
村重杏奈「(床に座り込む) ねぇ、股関節痛いんだけど」客、軽くw
下野由貴「この後の踊りに支障出ないようにね。さー、というわけで今回は柔軟対決をやってみたんですけど、まずはおかぱんが一番柔らかいと思った方、拍手」客、拍手
中西智代梨「多い」
下野由貴「じゃ~、続いて智代梨だと思う人、拍手」客、拍手小

中西智代梨「いらっしゃる。嬉しいわ」
下野由貴「続いて村重が一番だと思う人?」客、拍手小
村重杏奈「もうちょっともうちょっと」拍手大きくなる
岡田栞奈「ちょっと、ダメですよ、それは」
下野由貴「最後に下野だと思う人」客、拍手
中西智代梨「おー」
村重杏奈「じゃ~、村重が1位ということで」客、軽くw
中西智代梨「なんでそうなるん」
下野由貴「優勝はですね、おかぱんが優勝」客、拍手

「16歳のお誕生日のいいプレゼントになりました」
村重杏奈「じゃ~、ご褒美にムラシゲスメントしてあげるよ」
岡田栞奈「ほんとですか?」
中西智代梨「喜んでる」
岡田栞奈「狙っていたんです」
下野由貴「これからもですね、私たち体も柔らかくなって、そして頭のほうも柔らかくなって欲しいなと思います」

中西智代梨「HKT48チームH「博多レジェンド」公演まだまだ続きます。続いてのユニットはとてもかわいい動物たちが、踊りだすよー! どうぞ!」客、拍手


◆M10.制服のバンビ (田島芽瑠・指原莉乃・朝長美桜)
◆M11.遠距離ポスター (植木南央・若田部遥・穴井千尋・松岡菜摘・本村碧唯・森保まどか・熊沢世莉奈)
◆M12.Two years later
◆M13.回遊魚のキャパシティ
◆M14.シャムネコ
◆M15.大声ダイヤモンド


■MC
◆前半:草場愛・穴井千尋・松岡菜摘・田島芽瑠・中西智代梨・熊沢世莉奈・植木南央・下野由貴

穴井千尋「メンバーの中で家族構成を作るなら。この子お父さんとかね、あると思うので」
松岡菜摘「性別超えちゃうね。お父さんでもいいんだ」

下野由貴「妻をりーぬたんに」
熊沢世莉奈「おー、嬉しい」
メンバーたち「妻?」
下野由貴「奥さんですね」
中西智代梨「じゃ~、(下野は)夫さんで」客、軽くw
下野由貴「そうですね。あと、妹を南央に。あとお父さんは智代梨に」客w
中西智代梨「えー? お父さん?」
熊沢世莉奈「おじいちゃんになっちゃうね」
下野由貴「あとはそのお母さんをちいちゃん。おばあちゃんですね」

「お姉ちゃんだったらなつ」
松岡菜摘「南央が妹とかヤだ」客w
植木南央「なんでそこ? 覚えてたんだ、まだ」
下野由貴「愛ちゃんは、愛ちゃんも私、お姉ちゃんになって欲しいな。芽瑠は愛犬で」客w
田島芽瑠「ワンワン」
中西智代梨「でも南央のほうが年上だよね」
下野由貴「そうなんです」
中西智代梨「なのに妹にしたいの?」
下野由貴「ありがとうえきとか言う人がお姉ちゃんじゃない」
草場愛「下野さん、私、お姉ちゃんですか?」
下野由貴「お姉ちゃんっぽい感じ」
草場愛「でも私、下野さん、お姉ちゃんにしたい」
下野由貴「なんで?」
草場愛「お料理一緒にしたいんです」
中西智代梨「お菓子とかよく作るから」
下野由貴「作るんです。意外と女子力は高いほうですよ」
穴井千尋「それなら私もお料理一緒に作ってあげる」
下野由貴「ダメダメ」
田島芽瑠「私も作る」
中西智代梨「芽瑠も危ない」
草場愛「芽瑠はいい。食べる専門で」
松岡菜摘「犬だし」
田島芽瑠「ワンちゃんだから」
草場愛「穴井さんも卵割れないっていう噂を聞いたので」
下野由貴「ちいちゃん、お湯も沸かせないでしょ?」
穴井千尋「それはもうさすがに克服しました」
下野由貴「遅いよね」
穴井千尋「まぁ、がんばりますよ」

「じゃ~、なっちゃんは?」
松岡菜摘「なつですか? えー。南央こっち見なくていいから」客w

「南央はね、友達ぐらいがちょうどいいんだよ」
中西智代梨「家族じゃない」
松岡菜摘「距離感がいい。いっつも賑やかにしてくれてありがとうぐらいの感じでね」
下野由貴「わかる。大親友まで行かないところの友達みたいな」客w
松岡菜摘「りーぬと芽瑠を妹にしたいかもしれない。かわいいと思う。無邪気な2人。芽瑠はいっつも子供っぽいんですよ。一番子供なんですよ。だからそういうのがかわいくて。りーぬは笑った顔がすごいかわいいから。何?智代梨」
中西智代梨「私はどこかなーと思って」
松岡菜摘「智代梨はねー、やっぱおばあちゃんかおじいちゃんだね」客w
中西智代梨「なんで?」
松岡菜摘「それしか思わない」
穴井千尋「でも智代梨はね、大親友みたいな感じでもいいかなと私は」
中西智代梨「ほんとに?」
植木南央「でも家族じゃない」客w
中西智代梨「あなたもでしょ?」
松岡菜摘「家族じゃない枠の人たち」
穴井千尋「楽しませてくれそう」
下野由貴「賑やかにしてくれそうだよね」
植木南央「南央はね、家族というよりなつたん1人おったらもう十分」
中西智代梨「何を言ってるんだ」
植木南央「なつたんと毎日を過ごしたいだけ」
中西智代梨「なつと毎日を過ごしたい? どうでしょう、なつ」
松岡菜摘「何言ってんの?」客w
穴井千尋「嫌らしいです」
松岡菜摘「どういう気持ちでそれ言ってるの?」
植木南央「なつたんといたら」
松岡菜摘「なつたんとかよくわからないんだけど」
植木南央「なんで? なつたんがいれば南央はもう幸せです」
下野由貴「でも永遠の片想いでしょうね」

田島芽瑠「何は穴井さんがチワワで」
メンバーたち「犬!?」客w
穴井千尋「犬の中のチワワなんだね」
田島芽瑠「で、智代梨さんが鳥さんで」
中西智代梨「そのままな気がするけど」
田島芽瑠「鳥やってください」
中西智代梨「マァ~(手をパタパタと)」客w → 拍手
田島芽瑠「大好きなんです。りーぬさんがクマさんで」
熊沢世莉奈「意外と怖いのよ。クマって怖いよ」
田島芽瑠「植木さんが、カマキリ」客w
メンバーたち「カマキリ?」
中西智代梨「見えるよ」
植木南央「見えるよじゃないけん」
下野由貴「わかる、なんか」
植木南央「わかるじゃない」
中西智代梨「いいことじゃない、カマキリ」
植木南央「ありがとうえき」
田島芽瑠「愛はアザラシ。なっちゃんは金魚」
メンバーたち「金魚?」
松岡菜摘「笑ってる方、失礼ですからね」客w

「金魚って何すればいい?」
田島芽瑠「下野さんは、バッタ?」客w
松岡菜摘「南央としなもんは同じ括りなんだ」
下野由貴「ここ虫ですね」
穴井千尋「芽瑠からしたらみんなペットなんだね」
田島芽瑠「かわいいです」
中西智代梨「おもしろい発想いいよ」

穴井千尋「家族以上に長く過ごしてるメンバーなんですけど、これからもみんなでがんばっていきたいと思います」

# 「イェー」後半組入場 / メンバーチェンジ

◆後半:朝長美桜・岡田栞奈・若田部遥・田中菜津美・森保まどか・指原莉乃・本村碧唯・村重杏奈

田中菜津美「もしもHKT48、AKB48グループに入ってなかったら今頃何をしてたかについて」
村重杏奈「ハイ!」
田中菜津美「最近ね、2期生入ったばかりの(スルー)」客w

「岡田ちゃん」
若田部遥「誕生日だし」
岡田栞奈「私きっとたぶん魚と泳いでました」
田中菜津美「魚と泳ぐ?」
若田部遥「どういうこと?」
岡田栞奈「あの、私、ここに入る前は水族館の飼育員を目指していて」
指原莉乃「どういう経緯でここに行き着いたの?」客、軽くw

「どういうこと?どういうこと?」
岡田栞奈「芸能界に憧れてたんですけど、もうその、受験前だったから何か進路決めなきゃいけなかったから、魚好きだったので」
メンバーたち「へー」
指原莉乃「あれっ? 鳥が好きなんじゃないの?」
岡田栞奈「はい、鳥好きです」
指原莉乃「だよね。どっちが好きなの?」
岡田栞奈「鳥です」客、軽くw
指原莉乃「そこはそうなんだ。水族館ね」
岡田栞奈「水族館になりたくて」
指原莉乃「水族館になりたくて?」
岡田栞奈「水族館の飼育員になりたくて、それで水産系の高校に入りたくてですね、勉強してたんですけど・・・」
村重杏奈「村重も頭いい高校に入ろうと思ってたんだ、すごい」
指原莉乃「そのカットイン?」客w

「無理があるよ。ビックリした。どういうこと?」
村重杏奈「私も、小6まですっごい頭良かったんですよ」
指原莉乃「小6ってさ、誰でもさ、100点とか取れるやつじゃない?」
村重杏奈「違う。でもほんとに98点とかが平均点で」
若田部遥「えっ? 小6までって100点が当たり前じゃない?」
本村碧唯「あおい100点取ってたよ」
指原莉乃「あおいも? ヤバイよ。あおいが100点だったら100点だよ」
村重杏奈「でも、ちょっとすごい有名な塾に通ってたりしてたんですよ。だからけっこう将来有望だったんですよ、私」
指原莉乃「で、いつ?」客w

「いつっていうか、どういう感じだったの?その中学生時代。中学生でもう福岡だったってこと?」
村重杏奈「はい」
指原莉乃「あっ、そっか」
村重杏奈「そうなんです」
指原莉乃「HKTに入ってバカになっちゃったみたいな」客、軽くw

「わけじゃないんでしょ?」
田中菜津美「今小3のワークしてます、算数の」
若田部遥「なんで小6まで頭良かったのに小3のドリルやってるの?」
村重杏奈「基礎からはじめようと思って」
田中菜津美「お医者さんになりたいらしいんですよ」
指原莉乃「えっ? マジで何になりたいの?」
村重杏奈「違うんです。あの」
指原莉乃「トリンドルになりたいんじゃないの?」
村重杏奈「なりたいんですよ。だけど私は30歳まで芸能界にいて、引退するんです、30歳になったら」
指原莉乃「えっ? すっごい売れてても?」
村重杏奈「いや、もう売れて売れて売れて、松田聖子さんみたいに」
指原莉乃「すごいじゃん」
村重杏奈「で、その後、引退して村重クリニックを作るんです」
指原莉乃「たしかに楽しんごさんみたいに名前があったらもっと売れるかもね」
村重杏奈「そうです、だから今基礎からやってるんです、小3の」
田中菜津美「分数ですよ、分数」
指原莉乃「バカにしないでよ。いいじゃんいいじゃん、楽しそう」

本村碧唯「あおいはね、ずっと板野さん応援してると思う」
指原莉乃「何のお話してるの?」
本村碧唯「あと保育園の先生になってたと思う」
田中菜津美「どっちが幼稚園生かわかんなくないですか?」
指原莉乃「小学生のコスプレとか見てたらさ、天国野郎の。どういう状況かわかんないよね。子供が好きなの?」
本村碧唯「そう」
指原莉乃「妹がいるんだよね」
本村碧唯「妹いるし、お父さんとお母さんも幼稚園の先生やってたんですよ」
指原莉乃「すごい家系だね」
田中菜津美「お父さん、っぽいね」
指原莉乃「わかる。あおいのお父さんゲネプロの時に、ゲネプロっていう関係者がくる初日の前にやる公演の、なんだっけ?この公演」
若田部遥「博多レジェンド。忘れないで」客w
田中菜津美「さっしー」
指原莉乃「見に来てくれて、その辺で見てたんですよ、あおいのお父さん。家族がいっぱいいて。で、あおいのお父さんが初恋バタフライめっちゃ口ずさんでた」
本村碧唯「歌が好きなんですよ」
指原莉乃「優しそうなお父さんだよね」
本村碧唯「いつも送り迎えしてくれる」
指原莉乃「たしかに。あおいも似合うかも、そう言われてみれば」
本村碧唯「だからやってたと思う」

朝長美桜「私はメイクさんに・・・。私、メイク道具を見るのがすごい好きだから、もしかしたらなってたかも」
メンバーたち「かわいい」
指原莉乃「じゃ~、もしかしたらその美容学校みたいな?」
朝長美桜「はい、かもしれないですね」
田中菜津美「なんか髪飾りあるじゃないですか、頭に付ける。その時のメイクさんがたまたまいなくて、自分たちでがんばって付けてたんですけど、全員分美桜が付けてくれてて」
指原莉乃「えー?」
田中菜津美「相当上手だったんですよ、普通に」
指原莉乃「今、職に困ったらいつでもね、AKSに入ってもらって」
村重杏奈「じゃ~、みおたすは村重が将来大スターになったら村重のメイクさんしてね」
指原莉乃「立場たぶん逆だと思う、たぶん」客w

「わからんよ、未来はわからんけど。まだわかんないまだわかんないけど。現状ね」
村重杏奈「今はみおたすのほうが人気だけど」
指原莉乃「人気とかわかんないけど。そういうことじゃない。どっちも人気だけど、いつかね」

田中菜津美「ということでですね、もしHKT48に入ってなかったらについて話したんですが、私たちHKT48はですね、もう少しで3期生も入ってくるということで、全員で力を合わせてもっともっと成長していきたいと思います」

若田部遥「それでは次が最後の曲になります。今さっしーが言ってたように、未来はまだまだわからないのですけども、私たちはどんどん成長して、未来の扉を開いていきたいと思います。それでは次の曲聴いてください。未来の扉」


◆M16.未来の扉


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


◆M17.会いたかった ※ショートバージョン(サビのみ)


森保まどか「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

森保まどか「じゃ~、こっちからこっちのみなさん(下手側)、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「負けないように、こっちからこっちのみなさん(上手側)、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。じゃ~、この300人の中で一番盛り上がってる自信がある方?」客「ハーイ!」

「ありがとうございます。いっぱいいますね。次の曲ははHKT48のオリジナル曲を2曲続けて聴いてください」

熊沢世莉奈「まずはこの曲からです。聴いてください。お願いヴァレンティヌ」


◆M18.お願いヴァレンティヌ
◆M19.スキ!スキ!スキップ!


穴井千尋「お願いヴァレンティヌ・スキ!スキ!スキップ!を聴いていただきました」

「みなさん、次がですね、ついにもう最後の曲になってしまうんですが」客、え~

「まだまだやっぱり歌い足りないなと思いまして、みなさんもまだ体力有り余ってますよね?」客「イェー!」

「ありがとうございます。というわけでですね、最後の曲の前にもう1曲だけ披露させてください」

松岡菜摘「それでは聴いてください。さよならクロール」


◆M20.さよならクロール


松岡菜摘「さよならクロールをチームHバージョンで聴いていただきました。みなさん、今年の夏はさよならクロールをたくさん聴いてください」客「ハイ」

本村碧唯「それでは次が本当に最後の曲になります。今日はみなさんと一緒に楽しい時間を過ごすことができて、本当に嬉しかったです。私たちはこれからもみなさんにいっぱいいっぱいの笑顔を届けていきますので、ちゃんとキャッチしてください。それではみなさん、最後の曲も一緒に盛り上がっていただけますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。それでは聴いてください。白いシャツ」


◆M21.白いシャツ


松岡菜摘「本日はご来場いただきまして、ありがとうございました・・・(ハイタッチ案内)」

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 松岡菜摘の「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:スキ!スキ!スキップ!)

指原莉乃「後ろのほうみなさんも、立ち見のみなさんもありがとうございました。またねー!」

村重杏奈「めんたいこ!」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
6月26日(水) チームH「博多レジェンド」公演

公演後の感想 → 中西智代梨&森保まどか

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]


「HaKaTa百貨店2号館」DVD-BOX (初回限定版)
「HaKaTa百貨店2号館」
DVD-BOX 初回限定版


HaKaTa百貨店(DVD-BOX初回限定版)
HaKaTa百貨店
DVD-BOX 初回限定版


G (グラビア) ザテレビジョン 2013年 05月号 [雑誌]
Gザテレビジョン

UTB+ (アップ トゥ ボーイ プラス) vol.13 (UTB 2013年 5月号 増刊)
UTB+ vol.13



■HKT48 デビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」好評発売中

スキ! スキ! スキップ!  (Type-A)【封入特典:全国握手会参加券・ポケットスクールカレンダー(全16種のうち1種)】(初回プレス盤)
Type-A(初回プレス盤)

スキ! スキ! スキップ!  (Type-B)【封入特典:全国握手会参加券・ポケットスクールカレンダー(全16種のうち1種)】(初回プレス盤)
Type-B(初回プレス盤)

スキ! スキ! スキップ!  (Type-C)【封入特典:全国握手会参加券・ポケットスクールカレンダー(全16種のうち1種)】(初回プレス盤)
Type-C(初回プレス盤)

スキ! スキ! スキップ! (劇場盤)
劇場盤



dTVチャンネル