FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

じーなは「らくや」にいるんですけどね (2013/03/25、HKT48研究生)

HKT48劇場 / HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 105回目

■出演メンバー
秋吉優花・安陪恭加・伊藤来笑・上野遥・梅本泉・岡田栞奈・岡本尚子・神志那結衣・駒田京伽・坂口理子・田中優香・谷真理佳・冨吉明日香・朝長美桜・深川舞子・山田麻莉奈

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
神志那結衣「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「研究生です」客、拍手

神志那結衣「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」が始まりました!」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

神志那結衣「PARTYが始まるよ・Dear my teacher・毒リンゴを食べさせて、3曲続けて聴いていただきました。ここからはお題に沿って1人ずつ自己紹介をさせてください。本日のお題は手放せないほどお気に入りなものです」

【1列目 下手側から順に】
駒田京伽「宮崎県出身、高校1年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「私が手放せないものはですね、アニメグッズなんですけれども、私移動中のリュックサックにアニメグッズのキーホルダーを付けてるんですよ。この前、洋服屋さんに入った時にですね、店員さんに「私もそのアニメ好きなんです」って言われて「そうなんですか?」ってすごい会話が弾んだんですよ。買ったりはしなかったんですけど、流れで「あー」って出ちゃったのですけど、なのでこれからもっともっとアニメグッズを持ち歩いていろんな方と交流したいなと思っております」

上野遥「福岡県出身、中学1年生の13歳、リンゴジュースが大好きなはるたんこと上野遥です」

「私がお気に入りなものはキャップ帽子なんですけど。普通のキャップ帽子じゃなくて、大人の人が被るようにピンクのパステルカラーのキャップ帽子なんですけど、内側にLOVEって書いてて、すっごいかわいいんですよ。これからの季節も被れるし、雨の日でもオシャレで被ったらいいなと思うので、これからも毎日被りたいと思います」

神志那結衣「福岡県出身、もうすぐ高校1年生、15歳、グミが大好きでいつでもどこでもグミを持ち歩いてます、じーなこと神志那結衣です」

「じーなが手放せないほどお気に入りなものは音楽機器プレーヤーです。すごい音楽を聴くのが大好きで、気分がすごいブルーな時でも音楽を聴いたらすごい心の底から気分がパーって明るくなって、すごい気持ちいいんですね。だから、最近はテンションが上がる曲も好きなんですけど、和む曲が最近好きで、一番好きな曲がミスターチルドレンさんの365日っていう曲なんですね。それを最近毎日いつも聴いてるので、今日も和んできました」

朝長美桜「福岡県出身、14歳、笑うと目の形がカシューナッツになります、みおこと朝長美桜です」
冨吉明日香「泣いてない? 大丈夫?」客、軽くw
朝長美桜「大丈夫。私が手放せないくらいお気に入りなものは豚さんのぬいぐるみなんですけど。どこに行くのも持ち歩いていて、すごいお気に入りです。でも時々キャリーバックの中に入らなくて、手で持っていて、ちょっと周りからの視線が恥ずかしいです」

梅本泉「福岡県出身、15歳、ちぃずこと梅本泉です」

「私は手放せないほど大切なものはですね、バスケットボールなんですけど、私小学1年生の頃から最近までずっとバスケットボールを習っていたんですね。だからバスケットボールの香りとか手の感触とかがすごい落ち着くんですよ。それで、いつも暇な時にリビングでボールハンドリングって言って、ボールを使って遊んでるんですね。そしたらですね、ボールが飛んで行ってしまって、机の上が悲惨なことになって、お母さんに怒られてしまったんですよ。だからこの頃は玄関でやっているんですけども、お母さんから「座敷童子が手まり歌やってるみたい」って言われました」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から順に】
田中優香「福岡県出身、みんなの妹になりたい12歳、小学6年生のゆうたんこと田中優香です」

「私の手放せないものは冨吉明日香ちゃんの写真です」
冨吉明日香「えっ? そんな。ありがとう。ビックリしたわ。トミヨシビックリ」
谷真理佳「谷真理佳は?」
田中優香「真理佳ちゃんの写真持ってない」
谷真理佳「どうした? 反抗期?」
田中優香「反抗期じゃないけど、そうやって人のMCに入ってきちゃダメ」客w
冨吉明日香「よく言った」客、拍手
谷真理佳「わかりました」
田中優香「雑誌の撮影の時にポラって言って、その雑誌を読んだ人にプレゼントする写真も一緒に撮ってたんですけど、2枚写真を撮っていて、1枚は予備で、置いて行ってもいいし、持って帰っても良かったんですよ。それでいろんな人の写真がある中で明日香ちゃんの写真を見つけて、あー!と思って、すごいキュンキュンしてしまったので、こっそり持って帰ってしまいました」

伊藤来笑「愛媛県出身、中学2年生、14歳のらいらこと伊藤来笑です」

「私が手放せないほどお気に入りなものは前髪を止めるリボンの形をしたピンクのピンなんですけど、私、前髪が最近伸びてきたので、よく止めてるんですよ。それで、この間普通に街を歩いてたら、通り過ぎる人の視線がちょっと不思議そうな目で私のことを見てくるので、なんだろうと思って、鏡の前を見たら、子供っぽいんですけど、そのピンを付けたまま街を歩いてて、すごい恥ずかしかったんですけど、それぐらいお気に入りで手放せないものだなって改めて思いました」

秋吉優花「福岡県出身、小学6年生、12歳の・・・あっ、小学校を卒業しました、みかんが大好きなゆかちゃんこと秋吉優花です」

「私が手放せないほどお気に入りなものは冨吉明日香ちゃんからもらって誕生日プレゼントです」
メンバーたち「今日モテモテじゃん」
谷真理佳「また冨吉?」
秋吉優花「あの、私の誕生日は10月24日だったんですけど、その時に冨吉明日香ちゃんからプレゼントをもらって、そのプレゼントが一番大きかったんですけど、ハートのぬいぐるみと大きなクマの抱き枕をもらって、嬉しかったので、今も一緒に寝ています。でも、そのプレゼントの大きさにとてもビックリしました。秋吉ビックリ」客w

岡田栞奈「福岡県出身、15歳、もうすぐ花のJK、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私が手放せないほどお気に入りのものはハサミなんですけど」
坂口理子「危なっ。何してるの?ハサミで」
岡田栞奈「回したりはしませんよ」
坂口理子「普通せんよ」
岡田栞奈「あの、ハサミって髪も切れるし、糸くずとかも切れるし、がんばれば鏡にも使えるし」客、反応

「がんばったら火だって起こせますよ、ちゃんと。それで、なんと言っても一番好きなのはシャキシャキ言う音なんですけど」
伊藤来笑「それさ、やっぱりさ、なんか変な人だよね」
岡田栞奈「そんなことない。ほんとに、やっぱハサミはすごい機能的なんですよ。なので私はこれからも毎日ハサミを持ち歩き続けたいと思います。(マイクを外し)ハイ、今日はよろしくお願いします!」

谷真理佳「福岡県出身、17歳、ヘリウム声がチャームポイントのまりかこと谷真理佳です」

「(妙な手つきと共に)あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す。プリティーです。私が手放せないほどお気に入り、そう、キラキラしたものなんですよ。私、たぶん前世がカラスだったと思うんですね」客、軽くw

「カラスってキラキラしたものが好きじゃないですか。私もキラキラしたものを見ると目が放せなくなるんですね。だから鏡とか見たらね、目が放せなくなっちゃうんですけど、あら?(冨吉に)どうしたらいいかな?」
冨吉明日香「これ誰も知らない。急に助け求められても」
坂口理子「趣旨が違うんだけど。お題に沿ってないじゃん」
谷真理佳「そっか。お題は手放せないもの」
坂口理子「そうだよ」
谷真理佳「そう、手放せないものはみなさまの目線と心、そうハート! ハイ、今日は1日よろしくお願いします」客w

冨吉明日香「とてもやり辛いんですけど」客、軽くw

「宮崎県出身、15歳、中学3年生は卒業しました、あすかこと冨吉明日香です」

「私は手放せないものはですね、小学校1年生の時に宿題で毎日出していた日記なんですけど、その日記をこの前読み直していたら、風邪で休んだある日のことを書いていたんですけど、今日は風邪をひいてしまって学校をお休みしました。喉がとても痛くて辛かったです。でも、午後からは調子が良くなったのでおばあちゃん家に行きました。おばあちゃんとバトミントンをしました」客w

「そして夜は焼肉を食べに行きましたと、途中から楽しい休日の話になっていてですね、こういうところが後々の七の段が言えないあたりに繋がっていくんじゃないかなと思うんですけど、でもその時に先生からコメントが「焼肉は美味しかったですか?」っていう」客w

「そこ?っていうことにトミヨシビックリしました」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から順に】
深川舞子「福岡県出身、13歳、中学1年生のまいこむこと深川舞子です」

「私の手放せないものはリボンっていう少女マンガコミックみたいなものなんですけど、私、個人的に少女マンガがすっごく大好きで、なんでも少女マンガなら見てしまうっていう性格なんですけど、そのリボンに付いてる少女マンガがとってもかわいくて、キュンキュンするんですよ・・・、HKT48が載ってるのでぜひそれを見てください」

山田麻莉奈「福岡県出身、昨日18歳になりました、まりりこと山田麻莉奈です」

「私の手放せないものは大好きな声優ユニットのゆいかおりさんの写真集なんですけど、ゆいかおりさんほんとにすごく大好きで、その写真集を見る度にいつも癒されてるので、公演が終わって帰った後とかも毎日のように眺めています」

坂口理子「福岡県出身、高校は卒業しましたが31日までは花のJK! りこぴこと坂口理子です」

「ちょっとみんなが卒業した卒業した言うんで、ちょっと狂ってしまいまして。本題に入りますね。私の手放せないものはですね、手帳なんですけども、私、高校1年生から高校3年生まで手帳を毎日つけていて、今日この日に誰とどこに行ったとか、学校行事とかを書いたりして、友達と撮ったプリクラとかを貼ってたりしたんですけど、新しい手帳にしまして、最近学校行事が無いじゃないですか。だからもう書けなくて、けっこう真っ白になってきたんですよ。「私の予定」と思って見てるんですけど、今日はですね、ここでみなさんと出会って、公演で楽しんでね、ワーってしたことを手帳にではなく、私の心の中に書いていきたいと思うので、みなさんも今日のことを忘れずに、心の中に書き込んでください」

岡本尚子「福岡県出身、高校1年生、16歳のアニメと酢もつがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」

「私が捨てられないほどお気に入りなものはですね、私、1コ下に弟がいるんですけど、ちっちゃい頃よく遊園地とかに連れて行ってもらってたんですよ。そこで、日曜日の朝にあっているスーパー戦隊のショーとかが必ずと言っていいほど行くたんびにあってですね、ヒーローショーを見てはそのヒーローのサイン入りの色紙をもらいに行ったりしてたんですよ。今私高校1年生なんですけど、普通、親戚とかちっちゃい子に「これいついつのやつだからあげるよ」みたいな。「いついつの仮面ライダーのサインだけどあげる」みたいな、譲ったりとか処分・・・、譲ったりとかするじゃないですか」客、ざわ
坂口理子「処分? 捨てないで」
岡本尚子「譲ったりとかするじゃないですか。でも私の場合、譲ることもいろいろすることもできずに、机の上にキレイに飾ってあるんですよ。でも最近なかなか部屋に入ることもなく、ちょっとこの間パって見たらちょっと誇りが若干かかりつつあったので、今日は家に帰ってちゃんと掃除したいなと思います」

安陪恭加「ブロッコリーの天ぷらが大好きな福岡県出身、15歳、きょうかこと安陪恭加です」

「私はチーズ大福なんですけど、大福の中にクリームチーズが入ってて。そう、そういう大福なんですけど、あと100個ぐらいは食べれそうなぐらいすごい美味しいので」客、軽くw

「みなさんもぜひ見つけたら食べてみてください」

坂口理子「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」以上のメンバーでお送りします。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.スカート、ひらり (上野遥・神志那結衣・駒田京伽・朝長美桜・梅本泉)
◆M05.クラスメイト (伊藤来笑・田中優香・谷真理佳・秋吉優花・岡田栞奈)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (坂口理子=キーボード・岡本尚子=ボーカル)
◆M07.キスはだめよ (駒田京伽・冨吉明日香・安陪恭加)
◆M08.星の温度 (神志那結衣・岡本尚子・深川舞子・山田麻莉奈)


■MC
# M08「星の温度」以外のメンバー、ステージへ

冨吉明日香「盛り上がっていただけてるでしょうか?」客、拍手

「あま噛みしてしまったんですけど。今日はですね、メンバーにまさかと思ったことについて話していきたいと思います」

谷真理佳「あら優花ちゃん」客、軽くw
秋吉優花「私は神志那結衣ちゃんのことなんですけど。じーなは頭いいって思ってたのに、ステージには上手っていうのがあるんですけど、それは漢字で上と手って書くんですけど、私でもわかってたのに、じーなは神様と手(神手)って書いてて」
坂口理子「えっ? ゴッドハンドじゃん、それ」
秋吉優花「だから、まさか書けないのかなって思ってしまって」
駒田京伽「優花ちゃんに言われるとはね」
岡田栞奈「神志那結衣ちゃんはこの前、公演の後の反省会の時に楽屋での話になったんですけど、神志那結衣ちゃんが「らくやで」って言い出して、みんなが「ん?」って言って。「えっ?楽屋?」って言ったら「ん? らくやで」って言って、その時みんな絶叫しちゃって。神志那結衣ちゃんは今まで半年間、楽屋のことを「らくや」と思って過ごしてきてるんですよ」
坂口理子「たしかに読むけどね。相当楽しかったんやろうね」客、軽くw
メンバーたち「ビックリしたよね」「みんなギャー!って」
冨吉明日香「ここにいないじーなのことで2つも暴露されてます。じーなは「らくや」にいるんですけどね」客w → 拍手

安陪恭加「私はそういうよしこ姉さんのことなんですけど」
メンバーたち「よしこ姉さん?」
安陪恭加「トミヨシビックリさんのことですね」
坂口理子とみではなく、よしを取るっていう」
安陪恭加「昨日はまりりの生誕祭で、よしこ姉さんがノートに生誕祭って書いてたんですけど、チラって横で見てみると生誕祭の祭だけひらがなで書いてあって」
メンバーたち「えー!?」「まさか? 書けないとか?」
冨吉明日香「そんな、「誕」が書けたこと褒めてよ、誰か」
梅本泉「何?今日は。メンバーのちょっと頭の悪い話なの?」客、軽くw
冨吉明日香「悪いメンバーばかりではないですよ、みなさん」

上野遥「私は昨日のことなんですけど、お昼ご飯にフライドポテトを食べていて、近くにいた岡本尚子ちゃんにあげたんですよ。そしたら岡本尚子ちゃんが左手に持ってたアイスにフライドポテトをつけて、食べてた」
岡田栞奈「でも美味しいよ」
誰か「アイスって何? 普通のバニラ?」
上野遥「バニラアイスに付けて、パクって食べてた」
坂口理子「でもあったかいのと冷たいのだからちょうどいいんじゃないの?」
谷真理佳「甘い物と塩、最高じゃん」
メンバーたち「何言ってるの」
冨吉明日香「みんな、もう真理佳が話したくてたまらないから当ててもいいかな」
メンバーたち「どうぞ」
谷真理佳「やったー。真理佳こと谷真理佳です。今日いいね、冴えてるね」

「あのですね、私が「まさか!」と思った瞬間はですね、メンバーの田中優香ちゃん。ゆうたんはですね、この前の自己紹介MCで、もうすぐで中学校に上がるじゃないですか。それで中学校の成績って1から5まであって、5が一番優秀じゃないですか。けど優香ちゃんはそれを勘違いして、「1を取りたいです!」って」客w
坂口理子「みんなの前で。ビックリよね。それで友達に「1取ったよ!」とか言っちゃったらこいつなんだって思っちゃうよね」客w

「良かった。危ないね」
冨吉明日香「勘違いしないように、ゆうたん」
メンバーたち「真理佳に言われたんだよ」
谷真理佳そうだよ!
田中優香「真理佳には言われたくなかった」客w
谷真理佳「ちょっと待って。反抗期かい? けどかわいいから許しちゃう」
冨吉明日香「はい、OKです」客w

「最後に何かある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 「星の温度」メンバー、ステージへ
メンバーたち「おかえり」

岡本尚子「私のまさかと思った出来事はですね、この間メンバーで「PARTYが始まるよ」公演のダンスの練習をしてたんですよ。私たち本番こうやってマイクを使わさせていただいてるんですけど、練習の時は普通のペットボトルの中に水道水とかを入れて、それをマイク代わりに使ってるんですよ。したらですね、岡田栞奈ちゃんが踊ってて、「はー、疲れた」って。普通買ってきたお茶とかアクエリとか飲むじゃないですか。急にそのマイク代わりに、マイクを開けて、その水を飲もうとしたんですよ」
メンバーたち「えー?」
岡本尚子「しかもその水が夏休みから一切換えてないやつで」
メンバーたち「えー!?」「怖い怖い」
岡田栞奈「飲んでません、でも」
岡本尚子「待って!栞奈!ってなって、みんなで「良かったね、飲まなくて」って話してて。その時はマジでまさか!と思って」
岡田栞奈「みんなに叫ばれてさ、我に返ったら、なんか自分でふた開けて飲もうと」
誰か「水は頻繁に変えようよ」

梅本泉「今日はメンバーの間でまさかと思ったことについて話したのですが、これからもみなさまにメンバーのいろいろな一面を見せていけたらなと思います。それでは次の曲はみんなで歌わせてください。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M09.桜の花びらたち


朝長美桜「私たちはこれから夢に向かって成長して行きます。ぜひ私たちの成長を見守ってください。それでは次が最後の曲になります。聴いてください。青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


神志那結衣「アンコールありがとうございます」

◆M11.HKT48
◆M12.スカート、ひらり


駒田京伽「アンコール1曲目「HKT48」、2曲目「スカート、ひらり」を聴いていただきました。HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」次が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。今日という日を忘れずに心を込めて歌います。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M13.桜の花びらたち


谷真理佳「本日は最後まで私たちと一緒に盛り上がっていただき本当にありがとうございます。ここで感謝の気持ちを込めて、もう1曲だけ披露させてください」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

谷真理佳「それでは聴いてください。スキ!スキ!スキップ!」


◆M14.スキ!スキ!スキップ!


谷真理佳「(息切らせながら)スキ!スキ!スキップ!を」客w

「スキ!スキ!スキップ!を研究生バージョンで聴いていただきました。私たちは3月20日にこの曲でデビューしました。ここまでこれたのはみなさまの応援のお陰があったからです。これからも応援よろしくお願いします!」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

駒田京伽「そして、私たち48グループは震災復興のために応援ソングとして「誰かのために」「風は吹いている」の2曲を歌わせていただきました。これから披露させていただく曲は新しい復興支援のための曲となっています」

「それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M15.掌が語ること


駒田京伽「掌が語ることを聴いていただきました。私たちはこれからもこの曲を大切にして、復興支援活動を続けていきたいと思います。そして、震災(復興支援)に尽力されている方の安全や被災地の1日でも早い復興を心より深くお祈り申し上げます」

神志那結衣「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 神志那結衣 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 神志那結衣「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM:桜の花びらたち / メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と


■復興応援ソング「掌が語ること」無料配信中
AKB48公式サイト「誰かのために」プロジェクトにて、無料配信中

http://www.akb48.co.jp/darekanotameni/


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
3月25日(月) 研究生「PARTYが始まるよ」公演

公演後の感想 → 田中優香&深川舞子

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
安陪恭加
今田美奈
深川舞子
秋吉優花
伊藤来笑
井上由莉耶
岩花詩乃
宇井真白
上野遥
梅本泉
岡田栞奈
岡本尚子
草場愛
神志那結衣
後藤泉
駒田京伽
坂口理子
田島芽瑠
田中優香
谷真理佳
冨吉明日香
朝長美桜
渕上舞
山田麻莉奈

dTVチャンネル