FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

「さよならクロール」チームHバージョン初披露 (2013/06/12、チームH)

HKT48劇場 HKT48 チームH「博多レジェンド」公演 27回目

18時30分開演 / 20時19分終演

■出演メンバー
チームH → 穴井千尋・植木南央・多田愛佳・熊沢世莉奈・兒玉遥・下野由貴・田中菜津美・中西智代梨・松岡菜摘・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・若田部遥

研究生 → 谷真理佳・渕上舞

■休演
休演1名 (指原莉乃)

指原莉乃 → 渕上舞

16人目のポジション → 谷真理佳


■開演前の陰アナ
熊沢世莉奈「みなさん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はこの会場のみなさんがりーぬだけのために来てくれたと思いながらパフォーマンスするので、みなさん、目が合った方は手を振ってくれると嬉しいです。それと初めての方は1人でも覚えてくれたら嬉しいです。ちなみにみなさん、名前を呼ぶ準備できてますか!?」客、拍手

「ありがとうございます。以上、せりーぬこと熊沢世莉奈でした。間もなく開演です」


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.HKT48
◆M02.君のことが好きやけん ※「君のことが好きだから」博多弁バージョン
◆M03.ボーイフレンドの作り方
兒玉遥「恋はあおいちゃんだと思います」
本村碧唯「恋ははるっぴだと思います」
◆M04.初恋バタフライ


■MC (自己紹介)
兒玉遥「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

兒玉遥「私たちHKT48チームH「博多レジェンド」公演が始まりました」
メンバーたち「イェー」客、拍手

兒玉遥「まずはじめにHKT48・君のことが好きやけん・ボーイフレンドの作り方・初恋バタフライ、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、盛り上がっとーと!?」客、イェー!&拍手

# メンバーへの質問を劇場入り口とモバイルサイトにて募集中

お題提供:カニクリームコロッケさん
本日のお題:もうすぐ3期生が入ってきますが、HKTに入って良かったと思うこと

【1列目 下手側から】
穴井千尋「博多のクールビューティー目指すっちゃん。福岡県出身、17歳のちひろんこと穴井千尋です」

「私が入って良かったなーと思う時はですね、メンバーとかスタッフさんとご飯に食べに行った時なんですけど。みんなで大人数でワイワイしてる時にやっぱ入って良かったなと思うんですけど、私どちらかと言うと大きな友達の輪とかに入るのがすごい苦手なほうなので、けっこう決まった親友とかとずっと一緒にいることが多かったんですけど、やっぱHKTに入ってからはこうやって大人数で行動することが多くなったので、なんかこうワイワイしてる感じがやっぱ、仲間だなって感じがすごくして、HKTに入って良かったなってすごい思います。たぶんこのメンバーと、そしてここに今日来てくださってるファンのみなさんと出会えてるのもたぶん運命だと私は思っています」客、拍手

「なのでこれからもよろしくお願いします。今日も最後まで私たちに全力でついてきてください」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、16歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はですね、この前、生誕祭を開いていただいたんですけど、すごいいっぱいのみなさんにおめでとうって言ってもらえたのでその時すごくHKTに入って良かったなと思ったし、あと板野さんに会った時。ほんとに好きなんです。大好きです、板野さん。聞いてるかな?」

兒玉遥「今日の気分はハッピーハッピー はるるっぴー! 毎日ハッピー 博多の妖精、HKT48チームH、AKB48チームAのはるっぴこと兒玉遙です」

「ちょっとキャッチフレーズが長過ぎて息が持たないんですけど、これからもがんばろうと思います。私がHKTに入って良かったなと思うことは、こうやって博多で劇場公演ができることです。やっぱり、これは福岡のHKTのアイドルじゃないとできないし、もともと芸能人になりたいという夢があったっちゃけど、やっぱりこうやって博多で活動できるのってなかなかなくて、だいたい拠点って東京だから、こうやって毎日できる劇場公演を大切にして、これからもがんばろうと思います」

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! ありがとうございます。鹿児島県出身、宮脇咲良、15歳です」

「私がHKTに入って一番良かったなと一番思ってることはみなさんと、そして素敵なメンバーと巡り会えたことなんですけど」客、拍手

「ありがとうございます。私はこの人生において、中西智代梨ちゃんみたいにおもしろい子に出会ったことが無かったんですよ」
中西智代梨「あら嬉しい。ほんと?」
村重杏奈「村重は?村重」
谷真理佳「谷真理佳は?」客w
村重杏奈「今さ、振ろうとしてたの」
中西智代梨「タイミングちょっと」
宮脇咲良「ちゃんと考えて」
村重杏奈「村重もおもしろいもんね」
谷真理佳「そうですよね。私、清楚担当ですけどね」
松岡菜摘「黙れやお前ら」客w
宮脇咲良「私の時間だから。智代梨ちょっと前に来て。あっ、あんなところにドナルドダックが」
中西智代梨 → ドナルドダックのモノマネ(客w)

「全然伝わってない」
宮脇咲良「わかりますか? なんだろう、この対応力の速さ。ほんとにHKTの楽屋の中でもいっつも智代梨の一発芸がこだましてるぐらい、ずーっとですね」
中西智代梨「ずっとやってるもんね」
村重杏奈「村重も一発ギャグやってるよ」
中西智代梨「うるさいな」客w
宮脇咲良「HKT、バラエティ班がたくさんいるのでみなさんぜひいろんなメンバーを覚えてください」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの15歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうございます」
メンバーたち → 反応
植木南央「ちょっと待っててね。南央がHKTに入って良かったなと思うのは、さくらたんに言われちゃって、なんか、ほんとはもっと前の人だったら考えるんですけど、前の人だったからどうしようもできなくて」
メンバーたち「どういうこと?どういうこと?」
下野由貴「言おうと思ってたことをさくらたんが言ってしまったっていうこと?」
植木南央「なんかメンバーとか」
下野由貴「智代梨じゃないんだ」客w
植木南央「ごめん。出会えたことが南央にとっては一番大きかったなと思います。みなさん、パクパク」
若田部遥「何それ?」
植木南央「パクパク」客「パクパク」

「ありがとうえき。今日は1日よろしくお願いします」
若田部遥「もやっと」
松岡菜摘「すごいな」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私がHKT48に入って良かったなと思うことは、私すごい人見知りだったんですよ。でもHKT48に入ってからはすごい、前の自分がウソみたいにすごい積極的に話せるようにもなったし、みなさんと積極的に目とかも合わせられるようになったので、ほんとこのメンバーと一緒にいれて良かったなと思います。それではみなさん一緒に言ってください。今日は1日がんばー! (りーぬ!) ありがとうございます。よろしくお願いします」

若田部遥「14歳の中学3年生、わかちゃんこと若田部遥です」

「ちょっとそろそろ期間長引いてきたので「ニックネーム変えました」やめました。わかりました? ありがとうございます。私がHKT48に入って良かったなと思うことはですね、こういうかわいい髪型にしてもらえることです。ねぇ、みんな。ちょっと今日もお団子にしてみたんですけど、みなさんどうですか?」客「かわいい」

「やったー、嬉しい。私、入るまではほんとそんままだったので、こんなこと、人生ですることになろうとは思わなかったんですけども、HKT48に入ってこういうかわいい髪型にしてもらえたり、かわいい衣装を着せてもらったりですね、入った頃よりもかわいくなったって言われるんですよ」客、拍手

「やっぱり見られてるからですかね?」客、拍手

「やったー、ありがとうございます。だから、これからもどんどん自分を磨いていこうと思います」

渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 高校2年生の2期研究生、お天気キャスターになりたい、舞ちゃんこと渕上舞です」

「私はですね、HKT48って下は小中学生から社会人まですごい幅広い年齢のメンバーがいて、やっぱり中学生や高校生になって、けっこう近い年齢のお友達としか最近接していなかったんですけど、HKTに入ってからはすごい、小学生とか中学生とか年下のメンバーから大人のメンバーまでいつも一緒にいれて、すごい考え方とか変わって、成長したなって思うところもあるし、でも年下のメンバーとは未だにじゃれ合ったりして、私、精神年齢低いなって痛感してしまうんですけど、これからはもっと大人っぽくなれるようにがんばります」

松岡菜摘「ホルモンが~ (食べたーい!) ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「私はですね、ファッションセンスが良くなりつつあることなんですけど。ほんとにセンスが無いっていうよりも興味が無くて。ジャージで全然過ごせるタイプの人で、HKTのチーム結成直前ぐらいまでは全然まだジャージで外に出てて、HKTなのに。さすがにママに「あんた駅をそれで歩くのやめなさい」って言われて、さすがにファンの方にお会いした時に「ちょっと松岡ジャージだったぞ」みたいな雰囲気になるじゃないですか」客、軽くw

「あれっ?こいつアイドルじゃねーのかみたいになるので、さすがにそれは改善されまして、で、握手会とかでもまだ今もお母さんが買ってきたのを着たり、あんま大きい声で言えないんですけど、マネキン買いもしちゃったりとかもまだまだあるんですけども、どんどん改善されつつあるので、いつかはりーぬのオシャレ番長になりたいというキャッチフレーズを」
熊沢世莉奈「奪っちゃダメ」
松岡菜摘「かわいい。じゃ~、横に、ナンバー2ぐらいでオシャレ番長になりたいぐらいの勢いで、もっともっとファッションセンスを良くしていけたらいいなと思います」

多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私が48グループに入って良かったなと思うことは、やっぱり友達以上の絆を深めることができたことで。やっぱり友達と一緒にいると、なんかちょっと、ちょっと違う気を遣ってしまって、疲れちゃったりするんですけど、やっぱメンバーは、たぶんみんなわかると思うんですけど友達みたいな感じだけど、友達よりもいろんな話したりとか、みなさんにはわからないと思うけども」客w

「やっぱメンバーじゃないとわからないことだと思うんですけど、やっぱ友達よりも楽ですね。私がHKT48に移籍してきて良かったなと思うことは、やっぱりひと回り体じゃなくて、気持ちが大きくなれたことが良かったなと思います」

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、みんななんか真面目なこと言ってる中、申し訳ないんですけど、こんなかわいいアイドルの連絡先を知れてることが、やっぱ良かったなって思います。もしあの時に書類送らなかったら、たぶん私そっち側のみなさんのお客さん側の人間だったから、やっぱ連絡先だとか、いろんな話が聞けないわけで、なんにしろ、私、ちい様の連絡先知ってますから、やっぱそういうのはレアなのかなって思うんですけど、でもほかにもHKT48に入って良かったなって思うことはいろいろあるので、感謝の気持ちを忘れずにこれからもがんばっていきたいと思います」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から】
森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、15歳のまどかこと森保まどかです」

「私はHKT48に入って、なんだろう、いい意味で大雑把になったかなって思います。考え方がもちろん変わったし、視野が広くなったっていうか、何事も楽しくこなせればいいなと思えるようになって。外国の方の名言で「思い通りの人生ではなかったけど、良かったと思える人生だった」っていう名言があるんですけど、それを私モットーに生きてるんで、これからもその名言通りにがんばっていきたいと思います。はい、重いですね、すみません」客w

谷真理佳「ハイ! 福岡県出身、17歳、(下手側)いつでも (定位置)どこでも あなたを笑顔にさせちゃいます。チャームポイントはヘリウム声~の2期研究生の真理佳こと谷真理佳です」

「(妙な手つきと共に)あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す。プリティーです。谷真理佳ですよ、イェー。。ありがとうございます。あのですね、私がHKT48に入って良かったことはですね、やっぱり、みなさまの笑顔を見れること、そして、素敵なメンバーと出会えたことで、そして、そして、大切な先輩方に出会えたことですね。はい、反応が無い。どうですか? もりぽてぃーさん」
森保まどか「お願いだから私に振らないでください」客w&拍手
谷真理佳「ちょっとー。でもそんな冷たいもりぽてぃーさんも大好きです」
森保まどか「あ、ありがとうございます」
谷真理佳「なのでね、谷真理佳もよろしくお願いします」

村重杏奈「ハーイ!(w) フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー。ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈でーす!」

「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」客、拍手
谷真理佳「ちょっと私そんなんじゃないですよ」
村重杏奈「そうですね、ありがとうございます。私がHKTに入って良かったなーと思うことは、やっぱりHKTすごいオシャレなさっしーとキャップティン、キャプテンとはるっぴからすごいお洋服のお下がりをたくさんもらえることが入って良かったなーってすごい思います、最近」
中西智代梨「そんなんやったらうちの洋服とか全然あげたりするよ」
村重杏奈「んー」客、軽くw
中西智代梨「んーって何?」
村重杏奈「智代梨のはちょっとぶかぶかかな」
中西智代梨「ほんと? じゃ~、一緒にね、今度美味しいご飯食べようね」
村重杏奈「すみません、これ打ち合わせの予定ではすごい爆笑の予定でした」客w

「すみません。はい、今日も1日よろしくお願いします」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、18歳、ちょりこと中西智代梨です!」

「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」客w
谷真理佳「そんなんじゃないです!」
中西智代梨「私はですね、やっぱり今まではずっとAKBさんとかはテレビでずっと見てたので、やっぱりそういう優子さんとかまゆゆさんとかそんな方々とですね、やっぱり一緒にお話したりとか連絡したりとかそういうことも嬉しいんですけども、やっぱり私も、みなさんと一期一会できたことが何よりも嬉しいと思われます。イェー!」客、拍手

「そしてですね、やっぱりみなさんは私のことを愛してくれてると思うので、世界中でもっともっと私を愛してくれてる人を増やしていきたいなと思います。でも、HKT48で谷真理佳をHKTに誘ったことは間違いでした」客w
谷真理佳「いやいや、ちょっとよく言いますね。あのですね、私を誘ったことよりもね、オーディションでその容姿で受かったことが」
中西智代梨「うるっさいなー!お前」客w
谷真理佳「奇跡です」
中西智代梨「はい、今日も1日よろしくお願いします」

下野由貴「ハーイ! (w) 意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、15歳のしなもんこと下野由貴です」

「私ももちろんみなさんに出会えたこととかメンバーに出会えたことももちろんすごく良かったなと思うことなんですけど、私、普段学校とかでなかなか人見知りで自分から話しかけることってちょっと時間が経たないと無理な人なので、でも最近はHKT48っていう肩書きを使って」客w

「友達と仲良くなっております」

森保まどか「HKT48「博多レジェンド」公演、以上のメンバーでお送りします。みなさ~ん、盛り上がる準備はできていますか~?」客「は~い」
谷真理佳「ちょっともりぽさん、甘いっすよ」客w
中西智代梨「お前誰だよ」
谷真理佳「みなさ~ん! 盛り上がる準備はできていますか!?(右腕グルグルと回す)」客「イェー!」

「ありがとうございます」
森保まどか「全部持ってったね」客、軽くw

「HKT48 伝説の幕開けです」客、拍手

# 3列目メンバー捌ける


◆M05.ガラスの I LOVE YOU (宮脇咲良・植木南央・本村碧唯・兒玉遥)
◆M06.制服レジスタンス (熊沢世莉奈・松岡菜摘・田中菜津美)
◆M07.ハート型ウイルス (穴井千尋・多田愛佳・若田部遥) ※マイク出し:宮脇咲良・植木南央・兒玉遥
◆M08.てもでもの涙 (松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.天国野郎 (村重杏奈(ニッカポッカ)・谷真理佳(コックさん)・中西智代梨(メイド)・下野由貴(セーラー服))
(BD:本村碧唯(ランドセル)・田中菜津美(学ラン)・植木南央(ガソリンスタンド)・穴井千尋(ナース)・熊沢世莉奈(画家)・若田部遥(巫女))

下野由貴「みなさん、今日はお忙しい中、私だけのためにお集まりいただきありがとうございます。盛り上がってますか? (イェー) ありがとうございます。これからも下野由貴ソロコンサート、最後までお楽しみください。こんな私は?」
みんなで「天国野郎!」


■MC
谷真理佳・中西智代梨・村重杏奈・下野由貴

下野由貴「私たちはですね、バラエティ班とか呼ばれていますけども、でもこうやってね、MCの場とか作っていただいて、すごく」
中西智代梨「嬉しい」客w
下野由貴「良かったなって思う部分とかもすごいいっぱいあるじゃん。でも逆に今日はバラエティ班で困ったなということについて話していこうかなと思います」

中西智代梨「私はですね、いろいろあるんですけども、私、5月12日に誕生日でして。その時にやっぱメンバーとかにプレゼントもらうんですよ。その時に、なんか、私ちょっと顔がでかいキャラをやってまして」
メンバーたち「キャラ?」
中西智代梨「キャラでしょ?」
下野由貴「キャラということにしとこ」
中西智代梨「しなもんとかほかのいろんなメンバーとかに小顔グッズを」
下野由貴「心を込めてあげたよ」
中西智代梨「いや、いっぱいもらったのよ、ほんとに。洋服とかじゃなくて、小顔グッズいっぱいで。杏奈からはひよこが目玉出す意味不明なやつとか、去年はプリキュアのボタンを押したらなんか変な音が鳴る携帯?」客、軽くw

「全然使わないのに、ネタのものばっかりもらって」
下野由貴「いやいや、うちら心込めてあげたよね」
谷真理佳「そうですよ」
中西智代梨「お前、何もらった?」客、軽くw

「私なんかもらったっけ?」
谷真理佳「あのほら、愛情を」客、軽くw
中西智代梨「もらってない!まだ」
谷真理佳「いやね、忘れて・・・」
中西智代梨「忘れてたの?」客、軽くw
谷真理佳「は、いませんけど、もちろん覚えてます。ちなみになんですが、何が欲しいんですか?」
中西智代梨「やっぱ高級な物が欲しいよね」
谷真理佳「次お願いします」
中西智代梨「自分で訊いといて」
村重杏奈「これも打ち合わせした時、ウケる予定だったんですよ」客w
下野由貴「高級な物が欲しい、爆笑」

村重杏奈「村重はですね、Google+とかでさくらたんとかすごいかわいいポーズとか自撮り載せてるじゃないですか。それを載せたいんですけど、なんか恥ずかしい」
中西智代梨「わかるよ」
村重杏奈「ファンの方から「おい、お前バラエティのくせに」とか言われそうで、ちょっとね」
下野由貴「いつもネタ投稿みたいな感じでおもしろい写真とか載っけてるけどね」
村重杏奈「急にね、アイドルっぽいやつ載せても」
下野由貴「恥ずかしくなっちゃうよね」
村重杏奈「そう、ひかれちゃうかなとか思って恥ずかしい」
中西智代梨「詐欺とか言われるしさ」
下野由貴「いや、お前は詐欺でしょ?」
中西智代梨「えー!? 変わらないよねー?」
村重杏奈「智代梨の写メ、ほんとかわいいよ。でも、Google+見て、握手会行こっかなと思って生見たらウエーッ!ってなる」客w
中西智代梨「ウエーじゃないよ」
谷真理佳「本当のこと言ったらダメですよ」
中西智代梨「どういうこと? よく言われるのよ。「写真はかわいいね」写真って言われるの」
下野由貴「写真はかわいいよ」
中西智代梨「写真も、なのに。もうみなさんやめてくださいよ、握手会とかで」客、軽くw
下野由貴「照れ隠しでもなんでもないですからね」
谷真理佳「ほんとですよ」
メンバーたち「えっ?」
谷真理佳「えっ?なんですか?」
中西智代梨「あなたも言われてるでしょ? 写真のこと」
谷真理佳「言われてませんよー!」
中西智代梨「勢いだけじゃん」客w
谷真理佳「いやね、今日ちょっと調子が・・・」
中西智代梨「良くないの? そうね」
村重杏奈「不調の村重みたいだね」
下野由貴「不調の村重、もっと不調だから」

谷真理佳「私はですね、やっぱり私よく周りの人から明るい性格の持ち主だって言われるんですよ。だから、明るい性格の持ち主だから、みなさまにね、ちょっといろいろな場面で人気が出過ぎて困っちゃうなーってちょっと思ってるんですよ」
村重杏奈「何を言ってるの?あなたは」
下野由貴「ほんとだよ。っていうか智代梨は中学時代から知ってるけど、中学校から人気者みたいな?」
中西智代梨「ちょっと待って。真理佳ね、自分ムードメーカーですよーみたいなこと言ってると思うんだけど、全然違うから」
谷真理佳「いやいやいや・・・」
中西智代梨「前なんか学校で、友達シリアスな場面とかあるじゃないですか」
下野由貴「ピリっとしたね」
中西智代梨「こうガラっと(ドアを開けて)ヤバイなって、空気読むんですけど読まなくて、ガラっ、みんなー!!」客w
下野由貴「朝早い時、ちょっとテンション下がってるんだよ。そういう時、この2人ちゃんと静かにしてくれるんだけど、(谷は)おはようございます!って言ってくるからね」
谷真理佳「いやでもそこもね、かわいいところじゃないですか」
下野由貴「自分で言わないでください。さー、というわけでこんな感じでバラエティ班で困ったなと思うことについて話してみたんですけど、こういう困ったこととかもどんどん私たちならネタにして話していけるような気がするのでこれからもどんどんポジティブに考えていこうかなと思います」

中西智代梨「HKT48チームH「博多レジェンド」公演まだまだ続きます。続いての曲はとてもかわいい曲です。あー、なんだかかわいい動物たちがやってきたぞー!」客、拍手


◆M10.制服のバンビ (兒玉遥・渕上舞・宮脇咲良)
◆M11.遠距離ポスター (下野由貴・多田愛佳・若田部遥・穴井千尋・松岡菜摘・本村碧唯・森保まどか)
◆M12.Two years later
◆M13.回遊魚のキャパシティ
◆M14.シャムネコ
◆M15.大声ダイヤモンド


■MC
◆前半:多田愛佳・穴井千尋・松岡菜摘・兒玉遥・中西智代梨・熊沢世莉奈・植木南央・下野由貴

穴井千尋「というわけで、今回の前半MCはですね、たぶんみんなやってみたいことってたくさんあるはずなので、今日は何をどこでこういうことをやってみたいということについて話していこうかなと思うんですけど」

兒玉遥「私がしてみたいのはここの劇場公演で前座をやりたいと思う。劇場が始まる前にやっぱり早く来ちゃった人とか、ちょっと暇な人とかで自由に入れる感じに」
松岡菜摘「ちょっと暇な人?」客w
兒玉遥「時間余っちゃったなー、よし、行こうみたいな」
下野由貴「南央がね、前座の意味わかってないみたいなんだけど。ちょっと智代梨説明してあげて」
中西智代梨「ここで、座布団をひいて」客、軽くw
兒玉遥「ちょっと違う」
松岡菜摘「歌っても踊ってもいいってことでしょ?」
穴井千尋「そう、何しても」
中西智代梨「娯楽しないといけないのかと思った」
兒玉遥「こういうイベントとか始まる前に」
中西智代梨「パフォーマンス?」
兒玉遥「そうそう、おもてなしじゃないけど」
下野由貴「お客さんを盛り上げるために最初にね」
兒玉遥「そういうやつできたらいいなと思って」
中西智代梨「いいじゃん、それ」
穴井千尋「私いつかギターしたい」客、拍手
メンバーたち → 反応
中西智代梨「怖い怖い」
松岡菜摘「前座じゃなくて、公演の後にしてもらっていいかな?」
下野由貴「ちょっと盛り下がってしまうから」
松岡菜摘「帰っちゃうから」
穴井千尋「そっかそっか」
中西智代梨「けっこうマイナーな曲だよね、あれ」
穴井千尋「じゃ~、公演の後」
松岡菜摘「明るい曲ならいいけどね」
穴井千尋「みなさんは帰らないですよね?私弾いてる時」客、拍手
松岡菜摘「優しい」
穴井千尋「ありがとうございます。いつか叶えたいと思います」
兒玉遥「でもちいちゃん上達したもんね」
穴井千尋「そう、ちょっとだけ」
下野由貴「じゃ~、楽しみに待ってる」
穴井千尋「待っててください」

植木南央「南央はやりたいこといっぱいあるんやけど、南央、エビチリが大好きなんですけど。エビチリが大好きだから、本場のエビチリで中国食べたいです」
メンバーたち「なんて?」
植木南央「本場の中国でエビチリ食べたい。間違えた」
下野由貴「エビチリで中国食べたいって言った」客、軽くw
兒玉遥「しっかりしてよ」
下野由貴「言い直すと本場のところでエビチリが食べたい」
兒玉遥「本場で食べたいってことね」
メンバーたち「南央」「しっかり」
植木南央「てへぺろりん」客、軽くw&かわいい
下野由貴「しっかりして」
松岡菜摘「パクパク、パクパク」
植木南央「パクパクパクパク」
松岡菜摘「意味はなんなの?」
熊沢世莉奈「終わらないから早く言って」
松岡菜摘「りーぬが怒った」

「なつはですね、劇場だけに限らず、男性限定公演とか」客「おー」

「女性限定公演とか、5歳以下の子供公演とか、ちょっとよくないですか? 幼稚園に訪問してもいいし、そういう限定と言いますか。男性の方だと立って、みんなでこう。だから外がいいのかな? 外でワイワイ盛り上がるような」
兒玉遥「おもしろそう」
松岡菜摘「MC多めで女性だとやっぱり」
兒玉遥「ちょっとセクシーな曲も入れたり」
松岡菜摘「そうだね」
中西智代梨「あっ、セクシー?」
兒玉遥「なんで・・・」客w
メンバーたち「やりたいの?」
中西智代梨「セクシーちょっとやりたいなと思って」
松岡菜摘「でもね、子供の前で智代梨大丈夫かなと思って」
中西智代梨「なんで?」
下野由貴「怖がっちゃうよね」
中西智代梨「ウソ? 逆に人気になると思うよ、ちっちゃい子に」
穴井千尋「子供たちの前でなんかするの? 変顔とか?」
中西智代梨「そうね、やっぱりね、子供たちがいるから、ちっちゃい子たちにはやっぱり一発芸大会とか。きっと笑ってくれると信じて。ちっちゃいからどんな反応がするかっていうのも楽しみだし」
松岡菜摘「めっちゃ厳しいかもしれないよ。そういうのもいいな」
メンバーたち「いいじゃないですか」
穴井千尋「しかもこれから夏だから、男性限定の時は野外でやって、子供たちのとこに行った時はその幼稚園の講堂とか」
兒玉遥「まったく一緒やないかい」客w
穴井千尋「ほんとにしたくて」
誰か「もうリピートしただけ」
穴井千尋「大事なことだからさ」
松岡菜摘「起きてた?」客、軽くw
穴井千尋「起きてます、私」
松岡菜摘「さっきのデジャブだよね、なつ言ったもんね。やりたいってことだよね」
穴井千尋「はい、すみません、ということでこれから夏ですので、イベントとかたくさんやれるようにね、私たちもがんばりたいと思います」

# 「イェー」後半組入場

谷真理佳 → 両手高く上げ、威嚇するように宮脇を追いかける(客w)

# メンバーチェンジ

◆後半:田中菜津美・宮脇咲良・谷真理佳・若田部遥・森保まどか・渕上舞・本村碧唯・村重杏奈

若田部遥「なんだったの?今の」
谷真理佳「追いかけごっこです」

田中菜津美「今回のお題は最近発見したこと。なんでも身の回りの発見でもメンバーの発見でもなんでもいいので」

渕上舞「私はですね、人は極限状態に陥ると体がやわらかくなる」
メンバーたち「へー」「どういうこと?」
渕上舞「この間ですね、ホテルに泊まった時に美桜ちゃんの部屋に急いで入ったんですよ。こうやって開けた瞬間、キャリーバックがバーンって開いてて。でもそれを踏むわけにはいけないと思って。けっこう急いで入ったからヤバイと思って、わーってやったらキャリーケースを跨げたんです」
メンバーたち「へー」
若田部遥「あのでかいやつ? 美桜のめっちゃでかいよね」
誰か「一番大きいよ、メンバーの中で」
渕上舞「それを私、あんまり体そこまでやわらかくないんですけど、これは踏んじゃいけないと思ったら、跨げて、そのままスーっと押していきました」
メンバーたち「すごい」
田中菜津美「っていうか、脚の長さ足りるの?」
渕上舞「足りましたよ、こんなちっちゃいけど」
村重杏奈「村重、脚長いよ。。」
田中菜津美「なんでそうやってなんでも入ってくるの?」
メンバーたち「次がんばろう」

本村碧唯「私はですね、最近身の回りっていうか、近所で気づいたことなんですけど。なんか、うちの近く、家かお店かわからないところがあるんですけど」
若田部遥「怖いよ、何それ?」
田中菜津美「家か店かわからない」
本村碧唯「家っぽい店みたいな。よくわからないところがあるんですけど、そこの建物を遠くから見たら、窓とかが全部見えるじゃないですか。おじさんの顔なんですよ、めっちゃ」
メンバーたち「えっ?」
本村碧唯「めっちゃおじさんの。口開いてて」
田中菜津美「なんか写真見せてもらったんですけど、ちょっと若くて、パーツが中心に寄ったおじさんみたいな感じなんですよ」客、軽くw
本村碧唯「口開いてるの、しかも」
若田部遥「あおい、人間ってね、点とか3つあったらね、それ人の顔って認識するんだよ」
本村碧唯「違う。ヒゲもあるんだよ。目と目と口があってヒゲもこうあって。しかもね、口開いてんの。白いの赤いの白いのになってると口みたいにほんとに、ほんと(熱弁)」客w → 拍手
メンバーたち「かわいい」
若田部遥「あおいちゃん良かったね」
田中菜津美「みなさん伝わりましたね?」
渕上舞「後で見せてください」
谷真理佳「すごいなー、かわいいって」

村重杏奈「最近すごい発見したことなんだけど。やっぱ村重ってかわいいなーと思って」
田中菜津美「ほんと、もう見て、ここら辺レベル高いからね」
谷真理佳「そうなんすよ、ここら辺レベル高い」
田中菜津美「谷は違うよ」客w

「谷と村重だったら正直村重のほうがかわいいとは思うよ」客、軽くw
谷真理佳「たしかに私はおブスですけど」
誰か「でも大人っぽいじゃん」
村重杏奈「石原さとみさんにちょっと似てる」
谷真理佳「そうなんです、いいこと言いますね」
村重杏奈「でも村重はトリンドル玲奈さんにちょっと似てるなって」
田中菜津美「ほんとに共感できるからやめて」客w

「で、村重は何を言いたいの?」
村重杏奈「だから村重最近ほんとにかわいいなーってことが発見した」
メンバーたち「そうですね」「次がんばろう」
村重杏奈「今日なんかホームラン打てないね」
若田部遥「いつ打ったの?」客w
田中菜津美「逆にね」
村重杏奈「今でしょ?」
田中菜津美「違うでしょ」客w → 拍手

「打ってないでしょ」
メンバーたち「ヤダ
若田部遥「昨日さ、咲良から「頭で考えてから言ってね」って言われたんですよ」
田中菜津美「村重はね、先に口で言っちゃうから、これはウケるのかなって考えてから言って」
村重杏奈「今日私喋るじゃないですか。さくらたんにずっと「それ今頭の中で考えて言った?」ってずっと言われるんです」客w
宮脇咲良「おもしろくないもん」客w
若田部遥「さすが」
宮脇咲良「次がんばろう」
本村碧唯「次があるよ」
村重杏奈「でも一緒に笑ったことあるよね、さくらたん」
田中菜津美「一緒に笑ったことあるよねってw」

「じゃ~、最後、さくらたん」
宮脇咲良「時々、なつみかんがかわいいなって思う」客、反応
田中菜津美「時々? パっと見?」
宮脇咲良「なんかサって」
若田部遥「それ谷と一緒やん」
谷真理佳「どういうことですか?」
田中菜津美「それってかわいいの? 踊ってる時とか一瞬サって」
宮脇咲良「目が公演の時に合うと「わっ、かわいい」って。ちょっとぱるるさんに似てるよ」
田中菜津美「ほんとに?」
メンバーたち「おー」
若田部遥「咲良それジーと見たらどうなるの?」
宮脇咲良「ジーと見たら、ちょっとごめんなさい」客w&拍手
田中菜津美「なんで、ほんとに・・・」
メンバーたち「カミングアウト」
田中菜津美「でもね、さくらたんとかやっぱかわいい子レベル高いのいっぱいいるしさ」
村重杏奈「村重も高いしね」
谷真理佳「谷真理佳もですね」
田中菜津美「谷はほんとに違う。私と同じ類だからさ」客w
谷真理佳「どういうことですか?」
田中菜津美「一緒にがんばろうということでね」
村重杏奈「村重は咲良と同じ類だね」
田中菜津美「わかった、今から締めようとしたんだけど」客w

「ということでですね、最近発見したものについて話したんですが、これからも後半MCどんどん成長していきたいと思います」

森保まどか「今日はみなさん一緒に私たちと盛り上がってくださって、ほんとにありがとうございました。私たちHKT48は第三期生を募集することになりました。今までの一期生、二期生39名に加えて、三期生が加わることにより、もっともっと大きな力になると思います。みんなで未来の扉をノックしていけるようなグループになりたいと思います。それでは聴いてください。未来の扉」


◆M16.未来の扉


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


◆M17.会いたかった ※ショートバージョン(サビのみ)


植木南央「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

植木南央「半分からこっち(上手側)のみなさん、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「こっち(下手側)のみなさん、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「じゃ~、最後に、みなさん、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「ありがとうえき」客、軽くw

「それでは次はHKT48のオリジナル曲を2曲続けて聴いてください」

兒玉遥「それではこの曲からです。聴いてください。お願いヴァレンティヌ」


◆M18.お願いヴァレンティヌ
◆M19.スキ!スキ!スキップ!


宮脇咲良「お願いヴァレンティヌ・スキ!スキ!スキップ! 2曲続けて聴いていただきました」

穴井千尋「あれっ? みなさん、もしかして、もしかして、まだ体力残ってますか?」客「イェー!」

「ならまだまだ汗水流す準備できてますか?」客「イェー!」

「これなら今からですね、最後の曲の前にもう1曲披露させていただきたいと思います」

松岡菜摘「聴いてください。さよならクロール」客、ひゅ~


◆M20.さよならクロール


松岡菜摘「HKT48チームHバージョンで「さよならクロール」を聴いていただきました。この曲はですね、先日の5月22日に発売されたAKB48さんの新曲なんですけど、チームHからは宮脇咲良ちゃんと兒玉遥ちゃんが参加しているんですよね? ということで沖縄で撮ったんだっけ?ミュージックビデオを」
兒玉遥「そうそう」
松岡菜摘「だからちょっと感想だったりとか聞きたいなと思うんですけど。咲良から」
宮脇咲良「初めて私、沖縄に行ったんですけど、すごく海がキレイで、しかも蜷川さんに監督として撮っていただいたので、色彩がすごいかわいくて、バルーンとかプールの中に風船を膨らませて入れたりとかして、すごくかわいかったです」
松岡菜摘「なんかさ、潜ってるシーンなかった? 潜水みたいな」
メンバーたち「あった」
松岡菜摘「メイキングに入ってるのかな?」
兒玉遥「私、潜水のところちゅかわれてるよ」客w
メンバーたち「ちゅかわれてるよ」
兒玉遥「しかも3分33秒のところ」
メンバーたち「おー」
松岡菜摘「じゃ~、みなさん、今日帰ったら3分33秒。へー、でもあれでしょ? 酸素とかつけずに」
兒玉遥「目開けてます」
松岡菜摘「入ってるのを撮られてるんだよね?」
兒玉遥「そうなんですよ」
宮脇咲良「私もしたけどね、浮いてきちゃった」客w
松岡菜摘「かわいい。あれだよね。夏っぽくて振り付けとかもクロールしる、鼻摘んでるあれだったりとかあって、すごく夏らしいんですけど、夏らしいと言えばね」
メンバーたち「あれっ?」
松岡菜摘「みなさん、この曲いつ聴くの?」客「今でしょ!」
メンバーたち「いいね」
松岡菜摘「一体感がね。ということで、みなさんぜひ「さよならクロール」を今年の夏はたっくさん聴いていただけたらいいなと思います」

本村碧唯「それでは次が本当に最後の曲になります。今日はみなさんと一緒に盛り上がることができて本当に嬉しかったです。私たちはこれからもみなさんがこのままずっと笑顔でいられるように幸せをいっぱいいっぱい届けていけたらいいなと思います。それでは最後の曲聴いてください。白いシャツ」


◆M21.白いシャツ


兒玉遥「本日はご来場いただきまして、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 兒玉遥 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 兒玉遥の「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:スキ!スキ!スキップ!)

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■率直な感想 (私見)
3日続けての「博多レジェンド」公演。
続けて公演できてる点が良いのか、この3日間の中で一番いいデキだったと思うし、これまでの「博多レジェンド」公演の中でも一番いいデキだったんじゃないかと思う。

この「博多レジェンド」公演はワンハーフが多く、ワンハーフの曲は曲の世界観が作り上げられる前に終わっちゃう感じで、なかなか難しいなと思う部分もあるのだけれども、そういった違った意味で難しいこの「博多レジェンド」公演をメンバーたちは少しずつ自分たちのものにしてきてるんじゃないかなと思う。

そういや、1曲目のHKT48は最初はずいぶんやんわりした印象だったけれども、最近はそう感じることも無くなってきた。

以上

HKT48 LIVE!! ON DEMAND
6月12日(水) チームH「博多レジェンド」公演

公演後の感想 → 熊沢世莉奈&植木南央

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
穴井千尋
植木南央
多田愛佳
熊沢世莉奈
兒玉遥
指原莉乃
下野由貴
田中菜津美
中西智代梨
松岡菜摘
宮脇咲良
村重杏奈
本村碧唯
森保まどか
若田部遥


SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND