FC2ブログ
AKB48全国ツアーファイナルdTVチャンネルにて独占生配信決定! new2.gif
dTVチャンネル
12月9日:チーム4(18時30分~)、12月10日:チームB(10時~) チームK(14時~) チームA(18時~)

谷真理佳「最近キンタロー。さんによく似てるって言われるんですよ」 (2013/03/27、チームH)

HKT13032701a.jpg

HKT48劇場 / HKT48 チームH「博多レジェンド」公演 8回目

18時30分開演 / 20時16分終演

■出演メンバー
チームH → 穴井千尋・植木南央・多田愛佳・熊沢世莉奈・指原莉乃・下野由貴・田中菜津美・中西智代梨・松岡菜摘・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・若田部遥

研究生 → 上野遥・谷真理佳

■休演
休演1名 (兒玉遥)

兒玉遥 → 上野遥


■開演前の陰アナ
下野由貴「みなさん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「いやいやいやいや、全然足りませんよ。みなさん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「もっと! みなさん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はですね、あまり天気が良くないのですが、みなさん一緒に盛り上がってこの劇場を春にしちゃいましょう。以上、しなもんこと下野由貴でした。間もなく開演です」


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.HKT48
◆M02.君のことが好きやけん ※「君のことが好きだから」博多弁バージョン
◆M03.ボーイフレンドの作り方
森保まどか「恋は駆け引きだと思います」
田中菜津美「恋はわかりやすいものだと思います」
◆M04.初恋バタフライ


■MC (自己紹介)
宮脇咲良「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

宮脇咲良「まずはじめにHKT48・君のことが好きやけん・ボーイフレンドの作り方・初恋バタフライ、4曲続けて聴いていただきました。みなさん、盛り上がってますか?」客、イェー!&拍手

「もう1回いきますよ。みなさん、盛り上がってますか?」客、イェー!&拍手

「ありがとうございます。最後まで一緒に盛り上がってくださったら嬉しいです。そして、ただいまHKT48はみなさんからの質問を劇場入り口とモバイルサイトにて募集しています。みなさんからの質問に答えながら1人ずつ順番に自己紹介をさせてください」

お題提供:ヒトリナベさん
本日のお題:笑顔になる瞬間

【1列目 下手側から】
穴井千尋「博多のクールビューティー目指すっちゃん、福岡県出身、17歳のちひろんこと穴井千尋です」

「私が笑顔になる時はですね、食べる時なんですけど、特にお肉とカボチャが出てきた時は誰にも負けないぐらいの満面の笑みになるんですけど、この前ですね、家族でご飯を食べに行った時に、焼き鳥に行ったんですけど、食べた時にすごく美味しくて、その食べた時の表情がたぶんすごい満面の笑みだったのかわかんないんですけど、食べ終わった後に「美味しかったですか?」って言われて「美味しかったです」って言ったらプリンをサービスしてくれたんですね、お店の人が。なのでやっぱそういうとこ見られてるのかなと思って。これからも美味しくいただきたいと思います」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、15歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はですね、智代梨と谷真理佳がネタを合わせてる時がすごい笑顔に」
指原莉乃「合わせてる時なの?」
本村碧唯「はい」
指原莉乃「本番は?」
本村碧唯「本番も笑顔になるんですけど、壁っていうか、端っこで2人で合わせてるのを見ると」
中西智代梨「見てたの?」
若田部遥「みんな見てるよ」
指原莉乃「本番前にネタ知ってるぐらいだからね」客、軽くw
本村碧唯「すごいおもしろいんですよ、裏のほうが」客w
多田愛佳「残念なやつ」
本村碧唯「だから笑顔になります」

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! ありがとうございます。鹿児島県出身、宮脇咲良、14歳、15歳です」客、軽くw

「私が笑顔になる瞬間は愛ちゃんです」
多田愛佳「いぇー」客、軽くw
宮脇咲良「実は昨日愛ちゃんからいきなりメールがきて。咲良大好きってきたんですよ」
多田愛佳「そうなんですよ。なんかちょっと夜になったら咲良のこの好きな気持ちが抑えられなくて」客w

「どうしても伝えなきゃいけないって思って。でも今笑顔になるって言われてすごい吐きそう、嬉し過ぎて」
宮脇咲良「愛ちゃんはツンデレって聞いたんですけど、私デレの時しか見たことないから」
多田愛佳「だって好きだもん、咲良が」
宮脇咲良「今度は愛ちゃんのツンの部分も見てみたいなと思います」

森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、15歳のまどかこと森保まどかです」

「私は思わず笑顔になってしまったのは、この間バスに乗ってたらですね、後ろに座ってた親子が、ちっちゃい男の子が「ねぇ、HKT48ってさ」って話し始めたんで、なんかすごい嬉しくなっちゃって、ちょっと耳澄まして聞いてたんですよ。そしたら「HKT48のプロデュースさんってお寿司屋さんなの?」って聞いてて。康とお寿司を勘違いしたみたいで」客w
メンバーたち「かわいい」
森保まどか「みなさんも気をつけないように(間違えないように)してください」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん、片っぽえくぼがチャームポイントの15歳、なおこと植木南央です」

「南央が笑顔になる時は咲良と一緒で愛ちゃんなんですけど」
多田愛佳「大人気、モテキ」
植木南央「南央は、愛ちゃんを南央に対して99%がツンなんですよ」
指原莉乃「ほんとにすごい。私こんなにツン受けてる人初めて見た」
植木南央「ほんとデレを南央に対してのをほんとに見たこと無くて」
指原莉乃「無いね」
植木南央「咲良と逆で、南央にもっとデレデレしてください」
多田愛佳「でもツンは南央が好きだからだよ」
植木南央「あっ、ほんと?」
多田愛佳「ほんとだよ」
植木南央「良かった」
多田愛佳「できる人とできない人がいるんだよ」
指原莉乃「そうだよ、ツンされてるだけありがたいと思ったほうがいい」客w
多田愛佳「そうだよ」
植木南央「わかりました」
多田愛佳「構ってもらってるだけありがたいと思ってね」客w
指原莉乃「そんな言い方」
植木南央「ありがとうございます。じゃ~、もっと南央は愛ちゃんのデレをみたいなと思います」

# 1列目メンバー捌ける

多田愛佳「もやっと無かったね」

【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私が笑顔になる瞬間はメンバーといる時です。メンバーはやっぱりHKT48は個性をいっぱいあるので、メンバーの1人1人が個性豊かなので、すごくいて楽しいです。ちなみに私のお気に入りはちょりの美術館に置いてあるツボの真似とさっしーの変顔です。それではみなさん一緒に言ってください。今日は1日がんばー! (りーぬ!) ありがとうございます。よろしくお願いします」

若田部遥「スリー! ツー! わっかはるゴー! 福岡県出身、14歳、わかはること若田部遥です」

「私が笑顔になる瞬間はですね、やっぱりちっちゃい子の笑顔を見た時なんですけども。この前みんなで移動してる時に、ちょうど休憩的なのしてたら、ベビーカーが置いてあって、赤ちゃん、2歳ぐらいの男の子が乗ってたんですよ。で、お母さん持ってて。すごいニコニコしてかわいかったから、みんなでこうやってしゃがんで、「あー、かわいいねー」ってずっと手振ったりしてたんですけども、今思えばその時全員風邪予防でマスクをしていたので、親から見たら相当な不審者だったんだろうなと思います。お母さんたちごめんなさい」

指原莉乃「大分県出身、さっしーこと指原莉乃です」

「私は昨日なんですけど、シンディが総選挙に立候補してたっていうのが」客w

「私的にすごくおもしろかったというか、シンディらしいっていうか、早いじゃん」
多田愛佳「するだろうなって思った」
指原莉乃「そうそう。早いじゃないですか、言うまでが。出てから。もうちょっと悩んだりするのかなと思ったけど「今でしょ」って早速書いてたので、なんか久々にシンディらしい (反応薄) あんまりシンディのこと知らないのかな?」
多田愛佳「かもね」
指原莉乃「いたんですよ、昔シンディっていう人が」客w
多田愛佳「伝説な女がね」
指原莉乃「シンディっていう人が。前のチームBの時のうちらみたいな感じの人。言ったら指原がシンディみたいで嫌なんだけどさ、そういう言い方すると」
多田愛佳「そんなことないよ」
指原莉乃「ありがとう」
多田愛佳「ありがとうっていうの変だけど」客、軽くw
指原莉乃「シンディ、伝説の人が。調べたらわかると思うんですけど、すごいおもしろい人なので、みなさんぜひ調べてみてください」

松岡菜摘「ホルモンが~ 食べたーい! ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「私が笑顔になる瞬間はわかちゃんとちょっと被ってるんですけど、ちっちゃい子を見た時なんですけど。この間街でちっちゃい子が、3歳ぐらいのお兄ちゃんと1歳ぐらいの弟が。弟がちょっとコケちゃったんですよ。なかなか立ち上がれなくて。そしたらお兄ちゃんが弟のフードを引っ張り始めて、ズズズズズってやり出したんですよ。私目の前でどうしようと思ってたんですけど、弟も楽しそうにしてたんで、仲がいいんだなと思ったんで、さっしー早く赤ちゃん産んでください」
指原莉乃「おかしいでしょ。妊娠しましたっつって。おかしいでしょ」

多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私が笑顔になる瞬間はですね、ちょっと言っちゃ悪いんですけど、私おじさんが好きなんですよ」
指原莉乃「やったじゃないですか」客w
多田愛佳「おじさんが好きで。中でもやっぱり秋元康先生がね、言ってしまえばおじさんじゃないですか、年齢は。コンサートの時とか終わった後とかにアドバイスとか今日の感想とかを言ってくれるんですけど、秋元先生ってほんとにいい匂いがするんですよ」
指原莉乃「へー。匂ったことない」
多田愛佳「秋元先生の匂いが大好きなんですよ」
指原莉乃「どんな匂いするの?」
多田愛佳「わかんないけど、お香?」客、軽くw

「お香じゃないんだけど、お香をもうちょっと高級な感じにした匂い。かぐ機会ないと思うんですけど、いい匂いのおじさんが大好きです。笑顔にさせてください、おじさんたちヒヒヒヒヒw」客w

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、村重杏奈ちゃんなんですけど、村重杏奈ちゃん鉄板のめんたいこというギャグがあるじゃないですか。あれを劇場公演で披露して、みなさんがシーンってなった時に心の中ですっごい笑顔になっちゃうんです」客w
多田愛佳「どういう意味?」
中西智代梨「悪い」
多田愛佳「黒い意味?」
田中菜津美「あっ、今日もシケてるってなんか嬉しくなっちゃうわけじゃないんですけど、ちょっとこの空気がおもしろ過ぎて、笑顔になっちゃうんですけど、でもあーにゃも楽屋に帰って、「あー、今日もシケちゃった」って言うところすごいかわいいので、あーにゃはそのまんま、いて欲しいと思います」
村重杏奈「はい」
指原莉乃「トリンドル」
村重杏奈「今日トリンドルシゲだからあんまり喋れないんだ」
田中菜津美「意識してるらしいです」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から】
上野遥「福岡県出身、中学1年生の13歳、リンゴジュースが大好きなはるたんこと上野遥です」

「私が笑顔になる時は空を見る時なんですけど、その中でも雲と雨と太陽と虹が一気にバーって出た時なんですけど、そんなに見たことはないんですけど、その景色を見た時にすごい笑顔になります」

谷真理佳「ハーイ! 福岡県出身、17歳、ヘリウム声がチャームポイントのまりかこと谷真理佳です」

「(妙な手つきと共に)あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」
中西智代梨「うるさい、マジで。うるさい」
下野由貴「ここにスピーカーあるんだ。すっごいうるさいんだよ」
谷真理佳「感謝の気持ちを表さなきゃ」
中西智代梨「どうぞどうぞ」
谷真理佳「私が笑顔になる瞬間はですね、やっぱり、朝起きるじゃないですか。それで顔を洗いに行きます。その時、鏡があるじゃないですか。それでちょっと寝起きの私のかわいい顔を見ることですかね」
村重杏奈「ねぇ、キャラ取らないで」客、軽くw
中西智代梨「真理佳、うちら4年間ずっと一緒にいるけど、寝顔正直ブス」客w
谷真理佳「それを言ったらダメです」
中西智代梨「ダメ?」
谷真理佳「私のキャラです」
村重杏奈「私キャラめっちゃ万引きされるんですけど」
下野由貴「ほんとだよ」
谷真理佳「なので、今日はみなさんにこのかわいい顔を見てもらって、笑顔になって欲しいです」

村重杏奈「ハーイ!」客w

「フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー、ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私は笑顔になる瞬間は、谷真理佳が番組でグイグイこずに、こなかった時に私の居場所はまだあるんだなって確信した時にすごい笑顔が」
谷真理佳「かわいい後輩じゃないですか」
村重杏奈「全然かわいくない。めっちゃムカつく後輩」

中西智代梨「ハイ!」客w

「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、17歳、ちょりこと中西智代梨です」

「いつもこうなんですか?真理佳って。こんなことしてるの?」
谷真理佳「いや私でもね、普通は清楚なのよ。今日はちょっとね、顔もちょっとレベルアップしたかなーって」
中西智代梨「何をどこ見て言ってんの? 私はですね、笑顔になる瞬間と言っても逆に笑顔じゃない時が自分の中で無いので、みなさんも私が笑顔じゃない時って見たことないですよね?(反応無) 無いということで」客w

「無いと言うんですけども、まー、正直あるというならば、バラエティ番組とかで、自分が出てるのを収録するじゃないですか。それをパっと見て、ちょっと私がひとネタやってるんですよ。それがドッカーンとウケた時には家で自分で爆笑してます」客、軽くw

「w ハイ、今日は1日よろしくお願いします」

村重杏奈「しなもんがんばって。がんばれがんばれ」
下野由貴「やる流れ?」
中西智代梨「そうですよ」
下野由貴「ハーイ!」
村重杏奈「あーあ」
下野由貴「意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、14歳のしなもんこと下野由貴です」

「私の笑顔になる瞬間は谷真理佳がですね」
谷真理佳「私今日大活躍ですね」
下野由貴「朝会って挨拶してくれるんですよ。すごい元気に挨拶してくれてて。その時は偉いなと思って、すごい笑顔になるんですけれども」
谷真理佳「ありがとうございます」
下野由貴「若干ウザイので、ちょっと苦笑いです」

「HKT48チームH「博多レジェンド」公演、以上のメンバーでお送りします・・・(煽り) HKT48 伝説の幕開けです!」
村重杏奈「めんたいこ!」客w

# 3列目メンバー捌ける


◆M05.ガラスの I LOVE YOU (宮脇咲良・植木南央・本村碧唯・森保まどか)
◆M06.制服レジスタンス (熊沢世莉奈・指原莉乃・田中菜津美)
◆M07.ハート型ウイルス (穴井千尋・多田愛佳・若田部遥)
◆M08.てもでもの涙 (松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.天国野郎 (村重杏奈(ニッカポッカ)・谷真理佳(コックさん)・中西智代梨(メイド)・下野由貴(セーラー服))
(BD:本村碧唯(ランドセル)・田中菜津美(学ラン)・植木南央(ガソリンスタンド)・穴井千尋(ナース)・熊沢世莉奈(画家)・若田部遥(巫女))

下野由貴「みなさん、今日は私だけの為に集まってくれてありがとうございまーす。楽しんでますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。この調子で武道館のソロライブもがんばります。こんな私は?」
みんなで「天国野郎!」


■MC
谷真理佳・中西智代梨・村重杏奈・下野由貴

下野由貴「ちょっとした悩み事について」

谷真理佳「私はですね、やっぱりかわい過ぎて」
村重杏奈「ねぇ、キャラ取らないで」
谷真理佳「でもさ、村重さんはかわいいがあるじゃないですか」
村重杏奈「いや、谷真理佳も智代梨に比べたらそこそこかわいい」客w
中西智代梨 → 村重をポンと
谷真理佳「わー、ありがとうございます。さすがわかってる先輩」
中西智代梨「本当は?」
谷真理佳「私、本当あるんですよ」
中西智代梨「ニキビとか」
谷真理佳「違う!」客、軽くw
下野由貴「エラが張ってるとか?」
谷真理佳「違います! あのですね、私、笑うとほうれい線ができるんですよ」
中西智代梨「たしかに」
メンバーたち「あー」
谷真理佳「ちょっとー。そこはウソでもいいから「あー」とか言わないものですよ」
中西智代梨「それもチャームポイントみたいになるんじゃない?」
村重杏奈「村重のおばあちゃんにすごい似てる気がする」客w
下野由貴「何歳だよ、村重のおばあちゃん」
村重杏奈「んー、63? でもちょっと智代梨やってみなよ、村重のおばあちゃんのモノマネ」
中西智代梨「知らないから! おばあちゃん会ったことないよ、私」
村重杏奈「いいじゃん、やってみなよ。どんなおばちゃんだろうって想像してみて」
中西智代梨「ほんとむちゃぶり」
村重杏奈「3・2・1」
中西智代梨「(腰を曲げ)あー、いたいいたい、いたいいたい」
谷真理佳「私はですね・・・」客w
中西智代梨「まだやってる。これからなのに」
村重杏奈「これたぶん振った村重が悪かったね」
中西智代梨「そうよ」
谷真理佳「ちょっと私、否定したいことがあって。さっきのチャームポイントなんですけど、私のチャームポイント(手ひらひら 目を覆い)ヘリウム声なんですよ
中西智代梨「(手で目を覆う、超低音で)いや、マジやめてくんないかな」客w
谷真理佳なんですか?
中西智代梨いや、マジで
谷真理佳私の声はヘリウム声なんです
中西智代梨おかしいからさ
村重杏奈「気持ち悪い」
下野由貴「ほんと気持ち悪い」
村重杏奈「何?今の声」
下野由貴「低過ぎでしょ」
中西智代梨「スティッチのモノマネなんですよ。ヘリウムガスが低いバージョン」
下野由貴「スティッチそんなにグロくないよ」
谷真理佳「スティッチに謝って」
下野由貴「ほんとだよ」
中西智代梨ごめんね」客、反応
メンバーたち「キャー!」
村重杏奈「きたなっ!」
中西智代梨「声だから、一応。低い声が出せるっていう特技」
下野由貴「ビックリした、いきなりで」

村重杏奈「村重の今の悩みはやっぱ谷真理佳」
中西智代梨「ずっと言ってる」
村重杏奈「だって、谷真理佳のせいでお笑い三番手に降格されたもん、村重」
下野由貴「お笑い三番手降格ってどういうことなの?」
村重杏奈「マネージャーさんから「降格したの?」って言われたから、「なんですか?それ」って言ったら、ネットのやつ見せられて。ネットに書いてあった」
谷真理佳「ちょっとー、ジャーマネさんわかってるー」
中西智代梨「ジャーマネさん? 何を言いようと?」
村重杏奈「マネージャーさんがそれ書き込んでることになるよ」
中西智代梨「違うでしょ。ネットの話だから」
下野由貴「三番手に降格してちょっと焦ってるのね、村重」
谷真理佳「でも私永遠の清楚担当です」
中西智代梨「ほんとにやめたほうがいいよ。ずっとほんとに言ってるの? 清楚になりたいって」
中西智代梨「ほんとに清楚だと思ってる?」
谷真理佳「うーん、ちょっとだけ」
村重杏奈「でも谷真理佳かわいいがあるからいいじゃん」
谷真理佳「いやいや」
村重杏奈「だってちょっとかわいいじゃん。智代梨なんてちょっともないよ」客w
中西智代梨「(村重をポンと) うるさい、ほんと」

下野由貴「こんな感じで悩み事について話してみたんですけども、みなさんはね、ちょっと悩み事とかあるかもしれないんですけど、その時はHKT48を見て、元気になってもらえる存在になれたらいいなと思います」

中西智代梨「HKT48「博多レジェンド」公演まだまだ続きます。そして、次の曲はとてもプリティーフェイスな曲です」
谷真理佳「それ私の」
中西智代梨「それではどうぞ」


◆M10.制服のバンビ (上野遥・指原莉乃・宮脇咲良)
◆M11.遠距離ポスター (若田部遥・多田愛佳・穴井千尋・松岡菜摘・本村碧唯・森保まどか・下野由貴)
◆M12.Two years later
◆M13.回遊魚のキャパシティ
◆M14.シャムネコ
◆M15.大声ダイヤモンド

■MC
◆前半:多田愛佳・穴井千尋・松岡菜摘・上野遥・中西智代梨・熊沢世莉奈・植木南央・下野由貴

穴井千尋「メンバーの好きなところ、ここいいよなーとか思うところについて」

植木南央「南央はですね、智代梨なんですけど」
中西智代梨「あー、嬉しい」客、軽くw
松岡菜摘「なんも言ってないから」
植木南央「智代梨って、常に変顔してる感じなんですよ」
松岡菜摘「悪口? それ大丈夫?」
中西智代梨「ちゃんとした顔もあるからね」
植木南央「5秒間智代梨と真顔で見つめ合える人がHKTには1人もいなくて」
中西智代梨「そうかな?」
下野由貴「笑っちゃうもんね」
植木南央「モノマネとか振った時に、想像していた以上をもってくるのがすごい好き」
松岡菜摘「期待を超えてくれるよね」
下野由貴「あれが好きなの。ヤンクミのモノマネ」
穴井千尋「やっとく?」
中西智代梨「未完成だよ」
メンバーたち「いいよ」
中西智代梨「温かい目で見てください」
松岡菜摘「上野が笑ってるから。なんもしてないのに。おもしろいね」

中西智代梨「(マネて) お前らまだわかんねーのか」途切れ途切れ(客w)

穴井千尋「聞こえない」
下野由貴「おもしろかったですよね」
松岡菜摘「失笑」
穴井千尋「ウケては無い」
松岡菜摘「でも好きだよ、なつ」
穴井千尋「途切れ途切れっぽい感じが」
中西智代梨「気持ちが入り過ぎて」

多田愛佳「私、南央なんです。私は南央のアゴが好き」
中西智代梨「わかる!」
下野由貴「わかる、それ」
多田愛佳「なんか、さっしーも言ってたんだけど、なんか、南央のアゴは人を刺しそうなぐらい鋭いアゴをしてるって言ってて」
植木南央「愛ちゃんは南央のアゴいっつも触るんですよ」
多田愛佳「南央のアゴしか好きじゃないぐらい」
メンバーたち → w
多田愛佳「こう、フィットするんですよね、この丸に。だから南央の顔、ラケットとかにして、ピンポンとかさ、やったら絶対おもしろいと思うんだよね」
植木南央「やめてください。せめて滑り台でお願いします」
メンバーたち「えっ?」「意味がわからない」
下野由貴「滑り台とか今まで何も言ってないよ」
中西智代梨「アゴがアイーンってことでしょ?」
下野由貴「わかり難い」
中西智代梨「わかり辛いな。自虐してるのにね」
多田愛佳「意味わかんないところも好きです」
植木南央「ありがとうございます」
松岡菜摘「ちょっと意味わかんなくてマイペースなとこが好きなんですけど、公演が始まる前にステージの上が真っ暗なんですよ。なつが出てくるとこの後ろに緊張して丸まってたんですよ。そしたら、南央が通ってきたんですね。で、こうやって顔覗かれて、「キャー!」って言って逃げてったんですよ。私、幽霊扱いされて」
メンバーたち「えー?」
中西智代梨「南央はね、霊を見たことがあるというね」
植木南央「あの、始まる前に真っ暗なとこになんか物体がいるんですよ」
下野由貴「でもさ、そこまで見に行ったんでしょ?」
植木南央「そう、見に行って、触ろうと思ったんですよ。人かな?と思って」
松岡菜摘「人だよ」客w
植木南央「近づいて、こうやって(手で触ろうと)したらね、届かなくて、手が」
下野由貴「それ短いんじゃなくて?」
多田愛佳「南央の手が単純に短いだけ」
植木南央「触れなかったから、透けてるんだと思ってて」
松岡菜摘「南央、なつだよって言ってるのに全然聞いてなくて」
植木南央「泣いて咲良のところにアーって行った、ビックリして」
松岡菜摘「人生で初めて幽霊扱いされた。そういうマイペースっぷりがすごい好き。よくわかんない感じが」
中西智代梨「いいとこだね」
植木南央「ありがとう」

穴井千尋「そんな智代梨は」
松岡菜摘「そんな?」
中西智代梨「そんな智代梨? どんな智代梨? 私はですね、みんながすごいいいところがあり過ぎて、絞れないということで、私のことを話したいと思うんですけど」
メンバーたち「自分のいいところってこと?」
中西智代梨「やっぱりまぁ、いろんなことのむちゃぶりにもですね、耐えながら、応える・・・」
松岡菜摘「なんでずっと右腕かいてるの?」客w
中西智代梨「痒いから」
植木南央「ちょりさ、今日マイク小さくない?」
中西智代梨「顔がデカイからや」
メンバーたち「さすが」
下野由貴「こういうのにも応えてくれるよね」
中西智代梨「そうね、そういうところがいいところだと思います」
穴井千尋「そういうところ大好きだよ、智代梨のそういうところ」
中西智代梨「ありがと」

上野遥「私は松岡さんがすごい優しいなと思って。私がよく「手をつなぎながら」公演にも出させていただいて、すごい大変だった時に、泣いてたんですけど、そしたら来てくれて、もっとないて・・・」
メンバーたち「かわいい」
下野由貴「次私も誰か泣いてたら慰めよう」
松岡菜摘「やめて、そういうの」
メンバーたち「黒い黒い」
下野由貴「好感度上がるかな」

穴井千尋「みんな1人1つずつはほんとにいいところがあるので、もっとメンバーのいいところを見つけて、そこを伸ばしあって、これからもがんばっていきたいと思います」

# 「イェー」後半組入場 / メンバーチェンジ

◆後半:宮脇咲良・谷真理佳・若田部遥・田中菜津美・森保まどか・指原莉乃・本村碧唯・村重杏奈

田中菜津美「みなさん、盛り上がってますか!?」客「イェー!」

「どうしようと思った瞬間について」
指原莉乃「どうしよ、どうするー」
田中菜津美「古いです」
指原莉乃「今日は若いお客さん多いから合わせにきたんだけど古いの?」
若田部遥「半年前ぐらい」
指原莉乃「そうなの? 私1週間ぐらい前から嵌ってるばっかりなんだけど、遅いんだ」
メンバーたち「遅い」「やっぱ二十歳だし」

若田部遥「私はですね、ついさっきのことなんですけども、「ハート型ウイルス」踊ってる時にですね、あれむちゃくちゃヒール高いじゃないですか。両足で片足だけグリってなったならまだしも、両足でグリってやっちゃったんですよ。この辺(下手側)のお客さん目合いましたよね?」
田中菜津美「その瞬間見た方います?」客、反応

「けっこう気づいてるね」
若田部遥「みなさん忘れてください、よろしくお願いします」
田中菜津美「移動とかで?」
若田部遥「移動の時に、どこだっけな、忘れたけど最後のほうでグリっていきましたよね?私」
指原莉乃「持ち直した?その後」
若田部遥「持ち直しました」
指原莉乃「良かった」
田中菜津美「焦るよね。ヒールだからけっこう高いじゃん、視線も。いきなりさ、視線がグって下がる」
若田部遥「そういうこと」
田中菜津美「すごい怖いよね」
村重杏奈「私ね、この間天神歩いてて、めっちゃ高いヒールで歩いてたらコケちゃった」
田中菜津美「欲張り過ぎるな」
指原莉乃「そして?」
村重杏奈「恥ずかしかった」
メンバーたち「おー」
田中菜津美「なんか日記みたいだよね」客、軽くw
指原莉乃「厳しいね。村重のトークは日記みたい」
田中菜津美「小学生の日記みたい。一行日記。すごいしょうもない」
指原莉乃「しょうもないって言わないで」
田中菜津美「あーにゃはそれが好き、おもしろいけど」
村重杏奈「悲しいぞ、私」

「私、最近一発ギャグがウケなくてどうしようって」
指原莉乃「最近? 今に始まったことじゃないよね」
田中菜津美「しかも最近は真理佳とかもさ、出てきて」
谷真理佳「いやいやいや」
田中菜津美「けっこうバラエティ班けっこう増えてる」
村重杏奈「もう焦り過ぎてどうしようと思って」
指原莉乃「最初はちょりと2人だったもんね」
村重杏奈「そしたらしなもん来て、わかちゃん来て」
田中菜津美「えっ? わかちゃん来たの?」
若田部遥「私行ってないよ」
村重杏奈「けっこうバラエティじゃん。なつみかんも来て」
田中菜津美「私来てないよ」
村重杏奈「真理佳」
指原莉乃「多くなった。いいじゃんいいじゃん。それで48作ればいいじゃん、村重が」
村重杏奈「で、迷った挙句、トリンドルシゲに逃げることにした、私は」
指原莉乃「トリンドルシゲに逃げたの?もう。それ新しいジャンル?」
村重杏奈「はい」
指原莉乃「どういう?」
村重杏奈「かわいいから」
メンバーたち「かわいい?」
指原莉乃「かわいいよ」
村重杏奈「トリンドルさんに似てるから」
メンバーたち「似てる?」
指原莉乃「ハーフっていう共通点ね」
村重杏奈「よく言われるの」
谷真理佳「でも私、北川景子さんと石原さとみさんを・・・」
田中菜津美「ほんとにそれはウソでも言うな」客w
指原莉乃「福岡出たらひと言も言っちゃダメ。でも楽屋で・・・」
谷真理佳「ダメです、それは」
指原莉乃「自分で言ってたんですよね」
谷真理佳「あのですね、私、最近キンタロー。さんによく似てるって言われるんですよ」客w
指原莉乃「何が似てるのかよくわかんないんだよね」
本村碧唯「あおいのお母さんも言ってた」
指原莉乃「聞いた?」
谷真理佳「フライングゲット♪ 似てますか?みなさん」
指原莉乃「あおいのお母さん」
本村碧唯「あおいのお母さんも言ってたよ」
谷真理佳「えー? ほんとですか? あら、私ものすごく今傷つきました」
指原莉乃「でもどこが似てるかわかんないのよ。もちろんキンタロー。さんのおもしろさとかわいさが兼ね合わさっての何かかもしれないんだけど」
若田部遥「なんで髪の毛触るの?」
谷真理佳「たぶん私髪の毛がたぶん似てると思うんですよね」
田中菜津美「自分で言ってるところがまたおもしろいよね」
指原莉乃「私最近谷のモノマネできるようになったんだよ」
メンバーたち「見たい」
指原莉乃「初めて行く番組の時の谷」

「(テンション高く) ハイ、谷真理佳です!」やや前傾姿勢(客w → 拍手)
谷真理佳「そんな、そんなんじゃないです」
指原莉乃谷真理佳って、私は谷真理佳って言うんですけど」客w
若田部遥「めっちゃ似てる。ビックリした」
田中菜津美「想像できる」
谷真理佳「たしかに声は張りますけど、そんなちょっと」客、軽くw

「そんな歳は取ってません」
指原莉乃「まばたきがすごい。緊張してるのかよくわかんないけど (まばたき連発) かわいい。でも一生懸命で」
村重杏奈「村重どうしよう」
若田部遥「今も取られたね」
村重杏奈「ヤバイ、キャラ取られ過ぎて」
指原莉乃「谷は上手いよね、自分のペースに持って行くのが。村重は取られて行くのが逆に上手い」
メンバーたち → w
指原莉乃「それも味じゃん、みんなね」
村重杏奈「そうですね」

田中菜津美「こんな感じでですね、みんなどうしようって思った瞬間がたくさんあるんですが、まだまだあるのでみなさんもぜひ自分がどうしようって思った瞬間について考えてみてください」客、軽くw
村重杏奈「次は・・・」
田中菜津美「もしかして忘れてたパターンのやつ?」
村重杏奈「最後の曲はそうですね、これからもどんどんみんなで成長していきたいなと思います。それでは聴いてください。未来の扉」


◆M16.未来の扉


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


◆M17.会いたかった ※ショートバージョン(サビのみ)


中西智代梨「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

中西智代梨「ところでみなさん、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「もっと聞かせて」客「イェー!」
メンバーたち → 反応
中西智代梨「ありがとうございます。次の曲はHKT48(フォーリーエイト)オリジナル曲」客w

「2曲続けて聴いていただきたいと思います」
指原莉乃「ちょっと待って。フォーリーエイトでいいの?」客w
若田部遥「ダメでしょ」
指原莉乃「それはいただけないな」
田中菜津美「おもしろ過ぎる」

熊沢世莉奈「それでは聴いてください。お願いヴァレンティヌ」


◆M18.お願いヴァレンティヌ
◆M19.スキ!スキ!スキップ!


■MC (全員)
穴井千尋「お願いヴァレンティヌ・スキ!スキ!スキップ!を聴いていただきました」

「この度私たちHKT48はデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」でオリコン・ウィークリーチャート1位をいただくことができました。みなさんの応援のお陰です。本当にありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

穴井千尋「ありがとうございます。でもここがゴールではないので、まだ満足せず、これからもHKT48・39名一丸となって、がんばっていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

本村碧唯「それでは次が本当に最後の曲になります。今日はみなさんと一緒に楽しい時間を過ごすことができて、本当に嬉しかったです。私たちはこれからみなさんがこの公演を見て、笑顔になって、明日もがんばるぞ!って思ってもらえるような公演を作ります。それでは最後の曲聴いてください。白いシャツ」


◆M20.白いシャツ


穴井千尋「白いシャツを聴いていただきました。AKB48グループは「誰かのために」というプロジェクトを立ち上げ、東日本大震災復興支援活動を継続的に行ってきました。そして新しい復興支援ソングとして「掌が語ること」を発表しました。この曲にはAKB48グループが私たちにできること、子供たちを笑顔にすること、そして2013年も被災地への支援活動を続けて行きますという想いが込められています。また、全世界で無料配信されており、世界中の方に歌っていただくことで、被災された方々を想い、気持ちを繋げて世界が1つになるという想いも込められています。誰でも口ずさめる曲になってると思うので、知っている方はぜひ一緒に歌ってみてください」

「それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M21.掌が語ること


宮脇咲良「本日はご来場いただき、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

穴井千尋「ここでみなさんにお知らせがあります。私たちHKT48はですね、4月5日 金曜日に秋葉原AKB48シアターで出張公演をすることが決まりました」客、拍手
メンバーたち「やったー」
穴井千尋「やらせていただく公演はですね、「博多レジェンド」AKB48さんの劇場でもやらせていただくんですけども、東京に行っても博多の勢いを今のHKT48を見てもらえるように、今からでもがんばっていきたいなと思います。よろしくお願いします!」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 宮脇咲良 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 宮脇咲良の「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:スキ!スキ!スキップ!)

指原莉乃「後ろのほうみなさんも、立ち見のみなさんもありがとうございました。またね!」

村重杏奈「めんたいこ!」
指原莉乃「おー、おもしろい」素っ気無し(客w)

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と (※指原莉乃は不参加)


■率直な感想 (私見)
谷真理佳さんは研究生公演よりもチームH公演のほうが、よりおもしろく感じる。
谷さん自身はいつもの感じだけれども、指原莉乃さんや中西智代梨さんなど、谷さんをちゃんと捌ける人、いじれる人がチームHにはいるからだと思う。谷さんはつっこまれてなんぼ、調理されてなんぼだと思う。

谷さんが何かやると、中西智代梨さんが自分のことのように恥ずかしがる姿は、見ていてちょっとおもしろかった。

今日のパフォーマンスはそうでもなくて、初日が40点だとすると、今日は43点くらい。個々にはクオリティ上がってきてると思うけど、チーム全体であまり一体感は感じられなかった。そういやこの「博多レジェンド」になってから、熊沢世莉奈さんの影がちょっと薄いような。

公演終わりに出張公演が開催されることが発表された。
「博多レジェンド」がはじまってからまだ日が浅いのに、まさかこんなに早く出張公演が決まるとは。

もうちょいクオリティ上げないと「博多レジェンド」を初めて見る東京の人たちに「HKT48ってこんなもんか」って思われるんじゃないかと、ちょっと心配だったりする。

ハイタッチは指原莉乃さんが不参加。
「博多レジェンド」になり、公演時間が短くなったので、ハイタッチ出れなくは無いんじゃないかなと思うのだけれども。ハイタッチ終了時間が、前の手つな公演の終演時間とだいたい同じなので。万一飛行機乗り遅れるといけないので、やっぱり難しいのかな。指原さん目当てで来てる人多いと思うので、ちょっと惜しい。

ハイタッチの列の途中、谷真理佳さんと中西智代梨さんが連番だった。この2人の並びは強烈だった(笑)

以上

HKT48 LIVE!! ON DEMAND
3月27日(水) チームH「博多レジェンド」公演

公演後の感想 → 下野由貴&中西智代梨

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
穴井千尋
植木南央
多田愛佳
熊沢世莉奈
兒玉遥
指原莉乃
下野由貴
田中菜津美
中西智代梨
松岡菜摘
宮脇咲良
村重杏奈
本村碧唯
森保まどか
若田部遥