FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

ド○じゃなくてド○なので ゆかりんこと佐藤由加理 生誕祭(11/23 夜公演 ひまわり組「僕の太陽」121回目)

07112301b.jpg  07112303b.jpg  07112305b.jpg

■チケット&抽選
抽選待機中に生誕用のサイリウムを受け取る。

抽選前に生誕について説明。

抽選
130→110→120→220→100→1→200→10→70→60→(遠方)・・・

13巡くらい。下手ブロック後方へ。

■15人公演(携帯では正常に表示されません)

前田 小野 峯岸 河西 秋元 篠田 野呂 大島麻
成田 早野 小林 成瀬 大堀 松原 倉持

高橋 増田 大島優 小嶋 中西 板野 宮澤 佐藤夏
大江 出口 川崎 佐藤亜 佐藤由 戸島 増山 駒谷

[ AKB48 ひまわり組出演メンバー一覧 ]

■公演前の影アナ
河西 「ハイ、本日はわたくし河西智美がお客様を招待してます。。ま~す。お席は 2列目センターです。それではご入場ください。だそうです」客、拍手

客、入場。拍手で迎えられる。

■公演スタート
◆1曲目「Dreamin' girls」(全員ソング)

◆2曲目「RUN RUN RUN」(全員ソング)

◆3曲目「未来の果実」(全員ソング)

◆4曲目「ビバ!ハリケーン」(全員ソング)


■MC1 自己紹介&本日のお題「自分が映画監督だったらどんな作品を作りたい?」
MC成田梨紗 「みなさん、こんばんは」
メンバー一同「AKB48 ひまわり組です」客、拍手
成田梨紗 「ただ今公式モバイルサイトで私たちに聞きたいことを募集してます。 今日のお題はひらりんさん(?)から。自分が映画監督だったらどんな作品を作りたいですか?」

下手から。

小野恵令奈 「探偵だっけ? 短編?」
成田梨紗 「30分の短編にしよっか」
小野恵令奈 「どっちにしろ思いつかなくて、今踊ってて思いついたのはAKBのメンバーには男の子っぽいキャラも いるので、恋の? 学園祭? 学園物語? そうでしょ?」客、軽くw 「そんな恋の物語で、私は監督やりたくなくって、やるなら出るほうをやりたいです」

河西智美 「え~と、ともは~、ん~とね~、何だろね」そして「別に作りたいものとか特になくて、 映画って実写版ですか? アニメでも映画ありますよね。アニメにしま、した」

成田梨紗 「普通のラブストーリーか、小林香菜の1時間ドキュメンタリー」客w&拍手

板野友美 「もしともが作るとしたら、AKBがここまで成り立つまで、1番最初のきついレッスンを みなさんにお見せできたらと思います」

峯岸みなみ 「私もリサとかぶっちゃったんですけど、日替わりでターゲットを決めて、勝手に尾行して・・・ ノーカットで30分撮りたい。その日によって危険度が違って、その日によって入場料が違うんですよ」客、軽くw

以上、ハケる。

野呂佳代 「私は実際にボツになったんですよ。私が監督、脚本、企画、カメラ割り、その人に合うキャラ設定。 一気にボツになりまして、あの時間は何だったんでしょう」そして「作るならみんながバイトしてる風景を 撮りたいと思います」

大堀恵 「カヨちゃんが監督ので、私は何役だったんだっけ?」
野呂佳代 「言葉汚いんですけど。。エロ教師役」客w&拍手
大堀恵 「赤いメガネかけて・・・」
そして「恋空が携帯小説で流行ってるじゃないですか。本当にあったことを発信、、送信、、配信して いきたいです」

成瀬理沙 「中学2年、14歳の成瀬理沙です!」
そして「私は最近人のまばたきに興味があるので、まばたきだけを撮った30分ドキュメンタリーを作りたいです」客、軽くw

こじはるおじさん 「はるなちゃ~ん、ひまわり組のセカンド おじさんとユニットを組んでいただけませんか~」客、軽くw
小嶋陽菜 「ハイ、いやです」客、爆笑&ひゅ~
「ボツになったと言えば、映画じゃないんですが、はるなとひぃのお悩み相談室で、柱の会で やるつもりだったんですけど、解決しなかったので、またやりたいです」

佐藤夏希 「最近やっぱり事件多いですよね、食べ物の。私、すごい赤福ショックで、大好きだったんですよ。 赤福、冷凍の裏側を撮りたいです」

以上、ハケる。

大島優子 「今日はあるこのハジっこにいるたこ焼き娘と髪型一緒です」
そして「30分というとAKBメンバーがメイクする時間なんですよ。すっぴんからの劇的ビフォーアフターを作りたいです」客、爆笑

大島麻衣 「それではみんな一緒に」そして「♪ま~いまい」客「ま~いまい」「♪ま~いまい」客「ま~いまい」 「大島麻衣だよ~」照れ笑いしながら
増田有華 「今はいただきますかと思った。みなさん一緒のところでいただきますかと」
大島麻衣 「おさるさんを浸透させたい(?)・・・よく噛むので」云々

「OBになったんですが、鬼太郎がいて、ウェンツくんの前に作ってて」
高橋みなみ 「私、見ましたよ」
大島麻衣 「4時くらいにできて、メンバーみんなに送りつけたんですよ。ここで流したいと思います」客、拍手 「期待されたら、やりたい。20秒くらいしかないのですが、それを延長したの作って」

高橋みなみ 「私はですね、思うんですよ、30分は何も伝えられないと。30分の短さ、アニメは30分、週に1回で 絶対に前編と後編に分かれてて来週に続く」
大島麻衣 「子供だけど大人の頭脳の話だよね?」客、軽くw 「あれは前編、後編だからそそられるじゃん」
高橋みなみ 「待ちきれない・・・」
そして「戸賀崎殺人事件の後、企画だしてOKもらったんですよ。デスノートにちなんでデキンノート」客、爆笑&拍手 「それいいね、と言われたんですけど・・・」

客。拍手&声援。
佐藤由加理 「めーたんの日ごろの生活が気になるじゃないですか。なので、めーたんの日常という映画を作りたいです」

増田有華 「ゆかはメンバーをキャラを変えて、ゆかりがゆかで、ゆかがゆかりになる。 ゆかりん、大阪弁しゃべらなあかんのやで」
佐藤由加理 「わかったで~」客w
増田有華 「まなみがめーたんとか・・・、そういう映画作ったらおもしろい」
そして「なっちが1+2=Nなっちやってますが、今日とも~みに気付いたんですけど、1分でも2分でも 3分でも・・・」の時になっちの1+2=Nの指をやってた「できるんやな~、嬉しかった。 みなさん、とも~みの時もやってみてください」

締め。 高橋みなみ 「以上、総勢15名でお送りします。今までと違って、A、K入り混じって、その分緊張は100倍ですが、 チームの枠を超えた、私たちのエネルギーをより多くの方に伝えたいと思います。ガンバリます!」
他メンと一緒に「よろしくお願いします」
「それでは僕の太陽公演、はじまり、はじまり~」

以上、ハケる。


■ユニットソング

◆5曲目「アイドルなんて呼ばないで」
(成田、小野、峯岸、河西 + ポンポン隊5人 大堀、野呂、成瀬、板野、佐藤夏)

◆6曲目「僕とジュリエットとジェットコースター」(大島優、小嶋、佐藤由)

◆7曲目「ヒグラシノコイ」(高橋、増田)

◆8曲目「愛しさのdefense」(板野、峯岸、佐藤夏)

◆9曲目「向日葵」(野呂、大堀、成瀬、大島麻)


■MC2(向日葵4人組)
野呂、大堀、成瀬、大島麻

大島麻 「よし、じゃ~ここでみなさんの盛り上がり度をチェックしたいと思います。 声の準備を」そして「みなさん、盛り上がってますか!?」客、ぅお~&拍手

大島麻 「ここだけの話、11月22日が誕生日の人は幸せになる人が多い」客、反応
成瀬 「いい夫婦」11、22
大島麻 「いい夫婦がこ~して」
大堀 「こ~して、あ~して」
大島麻 「あ~しては要らないでしょ」客w
大堀 「普通のことを話そうと思ったのに、、」
大島麻 「11月22日はあの子が生まれた日」
大堀 「まーちゃんもそうだけどね」
大島麻 「すごい癒し系。ホワワンとしてて。久しぶりに聴きたい」云々
野呂 「野呂さんと私は脱力系だよね」ややその子をマネて
成瀬 「私はいつもすごい仲良くしてもらって、癒されてます」某読みチック
大島麻 「硬いよ~」客w
成瀬 「緊張して。。」
大島麻 「あの子はしずお、、。遠くから来て。名前言っちゃダメですよ。バレてますが」
野呂 「最初に前の方が名前を思いっきり言ってた」
大島麻 「ホントですか? その子、褒め殺ししようと思ってたのですが、この雰囲気、イヤダ。照れる」
大堀 「ああ見えて、中身しっかりしてる。察知して、今日体調悪いでしょ?と言ってくれる」云々
成瀬 「繊細な人ですね」
大島麻 「天才? 繊細かもね」
他メン「繊細」
大島麻 「あと、ガンバリ屋だよね」
野呂 「野呂さんと私は脱力系だよね」ややその子をマネて
大島麻 「天丼できましたね」天丼=繰り返す
大堀 「みなさん、時間がきたらしっかり盛り上がってください」

最後に4人で「たけうちセンパーイ!」次の曲へ


◆10曲目「竹内先輩」(全員ソング)

◆11曲目「そんなこんなわけで」(全員ソング)

◆12曲目「デジャビュ」(全員ソング)


■MC3
佐藤由、板野、河西、高橋、成田、大島優、小野、大堀

大島優 「竹内先輩、そんなこんなわけで、デジャビュ、3曲続けて聴いていただきました」客、拍手
高橋 「ということで、今までの人生で一番ハマったもの!」客、拍手「集めてたものとか」

板野 「一番じゃなくてもいい? 小学5年の時にキングダムハーツにハマってて、土日は朝から夜まで ずっとゲームやってて、友達と遊ぶ約束してたのにゴメンいけないって断って。 全部クリアして、アニメみたいなのあるじゃないですか、エンディングロールが微妙だったの」客、軽くw 「1日13時間やってて、ママにやめなさいってすごい怒られた。全クリして」客、反応 「ファイナルや・・・も買って」シリーズを買って。「でも最近やってもあんまりおもしろくない」
高橋 「大人になったね。余談ですが、キングダムハーツ、返すね」客w&拍手
板野 「たかみな、やらないよね」

小野 「ゲームだったらある。昔、シーマンにすごいハマってた」客w
高橋 「友達の家に見たのですが、動かなくない?」
小野 「動かないけど、見てるだけでなごむの」
そして「お母さんが仕事にいってる時とか繋ぎっぱなしで、すごいかわいいんだよね」
高橋 「イライラする」
板野 「シーマン2出たんだよね」
小野 「オレと一緒にこの地球を・・・とか言ってたよ」
他メン「トリ?」
小野 「人間いるらしいですよね」
高橋 「人間なのにシーマン?」
河西 「シーマン部長みたいに」
他メン「村長? 島町?」客w
高橋 「テキトーだよ」

大堀 「水槽に水を入れて、塩? えんすいすい?」客、軽くw
他メン「過酸化水素水?」
大堀 「下にお掃除するエビを入れとくの。ミドリのコケみたいなの掃除してくれて。グッピー泳がせて。 水槽を大事にしてたの。えれな、どうしたの?」
小野 。笑ってた模様。

高橋 「いろんなゲームにハマってるみたいですけど、AKBもみんなのブームになってくれれば嬉しいです。 私たちはステージ上でいろんな表情をして・・・」
佐藤由 「楽しい時間が過ぎるのは早いもので、そろそろ最後の曲になってしまいました」客、え~!

「こうして毎日を生きていたら失敗したり、 辛いこともありますが、でもいつも希望や夢を胸に自分らしく生きていこう、そんな気持ちを歌ってます」次の曲へ。


◆13曲目「夕陽を見ているか?」(全員ソング)

いったん緞帳が閉まる。


■アンコール休憩
暗転直後、某客「ゆぅっ、ゆぅっ、ゆかりちゃ~ん!」客w

客「今日は佐藤由加理さんの生誕祭です。アンコールはゆかりん(ゆかり?)コールでお願いします」

「ゆかりん」コール

◆アンコール1曲目「Lay down」(全員ソング)

■MC4
佐藤夏、増田、成瀬、小嶋、板野、野呂、峯岸

増田 「ちょっぴり勇気を振り絞ったナンバー、みなさんどうでしたか?」
小嶋 「衣装のほうも歌詞のほうもすごくセクシーでワイルドで恥ずかしかったのですが、がんばりました。私たちイケてましたか?」
佐藤夏 「ほとんどのメンバーがかなりの挑戦ナンバーでしたけど、他のメンバーはいつものかわいくて元気な衣装に着替えてますので もうちょっとの間、待っててください」

佐藤夏 「フ~」
野呂 「なるるもフ~って言ったの?」
そして「ひまわり公演ファースト、あと何回かで終わっちゃうじゃないですか? その前じゃなくても いいのですが、やりたいことがあります。AKBで笑点をやってみたい」客、軽くw
他メン「やってみよう」客、拍手
峯岸 「笑点といえば一番偉い人が客席の真ん中でうなずいてるじゃん」客w 「○○ホールからお送りしますとか」
他メン「そこからやるの?」
峯岸 「まわりの客、キョドルよね」
野呂 「私、歌丸さんやる。後ろに並んで」云々 他メン、客役

峯岸 「3、2、1」
野呂 「今日は文京区シビックホールからお送りします」客w&拍手「まずはナポレオンズ」客、爆笑&拍手

野呂 「引き続き歌丸さんやりますので。お題出しますので」
小嶋 「参加しようよ」
野呂 「笑点見たことある?」
峯岸 「うちは山田くんだから」客、拍手
野呂 「なっちは小遊三(こゆうざ)さんで」客w「こじはるは楽太郎さん」客w
「緑のおじいちゃんは私が。何が言いたかったかというと、小遊三さんと楽太郎さんが言いたかっただけ。。お題は」
小嶋 「あるの?」

メンバー。大喜利みたく座る。

野呂 「まずはこの歌を聴いてください」そして「♪夢中で 頑張る君に エールを~」CMソング。客、手拍子。歌後、客w

「頑張る君に、の後のニャニャニャニャ~を考えて欲しい」
小嶋 「ニャニャニャニャ~のままでかわいいよ」
他メン「歌ってみようか」

みんなで「♪夢中で 頑張る君に エールを~」客、手拍子。そして「ニャニャニャニャ~」
野呂 「ここでお開き。また来週のお楽しみ」

「♪チャッチャラチャラララ、チャッチャ」

おそらくこのメンバーたちだったと思いますが、笑点のテーマを歌いながら、ハケる


メンバー入れ替わり

小野、河西、大島優、高橋、佐藤由、大島麻、成田、大堀

小野 「雪について」テーマ

高橋 「雪といえば、食べるもの、というイメージ。人に踏まれてないとこにシロップかけて食べる」客、軽く、え~
大島麻 「お皿に取らないの?」
高橋 「取らない。スプーンとシロップ持って」
他メン「ヤダ~」
大島麻 「雪って知ってた? ほこりとかの塊なんだって」
他メン「すげーワイルドだね」
高橋 「無添加・・・」客w
小野 「無香料」客w

大島優 「雪はスキーとかスノボーじゃないですか。行きたいね」
大堀 「去年のお正月、行って来ました、お正月おめでとう。最後に大島優子。かっこよかった」年賀状?

高橋 「スキー教室があって、班で、下り坂でヘンな棒持って、手を外したらスベっちゃって。 恐怖で声出ないの。。先生! どうしようもないじゃん。けっこうスベって。死ぬなと。 自分でこけたの」
河西 「とももスキーできるよ」
他メン「できるの?」
河西 「できないかも。長野に家があるの。じっそう」客w「別荘。山だから『山の家』という名前なの。 何で笑うの?」
大堀 「そのままじゃん。山の家」
河西 「そこはいいの。かわいいから」 そして「パパの背中にしょってもらって。だからパパがスベったんだけど。1回だけスベったことあるの。シュー」仕草
他メン「ヒモじゃ?」
大堀 「私も1回・・・」

佐藤由 「私は北海道に行った時にやったことあるのですが、友達が骨折して、それでやめたの」
小野 「私もしたよ。陥没骨折」
大島優 「だから曲がるの?」
小野 「危ないんだよ、キケンだよ」

高橋 「最後は小野さんに教わった」そして「1歩間違えば危ないんですけど、 寒い冬ですが寒さを吹っ飛ばすくらいこのシアターを熱くしましょう」云々

「みなさんも明るく元気一杯に踊ってください! ビンゴ!」次の曲へ


◆アンコール2曲目「BINGO!」(全員ソング)

◆アンコール3曲目「僕の太陽」(全員ソング)

■佐藤由加理 生誕祭
ラストソング終了後、横一列になったところで

成田 「ハーイ! ゆかりんに見てもらいたいものがあるの」
佐藤由 「何?」
成田 「まずこっち」

上手側のブラインドが反転。ケーキ& 佐藤夏 の姿。

成田 「次はこっち」

下手側のブラインドが反転。 花束を抱えた野呂 の姿。

成田 「ゆかりん、お誕生日おめでとう!」

BGM、誕生日の夜。客、手拍子。

ケーキ、花束。ステージへ。

ケーキ、ロウソクに火 → 野呂佐藤夏

佐藤由 。花束を受け取る。

BGMに合わせて、客「ゆかりん」コール

佐藤由 。手のひらを口に。

他メン。BGMに乗せる感じで「おめでと!」客「おめでと!」

大堀 「みんなでゆかりんに歌を歌いましょう。せ~の」

みんなで「♪ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデー ディアゆかりん~」客、拍手&ひゅ~ 「♪ハッピバースデートゥーユー」客、拍手
他メン「おめでと~」

佐藤由 。火を消す。2フー。直後に紙テープ発射。客、ぅお~

成田 「ゆかりん、何歳になったの?」
佐藤由 「何歳になったと思う? 奥ちゃんと一緒がいい」
成田 「十代最後、どうなのよ」客、軽くw
佐藤由 「そういう感じでくるの?」そして「若々しくてフレッシュにがんばりたいです。落ち着いてて、 落ち着きすぎてると言われるのですが、十代最後なので出し切って、いろいろな経験をして、 素敵な女性になりたいと思います」客、拍手

成田 「19歳の抱負は?」
佐藤由 「19歳の抱負は、とにかく悔いの残らないよう」
成田 「ん~」軽く涙混じり
佐藤由 「何で泣いちゃうの?」
成田 「泣いてないよ」
佐藤由 「迷わず、挑戦していって、いろんな経験ができたらと思います」客、軽くw
「そうよね~」客、軽くw 半泣き
成田 「そうよね~」

大堀 「来て下さったみなさんにひとこと」
佐藤由 「え~と、私はすごくのんびりした性格で、いつもファンの方に大丈夫?って心配されるのですが、 19歳になって、あまり心配かけないようにしたいです。秘密兵器じゃ終わらないので」客、軽くw 「がんばりますので、よろしくお願いします」客、拍手

「あと、私はドSじゃなくて、ドMなので。。よろしくお願いします」客w&拍手
大堀 「ひまわりになって、いろんなゆかりんが見れるようになって、大胆発言もあって、 ドSって言われるようになったんだよね」客、軽くw
佐藤由 「ドMなの」客w 本人は軽く涙混じり
「なんか、毒吐いてることもあるけど、本当は吐いて欲しい方なので」客w&拍手

「フリが遅いとか、やる気がないとか言われるけど、もっと言って欲しい」客、爆笑&拍手

「今日はありがとうございました」
大堀 「新しいキャラが見えたね」

他メン「おめでとう~」客「おめでとう~」

大堀 「最後はゆかりん、みんなと一緒にいつものやろうか」

客「静岡代表がんばって」
佐藤由 「ありがとうございます」客、拍手

佐藤由 を真ん中に、花束を抱えたまま、横一列挨拶。

メンバー「せ~の」バック、「せ~の」前進 → 礼。客、拍手

メンバー「ありがとうございました」と言った後、再度、礼。ハケる。

公演終了

■メモ
ガチャ、1日支配人。

5曲目、アイドルなんて呼ばないで。ポンポン隊5人(サエかやポジ空き)

8曲目、愛しさのdefense 。みぃちゃん代役出演(サエかやポジ)

ゆかりん生誕祭ということで
・13曲目「夕陽を見ているか?」オレンジサイリウム
・アンコール暗転中「ゆかりん」コール


■公演後の影アナ
河西 「ハイ、今日はゆかりんの生誕祭だったね~」
佐藤由 「ね~、ありがとうございました。今日は本当にありがとうございました。本当に 最高の誕生日になりました。こんな私ですけど、これからもよろしくお願いします」客、拍手
河西 「バイバーイ」

■20分以内に書く主観的感想 その618くらい
序盤4曲は、週末夜公演にしては曲中の手拍子はやや小さめ、私の見えた範囲ではフリも少な目。 ご新規さん多いのかな?といった感じ。曲後の拍手は大きかった。ユニット以降は曲中の手拍子も大きくなっていった。

メンバーの動きに関しては「2回公演の2回目だな~」と思いつつも、ステージの雰囲気は非常によかったと思う。 客席も雑音は少なく、いい雰囲気で進んでいったように感じた。


ゆかりん生誕祭。
3曲目「未来の果実」下手にて。めーたんがゆかりんの頭の後ろで手をひらひらさせて、ゆかりんをフィーチャーしていた。 めーたんの気遣いが見て取れる場面であった。

「BINGO!」のサビ、下手にて。みぃちゃんがゆかりんに抱きついていた。 みぃちゃんの無邪気さが見えた場面であった。

そういった感じで曲中も生誕ならではの光景が垣間見えつつ。

ひまわり組がスタートして、時たま思い切った発言が飛び出すようになったイメージのあるゆかりん。
今日の生誕祭でも飛び出した。「私はドSじゃなくて、ドMなので」や「もっと言って欲しい」とか(笑)

「十代最後なので出し切って」と言ってましたが、ドM発言も「出し切って」の一環だったのでしょうか。
生誕祭は、脇役の子も主役になれる日だとは思うが、今日の思い切ったコメントを聞いてたら、 脇役だけで終わらなさそうな、ひょっとしたら今後何かやらかしてくれるんじゃないかという期待感を抱かせた。

直感的な話ではあるが、まずは地元静岡のローカル番組あたりのレギュラーが持てればいいんじゃないだろうかと思う。 梅ちゃんが地元福岡ローカルの番組に出演しているように。もちろんオーディションに受かる必要はあるが。AKBの宣伝にもなるだろうし。 まずは地元から固めていって、全国展開を目指せばいいのではないだろうか。

07112312b.jpg

■出演メンバー
板野友美大島麻衣大島優子大堀恵小野恵令奈河西智美小嶋陽菜佐藤夏希佐藤由加理高橋みなみ成田梨紗成瀬理沙野呂佳代増田有華峯岸みなみ

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply