FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

最初 佐藤聖羅さんがすごい怖かったです (2013/04/05、チームKII)

SKE48劇場 / SKE48 チームKⅡ 3rd「ラムネの飲み方」公演

■出演メンバー
赤枝里々奈・阿比留李帆・井口栞里・小木曽汐莉・加藤智子・後藤理沙子・佐藤聖羅・佐藤実絵子・松本梨奈・向田茉夏・矢方美紀・山田澪花・市野成美・岩永亞美・日置実希・山田みずほ

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.兆し
◆M02.校庭の仔犬
◆M03.ディスコ保健室
◆M04.お待たせSet list


■MC (自己紹介)
矢方美紀「みなさん、こんばんは!」
みんなで「SKE48チームKIIです!」客、拍手

矢方美紀「始まりましたチームKII 3rd「ラムネの飲み方」公演、私たちにとって初めてのオリジナル公演です。まず1曲目から 兆し・校庭の仔犬・ディスコ保健室・お待たせSet list、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。それではまずはじめにメンバーの自己紹介をさせていただきます。まずは佐藤聖羅さんから、どうぞ」

【1列目 上手側から】
佐藤聖羅「水泳は得意、でも陸上競技は苦手。ゴーイングマイウェイなSKEの人魚姫、佐藤聖羅です」

「一発目の自己紹介が初めて過ぎて、こんな緊張するもんなのかなみたいな」客w

「いっつも最後から二番目くらいなんですよ。なので、ちょっと今日はこの立ち位置に負けないようにですね、先陣を切って、KII引っ張って行けたらなと思います(ちょい噛み)。動揺しちゃってます、ごめんね。よろしくお願いします」

松本梨奈「ふんわりモードであなたを見つめたい、いつもスマイリーな19歳の松本梨奈です」

「今朝ですね、真那さんとお化粧してたんですよ。で、朝早い仕事だったので。その時に真那さんがアイシャドーを忘れたと。私が貸してあげようと思ったら、「まつりなのアイシャドー汚くて使えない」とか言って」客w

「全然汚くないんですよ。すごいポーチにも整頓して入れてあるのに「汚くて使えない」ってすごいショックだったんで、今日はですね、挽回して、キレイな私を少しでも引き出せたらいいなと思っています」

矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! ありがとうございます。大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なSKE48チームKIIのみきてぃこと矢方美紀です」

「ちょっと先ほど生中継のほうに行ってて、SKE48ってずっと言ってたんで、最初にチームKII公演なのに、また自分のチームKIIというのをアピールしてしまいました。ということでですね、今日は朝早過ぎてか、携帯を持ってくるのを忘れてですね、ちょっと桜の名所に行ったのに、桜を撮れないというすごくおバカなことをしてしまったのでですね、今日はこの公演でセンターに立ったので心のフィルムでみなさんを保存していきたいなと思うので」客、拍手

「ありがとうございます。よろしくお願いします」

向田茉夏「どんな時も笑顔を忘れず、みなさんに笑顔の花束をお届けします、チームKIIの向田茉夏 16歳です」

「今日はワンちゃんをやらせていただきまして、初めて成功しました」客、拍手

「前回成功したと思ったら耳が逆でですね、ちょっとショックなことあったんですけど、今日は出だしから好調ということで、この調子で今日はいきたいと思います」

井口栞里「身長174センチ、SKEのテレビ塔! いぐっちこと18歳の井口栞里です」

「今日朝レッスンが早く終わったので、モーニングにチームEに内山命ちゃんと研究生の犬塚あさなちゃんの3人で久々にね、いっぱい喋ろうということで、モーニングに行きまして、で、そこがお会計が1人1人できないとこでして、私にお金預けてって言って、お金を2人からもらってたんですよ。みこってぃからまず小銭をもらって、あっ、ありがとうって言って。犬塚からもらったらベチャベチャしてるんですよ」客w

「こんなの使いたくないんだけどって言って。そんな手汗つきの小銭をもらったわけなんですが、今日はみなさん手汗ではなく、全身から汗をかくような熱い公演にしていきたいと思います。今日はいぐっちパワーを発信! (受信) ありがとうございます。よろしくお願いします」

# 1列目捌ける


【2列目 上手側から】
後藤理沙子「みんな~ しりとりの時間だよ。最初はしりとりのから。せーの、りさこ ゴリラ らりるれり~ん ありがとうございます。15歳の後藤理沙子です」

「あのですね、SKEカフェってラッキークラクションっていう、メンバーがいきなり現れて、ファンの方のテーブルに行って、お水を汲みに行くイベントが今あるんですけども、今日も加藤智子ちゃんと井口栞里さんが公演前に来たんですけど、私まだそのイベントに参加したことがなくて。市野成美ちゃんがそのイベントに2回も行ったことがあると聞きまして。どんなことやるの?って聞いたんですよ。そしたら(マネて)「ん? 水やり」って」客w

「花じゃないんだからさ。たしかにファンのみなさんは花みたいなものですよ」客「おー」

「ファンのみなさんは花みたいなものなので、今日の公演は私たちが水でファンのみなさんが花で、笑顔満開花畑になっちゃうくらい楽しい公演を作り上げていきたいと思います」

山田澪花「いつも天真爛漫な笑顔! ビッグスマイルがチャームポイントの岐阜県出身、17歳、山田澪花です」

「あのですね、この間の自己紹介MCで、衣装さんにメンバーぶる人がいるっていう話をしたんですけど、最近はヒートアップして、円陣にも入ってくるようになったんですよ」客、軽くw

「でも今日なんかその人はすごいオシャレで、ブリティッシュウーマンみたいなすごい、イングランドの国旗を付けてたんですよ。なので、今日は私もイギリスっぽくいきたいと思います」

日置実希「涙の先に実る希望。夢見る大和撫子、20歳、研究生の日置実希です」

「私最近KIIさんの公演に出させていただいて、気づいたことがあるんですけど。私実は研究生では20歳と年も上のほうで、どうしても年寄り扱いをされてしまうんですけれども」
佐藤実絵子 → 反応(客w)
日置実希「でも、最近KIIさんの公演に出させていただくと、フレッシュフレッシュってみんな言ってくださるんですよ」客w

「それがほんとに嬉しくてっていう近況報告です」
加藤智子「おい、ケンカ売ってんのか、ケンカ売ってんのか」
日置実希「そんなことは無いですよ(後列の加藤、佐藤実絵子を見るも、佐藤は違うほうを見る)」

「今日は先輩方、お姉様方に囲まれながら・・・」
佐藤実絵子 → 座り込み、拗ねた感じで人差し指でステージに何か描く(客w) 周りのメンバーに慰められ、立ち上がる
日置実希「ほんとにみなさん尊敬する先輩なんで、ほんとに敬っているんですけれども」客w

「すみません、長くなってしまったんですけれども、今日はフレッシュパワー全開でいきたいと思います」

小木曽汐莉「見た目は子供、中身は大人、こう見えても二十歳のしおりんこと小木曽汐莉です」

「大丈夫、実絵子さん。今日実絵子さん、まなっちゃんと私であんなにかわいい28歳はいないって言ってた」
佐藤実絵子「26歳」客w&反応
小木曽汐莉「26? ごめんなさい」客w

「でもね、ほんとまなっちゃんも言ってたから。推しメンのまなっちゃんも言ってたから、OK OK。はい、ということで気を取り直して今のは忘れてください。今日は最近というか、ここ1年以上チームKIIのセクシー担当を名乗らせてもらってるんですけども、卒業間近になってもなかなか認められず、このまま卒業してしまうのかという感じなんですけど、今日、なんとですね、公演前に理沙子が私の体をジーっと見てたんですよ。えっ?えっ?と思って。えっ?って言ったら、「いや、ほんとにしおりんのその体、羨ましい」って言ったんですよ」客「おー」

「ついに、メンバーにこのナイスプロポーションが」
後藤理沙子「違う。なんか、顔がちっちゃいじゃないですか。それはみんな知ってるんですけど、全部ちっちゃいじゃないですか」客、反応

「それが、なんかかわいい。全部ちっちゃい。全部ちっちゃいよ。それがかわいいよ」
小木曽汐莉「えーと、そうですね、予想外の答えが返ってきたので」客w

「返しをなんとしていいかわからないですけど、今日じゃ~、この会場に来てくださったみなさんにだけでも、セクシーと言ってもらえるように、満場一致でセクシーと言ってもらえるようにがんばるので、見ててください」

岩永亞美「SKEのちびっ子 元気っ子。つぅちゃんこと岩永亞美です」

「つぅは逆に今日顔がすごく大きいんですよ」客、軽くw

「なんか鏡見たら鏡いっぱいで、顔が。ちょっと辛いんですけど、今日の公演ではたくさん汗をかいて顔を小さくしていきたいと思います」

赤枝里々奈「はじけるハートでみなさんをメロメロにしちゃいます、リリこと赤枝里々奈です」

「今日新しいクラスの発表があったんですよ。ほんで」客w

「なんか、いっつも仲良くしてる子がいるんですけど、2・1で、りり1人ぼっちになっちゃったんですよ。めっちゃ残念な結果じゃないですか。だけど、今日りりはみなさんとメンバーとかがいるから、ちょっと今いいこと言ったことない?」客w

「久々にちゃんとMCするっていう今日の目標。今日はがんばりますのでよろしくお願いします」

# 以上、2列目 捌ける


【3列目 上手側から】
市野成美「みーんな、なるが好きに~? (なる!) ありがとうございます。中学2年生、13歳、研究生の市野成美です」

「私は理沙子さんが自己紹介のトークで私のことを言うって聞いてたので、私は理沙子さんのことを言おうと思って、「じゃ~、理沙子さん、私は今日理沙子さんのこと言いますね」って言ったら「言ってもいいけど100万円ね」って言われたので」客、軽くw

「でも、今この自己紹介で理沙子さんのことを言ってしまったので、100万円は今日のパフォーマンスで返したいと思います」客「おー」

加藤智子「ともこモコモコ (モコモコ) ふわふわモコモコ (モコモコ) の自称癒し系お姉さんのモコちゃんこと加藤智子です」

「さっきからね、理沙子とね、すごい仲良しでね。そんな2人の話をしようかなと私は思うんですけども。さっき理沙子が新しいヘアスプレーを買ったって言って、みんなに自慢してたんですよ。これいい匂いでしょ?みたいな感じで。そしたらなるちゃんが現れて「何?何?」みたいな感じで。そしたら、そのスプレー缶の裏に注意事項が書いてあって。それがなんか「子供の手に届かないところに(客w)置いてください」みたいな感じで書いてあって。だからなんか、なるちゃんのところに、「見せない」みたいな感じですごいちょっと意地悪ないじりとかしてたんですけど、私から見たらどっちも、なんかね、若くて初々しくて子供みたいだなって思ったんですけどもw ごめんね、なんか。なんですけども、今日は大人っぽい一面を見せていけたらいいなと思っていますので、よろしくお願いします」

佐藤実絵子「♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン ♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン おちびなアイドルちびドルチャンチャン。ミニマムサイズのおちゃめガール、みえぴーこと佐藤実絵子で~す!」

「あのですね、本日、28歳じゃないよ」客w

「本日公演の前に、ななななんと」客「おー」

「なるちゃんに、お尻を触られました」客、反応
山田みずほ「こらっ」
佐藤実絵子「あのですね、わたくしいつも触るほう担当なのでですね、自分が触られてるということにしばらく気づかず、時差があった後「ん? 触った?」みたいな感じになってたんですけれども、今日はですね、負けないようにフレッシュでいきたいと思うんですけれども、今日は大好きなみこってぃがセンターポジションということで、もう自分のことのように嬉しいんですけどね、みなさんKIIの進化はまだまだ止まりませんよ!」客、イェー!&拍手

「今日はKIIまだまだ終わらないというところをガンガン見せていきたいと思います」

山田みずほ「みなさ~んの愛を貯金してね。うさぎが大好き、15歳、研究生の山田みずほです」

「私は前回のKIIさんの公演にもアンダーで出させていただいたんですけども、その時に前半の曲でセクシーな小木曽汐莉さんが前に並ぶところがあって、その時に頭を叩いちゃったんですよ」客w

「間違えてですよ。セクシーじゃないからとかじゃなくて」客w

「それなんですけども、今日は先輩の頭を決して叩かないように、自分らしさも忘れずにがんばっていきたいと思います」

阿比留李帆「み~んな李帆が好きに? (なるー!) 19歳のりぃちゃんこと阿比留李帆です」

「これ1回やってみたかったんですよ。やっぱフレッシュでしたでしょね?」
市野成美「私のがフレッシュですよ」客「おー」
阿比留李帆「負けません。というわけでですね、先ほど公演前に総選挙の立候補をしてきたんですけど、総選挙の立候補は劇場の外に出て、そこでファンの方がいる前で立候補するんですよ。紙を出すんですけど、いや、公演前みなさんこんな感じで待ってくれてるんだっていうことを知れて、ファンの方のことがちょっと知れたのでですね、今日はみなさんに李帆のこと少しでも知ってもらえるような公演をお届けしたいと思います」

佐藤実絵子「SKE48チームKII 3rd「ラムネの飲み方」公演は以上のメンバーでお送りします。この後は様々なユニット曲の登場です。まずはこの曲から」客、拍手


◆M05.クロス (井口栞里・佐藤聖羅・松本梨奈)
◆M06.フィンランド・ミラクル (赤枝里々奈・向田茉夏・矢方美紀)
◆M07.眼差しサヨナラ (小木曽汐莉・佐藤実絵子)
◆M08.嘘つきなダチョウ (後藤理沙子・井口栞里・山田澪花)
◆M09.Nice to meet you ! (加藤智子・佐藤聖羅・向田茉夏・佐藤実絵子・阿比留李帆)


■MC
阿比留李帆・加藤智子・佐藤実絵子・佐藤聖羅

佐藤実絵子「今日はね、研究生のみんなにもいっぱい手伝ってもらってるんだけど、なんとユニットもですね、今日「フィンランド・ミラクル」以外は全部のユニットでいろんなアンダーが活躍してて。聖羅もね」客、拍手
加藤智子「おめでとうございます」
阿比留李帆「カッコ良かった」
佐藤聖羅「ありがとうございます。これからね、もっといっぱい練習積んで、どんどん高めていけたらいいなと思います。自分の立ち位置もね、ちょっとつけていけたらなと思います」
佐藤実絵子「そんなこんななんですけど、そんなこんなで。2回言っちゃって」
佐藤聖羅「好きだよね、そんなこんな」
佐藤実絵子「ほかのメンバーに、あの子にあのユニット合うんじゃないかなみたいな」
メンバーたち「おー」
佐藤聖羅「それはKIIだけじゃなくて?」
佐藤実絵子「じゃなくてもいいよ。そういうのをちょっと考えたいな、みたいな」
阿比留李帆「アイドル研究会としてはやっぱり止まらないですよ。やめられない、止まらないですよ」
加藤智子「じゃ~、りぃちゃんなんか」
阿比留李帆「個人的に見たいものとどうしてもやって欲しいものがあるんですけど。茉夏に「夜風の仕業」を歌ってもらいたいなって思うんですよ」
佐藤実絵子「これは絶対似合うからね」
阿比留李帆「でしょ? 声がすごいキレイだから、いいなって、これやってもらいたいなって思うのと」
佐藤実絵子「これ絶対似合うからね」客w
阿比留李帆「茉夏推しが言ってます。で、個人的に見たいなって思うのが「となりのバナナ」を実絵子さんとモコちゃんで」客、反応
佐藤聖羅「これはすごい。濃いぞ」
阿比留李帆「見たいなと思って」
加藤智子「私は全然ほんとに」
佐藤聖羅「ウェルカムって感じ?」
加藤智子「ウェルカムな感じ」
阿比留李帆「平均年齢いくつになるかわからないけど、見たいなと思って」
加藤智子「じゃ~、今度披露します」客、拍手
佐藤実絵子「えー?」
佐藤聖羅「ヤバイよ、これは」
加藤智子「はい、がんばります」

阿比留李帆「実絵子さんは何が見たい?」
佐藤実絵子「なんか、アイドル研究会として考えたら、やっぱり王道ピュア曲は「ガラスの I LOVE YOU」だと思うんですよ。やっぱまぁ、今のトレンドで言うと、えごなるみずほあと1人をどうするかだよね」
阿比留李帆「ハイ」
佐藤聖羅「デカっ。急にデカイぞ」
佐藤実絵子「100%やめて」
阿比留李帆「なんで!? 李帆でいいじゃん、そこ。えごなるみずりほみたいな」
佐藤実絵子「あのー、やだ」客、軽くw
阿比留李帆「なんで?」
佐藤実絵子「本気で考えてたからさ、みたいな」
阿比留李帆「(お客さん)いいって言ってるよ」客、反応
佐藤聖羅「1人ぐらいだったよ、今」客w

「1人だったよ、ほんとに」
佐藤実絵子「1人でした」
佐藤聖羅「残念でした」
加藤智子「なるほど」
佐藤実絵子「聖羅とかの視点だとどうなの?」
佐藤聖羅「聖羅やっぱりウィンブルドンずっと狙ってますから」客、おー&拍手

「チームSが「手をつなぎながら」をやってる時からもう聖羅狙ってた」
阿比留李帆「聖羅まだやってない?」
佐藤聖羅「やってないの」
阿比留李帆「うそ?」
佐藤聖羅「ほんと。やってるでしょ?」
阿比留李帆「1回やった」
佐藤聖羅「でしょ? 聖羅ちゃんと舞台監督さんとかに頼みに行ってるんですけどなかなか」
佐藤実絵子「あっためてるんだよ」
佐藤聖羅「そっか。じゃ~、いつかドカンといきますよ、ほんとに」
加藤智子「意外。聖羅さんかわいい系やりたいんですね、意外」
佐藤聖羅「そうなんですよ」
加藤智子「へー」
佐藤聖羅「へーって、あんま興味無さそうな」客w
加藤智子「そんなことないですよ」

「さっき聖羅さんのアンダーを見てて思ったんですけど、すっごい歌上手だなと思って」
佐藤聖羅「ありがとう」
加藤智子「そう、だから「眼差しサヨナラ」とかやって欲しいです、ぜひ」
佐藤実絵子「でも合うと思うよ、ほんとに」
佐藤聖羅「でもだってこれセリ上がるでしょ?」
佐藤実絵子「そうだ、ダメだ」
佐藤聖羅「聖羅高いところ無理なんですよ」客w
阿比留李帆「聖羅さん、たぶんおぎちゃんの衣装入んないよ、いろんな意味で」
佐藤聖羅「ヤバイね」
阿比留李帆「布(きれ)付け足さないと」
佐藤実絵子「あと聖羅がかわいいのやりたいっていうので思い出したんだけど、チームEのかすすいるじゃん。かすすってさ、ほんとはかっこいいのが好きなんだよね」
阿比留李帆「あっ、そうなんだ」
佐藤聖羅「知らなかった」
佐藤実絵子「ロック好きだから、ほんとは」
阿比留李帆「かすみんが「鏡の中のジャンヌ・ダルク」とかやってるの想像できない」
佐藤実絵子「いいじゃん、だからやっぱりこれはドカンとやっといたほうがいいと思うんだよね。いつもさ、ユニットシャッフルとかやる度に、かすすはかわいいのから抜け出せないねってずっと本人が言ってたからさ。1回かっこいいのをやらせてあげたいね」
佐藤聖羅「ねぇ、見たいね」

加藤智子「あともう1人私いるんですよ。なんか実絵子さんにぜひフィンランド・ミラクルやってもらいたいです」客、反応
佐藤聖羅「かわいい」
加藤智子「妖精っぽくなりそう」
佐藤聖羅「ぽいぽい」
阿比留李帆「実絵子さんセンターで」
佐藤実絵子「なんで? 聖羅がすげー同意してるんだけど」客w

「おもしろいってどういうこと?」
佐藤聖羅「水から出てきそう」客、軽くw
佐藤実絵子「あなたが落としたのは金の斧? 銀の斧?」客w
阿比留李帆「それ違うそれ違う」
佐藤実絵子「水から出てくるってそういうことかなと思って」

阿比留李帆「実絵子さんのフィンランド・ミラクルに期待しつつ、これからもみなさんにたくさんの曲で私たちをお届けできたらいいなと思います」

加藤智子「引き続き後半戦です。KIIの新しい世界をどうぞお聴きください」客、拍手


◆M10.孤独なバレリーナ
◆M11.今 君といられること
◆M12.ウイニングボール


■MC
◆井口栞里・佐藤実絵子・後藤理沙子・加藤智子・小木曽汐莉・山田澪花・阿比留李帆・日置実希

小木曽汐莉「私たちね、こうやって劇場がね、変わってからもずっと公演をやっているわけですけれども、今までたくさんの公演をやってきたと思います。そんなね、公演のエピソードなんかをちょっと今日は。失敗談でもいいですし、いつも気になってるこんなところとか、今のことでもいいですし、なんでも構いません。思いついた人からどんどん言ってってください」

後藤理沙子「これはヒヤっとした話なんですけど。1曲目の「兆し」という曲があったじゃないですか。とってもフォーメーションが難しいんですよ。最初のほうはちょっと苦労して、私もいっぱいいっぱいになってたんですけど、それは、めっちゃ行進をしてたんですよ。そしたら、なんと、佐藤聖羅さんの一番当たったら痛いここ(肘付近)にマイクをぶつけちゃって。前で聖羅さんがめっちゃ痛がってるの」
小木曽汐莉「本番中?」
後藤理沙子「そう。ハァー!ってなっちゃって。どうしよう どうしよう どうしようと思って。だって聖羅さんが痛がってんだよ。めっちゃ怖いじゃん」客w
小木曽汐莉「そうだよね。後でどうなるかちょっと怖いよね。後からなんかあった? 無事だった?」
後藤理沙子「あのね、その後のポーズするところで「お前!」みたいな感じの顔されたけど、大丈夫でした。優しかった」
小木曽汐莉「トラブルもつきものですからね。良かった。聖羅さんのファニーボーンが無事で」

阿比留李帆「公演をやってる最中にすごく大好きな場面があって。その瞬間だけ李帆、お客さん側になっちゃうんですけど」
メンバーたち「何?何?」
阿比留李帆「メンバーの自己紹介をしている時にキャッチフレーズをやってる佐藤実絵子さんがもう昭和バンバンで」客、軽くw

「すごいもう大好きで。いつもけっこう近いんですけど、見ちゃうんですよ。だって、何回も言うんですけど「貯金してね」じゃないですか」
小木曽汐莉「みずほちゃんの?」
阿比留李帆「(一歩前に踏み出し)貯金してね、ですよ、実絵子さん」客w

「わかりますか? この足いるか、みたいな」
小木曽汐莉「みんなは普通にこうやって(目元で横ピース)するのに、一歩踏み出すんだ」
阿比留李帆「ここ(踏み出した足の膝)貯金するかみたいな」客、軽くw

「もうほんとに大好きで」
小木曽汐莉「前もね、出てた」
阿比留李帆「だから、ファンのみなさんには自己紹介の時も全体も見てもらいたいなって」
小木曽汐莉「そうだね、自己紹介してる本人じゃなくて。本人もだけど、だけじゃなくてってことね」
阿比留李帆「定点カメラとかでね」
小木曽汐莉「なるほど。今度貯金に注目しますね」

山田澪花「あのですね、みんながやる気を出すために1人1人いろんなことすると思うんですけど」
小木曽汐莉「そうだね、本番前」
山田澪花「本番前は私がおぎちゃんの背中とか実絵子さんの背中とかを叩くんですよ」
小木曽汐莉「叩いてもらうんです」
山田澪花「でも梨奈ちゃんは1人で「ててていやー!」って言うんですよ」客w
小木曽汐莉「言う言う。なんか1人で「ていやー」って言う」
山田澪花「ていやーって絶対言うんですけど、おみこしを担ぐところがあるんですけど、「兆し」で。「ていやー」って言ってから、力がたぶんなくなったのか」
小木曽汐莉「ダメじゃん」
山田澪花「逆になんか「ていやー」って言って、いいんですけど、言うのは。力が抜けちゃって私のとこに負荷がかかるから、なのでそれをやめていただきたいな」
小木曽汐莉「ていや、やめてもらおう」
阿比留李帆「ていや禁止令」
小木曽汐莉「なるほどね」

佐藤実絵子「私はですね、さっきも「眼差しサヨナラ」の愛李のアンダーで出させていただいたんですけども、途中でね、こう足元がウィーンってなってる時に、ヒュッて行かなきゃいとこがあるんですよ。ここでね。あれ、何度やってもめっちゃ怖いからね」
阿比留李帆「あれ感覚的にはエスカレータがこう上って、つく時に足を踏み込む感じ。わかりますか?」
小木曽汐莉「怖いんですよ、けっこう」
佐藤実絵子「しかも下見ちゃいけないからこう(前向いたままで下を見る)「♪眼差しサヨナラ・・・今だ!」みたいな感じで」客w
小木曽汐莉「けっこうね、平静を装ってやらなきゃいけないから」
佐藤実絵子「そう、しかも乗り遅れたらどうしようと思うじゃないですか。あー、上がっちゃったみたいな」
小木曽汐莉「私何回やってても怖いですもん」
阿比留李帆「眼差しあるあるですね」

日置実希「公演やってるといろいろ小物があるじゃないですか。髪飾りだったり、アクセサリーだったり。がんばって、ダンスを一生懸命踊っていると、飛んで行くっていう」
小木曽汐莉「ありますね」
日置実希「この間も実は研究生でブレスレットを吹っ飛ばしてしまいまして」
小木曽汐莉「えっ? お客さんのほうに?」
日置実希「はい、お客さんのほうに吹っ飛ばしてしまいまして、ハイタッチの時に帰りに「飛んできたよ」って渡してくださって」
メンバーたち「優しい」
日置実希「急なことですごいビックリさせてしまったかなと思うんですけど」
小木曽汐莉「みなさん急に何か飛んでくるかもしれないですね。よくけっこう井口さんの汗飛んでくるっていう話がよくありますけど」
井口栞里「飛んできますか?最前の方」
小木曽汐莉「今日はそうでもないみたいですね」
佐藤実絵子「髪飾り吹っ飛ばし率ナンバーワンは桑原みずきさんなんですけれども。メイクのスタッフさんが付けてくれるんですけど、みぃちゃんが「これで大丈夫です」「絶対大丈夫じゃないから!」とか言って」客w
井口栞里「それ○○だから」
小木曽汐莉「そうなんだ」
佐藤実絵子「大丈夫が信用されない人だから」
加藤智子「頭動かすのかな」
小木曽汐莉「そうですね、激しいということで、それだけ」
佐藤実絵子 → 激しく頭を左右に振る

小木曽汐莉「いろいろトラブルとかも出てきましたけれども、今日のこの公演ももう二度と同じ公演はできないということで、みなさんに最高の思い出として持って帰っていただくためにこの間もぜひ楽しんで行ってください。よろしくお願いします」
メンバーたち「お願いします」

# 「イェー」後半チーム入場 / メンバーチェンジ

◆矢方美紀・市野成美・赤枝里々奈・松本梨奈・山田みずほ・向田茉夏・佐藤聖羅・岩永亞美

佐藤聖羅「自分たちの先輩が怖かったこととか、おもしろかったことをちょっと聞きたいなと思います。今日研究生も多いことなんで、たくさん出てきそうなんで。何かありますか?」
市野成美「はい」
佐藤聖羅「今日上がった! 今日上がったよ。ありがとうございます」
市野成美「私、最初、佐藤聖羅さんがすごい怖かったです」客w
佐藤聖羅「えっ? マジで?」
メンバーたち「よくある感じ」
佐藤聖羅「あー、悔しい」
市野成美「すごい見てたら、もう近寄るなオーラがすごい出てたんですよ。今は違いますよ」
佐藤聖羅「めっちゃ急いで弁解してくれたやん」
市野成美「一緒に1+1=2じゃないよのラジオをやった時に、すごい、おもしろいんだなって思いました」
佐藤聖羅「フォローありがとう。でも聖羅2期生の子らにもめっちゃ言われたんですよ。はじめめっちゃ怖かったって」
松本梨奈「なんか話しかけたら殴られそう」客w
矢方美紀「3期生もそうでしょ。かおたんも。(マネて)「聖羅さん、ほんと怖い」って」客w

「なんかほんと怖いんだけどって」
佐藤聖羅「レッスン中とかはよく端っ子のほうで座って、ブスっとしてるんでね。話しかけてくれたら優しいですよ、聖羅も」
向田茉夏「見かけによらないってやつですね」
佐藤聖羅「茉夏ありがとう」
メンバーたち → w

山田みずほ「私はチームEさんの斉藤真木子さんなんですけど。真木子さんも怖そうに見えるじゃないですか。だけど最初のイメージ、私、優しい人だと思って。理由は私たちが初めての公演のレッスンをしていた時に、真木子さんがガチャって入ってきて、教えてくださって、振りを丁寧に。それで、ダンスの先生が「真木子ありがとね」って言ったら「全然いいんですよ、これから一緒に踊る子たちなんで、もう全然」みたいな」
メンバーたち → 反応
佐藤聖羅「株が上がりましたね、真木子ちゃん」
赤枝里々奈「違うって!」客w
佐藤聖羅「どうしたんだ、りり」
赤枝里々奈「ひと言りりも。りりも好かれたいんだって、後輩に。まっきーみたいにいつもがんばろうと思うんだけど、いつも入ってくる後輩たちは「真木子先輩が一番いい」とかいっつも言うんですよ、みんな」
佐藤聖羅「そうだね、真木子の評判はいいね、後輩からね」
赤枝里々奈「まっきー最初めっちゃいい人だから」
メンバーたち「最初だけ?」客w
佐藤聖羅「今もいいよ」
赤枝里々奈「今もいい人だけど」
佐藤聖羅「今も優しいよ」
矢方美紀「真木子さんのお決まりは、最初いい人からどんどんいじられキャラになっていくっていう、後輩もですね。おもしろいですよ、そういうのは」

岩永亞美「さっきの話なんですけど。さっきここ(胸元付近)の衣装のホックがなかなか取れなくて、慌ててたんですね、私。そしたら理沙子さんがパって取ってくれて。嬉しかったです」
佐藤聖羅「理沙子そんなことができる子だったの?」客、軽くw
誰か「あんまり見たことない」
佐藤聖羅「見たことないわよ。なんかいいことばっかでてきてますけど、ほんとは愚痴みたいなのあるんじゃないですか?みんな。先輩に」
赤枝里々奈「たぶん聖羅さんがみんな多い」
佐藤聖羅「なんで?」客、軽くw

「聖羅そんなに悪い子?」
赤枝里々奈「りりも最初聖羅さんだったもん」

矢方美紀「私が一番最初に3期生で入ってきて、一番最初に会ったのが、印象でですよ、覚えてるのが中西さんなんですよ。で、私その時、元AKBの研究生から昇格して、チームSに入ったの知ってたので、「やべー、中西さんだ」と思ったんですけど、中西さんすごい寒かったんですよ、その時。マフラーもしてて、ライダース着て(腕組んで、低音で)「おはようございます」みたいな」客w
佐藤聖羅「中西どうした」
矢方美紀「やっぱり男の人なんだ、みたいな」客w
メンバーたち → w

佐藤聖羅「聖羅は1期生で入ってきてるんですよ。なんで、自然に先輩はAKBさんになるわけですよ。なんで、初めてAKBさんのコンサートに出させてもらった時、ともちんさんがちょっと怖かったんですよ、実は。だけど、おはようございますって挨拶したら(マネて)「おはよー」って言ってくれて」客w

「めっちゃかわいかったんですよ。やっぱり人は見かけによらないねって、聖羅も含めてですけど。見かけによらないですよ、みなさん。よろしくお願いします」

「私たちのお姉さんはAKBさんにあたります。そして、先輩としていろんなことを学び、後輩もたくさんできてくるんですけど、いろんなことを伝えていけたらなと思います、これからもよろしくお願いします」客、拍手

向田茉夏「SKE48チームKII 3rd「ラムネの飲み方」公演、次の曲で最後になってしまいますが、私たちは公演や握手会などで本当にたくさんのみなさんから勇気や元気をいただいております。そんな大切なみなさんに普段なかなか伝えられない感謝の気持ちや想いを次の曲で伝えられたらなと思います。それでは最後の曲です。聴いてください。握手の愛」


◆M13.握手の愛


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール


◆M14.ボウリング願望
◆M15.16色の夢クレヨン


矢方美紀「アンコールありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

矢方美紀「アンコールの1曲目「ボウリング願望」、2曲目「16色の夢クレヨン」2曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「ありがとうございます。私たちは普段生活している中や、こうやってみなさんと過ごしてるところで、すごく幸せな気持ちになれたり、がんばろうっていう想いを作ることができます。その中でも日々の生活に感謝しながら、これからもSKE48として、そしてそれぞれの道として、どんどんどんどん自分らしさを続けていきたいなと思います。続いて聴いていただきます曲は私たちの公演のタイトルになってますこの曲です。続いてが最後の曲になります。聴いてください。ラムネの飲み方」


◆M16.ラムネの飲み方


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■ダブルアンコール


# メンバーたち「イェー」ステージへ

矢方美紀「アンコールありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

向田茉夏「みなさんの声にお応えして、もう少しだけ歌わせていただいても いいですか?」客「いいです いいです いいですよ!」
メンバーたち「ありがとうございます」

矢方美紀「みなさん盛り上がっていきましょう」


◆M17.メドレー
(1)青空片想い
(2)1!2!3!4! ヨロシク!
(3)ごめんね、SUMMER
(4)バンザイVenus
(5)パレオはエメラルド


矢方美紀「ありがとうございます。続いてもう1曲披露させていただきます。次に披露させていただく曲は私たちにできること、子供たちを笑顔にすること、そして2013年も被災地へ支援を続けますというAKB48グループの想いが込められています。それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M18.掌が語ること


矢方美紀「現在、震災復興ソング「掌が語ること」は全世界にて配信されています。「誰かのために」プロジェクト特設サイトにて、無料で配信されていますので、みなさんぜひダウンロードして聴いてください。そして、先日「掌が語ること」のミュージックビデオが完成しました。この後、上映させていただくので、みなさんぜひ見てから帰ってください。よろしくお願いします」

# 向田茉夏 ハイタッチ案内

# 手繋ぎ挨拶 / その場で手を上げ 下ろし お辞儀 (客、拍手)

「ありがとうございました」

# BGM → ラムネの飲み方 / メンバーたち → 手を振りながら捌ける

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】4月5日(金) チームKII公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
赤枝里々奈
阿比留李帆
井口栞里
石田安奈
小木曽汐莉
加藤智子
後藤理沙子
佐藤聖羅
佐藤実絵子
高柳明音
秦佐和子
古川愛李
松本梨奈
向田茉夏
矢方美紀
山田澪花

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND