FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

「壇上に立ちたい」「キャプテンをやってみたい」 鈴木紫帆里 19歳の生誕祭 (2013/02/19、チームK)

2013021917410001.jpg 2013021917410002a.jpg

AKB48劇場 / チームK ウェイティング公演 (23回目)

■出演メンバー
新チームK → 阿部マリア・内田眞由美・倉持明日香・小林香菜・佐藤亜美菜・島田晴香・鈴木紫帆里・近野莉菜・中田ちさと・仲谷明香・永尾まりや・藤田奈那・前田亜美・松原夏海・宮崎美穂・武藤十夢

研究生バックダンサー → 大森美優・平田梨奈・相笠萌・岡田彩花・村山彩希・橋本耀

■ポジション
大島優子 → 武藤十夢 → 小林香菜
板野友美 → 永尾まりや → 近野莉菜
北原里英 → 宮崎美穂
秋元才加 → 佐藤亜美菜

■開演前の陰アナ (佐藤亜美菜)

■開演
◆M00.overture
◆M01.青春ガールズ
◆M02.脳内パラダイス
◆M03.最終ベルが鳴る
◆M04.スクラップ&ビルド


■MC (自己紹介)
武藤十夢「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームKです」客、拍手

# 武藤十夢 序盤4曲紹介

本日のお題:最近おもしろかったエピソードを教えてください

【1列目 上手側から】
内田眞由美「みなさんこんばんは。内田さんこと内田眞由美です。よろしくお願いします」客「内田さん!」

「初めてだ、こんなに「内田さん」って言われたの」客w

「私はけっこう前から岩と呼ばれることも多いんですけれども、最近ダンスの先生に、立ち位置表があるんですけど、それに、岩田華怜ちゃんとかもいるんで、「岩」って書いてるんですけど、それとすごく間違えられたりとか、内田なんですけど、岩田さんっと言われたりとか、そういうおもしろいエピソードがちょくちょくあります」

鈴木紫帆里「ハイ、シアターを支える3本目の柱になりたい、チームKのしほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「すごい。こんな歓声今まで聞いたことないですよ、私。ありがとうございます。すごい。自分の声がこんなに聞こえなくなるぐらいの歓声を初めて受けました。ほんとにありがとうございます」

「私はですね、街中で「鈴木紫帆里さんですか?」とか「AKB48の方ですよね?」っていう風に声をかけられたら「はい」ってちゃんと答えるんですけど、決して逃げたりはしないんですけれども、つい先日、とある駅のホームで「芸能人の方ですか?」っていう聞かれ方を初めてしたんですね。芸能人だけど、「はい」とも言い辛いし、すごい迷ってたんですよ。そしたらその後に「AKB48の鈴木紫帆里さんですか?」って言われて、知ってるんだったら始めからそう言ってよって」客w

「すごい思いました」

武藤十夢「チームKの武藤十夢です。よろしくお願いします」

「私がおもしろいなと思ったのは、このお題が出た時にみんながハードルが高くてどうしようってすごい悩んでたことがすごいおもしろかったです」

前田亜美「高校2年生の17歳、あーみんこと前田亜美です。よろしくお願いします」

「私はおもしろいと思ったのは昨日の話なんですけど、昨日ちょうど渋谷にいたんですね、私。それで渋谷を歩いていたら、小森と歩いてたんだけど、歩いてたらし不思議な落し物があって。ズボンが落ちてました」客、軽くw

「なので、落とした方はたぶん渋谷にあるので、行ってみてください。思わずビックリして写真撮りました。みなさん、ズボンの落し物には気をつけてください」

島田晴香「チームKの島田晴香です。よろしくお願いします」

「私はですね、先日さいたまスーパーアリーナで行われたA-1グランプリの時なんですけど、罰ゲームで体重公開みたいな感じで」客、反応

「世間を騒がしてしまった。島田の体重は55キロなんじゃないかみたいなすごいツイートで乗ってまして。決して私は55キロじゃないんですけれども、その記事を見た時に友達が・・・」
内田眞由美「必死ですね」客w
島田晴香「それはそうですよ。軽く見られたら別に訂正しないですけど、重く見られたらやっぱりアイドルなんで、一応」
小林香菜「えっ? 55より下なの?」
島田晴香「えっ? 失礼じゃないですか」客w

「もうね、傷つくからもうこれで捌けます」

# 1列目メンバーたち捌ける

【2列目 上手側から】
近野莉菜「ミラクルミラクル? (きっとくる) ありがとうございます。チームKの19歳、近野莉菜です。よろしくお願いします」

「私、バレンタインを事務所のスタッフさんに作ったんですけど、ちゃんと袋にまで詰めて、ちゃんと数を確認したのに、でかける時に無かったんですよ。で、めちゃくちゃめちゃくちゃ探したら、犬がベットに隠してたっていう事実がありまして。しかもそれが一番渡さなければいけない担当マネージャーさんのだったのがすごくビックリしました」

松原夏海「ハ~イ、みなさんご一緒に、うん! みんみんみん、なっつみん! ありがとうございます。なっつみぃこと松原夏海です。よろしくお願いします」

「私もですね、ペットの話になるんですけど、家で猫4匹、犬1匹を飼ってるんですね。ある日トイレに置いてある青くなるような水が、あれがビチャビチャビチャってなってて。誰かがやったんだと思ったんですよ。そしたらね、こうやって1匹ずつ見てたらね、1人の猫がね、鼻が青くなってて、もうね、かわいいと思って怒れませんでした。私も今日はかわいくがんばります」

小林香菜「負けっ放しの負けず嫌い、かなこと小林香菜です。よろしくお願いします」

「私はですね、この前、奥様は魔女を見て、自分が魔女なんじゃないかって錯覚を陥ってしまって。昨日から家で指を一生懸命鳴らして。飲み物取るのめんどくさいなとか思ったらこうやってやっても一切こないんですよ。だから、私が魔法使いになって、島田の体重を軽くしてあげます」客w

宮崎美穂「ド・レミ・ド・ミ・ド『みゃお~!』ありがとうございます。19歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「私はですね、昨日まで韓国のほうにロケに行ってたんですけれども、そこで現地のコーディネーターさんがいまして、女性の方ですごく丁寧な礼儀の正しい方だったんですけど、食事の席になると必ずサンドイッチを勧めてきてくれて。なんか意味がわかんなかったなみたいな」客、軽くw

「韓国きてサンドイッチかな?みたいな感じだったら、最後の空港のカフェでもサンドイッチをお勧めしてくださいまして、私は柚子茶を頼みました。。さー、ということで」客w

「みなさん今日はですね、バースデーな感じの匂いがするんで、ここ来て、立ったら。だからみんなほら、3・2・1でさ、指を鳴らそう」客、軽くw
佐藤亜美菜「せ~の」
メンバーたち → パチッ(指鳴らす)
宮崎美穂「はい、って感じでよろしくお願いします」グダグダ

倉持明日香「みなさんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私はお正月に初詣に家族で行ったんですけども、その時に並んでたらお母さんが「明日香、明日香、この雪ほんとキレイだね」って言ってたんですけど、灰なんですよ、どう見ても」客w

「お寺の灰で。ほんとに私の父と母はほんと2人とも天然で、お父さんも「おっ、積もってるな」みたいな言い方で」客w

「髪の毛にめっちゃ灰が積もってたんですけど、それが雪だと勘違いして全然払ってなかったので、私はこの父と母の娘に生まれて23年間、私はまともに生きてきて良かったなと思いました」

阿部マリア「高校2年生、17歳のあべまりこと阿部マリアと申します。よろしくお願いします」

「私はこの前さいたまスーパーアリーナで行われたA-1グランプリっていうやつがあったんですけど、その後にGoogle+にファンの方からコメントをいただいて、読んでいたら、ロシアンシュークリーム、からしが入ってないのわからなかったのおもしろかったよ。あとイントロクイズ、自分の曲なのにわかってなくておもしろかったよ」客、軽くw

「あと、イジリーさんへのタメ口おもしろかったよ。あと罰ゲームだけ一生懸命がんばってたのおもしろかったよって書いてあって、これ悪口じゃないかなと思って」客w

「でもおもしろいって思ってくださるなら良かったなって思います。がんばります」

# 2列目メンバーたち捌ける


【3列目 上手側から】
中田ちさと「ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、ちぃちゃんこと中田ちさとです。よろしくお願いします」

「私はティッシュ配りをしているお兄さんとかってよく街中にいるじゃないですか。それで、けっこうもらってもらってってしつこく言ってくる方とかいるんですけど、私もらわない派なんですね、いつも。で、この間も街歩いてたら「たぶん私に渡してくるな」っていうお兄さんがいて、下向いて歩いてたら、「もらってください、中田さん」って言われたのが」客w

「すごくビックリして。その時は思わずもらっちゃいました」

永尾まりや「み~んなに幸せを届けたい、ウインクキラー、永尾まりやです。よろしくお願いします」

「私は昨日NOTTVの「あんた、誰?」に出させていただいたんですけど、中村麻里子ちゃんのおもしろさが絶好調で、ある意味なんですけど、昨日もリハーサルで大喜利をやったんですよ。問題が「あん誰PのPは何か」みたいな大喜利で、けっこうみんな「パンツ穿いてない」とか、そういう感じだったんですけど、中村麻里子ちゃんは思い切り手を上げて、出たのが「プータロー」って書いてあって。プータロー?みたいな。プータローって思って。その後でじわじわ来ちゃって、みなさんも後でじわじわくると思うんですけど」客w

「すごいおもしろかったです」

佐藤亜美菜「愛されたい愛したい、でもやっぱり愛されたい、AKB48チームKの佐藤亜美菜です」

「私はですね、ちょっと会場を忘れてしまったんですけど、しばらく前にAKBのライブが行われた時にそのライブに初めて母親が見に来てくれて、お母さんとかは招待席って、関係者席ってところがあるんですけれど、母がそこに座っていたら、秋元先生がいらしたみたいで、AKBに私が入ってたぶん2年ぐらい経ってからやっと初めてライブに来てくれたので、たぶんひと言ご挨拶をしようと思って、秋元先生に「佐藤亜美菜の母です。いつもお世話になってます」って言ったら、それがたまたまレポーターで来てたフジテレビの軽部アナウンサーだったのが」客w

「ほんっとに心から申し訳ないと思いました。母はでも悪気が無いんです。ほんとに娘の為を思って一生懸命挨拶しようと思ったんですけれど、ほんとに申し訳ないことをしたなと思いました。あの時はすみませんでした」

藤田奈那「チームKの16歳、なぁなこと藤田奈那です。よろしくお願いします」

「私の最近おもしろかったことはですね、今よくテレビとかに出ていらっしゃる壇蜜さんに似てるってすっごい言われるんですよ」客、ひゅ~

「そういうの求めてないんですけど。それでね、小学校の時のすごい仲良かった女の子の友達がいるんですけど、最近、中学入ってから、今高校1年生なんですけど、全然連絡取ってなかったんですよ。でもつい1週間ぐらい前に「久しぶり。最近壇蜜さんに似てるってよく言われない?」ってメールがきまして」客、軽くw

「それで、私もそろそろ連絡したいなと思ってたので、その会話のきっかけになってくれた壇蜜さんに感謝だなと思いました」

仲谷明香「チームKでも私の半分は、優しさでできています。なかやんこと仲谷明香です。よろしくお願いします」

「メンバーの一番最後の自己紹介でほんとにハードルが上がりっ放しなんですけど。ほんとにまったくもって私おもしろい話が無くて、自分でふと1人で動画を見て笑ってしまったことが、この間AKB0048っていうアニメから生まれた声優選抜のNO NAMEっていうユニットがあるんですけど、ライブをね、やらせていただいたんですけど、それの報道みたいな、ライブをやりましたみたいなニュースをどっかの局が放送してくださってて、それを見たら「期間限定で生まれたユニット」みたいな感じで紹介されてて。あれっ?私、本人だけど期間限定なんて知らされてないんだけどなーと思って、一体どういうことなのかやすすに問い詰めたいと思います」客w

「ウソウソ。だって局の人が間違えたかもしれないもんね。それだったらそれでいいなと思います。ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーで張り切っていくので、よろしくお願いします」

佐藤亜美菜「本日の公演は以上のメンバーでお送りします。新生チームKから新たな歴史のスタートです」

# 3列目メンバーたち捌ける


◆M05.向日葵 (島田晴香・前田亜美・内田眞由美・鈴木紫帆里)
◆M06.片思いの対角線 (松原夏海・宮崎美穂・近野莉菜)
(BD:大森美優・平田梨奈・相笠萌・岡田彩花・村山彩希・橋本耀)
◆M07.嵐の夜には (阿部マリア・倉持明日香・小林香菜・仲谷明香)
◆M08.あなたとクリスマスイブ (佐藤亜美菜・永尾まりや)
◆M09.Glory days (藤田奈那・武藤十夢・中田ちさと)
(BD:大森美優・平田梨奈・相笠萌・岡田彩花・村山彩希・橋本耀)

■MC
鈴木紫帆里・島田晴香・近野莉菜・前田亜美・宮崎美穂・内田眞由美・松原夏海

前田亜美「私が考えました。いきますよ。みんなで苦手なものについて語りたいと思います。いたって普通なんですけど」

松原夏海「私は今できたんです。内田さん」客、反応
内田眞由美「なんで?」
松原夏海「たぶん盛り上がってたんだよん、自分がね。ブンブン腕回しながらね、私が後ろからこう来てるのにさ、危ないじゃん」
内田眞由美「ごめんなさい」
松原夏海「と思って苦手だと思いました」
内田眞由美「ほかに私のこと苦手な人いますか?」
宮崎美穂 → 挙手
メンバーたち「あっ」
前田亜美「やっぱあれじゃない? チームKみんなうっちーのこと苦手なんじゃないの?」
宮崎美穂「それはいじめだろ」
松原夏海「真面目に受けないで。愛がある」
宮崎美穂「私はうっちーが楽屋ですっごいでかい声で熱唱し始めるんですよ。だから音楽聴いててもうっちーの声聴いてるの。それが苦手」
内田眞由美「それ相当だね。無意識だな。歌ってる自覚ないな」
鈴木紫帆里「あと独り言けっこう大きいよね」
近野莉菜「話しかけられてんのかと思って反応したんだけど、1人で喋ってる」
内田眞由美「前のKでも言われてて。次からは新しいチームになったら直すからって言ってたんだけど、直ってなかった。ごめんなさいね。がんばるね、じゃ~」

前田亜美「私が苦手なものですか? お化けです」
鈴木紫帆里「かわいい」
島田晴香「そういうアイドル的な発言はいいから」
前田亜美「ガチのお化け。暗闇が嫌いなんですよ。夜中は起きれるんですけど」
鈴木紫帆里「森の中とか?」
メンバーたち → 反応
鈴木紫帆里「なんとなく」
島田晴香「いきなり部屋が明るかったのに、パって暗くなったりすると怖いんだ」
前田亜美「あっ、死んでるって思う。ヤバイって思う・・・」

島田晴香「私、人の前で苦手なもの言いたくないんですよ」
宮崎美穂「じゃ~、いいや」客w

鈴木紫帆里「私は爬虫類が全般苦手です。ほんとに爬虫類ダメで、これダメだからそういうのしてとか振りでもなく、ガチで苦手なんですけど」
前田亜美「爬虫類って何?」
島田晴香「トカゲとか」
鈴木紫帆里「カエルは両生類じゃない? でも苦手、カエルも」
前田亜美「恐竜は?」
宮崎美穂「一卵性」客、ざわ
松原夏海「一卵性かどうかはわからない」
鈴木紫帆里「きっと大丈夫かな」
宮崎美穂「もしロケとかでさ、ヘビを食べるロケあったらどうするの?」
鈴木紫帆里「虫1回食べたことあるんですよ」
島田晴香「普通に食べれるっしょ」
鈴木紫帆里「すごいよね。やっぱ苦手なもの教えて」
島田晴香「ほんと・・・」
鈴木紫帆里「言いたくてしょうがないんでしょ?」客、軽くw
内田眞由美「自分が無いから早く」
島田晴香「鳥」
宮崎美穂「ハァ?」
島田晴香「ほんとに鳥類が苦手で、ホームとかで座ってるじゃないですか。で、半径1メートルぐらいでも30センチとかでも近くに入れられると私動けなくなっちゃう」
松原夏海「でもさ、食べるんでしょ?」客w

「それはいいんだ」
島田晴香「それは大丈夫なんですけど」
内田眞由美「チキンソテー食べれるんでしょ?」
島田晴香「チキンソテー全然食べれます」
メンバーたち → w
島田晴香「なんですけど、近くにいるっていうのだけで失神とか出ちゃうんですよ」
松原夏海「でも鶏肉は食べれるんでしょ?」
島田晴香「鶏肉は大好きです」
宮崎美穂「一番ダメな鳥は何?」
島田晴香「えーと、ニワトリ」
内田眞由美「飼育委員だったんだけど、ニワトリ」
宮崎美穂「でも焼き鳥好きでしょ?」
島田晴香「大好きです」客、軽くw
鈴木紫帆里「卵食べるでしょ?普通に」
島田晴香「全然毎日」
近野莉菜「トラウマがあるのかな?」
島田晴香「なんにも無いです。あとフラミンゴが嫌いです」

「ちかちゃんは?」
近野莉菜「大丈夫ですよ、私は。早く締めなよ」客w
島田晴香「なんで今日冷たいの。島田に構って、みんな」
内田眞由美「愛だよ、これも」
島田晴香「後半戦も盛り上がっていきましょう」客、拍手

# 他のメンバーたち入場

島田晴香:ここからは新生チームKそしてAKB48グループを存分に楽しんでください


◆M10.ただいま 恋愛中
◆M11.ALIVE
◆M12.オネストマン
◆M13.走れ!ペンギン
◆M14.姉妹グループメドレー
(1) 孤独なランナー ※ソロダンス:鈴木紫帆里
(2) 強き者よ
(3) 絶滅黒髪少女
◆M15.転がる石になれ


■MC
前半:島田晴香・松原夏海・中田ちさと・永尾まりや・小林香菜・宮崎美穂・前田亜美・仲谷明香・佐藤亜美菜・鈴木紫帆里・阿部マリア

宮崎美穂「本日のお題はですね、なんと、鈴木紫帆里ちゃんについてです」客「イェー!」
鈴木紫帆里「ありがとうございます」
宮崎美穂「なぜだかわからないけど」
鈴木紫帆里「わからないです。前のチームではけっこう誕生日の日にそのメンバーのMCのお題ってけっこうあったんですけど、チームKで初めてですよね?」
宮崎美穂「誕生日なの?」
鈴木紫帆里「一昨日誕生日です」

永尾まりや「質問したらなんでも返してくれる」
前田亜美「たしかに。頭いいから」
永尾まりや「なんでも知ってる」
鈴木紫帆里「返したっけ?なんか」
佐藤亜美菜「あえてがんばって返そうとしてるんじゃなくて自然に全部に返す」
松原夏海「質問、質問。体重は何キロですか?」客w&反応
鈴木紫帆里「この流れで?」
島田晴香「触れるな!」
鈴木紫帆里「載ってるんですよ、私の体重。○○ペディアに載ってるらしいんですよ、私の体重」
島田晴香「いやいや、私より話題になってないっしょ?」
鈴木紫帆里「さすがにそれは負けますね」
小林香菜「言い難いから、島田より上か下か教えて」
島田晴香「どう見てもそっちのほうが痩せてるってみんな思ってるって」
小林香菜「じゃ~、島田何個分?」客w
佐藤亜美菜「もういいよ」

「私が紫帆里の話する。紫帆里は一時期AKB48をちょっとお休みしてた時期があったでしょ? 1回やめて、もう1回入ってきたでしょ? そのやめてる期間の間も亜美菜にお誕生日メールくれた」客、おー&拍手

「めっちゃいい人」
宮崎美穂「ちょっと待って。それはたぶん亜美菜ちゃんだけだと思うよ」
中田ちさと「きてない、私」
佐藤亜美菜「だってアドレス交換してて、仲良ったんだもん。だけどやめちゃったらちょっと気まずいところもあるじゃん。だけど、気まずいのはたぶん送る側だけで、送られる側はなんも気まずくないでしょ? だけどだいたい気まずいなってちょっと自分で思っちゃうじゃん。でも紫帆里はめっちゃ長文で、めっちゃいいメールをくれた」客、おー

阿部マリア「私はですね、割とAKBの中で身長が高いほうなんですけど、私より大きい人がいて安心しました」客w
宮崎美穂「でもさ、実際のところAKBで一番高い?」
鈴木紫帆里「高いと思います」
前田亜美「だって劇場の柱だもんね」
宮崎美穂「3本目になりたいんでしょ?」
佐藤亜美菜「ゆくゆくはずっとたぶんそこら辺に立ってると思う」客w
鈴木紫帆里「そのうち10年後とか」
佐藤亜美菜「立ってると思う。ピンクのテープ貼られてると思う」

宮崎美穂「いっぱいある。なんかね、私チームBの時から一緒で。だって着替えるところ隣だもん」
鈴木紫帆里「隣だった」
小林香菜「だから隣だからもっといいこといっぱい知ってるでしょ?」
宮崎美穂「そうそうそう、知ってるのよ」
佐藤亜美菜「最後にいいところボーンって言って」
宮崎美穂「あのね、全部の衣装にファブリーズをかける」客w
メンバーたち「そこ?」「それみんなやってるよ」

# 後半チーム入場 / メンバーチェンジ

後半:藤田奈那・倉持明日香・近野莉菜・武藤十夢・内田眞由美

藤田奈那「最近あった恥ずかしい話」

倉持明日香「私は昨日なんですけど、夜ご飯お母さんが作れないから勝手に作って食べてみたいなメールがきたんで、家帰る前にスーパーみたいなところでもやしを買ったんです。で、もやしをレジに持って行ったらたまたま私の前の人が、たぶんイタリアとかフランスのそっちの関連のモデルみたいにめっちゃキレイなヒゲ生えててダンディーな男性の方だったんですよ。何買うんだろうと思ったら、私もやし2パック持ってたんですけど、2袋持ってて。何買うんだろうなと思って見たら、すっごいオシャレなねじねじしたパスタ買ってて。もやし出すの超恥ずかしいと思って。そこの違いかなと思いました」
近野莉菜「イタリアだね、じゃ~」
倉持明日香「ねじねじしたやつ。小学校の時、図画工作の時に貼ってたようなカラフルなねじねじしたのわかります?」
藤田奈那「食べれるんですか?」
倉持明日香「だからオシャレだなーと思って」
内田眞由美「ちょっといいスーパーに行くとありますよね?」
藤田奈那「いいスーパー行ったんですか?」
倉持明日香「ちょっといいスーパーで、もやし買って、恥ずかしかったなと思って」

近野莉菜「電車によく乗るんですけど、すごい喉が渇いて、炭酸飲料を開けようとしたんです。そしたら、すごい中で振られてたんでしょうね」
倉持明日香「カバンの中でね」
近野莉菜「開けた瞬間にボンって飛んだの」
倉持明日香「パーティー始まっちゃう」
近野莉菜「そう、パーティー始まっちゃって。でも拾うの恥ずかしいじゃないですか。恥ずかしいからどうしようと思って。でも、こうやって様子見て、シュって取って、戻したっていうのが恥ずかしかった」
倉持明日香「ここ(中)からはブワーってなんなかったの?」
近野莉菜「なんなかった。なりそうだったんだけど、そっちを気にしてたら、こっちがボンって行っちゃって。電車の中って密室じゃないですか。恥ずかしい」
内田眞由美「電車って恥ずかしいよね。何か落とした時、なんかさ、座ってても寝ぼけてて携帯とか落としちゃうじゃん。3、4回繰り返す。何回も拾って、恥ずかしいなと思ってまた寝ちゃうんだけど」
近野莉菜「寝ちゃって、電車の中で。ガンってなっちゃった時、窓に。めっちゃ恥ずかしい」
倉持明日香「よくあるわ」
近野莉菜「私じゃないですっていう顔するけど」
倉持明日香「首の運動してましたみたいな」
近野莉菜「完全にね、見られてたら恥ずかしいですよね」

武藤十夢「私、炭酸飲料関係で私も同じようなことがあって。コンビニで買って、炭酸1回飲んだんですよ、普通に開けて。あれっ?ちょっと炭酸強いなと思ってすごいピリピリしたから。1回振って、抜いてから飲もうと思って」客、反応
近野莉菜「ダメだ・・・」
倉持明日香「なんで買ったの?」
武藤十夢「思ったのより強かったんですよ。ポンってやって、わって開けたらワーって感じで」
倉持明日香「誰もが予測できる」
藤田奈那「そうなるよね」
武藤十夢「ちょっとシュってなって・・・。違った」
倉持明日香「なんか理科の実験みたいだね」

内田眞由美「私はすごい本が好きで」
倉持明日香「そうだね、読書家ですもんね」
近野莉菜「見た目に似合わずですね」
内田眞由美「よく言われます。そうなんですけど、本屋に行って、まずは英会話とボールペンの本を買ったんですね。私すごくチーズが好きで、料理系のところに行ったらチーズのプロフェッショナルの本があって。チーズについてダーって書いてある本なんですけど、それが欲しくて欲しくて。でも1200円したから買わなかった」
倉持明日香「意外に高いね」
内田眞由美「チーズの盛り合わせとかって高いの知ってます? 私ブルーチーズとか大好きで」
近野莉菜「いくつですか?あの人」
倉持明日香「35です」客、軽くw
近野莉菜「同い年だよね。すごいね。舌が大人だね」
内田眞由美「チーズについては誰にも負けない」
倉持明日香「チーズ、私切れてるチーズが一番好き」
内田眞由美「腐ったチーズが大好き」
倉持明日香「ブルーチーズって腐ってるやつ?」
内田眞由美「そう、腐ってるやつ。青い点々」
倉持明日香「あれ食べれない」
近野莉菜「誕生日にはブルーチーズをプレゼントします」
倉持明日香「うっちー誕生日いつ?」
メンバーたち「12月」
倉持明日香「今から買っとくから」
内田眞由美「腐らせとくの?」客、軽くw
倉持明日香「家で発酵してくるから」

藤田奈那「あの、自分から振っといてなんなんですけど、恥ずかしい話とかそういうの実際どうでもよくて」客、え~
メンバーたち「反抗期」
藤田奈那「聞いて欲しい話があるんです。最近すごいウザイことがあって」
倉持明日香「それでは本日の」
メンバーたち「UZA」
藤田奈那「私はですね、この間携帯の保護フィルムみたいな。画面に貼るシートを買ったんですよ。1280円もするやつ。けっこういい値段するじゃないですか。それが覗き見防止のフィルムなんですよ。で、上から見ても横から見ても見えませんみたいな。それのシートに今まで貼ったことなくて、すごい憧れてて、人から見えないっていうのに。で、ちょっと買ってみたんですよ。高かったけど、1280円出して。で、貼ったんですね。で、ちょっとこうやって横にするじゃないですか。丸見え」
メンバーたち「えー?」
藤田奈那「えっ?と思って。ほんとに返品したかったんですけど貼っちゃったから無理だと思って」
近野莉菜「そういうのは2500円するぐらいのやつじゃないとダメなんだよ」
藤田奈那「なんで先に言ってくれないんですか?」
近野莉菜「私完全に見えない買ってます。2580円ぐらい」
藤田奈那「高い」
内田眞由美「どんだけプライバシー気にしてるの?」
倉持明日香「保護フィルムにUZAということで。みなさんも一緒に、せ~の」
みんなで「UZA」

# 他のメンバーたち登場

内田眞由美「1200円出すんだったらチーズの本買ったほうがいいよ」客w

近野莉菜「それでは最後の曲聴いてください。UZA」


◆M16.UZA


■アンコール
有志の方「今日は2月17日に19歳の誕生日を迎えました鈴木紫帆里さんの生誕祭です!」客、イェー!&拍手

「昨年の1年はぐぐたす選抜に始まり、「AKB48あんた、誰?」の出演からモデルとして東京ランウェイへの出演と彼女の目標を第一歩を踏み出した年でした」客「イェー!」

「10代最後の1年もさらなる活躍を願いつつ、今後のしほりんの成長を見届けていただけますようお願い致します」客、拍手

「今日のアンコールは盛大なしほりんコールでお願いします」客、拍手

「しほりんコールいくぞー!」


「しほりん」コール


◆EN01.ヘビーローテーション
◆EN02.ファースト・ラビット


■MC
松原夏海「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

松原夏海「ヘビーローテーション・ファースト・ラビットを聴いていただきました。本日のチームK公演もみなさんの温かい声援に包まれて、無事終わりに近づいてきています。今日はここで本日の公演の感想と感謝の気持ちをメンバー1人を代表して、では、なぁな、お願いします」

藤田奈那「今日はですね、この温かいお祝いムードに包まれ・・・。なんか結婚式みたい」客w

「みなさん一緒に盛り上がってくださってすごく私たちも楽しくパフォーマンスすることができています。前回の公演では松井珠理奈さんも初めて出演してやっとチームKがこのステージにウェイティング公演で立ったということで、新しい一歩というか、新しいスタートを切れたと思うので、これからもチームKが一番いいねとか、チームK公演また見に行きたいねとか言っていただけるようなチームそして公演にしていきたいと思います。みなさん今日はほんとにありがとうございました」客、拍手

松原夏海「今日の公演はほんとに愛ある公演になったと思います。そんな公演にしてくださったみなさんに向けて、感謝の気持ちを込めてみんなで最後歌わせてください。草原の奇跡」


◆EN03.草原の奇跡


■鈴木紫帆里 生誕祭
永尾まりや「本日はご来場誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 永尾まりや ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」バック前進
武藤十夢「ちょっと待った」客、拍手
宮崎美穂「どうしたの?」
武藤十夢「今日はみなさん何の日か知ってますか?」
宮崎美穂「わかんない」
佐藤亜美菜「何?何?」
武藤十夢「今日は2月17日誕生日を迎えた鈴木紫帆里ちゃんの生誕祭です」客、イェー!&拍手

「しほりんさん、お誕生日」
みんなで「おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア しほりん」客、ひゅ~&拍手

「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

鈴木紫帆里 → ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射(客、拍手)

メンバーたち「おめでとう」
鈴木紫帆里「ありがとうございます」天井からぶら下がった紙テープを自ら取る(客w)

武藤十夢「しほりんさんは何歳になったんですか?」
鈴木紫帆里「19歳になりました」客、拍手
宮崎美穂「わっか」
鈴木紫帆里「そうなんですよ。やっと見た目に年齢が追いついてきたのかなって最近思いまして。はい、10代最後です」

武藤十夢「去年1年はどんな1年でしたか?」
鈴木紫帆里「去年の18歳の時は、実はたぶんちょうど1年前の今日にチームB公演で生誕祭をたしか開いていただいたんですけれども、その時に選抜に入りたいって言ったのと、モデルとしてのお仕事をしたいっていう風に言ったんですね。で、その年のすぐ後にぐぐたす選抜として、選抜に入れていただいて、その後、東京ランウェイをモデルとして歩かせていただいて、ここで言ったことがどっちも、去年は叶えることができたんですよ」客、拍手

「今まで言ったことがほんとに叶うんだっていうのをあんまり実感したことが無かったんですけれども、去年ほんとに充実してて、言ったことがほんとに叶うんだなっていうのを思ったし、最近先輩がCMでも叶えたいことは口に出して言ってかないと叶わないよみたいなCMをよくお見かけするんですけれども、ほんとにその通りだなっていうのを去年の18歳の時に実感しました。そして18歳になったことによって、24時間の仕事ができるようになって、深夜帯のラジオとかいろんな番組に出させていただくこともできて、自分としての活動の幅が広がった1年だったんじゃないかなって18歳はほんとに思います。みなさんありがとうございます」客、拍手

武藤十夢「じゃ~、18歳の1年は充実した1年だったということで、今年1年はどんな年にしたいですか?」
鈴木紫帆里「いろいろ話したいことを考えてきたんですけど、いろいろ話してるうちに忘れちゃいそうなので、結論から言いますね」客、おー

「今年もし第5回選抜総選挙があるんだったら壇上に立ちたいです」客、拍手

「第2回の時は居なかったんですけれども、1回から3回それを選抜総選挙を行ってきて、1度も壇上に上がることができなくって、悔しい想いはしてたんですけど、けっこうみなさんには隠してて、「また次があるよ」とか「この1年がんばろう」とか言う風に思ってたんですけども、やっぱりほんとに悔しいなって思えるようになったし、今年に入って、二十歳を来年迎えるにあたって将来のことをすごい考えるようになったんですね。で、やりたいことがほんとにいろいろ見つかって、モデルにもなりたいし、ほんとにラジオのお仕事とかもどんどん増やしていきたいなと思うし、でも私の最終的な目標は自分のプロデュースしたものをみなさんにお届けしたいなっていう風に思って、海外進出とかもしてみたいなっていう風に考えているので」客、反応

「それをする為にはAKBで知名度を上げなきゃいけないんですよ」客、軽くw

「ほんとに知名度が、私たぶん無いと思うので、このAKBの中で有名にならなきゃいけない為にも、1曲でもコンサートで出演する曲を増やしたいし、ひと番組でもみなさんの目に触れるような番組に出演したいんですね。なので、それを実現する為にも一番自分の知名度を、というか、そういうのを上げられる方法が、その選抜総選挙にランクインすることだったんじゃないかなって思って、今年の一番の目標はそれにしたいなと思っています。言っちゃった」客、拍手

「なかなか自分にスポットが当たることが無いので、こういう場でしかこういう大口っていうか、すごい大胆なこと言えないんですけれども、もう1コありまして。チームKとしてなんですけれども、19歳で、たぶん私は若手と言われないんですね。若手と言われない分、先輩のいいところを盗んで、後輩にどんどん教えていかなきゃいけない立場になってきたんだなっていうのを最近ほんとに実感するようになったので、自分がこのチームKの一員だっていう自覚を持つと共にキャッチフレーズで3本目の柱になりたいって言ってるんですけれども、秋元才加ちゃんみたいな、チームKにいたら頼れるみたいな、精神的なチームKの柱にいつかなりたいなって思うのと、もし何年か経って、先輩が自分の夢に向かって卒業してしまった時に、まだもしAKBにいるのであれば、そしてこのチームKがまだあるならば、キャプテンとかもやってみたいなーって」客、おー&拍手

「すごいほんとに、今後ろ向けないんですけど、怖くて」客、軽くw
宮崎美穂「ここだよー」
鈴木紫帆里「後ろ向けないんですけど、そういう立場になっていけるように、精神的にも強くなれたらいいなと思います。二十歳前の10代最後、みなさんに甘えると共に大人になる準備もしていきたいなと思います。これからもよろしくお願いします」客、拍手

「言ってしまったよね」
メンバーたち「すごい」「がんばるれ」
小林香菜「ビックリした。でもさ、私、2期生でまだキャプテンやってないから1回だけやらせて」客w
鈴木紫帆里「先に。まだ何年後かの話なんで」

武藤十夢「じゃ~、こうしてお祝いしてくださったファンのみなさまにひと言お願いします」
鈴木紫帆里「今日はほんとにオープニングからすごい盛大なコールをいただきまして、ほんとにありがとうございます」客、拍手

「ファンのみなさまと約束して私が唯一叶えられたことと言えば、3年半前ぐらいの「言い訳Maybe」の私が1回卒業する前の最後の時に、みなさんに絶対また二十歳前にはどんな現場かわからないけども絶対この世界に戻ってくるからっていう風にファンの方と約束したことが今こうやって二十歳前にこうやってこのステージでみなさんとお会いすることができて、叶えられているんだなっていうことをほんとに心から嬉しく思いますし、みなさんの支えがあったからこそここにまた戻ってこれたんじゃないかなって思います。これからも、私すごい1人で考え込むことも多くって、あんまり弱音とかも話さないんですけど、悔しいとか大変だとか、あんまり言わないんですけれども、ほんとに辛い時とかはみなさんと握手することで、みなさんから笑顔をもらったり元気をもらったりしているので、これからも私のことを支えてくださると嬉しいです。ほんとに今日はありがとうございました」客、拍手


「しほりん」コール

鈴木紫帆里 → タモさん止め不発 「ちょっと上手くいかなかったな。まだまだですね、がんばります」

メンバーたち「おめでとう」

# ケーキ片付け

鈴木紫帆里「っていうか十夢が生誕の仕切りを初めてやってくれたみたいで」
武藤十夢「2回目。ひらりーで1回やって」
鈴木紫帆里「嬉しいです。みなさんほんとに、十夢ありがとうございます」
武藤十夢「いえいえそんなすみません、全然」客、拍手
前田亜美「ねぇ、紫帆里ってさ、成長したね」客、軽くw
鈴木紫帆里「ほんとに? 成長した? 前より」
誰か「亜美が言うな」
前田亜美「一番最初にAKB入った時、一緒で」
鈴木紫帆里「一番初めに遊んだんだよね」
前田亜美「一緒に遊んで、一緒にストレッチのペアだったんですよ。すんごい硬くて、私押したの覚えてるの、背中。でも、今後ろから見てて、すごい大きく見えた。大きいけど」客w

「すごい成長したなって思いましたよ」
鈴木紫帆里「ありがとうございます」
前田亜美「私もがんばらなきゃ」
鈴木紫帆里「がんばりましょう」
松原夏海「決意表明したところで最後の挨拶いきましょう」
武藤十夢「最後はしほりんさんよろしくお願いします」

# 手繋ぎ挨拶
鈴木紫帆里センターにて「せ~の」バック → みんなで「せ~の」前進「ありがとうございました」お辞儀 (客、拍手)

「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:永遠プレッシャー)

上手袖前にて、
宮崎美穂「しほりんの生誕委員の人、すごーい」客w
佐藤亜美菜「どうしたどうした?」
宮崎美穂「せ~の」
鈴木紫帆里など半数ほどのメンバー「それではみなさんご一緒に、せ~の、またきてな~」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー全員と1人ずつ


■メモ
・M05「向日葵」にて、黄色サイリウム (向日葵の造花付)
・M15「転がる石になれ」にて、紫サイリウム
・アンコールは「しほりん」コール
・EN03「草原の奇跡」にて、緑サイリウム


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
2月19日(火)「大島チームK」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 武藤十夢・鈴木紫帆里・藤田奈那

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND