FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

小嶋菜月 18歳の生誕祭 (2013/03/25、チームB)

AKB48劇場 / チームB ウェイティング公演 25回目

■出演メンバー
梅田チームB → 石田安奈・石田晴香・市川美織・梅田彩佳・大場美奈・大家志津香・片山陽加・加藤玲奈・小嶋菜月・小森美果・島崎遥香・竹内美宥・中村麻里子・名取稚菜・藤江れいな・山内鈴蘭

研究生バックダンサー → 佐々木優佳里・大森美優・篠崎彩奈・高島祐利奈・小嶋真子・内山奈月

■ポジション
柏木由紀 → 竹内美宥 → 名取稚菜
小嶋陽菜 → 小森美果
渡辺美優紀 → 大場美奈 → 小嶋菜月
岩佐美咲 → 中村麻里子

(旧)峯岸みなみ → 山内鈴蘭 → 大家志津香


■開演
◆M00.overture
◆M01.初日
◆M02.君のことが好きだから
◆M03.Virgin love
◆M04.正義の味方じゃないヒーロー


■MC (自己紹介)
梅田彩佳「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームBです」客、拍手

梅田彩佳「初日・君のことが好きだから・Virgin love・正義の味方じゃないヒーロー、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがだったでしょうか?」客、拍手

お題提供:ワンさん
お題:子供の頃にしてはいたけど今考えると不思議だなと思うことはなんですか?

【1列目 上手側から】
市川美織「フレッシュレモンになりたいの~♪ ありがとうございます。チームBのみおりんこと市川美織です」

「私はよく小さい頃に石ころを集めてたんですよ。なんかわけもわからず、これはきっとダイヤの原石だと言いながら集めてたことがあって。でも結局庭に埋めてたんですけど、石畳みたいになってキレイになりました。とにかくですね、わけもわからず昔は石をよく集めてたなって。今ではなんにもパワーを感じないのにすごい素敵ですね」客w

名取稚菜「幸せを運ぶ4つのエクボ、あなたに幸せを届けます。わかにゃんこと名取稚菜です。よろしくお願いします」

「私は小さい頃、コンタクトレンズにすごく憧れを持ってたんですよ。ママがコンタクト外してる横で私も裸眼なのに外そうとしてた。痛い思いをしてた。っていう、痛い思いするんだけど、コンタクト外してるっていう姿がとってもかっこ良く見えたんです。だからそれをママと並んで毎日痛い思いをしてたから、バカだなって今思うと思います」

梅田彩佳「福岡県出身の う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です。よろしくお願いします」

「子供の頃にしてはいたけど今考えると不思議ことですけど、消しゴムってあるじゃないですか、小学生の時によく使ってた。四角じゃないですか。それのこっちだけ一生懸命使ってたんですよ。で、友達に貸してって言われて、ちょっと性格の悪い友達に貸すとカクカクのほうから使って返ってきて、はぁ?ふざけんなよってことがよくありました。今考えるとどうでもいいことなんですけど、子供にしたら大変なことだったなと思って、かわいいなと思いました」

島崎遥香「18歳の島崎遥香です。よろしくお願いします」

「私はちっちゃい子はよくこういう靴下を丸めるじゃないですか。丸めて、下にドーナッツみたいにやってるのはなんなんだろうと。自分もやってたんですけど、弟が今小学校低学年なんですよ。で、弟も同じことをやっていて、これはなんだろう、受け継がれていくものなんだな、日本人って思いました」客、軽くw

小森美果「大盛り? 中盛り? やっぱり『小森!』 こもりんこと小森美果です。よろしくお願いします」

「私はですね、よくマニキュアみたいなのりがあるんですけど、それを爪によく塗って、マニキュアっぽくやってました。シーン」客w

# 1列目メンバーたち捌ける


【2列目 上手側から】
山内鈴蘭「ハイ、みなさんこんばんは。チームBの18歳、らんらんこと山内鈴蘭です。よろしくお願いします」

「私は犬大好きなんですけど、なぜか犬の運がまったくなくってですね、小さい頃から犬が好きだからあそうさん家っていうのが近くにあるんですけど、あそうさん家のでっかい犬にいぇーってやりに行ってたんですよ、小さい頃だから。そしたら犬の運が無いから、まったく。すごい追っかけられてお尻噛まれたことがあるんですよ。お尻噛まれたことがあるにも係わらず未だにまだワンワン好きなんですよ。でもうち、犬が好きだから犬二匹飼ってるんですけど、どっちからも好かれてなくって、家に帰っても絶対お尻噛まれるんですよ、毎日。っていう話。ということで今日も釣っちゃうぞ♪ よろしくお願いします」

加藤玲奈「あれ?どこ見てるの? あっち?こっち? れなっち ありがとうございます。チームB、15歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私は考えたんですけど、無くって、たぶん昔からこういう冷めてる性格だったと思うんですよ。なんで、無いです」

藤江れいな「目指せスーパーガール、19歳のれいにゃんこと藤江れいなです」

「私はですね、ちょっと自分で考えたところ思いつかなかったので、お母さんにメールでさっき訊いてみたところ、私はちっちゃい頃によくご飯を食べてる最中に寝ちゃっていたっていうことを聞いたんですよ。で、最近というか、私食べることすごく大好きなので、ちっちゃい頃なんて、もったいない時間を過ごしていたんだろうなって思いました。ということで、今日も元気にスマイルにいきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

大場美奈「今日もころちゃん体型安定 みなるんこと大場美奈です」

「私はですね、小さい頃から毛布の端っこのふわふわをこの爪と皮膚の境目でシャーってやるのが大好きだったんですよ。絶対こういう空気になると思った」客、軽くw

「今私二十歳なんですけど、まだやってるんですよ。シャーってやるから、このささくれがすごいできるんですよ。でも、すごいやっちゃうっていうのは小さい頃からの親しみがあるんだなって今でも思います」

石田晴香「はるきゃん (Do it!) AKB48チームBのはるきゃんこと石田晴香です。よろしくお願いします」

「久々の劇場公演ちょっと緊張してるんですが、がんばっていきたいと思います。私は髪の毛を刺すのが好きでした」

片山陽加「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「わたくしごとなんですけど、本日この劇場公演700回目ということで」客、拍手
メンバーたち「おめでとうございます」
片山陽加「約6年半、6年ぐらいやりまして」
大場美奈「700歳だ」客w
片山陽加「歳のほうじゃありません。回ね。ほんとにありがたいことなんですけど。もうなんか700回も立ったんだっていう。あっという間の感じだったんですけども、本日もがんばっていきたいと思います。お題ですけれども、片山、昔から一風変わったところがありまして、人と。昔はコードに、赤ん坊の頃にですよ、1歳2歳とか。写真で見たんだけどね、コードに包まるのが好きだったらしいんですよ。AKBのモバイルサイトの幼少期の写真館みたいな、たぶん載ってると思うんですけど、グルッグルになって、ブッサイクになって寝てる写真があるので、ぜひ登録してる方は、あと気になった方、まだ登録してない方はぜひ見ていただいて。あとすごい荷物持ちなんです。今もなんですけど。昔のほうがひどくて、小学校の時に寝る時もいっつもバックに、手提げ袋に文房具とか自分のお気に入りのものを入れて、寝床に置くのが好きだったんですよね。ちょっと変わってるところもあるんですけど、その変わってるところがね、いいところだと思っててこれからもがんばっていきたいと思います」

# 2列目メンバーたち捌ける


【3列目 上手側から】
大家志津香「できませんは言いません、福岡県から来ました大家志津香です。よろしくお願いします」

「・・・というわけでみなさん今日も盛り上がっていきましょう」

石田安奈「今日も小悪魔なプレゼントをお届けしてもいいですか? (いいです いいです いいですよ) あんにゃこと石田安奈、16歳です」客「劇場公演300回おめでとう」

「あー、ありがとうございます。そうなんです、実は今日私も300回記念公演なんですよ」客、拍手

「ありがとうございます、嬉しいです。私、SKEに入ったのが12歳の頃で、4年も経つんですけど、小さい頃におかしいなと思ったのが、SKEに入ってから初めて電車に乗ることが多くなって、チケットの買い方とかも自分でやらなきゃいけなくて、買ったんですよ、チケットは。そして入るじゃないですか。そしたらそれゴミ箱に捨てちゃって、出れなくなっちゃって、もう1回切符かって、出るじゃないですか。その1枚残ってるから、それがすごくプレミア感があったんですよ、私の中で。初めて見たから、チケットっていうものを。なんで、SKEに入った頃はずっとチケットで改札入って、捨てて、もう1回買って、それを持ち帰って、保管して、お金の無駄と言ってお母さんに怒られたんですけども、今となってはそんなおかしいことしちゃいけないんだなと思ったんですけど、今日はみなさん楽しんで行ってください」

竹内美宥「高校2年、17歳の竹内美宥です。よろしくお願いします」

「私はですね、なんであんなことしてたんだろうっていうような無駄なことが多くて。さっき梅田さんも言ってたんですけど、消しゴムの話で練り消しを授業中に別に消さなくていいところでとにかく消しゴムを作って、なんかこんぐらい大きいのをみんなの消しゴムのカスを集めて作ってて、結局それを捨てちゃうじゃないですか。なんであんなことしてたんだろうなって思いました。消しゴムがかわいそう。だって字消してないのにって思いながらも。っていうことを思いました」

小嶋菜月「18歳のなっつんこと小嶋菜月です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「私はおばあちゃん家にある障子ってあるじゃないですか。その障子をバレないように、手で穴を開けてたんですよ。小さい頃はそれがすごい楽しくて、今思えばお金の無駄だなと思います。ということで、18歳もニコピチに行くのでよろしくお願いします」

中村麻里子「中村麻里子の喜怒哀楽 (パンパン) 嬉しい! (パンパン) 怒った (パンパン) 悲しい (パンパン) ウー (楽しい!) ありがとうございます。梅田チームB、19歳の中村麻里子です。よろしくお願いします」

「私が小さい時にやってたおかしなことは、小さい時からおかしな子だったので、すごいお尻を出して、ふりふりしてて、アニメのモノマネをしたりとか、ドラマ撮影ごっことかやってたりしたんですけど、その中でおかしかったっていうのか、普通の子はここまで小さいのに考えつかないだろうなっていうのは銭湯の500円クーポン券みたいのがすごいお札に似てたんですね。それをスーパーでも全部置いてあったの全部もらって、それをお買い物ごっことして活用していたという。普通の子は思いつかないんじゃないかなっていう」
竹内美宥「やってたよ」客w

「私好きだったんです、レジみたいな」
中村麻里子「そう、めっちゃレジ大好きで。今でもたまにオークションとかでレジが格安に出てるので、それを探すんですけど、さすがにやめとこうかなって思ってます。今日は私の大好きななっつんの素敵な日ということで、みなさん全力でいきます」

竹内美宥「本日は以上のメンバーでお送りします。それでは続いてはユニットです。どうぞ」客、拍手

# 3列目メンバーたち捌ける


◆M05.君のc/w (市川美織・島崎遥香・名取稚菜)
◆M06.抱きしめられたら (藤江れいな・小森美果・加藤玲奈)
◆M07.思い出以上 (梅田彩佳・山内鈴蘭・片山陽加)
◆M08.ごめんね ジュエル (中村麻里子・大場美奈・大家志津香・石田晴香)
(BD:佐々木優佳里・大森美優・篠崎彩奈・高島祐利奈・小嶋真子・内山奈月)
◆M09.涙に沈む太陽 (石田安奈・竹内美宥・小嶋菜月)

■MC
藤江れいな・市川美織・名取稚菜・山内鈴蘭・島崎遥香・小森美果・梅田彩佳・加藤玲奈

山内鈴蘭「最近やっちまったなと思ったこと」

名取稚菜「すごく最近なんですけど、私バスに乗ってたんですよ。友達にメールしていて、メールしてたら急にブレーキがかかったんですね、バスの。その日雨だったんですよ。だから床が軽く塗れてて、そのまんまツルンって行って、電車の中央でコケたんですね。これってもう既に恥ずかしいじゃないですか。恥ずかしいって思ったんですけど、咄嗟に出た言葉がイヤンだったんですよ」
メンバーたち「かわいい」
名取稚菜「バンってコケた瞬間「イヤン」って言っちゃって、ごめんなさいってみんなに謝ったんですけど、でも恥ずかしくて、どうしようと思って。一番端っこでずっとこうやってやってたんですけど」
市川美織「普段からセクシーは違うね」客、軽くw
名取稚菜「なんで自分咄嗟にイヤンって言ったんだろうっていうまず恥ずかしい、やっちまったなって思いましたね」
藤江れいな「かわいい失敗談だね」

梅田彩佳「かわいくないやつありますよ。私一番イクラが好きなんです、ご飯の中で、食べ物の中で。コンビニとかでイクラご飯ってあるじゃないですか。あれって冷たくして売ってあるじゃない。コンビニとかで、これ冷たいなと思って、私、今日寒いし、あったかいご飯が食べたいなと思ったの。家に帰って電子レンジでチンしたんです、1分。で、食べてたら、なかなかイクラのプチっとした食感出てこなくて。おかしいなと思ったら、イクラがね、もうね、固まってタラコになってたの」
名取稚菜「タラコになるんですか?イクラって」
梅田彩佳「あれタラコじゃないの?」客、反応
山内鈴蘭「違うよ」
市川美織「種類が」
藤江れいな「キャプテン」
梅田彩佳「違う。あったまって凝固されてたんです。固まったら何になるの?」
藤江れいな「タラコにならないから、まず。どうしよう、こんなキャプテン」
梅田彩佳「違うの? あったかくなったらタラコになると思ってた」
島崎遥香「イクラは鮭の子ですよ。タラコはタラの子ですよ」
梅田彩佳「そうなんだ」客、拍手
市川美織「ぱるるさんすごい」
梅田彩佳「うちずっとそうだと思ってて」
名取稚菜「今やっちまったな」客、軽くw

「しっかりしてくださいよ」
梅田彩佳「ほんとにみんな知ってた?」
メンバーたち「知ってました」
梅田彩佳「お客さんの中にも絶対わかんない人、1人2人絶対おるもん」
藤江れいな「だってさっき焼きタラコって声も聞こえたもんね」
梅田彩佳「やっちまったなー」

小森美果「今日の出来事で、小嶋さんにメールしてたんですよ」客、反応

「みんな知ってる。間違えて、小嶋さんはどこで服買ってるんですか?って訊こうとしたら、「小嶋は」って呼び捨てに。ビックリされて、「小嶋ww」みたいなの来て、「あっ、ごめんなさい」ってすごい送ったんですよ。そしたら「小嶋でいいよ」って。「小嶋って呼んでいいよ」って言われて」
梅田彩佳「どうするの?呼ぶの?」
小森美果「呼びます」客、反応
藤江れいな「小森! 次の公演から期待してるから、私たち」
小森美果「言わないけど。いつか呼べたら」

山内鈴蘭「私実は人のお尻を触るのがすごく好きなんですよ」
藤江れいな「変態」
山内鈴蘭「よく触るのはれいにゃんとわかにゃんと、あとすごい申し訳ないんですけど、みおりんも触っちゃうんですよ」
名取稚菜「お尻選抜ですね」
藤江れいな「嬉しくないよ」
梅田彩佳「どこがいいと?」
山内鈴蘭「あんまり、梅田さんとお話したこと無い時期に調子乗って、梅田さんのお尻をパって触っちゃったことがあるんですよ」
梅田彩佳「いつ? 触ったっけ?」
山内鈴蘭「チームBのレッスンが始まった日なんですけど」
梅田彩佳「全然忘れた」
山内鈴蘭「ヤバイ、やっちまった。あんま話したことなかったから」
梅田彩佳「感想は?お尻の」
山内鈴蘭「あの、ちょっと硬かった」客、軽くw
梅田彩佳「そうでも良くない。ちょっと硬いんだ」
小森美果「ほんとだ、硬い」客、軽くw
山内鈴蘭「ダンスしてるから筋肉があるのかなと思って、いいお尻だった」
梅田彩佳 → 加藤のお尻を触る
藤江れいな「梅ちゃん、梅ちゃんが触ったらちょっと変態みたいだからやめて」
梅田彩佳「やわらかい、かとれなは」
藤江れいな「ヤダ、梅ちゃんの感想気持ち悪い」

加藤玲奈「私も小森さんと一緒なんですけど。横山さんにメールした時に「横山さんはなんとかなんですか?」って言う時に「横山はなんとかなんですか?」って。そしたら「呼び捨てファンタジーw」ってきました。だから教えてくれなかったら気づかなかったです」
梅田彩佳「いいナイスつっこみですね」

市川美織「ということで、こんな失敗談もありますけど、みなさんもやっちまったなーということがあったら教えてください。あて先はここまでお願いします」客、反応

# 「煽り」をするも噛んでしまい、やり直し

「大丈夫です。テンションが上がり過ぎておかしなことになっています」客w

「それでは後半戦はこの曲からです。どうぞ」


◆M10.フライングゲット
◆M11.キスして損しちゃった
◆M12.ナギイチ
◆M13.呼び捨てファンタジー
◆M14.夕陽を見ているか?


# 曲終了後、列ごとに「ありがとうございました」挨拶してから捌ける


■アンコール
有志の方「さてさてみなさん、今日は盛り上がってますか!?」客「イェー!」

「みなさん楽しんでますか!?」客「イェー!」

「いいですね、絶好調ね。今日はみなさんご存知、小嶋菜月さんの生誕祭です」客「イェー!」

「この先みなさんが更に盛り上がってもらえるためにも、なっつんのかわいい笑顔をもう1度見るためにも、アンコールはなっつんコールでお願いします」客「イェー!」

「よっしゃ、アンコールいくぞー!」客「イェー!」


「なっつん」コール


◆EN01.UZA


■MC
◆小嶋菜月・竹内美宥・大場美奈・片山陽加・大家志津香

大家志津香「チームBには「ワッショイB!」とか「チームB推し」とかいろいろBの曲がありますが、「チームB推し」の掛け声があるんですよ、1人1人、個人個人で。それの、なんて言ってるかわからないという方も多いと思うので、1回なんて言ってるのか紹介しましょう。そしたら今後もし「チームB推し」聴く機会があった時にね、掛け声しやすいので」客、軽くw

「もしかしたら今後あるかもしれないので」

小嶋菜月「私は「なついちゃうぞ」って言ってます。「なついちゃうぞ」の時、ハート描いて点ってやってるんですよ。みんなで1回やってみてもいいですか?」

メンバーたち「あなたは今日でなっつん推しほらチーム・・・」
小嶋菜月「なついちゃうぞ♪」
大家志津香「みんな恥ずかしがらないで。やってよ。大丈夫だよ、会社の同僚知らないから」客w

「気づかないからやって大丈夫」
小嶋菜月「お願いします」

大家志津香「じゃ~、美宥ちゃん」
竹内美宥「無いです」
大家志津香「これ由来知らない人多いんじゃない?」
竹内美宥「無かったんですよ、ほんとに」
大家志津香「レコーディングの人に「なんかある?」って言われたんだよね」
竹内美宥「その時に「えー、無いです」って言ったら「それいいね」って。ほんと無くて」

大場美奈「私は「ころころしちゃうぞ」って言ってます」
大家志津香「これ手振りとかあるんじゃないですか?」
大場美奈「これは私が場所というかポジションによって違うんですけど、ある時はだいたい上手のあそこら辺を指してます、誰かを指してます。でも、またある時は自分で自分を指してます」
大家志津香「言えたら言って欲しいですね」
大場美奈「けっこうポッチャリした方はぜひ」客、軽くw
竹内美宥「別のところはちょっと違うじゃん。最後に1人で」
大場美奈「ころころ!」って言ってる時もあります。いっぱいあるんです、パターンが」

片山陽加「私は、私が片山部長。手も上げてね」

大家志津香「ちなみに私は特に何も無いです」
メンバーたち「えー?」

# メンバーチェンジ

◆山内鈴蘭・名取稚菜・藤江れいな・加藤玲奈・島崎遥香・梅田彩佳・石田安奈・石田晴香・小森美果・中村麻里子・市川美織

藤江れいな「私たちも「チームB推し」の」
梅田彩佳「掛け声的なことをやりましょうか。なかなか聞き取り辛い方もいると思うので」

石田晴香「私、B推しの先頭なんですよ」
藤江れいな「元々チームBの初代からやってるから知ってる方多いと思うんですけど、一時期ね、自分のことを言ってたのね」
石田晴香「やめなさいよ、そうやって」客、軽くw

「そうやって言うのやめなさいよ」
藤江れいな「そうやって黒歴史を掘り返そうとする」
石田晴香「目がマジよ」
藤江れいな「はるきゃんのはですね、「超絶かわいい」っていう風に言うんですけど」
石田晴香 → w
中村麻里子「自分で笑わないでください」
石田晴香「こんぐらいでいいんじゃない?」客、軽くw
藤江れいな「それをみんなで「超絶かわいい」ってはるきゃんに向かって言ってください」

中村麻里子「私2パターンありまして。研究生時代からやってる「こまりこまりこ」っていうやつと最近新しく作りました「下から麻里子」っていうのがあって。「上からマリコ」という篠田さんの曲があるので、私は後輩なんで下からっていう。つまり私がしゃがんだら、今日は「下から麻里子」の日なんだなって思っていただけたら一緒に「麻里子」って言ってください」

市川美織「みなさんご存知の通り・・・」
藤江れいな「ずっと思ってたんだけどさ、「知らない方」って言ってるじゃん。知らない方できなくない?」
メンバーたち「たしかに」
市川美織「そんな正論言わないでください」客、軽くw

「何も言えないです。でも正論だけが世の中じゃないんだ」
メンバーたち「どうしたの?急に」
市川美織「私は、フレッシュレモンになりたいの~♪」
梅田彩佳「振り付きでね」
市川美織「ぜひ「なりたいの~」ってみんなで一緒に言ってください。知らない方もお願いします」
小森美果「知らない方ってどれぐらいいるんですか?」
梅田彩佳「知らない人?」客、反応
メンバーたち「絶対ウソ」

市川美織「私、鈴蘭さんのが気になります」
山内鈴蘭「嫌だ」
名取稚菜「あれかわいいですよ」
山内鈴蘭「私2パターンあるんですけど。1つ目は普通に「らんらん」なんですよ。もう1つが「らんらんすずちゃん山内ですYea!」って言うんですけど」客、軽くw

「今日はどっちなんだろうなって言うね、楽しみがありますから」
梅田彩佳「そんなこと言ってたんだ。私もなんて言ってたんだろうってずっと思ってた」
石田安奈「初めて知った」

梅田彩佳「メンバーが考えてやったんだよね」

# 前半メンバー入場

藤江れいな「最後に小森のだけやろうよ。しーちゃんでいいかな?」
大家志津香「嫌だー、痛いもん」
中村麻里子「と言いながらセンターに言ってるじゃないですか」客、軽くw
小森美果 → ウォーミングアップ
大家志津香「めっちゃ怖いんだけど」

片山陽加「せ~の」
メンバーたち「あなたは今日でこもりん推し、ほらチーム・・・」
小森美果「こもりんチョップ!」大家の腕に痛烈なチョップ
大家志津香 → 床にペタンとうつ伏せに倒れる
メンバーたち → 反応 「大丈夫ですか?」「泣かないで」
片山陽加「小森、全力でやり過ぎ」
メンバーたち「真っ赤」
梅田彩佳「かわいそう。大丈夫?」
藤江れいな「でもね、あれだよね。歌中も手加減しないもんね、ほんとに。毎回全力で」
梅田彩佳「こういうところが見れるんで、そういうところも注目してみたらいいなと思いますよ」

大場美奈「まだまだ続きますよ。続いては、みーんな大好き、チーム!」
みんなで「B推し」


◆EN02.チームB推し
◆EN03.ギンガムチェック
◆EN04.タンポポの決心


山内鈴蘭「本日はご来場本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

島崎遥香「ただいまAKB公式ホームページにて、震災復興応援ソングの「掌が語ること」が無料配信されています。その曲を今日はこの公演メンバーで披露させていただきたいと思います」客、拍手

梅田彩佳「この曲なんですけども、この曲は私たちにできること、そして子供たちを笑顔にすること、そして2013年もAKB48は被災地への復興支援を行っていくという意味を込めて歌わせていただいております。世界中にホームページから配信することで、たくさんの方に聴いていただきたいと思い、この歌を歌っています。もし知っている方がいたらぜひ一緒に歌ってください。それでは聴いてください。掌が語ること」


◆EN05.掌が語ること


■小嶋菜月 生誕祭
大場美奈「掌が語ることを聴いていただきました。ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

大場美奈「そして、私たちAKB48グループは「誰かのために」プロジェクトとして募金活動を行っています。AKB48公式ホームページからご案内が見れるので、ぜひみなさんご協力お願い致します」

# 竹内美宥 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」バック前進
名取稚菜「ちょっと待った」客、ひゅ~

「今日は3月8日に18歳の誕生日を迎えた小嶋菜月ちゃんの生誕祭です」
メンバーたち「イェー」客、拍手

名取稚菜「なっつん、お誕生日」
みんなで「おめでとう

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア なっつん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

小嶋菜月 → ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射(客、拍手)

メンバーたち「おめでとう」
小嶋菜月「ありがとうございます」

名取稚菜「ということでですね、ちょっとここに白いものがありまして」客、おー

「なっつんへ。遅くなっちゃったけど18歳のお誕生日おめでとう。」BGM:桜の木になろう

「なっつんとは最初はそんなに仲良くなかったけど、11期のみんなが次々と辞めていく中ですごく距離が縮まりました。」

「お互いの家にお泊りをしたり、一緒に旅行をしたり、ご飯を食べに行ったり、研究生の頃からなっつんといる時間が本当に多くて、そして何よりそれがほんとに楽しくて。私はなっつんの変なおもしろさと優しさにずっと支えられてきました。」

「でも、そんななっつんの悩んでる姿を私はたくさん見てきました。後輩が先に昇格していく中で、自分はどうしたらいいんだろうって悩んでいたこと。がんばり屋さんだからこそたくさんのポジションを任されること。でも、覚えるのに精一杯で、夜もあんまり寝てないよね。今日のポジションも久しぶりで、しかも生誕祭だからファンの方もたくさんいるし、オンデマンドでたくさん映るし、冷や汗をかいたんじゃないかな。」

「ほかにも、私の知らないところでたくさん悩んでたくさん泣いて、悔しい想いや辛い想いをたくさんしてきたんじゃないかなと思います。なっつんはあまり弱音を吐かないから、もう少しみんなを頼ってください。」

「昇格してチームBになっても、こうしていろんなポジションを覚えて公演に出るなっつん、辛いこと苦しいことがあってもあまり弱音を吐かないなっつん、遊ぶ約束をしても寝坊してすっぽかしたり、しかもそれを何度も繰り返すなっつん」客、軽くw

「でも、そんななっつんが大好きです。これからも同期そして良きライバルとして一緒にがんばろうね。あとまた一緒にラーメン食べようね。チームA・川栄李奈より」客、拍手

小嶋菜月「ありがとうございます」
名取稚菜「李奈でした」
小嶋菜月「嬉しい」
名取稚菜「これね、なんかね、たぶんね、ファックスかなんかだと最初に無題って書いてあってね、ちょっと悲しいんですけどさ」
小嶋菜月「ほんとだ。ビックリしちゃった」
名取稚菜「なっつんへっていうね、李奈からのお手紙でした」
小嶋菜月「ありがとう」
名取稚菜「李奈の生誕祭には菜月がお手紙書いたんだよね」
小嶋菜月「そうなんですよ。私が、やっぱお手紙ってすごい難しくて、1週間以上かかっちゃって。でもりっちゃんから手紙がきてくれてすごい嬉しいです」
名取稚菜「李奈にね、メールしたの。手紙書くの?って。そしたら「うん!」とか言って、すっごい張り切ってたの」
小嶋菜月「良かった」
名取稚菜「だから、すごいいいなって思いました」
小嶋菜月「ありがとうございます、嬉しい」

名取稚菜「今年の18歳になってからの抱負ってありますか?」
小嶋菜月「抱負は、去年の17歳の1年はファンの方にすごい支えてもらった1年で、今りっちゃんも手紙に書いてたけど、どんどんみんなが先に昇格して行って、私は研究生で、すごい落ち込んだ時期とかもあったりして、メールとかでも謝ったりしたんですけど、ファンの方が謝らなくていいよとか、そのままのなっつんでいいよとか言ってくれて、それがすごい私の励みになっていたので、18歳の1年はファンの方に喜んでもらえるような報告をたくさんできる1年にしたいなと思います」

名取稚菜「なんか、「タンポポの決心」で、すごい最後さ、「なっつん」っていうコールがすごいいっぱいあって、すごいあったかかったんですけど」
小嶋菜月「サビでみなさんがなっつんって言ってくれて。ファンの方で泣いてくれてる方もいてくれて」
名取稚菜「私も泣きそうだったよ」
小嶋菜月「私も泣きそうになっちゃって、すごい堪えたんですけど、やっぱり優しい方が、ファンの方がいてくれて、とても嬉しいです」
名取稚菜「そんなファンの方に今日の開いていただいたお礼とひと言お願いします」
小嶋菜月「今日は生誕祭を開いていただき、ほんとにありがとうございました。私はそうですね、まだチームBでも昇格しても自分のポジションがもてなかったり、いろいろポジションをやらせていただいて、こうやって公演に出させていただいているんですけど、それでもファンの方は私のことを応援してくれて、いつか選抜に入れることを夢見てるよって言ってくれてる方もいるし、私よりも私の未来のことを心配してくれて考えてくれて、期待してくれてるなってすごい思います。なので18歳の1年はお仕事の幅も18歳ということで広がると思うので、もっともっといろんなお仕事をもらえるように、そしてAKBの中でも上に行けるように、あと、あっ、次世代って呼ばれるようにがんばりたいと思います。とにかく、がんばりますので、みなさんにたくさんいい報告をできるように、今年も1年がんばりますので、みなさん今年も応援よろしくお願いします」客、拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます、がんばります」
名取稚菜「がんばりましょう、一緒に。がんばろうね」
小嶋菜月「がんばります」

# ケーキ片付け

名取稚菜「じゃ~、最後の挨拶を菜月が言ってくださいね」
梅田彩佳「言い足りないことないですか? なっつんのファンってすごい熱狂的な人多いんだね。ワーって盛り上がってくれて」
藤江れいな「優しくて温かいですね」
名取稚菜「誰かさ、暗くなった時「なっつんハッピーバースデー」って」
小嶋菜月「すごい嬉しいです」
梅田彩佳「ペンライトに1個1個リボンを結んで、手痛かっただろうにね、何個もやって」
メンバーたち「かわいい」
小嶋菜月「ありがとうございます」
梅田彩佳「やってくれてるんですよ、きっと。私たちが見えないところでファンの方やってくれてるので、ありがたいですね」
小嶋菜月「がんばるのでお願いします。ありがとうございます」

梅田彩佳「じゃ~、最後の挨拶しますか?」

# バックダンサー → 列の端に加わる

# 手繋ぎ挨拶 / 小嶋菜月センターにて「せ~の、せ~の」バック前進お辞儀 (客、拍手)

# BGM → そこで犬のうんち踏んじゃうかね? / メンバーたち手を振りながら捌ける

小嶋菜月「ありがとうございました。みんな大好き」
小森美果「大好き」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー全員と / チームBメンバーの後にバックダンサー


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
3月25日(月)「梅田チームB」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 名取稚菜&小嶋菜月

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
石田安奈
石田晴香
市川美織
岩佐美咲
梅田彩佳
大場美奈
大家志津香
柏木由紀
片山陽加
加藤玲奈
小嶋菜月
小嶋陽菜
小森美果
島崎遥香
竹内美宥
田名部生来
中村麻里子
名取稚菜
野中美郷
藤江れいな
山内鈴蘭
渡辺美優紀


dTVチャンネル