FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

ずな (2013/02/21、チームA)

AKB48劇場 / チームA ウェイティング公演 (22回目)

■出演メンバー
篠田チームA → 伊豆田莉奈・入山杏奈・岩田華怜・河西智美・川栄李奈・菊地あやか・小林茉里奈・佐藤すみれ・篠田麻里子・高橋朱里・田野優花・中塚智実・仁藤萌乃・松井咲子・横山由依・渡辺麻友

■開演
◆M00.overture
◆M01.重力シンパシー
◆M02.言い訳Maybe
◆M03.制服が邪魔をする
◆M04.上からマリコ


■MC (自己紹介)
渡辺麻友「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」

# 渡辺麻友 序盤4曲紹介

お題提供:タカラクジカゲキダンさん
本日のお題:チームAメンバーの気になる口癖はありますか?

【1列目 上手側から】
入山杏奈「高校2年生、17歳のあんにんこと入山杏奈です」

「私はりっちゃんなんですけど、りっちゃんは1人称はボクなんですよ。ボクは何々だと思うって言うんですね、いつも。そうするとなんか移っちゃって、私もボクって言っちゃうんですけどやめますね。やめたほうがいいと思います」

岩田華怜「可憐で華麗な『伊達娘』ありがとうございます。宮城県仙台市から来ました、中学2年生、14歳の華怜こと岩田華怜です」

「あんにんさんなんですけど、あんにんさんこの美貌じゃないですか。だからね、見ちゃうんですよ、どうしても。メイクとかしてらっしゃる時に私がこうやって・・・ (じーっと見る) ニヤニヤしちゃってるみたいで、私の顔が。それで毎回「何?見ないで」っていうのが口癖なんですよね。これからもガンガン見ていきたいと思います」

渡辺麻友「み~んなの目線をいただき~まゆゆ~。18歳のまゆゆこと渡辺麻友です。よろしくお願いします」

「私はですね、伊豆田莉奈ちゃんがよく言っている「おやずな」って言葉があるんですけど、それはお休みという意味があって、「ずな」はいずりなを表す「ずな」という言葉があるんですけど、「おやずな」とかけっこういろいろ活用できて、おはようの「おやずな」とか、よろしくの「よろずな」とか、すごいいっぱい種類があって」
伊豆田莉奈「麻友さんもよく作ってくれますよね」
渡辺麻友「そう、今日は久しぶりに会ったから「おっ、ひさずな」って、けっこういろいろ使えるので、みなさんぜひ機会があったら使ってみてください。ということでみなさん今日も盛り上がっていきましょう。よろずな、お願いします」

川栄李奈「18歳、高校3年生のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私はですね、最近田野優花ちゃんが「えいちゃんえいちゃん」って言って、なついてくるんですよ。なので、期待に応えられるように私も優花になつこうと思います」

伊豆田莉奈「高校2年生、17歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私はさっきまゆさんに「ずな」って言われたんですけど、対抗して、麻友さんがよくすみれさんと「あん」っていうのを使ってるんですよ」
佐藤すみれ「ちょっと言っちゃうの?」
伊豆田莉奈「今日もなんか、はじめすみれさんが「まゆあん~」とかって言いに行って、そしたらすみれさんに向かって麻友さんも「すみやん~」とかいろんなこと言って」
佐藤すみれ「すーあんですね」
渡辺麻友「すみやんではないです」
伊豆田莉奈「おはあんとか、たぶん「ずな」みたいな感じで「あん」はなんでできたのかわかんないんですけど、ちょっと「あん」に負けないように「ずな」も流行ればいいなと思います」

# 1列目メンバーたち捌ける


【2列目 上手側から】
小林茉里奈「Everyone everyday まりなってる? (まりなってる) ありがとうございます。16歳のまりんちゃんこと小林茉里奈です」

「私はですね、口癖と言いますか、りっちゃんが最近なぜか私のことをしきりに「ちゃんまりん」って呼んでくれるんですよ。なんだろうって思いつつも、たぶん私のことだろうなと思って、「んー?何?」ってしたんですけど、ひっくり返す意味が無いじゃないですか、まりんちゃんって呼べばいいのに。それをさっき問い詰めたら、なんか、ボクなんでもひっくり返すのが好きなんだよねって言って、またボクかとか思いつつ、ちゃんまりんでいいかなと思います。ちなみにですね、超どうでもいいことだと思うんですけど、おやずなの生みの親は私です」

中塚智実「チームAの隠し味、クリスこと中塚智実です」

「私はですね、口癖ではないんですけど、朱里ちゃんが話してる時に1人でハッて鼻で笑うんですよ」
高橋朱里「えっ?やります?」
中塚智実「本人は無意識だと思うんですけど、気になって気になって仕方ないんですよ」
小林茉里奈「今もやってましたよ」
中塚智実「なのでみなさんも注意して聞いてみてください」

篠田麻里子「魅惑のポーカーフェイス、篠田麻里子です。よろしくお願いします」客「まりちゃんかわいい」

「。。知ってます」客w
横山由依「なんでちょっと間があったんですか?」
篠田麻里子「考える・・・。私、ゆいはんなんですけど、最近 (マネて)「チャレンジユーキャン!」みたいな」客w

「ユーキャンなんですけど、ゆいきゃんに聞こえて」
横山由依「あー、握手会で」
篠田麻里子「あだ名がゆいきゃんになってる感じ?」
横山由依「いやいや、なってない、誰も言ってないじゃないですか。言ってます?ゆいきゃんって」
篠田麻里子「言ってないですけど、だからなるのかなと思って。あとユーキャンの今後がね、勉強してるのかなっていうのがすごい気になりますけど」
横山由依「メロンパンひどいですもんね、麻里子様」客、軽くw

「進んでます」
篠田麻里子「今日もがんばります」客w

横山由依「京都から来ました、金閣寺よりも輝きたい、横山由依、二十歳です。よろしくお願いします」
メンバーたち「声が高い」
篠田麻里子「さっき喋ってた声と違うくない?」
横山由依「スイッチ入れるんですよ、ここで」

「私は田野ちゃんなんですけど。田野ちゃんは全部十夢ちゃんを基準に考えてるんです。チームKの武藤十夢ちゃんが好きやから、横山さん何歳ですか?って言われて、二十歳やでって言ったら、じゃ~、十夢の3つ上か、みたいな。全部十夢ちゃん基準に考えるから、身長とかも例えばですけど、十夢より3センチ上ですねみたいな。そんな感じで全部十夢ちゃんを基準に考えるから」
田野優花「だって好きなんだもん!」
横山由依「そうね、好きやもんね。そんな感じで微笑ましいたのとむをね、これからも応援していきたいと思います」

河西智美「はい、みなさんこんばんは。垂れ目がチャームポイントのとも~みちゃんこと河西智美です。よろしくお願いします」

「私はですね、私も田野ちゃんなんですけど、これは口癖というか、最近やっと慣れたんですけど、チームがシャッフルされてチームAになってから、なんでか楽屋で近野莉菜の声が聞こえるってずっと思ってて、あれっ?なんかちかちゃんいる?と思ってパって見ると絶対田野ちゃんの声が多くて。なんか、声がたぶん似てるのかな。顔見て聞いてるとそんな風に思わないんですけど、メイクさんとかに「なんでですか?」とか「えっ?えっ?」とか言って」
メンバーたち「あー」「似てる」
河西智美「えっ?えっ?とかよくやるんですけど、それが近野もそういうのを言うんですよ。だからそれがすっごい似てて、やっと最近その声を聞いても田野ちゃん田野ちゃんと思えるようになったんですけど、ほんとについ最近それが慣れたので、ちょっとみなさんもぜひ近野と田野ちゃんの声を聞きくらべてみてください。ということで今日も1分でも2分でも3分でもとものことを見て帰ってください。よろしくお願いします」

高橋朱里「15歳の高橋朱里です。よろしくお願いします」

「私は横山さんなんですけど、最近よく話すんですよ。口癖かって言われるとわかんないんですけど、なんやねんとかせやろとか」
横山由依「それ関西弁やね、ただの」客w
高橋朱里「それ関西弁ですか? そらやんなーとか」
横山由依「それは口癖というより言語みたいな」
高橋朱里「じゃ~、何も言うことないです」客、軽くw

# 2列目メンバーたち捌ける


【3列目 上手側から】
松井咲子「あなたのドレミを奏でたい、松井咲子です。よろしくお願いします」

「私が気になるメンバーの口癖なんですけれども、隣にいる仁藤萌乃ちゃん」
仁藤萌乃「えっ?口癖とかなくない?あんまり」
松井咲子「あんまりないんだけど、けっこう出る言葉がけっこうネガティブなことがありまして。なんでちっぽけなんだろうとか」客、軽くw

「なんか楽しいことないかなとか多いんだよね」
仁藤萌乃「ちょうど被っちゃうの。言い出すタイミング、なんでちっぽけなんだろうとか」
松井咲子「世界を広く見た時に私たちって・・・」
2人で「なんでちっぽけなんだろう」
松井咲子「それがたまたま合った時にこの人とは仲良くなれると思ってですね、それから仲いいよね」
仁藤萌乃「それからじゃないよ。けっこう前から一緒にいるから。誤解生むから」
松井咲子「そんな感じで仲良くやっていますので・・・」

仁藤萌乃「二十歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「私は伊豆田莉奈ちゃん、いずりなちゃんが自分のことを「りなは」って呼ぶんですよ。私、小学生の頃からぶっちゃけ自分のことを名前で呼ぶ人あんまり好きじゃなかったんです」客w

「でもAKBに入ってみたらすごい周りにいっぱいいたの、自分のこと名前で呼んでるの。でも、今となってみればそれってすっごいかわいいなって思って。自分今「萌乃は」とか言えないじゃないですか。どう考えても気持ち悪い感じになっちゃうから、だから若いうちに言っとくべきだったなって、今になって後悔してるんですけど。はい、そういうキャラじゃないのでちゃんと自重しておきます」

田野優花「15歳の田野優花です。よろしくお願いします」

「私、横山さんなんですけど、横山さん、最近猫飼い始めたじゃないですか。それうるさくて、もう横山さん楽屋でビスビスって超うるさくて。うるさいですよね?」
仁藤萌乃「今のめっちゃ似てる」
松井咲子「似てるし、暇さえあれば写メ見せてくるよね」
田野優花「そうなんですよ。ビックリしたのが800何十枚か横山さんの携帯に写真があって、そのうちの200何枚がビスの写真なんですよ・・・。でもやっぱりビスより十夢のことがかわいいです」

佐藤すみれ「みなさんこんばんは。AKB48の白熱論ドル、論破しちゃうぞ♪ すーちゃんこと佐藤すみれです。よろしくお願いします」

「新しいキャッチフレーズを使用しております。よしりん先生ありがとうございます。ということで、私は最近さっきずっと言っていたいずりなの「ずな」っていう言葉を本気で流行らせたくてですね、流行語大賞になるぐらいに流行らせたいので、みなさんもぜひ「ずな」を使っていただいて、今日はたのずなな公演に、楽しい公演にしていきたいと思います。そしてわたくしごとなんですけれども、今日は400回のちょうど公演に、劇場公演なので」客、拍手

「今日はほんとに力をめいっぱい出して、みなさんに注目していただけるように一生懸命やっていきたいと思いますので、みなさん、よろずな!」

菊地あやか「笑顔の天使、スマイ・リンリンリン、19歳のあやりんこと菊地あやかです。よろしくお願いします」

「さっきすーあんとか最後にあんを付けるのが」
佐藤すみれ「あやあん」
菊地あやか「なんかそれも嵌ってたんですけど、私がずっと使ってたら、なんか呼ばれた時にあん?みたいな感じで」
松井咲子「それは種類が違うんじゃない?」
菊地あやか「そういうのにずっと聞いてたから慣れちゃって、呼ばれた時とかにあん?みたいな感じで言うと、みんなにあー、ヤンキー出ちゃってるよって」
松井咲子「そっちっぽい」
佐藤すみれ「付けるといいの。よろあんとか。たのあんな公演でよろあんみたいな」
菊地あやか「でも絶対ファンのみなさんわかんないですよね?そんなの言われてもね。実際私元ヤンでもないしギャルでもないので、みなさん勘違いしないでください」

佐藤すみれ「本日の公演は以上のメンバーでお送りします。続いてはユニット曲の登場です。新生チームAにご期待ください。それではどうぞ」客、拍手

# 3列目メンバーたち捌ける


◆M05.スカート、ひらり (高橋朱里・川栄李奈・岩田華怜・渡辺麻友・入山杏奈・小林茉里奈・伊豆田莉奈)
◆M06.純愛のクレッシェンド (中塚智実・横山由依・河西智美)
◆M07.黒い天使 (仁藤萌乃・篠田麻里子・菊地あやか)
◆M08.天使のしっぽ (伊豆田莉奈・川栄李奈・高橋朱里)
◆M09.雨のピアニスト (佐藤すみれ・田野優花・松井咲子)
◆M10.ガラスのI LOVE YOU (入山杏奈・岩田華怜・伊豆田莉奈・渡辺麻友)

■MC
菊地あやか・河西智美・小林茉里奈・高橋朱里・横山由依・仁藤萌乃

横山由依「いやいやね、最近ね、前世が気になるね。そんなことないですか?」
河西智美「みんな優し過ぎない?この辺。絶対そんなこと無かったでしょ? 突然過ぎるでしょ?」
横山由依「前世が気になり出してきたと思うんですよ。私含めて朱里とかも」
高橋朱里「そうですね、すごい気になって」
横山由依「前世どうんなんやったかなみたいなのを想像大会したいと思うんですけど」

高橋朱里「私、前世すっごい自信あるんですよ。絶対これは自信があるんですけど、カモかカエル」
横山由依「なんでなん?」
高橋朱里「私、水かきあるんですよ。見てください。わかります? たぶんみんなより、指の間が・・・」
横山由依「なんでカモとカエルなん?」
高橋朱里「水かきあるから」
横山由依「アヒルとかもないでしたっけ?」
メンバーたち「ある」
高橋朱里「じゃ~、アヒルかもしれない」客、軽くw
小林茉里奈「水かきあったらなんでもいいの?」
高橋朱里「とりあえず水かきある動物とか」
河西智美「残っちゃってるってこと?」
高橋朱里「たぶん私になることによって、やっぱり水かきだけがなんか誤って残っちゃった」
河西智美「じゃ~、水泳上手いの?」
高橋朱里「水泳上手くないです」

仁藤萌乃「水かきの話で思い出したんだけど、私、尾てい骨が人より長い。AKBでストレッチするんですけど、公演前に。その時に腹筋とかやった時に尾てい骨がステージにゴリゴリ当たって痛くて」
横山由依「尻尾の残りの骨ですね」
仁藤萌乃「だから猿かもしんないと思ったけど」
横山由依「みんな猿」
河西智美「みんな猿ですよ」
仁藤萌乃「ごめんなさい。そうですね」
小林茉里奈「それ言っちゃったら前世の話みんな猿で終わっちゃう」

河西智美「私なんか昔AKBINGO!っていう番組の占いで、ビビコさんっていう、すごい胡散臭いけどほんとに当たってるっぽい雰囲気の人がいて。でも私は踊り子さんって言われて。ビビコさんとその時、ADさんだったのかな? イナバさんっていうイナバご飯っていう企画があったイナバさんと3人で王様を取り合う踊り子さんだったって言われて。そんな接点あるか?と思ったけど」客w

「でもそう言われて。よく夢で踊り子さんになってる夢を見たことがあったから。思い出してたのかも、脳だけでは」

小林茉里奈「私は猫ですかね。性格なんです。ママに猫っぽいねって言われて。気分屋のところと・・・。マイペースなとことかがそうかなっていう」

菊地あやか「私はアブラムシです」
河西智美「なんで?」
菊地あやか「ネットで調べたの。自分の名前を入れると前世がわかる。ネットだから信じてなかったけど」
横山由依「信じてるじゃないですか」
菊地あやか「なんか自分の名前入れたらアブラムシって出てきた」

横山由依「私はね・・・浮かんでないんですわ。あんだけ言っといて浮かばない・・・」
仁藤萌乃「じゃ~、後でね、検索してね、みようか」
横山由依「アブラムシかもしれないですね。調べてGoogleあたりに載せます」

「これからもチームAみんなで力を合わせてこの公演を楽しいものにしていきたいと思います」


◆M11.RIVER
◆M12.孤独なランナー
◆M13.ファースト・ラビット


■MC
篠田麻里子:今日の公演の感想をメンバーに言ってもらいたいと思います。

高橋朱里「私は最近ですね、リハーサルとかで、メンバーからいっぱい吸収することがたくさんあって。なんでやっぱり1コ1コの公演を、日々成長させていければいいなって思います。ありがとうございます」

渡辺麻友「私は麻里子様と久しぶりに公演を一緒に」
篠田麻里子「久しぶり」客w

「ほんとに久しぶりで、今日、次なんだっけ?って考えながら動いてると、ほんとボーっとしちゃうんだよね」客、軽くw

「ごめん」
松井咲子「すーちゃんに引き連れられてましたよね」
佐藤すみれ「さっきここで準備することがあったんですけど、麻里子様わからなかったので、こうやって手繋いで引きずっていきました」客、軽くw
篠田麻里子「介護みたいになってました」
渡辺麻友「上からマリコ歌うじゃないですか。やっぱり、いいなって。やっぱりなんかメンバーもすごい盛り上がるし、お客さんもわーキタって感じで、すごいそれが伝わってきて、それがすごい今日は感じれて、すごい楽しかったです」客、拍手
篠田麻里子「ありがとうございます」

「最後私の感想なんですけれども。今日はですね、珍しく「言い訳Maybe」ですごい間違えをしてしまいまして。私、「言い訳Maybe」6年目なんですけど、まさかこんな間違えをするとはってぐらい、ゆいはんにすごいぶつかってしまったよね、今日ね」
横山由依「ほんまにまさかこっちに人が・・・ (説明) そういうところにもね、臨機応変に対応できるようにならないとなって思ったので、がんばります」
篠田麻里子「ありがとうございます」客、軽くw

「あともう1つね、わたくしごとなんですけども、「黒い天使」の最後なんですけど、すっごいかっこいい振りがあって。本物あんにんが見せますね、とりあえず」
入山杏奈 → 振り披露
篠田麻里子「ってかっこ良くやるんですけど、何を思ったのか・・・(振り)」客w
メンバーたち → 反応
篠田麻里子「私もこうなった瞬間どうしようと思って、出しちゃった」客w

「間違えもありますよね。ということで、続いてが最後の曲になります。私たちにとってもすごく想い入れのある曲です。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M14.桜の花びらたち


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」メンバーたち捌ける


■アンコール


◆EN01.ポニーテールとシュシュ
◆EN02.Only today


仁藤萌乃「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」

# 仁藤萌乃 アンコール2曲紹介

「私たちAKB48チームAの全力のパフォーマンスをここでお届けできるようにこれからもがんばっていきますので、AKB48チームAの応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

仁藤萌乃「それでは本当に最後の曲になりました。この曲はこの公演の締めくくりに相応しいとても楽しく盛り上がる曲なので、みなさん知っていたらぜひ一緒に歌ってください。それでは聴いてください。AKB フェスティバル」


◆EN03.AKB フェスティバル


渡辺麻友「みなさま、昨日発売になりましたAKB48・30枚目のニューシングル「So long ! 」はもう聴いていただけましたか?」客、拍手

「ありがとうございます。ということで、今日はその「So long ! 」を今日公演に出演しているこのメンバーで初披露したいと思います」客、拍手


◆EN04.So long !


渡辺麻友「私たちのニューシングル「So long ! 」をお聴きいただきました。みなさん、いかがでしたか?」客、拍手

「ありがとうございます。私たちAKB48のニューシングル「So long ! 」そしてAKB48の応援をこれからもよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

横山由依「そして、ここでご報告があります。先ほど聴いていただきました「So long ! 」本日付けオリコン・デイリーチャートで1位を獲得することができました」客、拍手

「これも本当にみなさまお陰です。ほんとにありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

横山由依「これからも応援をよろしくお願いします」

# 横山由依 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」バック前進お辞儀 (客、拍手)

「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:Ruby)

# 公演終了



■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー全員と1人ずつ (16歳未満不参加)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
2月21日(木)「篠田チームA」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 伊豆田莉奈&佐藤すみれ

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル