FC2ブログ

欲しい能力 (2013/03/26、HKT48研究生)

HKT13032602a.jpg

HKT48劇場 / HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 106回目

18時30分開演 / 20時5分終演

■出演メンバー
秋吉優花・安陪恭加・井上由莉耶・今田美奈・宇井真白・梅本泉・岡田栞奈・岡本尚子・草場愛・神志那結衣・駒田京伽・坂口理子・田中優香・谷真理佳・冨吉明日香・山田麻莉奈

■公演前の陰アナ
梅本泉「みなさん盛ってますか?」客、拍手

「もう桜は満開ですね。私たちもそんな桜に負けないよう満開のパをしたいと思います。今日も盛り上がっていきましょう。以上、HKT48研究生、ちぃずこと梅本泉でした。間もなく開演です」客、拍手

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
梅本泉「みなさんこんばんは! HKT48」
みんなで「研究生です」客、拍手

梅本泉「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」が始まりました!」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

梅本泉「PARTYが始まるよ・Dear my teacher・毒リンゴを食べさせて、3曲続けて聴いていただきましたが、みなさん盛り上がってますか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

梅本泉「ここからは本日のお題に沿って1人1人自己紹介をさせてください。本日のお題は欲しい能力です」

【1列目 下手側から順に】
岡田栞奈「福岡県出身、15歳、もうすぐ花のJK、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私が欲しい能力はですね、危険を察知した時に微生物になれる能力なんですけど。あのですね、私、親にすごい怒られることが多いんですよ。で、すごい逃げたくなるんですよ。だけど逃げれないんですよね、なかなか。だから世界一小さい微生物になって、家から脱出しようかなと思ってるんですよ」
梅本泉「踏まれるけどね」
岡田栞奈「でも私は踏まれても這い上がります」
坂口理子「謝ればいいやん、別に」客、軽くw
岡田栞奈「シー。(マイクを外し)ハイ、今日はよろしくお願いします!」

神志那結衣「福岡県出身、15歳、グミが大好きでいつでもどこでもグミを持ち歩いてます、じーなこと神志那結衣です」

「じーなが手に入れたいにょうりょくは」客、軽くw
メンバーたち「にょうりょく?」
神志那結衣「すみません、能力はじーなが触れたものすべてをグミにする能力が欲しいんですけど。すみません、じーなはさっき言った通りグミが大好きなんですね。だから、じーなが触れたものすべてをグミに変えて、この世界をグミグミランドに変えたいんですね。それをもしなったら、今度の握手会で、私に触れた手、みなさんがグミになるかもしれないので、みなさん気をつけて帰ってください」

梅本泉「福岡県出身、15歳、今田さんのつむじが見てみたい、ちぃずこと梅本泉です」

「私の欲しい能力はですね、つっこみをする、どんなものにでもつっこみができる能力なんですけど。やっぱりこういうMCのところでつっこみができるのってすごいいいことだと思いませんか?」
駒田京伽「じゃ~、なんか今やってみる?」
梅本泉「ぴーちゃんボケで」
駒田京伽「私ボケますので。あのさー」
梅本泉「なんでやねん!」
駒田京伽「早い早い」客、軽くw
梅本泉「今の無しでもう1回お願いします」
駒田京伽「今日あの・・・」
梅本泉「なんでやねん!」
井上由莉耶「つっこみになってないやん」
梅本泉「おー、ナイスつっこみ」客w
メンバーたち「由莉耶姉さん!」
梅本泉「私はつっこみをする能力が欲しいです」
冨吉明日香「茶番が」客、軽くw

「とんだ茶番が行われてました。ビックリした。どうぞ」

井上由莉耶「福岡県出身、中学1年生の13歳、猫が大好きなゆりやこと井上由莉耶です」

「私が欲しい能力は、欲しい能力がなんでも手に入る、欲しいものがなんでも手に入ることなんですけど」
谷真理佳「頭いい」
坂口理子「ずる賢いな」
井上由莉耶「普通にただ単にお菓子が食べたい時に、お菓子が欲しいと思えば、食べれたらいいじゃないですか。それに、今言っていたつっこむ能力が欲しいとかいうのも、欲しいと思えば手になんでも入るので、私はなんでも手に入れる能力が欲しいです」

山田麻莉奈「福岡県出身、高校は卒業しましたが3月31日までは女子高生、まりりこと山田麻莉奈です」

「私が欲しい能力は二次元の、アニメとかマンガのキャラクターを三次元に実現化させることです。もしその能力を手に入れたら、私すごく朝が苦手なので、その実現化したキャラクターに毎朝起こされたいです」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から順に】
田中優香「福岡県出身、みんなの妹になりたい12歳、ゆうたんこと田中優香です」

「私の欲しい能力は動物たちと会話ができる能力です。私は噛まない動物ならたいてい好きなんですけど、その動物とじゃれ合って遊んでいる時に、これやっていいかな?って思ってやったら、すごい嫌なことだったりして、吠えられて、私もビクってなったので、動物と会話ができるようになって、これやっていい?って言って、いいよって言われたらやりたいです。でも今思ったら人間でもいいかなって思います。みなさん一緒に遊びましょう」

宇井真白「福岡県出身、13歳、ビーフジャーキーが大好きなましろこと宇井真白です」

「私はですね、ハンドパワーじゃないけど、人を移動させる能力が欲しいんですけど。私、端っこの席が好きなんですよ、教室とか。窓側の一番端っこの後ろの席。でも私、席替えしても絶対にそこにならないんですよ。なかなかそこの席に行けないので、私次席替えしたら、端っこの人を私の席に移動させて、私が端っこの席に行きたいと思うんですけど、でもただそれしたらたぶん先生にバレるので、先生の記憶をちょっと変える能力も欲しいなと思います」

秋吉優花「福岡県出身、みかんが大好きで、もうすぐ中学生になるのが楽しみなゆかちゃんこと秋吉優花です」

「私が欲しい能力は空を飛ぶ能力です。なぜかというと、私は夢でたまに空を飛ぶ夢を見るから、現実でも飛んでみたいなっていうのと、あと、たまに最近歩く時に腰が痛いので」客w

「空を飛べたら楽だなって思いました」
坂口理子「待って。優花ちゃんで腰痛かったら高校卒業した私どうなるの? 腰痛くて」
秋吉優花「おばさん・・・」客w
坂口理子「優花ちゃん!」
谷真理佳「ダメよ、それを言ったらダメよ」
秋吉優花「はい、今日は1日よろしくお願いします」

谷真理佳「福岡県出身、17歳、ヘリウム声がチャームポイントのまりかこと谷真理佳です」

「(妙な手つきと共に)あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す。プリティーです。あのですね、私が手に入れたい能力、そう、能力はですね、触るとキラキラ光る能力が欲しいです。あのですね、私、キラキラしたものは大好きなんですよ。だから自分を触って、今でもキラキラしてるんですけどね」客、軽くw

「もっとキラキラして、鏡で自分を見つめたいです」
冨吉明日香「ちょっと待って、いいかな。とりあえず自分がキラキラしてるっていうとこはいったん置いといて、まず、これ以上キラキラしてあなたはどうなりたいの?」
谷真理佳「あらまー、冨吉。そんなね、褒めても何も出ないから」
冨吉明日香「なんなの? 言わせたんでしょ?」
谷真理佳「その通り。まぁ、今日も1日よろしくお願いします」

冨吉明日香「宮崎県出身、15歳、中学3年生じゃない、卒業しました、地鶏よりも愛されたい、あすかこと冨吉明日香です」客w
駒田京伽「早いよ。まだやってない、私」
冨吉明日香「ごめんなさいね、ちょっと言いたくなっちゃいました。私はですね、切実に欲しい能力があるんですよ。それはですね、たぶんみなさんも1回は思ったことあると思うんです。谷真理佳を黙らせたいなと」客w

「思ってるんですけど、思ってるよね、みんな」
谷真理佳「ちょっとちょっと」
冨吉明日香「そんな、谷真理佳なんですけど、日ごろ自分のことプリティーとか清楚とか言ってます。でも、そんな谷真理佳を私は黙らせる術を見つけてしまったんですよ」客、おー

「あのですね、こんな谷真理佳なんですけど、実は楽屋では「私、このキャラでいいのかな」ってドキドキしてるんですよ」客、軽くw
谷真理佳「もう私たち終わりね」
冨吉明日香「はじまってもないです」客w

駒田京伽「宮崎県出身、高校1年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」
冨吉明日香「本家ですね、これが」
駒田京伽「こっちが本家です、すみません、マンゴーが本家です。私はですね、指パッチンだけで、できないんですけど、私は。電気をつけたりとか、冷蔵庫のものとかを目の前にパってやったりとか、私めんどくさくなっちゃうタイプなので、これでお風呂に入ったりとかをしたいんですけど、まぁ、一番やりたいのは真理佳と明日香の口をチャックすることです」客w
冨吉明日香「恐ろしい」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から順に】
今田美奈「福岡県出身、16歳のみなぞうこと今田美奈です」

「私が欲しい能力はですね、アイドル能力なんですけど、私、普通に踊ってる時とか歌ってる時はすごいアイドルなんですよね、安陪ちゃん」
安陪恭加「う、うん」客w
今田美奈「そうなんですよ。MCになるとね、こうやってやっぱ素が出てしまうんですよ。だからMCの時もかわいくアイドルっぽくなりたいんですけど、基本的にアイドルなので、MCの時も普通に、曲中もアイドルで今日もがんばりたいと思います」

草場愛「福岡県出身、17歳、高校2年生のソフトバンクホークスが大好きなまなみんこと草場愛です」

「私が欲しい能力は余地能力なんですよ。それで、その余地能力を使って、次の日の正確な天気を知りたいんですよ。なんでかって言ったら、私が傘を持って行った日に限って、雨が降らなくて、持っていかない日に限って雨が降るんですよね。別に雨女じゃないんですけど。だから、そういう無駄なことをしなくて済むと思うので余地能力が欲しいんですよ。あともう1コ、ちょっと余地したいことがあって。さっき2列目で捌けて行った谷真理佳なんですけど、今日はすべるかすべらないか、というものを余地して、さっきみたいな空気を二度と作らせないように余地したいと思います」客、軽くw

坂口理子「福岡県出身、18歳、セクシー担当になりたい、りこぴこと坂口理子です」

「私が欲しい能力はですね、みなさんも今日持ってきてらっしゃるんですけど、ポケットあるじゃないですか。そのポケットの中から便利で、すごい使い勝手のいいものを出すという能力なんですけど」
草場愛「それさ、あれやん。青のネコ型ロボットのやつやろ?」
坂口理子「そうやね、そりゃー想像つくよ、そうよ、それよ」客、軽くw

「なんですけども、私出したいものがあって。私ブランコ出したいんですね、公園のブランコ。私すごいブランコが大好きで、1人でけっこう乗りに行ったりするんですけど」
岡本尚子「この間ほんとにさっき「マンゴーよりも愛されたい」って言ってた駒田京伽ちゃんにりっちゃんが永遠とブランコをこいでる動画を送ってきてるんですよ」
坂口理子「(揺れながら)おはよーってずっと言う動画を送ったりしたんですけど」
草場愛「でもそういう能力じゃなくてさ、精神年齢上げる能力とかにしといたほうがいいんじゃない?」
坂口理子「ハイ、上げます、大人になります」

岡本尚子「福岡県出身、高校1年生、16歳のアニメと酢もつがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」

「私が欲しい能力はですね、千里眼が欲しいんですけど。1000キロ先まで見える目みたいな、能力のことなんですけど。それでですね、その能力を手に入れて、会場にいらっしゃるみなさんとか、ロビー観賞してくださってるみなさんとか、DMMをご覧のみなさんとかのアイコンタクトを取れるようになりたいなと思いましてですね」
坂口理子「とか言ってるけどどうせさ、太もも見たいだけでしょ?」客、軽くw
岡本尚子「シー。今日は1日よろしくお願いします」

安陪恭加「ブロッコリーの天ぷらが大好きな福岡県出身、15歳、きょうかこと安陪恭加です」

「私はお菓子を1つから2つに増やす能力が欲しいんですけど。やっぱりお菓子って1つじゃ足りないじゃないですか。だから2つに増やしてたくさんお菓子を食べたいです。だけど、このことをさっき由莉耶姉さんこと井上由莉耶ちゃんに言ったら鼻で笑われました」客w

「でも最後に「安陪さんらしいね」って言ってくれたからやっぱり由莉耶姉さん大好きです」

坂口理子「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」以上のメンバーでお送りします。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.スカート、ひらり (山田麻莉奈・神志那結衣・岡田栞奈・井上由莉耶・梅本泉)
◆M05.クラスメイト (冨吉明日香・田中優香・谷真理佳・秋吉優花・宇井真白)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (坂口理子=キーボード・岡本尚子=ボーカル)
◆M07.キスはだめよ (駒田京伽・今田美奈・草場愛)
◆M08.星の温度 (梅本泉・岡本尚子・岡田栞奈・安陪恭加)


■MC
# M08「星の温度」以外のメンバー、ステージへ

今田美奈「みなさん、まだまだ盛り上がっていきましょう!」

「メンバーを動物に例えるなら」

駒田京伽「私はですね、じーな。じーなは白鳥だと思います」
神志那結衣 → ポーズ
坂口理子「たしかに、手足長いし」
駒田京伽「スタイルもいいし、色も白いし。お喋りなところはちょっと違うかな」
誰か「黙ってれば白鳥ってこと?」
今田美奈「めっちゃ失礼過ぎる。でもこんな衣装着てたらすごい似合ってるからさ。脚白いし白鳥に見えてきた」
駒田京伽「でも最近焼けたんですよ。最近脚焼けちゃって」
メンバーたち「脚だけ焼けたの?」
今田美奈「あんまり言わないほうがいいよ。せっかくフォローしたのに」
メンバーたち → w

冨吉明日香「私はですね、由莉耶姉さんがやっぱり黒猫だと思うんですよ」
メンバーたち「あー」「黒よね」
冨吉明日香「黒猫ってやっぱクールなイメージあるじゃないですか。この前楽屋の机にチョコが1つ置いてあったんですね。これ食べていいかなと思って開けたら、白い粉みたいなのが付いてたんですよ。これダメじゃんって言ったら、由莉耶姉さんが「それはね・・・」何現象だっけ?」
井上由莉耶「ブルーム現象」
冨吉明日香「そう、ブルーム現象って言って、1回溶けたチョコに油が浮いてきて、その油が浮いたのがそのまま固まって、それが残って、結晶になったやつなんだよって言われた」
メンバーたち → 反応
坂口理子「ってか覚えとけよそれ、現象の名前」
冨吉明日香「難しくて、私には。かっこいいと思って」
今田美奈「でも黒猫って感じ」
井上由莉耶「お菓子の本に書いてあったんです」
メンバーたち「あー」「そこをちゃんと読むのが」
今田美奈「Google+でさ、してない? 黒猫企画みたいな。あれ密かに見てるよ」
メンバーたち → 軽くw
今田美奈「ファンなんだ、実は」
井上由莉耶「ありがとうございます」
誰か「私会員番号1番ですよ」「後で握手してください」
谷真理佳「私が変わりに握手しちゃいますよ」
今田美奈「はい、じゃ~、次(スルー)」客w

坂口理子「私はですね、今田さんがやっぱり愛犬のジュピにしか見えなくて。どうしても今田さんが飼ってるワンちゃんにしか見えないんですよ。私が「今田さーん!」って言って駆け寄ったら、今田さんも駆け寄ってくれるんですけど、その時がもうワンちゃんで、こんなん・・・(その時の仕草)」客、軽くw
駒田京伽「めっちゃ失礼なこと言いよる」
坂口理子「そういう意味じゃないですけど、かわいかったですよ」
今田美奈「私、ゴールデンレトリバーを飼ってるんですよ、でっかいこんぐらいの犬を。やっぱなんか横に並んだら似るのかな? 似るって言うよね。まなみんがモルモットだっけ?」
メンバーたち「似てる」「そう、飼ってるから、モルモット」
草場愛「振られると思いませんでした、私」
今田美奈「友達にブルドッグ飼ってる人いるけど、ブルドッグ似てるし、絶対」
メンバーたち → 反応
今田美奈「みなさんもたぶん飼ってる愛犬、動物、ペットに似てると思うんですよ。だからたぶんね、特徴を鏡見てね、見つけてみて欲しいなと思います」

「じゃ~、最後に何かある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 「星の温度」メンバー、ステージへ
メンバーたち「おかえり」

安陪恭加「私は谷真理佳なんですけど」
谷真理佳「えっ? わたくしです? はいはい、なんです?」
安陪恭加「顔とか雰囲気とかナマケモノに似てる気がする」客w
谷真理佳「私のかわいいどこがナマケモノです?」
メンバーたち「似てる」
谷真理佳「私はですね、キラキラしたものが大好きなんですよ。だからたぶん前世とかもカラスだったと思うんですよ」
メンバーたち「カラスは頭いいよ」
谷真理佳「うちもちょっと冴えてるよ、いつも」
岡田栞奈「でもいいやん。ナマケモノのつぶらな瞳がかわいい」
谷真理佳「私にピッタリ?」
メンバーたち「一生懸命フォローされてるじゃん」
谷真理佳「ありがとう」
山田麻莉奈「真理佳はね、モルモットじゃなくて。違う、モルモットじゃない。似てるよ、ナマケモノ」
谷真理佳「あら、私がナマケモノ?」
山田麻莉奈「かわいいと思う」
谷真理佳「ありがとう」

山田麻莉奈「ということで、今日はメンバーを動物に例えたらについて話し合ってきましたが、私は自分を動物に例えると犬が好きなので、犬がいいなって思います。次は全員で歌わせていただきます。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M09.桜の花びらたち


草場愛「私たちはこれから夢に向かって一歩ずつがんばって行きます。ぜひ私たちの成長を見守ってください。次が最後の曲になります。聴いてください。青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
発動客「みなさん、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「まだまだ盛り上がっていきましょう」客、反応

「本日はちぃずこと梅本泉ちゃんの劇場出演回数100回目です」客、拍手

「アンコールは通常通り、といきたいところですが、せっかくの100回目公演なので、ちぃずコールでいきたいと思いますが、いかがでしょうか?」客、拍手

「ではアンコールいってもいいですか?」客「いいです いいです いいですよ」

「ありがとうございます。ではアンコール いくぞー」


「ちぃず」コール


梅本泉「アンコールありがとうございます」

◆M11.HKT48
◆M12.スカート、ひらり


岡田栞奈「アンコール1曲目「HKT48」、2曲目「スカート、ひらり」を聴いていただきました。HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」次が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。今日という日を忘れずに心を込めて歌います。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M13.桜の花びらたち


谷真理佳「本日は最後まで私たちと一緒に盛り上がっていただき本当にありがとうございます。ここで感謝の気持ちを込めて、もう1曲だけ披露させてください」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

谷真理佳「それでは聴いてください。スキ!スキ!スキップ!」


◆M14.スキ!スキ!スキップ!


谷真理佳「スキ!スキ!スキップ!を研究生バージョンで聴いていただきました。私たちは3月20日にこの曲でデビューをしました。ここまでこれたのはみなさまの応援のお陰です。これからも応援よろしくお願いします!」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

今田美奈「そして、48グループはこれまで「誰かのために」プロジェクトとして復興支援の歌を歌ってきました。「誰かのために」「風は吹いている」の2曲を歌わせていただきました。そして、これから披露する曲は復興支援の為に作られた新しい楽曲です」

「それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M15.掌が語ること


今田美奈「掌が語ることを聴いていただきました。私たちはこれからも復興支援を応援していきます。そして、復興に尽力されている方々の安全と被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます」

梅本泉「みなさん、本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 梅本泉 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶
梅本泉「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進 / 客「オリコン1位おめでとう」

「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM:桜の花びらたち / メンバーたち手を振りながら捌ける

今田美奈「後ろのほうの方もありがとうございました」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と


■率直な感想 (私見)
PARTY公演 99回目、100回目の公演の時はメンバーたちにすごい勢いが感じられた。それは今考えれば100回という目標があったからなのかなと。

それ以降、2回見たが、公演自体は悪くはないものの、全体的にちょっと一息ついちゃったか感じかなと。100回目の時のような勢いは感じられなかった。

先日HKT48オンデマンドが月額480円キャンペーンをやったので、オンデマンドの会員数は相当増えたのではないかと思う。
100回目の時のような勢いがあれば、もっともっと研究生の名前が全国に広がっていくんじゃないかなと。そういう点では今日の公演を見て、ちょっと惜しい気もした。


「スカひら」にて、山田麻莉奈さんが途中、自分のソロパートを出トチってしまい、慌ててマイクを口元に移し歌い始めたが、マイクが口元にくるまでの間、歌声は無く、BGMのみだった。PARTY公演はてっきり「被せ」か、他の方法かと思っていたので、生歌だとわかり、驚いた。公演を通してそうなのかわからないが、少なくとも今日の「スカひら」に関しては生歌だとわかった。

以上


■復興応援ソング「掌が語ること」無料配信中
AKB48公式サイト「誰かのために」プロジェクトにて、無料配信中

http://www.akb48.co.jp/darekanotameni/


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
3月26日(火) 研究生「PARTYが始まるよ」公演

公演後の感想 → 冨吉明日香&井上由莉耶

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
安陪恭加
今田美奈
深川舞子
秋吉優花
伊藤来笑
井上由莉耶
岩花詩乃
宇井真白
上野遥
梅本泉
岡田栞奈
岡本尚子
草場愛
神志那結衣
後藤泉
駒田京伽
坂口理子
田島芽瑠
田中優香
谷真理佳
冨吉明日香
朝長美桜
渕上舞
山田麻莉奈


AKB48ネ申テレビSKE48 ZERO POSITIONSTU48イ申テレビなどdTVチャンネルにて配信中
dTVチャンネル