FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

佐藤聖羅 21歳の生誕祭 (2013/05/03、17時開演、チームKII)

SKE48劇場 / SKE48 チームKⅡ 3rd「ラムネの飲み方」公演

■出演メンバー
阿比留李帆・加藤智子・後藤理沙子・佐藤聖羅・佐藤実絵子・高柳明音・古川愛李・松本梨奈・向田茉夏・矢方美紀・山田澪花・大脇有紗・水埜帆乃香・山田みずほ・荻野利沙・松村香織

※ 荻野利沙 → 一部出演

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.兆し
◆M02.校庭の仔犬
◆M03.ディスコ保健室
◆M04.お待たせSet list


■MC (自己紹介)
高柳明音「みなさん、こんばんは!」
みんなで「SKE48チームKIIです!」客、拍手

高柳明音「ありがとうございます。チームKII 3rd「ラムネの飲み方」公演、1曲目から 兆し・校庭の仔犬・ディスコ保健室・お待たせSet list、4曲続けて聴いていただきましたが、盛り上がってますか!?」客、イェー!&拍手

「ありがとうございます。私たちチームKIIにとって初めてのオリジナル公演、この「ラムネの飲み方」をもっともっと素敵な公演にできるよう大切に歌い続けていきたいと思います。それではまずはじめに1人ずつ自己紹介をさせてください。矢方美紀ちゃんから、どうぞ!」

【1列目 上手側から】
矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! ありがとうございます。大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なみきてぃこと矢方美紀です」

「昨日ですね、大阪の日本橋に行ったんですけど、そこで人生3回目のメイドカフェに行ったんですよ。したら、入る瞬間メイドさんが「お帰りなさいませ♪」とか言うじゃないですか。もう松村香織がいっぱいいるしか見えなくて」客w

「座っててもずっとメイドさんが向うら辺で「お帰りなさいませ♪」って言ってもかおたんしか」客w

「もうみんなかおたん」客w

「かおたんいないんですけどかおたんに見えてしまったので、今日はそんなかおたんがここにいるんですけど、私も今日は萌を注入できるようにがんばりたいと思います」

松本梨奈「ふんわりモードであなたを見つめたい、いつもスマイリーな19歳の松本梨奈です」

「私最近お風呂に入る時に入浴剤を使うのが流行ってまして、自分の中で。ちっちゃい小袋に入ってるやつを幾つか集めてるんですけど、今日はグレープフルーツの香りのやつを入れてきて、1時間ぐらい入ったんですよ、朝。グレープフルーツの香りが体に染み込んだんですよ。だから今日はその香りをみなさまにぶつこめたいと思います」

高柳明音「今日もちゅりをバード ウォッチング! 天から舞い降りた小鳥ちゃん、ちゅりこと高柳明音です」

「先日武道館でSKE48単独コンサートをした時に、31曲連続で歌って、終わってからホテルに着いてバタンキューでして、記憶があんまり無いんですけど、私の記憶の無い間に古川愛李ちゃんが私の動画を撮ってて」客、軽くw
古川愛李「KII全員に見せたよね」
高柳明音「そう、KII全員に回ってたんですけど、私が起きた瞬間からもなかを食べはじめて、私が永遠に「もなか、もなか」って言ってる映像がなぜかKIIの中で流れたんですけど、その時の記憶がほんとにまったく無いので、今日はみなさんと素敵な時間を過ごして絶対に心に残る1日にしたいと思います」

向田茉夏「どんな時も笑顔を忘れず、みなさんに笑顔の花束をお届けします、チームKIIの向田茉夏 16歳です」

「私、抹茶オーレが最近すごく好きなんですけど、この間買って、抹茶オーレ買ったらちゃんとフタが付いてくるんですけど、なぜか私そのフタを取ってしまって、そのままにしてたら案の定半分ぐらいこぼしてしまいまして、袋の中で。すごい落ち込んだ時が一時期ありました」客w

阿比留李帆「あなたの・あなたの・あなたの中の高まりほモード スイッチ オン! チームKII 19歳のりぃちゃんこと阿比留李帆です」

「私、聖羅さんのことがめっちゃ好きで、よく抱きつきに行くんですよ。甘えに行くんです。「聖羅さん♪」って。そしたらドーンって突き放されて、噛みつかれたりとかして、「デカイやつは甘えてくるな」って言ってくるんですよ」客w

「おかしいじゃないですか。でも突き放すのは李帆の中で愛情の裏返しだと思ってるんです。しかも聖羅さんのほうがデカイじゃないですか、いろいろ」客w

「そこじゃなくてさ、態度の話言いたかったの、李帆は。そこじゃないじゃん、別に」
佐藤実絵子「めっちゃ比べてるよ、めっちゃ比べてるよ」
阿比留李帆「まぁ、デカイんですけど、聖羅さんのほうが。でも公演中ってきっと甘えたりとかしても突き放すことできないと思うので、李帆、今日公演中、隙を狙って聖羅さんに抱きつきにいきたいと思いますので、みなさん良かったら李帆のことずっと見て、李帆が聖羅さんに抱きつくシーンをね、見てください。今見比べてるところ見なくていいですよ」客w

# 1列目捌ける


【2列目 上手側から】
後藤理沙子「みんな~ しりとりの時間だよ。最初はしりとりのから。せーの、りさこ ゴリラ らりるれり~ん ありがとうございます。15歳の後藤理沙子です」

「あのですね、私、今日かおたんと久しぶりに一緒に公演に出るんですよ。さっきの1回目の公演で「あっ、かおたん久しぶりだな」と思って、かおたんの自己紹介を聞いてたら、まだ「萌え萌えきゅん」とか言ってて」客w

「今何歳でしたっけ?」
松村香織「。。匿名希望」
後藤理沙子「訊かないでおこう。ということで、かおたんはすごいブレないところとか、なんかすごい尊敬するところもあるので、そういうところを今日はかおたん、いいとこを見習って、私も「萌え萌えきゅん」な感じでいきたいと思います」

山田澪花「いつも天真爛漫な笑顔! ビッグスマイルがチャームポイントの岐阜県出身、17歳、山田澪花です」

「私、今日初めてKII公演で髪の毛を下ろしたんですよ。いつもはツインテールやってるんですけど。でも今日すごい下ろして新鮮な気分なので、5期生とかに負けないぐらいフレッシュでいきたいと思います」客、軽くw

松村香織「今日もあなたに!わ~ あなたに!わ~ 萌えをデリバリー 萌え萌えきゅーん。苦笑い禁止!」客w

「かおたんこと研究生の松村香織です」

「いつもは私、研究生公演に出ているのでですね、周りが若いメンバーばっかで、私が一番最年長みたいになってるんですけど、今日はですね、誕生日を迎えた聖羅さんと、あとモコさんだったりとか、あとはおチビなあの方とか」客w

「いらっしゃるので、ちょっと私も熟女のグループだけど、その中では」客w
佐藤実絵子「熟女じゃねーわ」
佐藤聖羅「まだ21だわ! 君より年下や」客w
松村香織「その中ではちょっと若いほうなのでですね、今日は若くピチピチにいきたいと思います」

水埜帆乃香「ほんわか (ほのぼの) のんびり (ほのぼの) ありがとうございます。水埜帆乃香、高校3年生の17歳です」

「私1回目の公演中に気づいたんですけど。Sサイズの実絵子さんとLサイズの私とけっこう公演中ペアになることが多くて。実絵子さんちっちゃくてかわいいからめっちゃ私悲しいんですけど、今日はそんな身長差にも注目してみてください」
メンバーたち「若いから大丈夫」「すごいね」

古川愛李「三度の飯よりアニメが大好き。かおたんのキャッチフレーズ、まだ慣れないぞー」客w

「あいりんこと古川愛李です」

「かおたんと同い年なんですよ。あっ、匿名希望だった、ごめん。ここさ、年齢高くねぇ?」客w
佐藤実絵子「魔のゾーンだよね」
古川愛李「今ビックリしちゃったんだけど。こうなるとすごいことになるから。(松村に)ちょっとあっち行っといて。そのままで大丈夫。なんですけども。そんな中で後藤理沙子ちゃんいるじゃないですか。肌がね、すごいの。ちょっと触ってみ。すごくない? ツルッツルじゃない?」
山田澪花「(後藤の腕を触る) ヤバイ」
古川愛李「それがほんとにすごいと思って。これはちょっとがんばろうっていう風に、ちょっと見習おうと思って」
佐藤実絵子 → 古川の腕を触る
古川愛李「やめて」客w

「今さ、後ろでザラザラとか言わないでよ!」客w

「ちょっとがんばったんだよ。ボディークリーム塗って。今のところまだツルツルのはずなんだけど、ザラザラって言われたので、ちょっと今日は後藤理沙子ちゃんを見習って、できるだけこのグループから離れれるように」客w
加藤智子「なんでそういうこと言うの?」
古川愛李「若々しくいきたいと思います」

加藤智子「ともこモコモコ (モコモコ) ふわふわモコモコ (モコモコ) の自称癒し系お姉さんのモコちゃんこと加藤智子です」

「私のキャッチフレーズはもう愛李慣れてくれた?」
古川愛李「慣れない」客w

「まだ慣れない」
加藤智子「もういい加減慣れてください」
古川愛李「がんばります」
加藤智子「愛李はここから脱出したいって言ってたんですけど、私は誕生日を迎えたということで」客「おめでとう」

「ありがとうございます」客、拍手

「嬉しいな。じゃ~、逆に熟女オーラを出していきたいと思います!」

# 以上、2列目 捌ける


【3列目 上手側から】
山田みずほ「みなさ~んの愛を貯金してね。うさぎが大好き、15歳、研究生の山田みずほです」

「私は先日4月30日のKIIさんの公演にもアンダーとして出させていただいたんですけど、その時に1曲目の「兆し」の時に、実絵子さんいらっしゃるじゃないですか。実絵子さんが最近、実絵子さんがいる限りKIIは大丈夫だみたいな、その足上げがすごいからって言われてるじゃないですか。それで、そんな負けてたまるかって私なんか燃えちゃって。で、めっちゃがんばったんですよ、私。そしたら、公演終わった後にちゅりさんに、高柳明音さんに褒められて。一番二番ぐらいに良かったよって言われて、すっごい嬉しくて、最近めっちゃがんばってるんですけど、実絵子さんどうでした?」
佐藤実絵子「良かったよ」客w
山田みずほ「ほんとですか?」
佐藤実絵子「君みたいな人を待っていたんだ」客、拍手
山田みずほ「あっ、ほんとですか?w 嬉しいです」客、拍手

「ということで今日は尊敬する実絵子さんを見習いつつ、自分らしさも忘れずがんばっていきたいと思います」

大脇有紗「クローバーは四つ葉じゃなくて三つ葉が好き。みなさんのそばにいつもいます。14歳、研究生の大脇有紗です」

「私はチームEさんの梅本まどかさんと佐藤実絵子さんのキャッチフレーズについてお話したいんですけど。梅本まどかさんは自分の名前を言う時すごくゆっくりなんですよ。なのですごく聞きやすくて。佐藤実絵子さんは「佐藤実絵子でーす!」って言うじゃないですか。あれがすごい印象強くて、覚えやすいなと思ったので、今日は私の名前をみなさんに知っていただけるようにパフォーマンスをしていきたいと思います」

佐藤実絵子「♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン ♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン おちびなアイドルちびドルチャンチャン。ミニマムサイズのおちゃめガール、みえぴーこと佐藤実絵子で~す!」

「いいね、こういう後輩を待っていたよね、ほんとにね」客w

「という感じなんですけれども、最近私がすごいなと思ってる人たちはアナウンサーのみなさんなんですよ。アナウンサーの方ってほんとラジオとかされてる方はほんとにすごくて。何を言ってもちゃんと的確な相槌を打ったりとか、コメントをしたりするので、ほんとにすごいなと思ってるんですけども、先日私がラジオに出た時に、料理の裏技みたいなのを紹介したんですよ。そしたらアナウンサーさんに「いやー、生活感がすごいありますね」って言われて」客w

「。。ですよねーみたいな感じになっちゃったんですけれども、生活感のあるアイドルということで、新ジャンルを開拓していきたいと思います」

佐藤聖羅「水泳は得意、でも陸上競技は苦手。ゴーイングマイウェイなSKEの人魚姫、佐藤聖羅です」客、声援&拍手

「すごい。ありがとう。ありがとうございます」客「かわいいよ」や「おめでとう」など

「かわいい? ありがとう。知ってる」客w

「w あのね、聞いてください。あのですね、先日武道館でコンサートを行われたじゃないですか。その時にSKEで単独で出させていただいた時に、聖羅、階段から転げ落ちちゃったんですよ。それでですね、私はなんてこんな大事な時に転んでしまったんだと思ったんです。だけど、舞台が舞台なんですよ。あの、日本武道館でコケるってなかなかなくないですか? だから聖羅はこんな素晴らしいところでコケれてほんとに幸せだと思って」客、軽くw

「今年は、今日に限らず、今年いっぱいたぶんすごいいいこと起きると思うんですよ」客「おー」

「なのでぜひみなさんちょっとね、今年は聖羅の活躍よろしくお願いします」

佐藤実絵子「SKE48チームKII 3rd「ラムネの飲み方」公演は以上のメンバーでお送りします。この後は様々なユニット曲の登場です。まずはこの曲から」客、拍手


◆M05.クロス (松本梨奈・高柳明音・矢方美紀)
◆M06.フィンランド・ミラクル (加藤智子・向田茉夏・阿比留李帆)
◆M07.眼差しサヨナラ (高柳明音・古川愛李)
◆M08.嘘つきなダチョウ (後藤理沙子・松本梨奈・山田澪花)
◆M09.Nice to meet you ! (加藤智子・佐藤聖羅・古川愛李・佐藤実絵子・阿比留李帆) ※青サイリウム


■MC
阿比留李帆・加藤智子・佐藤実絵子・佐藤聖羅

佐藤実絵子「青でしたね」
メンバーたち「キレイでした」「めっちゃキレイでした」
佐藤聖羅「キレイでした。ありがとう。いぇー」
加藤智子「聖羅さん、青好きなんですね」
佐藤聖羅「青好き」

佐藤実絵子「今日はね、2回公演なわけですよ。1回1回、1回だと思ってやってるんだけども、やっぱりね、1回目に失敗したところは2回目ちょっとがんばろうとか思うわけじゃない、やっぱり。ということで、人生でもう1度やり直せたらやり直したいこと。人生経験長くないと語れない系の」
阿比留李帆「やめて。一緒にしないでください。19です、私」
佐藤実絵子「一緒」
阿比留李帆「違う」
佐藤実絵子「じゃ~、19歳は?」
阿比留李帆「私、すごい一発でポンと思いついたのが、2010年の7月13日、これ何の日かって言うと、私の初めての劇場のアンダーデビューの日なんですよ」
メンバーたち「へー」「よく覚えてるね」
阿比留李帆「ガラスの I LOVE YOUやらせてもらったんです。その時まだ正直なんもわかんない状態で出たんで、あれ以来1回もやってないわけじゃないですか。あの日もっと吹っ切って、ブリブリにやれば良かったなって」
加藤智子「見たい」
阿比留李帆「あの時まだ15歳だったんですよ。15歳だったから何しても・・・」
佐藤実絵子「ワオ!」
阿比留李帆「何しても許される年じゃないですか、15歳って。だから、もっとブリブリやっとけば良かったなって」
加藤智子「今からでもやれるよ、ブリブリ」
阿比留李帆「やれないやれない」
加藤智子「なんで?」
佐藤実絵子「何にも知らない感じが初々しくて良かったんだよ、きっと」
阿比留李帆「でもすっごい覚えてるんですよ、私」
佐藤実絵子「待って待って。日にちまでバッチリ覚えてたらね」
阿比留李帆「ガラスの I LOVE YOUで李帆ちゃんコール初めてしてもらったのがすごい嬉しくて、覚えてるんですけど、たぶんあれ見た人ほんともういないと思う」
佐藤実絵子「いやいやいや、いるよ、いるよ」
阿比留李帆「いるかな?」
佐藤実絵子「どこかにはいるよ、大丈夫」
阿比留李帆「いたら教えてください」

佐藤聖羅「やり直したいことだよね? 聖羅さ、ガッチリ水泳やってたわけじゃないですか。だから、水泳このままやってたらどうなってたんですよって思う」
佐藤実絵子「なるほどね。そっちの道に進んでたら」
佐藤聖羅「そうそう。もうガッツリ肩幅とかむっちゃパンパンで、たぶん」
佐藤実絵子「次のオリンピック候補とか言われてたかも」
佐藤聖羅「そう、言われてたかもしれないんですよ」
加藤智子「すごいですね、それは」
阿比留李帆「今からでも遅くないですよ」
佐藤聖羅「もう遅いわ」客、軽くw
佐藤実絵子「水泳もね、10代が幅を利かせてやる時代ですからね、きっと。どこも一緒や」客、軽くw

加藤智子「なんか私、中学校の時に」
阿比留李帆「さかのぼるね」
佐藤実絵子「15年ぐらい前だよ」
加藤智子「そこいいです。進路相談のところで、舞妓さんになりたいって書いたんですw それで、本当ですこれ、ガチで。ドン引きしないでください」客、軽くw

「それで、その時に高校行くじゃないですか。その時にその舞妓さんの学校とか、そういう風に行ったら、やっぱ私、舞妓さんになってたわけじゃないですか」
阿比留李帆「いや、わからんよ」
加藤智子「まぁ、わかんないですけど。だからそれも違うなって思って。そういう人生も、今も嬉しいですけど、そういう人生もありかなって」

阿比留李帆「実絵子さんは? 一番長いし」
佐藤実絵子「私はですね、高校の時にまたこれ10年ぐらい前なんですけれども」客、軽くw

「私実際アイドルになったの大学4年生の時なんですよ」
阿比留李帆「マジ?」
佐藤聖羅「それはすごい」
佐藤実絵子「そうやん」
阿比留李帆「じゃ~、李帆の歳の時、何やってたんですか?」
佐藤実絵子「大学生」
阿比留李帆「えー? そうなんだ」
佐藤実絵子「で、高校の時にね、私高校卒業するまでにアイドルになれると思ってたの、本気で。だから大学受験なんてそんなそんなアイドルになるから大丈夫みたいな」客、軽くw

「だから当時の私に「君がアイドルになるのはあと4年ぐらい先だよ」って言ってあげたいね、ちょっとね」
阿比留李帆「結果よしですよね。人生はやり直しきかないので、これから1つ1つのことを」客w

「全力でやっていきたいと思います」

加藤智子「引き続き後半戦です。KIIの新しい世界をどうぞお聴きください」客、拍手


◆M10.孤独なバレリーナ
◆M11.今 君といられること
◆M12.ウイニングボール


■MC
◆佐藤実絵子・後藤理沙子・加藤智子・水埜帆乃香・山田澪花・阿比留李帆・松村香織

佐藤実絵子「♪ルールル ルル ルールル・・・」
山田澪花「みなさん、こんばんは。本日のゲストはSKE48のみなさんです。ここからはじまる実絵子の部屋です」客、軽くw

「みなさん、お気軽に実絵子さんにご質問お願いします」
阿比留李帆「もうこれ始まってるの?」
加藤智子「何これ?何これ?」
阿比留李帆「実絵子さん、こんにちは」
佐藤実絵子「こんにちはみなさん。悩みが多いって聞いてるから何でも言ってちょうだい」
阿比留李帆「初歩的なことから訊くの? 実絵子さん、幾つですか?」
佐藤実絵子「私? 今年で58歳になりましたは」
メンバーたち → 反応
佐藤実絵子「人生経験豊富なのよ。なんでも聞いてちょうだい」

松村香織「はい」
佐藤実絵子「大きいのから行くのね、どうぞ」客w
松村香織「最近ですね、自分の年齢を受け入れたくないんですよ」
佐藤実絵子「ほんとに悩んだ顔して訊くのやめてちょうだい、ちょっと」客w
加藤智子「えっ? かおたんって今32歳でしょ? あれっ?違う?」
松村香織「違うよー」
阿比留李帆「モコちゃん、今なんなの? ボケなの?」客、軽くw
松村香織「中途半端ですよ、モコさん」
加藤智子「ごめんなさい、定まらなくて」
佐藤実絵子「あなたはもうちょっと昔のほうが振り切ってたと思うわ。もうちょっと振り切って行くべきよ、32歳なら32歳らしく。がんばりなさい」
阿比留李帆「永遠の17歳どこ行ったの?」
松村香織「そう、だからそれにも悩んでるんですよ」
佐藤実絵子「ほんとの悩みになっちゃったわ」客w

「そうね、だから永遠の17歳っていうキャラの32歳っていうキャラでがんばりなさい」
松村香織「わかりました」
阿比留李帆「おー、解決しましたよ、1コ」

佐藤実絵子「次の方どうぞ」
阿比留李帆「ほのちゃんとか何かない?」
水埜帆乃香「私ですか? 人生相談なんですけど。私、キャッチフレーズを変えたいなと思って。考えて欲しいなと思いまして」
佐藤実絵子「やっぱりそれは、そうね・・・」
メンバーたち「むちゃぶり」客、軽くw
佐藤実絵子「急に言われちゃったわ」
加藤智子「ほのちゃん前さ、なんかさ、Yo!Yo!みたいなのやってなかった?」
佐藤実絵子「そういうのがいいと思うわ」
水埜帆乃香「じゃ~、ちょっと入れてみます」
佐藤実絵子「わかった。今思いついたわ」客「おー」
メンバーたち「おー」
佐藤実絵子「では水埜帆乃香になり切っていくわ」

「Yo!Yo!帆乃香だYo! からのモデル歩き。水埜帆乃香でーす!」客、拍手
メンバーたち「ヤダ」「やってみて」
阿比留李帆「みなさんすごい盛り上がってましたけど、昭和の香りプンプンでしたよ」客w
メンバーたち「たしかに」
佐藤実絵子「アイドルはそれぐらいのほうがいいのよ」
阿比留李帆「ほのちゃん、やめといたほうがいいかもしれない」
佐藤実絵子「えー?」
阿比留李帆「新しいの考えてもらおう」
松村香織「でもさ、今日はこんな花道もあるんだから」
佐藤実絵子「そうよ」
松村香織「やったほうがいいよ」客、拍手
佐藤実絵子「Yo!Yo!ってやってから、モデル歩き」客、軽くw

「モデル歩きを取り入れたところがポイントだから。モデルのスカウトがくるかもしれないからやってみて! どうぞ」

水埜帆乃香「Yo!Yo!帆乃香だYo! モデル歩き」客、拍手
メンバーたち → w
加藤智子「でも様になってた」

阿比留李帆「ほんとにガチな質問っていうか悩みなんですけど。前髪を伸ばそうか切ろうか迷ってるんですよ」
佐藤実絵子「ガチなやつ来たわ」
阿比留李帆「だからどうしようかなと思って。やっぱ実絵子は、あっ、実絵子さんは」客w

「アイドル好きじゃないですか。だから前髪は伸ばしたほうがいいのかなーと悩んでて」
佐藤実絵子「そうね、ガチで答えるとあなたはちょっと伸ばしたぐらいがいいと思うわ」
阿比留李帆「今は?」
佐藤実絵子「今ぐらいも悪くないけど、あと何かが足りないわ。後で研究しましょう」
阿比留李帆「OK」

後藤理沙子「私、結婚願望が無いんですけど」客w

「実絵子的には」
佐藤実絵子「んんー(咳払い)」
後藤理沙子「結婚願望はあったほうがいいんですかね?」
佐藤実絵子「あのね、あなたぐらいの歳は結婚なんてしたくないとか誰もが言うものなのよ」
メンバーたち「深い」「さすが」
佐藤実絵子「でもそのうち焦りだすから、早くから考えたほうがいいわ」客w
山田澪花「うわっ、超リアル」
佐藤実絵子「ではアナウンサーさん締めてちょうだい」
阿比留李帆「終わり? 早いね、この番組終わるの」
山田澪花「今日はほんとに去年大活躍されたSKE48のみなさん、ほんとにおもしろかったです」客、軽くw
佐藤実絵子「ありがとうございました!」

# 「イェー」後半チーム入場 / メンバーチェンジ

◆高柳明音・山田みずほ・大脇有紗・松本梨奈・矢方美紀・向田茉夏・佐藤聖羅・古川愛李

古川愛李「ねぇねぇ質問。お風呂入った時って髪の毛から洗う? 体から洗う?」
高柳明音「髪の毛!」
山田みずほ「髪の毛です」
古川愛李「髪の毛の人?」
メンバーたち「はい」高柳明音・山田みずほ・大脇有紗・松本梨奈・向田茉夏が挙手
古川愛李「体の人?」
メンバーたち「はい」矢方美紀・佐藤聖羅が挙手
古川愛李「髪の毛のほうが多いんだね、やっぱりね。私も髪の毛からなの。っていう感じで、こんな質問をしていきたいなと思ってます」客w

「軽い感じの質問をしていこうかなと思うので、何か質問ある人?」

矢方美紀「エビの尻尾は食べますか? 食べませんか? これこの前ラジオでもあったんですけど」
佐藤聖羅「それ揚げてあるとか生とか」
矢方美紀「揚げてるほうです。エビフライとかの尻尾」

「じゃ~、エビフライの尻尾を全部食べる人?」
メンバーたち「は~い」高柳明音・矢方美紀・佐藤聖羅・古川愛李が挙手
矢方美紀「食べない人?」
メンバーたち「は~い」山田みずほ・大脇有紗・向田茉夏・佐藤聖羅
古川愛李「おっ、半分くらい。それはなぜ?」
矢方美紀「私が食べはじめた理由はお父さんが食べてたから美味しいのかと思って食べたら意外に食べれるんだと思って食べた」
佐藤聖羅「お煎餅みたいにはなってるよね」
古川愛李「そうそう、美味しいからね」
誰か「体にいいけど喉に刺さるから気をつけないとね」
古川愛李「半分ぐらいなんだね。みんな食べるもんだと思ってた」

高柳明音「これほんとに素朴過ぎるかもしれない質問なんですけど。ラーメンに入ってるメンマ、しなちくってあるじゃないですか」
佐藤聖羅「しなちくって言うの?」
古川愛李「えっ? 茉夏が知ってて聖羅さんが知らないとは思わなかった」客w
佐藤聖羅「聖羅、九九もわかんないから、そこは勘弁して」
高柳明音「しなちくって言いますか?って、そういう質問じゃないから」客w

「あの、メンマの味がスープがいい感じに染み込んでて馴染んでるのか、すごいメンマが味を主張してくるほうか、どっちが好きか聞きたい」

「じゃ~、メンマの味があんまり主張しないほうがいいよって方?」古川愛李が挙手

「別に主張してきてもいいかなって人?」山田みずほ・大脇有紗・松本梨奈・矢方美紀・佐藤聖羅が挙手

「マジで? 私ほんとに主張してくるメンマ大っ嫌いでね」客w

「馴染めよみたいな」
古川愛李「なんで?」
高柳明音「馴染めよって思うんだよね。スープの味を変えるな!みたいな」
矢方美紀「じゃ~、メンマだけ単品でたまに置いてるのあるけど、あれはいいの?」
高柳明音「主張してきても大丈夫」
矢方美紀「ラーメンとの時は馴染めよみたいな」
高柳明音「ラーメンの仲間のメンマですって言って欲しい」
メンバーたち「あー」
古川愛李「ラーメン with メンマみたいな。ラーメンの仲間たちみたいな感じ」
高柳明音「in メンマがいい。with メンマじゃなくて、in メンマがいい。はい、ありがとうございました。訊けて良かったです」

佐藤聖羅「気になることがあって。みんなカステラ食べるじゃないですか。カステラで透明なペラペラを剥がすと茶色いところ取れたりしません? それをそのまま放置してカステラだけ食べるのか、こう(口に挟んで)にゅーって舐め取るのか」客w
メンバーたち「えー?」「ヤダー」
古川愛李「まずさ、聖羅さん食べるの?」
佐藤聖羅「聖羅これ(口に挟んで)イーって」客w
メンバーたち「ヤー!」
古川愛李「無理じゃないですか?」
佐藤聖羅「だって甘い茶色のところもったいないやん」
矢方美紀「無理じゃないですか? けっこう分厚いですよ、あれ」
佐藤聖羅「これぐらいのさ、2センチ幅ぐらいの」
古川愛李「訊こう」
佐藤聖羅「じゃ~、剥がしちゃった時に茶色いところはほっといて、カステラだけ食べるっていう方」大脇有紗・矢方美紀・向田茉夏・古川愛李が挙手

「じゃ~、そのテープも舐め取るっていう方?」高柳明音が挙手
古川愛李「ほんとに?」
佐藤聖羅「けっこういる!」客席見て喜ぶ

「これ嬉しい」
山田みずほ「でも、取るけど舐めはしない」
佐藤聖羅「そういうところまでアイドル出さなくていいから」客w

「そういうの要らないわ」
古川愛李「それはさ、じゃ~さ、アイスのフタに付いてるやつも。今手上げた方、アイスのほうもやるよって方?」客、反応
佐藤聖羅「ですよね」
古川愛李「やるんだね、やっぱ」
高柳明音「もったいものクラブ作ろうか」客、軽くw

山田みずほ「私、消しゴムは最後まで全力で使い切るか、ちょっとちっちゃいのは要らないか」
矢方美紀「途中で折れない? 全力で使ったら」
山田みずほ「それでの2コに分かれても使いきるか」

「じゃ~、全力で最後まで使う人?」
メンバーたち「少ない」
山田みずほ「途中で捨てちゃう人?」
メンバーたち「は~い」高柳明音・大脇有紗・矢方美紀・向田茉夏・佐藤聖羅・古川愛李が挙手
高柳明音「途中で無くしちゃう人?」客w (佐藤聖羅・古川愛李が挙手)
佐藤聖羅?「捨てはしないかな」
矢方美紀「返っちゃうんだよ、どっかに。消しゴムが」
佐藤聖羅「あれどこに行くんだろうね」
古川愛李「どこかに消えるよね」
佐藤聖羅「あれ放課後の掃除で出てこない」客w

「どっか行っちゃうんだよ」

古川愛李「いろんな疑問が出ましたけども、これからはですね、好きなアイドルは誰ですか?って言われた時に、そんな疑問が出る前に、好きなアイドルやっぱりSKE48でしょ?って言ってもらえるようにこれからもがんばっていきたいと思います」

向田茉夏「SKE48チームKII 3rd「ラムネの飲み方」公演、次の曲で最後になってしまいますが、私たちは公演や握手会などで本当にたくさんのみなさんから勇気や元気をいただいております。そんな大切なみなさんに普段なかなか伝えられない感謝の気持ちや想いを次の曲で伝えられたらなと思います。それでは最後の曲です。聴いてください。握手の愛」


◆M13.握手の愛


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール
有志の方「本日は4月30日に21歳の誕生日を迎えられました、ナイスセクシーな」客w

「佐藤聖羅さんの生誕祭を実施させていただいております」客、拍手

「ところでみなさん、春めいて参りましたね。春の次は夏でございます」客「そうですね」

「夏と言えば、水着でございます」客「そうですね!」

「水着と言えばグラビアでございます」客「そうですね!」

「グラビアと言えば、みなさんご存知、佐藤聖羅さんでございます」客、イェー!&拍手

「というわけで、48グループの中でグラビアアイドルと言えば佐藤聖羅と言われるぐらい、今年の夏ますますがんばっていただきたいと思っておりますので、先ほどのMCでも申しました通り、本人かなりやる気でございます」客w → イェー&拍手

「というわけで、ますますのご発展を期待しまして、アンコールは聖羅コールをやらせてもらって、みなさんみなさんいいですか?」客「いいです いいです いいですよ!」

「海のグラビアがもっと見たいから、聖羅コールいくぞー!」客「おー」


「聖羅」コール


◆M14.ボウリング願望
◆M15.16色の夢クレヨン


■佐藤聖羅 生誕祭
高柳明音「アンコールありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

高柳明音「アンコールの1曲目「ボウリング願望」、2曲目「16色の夢クレヨン」を聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか!?」客、拍手

「ちょっと待った!」客「おー」

「今日は4月30日に誕生日を迎えた聖羅ちゃんの誕生日会をしたいと思います!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# BGM → 涙サプライズ!

阿比留李帆 → 佐藤聖羅に激しく抱きつく

佐藤聖羅 → 向田茉夏から花束を受け取る

# ケーキ搬入
メンバーたち「えー!?」「ヤバイ!」
佐藤聖羅「マジで?」
阿比留李帆「聖羅さんの水着姿です」
佐藤実絵子「しかも、これはじゃんけん大会の時の水着姿」
佐藤聖羅「すごい食べ辛いんですけど」客w
古川愛李「誰が水着のところ食べる?」
阿比留李帆「ハイ! 李帆が食べる」
佐藤聖羅「ちゃんと水着から食べてね」客w
佐藤実絵子「なんかヤだ、なんかヤだ」
佐藤聖羅「すごーい」

高柳明音「先日4月40日・・・、30日に21歳のお誕生日を迎えた聖羅ちゃんに、みんなでハッピーバースデーの歌を送りたいと思うんですけど、名前のところは聖羅ちゃんでいいですかね? それでよろしくお願いします」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 聖羅ちゃん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

メンバーたち「おめでとう」客、拍手&おめでとう

高柳明音「フーってしたらみんな倒れてください」
佐藤聖羅「フー!」

「ありがとうございます。水着は飛んでいきませんでしたね、フーで。ということで聖羅ちゃん、改めまして21歳になったということで、ファンのみなさまにメッセージをよろしくお願いします」
佐藤聖羅「今日はですね、聖羅のためにこのような生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」

「そうですね・・・。照明暗いのやめてください。すごい言い辛いです」
メンバーたち → w
佐藤聖羅「何言おうとしたっけな。あの・・・。そんなにあんま考えてなかったんですけど、あのですね、聖羅、先日武道館(※ガイシホールコンサート)で組閣があったじゃないですか。その時にすごい衝撃を受けちゃって。実は結構なんか病んじゃってたんですよ。なんか、なんだろうな。あー、泣きそう、どうしよう」客「がんばれ」

「KIIは本当にすごい大好きなチームで、自分の中で、自分が卒業するまで絶対ここにいるもんだと思ってたし、ダブル佐藤でずっとあり続けるものだと思ってたので、組閣が発表あった時に、結構しれっとした感じに振る舞ってたんですけど、周りは結構喜んでるメンバーもいたので、ここですごい言い辛いなっていう感じを出してて、組閣でこれはこれで良かったんじゃないかなみたいな感じの空気は出してたんですけど、すごい戸惑ってるところがあって」

「だけどなんか、この前東京に行ったときにAKBの松原さんと遊びに行った時に「良かったね」って言ってくれて。何が良かったんだろう?って思ったら、「SKEが組閣したってことはまだまだ期待されてるってことだよ」って言って。それと同時に「聖羅も期待されてるってことだから応援してるよ」って言ってくれて、それですごい救われたんですよ。なんか、見方が変わったっていうか、SKEのためにあった組閣、SKEの未来のための組閣だったっていうことで、少し受け入れられることができて、本当に良かったなって思えたんですよ」

「それと同時に松原さんもそうですけど、人と人との関わりってほんとに大事なんだなって。メンバーも含め、ファンのみなさん、スタッフのみなさんとか家族のみんなとか本当にいろんな人に支えられてて、知らないところでたくさんフォローしていただいてて、感謝してもしきれないですし、握手会で聖羅のファンの方も来てくださっても、なんか照れ隠しみたいな感じで少し意地悪しちゃったりとか、ちゃんと感謝の気持ちが伝えられないところがあったりしたんですけど、今年1年はちゃんとそういうところを握手会で伝えていきたいっていう気持ちを込めて、今回総選挙も辞退させていただくことに決めたんです」

「なので、直接握手会で「総選挙から逃げたんだろ」みたいな感じのことを言われたりもしたんですけど、そういうことじゃなくて、やっぱり直接1人1人の方にお礼をしていきたいと、今までたぶん怠っていた場所があったと思うので、ちゃんと感謝の気持ちを伝えていきたいという気持ちを込めて、そういう選択をしたのでみなさん分かっていただけたら嬉しいなと思います」

「21歳になって、こんなに泣いてちゃいけないと思うんですけど、まだまだこれからもがんばっていきたいと思いますのでこれからも聖羅の背中を押してください。よろしくお願いします。ありがとうございました」客、拍手

高柳明音「今回はある方からお手紙が来ていますので」
佐藤聖羅「えー? このタイミング? いつもこれの前じゃん」
高柳明音「ごめんね」
佐藤実絵子「そうなんです。でもこのタイミングで読みます」

「まずは公演お疲れさまです。そして21歳のお誕生日おめでとう。」

「聖羅ちゃんは私にとって初めての慕ってくれる後輩でした。そんなに会う機会も少なくて、メールだけのやりとりだけど、もっともっと仲良くなれる気がする、そんな人だと私は思っています。」

「初めてちゃんとお話をした時に「写真を撮られるのが好き」と言っていた聖羅ちゃん。その時の聖羅ちゃんはキラキラしていました。この1年はたくさんグラビアのお仕事ができるといいね。あわよくば写真集とかも出せるようになったらいいいよね。」

「お互い夢を叶える者として自分を信じていきましょう。これからもよろしくね。ご清聴ありがとうございました。AKB48チームK・松原夏海より」客、おー&拍手

佐藤聖羅「(涙) もうズルイ。そんなひと言も言ってくれなかった(号泣) ありがとうございます」

高柳明音「じゃ~、改めて、聖羅ちゃん、お誕生日おめでとう!」
みんなで「おめでとう!」客、拍手
佐藤聖羅「ありがとうございます。後で松原さんへもメールしときます」

高柳明音「ということで、本当に感動する生誕祭になりました。本当にありがとうございました。では次の曲にいきたいと思います」

「佐藤聖羅ちゃん生誕祭委員のみなさん、そして今日一緒にお祝いしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。聖羅ちゃんの気持ちを聞いて、改めまして私もいろいろ思ってたことに心がスッキリさせられたなと思っています。これからもいろんなことがあるかもしれないけど、メンバーみんなで支えあって乗り越えていきたいと思います。その背中をファンのみなさんが押してくださると嬉しいなと思います。それでは最後にこの公演のタイトルにもなっていますこの曲を聴いてください。ラムネの飲み方」


◆M16.ラムネの飲み方


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■ダブルアンコール
有志の方「本日の生誕の企画、みなさんご協力ありがとうございました」客、拍手

「チームSに移籍されてしまいますけども、残り少ないKII公演の中で、もう1回だけ聖羅コールで締め括ってもよろしいでしょうか?」客、イェー!&拍手

「の、その前に本日、荻野利沙ちゃんが初アンダーとして出場されております。これからもがんばってください!」客、拍手&がんばれ

「というわけで、聖羅コールもういっちょいくぞー!」客「イェー!」


「聖羅」コール


# メンバーたち「イェー」ステージへ

高柳明音「アンコールありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

古川愛李「みなさんの声にお応えして、もう少しだけ歌わせていただいてもいいですか?」客「いいです いいです いいですよ!」
メンバーたち「ありがとうございます」

高柳明音「みなさん一緒に盛り上がってってください」


◆M17.メドレー
(1)青空片想い
(2)1!2!3!4! ヨロシク!
(3)ごめんね、SUMMER
(4)バンザイVenus
(5)パレオはエメラルド


高柳明音「ありがとうございます、ありがとうございます。ここでもう1曲聴いていただきたいと思うんですけれども、次みなさんに聴いていただきます曲は私たちに今できること、子供を笑顔にすること、そして2013年も被災地への復興支援活動を続けていきますという48グループのメッセージが込められています。それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M18.掌が語ること


高柳明音「ありがとうございます。今聴いていただきました「掌が語ること」は特設サイト、ホームページにて無料でダウンロードできますので、ぜひみなさんも聴いてみてください」

# 向田茉夏 ハイタッチ案内

# 手繋ぎ挨拶 / その場で手を上げ 下ろし お辞儀 (客、拍手)

「ありがとうございました」

# BGM → ラムネの飲み方 / メンバーたち → 手を振りながら捌ける

# 公演終了



SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】5月3日(金) 17:00~ チームKII公演

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
赤枝里々奈
阿比留李帆
井口栞里
石田安奈
小木曽汐莉
加藤智子
後藤理沙子
佐藤聖羅
佐藤実絵子
高柳明音
秦佐和子
古川愛李
松本梨奈
向田茉夏
矢方美紀
山田澪花

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND