HKT48研究生「PARTYが始まるよ」100回記念公演 (2013/03/16、HKT48研究生)

HKT13031602.jpg

HKT48劇場 / HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 100回目

17時開演 / 18時41分終演


■出演メンバー
秋吉優花・安陪恭加・井上由莉耶・今田美奈・宇井真白・上野遥・梅本泉・岡本尚子・草場愛・駒田京伽・坂口理子・田中優香・谷真理佳・冨吉明日香・渕上舞・山田麻莉奈

※深川舞子・伊藤来笑・岩花詩乃・岡田栞奈・神志那結衣・後藤泉の6名は1曲のみ



■公演前の陰アナ
山田麻莉奈「みなさん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「ありがとうございます。去年の9月30日から始まった私たちHKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演、これまで1人1人いろんな経験をしながら成長してきました。今日はその成長した姿をみなさんに見ていただきたいと思います。それではみなさん今日も1日たかまりり。以上、HKT48研究生、まりりこと山田麻莉奈でした。間もなく開演です」客、拍手


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
梅本泉「みなさんこんばんは! HKT48」
みんなで「研究生です」客、拍手

梅本泉「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」が始まりました!」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

梅本泉「PARTYが始まるよ・Dear my teacher・毒リンゴを食べさせて、3曲続けて聴いていただきました。ここからは本日のお題に沿って1人1人自己紹介をさせていただきます。本日のお題はこの半年で成長したと思うことです」

【1列目 下手側から順に】
渕上舞「福岡県出身、16歳、高校1年生のピーマンが大好きなまいちゃんこと渕上舞です」

「私はですね、本当にレッスン当初は体力が全然無くて。500ミリリットルのペットボトルのお水を4本飲んでいたんですけど、1日で。それぐらいすぐ水分不足になってしまってたんですけど、最近は体力がついてきて、そんなに4本もペットボトル使わないぐらいの水分で元気いっぱいパフォーマンスができるので、これからも元気いっぱいパフォーマンスをしていきたいと思います」

上野遥「福岡県出身、中学1年生の13歳、リンゴジュースが大好きなはるたんこと上野遥です」

「私がこの半年で成長したなと思うことは髪の毛なんですけど、1年前に髪切り屋さんで」客w
宇井真白「美容室じゃない?」
上野遥「同じことなんですけど、私は髪切り屋さんって言ってるんですけど、髪切り屋さんで肩まで切って欲しいとお願いしたんですけど、その髪切り屋さんにテレビがついていて、真剣に見ていたら、髪の毛がすごく短くなっていて。想像してたより短かったので、後悔したんですけど、ここ最近というか、けっこう半年ぐらいずっと伸ばしてたんですけど、いろんな人から「髪の毛伸びたね」って言われるようになって、今で言うと井上由莉耶ちゃんぐらい1回は伸ばしてみたいなと思っています」

梅本泉「福岡県出身、15歳、今田さんのつむじが見てみたい、ちぃずこと梅本泉です」

「私がこの半年で成長したと思うことはですね、身長って言いたかったんですけど、ウソは言えないので、私はダンスのスキルが上がったんじゃないかなと思います。私ですね、ダンスほんと初心者で、全然みんなについていけてなかったんですが、今は自分の個性も出せてるような気がします。なのでこれからもパフォーマンス力をどんどんあげて、みんなにもっと見ていただけるようにがんばりたいと思います」

井上由莉耶「福岡県出身、中学1年生の13歳、猫が大好きなゆりやこと井上由莉耶です」

「私が成長したと思うことは緊張に強くなったということなんですけど。私オーディションの時に、ものすごく人生で一番って言ってもいいほど緊張してて、そのオーディションが終わった後に学校でみんなの前で発表するのがあったんですけど、その時、私はすごく緊張するんですけど、オーディションのすごい緊張の後であんまりしなかったんですよ。そして、このステージに立たせていただいたりするにつれて、どんどん緊張に強くなっていったので、これからももっともっとどんどんいろんなことを、いろんなパフォーマンス力とかこの公演でもいい緊張をもって、できるようになりたいです」

山田麻莉奈「福岡県出身、高校は卒業しましたが3月31日までは女子高生、まりりこと山田麻莉奈です」

「私が成長したなと思うことは由莉耶ちゃんと同じで、私もすっごく緊張グセがあって、クラスのみんなの前で話すのもちょっと緊張しちゃうぐらいすごく緊張グセがあったんですけど、今もうこうやってみんなの前で話せているので、そこは成長できたかなと思います。でも、まだバラエティ力をもっと身につけていきたいです」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から順に】
田中優香「福岡県出身、みんなの妹になりたい12歳、小学6年生のゆうたんこと田中優香です」

「私の半年間で成長したなーって思ったことは跳び箱の四段が跳べるようになったことなんですけど」客w

「私はスポーツがだいたい好きで、でも跳び箱だけは全然できなくって、友達やクラスメイトたちが六段七段八段まで行ってるのに、私だけずーっと四段で、四段=田中の跳び箱ってなってたんですよ」客w

「でも体育の時にずーっと練習してたら遂に四段が跳べるようになって、すごく成長したなーって自分でも思いました」客、拍手

宇井真白「福岡県出身、13歳、ビーフジャーキーが大好きなましろこと宇井真白です」

「私が成長したなと思うのは自分の名前を言えるようになったことなんですけど、一番最初、初めてみなさまの前で自己紹介をした時に自分の名前をものすごく噛んでしまったんですけど今日はちゃんと言えたので、これからもちゃんと自分の名前を言えるようにしたいと思います」

秋吉優花「福岡県出身、小学6年生、12歳のみかんが大好きなゆかちゃんこと秋吉優花です」

「私が成長したなと思ったことはちょっと苦手な食べ物が食べれるようになったことです」
メンバーたち → 反応 (客w)
秋吉優花「私はちょっと苦手な食べ物がいろいろあるんですけど、ブロッコリーが食べれなくて」客w
安陪恭加「ブロッコリー食べれないの!?」
秋吉優花「そうだったんです。でもこの前ブロッコリーの天ぷらを作ったらちゃんと食べることができたので、成長できたなと思いました」客、拍手
安陪恭加「誰のお陰?」
秋吉優花「安陪さんのお陰です」客w

谷真理佳「福岡県出身、17歳、今日は顔もプリティー、そして心も晴れ模様! まりかこと谷真理佳です」

「(妙な手つきと共に)あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す。私が半年で成長したことはですね、そう、なんと言ってもこの美貌と清楚な心!ですね」
秋吉優花「谷さん、あの本題に入ってください」客、爆笑&拍手
谷真理佳「ちょっと、優花ちゃん。わかった、入るね」客w

「そう、折れない心です」客w → 拍手

「そうなんです。やっぱり、私いろいろ劇場公演とかに出演させていただいたり、いろいろテレビとかに出演させていただいたり、ちょっといろいろなことがあって、今いるんじゃないかなって思います。そしてね、なんと言ってもね、みんな、みんなのつっこみで生きてるんじゃないかなと思います」客w

冨吉明日香「やり辛い」客w
谷真理佳「ちょっとどういうことよ」
冨吉明日香「宮崎県出身、15歳、中学3年生のあすかこと冨吉明日香です」

「(しっとり口調)私が成長したと思うこと」客w
メンバーたち「何?何?」
冨吉明日香「それは、いろんなことがありました。でもやっぱり家族と共に過ごしてきた半年間だったなと思います。家族。長女、冨吉明日香」
秋吉優花「次女、秋吉優花」
坂口理子「母、坂口理子そして夫、渕上舞」
谷真理佳「そしてペット・・・」
冨吉明日香「この4人で私たちは (谷をスルー)」客w&拍手

「家族として、がんばってきました」
谷真理佳「あの、ちょっとインコは?」
冨吉明日香「この4人の家族としてがんばってきました。どんなに辛いことがあってもこの4人で乗り越えてきました。知らない方もたくさんいると思います。でも私たちはどんなに人に忘れられても強い絆で繋がっています。そう」
冨吉明日香・秋吉優花・坂口理子「繋がっている」客w
冨吉明日香「ハイ、今日は1日よろしくお願いします」

駒田京伽「ごめん、ほんとにやり辛いんだけど」

宮崎県出身、高校1年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「ほんとうるさいね、ほんとに」客、軽くw

「私が成長したなと思うことはですね、アニメ好き活動なんですけど。けっこう前からアニメは好きだったんですけど、やっぱみんなと交流していくうちに尚子ちゃんとかまりりとか私とかで」
谷真理佳「あー、ちょっともう1人忘れてる」
駒田京伽「アニメショップに(谷をスルー)」客w

「行く機会がすごく増えたので、これからもっともっとアニメ活動、そうアニ活をしていきたいと思います」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から順に】
今田美奈「今日暴れるね、谷さん」客w

「福岡県出身、16歳のみなぞうこと今田美奈です」

「私が半年間で成長したことはですね、MC力じゃないかなって思ってるんですけど、いろいろな番組とかに出させていただいて、あるあるYYテレビとかすごい出させていただいたんですけど、その中で芸人さんからつっこまれて、いろいろ成長したんじゃないかなと思うんですよ。そして月曜日ですね、ウーマンラッシュアワーさんとなつみかんと私であるあるYY劇場であるので」客、拍手
坂口理子「宣伝ですか?」
今田美奈「ぜひみなさんお越しください」

草場愛「福岡県出身、17歳、高校2年生のソフトバンクホークスが大好きなまなみんこと草場愛です」

「私が成長したと思うことは、やっぱり緊張して泣かなくなったことですね。前は緊張したらすぐ泣いていて、周りのメンバーに「愛なら大丈夫だよ」って子供をなだめるような感じですごいあやされてた感じがするんですけど、今は涙目にはなってしまうんですけど、泣かなくなったので、それが成長したなと思います。これから、もっとめんどくさい女にならないようにがんばりたいと思います」

坂口理子「福岡県出身、31日までは花のJK♪ りこぴこと坂口理子です」

「私が半年で成長したと思うことはですね、やっぱりメンタル面で強くなったんじゃないかなと」
草場愛「セクシーじゃないの?そこは」客、軽くw
坂口理子「いえいえ。メンタル面で強くなったんですよね。(しっとり口調)HKTに入った理由は王道アイドルになりたかったから入り、と言いつつも私は自分でセクシー担当なんて名乗っちゃってます。だけど・・・」客w

「みんなにセクシーじゃないと何を言われようと私はそれを推していきたいし、みんなで一緒にがんばっていきたい。これからもHKT48研究生24名をよろしくお願いします」

岡本尚子「福岡県出身、高校1年生、16歳のアニメと酢もつがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」

「私がこの半年間で成長したと思ったことはですね、今まで食べれなかった焼き肝を食べれるようになったんですけど。今まで焼き肝の匂いがダメだったんですよ。で、この間宮崎にイベントに行かせていただいた時に帰り道にそれを初めて食べたんですよ。そたら、おっ、これ意外にめっちゃ美味しいじゃんと思って、もう箸が進む進むで。すごくそれを食べれるようになったので、あっ、一歩大人になったなと思いました。で、次に狙ってるおつまみはチャンジャ? よくわからないんですけど、キムチの美味しいおつまもがあるそうなので、それを食べれるようになりたいと思います」

安陪恭加「ブロッコリーの天ぷらが大好きな福岡県出身、15歳、きょうかこと安陪恭加です」

「私は朝目覚ましの音が聞こえるようになったことなんですけど」客w

「前まで全然聞こえなくて。ほんとに朝1人で起きられなかったんですけど、最近ちょっとずつ聞こえるようになって、今では1人で起きられるようになったので、ちょっと成長したのかなと思います」

今田美奈「ということで、HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」以上のメンバーでお送りします。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.スカート、ひらり (上野遥・梅本泉・渕上舞・井上由莉耶・山田麻莉奈)
◆M05.クラスメイト (冨吉明日香・田中優香・谷真理佳・秋吉優花・宇井真白)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (坂口理子=キーボード・岡本尚子=ボーカル)
◆M07.キスはだめよ (駒田京伽・今田美奈・草場愛)
◆M08.星の温度 (梅本泉・冨吉明日香・上野遥・安陪恭加)

■MC
# M08「星の温度」以外のメンバー、ステージへ

今田美奈「みなさん、まだまだ盛り上がっていきましょう!」

「今日のお題はメンバーの優しさを感じる時。ほぼ毎日一緒にいるからあると思うので」

草場愛「私はぴーちゃんに」
駒田京伽「ありがとう」
草場愛「私、けっこうメンバーにツンデレって言われてて、特にたぶんぴーちゃんにはツンデレしてるんですけど」
渕上舞「ツンデレラだよね」
草場愛「してるんですけど、ぴーちゃんはいつも嫌がらないで対応してくれるから」
駒田京伽「これは対応の仕方があるんだよ」
メンバーたち「何?何?」「対処法みたいな」
駒田京伽「まず(草場が)なんかチョッカイを出します。「わかった、かわいいね」って言ったら、それで「ちょっとぴーちゃん嫌だ」って言うんですね。それで、その次の言葉が「あ、じゃ~もういい」って」
メンバーたち「1回引くんだね」
駒田京伽「そしたら「ごめーん」って言ってくるから、みんなも試したほうがいい」
草場愛「ペットみたいに扱われてるんだけど」
今田美奈「なんか勉強になるわ、そういうの」
草場愛「なんで今田さん・・・」
谷真理佳「私も勉強になりました」
草場愛「真理佳にデレたことない」
坂口理子「真理佳を扱うほうが難しい」客w

今田美奈「じゃ~、ほかに」
メンバーたち「ハーイ」
谷真理佳「ハイ!ハイ!ハイ!」その場で駆け足(客w)
今田美奈「はい、どうぞ」
谷真理佳「真理佳こと谷真理佳です。あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」客、軽くw

「私がメンバーに優しさを感じた時はですね、メンバーはいっつも私が辛い時、悩んでる時に一緒にいてくれたかけがえないそん、、」客w
メンバーたち「えっ?そこが?」「あーあ」
谷真理佳「かけがえない存在です。けどね、1つ言いたいことがあるの。あのさ、メンバーと一緒に集合写真撮る時あるじゃん。私いっつもその時カメラマン係なの」客w
今田美奈「いつも入れないの?」
谷真理佳「そうなんです。いっつも撮る係なんです」
坂口理子「真理佳はぐぐたすで十分詐欺ってるから大丈夫だよ」
谷真理佳「違うの。たぶん詐欺れるんじゃなくて、たぶんかわいいから勝手にかわいくなっちゃう」
今田美奈「いや、本物の10倍ぐらい詐欺ってます」客w
谷真理佳「ちょっとどういうことですか?」

駒田京伽「私はもちろんまなみんも優しいんだけれども、ここは理子ちゃん」
坂口理子「やったー!」
草場愛「振られた感じ」客、軽くw
駒田京伽「違う。そういうのじゃなくて。すごくノリが良い。私がなんか、2人とも起きてるのにいきなり「寝起きドッキリせん?」って言ったら「いいよ」って言って、寝てくれるんですよ」客w
メンバーたち → w
駒田京伽「そっから、バックの中とか見て「あっ、なんとか入ってますね。あっ、寝てますね」って、ちゃんと寝てるふりもしてくれて、起こしたら今起きたような感じで「あっ、おはようございます」みたいに」
今田美奈「大変ね、それやるほうも」
坂口理子「でもぴーちゃんも私のトイレにいっつもついてきてくれるし、優しいとこいっぱい。トイレの帰りに24ごっこって言って、ジャック・バウアーの振りをして」客w

「2人で戦ってるんだよね」
今田美奈「マジ18歳ですか?ほんとに」客w
坂口理子「楽しいからいいです」

井上由莉耶「私はいっつもみんな優しいなと思ってるんですけど」
谷真理佳「ありがとう!」客、軽くw
井上由莉耶「特に気が利く・・・」
草場愛「(谷に)ちょっと黙って」客w
井上由莉耶「特になおぽんがすごく」
岡本尚子「(谷をマネて)いや、そんなことないよ~
メンバーたち「真理佳みたい」「やめて」
坂口理子「真理佳よりかわいい」
谷真理佳そんなことないよ~
今田美奈「もういいから」客w
井上由莉耶「それで、この前劇場の前に飾ってあるボードがあるじゃないですか。それを3人で毎回描くんですけど、まだ準備ができてなかったりとかして、メンバーが3人じゃなくて1人とか2人とか描いてる時になおぽんが「まだいないなら描いてあげるよ」って手伝ってくれるんですよ」
メンバーたち「優しい」
今田美奈「今までのメンバーとは違った優しさやね。特殊過ぎたよね、ほかの子」客w
谷真理佳「ちょっと」
井上由莉耶「でも、だからそんなみんなにお母さんと呼ばれるのかな」
メンバーたち「あー」
坂口理子「おつまみばっか食べるしね」
今田美奈「なんか美奈も1期生のメンバーから博多の母とか言われてるから」
メンバーたち → 反応
今田美奈「博多の祖母でいいんじゃないかな?」

「じゃ~、最後に何かある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 「星の温度」メンバー、ステージへ
メンバーたち「おかえり」

梅本泉「私が優しいと思ったメンバーはですね、今田さんなんですけど。あの、ほんとにまだ全然初めてのPARTY公演のレッスンの時にですね、ほんと全然知らなくて、その時に私がわからなかったことをスっと救いの手を差し伸べてくださいましてですね、その時、私は今田さんが神様に見えましたね」
今田美奈「やった。美奈はその時にね、ちぃずがこけしに見えた」客w
メンバーたち → w
今田美奈「ちっちゃい。この子かわいいなーとか思いながら、まだ名前も知らなくて、2期生。だからすごいかわいいこけしちゃんだなと」
誰か「座敷童子ともう1コできたね」
梅本泉→呆然(客w)

渕上舞「今日はメンバーに優しさを感じた瞬間について話したんですけど、やっぱり私たちはほぼ毎日一緒にいて、すごく近くにいて、家族みたいな存在なんですけど、どんな時も一緒に手を取り合って、助け合って、活動していきたいと思います」

「それでは次の曲聴いてください。桜の花びらたち」


◆M09.桜の花びらたち


井上由莉耶「私たちはこれから夢に向かって一歩一歩進んで行きます。私たちの成長を見守ってくださると嬉しいです。それでは次が最後の曲になります。聴いてください。青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
発動客「本日は研究生公演100回の記念公演です」客、拍手

「夢に向かって全力でがんばっている研究生たちに今日は全員のメンバーコールでアンコールをしたいと思います!」客、拍手

「よっしゃー、アンコールいくぞー!」客、拍手

きょうか → みなぞう → まいこ → ゆかちゃん → らいら → ゆりや → しのちゃん → ましろ → はるか・・・ → ちぃず → おかぱん → なおぽん・・・ → まなみん・・・ → じーな → いーちゃん → ぴーちゃん → りこぴ → める → ゆうたん → まりか → あすか → みお → まいちゃん → まりり

その後「HKT」「48」コール


梅本泉「アンコールありがとうございます」

◆M11.HKT48
◆M12.スカート、ひらり


渕上舞「アンコール1曲目「HKT48」、2曲目「スカート、ひらり」を聴いていただきました。HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」次が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。今日という日を忘れずに心を込めて歌います。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M13.桜の花びらたち


梅本泉「みんな、本日は最後まで一緒に私たちと盛り上がってくださりありがとうございます。感謝の気持ちを込めて、もう1曲だけ披露させてください」

# メンバーたち所定の位置へ

梅本泉「それでは聴いてください。スキ!スキ!スキップ!」


◆M14.スキ!スキ!スキップ!


梅本泉「スキ!スキ!スキップ!を研究生バージョンで聴いていただきました。3月20日に発売される私たちHKT48待望のデビューシングルです。残りあと4日に迫りました。みんなぜひ チェックしてください。よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

今田美奈「そして、48グループはこれまでいろいろな復興支援活動を行ってきた中で、「誰かのために」「風は吹いている」の2曲を歌わせていただきました。これから披露する曲は復興支援の為に作られた新しい楽曲です」

「それでは聴いてください。掌が語ること」


◆M15.掌が語ること


今田美奈「さてみなさん! 今日はまだまだ盛り上がっていきましょう!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

今田美奈「そうです、今日はですね、研究生公演「PARTYが始まるよ」100回目ということで」
メンバーたち「おー」客、拍手
今田美奈「みなさんまだまだ盛り上がる準備できてますか?」客「イェー!」
メンバーたち「ありがとうございます」

今田美奈「それでは聴いてください。せ~の」
みんなで「BINGO!」


◆M15.BINGO! (22名 ※深川舞子・伊藤来笑・岩花詩乃・岡田栞奈・神志那結衣・後藤泉も出演)


今田美奈「BINGO!を研究生バージョンで聴いていただきました。本日は残念ながら24人で披露することはできなかったのですが、研究生24人は夢に向かうことはみんな同じです。そして100回を迎えられたのもいつもみなさんが支えてくださるからだと思っています。そしてHKT48シアターは私たちの原点です。これからもこの場所を大切にして、みなさんと楽しい公演を作っていきたいなと思います。これからも応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

梅本泉「みなさん、本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 梅本泉 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 梅本泉「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、バック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM:桜の花びらたち / メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と


■率直な感想 (私見)
梅本泉さんは初期の頃からずっとダンス経験者かと思っていた。ダンス初心者だった知って、驚いた。
最近は振り1つ1つに、そして表情にも少しずつ味が出てきたように感じる。

今日はというか、今日もというか、秋吉優花さんがおもしろかった。ブロッコリー話や、年上の谷真理佳さんにつっこんだり。あと冨吉明日香さんをはじめとした家族ネタもおもしろかった。

最後に100回目ということで、今日出演予定ではなかった研究生6名も出演し、田島芽瑠さん&朝長美桜さん以外の研究生総勢22名でBINGO!を披露した。その加わった6名、上手と下手の端のほうに3名ずつ。この1曲だけの出演だったので、もうちょいセンター寄りで歌わせてあげたかったかなと。


昨年9月30日から始まった研究生公演、今日で100回目を迎えた。
研究生24名いて、ステージに立てるのは16名。毎回違うメンバーで公演を行っているが、毎回チームとしてのまとまりがあり、そして素晴らしい公演を見せてくれる。メンバーのGoogle+に「定員割れ」など書かれてあったが、メンバーたち、ステージでしっかり発信できてるので、そんなに私は心配していない。キャンセルが多い日があるというのもたしかに事実だけれども、100回も公演を行っていれば、少なからずあるものではないかなと思う。定員割れは本店劇場も、難波の劇場も、ある話なわけで。特に博多の劇場は市街地から離れた場所にあり、かつ、最寄駅からも離れた場所で、平日18時30分開演というのは社会人には厳しいわけで。

メンバーたち、いつもより長くミーティングをして、これからの公演について話し合ったそうで。
定員割れは必ずしも内容によるものではないと思うわけだけれども、でも件をきっかけに、更に成長できればいいんじゃないかなと思う。

以上


■復興応援ソング「掌が語ること」無料配信中
AKB48公式サイト「誰かのために」プロジェクトにて、無料配信中

http://www.akb48.co.jp/darekanotameni/


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
3月16日(土) 研究生「PARTYが始まるよ」公演

公演後の感想 → 本日出演した22名が参加

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

◆DMMメンバー別プロフィール&配信中公演一覧
安陪恭加
今田美奈
深川舞子
秋吉優花
伊藤来笑
井上由莉耶
岩花詩乃
宇井真白
上野遥
梅本泉
岡田栞奈
岡本尚子
草場愛
神志那結衣
後藤泉
駒田京伽
坂口理子
田島芽瑠
田中優香
谷真理佳
冨吉明日香
朝長美桜
渕上舞
山田麻莉奈





カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ