FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

泣いたこと、嬉しかったこと (2013/02/16、14時開演)

AKB48劇場 / 研究生「僕の太陽」公演

■出演メンバー
相笠萌・岩立沙穂・梅田綾乃・大森美優・岡田彩花・岡田奈々・北澤早紀・小嶋真子・篠崎彩奈・高島祐利奈・西野未姫・橋本耀・平田梨奈・前田美月・村山彩希・茂木忍

■開演
◆M00.overture
◆M01.Dreamin’ girls
◆M02.RUN RUN RUN
◆M03.未来の果実
◆M04.ビバ!ハリケーン


■MC1 (自己紹介)
小嶋真子「みなさん、こんにちは」
メンバーたち「AKB48です」客、拍手

# 小嶋真子 序盤4曲紹介

お題提供:オカキさん
お題:みなさんが成長したことを教えてください

【1列目 下手側から】
岡田奈々「14期研究生、15歳の岡田奈々です。よろしくお願いします」

「私はですね、髪の毛がすっごい成長したんですよ。たぶんみなさんは気づかないと思うんですけど、あとちょっとで相笠萌さんの長さに到達するぐらい伸びてきたんですね。なので公式写真を見て欲しいんですよ、私の。その時の長さとたぶん10センチぐらい違うんですよ。ちょっとそこに注目です」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ? (あやな~ん!) 13期研究生、あやなんこと篠崎彩奈です。よろしくお願いします」

「私はですね、バレンタインだったということで、みんなにお菓子を作ったんですけど、この間お菓子作った時は塩と砂糖を間違っちゃったんですけど、今回はちゃんとなめて確認して、ちゃんと砂糖を入れて、みんなに配りました」
メンバーたち「美味しかった」
篠崎彩奈「どうですか? 美味しかったらしいです」客、拍手

「良かったです。また作ります」

小嶋真子「14期研究生の小嶋真子です。よろしくお願いします」

「私はですね、先日7回連続公演というのがあって、私その中で新しいポジションをやらせていただいて。今やってるポジションと新しいポジションの切り替えっていうのがすごく難しくて。でもその時にちょっと成長したなって思う部分があって。できたんですよ。切り替えができたんで、私ちょっと成長したなって。成長しました」

橋本耀「14期研究生の橋本耀です。よろしくお願いします」

「私はですね、よくやっぱりみんなに前髪が薄いって言われるんですよ。でも私はこのAKBに入って、少し経ってから盛り方を知ったんですよ。盛り方のでき方を成長したんですけど、それがちょっと束にするんで、ちょっと前髪を分けて、その束ごとにヘアアイロンでかけるんですよ。そしたらけっこう盛れるので、前髪に悩んでる方ぜひやってみてください」

岩立沙穂「みなさん、発声練習始めます。私に続いて言ってください。ヤッホー! (ヤッホー!) さっほー (さっほー!) 13期研究生のさっほーこと岩立沙穂です。よろしくお願いします」

「私が成長したなと思うところはですね、先ほどもハプニングがあって、私マイクを飛ばしてしまったんですけど、この辺の方絶対見えてたんですけど、そういうことがあっても動じなくなった私が成長したかなと思ったりします」

# 以上、1列目捌ける


【2列目 下手側から】
梅田綾乃「うめだじゃなくて、うめたです。笑顔第一、13期研究生のうめたんこと梅田綾乃です。よろしくお願いします」

「私はチームAの小林茉里奈さん「まゆたうすの」って言われてて。でも最近は眉毛が成長しました」

高島祐利奈「みなさんこんにちは。13期研究生のゆーりんこと高島祐利奈です。よろしくお願いします」

「私、化粧なんですけど、女の子だから化粧するじゃないですか。入りたての頃は自分でやったのが初めてで、これステージに立っていいレベルの顔なんだろうかってぐらい下手くそだったんですけど、今はだいぶ成長したかなと思います」

西野未姫「東西南北 東の逆は?(西野!) ありがとうございます。14期研究生、中学1年生の西野未姫です。よろしくお願いします」

「私が成長したことは足がつらなくなったことなんですけど。私お婆ちゃんなんですよ」
メンバーたち「最年長」
梅田綾乃「それ言ったら茂木とかどうなっちゃうの?」
茂木忍「芋食べてるとかそういうこと?」
西野未姫「そういう意味です。それですぐ踊ったりすると足がつっちゃって。2週間ぐらい前はほぼ毎日つってたんですよ。でも最近は足の調子が良くて、全然つらなくなったんで、私の足がんばったなと思って、なので足がつらないことが成長したなって思います」

茂木忍「あなたのハートを『もっぎもぎ』ありがとうございます。13期研究生のもぎちゃんこと茂木忍です」

「私はですね、今でもちょっと声が低めなんですけれども、入りたての頃は声の作り方が知らなくてですね、劇場7周年記念公演の時にデビューさせていただいたんですけども、すっごい声が低くて」
メンバーたち「6周年じゃない?」「ちょっと間違えないで」
茂木忍「6周年です、ごめんなさい、ほんっとに申し訳ないです。その時にすごい声が低くて、今思い返してもすごい恥ずかしいんですけれども、最近はかわいい声もそれなりに」
高島祐利奈「出してみてくれない?」
茂木忍13期研究生のもぎちゃんこと茂木忍です♪」
メンバーたち「気持ち悪い」
茂木忍「やってみてって言うからやってみたのに」
高島祐利奈「なんか、想像してたかわいい声と違った」
茂木忍「高い声も出せるようになったのが成長したところかなと思います」

前田美月「14期研究生の前田美月です。よろしくお願いします」

「私は先輩と仲良くなれたのが成長したかなって思ったんですけど。うめたんとか萌ちゃんとか、早紀ちゃんとか、呼び捨てで呼んでもいいよって言ってもらった先輩にちょっと呼び捨てで呼べるようになって」
メンバーたち → あれこれ
茂木忍「私にいたっては茂木さんだよね」客、軽くw
前田美月「まだ呼べてない先輩とかもいるので、これからはもっと先輩と仲良くなれたらいいなと思います」

相笠萌「13期研究生、14歳の相笠萌です。よろしくお願いします」

「私は研究生になる前までは渋谷とかそういう若者の街で声をかけられてもおどおどしてたんですけど、こういうステージで話したりするようになってからは、絡んでくるじゃないですか、渋谷の店員さんって。だからそういう人とも、なんか服勧めてくるじゃないですか。それすごい嫌で、私。でも断れるようになったんですよ。だからこういうステージで立ってることが日常で活かせてるんじゃないかなと思います」

# 以上、2列目捌ける


【3列目 下手側から】
大森美優「ハ~イ、デコポン、すっぽん、思い切り『みゆぽん!』ありがとうございます。12期研究生の大森美優です。よろしくお願いします」

「私はですね、笑い方なんですけど、入りたての時は静かな感じで「ふふ」って感じだったんですけど、今はよく笑い方が変だねって言われるんですね。テンションが上がると大変な笑い方になるんですよ。今は恥ずかしいので笑いませんけど、そんなテンションの高い公演にしていきたいと思うので、みなさんもよろしくお願いします」

岡田彩花「13期研究生のあやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「私は積極性が出てきたんじゃないかなと思うんですけど、最近だったら、昨日なんですけど、バックダンサーに出たんですよ、チームKさんの。その時に松井珠理奈さんとたくさん話せるようになったのが積極性が出てきたんじゃないかなと思います」

村山彩希「13期研究生のゆいりーこと村山彩希です。よろしくお願いします」

「私は髪の毛なんですけど、初期の頃はマッシュルームみたいに髪がショートで丸くて、髪が多くて、すごかったんですよ。しかもその時は今の体重よりかなり重くて。恥ずかしいんですけど、言うのは。なのでまん丸だったんですよ、ほんとに。だけど今はちゃんとちょっと痩せたし、髪の毛も伸びたし、髪の毛の数も少なくなったので、そこが成長したなと思いました」

北澤早紀「夢は大きく志は高く! とっても素朴な女の子♪ 13期研究生、中学3年生のさっきーこと北澤早紀です」

「私は時計を見るようになりまして。前までは時間に関してはけっこう自己中心的なところがありまして、時計を見てないにもかかわらず、まだ大丈夫でしょうみたいなところがあったんですよ。でも最近は、前まですっごいいろいろ焦ったことがありましたので最近はちゃんと時計を見るようになって、あと何分、あと何分、5分起きぐらいに時計を見に行くようになったんですけど、今日は見に行ったにも係わらず、ものすごいギリギリで、ちょっとメイクが未完成なので、最前の方とかあんまり見ないでいただきたいと思います」客、反応

「ちょっとすっぴん気味なんで・・・」

平田梨奈「あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。12期研究生のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」

「私はですね、去年はですね、注射から何度も何度も逃げてしまったんです。何度も逃げた結果、結局捕まえられて、抑えられながら注射をされたんですね。でも今年はちゃんと自分の意思では行ってないのですけど、ちょっとお手伝いされていただいたんですよ。竹内さんとみおりんさんがちょっと手伝ってくださって、うさぎさんだよってみおりんさんが言ってくれたりとか、支えがあった中で注射を我慢してちゃんとできたところがちょっと成長したなと思います」

岡田彩花「本日の公演は以上のメンバーでお送りします。それではAKB48「僕の太陽」公演、はじまり、はじまり~」


◆M05.アイドルなんて呼ばないで (岩立沙穂・篠崎彩奈・小嶋真子・岡田奈々)
(ポンポン隊:西野未姫・高島祐利奈・梅田綾乃・茂木忍・橋本耀・相笠萌)
◆M06.僕とジュリエットとジェットコースター (前田美月・大森美優・北澤早紀)
◆M07.ヒグラシノコイ (平田梨奈・村山彩希)
◆M08.愛しさのdefense (相笠萌・橋本耀・高島祐利奈)
◆M09.向日葵 (梅田綾乃・西野未姫・茂木忍・岡田彩花)


■MC2
梅田綾乃・西野未姫・茂木忍・岡田彩花

茂木忍「今年のバレンタインデーについて」

西野未姫「私は今年モテモテだったんですよ。いつもは仲いい友達5人からもらうとかだったんですけど、今回は10コ以上もらったんですよ。その理由は研究生のメンバーの方にもらったんですけど」
茂木忍「バレンタイン当日にね、レッスンがあったんだよね」
西野未姫「そうなんですよ。それで、お互い交換しあってたくさんもらったんですよ」
梅田綾乃「その時、バスでみんな渡してたんですよ。バスの盛り上がり方が半端なかった」

「私は前に公演で市販のクッキーにチョコペンで書いて渡しますって言ったんですよ。その通り市販のクッキーでチョコペンに書いて渡したんですけど、そのチョコペンがソフトタイプっていうやつで固まんなくて、いくら待っても固まんないわけですよ。だから冷蔵庫に入れたんですけど、冷蔵庫に入れるとクッキーが冷えるじゃないですか。だから、できないんですね、もう」
西野未姫「でも思ったんですけど、クッキー冷やしてもいいんじゃないですか?」
梅田綾乃「大丈夫かな? でも1日ぐらい置いたの、冷蔵庫の中に。そしたら固まるの、ちょっとだけ。ちょっとだけ固まるんだけど、でも出してラッピングしようとすると溶け出しちゃうわけ。結局ダメなわけ・・・。結局めんどくさかったから袋にチョコが付いたままあげました」

岡田彩花「私はほんとに言うとチョコ作ってないです」
メンバーたち「もらってないです」
岡田彩花「作ろうと思うのがあるんです、家に。だけど、人数的に19人いるのに8コぐらいしか作れないんですよ・・・。私バレンタイン作る予定考えてなかった」
梅田綾乃「なんで?なんで? みんなめっちゃ話してたじゃん。じゃ~、いいの教えてあげる。お店でいっぱいちっちゃいチョコが袋に入ったやつあるじゃないですか。それを何個か分けて入れて、はい(渡す)」
岡田彩花「手作りがいいの、作るとしたら」
梅田綾乃「彩花、つまみ食いして全部無くなっちゃいそうだよね」
茂木忍「たしかに。でも何もらってもだいたい私たち喜ぶからさ」
岡田彩花「ホワイトデーに」
梅田綾乃「じゃ~、すごい楽しみにしとくね」

茂木忍「私はですね、今年トリュフを作ったんですけど」
梅田綾乃「めっちゃ美味しかった」
茂木忍「すごい褒められるんですけど、私が担当したのが周りにココアをまぶすぐらい。そのほかは全部お母さんがやってくれて、褒められると罪悪感が感じますね」
西野未姫「お母さんに感謝ですね」

梅田綾乃「ということで、後半戦準備はできてますか?」客、イェー&拍手


◆M10.竹内先輩
◆M11.そんなこんなわけで
◆M12.デジャビュ


■MC3
北澤早紀・橋本耀・篠崎彩奈・村山彩希・小嶋真子・大森美優・岡田奈々・西野未姫

篠崎彩奈「私の変なこだわりについて」

西野未姫「靴下なんですけど。冬は必ず3枚履きをするんですよ。普通のあるじゃないですか、柄の付いてる靴下が。それの上にモコモコの靴下履くんですよ。その上にもう1枚普通の靴下履くんですよ。それでも足がジンジンしてくるんですよ。なので冬はもうあと2枚ぐらい履きたいんですけど」
大森美優「今足用のカイロみたいなのありません? 足に入れるカイロ、それ買いな」
西野未姫「買います」

篠崎彩奈「私はですね、お風呂で歯磨かないと気が済まないんですよ」
北澤早紀「お風呂のお湯に浸かりながらってこと?」
篠崎彩奈「そう」
村山彩希「それさ、入ってこない? 口から歯磨いてると泡が出てくるじゃん」
篠崎彩奈「出てこないよ」
村山彩希「私けっこう出てくるんで、いつも2回ぐらい「ぺっ」てしないと。無いですか? ある人?」客、反応
橋本耀「歯磨き粉の付け過ぎとかじゃないですか?」
篠崎彩奈「口元が緩いんだよ、きっと」客、軽くw
村山彩希「それ手上げた人みんなに言ってますからね」

大森美優「私は前髪なんですけど、昨日自分で切りまして。そんなに今は見て欲しくないんですけど、見事に切り過ぎましてですね。なのでちょっと前髪じゃなくて、次からは私の顔だけを見といていただきたいなと。恥ずかしいんでね」

岡田奈々「私はですね、二の腕のこだわりなんですけど。自分がすごい不安で落ち着かない時はゆいりーさんのような」
村山彩希「けっこう前から言われてるんだけど、触られてる時、ちょっとどんな反応したらいいかわかんなくて」
大森美優「よく見てると触ってるよね」
岡田奈々「弾力系の・・・」
村山彩希「待って。誤解を生まないでください。二の腕に肉があるわけじゃないですよ。あっ、筋肉だ。バスケ部だったから」
大森美優「弾力系とかふわふわ系とか・・・」
北澤早紀「私サラサラ系って言われたんだけど」
岡田奈々「サラサラ系の人は常に触ってて気持ちいいんですよ」
西野未姫「私ひどいですよ。未姫の気持ち良くないから触らないとか言ってひどいんですよ」

橋本耀「私最近始めたこだわりなんですけど、オーバーチュアー中に目をつぶるのが好きで、全部幕が開いた時に目をパって開けるのが好きなんですよ。パって開いた時にみなさんがいる感じがすごいいいです」
村山彩希「お客さんから見たらあの子寝てんじゃない?みたいな」
橋本耀「誤解しないでください。ごめんなさい」
北澤早紀「心の準備してるんだね」
橋本耀「そうです」

村山彩希「ということで、これからもみんなの個性を活かしながらいい公演を作っていけたらいいなと思います」

# 次の曲のイントロが流れ始める
大森美優:楽しい時間って本当にあっという間ですよね。そろそろ最後の曲の時間になってしまったようです。こうして毎日暮らしていると、失敗しちゃったり、辛いこともあるけど、でもいつも夢と希望を胸に自分らしく生きていこうという気持ちを歌っています。聴いてください。夕陽を見ているか?


◆M13.夕陽を見ているか?


■アンコール


◆M14.Lay down


■MC4
前半:相笠萌・平田梨奈・高島祐利奈・茂木忍・前田美月・岩立沙穂・橋本耀・梅田綾乃

高島祐利奈「泣いたこと」

梅田綾乃「私はですね、この間「So long ! 」のドラマやってたじゃないですか。毎晩毎晩見てたんですけど、毎晩毎晩泣いてて」
前田美月「私も泣きました」
梅田綾乃「Bさんの命系? 無理なんですよ、私そういうの」
茂木忍「うめたんはA・K・Bで泣けたんだね」

「この間Google+を更新しようと思ったんですよ。12時前だったんですけど。12時55分ぐらいに投稿っていうボタンを押したのに、うちはすごく電波が悪くて、ずーっと送信中ってグルグルグルグル、結局12時まわっちゃったんですよ。絶対12時守ろうと思って、電源落として、その後泣き喚きました」
平田梨奈「携帯投げたんでしょ?」
茂木忍「投げて、もうワーって。ちゃんと投げた行き先もお布団の上とかに投げて」
メンバーたち「偉い」
茂木忍「それでワーって人でめっちゃなんか、12時ぐらいなのに、喉が枯れるまですごい泣いてました」

平田梨奈「私はやはりお注射です。楽しいいろんな画面で私が泣くシーンがいろんなところで映るらしいんですよ」
梅田綾乃「よく見るね。あれって大げさじゃないんですか?」
相笠萌「わざと?」
平田梨奈「違う。ガチです。なんかもうほんとに、私昔は注射大大大好きだったんですよ。でも、私、歯医者さんで10本抜いたんですよ。アゴと口が小さ過ぎて、歯が入り切れなくて、10本も抜いて。それで毎回麻酔で注射入れるじゃないですか。それがトラウマになっちゃって、注射があまり好きになれなくなって。トラウマ、怖い」

相笠萌「私は悔しいとかそういう系じゃなくて、茂木と公演前に、茂木の話がおもしろ過ぎて笑い泣きしました。笑い過ぎて泣いちゃって、それはいい泣き?」
茂木忍「萌ちゃんと私が一緒にいるといつも爆笑しちゃって2人とも泣き始めるんですよ」
相笠萌「公演前はマズイんですよね」

前田美月「私は今朝なんですけど、今朝、外は今日寒かったじゃないですか。だからコートを着て行こうと思って、いつも着てるコートをいつも掛かってるところに探しに行ったらなくて、どこ探してもなくて、それでなんでないの?って泣きました。それで違う赤いコートを着てきました」

岩立沙穂「私はさっき公演中なんですけど、泣いたっていうか心が泣いたってことなんですけど、楽屋に帰ったらマスカラを塗ってなかったことに気がついて、やってしまったと思って、完成してない状態で出てしまったこの悔しさに。顔、泣いたら崩れるじゃないですか。だからがんばって泣くの堪えて、心がすごく泣きました」
平田梨奈「かわいいよ。かわいいですよね?」客、拍手
岩立沙穂「ありがとうございます」
梅田綾乃「ニコニコしてる」

橋本耀「私はバレンタインデーの日なんですけど、マフィンを作ってたんですよ。それで、がんばっちゃおうと思って、けっこうデコったりしてたんですよ。それで、生クリームを乗せたんですね。そしたら袋に入れられなうなっちゃって、生クリームが邪魔で。すっごく時間が掛かっちゃって、持ってけなかったんですよ。それでほんとに悔しくて、電車乗ったらどこかの幼稚園生が遠足らしくて、全席座られちゃって、座れなかったし、それで泣いてたら、ほかの男の子たちにめっちゃガン見されて、悔しくてずっと泣いてました」
梅田綾乃「着いた途端泣き始めたんだよね」
橋本耀「だからムキになって全部食べました」
誰か「1人で?」
橋本耀「家族全員でムキになって食べました」

高島祐利奈「私もいいですか? ぐぐたすにも書いたんですけど、私ずっと憧れてた仁藤さんが卒業されちゃうということで、昨日一昨日は思い出す度に涙が溢れてきて」
相笠萌「レッスンしてたんだよね、萌たち。その帰りにそれを知った祐利奈はすごい泣き出しちゃって」
平田梨奈「一緒に帰るんですけど、電車の中で下向いて・・・ってなってたんですよ。でも最後は一緒に慰めてあげて、元気が出たんだよね」
高島祐利奈「はい、で、しかも家に帰ってぐぐたす投稿してみたら、仁藤さんが私の投稿を共有してくださってて、ほんとに嬉しくて、ほんとに泣きました。ありがとうございます」客、拍手
メンバーたち「いい話ですね」
茂木忍「そんぐらい仁藤さんが好きなんだよね」
高島祐利奈「ずっと尊敬してます」

# 「イェー」後半チーム入場 / メンバーチェンジ


後半:岡田奈々・篠崎彩奈・大森美優・村山彩希・北澤早紀・岡田彩花・小嶋真子・西野未姫

村山彩希「泣いたことのあとは、嬉しかったことについてです」

小嶋真子「最近私のGoogle+に島崎遥香さんがコメントをしてくださって」
北澤早紀「憧れのね」
小嶋真子「はい。もー」
メンバーたち → 軽くw
小嶋真子「一昨日は名前を言ってくれて、最後に下に「おやすみ」って言ってくれて、いい夢見れましたよ」
メンバーたち「メロメロ」「浮かれてますね」

大森美優「先ほどの「Lay down」という、ああいうクールのかっこいい感じの曲ですけど、それで私は必死にその気持ちを歌にしていたところ、なんか右腕になんか感じて。よく見たら、なーちゃんが私の二の腕を、せっかくその気持ち作っている中で、そこでも触ってしまうのかと思いました」
岡田奈々「気づいた方いませんよね?」
大森美優「でもなんか、それで嬉しかったですよ。私の二の腕なんかを触ってくれてありがとう」

西野未姫「私は最近まで体調を崩してて。なんですけど、今はテンションMAXで、すごい元気なんで、元気に直ったことがすごく良かったです」
メンバーたち「おかえり」客、拍手
村山彩希「7回連続公演もいなかったんだよね」
西野未姫「はい、悔しいです、すごく」

篠崎彩奈「私は今朝知ったんですけど、藤江れいなさんが私のことをブログに書いてくださって」
メンバーたち「へー」
篠崎彩奈「生誕Tシャツとシュシュとかいろいろ載せてくださって。最後に「密かに私は彩奈ちゃんのことが大好きなんです」って書いてくださって」
メンバーたち「へー」
篠崎彩奈「まず名前を知っていただいてたことにすごいビックリして、しかも好きでいてくださって、ほんとに嬉しかったです」

村山彩希「私は川栄さんと朱里さんと涼花が仕事をしていた時らしいんですけど、私は直接聞いてないんですけど、涼花が言うには13期の中で一番彩希ちゃんが好きなんだよねって言うことを涼花経由から聞いたんですよ」
大森美優「ちょっと待って。私も1コあります。この間のAKB新聞で、柏木さんが一番気になってるメンバーで私の名前を挙げてくれたんですよ」
メンバーたち「へー!」
大森美優「嬉しかったですよ」

岡田彩花「私も先輩で。珠理奈さんと話したこと」
村山彩希「さっき言ったじゃん」客、軽くw
岡田彩花「それが嬉しかったの。だってさ・・・」
村山彩希「こじまこちゃんより浮かれ過ぎてよくわからない」
岡田彩花「普通に喋れるし、抱きつきたかった」
村山彩希「ダメ。なぁなさんは抱きついてるから、ダメ」
岡田彩花「いいって珠理奈さんが言ってくれた」
村山彩希「いや、やめなよ」客、軽くw

「まだ早い」

岡田奈々「私もメンバー繋がりで、こじまこなんですけど。こじまこが私のことをちゃんとライバル視してくれるらしいんですよ。それが、私なんかをライバルとして見てくれてるというのが」
村山彩希「みんな「私なんか」ってネガティブじゃない? ポジティブに行こうよ」
岡田奈々「だから私も真子のことをちょっとライバルとして見てるんで」
小嶋真子「仲良しだよね」
岡田奈々「仲良しですよね」
小嶋真子「深い話もするし。深い話するね」
岡田奈々「真面目な将来についての話をします」

北澤早紀「私は嬉しくなる時なんですけど。私は集合場所とかの時間に、30分前に着くように設定をしてるんですけど、いつもギリギリになるんですけど、時々1位になることがあるんですよ。それがほんとに自分でも不思議で、家に帰って聞いたらお母さんが1時間前に着くように設定してくれてたって・・・」

村山彩希「ということで、さー、みなさん、ここからは明るく元気に盛り上がって楽しみましょう!」


◆M15.BINGO!
◆M16.僕の太陽


小嶋真子「本日はご来場いただきありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

小嶋真子「みなさん、AKB48・29枚目のシングル「永遠プレッシャー」はもう聴いていただけましたか?」客「まだ」

「じゃ~、ここで披露します」客、拍手


◆M17.永遠プレッシャー ※センター:西野未姫


相笠萌「永遠プレッシャーを聴いていただきありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 相笠萌 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 「せ~の、せ~の」バック前進お辞儀「ありがとうございました」

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:僕の太陽)

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
2月16日(土)「僕の太陽」14:00公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 西野未姫&岡田奈々

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル