FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

ダブル生誕祭デー とも~みちゃん、1週間遅れの生誕祭(11/23 昼公演 ひまわり組「僕の太陽」120回目)

07112302a.jpg  07112304a.jpg  07112305a.jpg

■チケット&抽選
一般チケット。昼公演のボーダーは朝5時前後、夜公演は6時ごろだった模様。

抽選待機中に生誕用サイリウムを受け取る。

抽選前に生誕について説明。
最後に「それでは、1時間でも2時間でも3時間でも~、盛り上がっていきましょう」

抽選は6巡であったが、MVPやら1巡前やら順後やらリザーブやら・・・
中央ブロックは既に7列目以外は埋まっていたので上手前方へ。

キャンセル(抽選対象内)は5番までだった模様

■15人公演(携帯では正常に表示されません)

前田 小野 峯岸 河西 秋元 篠田 野呂 大島麻
成田 早野 小林 成瀬 大堀 松原 倉持

高橋 増田 大島優 小嶋 中西 板野 宮澤 佐藤夏
大江 出口 川崎 佐藤亜 佐藤由 戸島 増山 駒谷

[ AKB48 ひまわり組出演メンバー一覧 ]

■公演前の影アナ
大堀 「今日のお昼の公演は何が起こるかわかりません。みなさん、盛り上がっていきましょう」声低く優しく。夜の雰囲気

■公演スタート
◆1曲目「Dreamin' girls」(全員ソング)

◆2曲目「RUN RUN RUN」(全員ソング)

◆3曲目「未来の果実」(全員ソング)

◆4曲目「ビバ!ハリケーン」(全員ソング)


■MC1 自己紹介&本日のお題「寝てはいけない時に居眠りした時の言い訳」
MC前田敦子 「みなさん、こんにちは」
メンバー一同「AKB48 ひまわり組です」客、拍手
前田敦子 「ただ今公式モバイルサイトで私たちに聞きたいことを募集してます。 今日のお題はゼロさんから。寝てはいけない時に居眠りしてしまったら、なんと言い訳するすか?」客、軽くw するすか、に反応

下手から。

小野恵令奈 「私はいねむりしてしまう場合は、そのまま寝てるか、起きてしまった場合は「寝てるように見せかけてるだけだよ」。。 わからないすよ」

客。声援。
河西智美 「ともは多分居眠りしたら起きない方が多いですが、話に熱中するために目をつぶってて聞いてただけと 5分くらい力説して寝てたことを忘れさせます」

前田敦子 「体操座りしてて、うっと、寝てた! 逆に寝てたことをアピールします」

板野友美 「よく授業中に寝てたらヤバイじゃないですか。その時は、私ドライアイなので目を開け続けられないと言います」云々

峯岸みなみ 「先生に注意されたら引き続き夢の中にいるフリをして、例えばお姫様の夢だったとするじゃないですか。 私はどこのお姫様かな~、MIHOちゃんみたいにイタイ人を演じて逃れたいです」客、軽くw

以上、ハケる。

野呂佳代 「私はここに目を描きたいと思います」客w

大堀恵 「みなさん、こんにちは~」客「こんにちは~」「めーたんこと大堀恵です」
そして「私は先生に注意されて、先生の目を見て、あ~ん、よだれ垂れちゃった~と言います」云々

成瀬理沙 「私は集中力を高めるために寝ましたと言います」

こじはるおじさん 「はるなちゃ~んチケットの並び寒かった~」客w
小嶋陽菜 「ありがとうございます」
こじはるおじさん 「ので、抱きしめて温めていただけませんか~」
小嶋陽菜 「最後聞こえない、ハイ!」挙手、返答終了。客w
「あの私はシアターのダンスレッスンで発明したんですけど、先生が立ち最前で見てるとするじゃないですか。 そのヘンにいると寝ててもバレません」柱前、非常口前を指差す

佐藤夏希 「実際に授業中に寝てたことあって、先生に怒られたことあるんですよ。40、50人くらいクラスにいて、 「AKB忙しいでしょ?」と言われ、ま~そうですと答えたら「佐藤さんがそれだけ忙しいなら、小野さんは何倍 忙しいんでしょうか」と」客、爆笑「うるさいよ」客w

以上、ハケる。

大島優子 「今日は勤労感謝の日ということで、働いてる人に少しでも癒しを・・・」
そして「寝て起きたら、先生のその美しくて魅力的な声がスーっと入ってきて、お母さんのお腹にいたころを思い出して 寝ちゃいましたと言います」客w

大島麻衣 「やればできるこマイマイケル。。1人でやるの恥ずかしい」
そして「よく寝るほうなのですが、起こされる感覚がないフリをします。会社とかでする人いると思いますが、 こっちの人が諦めてくれると思うんですよ。いい話を聞いたと思って・・・」

高橋みなみ 「すみません。何で月曜日なのに2回公演だと思ってました」
他メン「金曜日だよ」
高橋みなみ 「比較的寝なくても大丈夫なのですが、数学の勉強は大半寝てて」客、軽く、え~ 「わからないので。起こされてもわからないと開き直ります。眠いし」客「ヤバイ」「ヤバイって言われた」

佐藤由加理 「22日で19歳になります、ゆかりんこと佐藤由加理です」客、拍手
そして「私はよく寝る子なんですよ。起こされたくなくて、ソファーの後ろや机の下とかに隠れて寝て、 見つからないように寝ます」

増田有華 「最近はこの話は新鮮な話で、火曜日に中間テストで、勉強できなくて、夜中にして、夜中に起きて昼寝てて、 だからできないと気付いて」云々「授業中起きて、夜寝るサイクルにしようとギリギリに気付きました」云々

締め。 高橋みなみ 「以上、総勢15名でお送りします。今までと違って、A、K入り混じって、その分緊張は100倍ですが、 チームの枠を超えた、私たちのエネルギーをより多くの方に伝えたいと思います」途中、客のサイリウム準備に気付き、 うなじを押さえたり。客、軽くw

「ハイ、今日もカチカチと」客w

「ガンバリます!」
他メンと一緒に「よろしくお願いします」
高橋みなみ 「それでは僕の太陽公演、はじまり、はじまり~」

以上、ハケる。


■ユニットソング

◆5曲目「アイドルなんて呼ばないで」
(前田、小野、峯岸、河西 + ポンポン隊5人 大堀、野呂、成瀬、板野、佐藤夏)

◆6曲目「僕とジュリエットとジェットコースター」(大島優、小嶋、佐藤由)

◆7曲目「ヒグラシノコイ」(高橋、増田)

◆8曲目「愛しさのdefense」(板野、峯岸、佐藤夏)

◆9曲目「向日葵」(野呂、大堀、成瀬、大島麻)


■MC2(向日葵4人組)
野呂、大堀、成瀬、大島麻

大島麻 「じゃね、みなさん勤労感謝の日でお休みということで、元気有り余ってるということで」
客「並びで余ってないよ」など
大島麻 「みなさん元気どれほどのものか試してみたいと思います。みなさん、盛り上がってますか!?」客、ぅお~&拍手 「どうですか?」
大堀 「盛り上がってる。。(はぁと)」

大島麻 「勤労感謝は」
野呂 「勤労を敬う」
大島麻 「キンロウってのがある。堂本光一さんが・・・」きんろう=金狼「(なるるに)いっちゃダメだよ」
野呂 「今日まいまいが着てたダウンジャケット」
成瀬 「そうなんですか?」
大堀 「ああいう人にありがとう」
大島麻 「ギンロウは?」
野呂 「ブルーのハットリ先生みたいな」
大島麻 「敬老は?」
野呂 「もういいよ」
大堀 「敬老は私たちのカレンダーだよ」客、軽くw
野呂 「AKB48のカレンダーがあるのですが、チームB浦野、チームK大堀、野呂の3人で映ってるのですが、 敬老の日のところなんですよ」客w
大島麻 「マリちゃんは?」3人と歳が近い
野呂 「別枠なの。マリちゃんは何かと別枠で」そして「勤労ということで、オーバー22ですが。。それくらいでいいですか? 24です」
大堀 「女性としてはいい年。これから楽しくなる」客、拍手
「まいまいもこれから楽しくなるわよ」云々
野呂 「ここの年齢が低すぎです、歳が、歳が」
大島麻 「うっぷん溜まってる?」

その後、野呂&大堀が大声でごちゃごちゃと。

大堀 「おねぇさんスミマセン」手で制止「じゃ、後半戦も盛り上がって言っちゃう?」

最後に4人で「たけうちセンパーイ!」次の曲へ


◆10曲目「竹内先輩」(全員ソング)

◆11曲目「そんなこんなわけで」(全員ソング)

◆12曲目「デジャビュ」(全員ソング)


■MC3
佐藤由、板野、河西、高橋、前田、大島優、小野、大堀

大島優 「竹内先輩、そんなこんなわけで、デジャビュ、3曲続けて聴いていただきました」客、拍手
そして「もうすぐひまわり組、僕の太陽公演が千秋楽なんですが、着々とレッスン進んでて、 そこでセカンド公演、みんなの意気込み!」客、拍手

「内容言えないんですけど、かる~くね」
板野 「何言ったらいい? どこまでいったらいいのかな?」
佐藤由 「どんなイメージ?」
高橋 「激しい」
板野 「激しい・・・」
大島優 「1曲1曲息が切れる」
板野 「衣装言っていいの?」
前田 「衣装? 決まってるっけ?」客、軽くざわざわと
大島優 「私もわからない」
板野 「ウワサ的に」たかみなに耳打ち
高橋 。両手をクロス。バッテンポーズ。
前田 「それはNG」

大島優 「ユニットは?」
小野 「ユニットはえれなは」
他メン「ワ~」みたいな感じで声を出し、小野の声を消す。
板野 「何も言っちゃいけなくない?」
他メン「意気込みを」
大島優 「その前に千秋楽、今日千秋楽を迎えるあっちゃんがいるわけじゃないですか」客、拍手「ひとことどうぞ」

前田 「私すごい口ベタで、何て言っていいかわからない、、」急に泣き出す。顔クシャクシャ
他メン「あっちゃん。。」
前田 「ずっと我慢してたの、、」泣く
高橋 「もらい泣きだよ」
客「がんばれ!」
他メン「どうだった? 僕の太陽公演」
前田 「楽しいことしかなかった。。セカンドのレッスンをしてるのですが、私的についていけなくて、、この公演は全部踊れるんですけど」客w&拍手 「う~。。今回のひまわり公演はみんな一緒に千秋楽を迎えることができなくて、バラバラで。そうですね。私これで 1曲1曲終わっていくなと思いながら踊っていたんですけど。私は卒業するわけじゃなくて」客「ぅわ~」とか「ぅお~」とか&拍手

前田 「私は絶対にAKBを辞めません」客、拍手「私の予定では26歳までいる予定で」客w
「30歳はキツイかなと」客、軽くw

「泣くとこじゃないですね。ドラマや新しいことをやらせてもらって、とても充実していて、毎日すごい幸せだなと。 AKBがないと私はやっていけないと思うので、私はずっとAKBにいたいなと」客、拍手

「セカンドも、同じ立ち位置やる子とがんばっていきいたいと思います。みなさん待っててください。12月8日まで 待っててください。みなさんありがとうございました」客、拍手


佐藤由 「楽しい時間が過ぎるのは早いもので、そろそろ最後の曲になってしまいました」客、え~!

「こうして毎日を生きていたら失敗したり、 辛いこともありますが、でもいつも希望や夢を胸に自分らしく生きていこう、そんな気持ちを歌ってます」次の曲へ。


◆13曲目「夕陽を見ているか?」(全員ソング)

いったん緞帳が閉まる。


■アンコール休憩
客「今日はとも~みちゃんの生誕祭だ~!」

「か・さ・い!」「とも~みちゃん」コール

◆アンコール1曲目「Lay down」(全員ソング)

■MC4
佐藤夏、増田、成瀬、小嶋、板野、野呂、峯岸

増田 「アンコールありがとうございました」
成瀬小嶋 「ありがとうございました」

増田 「ちょっぴり勇気を振り絞ったがんばったナンバー、みなさんどないでした?」客、拍手
小嶋 「衣装のほうも歌詞のほうもすごくセクシーでワイルドで恥ずかしかったのですが、がんばりました。私たちイケてましたか?」
佐藤夏 「ほとんどのメンバーがかなりの挑戦ナンバーでしたけど、他のメンバーはいつものかわいくて元気な衣装に着替えてますので もうちょっとの間お待ちください」

佐藤夏 「今日はちょっとおもしろいお題で話を」
小嶋 「おもしろいの?」
佐藤夏 「。。私は自信がないのがウリなので、、」そして「自分でお店を開くとして、とんでもない目玉商品を作るとしたら」
小嶋 「おもしろいお題」

増田 「筋肉番付作って、それを持って、たこ焼きの上にアイス大盛りやつを、アイス落ちへんように最後まで食べたら握手」客、軽く、え~ 「3倍にしてお金返す」
板野 「食べられる人、限られない?」
増田 「ちっちゃい子はパターゴルフ」

他メン「みぃちゃん、どうですか?」
峯岸 「わ~」当たっちゃった、めんどくせ~、みたいなニュアンス
「私は千円で説教します」客w「お悩みでもいいです。5分千円で」 そして「私は○○ちゃんに嫌われてるかも」客w「テレ電時代に、私みんなの2推し以降で」客、爆笑 「値段は随時調整して」
小嶋 「説教って?」
峯岸 「私・・・」
小嶋 「それで生きていければいいね」云々
佐藤夏 「ちなみに行きたい人は?」客、ハイ
小嶋 「いいじゃん。(AKB)やめてよ」客w
峯岸 「私、AKBじゃなかったら何なの? ただの相談聞く人? AKBありきの私」

野呂 「じゃ~私は美味しいおしる粉を出す店」
小嶋 「食べたい」そして「今日おしる粉顔」
野呂 「何? そのおしる粉顔」


メンバー入れ替わり

小野、河西、大島優、高橋、佐藤由、大島麻、前田、大堀

小野 「今までAKBで90きょきゅ、きょきゅ、、きょきゅ。90曲以上のフリ付けを覚えてきたんですけど、 このフリ付け大好き!」客、拍手

大島麻 「せ~の、♪投げキッスで撃ち落せ~」
他メン「かわい~ね」
大島麻 「一時期楽屋で流行ってた」
前田 。自信ありげに自分を指差す。
他メン「じゃ、あっちゃんやってよ」客、拍手
前田 「。。覚えてない」客、え~
思い出しながらフリしようとするも「できないよ~。あ、できない。あれ、できない」
高橋 。フリをして見せる。
大島麻 「あっちゃんに教えてる。どういうこと?」

大島麻 「あっちゃんは?」
前田 「♪テテテ~」
他メン「背中から?」
前田 「♪背中から抱きしめて~」フリ披露
大島麻 「それ2番だよね」
高橋 「それ、折れるほど、だよ」
大島優 「大丈夫か?」
前田 「ヤバイよ」
高橋 「リオもジーザスも好きですけど、月かた」月のかたち
高橋前田 。メロディを口ずさみながらフリ披露。

他メン「えれぴょんある?」
前田 「♪雨の動物園~」
大島優 「手袋かわいかった」そして「私、コンサートの渚のチェリーが好きだった」
大島麻 「♪チェーリチェリボーイ、チェーリチェリガール、ニャニャニャニャニャニャ~ニャ~ニャ~」
前田 。自信ありげに自分を指差す。

大島優 「私は嘆きのフィギュア」
大島麻 「覚えてるよ」

他メン「めーたんは?」
大堀 「急に振ってきたよ」
大島麻 「キスミーベイビーとか」
大堀 「ブルーローズは先生が好きなようにやりなさいって言われて、楽しかった」
大島優 「スタンドマイクだと思ってやってみたら?」
大堀 「お前何なの!?」不機嫌。客、軽くざわ「いいんじゃないすか」
他メン「怒られちゃったよ」
大島優 「ひまわりでもスタンドマイク使ってるよ」

高橋 「その曲に与えられたフリ付けで表現方を・・・すべて揃って・・・かけがえのないものだと・・・」

締め。 高橋 「みなさんも明るく元気一杯に踊ってください! ビンゴ!」次の曲へ


◆アンコール2曲目「BINGO!」(全員ソング)

◆アンコール3曲目「僕の太陽」(全員ソング)

■河西智美 生誕祭
ラストソング終了後、横一列になったところで
板野 「ハイ、ちょっと待った! 今日はみんなが大好きなとも~みの誕生日です!」客、拍手

河西 「そ~か。。。」

少し間があって、紙テープ発射。両サイドから。BGM、誕生日の夜。

上手からケーキ → 佐藤夏
下手から花束 → 野呂

野呂 。すぐに花束を手渡す。

ケーキ、ロウソクに火 → 野呂佐藤夏

河西 。後ろを向き、泣く。少し経ってステージ正面を向くも、手首付近で涙をぬぐうような仕草。

BGMに合わせて、客「とも~みちゃん」コール

BGM終わり、客、拍手

大島麻 「ということで、みんなでハッピーバースデーを歌いましょう」

みんなで「♪ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデー ディアともみちゃん」客、拍手

「♪ハッピバースデートゥーユー」客、拍手&歓声。各地から「おめでとう」の声

河西 。火を消す。ひと吹き目は遠すぎて1本も消えず。2吹き目、一気に消す。

板野 「はい、ということで、メッセージが届いてるんですよ。ある方から」
河西 「誰?」

音声メッセージ「ともへ。16歳になり、AKBに入り1年と9ヶ月が過ぎましたね」

とも~みちゃんのママからでした。

「荒れたり・・・いろいろありましたね。熱を出して休んだり、セカンドではお台場と公演に出て体調を崩して1週間休んで、 毎日クビになったらどうしよう、早く出たいと、悔しい思いをしました。

15歳のお誕生日もお祝いしてもらって、とものことを、と嬉し泣きしていましたね。

この1年9ヶ月で少しは我慢強くなったかな。まだまだ甘えん坊ですが、いつも褒めないママですが、よく頑張ったね。

自分で目指した道を1歩1歩・・・」進んで、云々

「みんなで助け合って、思いやりをもって、焦らずおごらず、素敵なレディーになってください。

いつもお世話になっている秋元先生やスタッフのみなさん、仲良くしてくれていつも励ましてくれるメンバー、いつも 応援してくれるみなさんに感謝して、ダイヤモンドより輝いてる女の子になってね」

次に「とも、この1年ホントによくがんばったね。お互い成長できるようこれからもがんばろうね」お姉ちゃんからでした。

最後に母&姉の2人で「とも、お誕生日おめでとう」「ママと」「マーミより」客、拍手

河西 。号泣。

板野 「びっくりした? お願いして、録ってもらったの」
河西 「お姉ちゃんまで出てくるとは思わなかった、、」

板野 「16歳になった気持ちをみなさんに伝えてください」
河西 「16歳になって、もう高校生だし、ママともよくケンカするようになって、学校との両立が難しくなって、 それをママに怒られて、ともは反発して。。。くれたメッセージ嬉しくて。ママはいつも頑張ってるとは褒めてくれなくて、 反対されてるのかなと思ってて、、だけどこういう風にしてもらって、何て言っていいのかわかんないんですけど、

甘えん坊を卒業しなきゃいけないし、1人で自立できるようにならなきゃいけないし、学校も勉強も公演もいろいろがんばります。

今こうやってファンのみなさんに祝ってもらったり、お母さん、お姉ちゃんにメッセージもらって、 がんばれるなと思って、何て言ったらいいのかわからないのですが、ともはともらしくがんばります」客、拍手 板野 「じゃ、最後にみんなで挨拶しようね」

高橋 。ケーキを上手袖へ。

板野 「これからもみんなで力を合わせてがんばっていきましょう」客、拍手

横一列挨拶。

河西 。真ん中。花束を抱えたまま、挨拶。

メンバーはける。

河西 。下手袖前にて、最後に一礼してからハケる。

公演終了。


■メモ
とも~みちゃん → ストレート

優子 → 外ハネ
野呂 → 自称ドラゴンフルーツ
なっち → ポニーテール、サラサラ
えれぴょん、みぃ → ストレート

5曲目、アイドルなんて呼ばないで。ポンポン隊5人(サエかやポジ空き)

8曲目、愛しさのdefense 。みぃちゃん代役出演(サエかやポジ)

とも~みちゃん生誕祭ということで
・5曲目「アイドルなんて呼ばないで」ピンクサイリウム
・アンコール暗転中「か・さ・い!」「とも~みちゃん」コール
・アンコール2曲目「BINGO!」両腕に青のリングタイプのサイリウム


■公演後の影アナ
大堀 「ともが今泣いちゃってるんですけど」微かに泣き声
「みんなにお祝いしてもらってよかったね」
河西 。涙声で「こんなともですけど、これからもよろしくお願いします」

■20分以内に書く主観的感想 その617くらい
ひまわり組の週末昼公演は過去2回見ておらず、いずれも動きがイマイチだった、といった話を聞いていたが、 今日はそういったことは感じなかった。むしろ、いつもより良く感じた。 (疲れ気味のメンバーも中にはいたが)

昼公演特有の、若干のマッタリ感といったものはなく、夜公演のような気分、盛り上がりであったように感じた。 少なくとも私はそうであった。生誕効果が大きかったのだと思う。


あっちゃん千秋楽。
千秋楽コメントしたので、今日の昼公演がおそらくファースト見納めだったのであろう。
あっちゃんはいい時とそうでない時の落差が大きいように思うが、今日のあっちゃんは神に近かったと思う。とてもかわいらしかった。

急に顔をクシャクシャにして泣いてしまったけど、泣くのは極端としても普段からもう少しナチュラルな面が出せればいいんじゃないかと思った。


野呂さん。
後頭部に大き目のダンゴ1つ。自称ドラゴンフルーツ。
これまでで一番似合っている髪形ではないかと思う。いつも以上にキレイに見えた。 野呂さんは正面よりも、少し斜めからのアングルの方が見栄えがすると思う。


とも~みちゃん生誕祭。
家族からのメッセージは、いいものですね。ステージ上の演出にファンが関われなくなって久しいですが、 こういった演出は嬉しいものですね。一番嬉しかったのは、きっととも~みちゃん本人だと思いますが。 普段褒めないという母が褒めたという点が、なんだかジーンときてしまいました。。。

ホリプロに入り、劇場以外の仕事は今のところフットサルくらいしか話を聞きませんが、今後いろんな分野で活躍できることを祈ってます。

とも~みちゃんといえば、私の中では「かわいさの象徴」。
私の希望ではありますが、女の子らしいかわいさを極めていって欲しいと思います。

最後に。
メッセージ中に出てきたとも~みちゃんのお姉ちゃんの名前。
お姉ちゃんのこと詳しく知ってる方は、違うように聞こえたようですが、私には「マーミ」と聞こえたので、敢えてそのまま表記します。

Special thanks → 某Y氏

■出演メンバー
板野友美大島麻衣大島優子大堀恵小野恵令奈河西智美小嶋陽菜佐藤夏希佐藤由加理高橋みなみ成瀬理沙野呂佳代前田敦子増田有華峯岸みなみ

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply