FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

大場美奈 21歳の生誕祭 (2013/04/11、チームB)

AKB48劇場 / チームB ウェイティング公演 27回目

■出演メンバー
梅田チームB → 石田晴香・市川美織・梅田彩佳・大場美奈・大家志津香・片山陽加・加藤玲奈・小森美果・島崎遥香・竹内美宥・田名部生来・中村麻里子・名取稚菜・野中美郷・藤江れいな・山内鈴蘭

研究生バックダンサー → 大森美優・佐々木優佳里・相笠萌・高島祐利奈・内山奈月・西野未姫

■ポジション
小嶋陽菜 → 小森美果
渡辺美優紀 → 大場美奈 → 田名部生来
石田安奈 → 野中美郷
柏木由紀 → 竹内美宥 → 名取稚菜
岩佐美咲 → 中村麻里子

(旧)峯岸みなみ → 山内鈴蘭 → 大家志津香


■開演
◆M00.overture
◆M01.初日
◆M02.君のことが好きだから
◆M03.Virgin love
◆M04.正義の味方じゃないヒーロー


■MC (自己紹介)
梅田彩佳「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームBです」客、拍手

梅田彩佳「初日・君のことが好きだから・Virgin love・正義の味方じゃないヒーロー、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがだったでしょうか?」客、拍手

お題提供:ニキさん
お題:今までで一番すごく迷った二択はなんですか?

【1列目 上手側から】
市川美織「フレッシュレモンになりたいの~♪ ありがとうございます。チームBのみおりんこと市川美織です」

「私はファミレスとかレストランとかでレモネードを頼むか、レモンティーを頼むかで毎回悩むんですよ。どっちもレモンだし、料理に合いそうなのはレモンティーだけど、フレッシュそうなのはレモネードじゃないですか。だからどっちがいいかなって毎回悩むっていうことですかね。みなさんもそう悩まれてますよね?きっと」客、反応

「ありがとうございます、優しいです」客w

名取稚菜「幸せを運ぶ4つのエクボ、あなたに幸せを届けます。わかにゃんこと名取稚菜です。よろしくお願いします」

「こんなかわいい二択の後に言うのはちょっと恥ずかしいんですけど、私は洗濯物なんですけど、たぶん日常生活でみなさんすごい悩むと思うんですけど、夜帰って、洗濯物を乾燥までやると2時間半ぐらいかかるじゃないですか。それで、寝たい、けど洗濯するべきだ、押そうか押さないか」客w

「私は2時間半これから起きていられるのだろうかをずっと洗濯機の前で、電源は入れてるんですけど、スタートをする、すごい迷いまして、いっつも「あと2時間半どうしよっかなー」みたいなずっと悩んでて。結局テレビがおもしろいのがあると押すんですけど、それ以外は自分の中で毎回毎回究極の選択をしてます。なんて言うんですかね、おばさんっぽいっていうか、フレッシュの後に申し訳ないけど、そういう二択を日々やっています」

梅田彩佳「福岡県出身の う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です。よろしくお願いします」

「私は今日の出来事なんですけど、今日一緒に公演出てる田名部生来ちゃんがいるんですよ。たなみんの髪の毛が今日クリンクリンなんですよ。それを見て、アニーなのか、大泉洋なのか」客w

「どっちを意識してやったのかなと思って。どっちを意識してやったんですか?」
田名部生来「一応アニーなんですけど、大泉洋さんも好きなので、どっちも」
梅田彩佳「それをどっちなのかなってすごく迷ってました」

島崎遥香「19歳の島崎遥香です。よろしくお願いします」

「私はですね、あんまり悩まないんですよ。で、洋服どっちにしようかなと思った時は買わないようにしてるんです。なんでかって言うと、もうこれだ!って思ったものがそれなんですよ、きっと。だから迷ったものはきっと要らないものなんですよ。だから迷わないんです。。以上です」客w

小森美果「大盛り? 中盛り? やっぱり小森! こもりんこと小森美果です。よろしくお願いします」

「私はですね、この間休みだったんですけど、前田亜美ちゃんと鈴木紫帆里ちゃんから「遊ぼ」っていうメールがきてたんですよ。で、同じタイミングぐらいだったんですね。だから、どっちと遊ぼうと思って。でも、なんか、すごいメールがきてたので、なので「仕事です」って言ってやめちゃいました」客w

「あともう1つあるんですけど、プロレスの試合なんですけど、よく仕事でどっちの選手が勝つか、みたいな予想があるんですけど、それですごい迷ったりします。はい、おもしろくなかったですね」客、軽くw

# 1列目メンバーたち捌ける


【2列目 上手側から】
山内鈴蘭「ハイ、みなさんこんばんは。AKB48チームBのらんらんこと山内鈴蘭です。よろしくお願いします」

「私はですね、この間お仕事が夜だったんですよ。なので、スポーツジムに行くかってちょっと迷ってたんですね。あとゴルフ用品が買いたくて、上半身を鍛える硬いゴムがあるんですよ。やる、ゴムを買うか迷ってたんですよ。そしたられいにゃんから今日パンケーキ屋さん行かない?っていうメールがきたんですよ。パンケーキ超食べたいけどでも筋肉のゴムも買いたいし、どうしようと思ったんですけど、でもれいにゃんがすっごい有名なとこだから連れてってあげるよみたいな感じになって、先輩が言ってくれて行こっかなって」
藤江れいな「なんか社交辞令みたいな、やめてよ」客w

「しょうがないからみたいな」
山内鈴蘭「でもれいにゃんのこと大好きだから、大好きだから」
藤江れいな「言わせてる感満載じゃん」
山内鈴蘭「パンケーキを選んだんですよ。でもね、選んで良かったなって思ってます。ということで今日もみんなを釣っちゃうぞ♪ よろしくお願いします」

加藤玲奈「あれ?どこ見てるの? あっち?こっち? れなっち ありがとうございます。チームB、15歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私は今悩んでるんですけど、髪を切ろうか切らないか、どっちがいいと思いますか?」客「切らない」
藤江れいな「(切るなら)どのぐらい切るか」
加藤玲奈「もうバッサリ切りたいんですよね」
山内鈴蘭「私的にはれなっちは髪長くてツインテールすごい似合うから切らないで欲しいと思うよ」
加藤玲奈「じゃ~、切りません」

藤江れいな「みなさんこんばんは。千葉県出身、19歳のれいにゃんこと藤江れいなです」

「私はですね、ペットショップに行った時にミニチュアダックスフンドよりちっちゃいカニーヘンダックスっているんですけど、そのカニーヘンを買うか、今うちにいるチョコレート・タンって、私たちが飼おうと思ってた時はすごくあんま見たことない色だったんで、そっちのミニチュアダックスの子にするかどっちにするかすごく悩んで、家族会議をしたんですけど、今考えてみたら、チョコレート・タンのミニチュアダックスのマックスを飼って良かったなって思いました。ということで、今日も元気にスマイルにいきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

大場美奈「今日もころちゃん体型安定 みなるんこと大場美奈です」客、声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます・・・。すごい嬉しい。そうなんです、4月3日で21歳になりました」客、拍手

「今日は何を言っても喜んでくださる日ということですね」客、軽くw

「私はですね、大家さんなんですけど、すっごい大家さんが大好きなんですけど、たぶんあんまり伝わってないなって思ってて。でもやっぱりこういうのって話しかけ続けないとダメだなって思って。もともと先輩に話しかけるのすごく緊張して苦手なんですけど、いやー、すごく伝えたいと思ってがんばって行ってるんですけど、たまに話題がない時があって、無理に話しかけるのも先輩に失礼だし、いやでもこれ、毎日大好きですって言わないとたぶんダメだなと思って、その究極の選択を、ほとんど大好きですって言うほうが勝ってるんですけど、言ってるんですけど、今日も伝わってなくて、私の努力はどうなったんだと思って。でもあるアンケートをこの前書いた時に、尊敬するというか、目指したい、大好きな先輩の名前を書く欄に書いたんですよって言ったら「今日からかわいがってやる」って」客w
大家志津香「w やめなさい、その言い方は」
大場美奈「それを言わなきゃかわいがってくれなかったんだなと思って、書いてほんとに良かったなと思いました」
大家志津香「ご飯行こうね」

石田晴香「19歳のはるきゃんこと石田晴香です。よろしくお願いします」

「私はですね、リビングで、眠いから仕事終わりに眠いからリビングで寝ちゃうんですけど、リビングで寝るか、ちゃんと2階のお布団の部屋で寝るかをいつも迷って、いつもリビングで寝ちゃいます」

片山陽加「艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「高校の時の話なんですけど。高校の最寄の駅まであと2つほどで着くっていう時に突然電車で立ってて、ちょっと混雑してて。突然腹痛に襲われ、もうヤバイ、これちょっとヤバイやつだと思って」客、軽くw

「でもまだ立ってられると思って。このまま学校行こうと思ったんですけど、突然額からものすごい汗が、冷や汗がワーって出て。ヤバイ、これは家帰ったほうがいいやつだと思って。保健室でとりあえず学校まであと2駅だったので、行って保健室で寝ようっていう選択肢だったんですけど、冷や汗が出た瞬間、これはダメだと思って、家に帰りましたねっていう究極の選択でした。みなさんもあるでしょ? お腹の真ん中ってほんと大事だなって思いました」客w

# 2列目メンバーたち捌ける


【3列目 上手側から】
大家志津香「できませんは言いません、福岡県から来ました・・・(噛む) 大家志津香です。よろしくお願いします」

「・・・というわけでみなさん今日もたくましく生きましょう」

野中美郷「21歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「私もあんまり悩まないんですけど、私の場合は洋服で迷ったらどっちも買っちゃうんですよ。でも一番今までで悩んだのはやっぱり入った時から3年ぐらいまでは私黒髪ロングだったんですよ。けど、ウィッグを被ったんですよ、1回、ボブの。それを被ったやつをマネージャーさんに送ったら、「野中そっちのほうがいいんじゃない?」みたいに言われて、軽い感じで。でもその軽い感じを私は本気で受け止めてしまい、切ったんですよ、髪をボブに。しかも染めちゃったし。でも二十歳超えてたからいっかなって今は思ってます。今はちなみに伸ばしてますっていうどうでもいい話です」

竹内美宥「みなさんこんばんは。高校3年、17歳の竹内美宥です。よろしくお願いします」

「私はですね、よく究極の選択をよくするんですけど、一番自分の中で悩んでるなって思うのは、例えば携帯とか家具の色、白と黒があったらどっちにするかって、色をすごく重視してて。例えばもし携帯が白だったらこの子白い感じの子なんだってイメージがあるじゃないですか。黒だったら、あっ、こういう影のある感じなんだなって」客、軽くw
大家志津香「そんな深い意味があったの? 携帯の色で」
竹内美宥「自分の中ではそれぐらい色は重要で、すごい迷っちゃうんですね。だからそれはいつも色に関してはすごい悩んでしまうので、これからはちょっと好きな色をちゃんと決めて、しっかりと選ぶようにしたいと思います」

田名部生来「刺激1本おたなみんC、たなみんこと田名部生来です。よろしくお願いします」

「私の究極の選択はですね、山手線と京浜東北線が同じ、同時に到着してる時あるでしょ?」客、反応
大家志津香「わかるわかる」
田名部生来「あれすっごい悩んじゃうんですよ。どっちが速いのかわかんないけど、行き先一緒なんでどっち乗ってもいいんですね。どうしようどうしようどうしようって迷った挙句にけっこう好きな色の緑色の山手線に乗るっていう、ちょっと選択をしてまして」
大家志津香「山手のが速いよ」
田名部生来「わかんない」
大家志津香「速い、絶対速い」
田名部生来「いいこと聞いた」
中村麻里子「京浜東北快速ありますよ、昼間」
田名部生来「どうしよう。快速止まんない駅だった、それ。そういう究極の選択をよく迷ってます。今日も嬉しい・楽しい・たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

中村麻里子「4月から女子大生になりました、梅田チームB、19歳の中村麻里子です。よろしくお願いします」

「私は最近毎日究極の選択を迫られていて、今前髪を伸ばしているんですね。なので、デコ出しか、斜め分けか、センター分けかをするかにすごい・・・。二択にしましょう、斜めかデコ上げかにすごい悩んでて、今日はデコ上げにしたんですけど、あと切りたくなるか、伸ばすかっていう究極の選択にかられる時は、私将来女優志望なので、前髪を伸ばしたら吉高由里子さんになれるって思って毎日がんばって伸ばしてます」

竹内美宥「本日の公演は以上のメンバーでお送りします。続いてはユニットです。どうぞ」客、拍手

# 3列目メンバーたち捌ける


◆M05.君のc/w (市川美織・島崎遥香・名取稚菜)
◆M06.抱きしめられたら (藤江れいな・小森美果・加藤玲奈)
◆M07.思い出以上 (梅田彩佳・山内鈴蘭・片山陽加)
◆M08.ごめんね ジュエル (中村麻里子・大場美奈・大家志津香・石田晴香)
(BD:大森美優・佐々木優佳里・相笠萌・高島祐利奈・内山奈月・西野未姫)
◆M09.涙に沈む太陽 (野中美郷・竹内美宥・田名部生来)

■MC
藤江れいな・市川美織・名取稚菜・山内鈴蘭・島崎遥香・小森美果・梅田彩佳・加藤玲奈

山内鈴蘭「最近の私の女子力について」

「梅田さんいっぱいありそうですね」

加藤玲奈「私毎日やってるんですけど、最近。脚がキレイになりたくて、毎日絶対ボディークリーム塗ってます」
山内鈴蘭「わかにゃんが何か言ってる」
名取稚菜「それは普通じゃないですか?」客、反応
市川美織「たしかにね」
梅田彩佳「でも意識することだ大事ですからね」

山内鈴蘭「私昨日大好きな大好きなれいにゃんさんのお家に大好きな大好きなお家にお泊り行かせていただいたんですよ。行って、れいにゃんさんと一緒に焼きそば作りましょうよ、明日の朝。今日の朝のことなんですけど」
藤江れいな「昨日の夜話してて」
山内鈴蘭「買ったんですよ。それで、れいにゃんが起きてたんですけど、私、藤江家のキッチンを勝手にお借りして」
藤江れいな「そうなんですよ。いきなり何しはじめるのかなと思ったらね」
山内鈴蘭「勝手に焼きそばを作ったんですよ。でも、私の料理力ってハンパなくって、チャーハンを作ろうとしたらリゾトになっちゃうぐらいヤバイやつなんですよ」客、反応

「でも、れいにゃんにいいとこ見せたくって、焼きそば作ったんですよ。そしたら超美味しかったんだよね」
藤江れいな「めっちゃ美味しいの。なんか、焼きそばって、麺と粉ついてるじゃない。普通は粉だけかけたら普通に焼きそばだと思うんですけど、それでも焼きそばなんですけど、さらに中濃ソースがうちの冷蔵庫に入ってたんで、それをさらに追加して入れてたら、もっと美味しくなったんですよ。らんらんがね、いろいろ考えてやってくれて」
梅田彩佳「ソースと麺だけ?」
山内鈴蘭「違いますよ。もちろんもやしとかキャベツとか」
藤江れいな「いろいろ入ってた」
梅田彩佳「がんばったね」
藤江れいな「美味しかった。でも逆に、私もらんらんに作ってもらったから、餃子作ってあげようと思って、やってあげたんですよ。私、ちょっと自分の中では料理できるほうだと思ってたんですけど、できあがったの見て、真っ黒だった」
山内鈴蘭「美味しそうだよって言って、開けたら真っ黒だったんだよね」
藤江れいな「めっちゃカリカリだねって言いながら食べた」
梅田彩佳「やっぱやることが大事ですからね」
梅田彩佳「私やってますよ。私よく本とかにDVD付きみたいなやつあるじゃないですか。これやったら1週間やったらウエスト5センチ痩せますみたいな。あれを地道に毎日やってます」
藤江れいな「私もやってるよ!」
梅田彩佳「ずっとこう(腰を)動かして、地味なやつを家でずーっとやって、すごい自己満の時間なんだけど、でもたった5分なんだけどすごい変わるから、やっとかなきゃなと思いながらやってます」
藤江れいな「持続性がやっぱり大事だよね」
梅田彩佳「見えないところでやるのがね、いいわけですよ」
藤江れいな「自分磨きには大切なこと」

梅田彩佳「小森何かやってますか?」
小森美果「私は料理してます」
メンバーたち「ウソだろ」客w
小森美果「餃子とか」
藤江れいな「それウソでしょ。それ私が言ったから言っただけでしょ?今」
梅田彩佳「今聞いたものを言ったんでしょ?」
小森美果「餃子とか、ハンバーグとか」
藤江れいな「焼きそばは?」
小森美果「焼きそばは作ってない」
藤江れいな「本当かもしれない」
小森美果「餃子はよく週に1回とか」
藤江れいな「ほんとに?」
梅田彩佳「じゃ~、作り方教えて、こもりんの餃子の」
小森美果「餃子はまずひき肉と卵と、あと、えっとね、あれ入れますよ、塩とか」客、軽くw

「なんだっけ?忘れた。「もと」みたいなの使います」
梅田彩佳「簡単ですからね。偉いね、でも」
小森美果「やってます」
藤江れいな「意外な一面ですね」

市川美織「私は毎日鏡を見ます」
藤江れいな「でもね、見ることによって自分がキレイになっていくっていう変化が」
山内鈴蘭「その前に部屋片付けろ」客、軽くw
市川美織「そうなんです。洋服が散らばってるから、鏡にたどり着くのが大変で」
藤江れいな「そんなに?」
市川美織「そうなんです。目の前にお洋服ダンボールがいっぱいあって、ここぐらい(腰から上)からしか見えない」
名取稚菜「それ以上言うと私みおりんさんのこと嫌いになっちゃうからやめて」客、軽くw
市川美織「お洋服のダンボールだから大丈夫」
山内鈴蘭「この間さ、ぱるるから洋服をいっぱいもらったって言って、ありがとうございますって持って帰ったの。そのままね、家にドーンとそのまま置いてあっただけで、なんも中身見てないでしょ?」
市川美織「だって今日着てきましたよ」
山内鈴蘭「なんかごめん」
梅田彩佳「鏡見て何するの?」
加藤玲奈「みおりんって鏡見てポーズ決めるんですよ」

# 市川美織 → ポーズ披露

名取稚菜「けっこうアダルティー感じのポーズですね」
市川美織「けっこうファッションショー、家でウォーキングしてやってるんですけど、でもその前に障害物があるから大変なんですよ」

「でもですね、みなさんも男性の方でも男性磨きってあるんじゃないですか? 男性力磨きとかあるのかなってすごい不思議に今思いました。もし時間があったら聞かせてください。ということで、みなさん後半戦もまだまだ盛り上がる準備はできてますか?」客、拍手


◆M10.フライングゲット
◆M11.キスして損しちゃった
◆M12.ナギイチ
◆M13.呼び捨てファンタジー
◆M14.夕陽を見ているか?


# 曲終了後、列ごとに「ありがとうございました」挨拶してから捌ける


■アンコール
有志の方「今日は4月3日に21歳の誕生日を迎えた大場美奈さんの生誕祭です」客、拍手

「ますますの活躍と日々の成長を祈って、今日はあなたの隣でこーろころコールでお願いします」客、イェー!&拍手

「早くも緊張して泣きそうなんですが、みなさんご協力よろしくお願いします」客「がんばれ」


先導「あなたの隣で」「こーろころ」コール


◆EN01.UZA


■MC
◆大家志津香・田名部生来・竹内美宥・大場美奈・片山陽加

片山陽加「今年中に叶えたいリアルな夢」

大場美奈「狩野英孝さんに会う。マジでこれだけは叶えたい」
大家志津香「叶えられそうだけど」
大場美奈「けっこう言ってるんですけど、有吉AKB共和国さんとかでも言ってるんですけどダメなんですよ」
片山陽加「事務所どこだっけ?」
大家志津香「マセキ芸能か」
田名部生来「詳しいね」客、軽くw
大家志津香「太田プロだったら有吉AKBにくる可能性があるのかなって。むちゃくちゃ好きなんですよね」
大場美奈「そうなんです。大家さんにプレゼント何がいい?って言われてアルバムを頼みました」
大家志津香「そうなんです、アルバムって言われて、私3コともまわったのに全部在庫無しでした」
大場美奈「優しいですよね。そんな感じです」

竹内美宥「とりあえず、今年卒業なので、やっぱり漢字検定の勉強を昨日からはじめて。検定を今年までに漢検以外にも3つ取りたいなって」
大家志津香「ちなみに何を?」
竹内美宥「アロマセラピー。ずっと言ってるんですよね、これ」
大家志津香「そんな爪が長かったらダメじゃないの?」
竹内美宥「ダメなんですか?」
片山陽加「匂いのほう」
竹内美宥「あとたこ焼き検定知ってます?」
メンバーたち「何それ?」
竹内美宥「たこ焼き焼くみたいな。いろいろ調べたらあったので、情報集めて取りたいんですよ」

田名部生来「私ね、DJやりたいんだ」
片山陽加「キュッキュしたいってこと?」
田名部生来「キュッキュしたいの」
大家志津香「そっちのDJ?」
田名部生来「どっちのDJ?」
大家志津香「ラジオのDJかと思った。マジのやつ?」
田名部生来「マジの。でも流す曲がオシャレじゃなくてアニソンじゃなくって。そういう場所でちょっとやりたいですね、今年中に」
メンバーたち「できそうじゃない?」
田名部生来「やりたいの、本気なの」
片山陽加「それさ、超プロ並みに上手かったらさ、AKBの咲子さんのピアノが始まったじゃないけど、たなみんのDJからキュッキュッキュッみたいな」
大場美奈「「あんた、誰?」で言いましょう」
片山陽加「夢叶えてくれるからね」

大家志津香「私はですね、サメに会いたい」
片山陽加「水族館行ったら会えるんじゃないの?」
大家志津香「いやー、そんなんじゃないんですよ」
片山陽加「檻みたいなやつに海の中に入って?」
大家志津香「マジなやつ」
片山陽加「あれさ、テレビでやってたけど、芸人さん。マジでヤバイやつだよ」
大家志津香「ほんとに楽しそう。だって、サメそんな間近で見ることある?」
片山陽加「水族館ぐらいだね」
大家志津香「水族館はあのガラスが悲しいのよ。あんま近くに行けてる感じがしないの、あのガラス」
大場美奈「海で会いたいんですか?」
大家志津香「手出したら終わるやつあるじゃん。で、肉あげるやつ。サファリパークみたいなやつ」
竹内美宥「でもガブってきて、怖くないんですか?」
大家志津香「怖くない。(覗き込み)歯並び」客、軽くw
片山陽加「そこなんだ。けっこう体当たりとかしてたよ、それ見たやつは」
大家志津香「でもいっぱいいると怖いよね、挟み撃ちとかされちゃうとさ。一匹がいい。だってさ、前からガーってきて、おーって、後ろに行ったら後ろからきたら、もう卒業よ、AKB」客w

「一匹のやつで体験してみたいなっていう。ちなみにはーちゃんは」
片山陽加「私は1万円生活で、よゐこの濱口さんが海潜って、シュンって、もり、あれやってみたいんですよ。まず、あんまり泳げないんだけど」
田名部生来「犬かきしかできないじゃん」
片山陽加「犬かきしかできないんだけど、でも昔は潜水艦とかもできたの」客、ざわ
メンバーたち「潜水艦?」
片山陽加「潜水艦じゃないの?」
大家志津香「潜水艦は海。ちょっと表現の仕方がね。プールでは潜水だよ」
片山陽加「潜水艦っていう泳ぎ方だと思ってた」
大家志津香「潜水艦できたらもう卒業したほうがいい」客w

# メンバーチェンジ

◆山内鈴蘭・名取稚菜・藤江れいな・加藤玲奈・島崎遥香・梅田彩佳・野中美郷・石田晴香・小森美果・中村麻里子・市川美織

梅田彩佳「この次の曲にBを紹介する曲があるんですけども、せっかくなら、メンバーを紹介するやつを細かく最初にみんなにしてもらって、ちょっとやるほうが楽しいんじゃないかということで」客「おー」

「自己紹介の部分にしたいと思います」

中村麻里子「私、2パターンあいまして」
藤江れいな「少し前に1コは紹介しなかった?」
中村麻里子「どっちもしませんでしたっけ?」
梅田彩佳「今日やるほうをやろう」
中村麻里子「今日やるほうは先輩に篠田麻里子さんっていう方がいらっしゃるんですけど、みなさん知ってると思うんですけど、その麻里子様がじゃんけん大会で勝った時に「上からマリコ」っていうシングルを出したじゃないですか。私は後輩なんで、下から麻里子っていうのをやらさせてもらってまして。それを一緒に、下から私が這い上がってくるので、みなさんで一緒に「まーりこ!」って言ってもらいたいです」

# メンバーたち → お手本として実演

# 次に客がやることに

小森美果「みんな声出してねー」客w
梅田彩佳「すごいね、攻めるね」

メンバーたち「あなたは今日で麻里子推し、ほらチーム・・・」
中村麻里子(客も一緒に)「下から麻里子!」

「バッチグーです」

名取稚菜「私は・・・わかにゃん♪ってやるんで、一緒にこれ(手ポーズ)もやって欲しいです」
梅田彩佳「もう恥ずかしさは捨てて、にゃんと」
名取稚菜「みなさんにゃんってしてください」
小森美果「みんなやってね」客w
石田晴香「いちいちなんなんだよ」
名取稚菜「小森さん強いですね」

メンバーたち「あなたは今日でわかにゃん推し、ほらチーム・・・」
名取稚菜(客も一緒に)「わかにゃん♪」

「ありがとうございます」
梅田彩佳「一番前の○○なサラリーマンもちゃんと「にゃん」ってやってたよ」客w
藤江れいな「嬉しいよね」
梅田彩佳「勢いよくやってた。ありがとうございます」
小森美果「やってない人いたよ」客w
石田晴香「客席ちゃんと見てるから」
藤江れいな「たぶん本番に取っといてくれてるんだと思う。全力でやってくれると思う、みんな」

山内鈴蘭「みんなで一緒にできないんですけど、楽しんでいただけたらそれでいい」
メンバーたち「あなたは今日でらんらん推し、ほらチーム・・」
山内鈴蘭「らんらんすずちゃん山内です Yeah!」

# 前半メンバー入場

梅田彩佳「みなるんもやっときなよ」客、拍手

メンバーたち「あなたは今日でみなるん推し、ほらチームB」
大場美奈「。。ころころ! あれっ?」客、軽くw
梅田彩佳「違うくない?」
中村麻里子「みなるん!でしょ?」
大場美奈「みなるん!はみんながやるから、私言わないんだもん」
梅田彩佳「じゃ~、そのみなるんのところを言ってもらって、練習しよう」

メンバーたち「あなたは今日でみなるん推し、ほらチームB」客「みなるん!」
大場美奈「ころころ!」
梅田彩佳「ころころってそんなけされ気味で言ってんだね」客w

「今日がんばって張っていこう」

大場美奈「続きましては、みーんな大好きなあの曲です。せ~のチーム!
メンバーたち「B推し!」


◆EN02.チームB推し
◆EN03.ギンガムチェック
◆EN04.タンポポの決心


山内鈴蘭「本日はご来場本当にありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

島崎遥香「ただいま公式ホームページにて、新たな震災復興応援ソング「掌が語ること」が配信されています。今日はこのメンバーで「掌が語ること」を披露させていただきたいと思います」

大場美奈「この曲は、私たちができることは子供たちに笑顔にすることという想いをもとに、2013年も被災地への支援活動を続行していくという私たちの想いを込めて、全世界に無料で配信されています」

梅田彩佳「たくさんの方に聴いていただくということで、その歌に乗せまして、私たちの気持ちを被災地の方へ忘れないという気持ちをたくさん想いを込めて歌わせていただいています。これを聴いたみなさんが少しでもちょっとでも忘れずにずっと想っていただけたら嬉しいなと思います」


◆EN05.掌が語ること


■大場美奈 生誕祭
加藤玲奈「掌が語ることを聴いていただきありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

加藤玲奈「そして、AKB48グループは「誰かのために」プロジェクトを通して募金活動を行っています。AKB48公式ホームサイトにてご案内していますので、みなさまのご協力よろしくお願いします」

# 山内鈴蘭 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」バック前進
市川美織「ちょっと待った!」客、拍手

「今日はですね、4月3日に21歳のお誕生日を迎えました、みなるんこと大場美奈ちゃんの生誕祭です」客、拍手

「みなるん、お誕生日」
みんなで「おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア みなるん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」客、拍手

大場美奈 → ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射(客、拍手)

メンバーたち「おめでとう」客「おめでとう」

市川美織「21歳になりました。早いですね、1年って」客w

「ということでですね、ここである方からお手紙が」客「おー」

「(ケーキの下から取り出す) きているので、それでは私が読ませていただきたいと思います。いきます」

「大場へ。21歳のお誕生日おめでとう。」BGM

「本当は一緒にお祝いしたかったんだけど、無理そうなのでお手紙を書かせていただきました。」

「新しいチームはどうですか? チーム4の時はキャプテンとしてどうあるべきか、どうしたらチーム4はチームとして認めてもらえるのか、すごく葛藤していたと思います。たくさんの意見がある中でどれが正しいのか、どれを選ぶのか、一番いいのかたくさん迷ったよね。大場のそのプレッシャーに押しつぶされないよう、私なりに大場を支えていたつもりです。少しは大場の力になれてたかな? そして一緒に時間をたくさん過ごした分、ケンカもしたよね。意見が食い違ったり、少しのことで口を聞かなくなったり、今思えばなんであんなことでケンカをしたんだろうってこともあります。んふふ」客、ざわw

「言いたいことを言えるってなかなか簡単なことじゃなくって、本当に仲良しだからこそ言えることだと私は思ってます。」

「最近大場がグラビアで雑誌など載ってるのをたまに見るとすごく嬉しくなってしまい、思わず買ってしまいます。ふふん」客、ざわw

「お互い夢に向かってこれからもがんばっていこうね。」

「あと、近況報告会も兼ねて、ご飯行こうね。たくさんファンのみなさんやスタッフさん、そしてメンバーにお祝いしてもらってる大場を想うと、私もすごくすごく嬉しく思います。本当に21歳のお誕生日おめでとう。AKB48大島チームK、島田晴香より」客、拍手

「島田さんから急遽お手紙が届きまして」
大場美奈「合間の笑いはほんとに書いてある?」
市川美織「そうなんですよ。ワラって書いてあって、どう表現しようと思って、笑ってみたんです」客w

「そしたらみなさん笑っちゃってどうしようと。でもそうですよね。どうでしたか?島田さんからのお手紙」
大場美奈「そうですね、チーム4から新しいチームに行ってからほんとになかなか全然会う機会が無くて、たまに番組とかで一緒にお仕事したりすると、やっぱり島田はバラエティ担当というか、バラエティを目指してるので、やっぱりなんか、最初に比べたらすごくバラエティとして頼られてるのを見ると島田もすごくがんばってるんだなって思って。お互いチーム違うけどすごいなんか、これからも成長していこうねって感じでがんばっていますね」

市川美織「チーム4の時はキャプテンとして、引っ張ろう引っ張ろうって必死になり過ぎてて、きっと伸び伸びできなかったと思うんですよ。みんなをうまくまとめなきゃって必死で、もうね、今のほうが輝いてると思います、私」客、軽くw
大場美奈「ありがとう」
市川美織「本当に。やっぱり甘えられる先輩がいるっていうのに安心感があるのか、毒舌も復活してきましたし」
大場美奈「それはちょっとあるかもしれないね」
市川美織「私的にみなるんさんはですね、私をおもしろくしてくれるスパイスなんですよ」客「おー」

「やっぱり研究生の頃からずっと公演一緒で、その時もいっつもつっこんでくれるから私がキャラが成り立ってたから、みなるんさんには感謝しておるのです」客、軽くw

「最近みなるんさんがタメ口にしてくださいって言われて」
大場美奈「そろそろね、チーム4でもずっと一緒にいたし、すごく近くにいた存在だからこそ、みなるんさんって言うのはけっこう難しいと思うので、言葉使い、タメ口にしていこうよって言ったんですよ」
市川美織「すごく嬉しかったですけど、あと1年かかります」客w
大場美奈「待ちます」

市川美織「そんなこんなで21歳になった今年1年はどんな年にしたいですか?」
大場美奈「もともと17歳からAKBに入ったので、若いっていうのはあんまりもう、もういいんですよ。だから、21歳っていう。普通に考えたらまだまだ若いんですけど、AKB48としたらちょっとお姉さんって感じなので、やっぱり、なんだろうな、もういつまでも9期って言ってもそんなに若いわけでもないし、ちょうどどんどん若い子たちが入ってくる期なので、私もどんどん後輩に憧れてもらえるような何かをしていけるような人になりたいなって思ってて。やっぱり去年チーム4からこの梅田チームBに入って、すごく自分でも変わったなってたくさん思うことがあって。やっぱり先輩たちって、すごいんだなって思って。ほんとに梅田チームBに入ってほんとに良かったなってすごく思えた年だったので、今年はその梅田チームBで、自分としてのキャラを確立して、先輩たちに負けず、そしてキャプテンに頼られるような存在になれたらいいなと思います」
梅田彩佳「頼ってるよ、すごい」
大場美奈「ウソつけ」客w
梅田彩佳「ほんとうだよ。キャプテンの苦悩時々話すじゃんか」
大場美奈「話すけど・・・」
梅田彩佳「大丈夫。頼りにしてるよ~」客w
市川美織「私も頼りにしてます」
大場美奈「ありがとう」客、軽くw

市川美織「今回こうして生誕祭を開いてくださり、一緒にお誕生日をお祝いしてくださったファンのみなさんに何かひと言よろしくお願いします」
大場美奈「今日はこんなに素晴らしい生誕祭を開いていただいて、ありがとうございます。ほんとに新学期でみなさん忙しいと思うのに、こんな平日の中、こんなにたくさんお集まりいただいて、申し訳ない限りなんですけども。まぁ、なんだろう、大場はほんとにすごく心配をかけてしまう部分がすごくたくさんあるので、もう絶対にみなさんを不安にはさせないなって、ほんとに心に誓ってるので、安心してください」

「まぁ、いろんなね、まだまだ番組とかでちょっと怖い発言、恐る恐る発言することたくさんあるんですけど、それも勉強のうちだと思ってぜひ温かい目で見守ってください。そして私はこれからも、まぁ、みなさんグラビアをたくさん見てる方が大場推しは多いと思うんですけども、私は女優さんになりたいので、今はグラビアでがんばらせていただいてるんですけれども、少しずつけどね、演技のほうにも○○して行くというか、踏み込んでいきたいなと思っておりますので、グラビアの大場も、そして違う大場もぜひみなさんに見せていけたらいいなと思います。今年もまた1年大場をよろしくお願いします。今日はほんとにありがとうございました」客、拍手

# ケーキ片付け

大場美奈「ありがとう、美織ちゃん」
市川美織「どうですか?」
大場美奈「美織ちゃんの仕切り? 素晴らしかったよ」客、軽くw
市川美織「やったー」
大場美奈「成長したね、美織ちゃん」
市川美織「成長しました? やったー、19歳になったんでね。でもこれからはお母さんとして頼りにしているので」
大場美奈「お姉さんじゃないの?」
市川美織「じゃ~、それではですね、みなるんさん、最後の挨拶いっちゃってください」

# バックダンサー → 列の端に加わる

# 手繋ぎ挨拶
大場美奈「せ~の」バック → みんなで「せ~の」前進お辞儀 (客、拍手)

# BGM → そこで犬のうんち踏んじゃうかね? / メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー全員と / チームBメンバーの後にバックダンサー


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
4月11日(木)「梅田チームB」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 大場美奈&市川美織

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
石田安奈
石田晴香
市川美織
岩佐美咲
梅田彩佳
大場美奈
大家志津香
柏木由紀
片山陽加
加藤玲奈
小嶋菜月
小嶋陽菜
小森美果
島崎遥香
竹内美宥
田名部生来
中村麻里子
名取稚菜
野中美郷
藤江れいな
山内鈴蘭
渡辺美優紀


dTVチャンネル