中田花奈1st写真集 new2.gif / 鈴木絢音1st写真集 new2.gif / 梅澤美波1st写真集 new2.gif

【SKE48劇場】 東日本大震災復興支援特別公演 (2013/03/11)

東日本大震災復興支援特別公演「誰かのために」プロジェクト2013

■出演メンバー
チームS:
大矢真那・加藤るみ・木崎ゆりあ・鬼頭桃菜・木下有希子・桑原みずき・菅なな子・須田亜香里・高田志織・出口陽・中西優香・平松可奈子・矢神久美

チームKII:
赤枝里々奈・阿比留李帆・井口栞里・石田安奈・小木曽汐莉・加藤智子・後藤理沙子・佐藤聖羅・佐藤実絵子・高柳明音・秦佐和子・古川愛李・松本梨奈・向田茉夏・矢方美紀・山田澪花

チームE:
磯原杏華・上野圭澄・内山命・梅本まどか・金子栞・木本花音・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・柴田阿弥・高木由麻奈・竹内舞・都築里佳・原望奈美・古畑奈和・山下ゆかり

研究生 (3~5期生):
市野成美・犬塚あさな・岩永亞美・江籠裕奈・大脇有紗・小林絵未梨・新土居沙也加・日置実希・藤本美月・二村春香・松村香織・水埜帆乃香・宮前杏実・山田みずほ

研究生 (6期生):
青木詩織・東李苑・井田玲音名・伊藤茜・折戸愛彩・鎌田菜月・北川綾巴・北野瑠華・北原侑奈・熊崎晴香・後藤真由子・空美夕日・竹内彩姫・野口由芽・日高優月・矢野杏月・山田樹奈・山本由香

※総勢77名



■VTR (被災地支援活動)

◆M01.風は吹いている (S:大矢真那・木崎ゆりあ・桑原みずき・須田亜香里・平松可奈子・矢神久美 / KII:石田安奈・小木曽汐莉・高柳明音・秦佐和子・古川愛李・松本梨奈・向田茉夏・矢方美紀 / E:木本花音・金子栞)


■MC
高柳明音「みなさんこんばんは」
みんなで「SKE48です」客、拍手

高柳明音「1曲目は「風は吹いている」を聴いていただきました。先ほどみなさんにも映像で見ていただいたように、2011年3月11日午後2時46分に東海地区(※東日本)に大きな大震災が襲いました」
大矢真那「被災地の復興を少しでもお手伝いしたいと私たちAKB48グループは「誰かのために」というプロジェクトを立ち上げました」
矢神久美「今夜の公演は東日本大震災復興支援特別公演「誰かのために」プロジェクト2013とし、2年前の3月11日に起きた東日本大震災の復興を祈って行いたいと思います」
高柳明音「それでは、まずはじめにみなさんご一緒に黙祷をさせていただいたと思うのですけど、帽子のほうを被られているお方は脱帽のほうをよろしくお願いします。ありがとうございます。ご起立願います」

「黙祷」



# 約1分間



高柳明音「ありがとうございます。ご着席ください」

「ここからは私たちの笑顔と全力のパフォーマンスをお届けしたいと思います」客、拍手

小木曽汐莉「それではみなさん、この後も曲は続きます」

向田茉夏「東日本大震災復興支援特別公演「誰かのために」プロジェクト2013、続いてはこの曲です」


◆M02.愛の数 (KII)
◆M03.手をつなぎながら (S:大矢真那・加藤るみ・木崎ゆりあ・鬼頭桃菜・木下有希子・桑原みずき・菅なな子・須田亜香里・高田志織・出口陽・中西優香・平松可奈子・矢神久美 / 研:市野成美・二村春香・宮前杏実)
◆M04.To be continued. (E)
◆M05.桜の花びらたち (3期~5期研究生)

■MC
高柳明音・須田亜香里・中西優香・佐藤聖羅・古川愛李・金子栞・木本花音・斉藤真木子・古畑奈和

須田亜香里「ここまで、愛の数・手をつなぎながら・To be continued.・桜の花びらたち、4曲続けて聴いていただきました。ありがとうございます」客、拍手

高柳明音「先ほど2011年3月11日に「東海地区で」と誤って言ってしまいました。本当に申し訳ございませんでした」

中西優香「ということでですね、花音はこの間、宮城県気仙沼の復興商店街に行ってきたんだよね? どうでしたか?」
木本花音「本当にすごく商店街のみなさん笑顔でがんばっていらっしゃったんですけれども、バスの中から気仙沼の様子を見てて、やっぱりまだまだ復興してないところもたくさんあったので、もっともっと今まで以上に復興に向けて、協力していけたらいいなっていう風に思いました」
金子栞「私も花音と一緒に被災地のほうに行かせていただいたここがあるのですけど、その気仙沼のみなさんの笑顔ですごい私たちのほうが元気をもらって帰ってきてしまったので、これからもっともっと復興に向けて力になれたらいいなと思います」

中西優香「ほかにも何人か」
古畑奈和「私も宮城県に行かさせていただいたんですけど、まだ線路に瓦礫(がれき)が無造作に積んだ状態だったり、あと数年後にしかまだ電車が動かなかったりと、思わされることが、考えさせられることとかたくさんありました」

須田亜香里「私もですね、宮城県の山元町とこおり町(亘理町?)のほうに行かせていただいたんですけど、それはもう1年半前なんですけど、その時に出会った子たちとか、男の子とかが今私たちに、亜香里に「あの時のボクです。元気ですか? ボクも元気です」というお手紙をくださったりとか」
中西優香「そうなんだ」
須田亜香里「そういうことも、出会いもあったりして、こっちがほんとに勇気をいただいたりとかする度に、復興に向けて、心の復興に向けて私たちは何かできることがあるんじゃないかなと思って、改めて気づかされます」
古川愛李「何人かね、メンバーの中でもまだ何人かね、現地に行けてない子も、私も含めてたくさんいるので、これからね、もし行ける日があったら行って、行けない日とかもあったら、こっちでもね、名古屋でもできることをいろいろね、できたら嬉しいなと思います」客、拍手

佐藤聖羅「ということでですね、私たちまだまだできることはたくさんあると思います。これからも1人でも多くの方に笑顔になっていただける活動を続けていきたいと思います。そしてですね、今日ご来場いただいたみなさまと私たちメンバー全員が力を合わせて、被災地に願いを込めて、横断幕を作成させていただきました。ご協力いただいたみなさん、ほんとにありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

佐藤聖羅「それでは公演はまだまだ続きます。続いての曲はこちらです」


◆M06.強き者よ (S:大矢真那・加藤るみ・木崎ゆりあ・鬼頭桃菜・木下有希子・桑原みずき・菅なな子・須田亜香里・高田志織・出口陽・中西優香・平松可奈子・矢神久美 / 研:市野成美・二村春香・宮前杏実)
◆M07.1!2!3!4! ヨロシク! (KII)
◆M08.チョコの奴隷 (E)


■MC
加藤るみ・木崎ゆりあ・高柳明音・小木曽汐莉・矢方美紀・向田茉夏・佐藤実絵子・秦佐和子

矢方美紀「強き者よ・1!2!3!4! ヨロシク!・チョコの奴隷、3曲続けて聴いていただきました」

木崎ゆりあ「2年前の震災から2ヶ月後の5月の22日からAKB48グループは被災地にてステージトラックを使ってのライブや握手会を始めました。SKE48のメンバーも何名か参加させていただいたメンバーがいます」

佐藤実絵子「ここにいるメンバーの中でも、しゃわこや茉夏、おぎちゃんと明音が実際に被災地で活動させていただくことができたんですけども、明音とかどんなこと実際に感じましたか?」
高柳明音「私は岩手県のほうに行かせていただいたんですけれども、やはりテレビとかで見ていると、悲しくなって、すごく行って、みんなに笑顔をどれだけ届けられるんだろうってすごく心配だったんですけれども、実際行ってみると、みんなの笑顔のほうがすごく輝いてて、私たちが思っているよりもっともっとまっすぐ上を見ているんだなと思って、笑顔も、私たちも届けることができたし、いただくこともできて、すごく心に残る1日でした」
佐藤実絵子「そうだね、さっき実際に映像を見ても特にちっちゃいお子さんの笑顔がすごく弾けてて印象に残ったよね」

「しゃわこはどうですか?」
秦佐和子「私もほんとにちゅり先輩がおっしゃった通りにみなさんすごく元気で笑顔でいらっしゃったので、震災から5ヶ月経った8月に行かせていただいたんですけれども、もう復興しつつあるのかなと思ったんですが、まだまだバスの中から見える景色は見通しが良過ぎるほどで、まだまだ瓦礫もたくさん積もっていて、そのなんて言うか、そんな状況なのにみなさんそんなに元気であることにすごく胸を打たれて、私も元気づけられました」
佐藤実絵子「やっぱ今日はね、こうして2年っていう時間が経ったけど、それでもたぶんまだ復興してない地域もいっぱいあるだろうし、でもそういうの実際しゃわことか見て、それを今日こうして名古屋のお客さんにも伝えられたのはすごいいいことだったよね」

「じゃ~、茉夏もどうぞ」
向田茉夏「そうですね、私はおぎちゃんと一緒に宮城県の気仙沼市に訪問させていただいたんですけど、やっぱり私たちは笑顔とか元気をお届けする立場だったんですけど、やっぱりどこかちゃんとお届けできるかなっていう不安もあったりしたんですけど、でもほんとに私たちのこと見に来てくださったみなさんがすごい泣いて喜んでくださる方もほんとにたくさんいて、ほんとにたくさんの方の笑顔を見ることができてほんとに良かったなってすごく心から思いました」

佐藤実絵子「やっぱこういう活動をSKEも、メンバーももちろん行かせていただいたんだけど、やっぱAKBのメンバーの方とかも一緒にやってるじゃない。そういうところでも、私たちもみんなで力を合わせてっていうか、そういう活動ができてすごいいいなと思うのですけども、どうでしょうか? るみとかも今日実際ステージに立ってみてどうでしたか?」
加藤るみ「私はやっぱりテレビとかでしか見ることができてなくて、被災地とかも行けなかったので、こうやってSKEの一員として、こうやってみんなでパフォーマンスできて、みんなを笑顔にできたら嬉しいなと思います」
佐藤実絵子「なんか始まるまでは今日名古屋でステージに立って、それってどうなのかなって思うことも私もあったんだけど、でも実際こうやって名古屋のみなさんにも忘れないでっていうメッセージが届けられるのってすごいいいなって私は思いましたね」
小木曽汐莉「こうやって私たちもこっから届けることもできますし、実際にSKE48メンバーも何名か被災地に赴き、そこで出会ったたくさんの笑顔に逆に私たちのほうが励まされることもたくさんあって、まだまだこれからだなと思います」

高柳明音「被災された地とは遠いかもしれませんが、みなさんのために、心を込めて歌わせていただきたいと思います。それでは続いての曲聴いてください。誰かのために」


◆M09.誰かのために (M1~M9の出演者全員)


矢神久美「誰かのためにを聴いていただきました」

古川愛李「震災から2年が経ち、人々の記憶から薄れていき、話に上がることも少なくなってきました。改めて私たちに何ができるかと考えた時、この劇場でみなさまに歌って踊って、笑顔を届けることだと思いました。これからもこの気持ちを忘れずに続けていきたいと思います」客、拍手

高柳明音「ありがとうございます。続いての曲が最後になります。今まで復興支援ソングとして代表は「風は吹いている」「誰かのために」を歌っていましたが、今回新しくまた復興支援ソングとして新たな曲が生まれました。歌詞のほうを用意させていただきましたので、ぜひみなさんよろしければ歌ってください。それでは最後に聴いてください。掌が語ること」


◆M10.掌が語ること (6期生含む本日の出演者全員)


向田茉夏「ありがとうございました。今聴いていただきました「掌が語ること」ですが、「誰かのために」プロジェクト特設サイトにて全世界に無料配信中ですので、みなさんぜひ聴いてください」

矢神久美「本日は東日本大震災復興支援特別公演「誰かのために」プロジェクト2013にお越しいただきありがとうございました」

高柳明音「本日来てくださったみなさまに感謝の気持ちを込めて、メンバー全員で握手でお送りさせていただきたいと思います」

# 高柳明音「せ~の」の掛け声の後、手繋ぎ挨拶

# BGM:掌が語ること / メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける

# 公演終了


「東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2013~」公演 無料配信中
※配信期間:2013年3月11日 23時 ~ 2013年4月10日 22時59分






カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ