岡本尚子 17歳の生誕祭 (2013/04/04、HKT48研究生)

HKT48劇場 / HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 111回目

■出演メンバー
秋吉優花・安陪恭加・井上由莉耶・今田美奈・上野遥・梅本泉・岡田栞奈・岡本尚子・草場愛・神志那結衣・後藤泉・駒田京伽・坂口理子・田中優香・冨吉明日香・渕上舞



■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
神志那結衣「みなさんこんばんは! HKT48」
みんなで「研究生です」客、拍手

神志那結衣「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」が始まりました!」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

神志那結衣「PARTYが始まるよ・Dear my teacher・毒リンゴを食べさせて、3曲続けて聴いていただきました。みなさん盛り上がってますか?」客、イェー!&拍手
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

神志那結衣「ここからは本日のお題に沿って1人1人自己紹介をさせてください。本日のお題は春は始まりの季節ということで、これからはじめたいこと、これからチャレンジしたいことです」

【1列目 下手側から順に】
渕上舞「福岡県出身、16歳、高校1年生のピーマンが大好きなまいちゃんこと渕上舞です」

「私は春からというか、今年度は高校2年生になるので、そろそろ高校のお昼休みに食べるお弁当を自分で作ってみたいなって思います。と言っても自分でご飯を炊くことしか今できないんで、だからもうちょっと料理の勉強をして、本も買って、友達と一緒にお昼休みに教室で一緒にお昼ご飯を、お弁当を食べたいなって思います」

上野遥「福岡県出身、中学2年生の13歳、リンゴジュースが大好きなはるたんこと上野遥です」

「私は中学2年生になったということで、友達を100人作りたいです!」客、拍手

「実際100人は目標ということで、クラスは100人いないので、せめて30人ぐらい作れたらいいかなと思います」

神志那結衣「福岡県出身、高校1年生になりました、グミが大好きでいつでもどこでもグミを持ち歩いてます、じーなこと神志那結衣です」

じーながこれからはじめたいことは文房具集めです。私はこの前まで中学生まではこんぐらいのちっちゃいケースにシャーペンとマイネームと青ペンと赤ペンしか入ってなかったんですよ。だから高校生からは華やかにいきたいと思うので、筆箱の中身も華やかにしたいなと思って、大きな筆箱にたくさんの種類のペンを集めて、筆箱をパンパンにしたいと思います」
坂口理子「でもね、パンパンにしたらチャックが壊れちゃうからそういうところ気をつけときなよ」客w
神志那結衣「でも、私はそういうところちゃんとできる人間だから大丈夫」

井上由莉耶「福岡県出身、13歳の猫が大好きなゆりやこと井上由莉耶です」

「私が春から挑戦したいことは裁縫が好きなので、洋服を作ってみたいんですよ。でも難しいと思うんですけど、私が好きな服が作れたらみなさんにお見せできたらいいなと思います」

梅本泉「福岡県出身、15歳、今田さんのつむじが見てみたい、ちぃずこと梅本泉です」

「私がですね、今年挑戦してみたいこと、はじめたいことはですね、みんななんか、明日香ちゃんとかが語尾にかわいい言葉「ぴょん」とか作ってるじゃないですか。それを私は挑戦してみたいと思いまして、こんなキャラですが、私がもしかわいい言葉を作ってもみなさんひかなでください。今日も1日がんばるぴょん」客「かわいい」
冨吉明日香「ほらこうやって明日香よりかわいいってなっちゃうから」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から順に】
秋吉優花「福岡県出身、もう中学生になりました (客w) みかんが大好きなゆかちゃんこと秋吉優花です」
坂口理子「もう中学生って芸人さんの名前だからね」
秋吉優花「私がはじめたいことは中学校の勉強の予習です。なぜかというと、中学校へ向けての本みたいなやつを読んだ時に中学校は勉強が難しくなるから予習はしておいたほうがいいよっていうのが載っていたので、予習をしたいなと思うんですけど、まだ全然できていません」
冨吉明日香「もうそれはがんばらないと、優花ちゃん」
秋吉優花「こんな中学生になりたくないので勉強がんばります」客w
冨吉明日香「言われてしまった」

岡田栞奈「福岡県出身、15歳、もう花の女子高生! おかぱんこと岡田栞奈です」

「私は挑戦してみたいことはですね、ムーンウォークなんですけど」
坂口理子「えっ? 絶対できないと思うよ。難しいもん、だって。あれはマイケル・ジャクソン様しかできない」
岡田栞奈「いや、できる」
坂口理子「ほんと? やってみて、じゃ~」客、おー&拍手
岡田栞奈「いきますよ」 → 右手を頭上に添えて、ムーンウォーク披露
後藤泉「右手何?右手」
岡田栞奈「できてるよね?できてるよね?」
他メン「できてない」
岡田栞奈「アオー!」客w
坂口理子「それ江頭さんやん」
岡田栞奈「(マイクを外し)ハイ、今日はよろしくお願いします!」

後藤泉「福岡県出身、15歳、高校に入学したら友達100人作っちゃうぞ♪ いーちゃんこと後藤泉です」

「今のところ2回続けての失笑なんですけどね、私が挑戦してみたいことは、私は後藤泉かわいくなろう2013!」客、拍手

「いぇー、ありがとうございます。私はですね、今「博多レジェンド」公演で「ガラスの I LOVE YOU」というユニットをされてるんですけど、その衣装ちょっとかわいいなと思って見てたんですよ。そしたら衣装さんに「後藤、気持ちはわかるよ。わかるけどそれは今田がウィンブルドンをしたいと言ってるのと一緒だ」って言われまして」客w

「なんでだと。なんでですかね?今田さん」
今田美奈「一緒のキャラなんじゃないかな、似てるんじゃないかな」
後藤泉「似てますかね?」
今田美奈「なんかちょっと母っぽい雰囲気があるよ、君にも」
後藤泉「ほんとですか?」
今田美奈「いつかやろうね」
後藤泉「いつかやりたいですね。私は今田さんより先に「ガラスの I LOVE YOU」やウィンブルドンをできるように、後藤泉は2013年かわいくなっちゃうぞ♪」

田中優香「福岡県出身、みんなの妹になりたい12歳、中学生になりました、ゆうたんこと田中優香です」

「私のチャレンジしてみたいことは水泳のクロールの50メートルを泳ぐことです。私はクロールが全然できなくて、今年やっと25メートル泳げるようになったので、優花ちゃんに訊いたら200メートルぐらい泳げると優花ちゃんが言っていたので、優花ちゃんに教えてもらって、50メートルは泳げるようになりたいです」
秋吉優花「じゃ~、今度一緒に教えるね」
田中優香「うん、ありがとう」客w

「でもこの季節はまだできないので、夏休みになったら優花ちゃんと一緒に泳ぎに行きたいです」

冨吉明日香「宮崎県出身、15歳、あすかこと冨吉明日香です」

「私が春になってやりたいことはですね、いーちゃんを振り向かせたいんです。私はですね、いーちゃんとはオーディションの頃からずっと一緒にいたので、私ずっと仲いいと思ってたんですよ。そしたらそれがですね、一方的なものだったらしく。いーちゃんは毒舌なのでけっこうズバズバ言ってくださるんですけど、それも愛情表現だと思ってたんですよ。そしたら今日私前髪切ったんですね。それをいーちゃんに「前髪切ったの!」って言ったら「えっ? 興味ない」って言われて、ちょっとすごいショックだったので、私はいーちゃんを振り向かせたいんですよ」
後藤泉「オーディションの時はほんとにこんなキャラじゃなくて、ほんとにかわいくて、仲は悪くないんだけど、なんかこんなんなら見捨てるって感じなんで、まぁ、がんばって、振り向かせるの」
冨吉明日香「こんなこと言ってるいーちゃんですけど、そのいーちゃんを振り向かせたいのは私の春にやりたいこと56位です」客w
後藤泉「えー!? ちょっと」
冨吉明日香「今日も1日がんばるぴょん」
後藤泉「絶対振り向かないからね」

駒田京伽「宮崎県出身、高校1年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「私はですね、やっぱり春なので、漫才対決をしたいなと思ってるんですけど。この間はですね、楽屋とかで私がボケてる時につっこみを入れてくれる梅本泉ちゃんとやりたいという話をしたんですけれども、やっぱりここは宮崎として、あすぴーでやろうかなと」
冨吉明日香「おー、いいじゃないですか」
駒田京伽「思ってるんですけど、どっちもボケだなと思ってしまって。だからおもしろくないなと思って。だから、ここはやっぱり梅本泉ちゃんとやりたいと思います」
冨吉明日香「めっちゃ期待したのに」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から順に】
今田美奈「福岡県出身、16歳のみなぞうこと今田美奈です」

「私がこの春にはじめたいことはですね、はじめたいことというか、この(衣装の)サーモンピンク色あるじゃないですか、サーモンピンクって言うんですけど、その色の服を着たいなと思って、たくさん。この間新しいレッスン着を上下セットのジャージみたいなのを買って、それが全身このサーモンピンクだったんですよね。それで、すごい自分は似合ってると思って、普通に着てきたんですよ、楽屋に、「みんなおはよー」って。そのまま着てきたんじゃないんですけど、着替えて、「みんなおはよー」みたいな感じで言ったら「えっ?今田さん?」とか言って、まなみんとかなんかすごいんですよ。2期生みんななんか「今田さんどうしたの?」みたいな感じで見てくるんですよ。だから、そんな似合ってないのかなと思って、レッスン踊りながら気にしてたんですけどやっぱり似合ってるんですよね」客w
坂口理子「違います。だってここに大きく「ピンク」って書いてあるんですよ」客w
今田美奈「ひらがなじゃないですよ、ローマ字でピンクって書いてあって、ピンクっていうメーカーのやつなんですけど。なんだろう、そのサーモンピンクが似合ってないのがすごい気になったんですけど、この春はですね、サーモンピンクを着こなして2期生に認めてもらえるようにがんばります」

草場愛「福岡県出身、17歳の・・・ソフトバンクホークスが大好きなまなみんこと草場愛です」

「ちょっと飛んじゃいました。私がこの春に挑戦したいことはインテリアのお勉強なんですよ。今、私のお部屋を模様替えをしようと思って。自分の理想の部屋があるんですけど、インテリアの知識とか全然無いからわかんないんですよね、どうしたらその理想の部屋に近づくかが。だからこれからいろんなインテリアの本とかを見て少しでも自分の理想の部屋に近づけれたらいいなと思ってます」

坂口理子「福岡県出身、18歳、大人になりました、セクシー担当になりたい、りこぴこと坂口理子です」

「はい、社会人になりました、私。あのですね、私が春チャレンジしたいことっていうのはですね、もう学生じゃないですか、みんな。だけど私はもう学生じゃないので、勉強とかしなくていいじゃないですか。でも私は実は英語が大好きで、英検の準二級を持っていまして。それでですね、私その準二級は高校1年生の時に取ったんですね。高校1年生の時に取って、高2高3と二級に挑戦してきたんですけど、なかなか取れなくて、不合格Aだったんですよ。だからもうちょっとで合格できるってとこで卒業してしまったので、ぜひ今日・・・」
草場愛「今日?」
坂口理子「春に取りたいなと思うんですけど、それをいつやるかということ、That's now ということで、いまでしょ?ということでがんばっていきたいと思います」
今田美奈「ねぇ、なんで「いまだ」じゃないの?」
坂口理子「ハイ、今日は1日よろしくお願いします」スルー(客w)

岡本尚子「福岡県出身、今日で17歳になりました、アニメと酢もつがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」客、声援&拍手

「私がですね、今年の春に挑戦してみたいこと、やってみたいことはですね、この間、握手会で、いつもと変わったお洋服を着たんですけど、ちょっとこれからはですね、そのステージ上で見せる岡本尚子とまた違うイメージというか、感じの私を握手会とかで見せていけたらいいなと思っているので、いろんな服とかを着こなせるようになりたいなと思います」

安陪恭加「ブロッコリーの天ぷらが大好きな福岡県出身、15歳、きょうかこと安陪恭加です」

「私はブロッコリーの栽培なんですけど」客、軽くw

「けっこうこれ前から言ってるんですけど、なかなかできないから、この春を機にですね、ブロッコリーの栽培をはじめてみたいなと」
今田美奈「でもさ、ブロッコリーって秋から冬やったと思う、たぶん」
安陪恭加「うっ・・・」客w
今田美奈「ごめんなさい、なんかすみません」
安陪恭加「まずブロッコリーの勉強からはじめたいと思います」客、軽くw

今田美奈「ということで、みなさん盛り上がってますか!?」客、イェー!&拍手

「もっと!」客、イェー!&拍手

「ありがとうございます。HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」以上のメンバーでお送りします。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.スカート、ひらり (上野遥・神志那結衣・渕上舞・井上由莉耶・梅本泉)
◆M05.クラスメイト (冨吉明日香・田中優香・後藤泉・秋吉優花・岡田栞奈)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (草場愛=キーボード・岡本尚子=ボーカル)
◆M07.キスはだめよ (駒田京伽・今田美奈・坂口理子)
◆M08.星の温度 (神志那結衣・岡本尚子・上野遥・安陪恭加)


■MC
# M08「星の温度」以外のメンバー、ステージへ

今田美奈「みなさん、盛り上がってますか!?」

「本日のお題はですね、今日は17歳を迎えた岡本尚子ちゃんの誕生日ということで、岡本尚子ちゃんあるあるを喋りたいと思います」
後藤泉「主役いないですけどね、今」
今田美奈「裏で着替えてます」

草場愛「私は公演中のことなんですけど、今日も一緒に出させていただいた「あなたとクリスマスイブ」という曲でですね、尚子がほんとにお腹から声を出すから、私の声が聴こえなくて、音がなかなか取り辛いっていう。出たことある人すごいわかると思うんですけど」
メンバーたち「声量がすごい」
今田美奈「出る以前にね、挨拶がデカイの。今田さん、おはようございます!って言ってくるんですよ」
草場愛「日ごろから通る声してるから」
後藤泉「しかもめっちゃうまいよね」
草場愛「そう、だから羨ましいんですよね。だから私も負けないように練習しないとなって最近思ってます」

秋吉優花「なおぽんはお昼にコンビニで酢もつを買っていました」客w

「酢もつは大人の方がお酒と一緒に楽しんで食べるものだと思ってたのに」
坂口理子「合ってるよ」
秋吉優花「でもなおぽんもお酒飲むのかなって思って・・・」客w
メンバーたち「飲まないよ」
坂口理子「ちょっと話が変わってくるよ、それは」
今田美奈「なおぽんはね、ちょっと歳を、早いだけだよね、進化するのが」
誰か「いつも塩おにぎりと一緒に買ってます。あと枝豆と」
後藤泉「飲めるようになった時が怖いよね」
今田美奈「えっ? 塩おにぎりと酢もつって合うと?」
草場愛「最近はおでんも一緒に食べるようになってて」
今田美奈「いっぱい食べるよね」
誰か「抱えきれてないよね、手に」
今田美奈「いつもレッスンの時に自分でパンとおにぎりとすごい量のご飯を買ってきて、バクバク食べてるんですよ」
坂口理子「それをなんか軽々しく、「あっ、買ってきた」みたいな感じで」客w

「やるから、ビックリしちゃう」
誰か「あんなにちっちゃいのにね」

駒田京伽「尚子ちゃん、私はなっちって呼ばせていただいてるんですけど、なっちはお互いアニメ好きっていうことで、アニメショップに行く機会が一番多いんですよ。しかもアニメ情報がものすごく早くてですね、すごく助かります、私自身」
今田美奈「でもね、なんかすごい訊かれるんですよ。「今田さん、なんとかかんとかっていうアニメ知ってます?」って訊かれるんですよ。嬉しいなんですよね。でも全然わかんなくて。ぴーちゃんと優香ちゃん、よく喋ってるよね、3人でさ、なんかアニメの話してるよね」
草場愛「私も行ったことあるんですよ、一緒に。連れて行ってもらって、で、めっちゃ解説してくれました。このアニメのこういう感じで・・・、ずーっと」
今田美奈「長いよね」
岡田栞奈「アニソンの曲とかを聴いてると「その曲ね・・・」ずっと永遠に解説し出すんですよ。おっおっおうって」
坂口理子「好きなものにはとことん嵌るって感じがする」
今田美奈「目覚ましとかアニソンにしてそう、朝から」

後藤泉「私はやっぱりみんな知ってると思うんですけど、太ももがすごい好きやん。overtureの時に立ってるんですけど、後ろになおぽんがいて、いっつも後ろからなでるように触ってくるんですよ。私だけならいいんですけど、今日安陪さんにまで被害及んでて。ちょっとどうにかして欲しいですね、これは」
今田美奈「でも優花ちゃんにはしないで欲しいよね。優花ちゃんにしたら犯罪になるからね」
メンバーたち → w
井上由莉耶「私この前、朝来て楽屋に入るじゃないですか。そしたら中からなおぽんがさわやかに「由莉耶おはよー」とか言って、太ももをさわやかに触って」
坂口理子「それセクハラの手口じゃん」
井上由莉耶「笑顔で通り過ぎて行ったんですよ」
草場愛「由莉耶おはよーって言って、通りすがりで (下から触る) こんな感じで去って行ったんです。だから、えっ?えっ?えっ?みたいな、挙動不審になってたから」
今田美奈「みんな気をつけてください」

後藤泉「ちょっと関係ないこと言っていいですか? なおぽんはすごい筋肉質です。はい、どうぞ」
メンバーたち → 軽くw

今田美奈「じゃ~、最後に何かある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 「星の温度」メンバー、ステージへ
メンバーたち「おかえり」
後藤泉「帰ってきたよ、主役が」

坂口理子「私はですね、なおぽんはちょっと口調がいちいち昭和臭いというか」
岡本尚子「昭和臭くないよ」
坂口理子「ちょっと古っぽいんですよ。反省会とかで、「○○とか○○とか」っていうことあるじゃないですか。でもなおぽんは「○○だとか、それでなんなんだとか」って言うんですよ。「ついでにー」とか、口調がおかしいよね、いっつも」
メンバーたち「結局とか」
坂口理子「それでね、みんながちゃんと聞けてまとまってるからいいかなとは思う」
梅本泉「集合とかする時もさ、密集隊形って言うよね」
岡本尚子「さっき笑い方も昭和臭いって言われた」

梅本泉「ということで、今日は尚子ちゃんあるあるについて話していきましたが、私はまだ尚子ちゃんに誕生日プレゼントを買ってないので、誕生日プレゼントはおつまみセットにしたいと思います。ということで、次の曲みんな全員で歌わせてください。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M09.桜の花びらたち


井上由莉耶「私たちはこれから夢に向かって一歩一歩進んで行きます。私たちの成長を見守ってくださると嬉しいです。それでは次が最後の曲になります。聴いてください。青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「本日は岡本尚子ちゃんの17歳の生誕祭です」客、拍手

「いつも全力なパフォーマンスで、ちょっぴり変態な尚子ちゃんを」客、軽くw

「ファン一同これからも応援していきましょう」客、拍手

「そして、尚子ちゃんのこれからの活躍を祈って、今日のコールは尚子コールでお願いします」客、拍手

「アンコールいくぞー!」客、反応


「尚子(なおこ)」コール


神志那結衣「アンコールありがとうございます」

◆M11.HKT48
◆M12.スカート、ひらり


渕上舞「アンコール1曲目「HKT48」、2曲目「スカート、ひらり」を聴いていただきました。HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」次が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。今日という日を忘れずに心を込めて歌います。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M13.桜の花びらたち


■岡本尚子 生誕祭
草場愛「みなさん、今日は何の日かわかりますか?」客、反応

「ありがとうございます。そうです、本日4月4日に17歳の誕生日を迎えた岡本尚子ちゃんの生誕祭です」
メンバーたち「イェー」客、拍手

草場愛「なおぽん」
みんなで「お誕生日おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び&ロウソク火点け

草場愛「ケーキが運ばれてきました。いつも運ぶほうだったなおぽんが、やっと誕生日を迎えてね」
今田美奈「17歳か」
岡本尚子「17です、愛と同じ年です」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア なおぽん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

メンバーたち「おめでとう」客、拍手

岡本尚子「いきます」 → ロウソク火を吹き消す(1フー) 客、拍手
後藤泉「一発」

草場愛「さて、ここからはみなさんお待ちかね、研究生生誕祭自己アピールタイム!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

草場愛「この企画はですね、もっとたくさんの方になおぽんこと岡本尚子ちゃんのことをもっと知ってもらおうということで、あちらのセンターステージにて、自由に自己アピールをしてもらいます。今日は何を披露してくれますか?」
岡本尚子「今日はですね、得意なバルーンアートを使って、風船でちょっと作り物したいなと」客、拍手

「1回動画をあげようと思ったけどシュール過ぎてちょっとやめちゃった」

# 草場愛 → ケーキ台の下から道具を取り出し、岡本に手渡す

後藤泉「メンバーも初めてですね、見るの」
草場愛「何を作るかは内緒で」

「準備できた?」
岡本尚子「できたけど、手汗がヤバくて膨らませられるかどうか」
メンバーたち → 軽くw 「いっぱい踊ったからね」
草場愛「じゃ~、行ってこようか」
メンバーたち「がんばれ」

# 岡本尚子 → センターステージへ (客、拍手)

草場愛「じゃ~、なおぽん心の準備はいいですか? じゃ~、お願いします」

# 岡本尚子 → バルーンアート開始

# 器具を使って風船を膨らます
メンバーたち「手際がいい」
今田美奈「プロだね、プロ」
草場愛「まずは緑の風船が膨らみましたね」
メンバーたち「めっちゃ長い」

今田美奈「その風船はダイエーで買ったのかな?」客w

# 風船2本目 (ピンク) 膨らます

後藤泉「ほんとにシュールだね」客w

# 2本の風船を使い、アート開始

風船をねじる度にメンバーたち「怖い」

# 完成
メンバーたち「ワー!」「すごい」客、拍手
後藤泉「お花だそうですよ」
草場愛「無事に割れずにできましたね」

「じゃ~、なおぽん戻っておいで」
今田美奈「プロだよ」
草場愛「どうだった?あそこに立ってみて」
岡本尚子「高かった!」
今田美奈「ウィンブルドンもっと高いよ」
草場愛「緊張は?」
岡本尚子「シュール過ぎてみなさんからの目線がすごく感じられて」
後藤泉「すごい手振るえとるやん。緊張したね」
草場愛「これは後でメンバーでじゃんけんして・・・」
岡本尚子「後で栞奈にインコ使ってあげる」
岡田栞奈「やったー! インコ! ありがとう、大好き、愛してる」客、軽くw
草場愛「進めていいかな?」

「実はまだサプライズがあるんですよ・・・ (ケーキの下から手紙を取り出す) ここにですね、お手紙が届いてます。私が今からこのお手紙を読もうと思います」

「なお、17歳のお誕生日おめでとう。あなたがもう17歳になったなんて、お母さんはまだ信じられません。私の側を、1つ下の弟の手を一緒に引っ張って歩いていたあなたの姿がついこの間のように感じます。まだまだ子供だと思っていたけど、あなたは確実に成長していってるんですね。」

「あなたがこの道を選んだこともその1つです。お芝居や歌に興味があったことは知っていたけど、HKTのオーディションを受けたと告白された時はそれはとてもとても驚きました。家族で何度も話し合いましたね。受かった当初は大好きなおじいちゃん、おばあちゃんから反対されて、寂しい時もあったけど、温かいエールを送ってくれます。芸能界という世界に入ろうとするあなたを心配してこその反対だったのはわかっていますね。学校との両立も大変だったでしょう。そして、晴れて4月から高校2年生、両立は大変だけど、がんばってね。家族みんな応援しているからね。」

「それから、遅くなったけど、HKT48メジャーデビューおめでとう。ちゃんと言えてなかったね。3月20日、公演から帰宅して、食事も取らずに4枚のCDを並べて、1枚1枚DVDをずっと見ていましたね。そしてすべてを見終わって、席を立つ時、お母さんはあなたの大きな瞳が涙でいっぱいになっていることに気づいていましたよ。こぼれる涙を見られたくなくて、席を立って行ったんですね。嬉しかったのかな。それとも悔しかったかな。あなたの気持ちを想うとお母さんも涙が溢れそうでした。でもあなたはその悔しさをバネに努力を惜しまず、がんばってくれるとお母さんは信じています。」

「貴重な時間を割いて、わざわざこのような素晴らしい生誕祭を催していただいた生誕委員のみなさん、わざわざこの劇場へ足を運んでお祝いをしてくれたファンのみなさん、画面の向こうでお祝いしてくれているファンのみなさん、いつもなおを支えてくれているスタッフ、関係者のみなさん、そしてHKT48のメンバーのみなさん、本当にありがとうございます。心からお礼申し上げます。なお、このこと忘れずにたくさんのファンの方々の気持ちを大切に日々努力をし、おごることなく、自分の夢へ進んでください。あなたの笑顔はお母さんのパワーの源です。いっぱい泣いて、その分いっぱい笑顔をみんなに見せてください。今日は本当にお誕生日おめでとう。母より」
岡本尚子「ありがとうございます」客、拍手

「泣かない、絶対泣かない。いつ書いたんだろう。知らなかった」
草場愛「このお母さんのお手紙、後で渡しますね。このお手紙聞いてどうでした?」
岡本尚子「いや、ほんとに、書いたことすら知らなくて。いつもだったらメールでスタッフさんからこういう流れでしますよみたいなくるんですけど、昨日メールこなくて、なんでこないんだろうってずっと思ってて。でもすごい、なんかお母さんとちゃんとHKT48のことについていろいろ、話すのは話すんですけど、そんなにがっつし話したこと無くて、こんな風に思ってくれてて、すごく嬉しいです」

草場愛「じゃ~、生誕祭を開いてくれたファンのみなさんにひと言お願いします」
岡本尚子「えっとですね、私はちっちゃい頃からこうやって人前で何か表現するお仕事にすごく就きたくて、憧れを持っていて。演劇とかももちろん大好きで、ちっちゃい頃からいろんなオーディションに受けたんですけど、ダメで、落ちてしまって。それでも諦めきれなくて、実はHKT48の1期生さんのオーディションも受けたんですけど、それもダメで、でもそれがすごく悔しくて、中3の受験の時に募集してるのを見つけて、もう1回挑戦したいなと思って、ほんとはお母さんに「やりたい」って言おうかな、どうしようかなと思ったんですけど、コソっと応募して、通知がきたんでお母さんに「すみません、受けてました」と告白して、こうやって合格して、ステージに出させてもらって、みなさんの前でパフォーマンスができて」

「一時期、本音を言うと、この間メジャーデビューをさせていただいて、私「キレイゴトでもいいじゃないか?」というカップリングの選抜に入らせていただいたんですけど、正直言うと「今がイチバン」とか、ほかのカップリングに2期生の研究生が選ばれて、ミュージックビデオとか撮りにいろんなとこ行ってるのを見てて、選ばれた子たちを見てるとすごく悔しくて、その子たちにあって、私たちに足りないものはなんだろうと、私に足りないものはなんだろうなってすごく考えてしまって、一時期ステージの上に立ってもモヤモヤした気持ちで立ってしまった時もあったんですけど、こうやって生誕祭を開いてもらって、みなさんのアンコールの声とか、ファンレターとか、ぐぐたすのコメントだったり、劇場でみなさんといろいろアイコンタクトとか取ってるとすごいパワーをもらえて、やっぱりこうやってステージに立てることは幸せだなって思って、でもやっぱり悔しさはすごく捨てられなくて、次はもっともっと上に行けるようにがんばろうという想いがそれをバネになって行って。こんな素敵な生誕祭を開いてくださってありがとうございます。長くなっちゃった」客、拍手

草場愛「私もですね、一緒に「キレイゴトでもいいじゃないか?」という選抜メンバーで一緒に選ばれた時にね、尚子からいろいろ一緒に話したりしてたんですけど、やっぱり悔しかったのはみんな一緒なので、これからもっともっとみんなで一緒にがんばっていこうね」
岡本尚子「はい、お願いします」
草場愛 → 岡本の頭をなでる

今田美奈「はい、ということでみなさんにもプレゼントがあります」客、拍手

# 岡本尚子と2ショットポラが撮れる権利を3名にプレゼント

・1人目 → 129番
・2人目 → 122番
・3人目 → 177番


後藤泉「今日はなおぽんの17歳の生誕祭ということで、みなさんまだまだ盛り上がっていただけますよね?」客、拍手

「まだまだ盛り上がっていただけますよね?」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

# メンバーたち所定の位置へ

後藤泉「それでは一緒に盛り上がっていきましょう。聴いてください。スキ!スキ!スキップ!」


◆M14.スキ!スキ!スキップ!


後藤泉「スキ!スキ!スキップ!を研究生バージョンで聴いていただきました。この曲は私たちHKT48待望の1stシングルです。ぜひチェックしてみてください。よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

今田美奈「そして、これまで48グループは「誰かのために」プロジェクトとして、「誰かのために」「風は吹いている」の2曲を聴いていただきました。これから披露する曲は復興支援の為に作られた新しい楽曲です」

「それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M15.掌が語ること


今田美奈「掌が語ることを聴いていただきました。私たちはこれからもこの曲を大切にして、そして復興支援活動を応援していきます。そして、復興に尽力されている方々の安全と被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。そして、この「掌が語ること」のミュージックビデオが完成しました。このミュージックビデオはAKB48グループが3月11日に東日本大震災の復興支援プロジェクトとして活動させていただいた写真をもとに構成されています。この映像はYouTubeのAKB48 Official Channel!にて公開されていますので、1人でも多くの方に見ていただければ幸いです。そして、この後「掌が語ること」のミュージックビデオを上映したいと思いますので、ぜひご覧ください」

神志那結衣「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 神志那結衣 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶
神志那結衣「せ~の」バック / 客「尚子ちゃん!」

「せ~の」前進 / 客「お誕生日はすはす!」

「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM:桜の花びらたち / メンバーたち手を振りながら捌ける

岡本尚子「(デベソへ行き) みなさん、今日は素敵な生誕祭を一緒にこうやって劇場で過ごしてくださってありがとうございました! みなさん「はすはす」してくれましたか!?」客、反応

「ありがとうございました!」客「おめでとう」

「バイバイ。ありがとうございました」

# 公演終了


■「掌が語ること」MV上映

■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と


■オンデマンドコメントより
草場愛から岡本尚子へのお手紙が読まれた。

草場愛「尚子へ。お誕生日おめでとう。」

「尚子を初めて見たのは最終オーディションの時でした。背中に平常心とプリントされた真っ赤なTシャツを着ていて、勝手にあの子はライバルだと意識していたことをよく覚えています。」

「でも、そんな尚子と今こうやってHKT48として活動できていることが本当に嬉しいです。オーディションに合格した時からメンバーの前に立ち、リーダーシップを取っている尚子はお母さんみたいです。私が悩んでいる時は黙って隣に来て、座っていてくれたり、メールで励ましてくれたり、ほかのメンバーもきっと尚子のことを頼りにしていると思います。」

「でも、あんまりみんなに弱音を吐かない尚子はみんな以上に悩んだりしていると思います。そんな時はメンバーのことをもっと頼ってください。私たちはいつでも尚子の味方です。」

「これから辛いことや楽しいこと、いろんなことがいっぱいあると思うけど、みんなで一緒に乗り越えて行こうね。」

「聞いてくれてありがとう。これからも私たちのお母さんでいてください。尚子にとって最高の年になりますように。尚子大好き。改めてお誕生日おめでとう。草場愛より」


■復興応援ソング「掌が語ること」無料配信中
AKB48公式サイト「誰かのために」プロジェクトにて、無料配信中

http://www.akb48.co.jp/darekanotameni/


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
4月4日(木) 研究生「PARTYが始まるよ」公演

公演後の感想 → 岡本尚子&草場愛

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
安陪恭加
今田美奈
深川舞子
秋吉優花
伊藤来笑
井上由莉耶
岩花詩乃
宇井真白
上野遥
梅本泉
岡田栞奈
岡本尚子
草場愛
神志那結衣
後藤泉
駒田京伽
坂口理子
田島芽瑠
田中優香
谷真理佳
冨吉明日香
朝長美桜
渕上舞
山田麻莉奈





カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ