FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

[速報版] 『お-いぇ』こと大江朝美、ステージ復帰 [ひまわり組 11月1日公演]

07110101.jpg  07110104.jpg  07110106.jpg

■MC1 自己紹介&本日のお題「もしお店をプロデュースするとしたら何屋さん?」
大江朝美 「ハーイ、お久しぶりです」
客「おかえり!」客、拍手
大江朝美 「ありがとうございます。この幕が開いた時、『おかえり!We Love お-いぇ』の横断幕に ビックリしました。嬉しすぎてどう反応していいかわからないです。何言うか忘れちゃった。。」

そして「あれ作って、これ作って。自分で作れるようにリサイクルしてリメイクして・・・」そういうお店を作りたい、云々

「さきほどスタッフさんに聞いたんですけど、私のためにそこにお花を用意してくれて、嬉しかったです。 私、お花大好きなんですよ。うれしかったです」

最後に「今日も自分らしく、また新しい一歩から始めたいと思います」云々


■ラストソング終了後
横一列になったところで
大江 「今日は本当に本当にありがとうございました。私は、今日は11月1日ですね。 私は、3回くらい自分のこと考えたことがありました。

1回目は自分が腰を痛めた時です。その時はすごく悲しくて悔しくて、公演に出たくて・・・。 また新たに出た時は嬉しかったです。

2回目は自分のあだ名を変えたいと思った時でした。自分に向き合うことできなくて、 外面から変えようとしてました。だからあだ名を変えようとして、内面と 向き合ってない自分がいました。内面と向き合って、また1からやり直して・・・。

今回の入院はすごい悲しくて、正直、このステージが大好きだったし、こなしていくうちにわかんなくなって、 いつの間にか入院して。

その中で入院期間はとっても大切でした。気付けたことがあって。一番感謝したいのは私の両親です。 ずっと両親や、自分の周りのものを大切にしてなかったというか、AKBに入って両親を 大切にしてなくて。「私の気持ち、わからないでしょ!」なんて言ってしまって。

それでも両親は私が入院してからずっと来てくれて。お母さんは忙しいのに、お父さんも忙しいのに、 私はなんで反抗していたのか申し訳ない気持ちになりました。周りにある大切なものに気付いて・・・。

「夕陽を見ているか?」の歌詞にもありますが

『家路を急ぐ君は一人きり  どうして 自分のことを誉めてあげないのか  ねえ ちゃんと見てあげようよ 君が君らしく生きてること』

歌詞にありますよね。自分を好きにならないと自分を好きになれない。

金八先生で、人という字はお互いに支えあって。それは自分でもいい。金八先生は二人称で・・・。 でも私は一人称、自分で心と体を支えあっていかないとそれは崩れると。だから自分を愛して、 両親を愛して、周りのものも愛して。日常で夢とかやりたいことを見つけられてよかったし・・・。 いろんなことに気付いてよかった。

朝美はお父さんが名前を付けてくれて、朝のように いつまでも清々しく・・・。朝はすべての始まり。そんな革命を起こせるようにしたいです。

これからもAKB48と大江朝美をよろしくお願いします」客、拍手


量が多く、すべてはメモれてませんが、おおよそこんな感じだったということで。


■メモ
・カフェスペースにスタンドフラワーが出される
・最前の方たちが横断幕が掲げた模様『おかえり!We Love お-いぇ』
・ユニット曲「ヒグラシノコイ」にて、黄色(?)のペンライトが振られる
・アンコールは「お-いぇ!チャチャチャ!」チャチャチャは手拍子
・公演前、久しぶりに『Yes! お-いぇ!』の掛け声が飛び交う
・アンコール3曲目「僕の太陽」にて『Yes! お-いぇ!』コールが入る。こちらも久しぶりに聞きました。

以上です。


※ コメントご指摘ありがとうございました。

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/02 (Fri) 01:23 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/02 (Fri) 01:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply