研究生あるある (2013/05/23、HKT48研究生)

HKT48劇場 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 139回目

■出演メンバー
安陪恭加・深川舞子・伊藤来笑・上野遥・岡田栞奈・岡本尚子・草場愛・神志那結衣・駒田京伽・坂口理子・田島芽瑠・田中優香・谷真理佳・朝長美桜・渕上舞・山田麻莉奈



■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
田島芽瑠「みなさんこんばんは! HKT48」
みんなで「研究生です」客、拍手

田島芽瑠「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」が始まりました!」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

田島芽瑠「PARTYが始まるよ・Dear my teacher・毒リンゴを食べさせて、3曲続けて聴いていただきました。みなさん盛り上がってますか?」客、イェー!&拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

田島芽瑠「本日は昔の自分とおさらばしたいこと、このお題に沿って1人ずつ自己紹介をさせてください」

【1列目 下手側から順に】
渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 高校2年生のお天気キャスターになりたい、舞ちゃんこと渕上舞です」

「私はですね、さよならしたいことなんですけど、今ちょっと高校2年生なのに子供っぽい自分だなってよく思うので、もっと大人っぽくなりたいなって思ってるんですけど、その話を以前Google+でした時に、いや、まだまだどっちも、境目の君でいて、みたいな感じで書いてくださった方がいて、そのコメントを読んで、今の私にしかできない境目? 境界の自分がいるかなと思うので、これからは大人っぽさも子供っぽさも出していけるようにがんばります」

上野遥「いつでもどこでもみーんなの季節は? (はるか!) ありがとうございます。13歳のはるたんこと上野遥です」

「私はさよならできたことなんですけど。さよならできたことは携帯の待ち受け画面を変えられるようになったことです。携帯画面の待ち受け画面が全然変えられなくて、買った時のまんまの壁紙だったんですよ。でも、今日は休演なんですけど、しのこと岩花詩乃ちゃんがけっこうな機械を操れるようで、ずーっと教えてもらってたら、ついこの間、待ち受け画面を自分の好きな画像に変えられるようになりました」客、拍手

「ありがとうございます」
渕上舞「今度私にも教えてね」
上野遥「できないの?」客w
渕上舞「よろしくお願いします」
上野遥「それと、待ち受け画面と携帯の裏技もどんどんできるようにがんばりたいなと思います」

田島芽瑠「あなたのハートを射止める♪ HKT48の太陽になりたい。2000年生まれの13才 めること田島芽瑠です」

「私のおさらばしたいことは私には低学年の弟がいるんですけど、喋り言葉が赤ちゃん言葉なんですよ、私が。私が赤ちゃん言葉になっちゃってて、「今からちゃぷちゃぷしておいで」とか」客、軽くw

「ダダダがいるよとか、ブーブーしてるよとか」
坂口理子「ダダダって何?」
田島芽瑠「ダダダってクモそんなのことだよ」
メンバーたち「えー?」
田島芽瑠「ちっちゃい頃から・・・」
坂口理子「なんかすごい、英語みたいだね」
田島芽瑠「ちっちゃい頃からダダダ!ダダダ!って言ってたらしくて、それからずっとダダダって言ったり、あと掃除機のことブーブーって言ってたり。ブーブーするからあっち行ってね、とか言ってるんですけど、だから、もう小学校に弟が上がったので、そろそろこの喋り方もやめないといけないなって思います」

岡本尚子「ポンポン ポポポン なおぽん! ハーイ! 福岡県出身、高校2年生、17歳のアニメと酢もつがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」

「私のさよならできた自分はですね、昨日の出来事なんですけど、保健室に身長を測りに行きまして。今まで151.7しかなかった身長が、なんと152.5まで身長が伸びていてですね」客、拍手
坂口理子「けっこうだね」
岡本尚子「そう。あの身長がちっちゃかった頃の自分とはさよならできて、すごく嬉しいんですけど、きっとそれは大好きな酢もつも毎日食べれて、こうやってかわいい女の子たちの太ももも毎日拝めて、毎日幸せに生きていけたから、こうやって身長が伸びたんじゃないかなって思うので、今後も身長を伸ばしていきたいなってさっき思ったんですけど、よくよく考えたらですね、身長が伸びたらメンバーの太ももが拝めなくなってしまうので、身長を伸ばすのはほどほどにしながらこれからも楽しんでいきたいと思います」

山田麻莉奈「今日も1日 たかまりり! ありがとうございます。2.5次元のお姫様になりたい。こう見えても社会人、18歳のまりりこと山田麻莉奈です」

「私がさよならしたことは、怖がりな私にさよならできたんですけど」
田島芽瑠「すごい」
山田麻莉奈「あっ、ありがとう」客、軽くw

「それで、私は普段は大丈夫なんですけど、怖い話を聞くと1人でトイレに行けなかったんですよ。でも、最近はある程度怖い話なら行けるようになったので、これからもメンバーに頼らずにいきたいと思います」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から順に】
伊藤来笑「カムスマイル♪ カムスマイル♪ ライライラー! ありがとうございます。愛媛県出身、14歳、今日もみ~んなにカムスマイル♪ らいらこと伊藤来笑です」

「私がさよならしたことはですね、昔の自分なんですけど、私今では変態キャラって言われてて。昔、HKTに入って、夏のレッスンの頃は2期生の中で一番心がピュアなんじゃないかなってぐらい」
草場愛「いや、ウソでしょ?ウソでしょ?」客、軽くw
伊藤来笑「いや、ウソじゃないよ。ピュアで、ほんとに純粋な子だったはずなんですよ。でも、私を変えたある人物がいまして。人妻ことぴーちゃんなんですけど」
駒田京伽「人妻じゃないんですけども」
伊藤来笑「ぴーちゃんは人妻って言われるだけあって、なんか魅力的なものがあるのかわかんないんですけど、私はそれに惹かれてしまって、ちょっとした好奇心でぴーちゃんにチューをしたんですよ。そしたら、変なスイッチが入っちゃったのかなんなのかわかんないんですけど、みんなにもそういうことをしてしまって、いつも迷惑かけてるんですけど、これからはHKT48で一番変態と言われるような人になろうかなって・・・」
朝長美桜「やめてー。お願いだから変態は嫌」客w
伊藤来笑「みおたん、後で楽屋で一緒に話そう」
朝長美桜「わかった」
伊藤来笑「2人で」
朝長美桜「嫌だ(ほんとに嫌な表情)」客w

岡田栞奈「みーんなに幸せを届ける 青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん。福岡県出身、15歳、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私がさよならしたいことはですね、考え直したんですけど、15歳 岡田栞奈。江頭さんに頼り過ぎてました」客w
坂口理子「けっこうね、やらせてもらってきたもんね」
岡田栞奈「今まで、ありがとうございました」
メンバーたち「えっ? うそ?」
坂口理子「もしやの新ネタ?」客「おっ」
岡田栞奈「江頭さん卒業した・・・と言いたいところなんですが、ちょっと今日新ネタを考えてきたんで」客、拍手

「それが好評だったら乗り換えようかなっていう」
坂口理子「ってことは江頭さんじゃないってこと?」
岡田栞奈「そうだよ。全然違う」
メンバーたち「初めて見るよ、それ」「メンバーでもたぶん初めてだもん」
岡田栞奈「題名、研ナオコさん」客、反応
坂口理子「大御所よ」
岡田栞奈「じゃ~、いきます。3・2・1 ハサミが2つ、海苔が2つ ナマタマゴ~~。。」
メンバーたち「あっ、ダメやな、これ」「江頭さんでいこう」
岡田栞奈「じゃ~、もう江頭さんに執着したいと思います。(マイクを外し)ハイ、今日は1日よろしくお願いします!」

田中優香「やり難いからちょっと静かにして」客w

「優香の香りは優しい香り。みんなの妹になりたい、12歳、ゆうたんこと田中優香です」

「私のさよならしたいことは、歯磨き粉なんですけど。私、大人用の歯磨き粉が使えなくて、子供用のメロン味とかイチゴ味とかそういうのをずっとしてきて。今日歯磨き粉を忘れてしまって、芽瑠ちゃんに貸してもらったんですけど、芽瑠ちゃんすごい大人で、辛い歯磨き粉・・・」
坂口理子「同い年でしょ?」
田中優香「同い年じゃないよ、1コ下」
坂口理子「1コ下か。ごめんね」客w
田中優香「もう。だから、すごい辛くて、借りたのは良かったんですけど、すぐ「ペッ」って吐いてしまったので、これからは大人用の歯磨き粉を買って、毎日それで特訓し続けて、大人用の歯磨き粉も使えるようになりたいです。でも、メロン味とかイチゴ味とかもちょっとたまには楽しみたいです」

朝長美桜「みーお(meを)笑顔にしてくれますか? (はーい!) ありがとうございます。笑うと目の形がカシューナッツになります、みおこと朝長美桜です」

「私、さよならしたことなんですけど。なんか今までこうやって、こんなたくさんの人が来てくださってる中で、立って1人で話するっていうのはできなかったんですけど、今は、ちょっと緊張してるけど、話せるようになったので良かったです」

谷真理佳「福岡県出身、17歳、(上手側へ行き)いつでも (ダッシュで下手側へ)どこでも」
メンバーたち「キャー」
谷真理佳「あなたを笑顔にさせちゃいます。チャームポイントはヘリウム声~の真理佳こと谷真理佳です」
朝長美桜「ビックリしたよ、真理佳」
谷真理佳「(妙な手つきと共に)あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す。どうやった?」
朝長美桜「ビックリした。食べられるかと思った」
谷真理佳「かわいいね。食べたかった、じゃないですよ。あのですね、私が今から話すことはですね、さよならしたいことなんですけど。あの、初めての方もたくさんいると思うんですが、私、最近ちょっとキャラクターがですね、ちょっとメンバーから少々ウザイキャラになってきたんじゃないのかな?って言われはじめてて」
誰か「訊かんとわかるやろ」
谷真理佳「おいおい。なので、私、そろそろ飽きられ時かなって自分で思い始めたんですけど、今私が喋ってる中で飽きたなって思う人?」客、反応小

「ちょっとー。そこはもっと上げるべきですよ」
メンバーたち「えー?」「上げて欲しかったの?」
谷真理佳「そう、ちょっと構って欲しかった。だから、ちょっとこのキャラクターをそろそろ卒業しようかなと思ってて」
朝長美桜「私、ウザイ真理佳も好きだよー」
谷真理佳「それ、誰かに言わされてる?」
朝長美桜「真理佳に言ってって言われた」客w
谷真理佳「ちょっと誰から言われたの? もう、いやらしい子に育っちゃって。でもね、今みおたすから言われたので、このね、かわいいキャラクターを保っていきたいと思います」

神志那結衣「あなたのハートを工事ちゅう! 今日はみ~んなに会えて うれ じーな! ありがとうございます。福岡県出身、高校1年生の15歳、グミがめっちゃ好きっちゃん。じーなこと神志那結衣です」

「私は、さよならしたいことなんですけど。私、テレビとかで食べ物を食べた時にレポートとかするんですけど、その時によく芸人さんとかから胡散臭いって言われるんですよ。だから、でも私はそんなに胡散臭いとは思わないんですよ。なのでちょっとみなさんに見ていただけないかなと思って、ちょっとやってみてもいいですか? レポートみたいな」客、拍手
メンバーたち「見たい」
神志那結衣「レポート、餃子編。おー、すごい! 湯気が出てる。じゃ~、ちょっと食べてみますね。おー! パリってしてますね。すごい、中にジューシーな肉汁が入ってて、すごい美味しいです。はい、どうですか?」
坂口理子「これどうすればいいかわかんない」客、軽くw

「手震え過ぎだし大丈夫かい?」
神志那結衣「それわざとですよ。よくあるじゃないですか、こういうの。なのでこれから極めていきたいと思います」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から順に】
駒田京伽「宮崎生まれのトロピカール娘、いろんな味を楽しんで欲しいっちゃわ。宮崎県出身、高校2年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「わたくしがさよならしたことはですね、服装なんですけれども。わたくし最近、わたくしじゃない、私最近」客、軽くw

「スカートとかワンピースとかを着るんですけど、小学校の時はもう半袖短パンで、髪の毛も肩より上で、色も黒くて、男の子に間違われてたんですよ、よく。でも、中学校に入ってから制服でスカートだったので、そっから女子力を高めていったんですけど、また機会があれば男装とかをしてみたいなと思っております」客、反応

草場愛「愛と書いてまなみやけん。覚えてくれたらまなみの愛をプレゼント♪ (ありがとう!) ありがとうございます。福岡県出身、17歳、高校3年生のまなみんこと草場愛です」

「私がさよならしたことはダサイ自分なんですけど」
坂口理子「ダサイかな? イケイケじゃん」
草場愛「いや、全然」客、軽くw

「何が?何が? ダサかったんですよ。ちっちゃい頃とかけっこうファッションとかどうでもいい感じで、お洋服を買うならゲームを買いたいっていう感じの人だったんですよ。でも、歳を重ねるごとにファッションにも興味が出てきて、ゲームよりお洋服を買いたくなったので、ダサイ自分にさよならしたかなって思うんですけど、けっこう私、雑誌も買うようになって、私の大好きな雑誌に今月なんと村重さんが載ってたんですよ。で、めっちゃかわいかったんですよ。しかもメイクのページで、超ドアップで、めっちゃかわいくて、もうほんと天使みたいで。「えっ?ヤバイ。私も載りたい」ってなったので、もうちょっとちゃんとかわいくなって、オシャレになった、自分磨きをもっとして、その雑誌に載れるようにがんばりたいと思います」

坂口理子「今日でみ~んな りこぴの虜!福岡県出身、18歳、セクシー担当になりたい、りこぴこと坂口理子です」

「私のさよならしたことなんですけど。雷なんですけども、今ちょっと歳の割りにそんなこと言うなみたいな顔されたんですが、大丈夫ですか? 雷が怖い方いますか?この中で。意外といますね。私、雷がほんとに怖くて。夏のレッスンの時にですね、レッスン場で雷が鳴ったことがあったんですよ。その時に、みんながキャー!って、雷鳴ってない?みたいな感じで言い出したんですよ。私1人すごい怖くて、キャーも言えなかったんですよ。「えっ?鳴ってる。どうしよう。ゴロゴロ言ってる」と思って、ずっとその場に棒立ちだったんですけど、周りを見るとみんな平然でして、ほとんど。だから私はもう大人ですし、雷なんて怖くない、狼なんて怖くないと、そんな感じでですね、言いたいと思うんですけど、もし雷が鳴って、この劇場に落ちたら、私を誰か助けてください♪」

深川舞子「みなさんの前にも笑顔と幸せが まいこむ! ありがとうございます。福岡県出身、13歳、中学2年生のまいこむこと深川舞子です」

「私はですね、さよならしたことなんですけど。私はちょっと自分運動音痴でして、鉄棒とかで、地球回りとか、豚のしっぽとか、あと逆上がりすらもできなかったんですよ。だけど、小学校6年生の時にたまたま鉄棒に行って、逆上がりをやってみようと思ったんですよ。そしたら、できてしまったんですよ、逆上がりが。だから、私その日からずっと逆上がりができるようになったので、運動音痴からはさよならしたと思います」

安陪恭加「あべ! あべ! あべっこりー! 好きな食べ物はブロッコリーの天ぷら。15歳のきょうかこと安陪恭加です」
坂口理子「大丈夫ですか? 今日も声が裏返ってますけど」客、軽くw
安陪恭加「気にしないで大丈夫w ということで、さよならしたことなんですけど。私は、何言おうとしたんだっけな?」
坂口理子「お菓子じゃないですか?」
安陪恭加「お菓子もさよならしたいけど」
駒田京伽「ブロッコリーじゃないですか?」
安陪恭加「ブロッコリーでしたっけ?」客w
深川舞子「ファンの人に訊いてもわかんないでしょ?」
安陪恭加「なんだっけ? あっ」客「おー」

「なんだっけ?」
坂口理子「ほんとに忘れてるんですか?」
安陪恭加「忘れちゃった。さっきまで覚えてたのに」客「記憶」
坂口理子「上手いですね、お兄さん」
安陪恭加「私は、なんでしたっけ?」
深川舞子「うちも聞いたよ、さっき」
安陪恭加「聞いたよね? なんだっけ?」
草場愛「声が裏返るとかですか?」
安陪恭加「それかも。そうなんです、私はすぐ声が裏上げってしまって」客w
メンバーたち「いいんですか?」「けっこうタメたね」
安陪恭加「私すごい声が裏返るじゃないですか。だから、でもこの中でみんな裏返らないじゃないですか、声が。裏返るのはみおたすぐらいで」客、軽くw

「だから、私も早くみんなの仲間入りしたいなと思います。がんばります」

駒田京伽「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」以上のメンバーでお送りします。みなさんまだまだ盛り上がっていただけますか?」客、反応

「盛り上がっていただけますか!?」客、反応

「ありがとうございます。一緒に楽しんでいきましょう。それではまずはこの曲からです」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.スカート、ひらり (上野遥・田島芽瑠・渕上舞・岡本尚子・山田麻莉奈)
◆M05.クラスメイト (伊藤来笑・田中優香・谷真理佳・朝長美桜・岡田栞奈)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (駒田京伽=キーボード・渕上舞=ボーカル)
◆M07.キスはだめよ (神志那結衣・坂口理子・草場愛)
◆M08.星の温度 (田島芽瑠・岡本尚子・深川舞子・安陪恭加)


■MC
# M08「星の温度」以外のメンバー、ステージへ

渕上舞「みなさん、まだまだ盛り上がっていきましょう!」

「私たちHKT48研究生あるあるを言っていきたいと思います」

伊藤来笑「私の研究生あるあるはみんなたぶん一緒にいる時間が長いからなのかもしれないんですけど、1人がやり出したことみんなやり出したり、その物に嵌ったりするんですよ」
坂口理子「例えば?」
伊藤来笑「今までだと、タピオカだったり、ヨーグルトいろいろあるんですけど、あとは、今日は休演なんですけど、冨吉明日香ちゃんが作ったトミヨシビックリとか、あと井上由莉耶ちゃんのことを由莉耶姉さんって呼ぶのも明日香から始まって。でも冷める時はみんな一気に冷めるんです」
坂口理子「なんか一緒だもんね。同じことしてるじゃん。同じ環境にずっといるから、同じことするしかないんじゃない?もう」
谷真理佳でもなんか、家族みたいだね」客、軽くw
坂口理子「そうだね。言ってることはいいことだけど」
メンバーたち「珍しくいいこと言ったね、真理佳」
谷真理佳「ありがとう」
誰か「ちょっとイライラした」客、軽くw

上野遥「私の研究生あるあるはみんな前髪が伸びるのが早い」
メンバーたち「あー」「それある」
上野遥「1日に1回誰か切ってるぐらいのスピードでめっちゃ前髪が伸びるんですよ、みんな」
坂口理子「それは人数がいっぱいいるからってことじゃない? 誰かが切ったら誰かが切るみたいな」
岡田栞奈「でも、私1回切るじゃん。2、3日で生えてくる」
メンバーたち「えー?」
上野遥「ちょっといいですか? あの、急にダジャレを思いついたんですよ」客、軽くw
メンバーたち「出た」「大丈夫?」
上野遥「言ってもいいですか?」客、拍手

「ありがとうございます」
谷真理佳「あらっ、歓迎の拍手」
渕上舞「はるたん、お願いします」
上野遥「はい。前髪が長いと前が見えない」客「しけた~ん」

「ありがとう!」
谷真理佳「しけたんいただきました」
坂口理子「ファンの人が対応できるようになってる」
誰か「すごいけど、ウケてはないんだよね」
谷真理佳「はるたん。しけたんってどういう意味?」
上野遥「なんか、岩花詩乃ちゃんがあるあるYYテレビの時に、私が喋ったらいつもしけちゃうから、しけたんってなって。はるたん、しけたんみたいな」
渕上舞「シケるっていうより納得しちゃうよ、なんか」
上野遥「ほんと?」
駒田京伽「でも今1人だけだったよ、納得してたの」
坂口理子「たぶんそう」

渕上舞「次なんかある人?」
メンバーたち「ハーイ」
渕上舞「じゃ~、ゆうたん」
草場愛「来笑襲わないで」
坂口理子「来笑が襲おうとしてる」
田中優香「私はみんなフレッシュなはずなのに、老けてる?」
坂口理子「誰が老けとうや」
田中優香「理子ちゃんじゃなくて。そういう意味じゃなくて、笑うとほうれい線ができたり」
谷真理佳「えっ? 誰?」
田中優香「いや、君だから」客、軽くw
谷真理佳「それ私のコンプレックス」
渕上舞「いつもネタにしてんじゃん、自分で」
田中優香「いっつもネタにしてるから言ってあげたんだよ」
坂口理子「でも真理佳がいて良かったよね。いなくて言ったら悪口になっちゃう」客、軽くw
谷真理佳「さっきゆうたん老けてるって言ったけどさ、ここのメンバーの中に社会人がいますよね、1人」
上野遥「2人」
メンバーたち「まりりも」
谷真理佳「2人?」
坂口理子「そうだよ。まりりがあんなに童顔なだけでね」
メンバーたち「まりりは見えない」
坂口理子「うちもね、小学生に間違われたことあるんですよ、こう見えても」
メンバーたち「絶対ない」
坂口理子「ほんと。バス乗っとったらおばあちゃんに「あなた小学生? かわいいねー」って言われたの」
駒田京伽「理子ちゃん、無理しないでいいから」
坂口理子「わかった」

朝長美桜「あるあるは、楽屋がもうすっごい賑やか。私はよくロッカーとロッカーの間でみんなの様子見てるんですけど、なんか、例えば、すっごい甲高い声で歌って、話してすっごいうるさい子がいたり」
谷真理佳「美声じゃなくて?」
朝長美桜「美声じゃないよ。高くてうるさいの」
谷真理佳「美桜が言うと褒め言葉に聞こえる」
朝長美桜「来笑がずっとチューして襲ってきたり、あと、なんか、黒パンとシャツを着て、だけで、セクシーな格好で楽屋をずーっと歩き回ってる」
メンバーたち「誰?」「りこぴ?」
坂口理子「私? みんなじゃん。みんな裸でしょ?」
メンバーたち → 反応
朝長美桜「理子ちゃんだけなの」
坂口理子「そうなの? ごめんね」
朝長美桜「でもね、そういうの見てるのすごい楽しいからいいの」
メンバーたち「ほんと?」「やさしい」「さすがみおたす」
谷真理佳「そんな私も好き?」
朝長美桜「んー、好き」客w
谷真理佳「かわいいねー」
渕上舞「みんな好きなのね」

「最後に何かある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 「星の温度」メンバー、ステージへ
メンバーたち「おかえり」

岡本尚子「私のHKT48の研究生あるあるはですね、みんな楽屋に私物の携帯とぐぐたす携帯を持ってくるんですけど、充電器も一緒に持ってくるんで、どのコンセントも全部携帯の充電器が挿さってて、ゲームの充電しようと思ってもできなくて」
草場愛「ゲームも携帯もお家でね、ちゃんとみんな充電してきてください。電気代が掛かっちゃうからね」

「ということで、今日は研究生あるあるについて話してきました。これから、今まで以上にこのメンバーと過ごす時間が増えて行くと思うので、もっともっとみんなで協力して、いい関係を築き上げていきたいと思います。それでは次の曲を聴いてください。桜の花びらたち」


◆M09.桜の花びらたち


朝長美桜「今日という日が終わっても、みなさんと私たちは明日も青空の下で繋がっています。それでは聴いてください。桜の花びらたち、あっ、間違った」客w

「ごめんなさい」
草場愛「もう1回いこうか。もう1回ね」
朝長美桜「それでは次の曲聴いてください。青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


田島芽瑠「アンコールありがとうございます」

◆M11.HKT48
◆M12.スカート、ひらり


渕上舞「アンコール1曲目「HKT48」、2曲目「スカート、ひらり」を聴いていただきました。HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」次が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。今日という日を忘れずに心を込めて歌います。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M13.桜の花びらたち


谷真理佳「本日は最後まで私たちと一緒に盛り上がっていただき本当にありがとうございます。ここで感謝の気持ちを込めて、もう1曲だけ披露させてください」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

# メンバーたち所定の位置へ

谷真理佳「それでは聴いてください。スキ!スキ!スキップ!」


◆M14.スキ!スキ!スキップ!


谷真理佳「スキ!スキ!スキップ!を研究生バージョンで聴いていただきました。この曲は私たちの待望のデビューシングルなので、ぜひチェックしてみてください。よろしくお願いします!」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手


駒田京伽「そして、私たちはこれまで震災復興の曲として、「誰かのために」「風は吹いている」の2曲を歌わせていただきました。これから披露させていただく曲は新しい復興支援の為の曲です」

「それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M15.掌が語ること


駒田京伽「掌が語ることを聴いていただきました。私たちはこれからもこの曲を大切にして、復興支援活動を続けていきたいと思います。そして、今から5月21日に受付が開始されたAKB48 32枚目のシングル選抜総選挙の選挙解説VTRを流したいと思います。ぜひチェックしてみてください」

田島芽瑠「本日はご来場いただきまして本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 田島芽瑠 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 田島芽瑠「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM:桜の花びらたち / メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■「AKB48 32ndシングル選抜総選挙 投票解説VTR」上映

■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■復興応援ソング「掌が語ること」無料配信中
AKB48公式サイト「誰かのために」プロジェクトにて、無料配信中

http://www.akb48.co.jp/darekanotameni/


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
5月23日(木) 研究生「PARTYが始まるよ」公演

公演後の感想 → 草場愛&田中優香

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
安陪恭加
今田美奈
深川舞子
秋吉優花
伊藤来笑
井上由莉耶
岩花詩乃
宇井真白
上野遥
梅本泉
岡田栞奈
岡本尚子
草場愛
神志那結衣
後藤泉
駒田京伽
坂口理子
田島芽瑠
田中優香
谷真理佳
冨吉明日香
朝長美桜
渕上舞
山田麻莉奈





カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ