FC2ブログ

仲谷明香 卒業コメント (2013/03/06)

昨日行われた大島チームK公演より

ラストソング終了後
仲谷明香「今日をもちましてAKB48を卒業します、仲谷明香です」客、拍手

「今日はですね、思い残すことが無いので泣きません」客、拍手

「みんなが泣いてくださって、メンバーのみんなも泣いてくれてすごく嬉しいんですけど、最後は笑顔で終わりたいと思います。えっとですね、何言おうかな。ほんとに6年ちょっといっぱいAKB48でやってきて、本当はAKB48に所属したまま、こうどんどん声優っていう夢に、いや、近づいて行ったとは思うんですけど、もっとね、AKB48の仲谷明香が声優をやるっていうことを本当はやりたかったんですけど、でもずっとこのままAKB48にいたら、ほかのメンバーはわかんないですよ、自分の夢に近づく為にまだまだいるかもしれないし。ですけど私の場合はなんか、気持ちがこう、なんだろう、自分の夢から離れて行ってしまうような気がして。ほんとにAKB48っていうグループはすごく素敵なメンバーが揃った、スタッフさんが揃ったグループなので、だからそこに甘えてしまう気がしたので、卒業を決心しました」

「卒業を考えたのは、その私の受けたいオーディションが始まった2月の1日というか、ちょっと前ですね。ちょうどリクエストアワーセットリストベスト100の時に大人の方に相談して、決めました。AKB48がほんとに、なんだろう、なんでこんなにいいグループなんだろうね。ほんとになんかね、最初ね、声優にもともとなりたくて、AKBに入った時、あー、女の子って付き合うのめんどくさいんだろうなって思ったんですよ」客、軽くw

「なんかケンカとかして、仲たがいしてみたいな感じになるかなって正直思ってたんですね。だから、こんなにいいグループになって、やすすってすげーなって思いました」客w

「いや、ほんとに私、AKB48を辞めてしまいますけれども、ほんとにAKB愛は強いので、これからもね、ひっそりと見守っていきたいなと思います。ゆくゆくはその客席に座りたいんですよ、私。お客さんとしてほんとにAKBのメンバーを見たいので、遊びに来たいなーと、これからもAKB48に係わっていきたいなーと思います。なのでAKB48の応援よろしくお願いします。ついでに仲谷もよろしくお願いします。今までほんとにありがとうございました!」客、拍手&声援

# コメント後、大島優子が花束を持ってステージへ(私服姿)

大島優子「公演出れなかったんだけど、仕事終わって。卒業発表してから、思い残すこと無いって言ってたけど、卒業発表してから公演一緒に出れてないのに(涙) 嫌だなと思って、駆けつけた」
仲谷明香「ありがとうございます。お仕事忙しいかなと思って。そんなに泣かないで。喋れなくなっちゃった。いや、ほんとに、嬉しいです。こんなにね、もちろん今まで所属してきたチーム、チームB、チームAととってもいいチームだったんですけど、こんなに短期間でメンバーと仲良くなれるなんて、このチームKのメンバーと仲良くなれるなんて思わなかったです。だからこれからもみんな仲いいまま、がんばってってください。私もがんばります。ありがとうございます」客、拍手

# 佐藤亜美菜からのお手紙
佐藤亜美菜「なかちゃんへ。卒業おめでとう。なかちゃんと仲良くなったのはAKB0048の声優選抜として、一緒にお仕事をするようになってからで、意外と最近のことなんだよね。なのに、こんなに仲良くなるなんて思ってもいなかったから、ほんと今でも不思議です。」

「何年か前に声優の別のお仕事を一緒にしたことがあったけど、どうにもこうにも仲良くなれなくて、亜美菜はなかちゃんとはきっと仲良くなれないんだろうなって勝手思っていました。でも、なかちゃんはこの1年で亜美菜にとって、とっても大事な人になりました。」

「亜美菜がちょっと心がビックリしちゃった時期があって、家からしばらく出れなくなっちゃって、そのことをNO NAMEでやってるチャットで相談したことがありました。なかちゃんは「亜美菜ちゃんが出れないならオレが行くよ」って言ってくれて、「ありがとう」って言って、安心して眠りに就いて、次の日起きてみたらなかちゃんは亜美菜のお家に来てくれてました(号泣) 「最近なんも食べれてないんでしょ? チョコなら食べれる?」と言ってくれました。亜美菜がいっぱいいっぱい泣いて、わけわかんない言葉を話してるのをうんうんって全部聞いてくれました。なかちゃんがいなかったら亜美菜はここにいなかったです。それぐらい感謝しています。」

「でも、そんななかちゃんに最近ひどいことを言っちゃいました。NO NAMEのライブの時、なかちゃんがいなくなるのが本当に嫌で、ライブ終わりに「辞めないで」って泣きついちゃって。その時は本当に後悔しました。背中を押してあげられない自分が嫌になりました。でもね、辞めないでなんて言った自分が嫌いとか思ってたけど、やっぱり亜美菜は亜美菜らしく思ったことは言おうと思う。こんなこと普通なら言わないかもしれないけど、言ってもいいかな?」
仲谷明香「いいよ」
佐藤亜美菜「亜美菜はなかちゃんが卒業しちゃうのほんとに嫌だ。なかちゃんがいないAKBでの生活が亜美菜にはまだ考えられないです。公演終わりにカレーうどん食べたいし、レッスン終わりにカラオケしたいし、○○に行きたい。ほんとに大好きです。ほんとに大好きだからこそ、誰よりも一番なかちゃんのことを応援しようと思いました。誰よりもたくさん背中を押して、誰よりもたくさんエールを送って、誰よりもたくさんお泊りしに行こうと思いました。卒業はさよならじゃなくて、いってらっしゃいだと思うから、今日はみんなでなかちゃんにいってらっしゃいって言いたいと思います。」

「ほんとにほんとに卒業おめでとう。なかちゃん大好き。新しい道に向かっていってらっしゃい。大島チームK・佐藤亜美菜より」客、拍手

仲谷明香「ありがとう。泣かせるなって言ったじゃん! 鼻水まで出てきちゃったじゃん。これは思い残すことのあった涙ではなく、嬉し涙です。ほんとにありがとう。亜美菜ちゃんは代表で手紙を書いてきてくれたけど、たぶんみんなも同じ気持ちって思っていいかな? だから、がんばります。ほんとに今まで応援してくださってありがとうございました。元AKB48という名に恥じないよう、これからがんばっていきたいと思います。ほんとにありがとうございました(深々とお辞儀)」客、拍手&声援、卒業おめでとう etc

松原夏海「なかやんはほんとに、見かけに寄らず芯があって、で、やっぱり、同期ぐらいだから、たくさん公演とかでも頼るところがあったりしたけど、私たちもなかやんに続けるようにがんばりますので、なかやんの応援をこれからもよろしくお願いします」

# 一抹礼の後、捌ける直前
仲谷明香「ありがとうございました! AKB48 私にとって本当に大切な宝物です。これからもAKB48をよろしくお願いします! ありがとうございました!」

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND