FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

渋谷凪咲 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:渋谷凪咲 (しぶやなぎさ)
ニックネーム:なぎさ
生年月日:1996年8月25日
出身地:大阪府
血液型:
デビュー期:4期


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
渋谷凪咲 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)



生誕祭レポート

2013年

渋谷凪咲 17歳の生誕祭 (2013/08/31、NMB48研究生)

2014年

NMB48渋谷凪咲 18歳の生誕祭(Google+)

NMB48渋谷凪咲 18歳の生誕祭 「NMB48に本当に必要な欠かせない人材になることが目標」

【NMB48劇場】 渋谷凪咲 18歳の生誕祭 (2014/08/25、チームBII)

2015年

【速報版】 渋谷凪咲 19歳の生誕祭レポート (AKB48劇場)

151218 (164)
■エピソード集&発言集


・「待ち合わせやで」について

渋谷凪咲「さんまさんも言ってたんですけど、やっぱ飽きられてからが勝負って言ってたんで、飽きられるまでやります」

■渋谷凪咲 18歳の生誕祭

◆進行役は木下春奈

薮下柊からのお手紙

「凪咲へ

18歳のお誕生日おめでとう。

凪咲とはよく2人で話すけど、いつから仲良くなったんかまったく記憶にございません。だから凪咲と初めて会った印象もまったく覚えていません。

本当にいつからなんかさっぱりだけど、いつの間にか近くにいて、期生とか関係なしに柊にとって凪咲は一番安心する存在です。

凪咲には嬉しいこと、悔しいこと、しょーもないこと、いろんなことを相談している気がします。どうもありがとう。

凪咲はいつもヘラヘラしているけど、けっこう負けず嫌いで、普段は全然泣かないのに、密かに悔し涙を流して、でもそこからまた頑張って努力していてかっこいいなって思っています。

凪咲とは今までの立場とかけっこう似てて、悩んだこと辛かったこととかも似てたりするから、凪咲が一生懸命頑張ってたら柊も頑張らないとあかんなって影響されてます。

凪咲とはオシャレな人目指してオシャレな場所に行ってみたり、どう頑張ってもいつもオシャレにはならへんのに背景がオシャレなところで写真を撮ってみたり(w) ゴロゴロしながらDVD見たり、いろんなことを一緒に過ごしている気がします。でもずーっと言ってる買い物にはまだ行けてないから、また近々服とか見に行こうね。

普段はこんなこと言えないけど柊は10年後、20年後、30年後、40年後、50年後、100年後までずーっとずーっと凪咲と一緒にいる気でいます。

お誕生日おめでとう。柊より。

P.S. いつまでも出るとこ出てる子でいてね」客w

お姉ちゃんからのお手紙

「凪咲へ

凪咲、18歳のお誕生日おめでとう。

凪咲とは4つ離れているお姉ちゃんだけど、2人のノリや趣味も凄く合って、いつも一緒にメイクの研究をしたり、可愛い洋服の話で盛り上がったり、お父さんやお母さんには言い難いことも2人で話したりするよね。

今日お手紙を書くことになったのでこれを機にお姉ちゃんは凪咲に1つだけ謝りたいことがあります。凪咲とは中学高校と同じクラブも一緒でした。

その年の新入部員は凪咲1人だけだったけど、お姉ちゃんを慕ってバレー部に入ってきてくれたね。入部して間もない試合前日の夜、私に「お姉ちゃん、これどう使うの? 明日の試合の準備これで合ってる?」と不安そうにいろんな質問をしてきたね。妹が同じバレー部に入ってきて照れくさかったかったこともあり、「もうそれでいいから」と冷たく言って寝てしまいました。凪咲はまだゴソゴソと不安そうに荷物を調べていたね。先輩だらけの中、私しか頼れる人がいなかったのに素っ気ない態度をとってしまったこと、今でも後悔しています。
それからも妹だからとかまったりすることもなく、優しい言葉もかけてあげられなかったけど、凪咲は先輩から言われたことを一生懸命やり、笑顔でひたむきに頑張っていたよね。

いつからか先輩たちから一番可愛がられる存在になっていた凪咲。それは凪咲の素直なところと頑張り屋なところがみんなが認めてくれたからだと思います。

あの頃はお姉ちゃんも子どもで、凪咲のことまで考えてあげられなくて、あの夜の凪咲の不安そうな顔を思い出す度に涙が出そうになります。あの時は本当にごめんね。

でもそんな凪咲だからNMBに合格したと聞いた時、凪咲なら頑張れるのではないかなと思ったよ。

それからはレッスンや公演、ツアーなどで家にいることが少なくなり、お姉ちゃんも仕事で前みたいに一緒にご飯を食べたり遊んだりすることも少なくなったね。正直とても寂しいし少しの時間一緒に笑ったりふざけたりする時はとても楽しいよ。

ある時、仕事が凄く大変で辛い時、可愛い衣装を着て楽しそうに踊っている凪咲のことを羨ましいなーって思ったことがありました。でも、もし入れ替われてもいいよって言われたら、きっとお姉ちゃんは凪咲のようには頑張れないと思う。側でずっと凪咲を見てきてそう思います。

凪咲にとっては頼れるお姉ちゃんじゃないかもしれないけど、ずっと凪咲の味方だし何でも話してね。また時間があったら可愛いお洋服買いに行こうね。

でも2人で買い物に行くと「これ可愛いな」と凪咲がニコっと笑った途端、魔法にかかったように服をレジに持って行ってしまうお姉ちゃんがいます。渋谷家では「凪咲マジック」と呼んで恐れています(w)

でもお姉ちゃんは凪咲のことが大好きだし、こんなことくらいしかしてあげられないからね、まぁいいかなって思います。これからも家族みんなで凪咲のことを支えていくから安心して頑張ってね。

それと、凪咲のことを考えていつも走り回ってくれているお父さんお母さんに感謝してね。

凪咲にとって素敵な18歳になりますように。

最後になりましたが凪咲を支えてくださっているすべての皆様、まだまだ未熟でヒヤヒヤさせられることもある妹ですがこれからもどうぞよろしくお願いします。本日は凪咲のために本当にありがとうございました」

今日生誕祭を迎えた凪咲からファンの皆さんにひと言どうぞ

渋谷凪咲「今回こんな素敵な生誕祭を開いていただいて本当にありがとうございます」拍手

「私のこの1年は本当に凄く大きく変わった1年で。1つはずっと念願だった選抜メンバーに入らせていただいたことと、チームBIIの昇格と、チーム4の兼任でした。

最初は凄く不安で、ずっと研究生で頑張ってきたからチームを経験したことがなくて、それにメンバーも凄く新しいメンバーばかりでどうなるか凄く不安だったんですけど、チームBIIのみんなは本当に素敵な・・・(涙) 素敵なメンバーで、こんなにも良い人たちに囲まれて、私は凄く幸せです。今では本当にBIIが大好きで、本当にチームBIIに昇格できて嬉しいなと思っています。

そして、兼任については凄く嬉しかったんですけど、初日公演がほぼ同時に始まったり、ツアーが日にちのない中、2つのものを仕上げるのが凄く大変で、私は凄く悩んだり、諦めそうに挫けそうにもなったんですけど、凄く毎日が自分との戦いで、でも選らんでいただいたからには本当に絶対に期待以上のものを応えたいって凄くいつも思っていて。なので、それにメンバーのみんなや待ってくださっているファンの方がいてくださるから私はすることができました。本当にありがとうございました。

そして、18歳の私の目標はNMB48に本当に必要な欠かせない人材になることが目標です。先輩方とこれから一緒に走っていけるような、そんな存在に絶対になりたいです。

そして、個人の目標としては以前「てんとうむChu!」で『女子高警察』というドラマを少しさせていただいたことがあって、その時に演技を経験させていただいて、凄く興味を持ったので、今年の目標は演技の目標をしたいです。何か1つよろしくお願いします(w)

そして、もう私は本当に凄く皆さんにも恵まれていて、周りの人たちにもほんとに恵まれていて、チームBII、そしてチーム4に所属させていただいていることが本当に幸せで、もう私は幸せ者です。

あっそうや、皆さんにそう言えば1つ謝らないといけないことがあるんですけど、生誕Tシャツのことなんですけど、着ていただいている方いると思うんですけど、色合いを間違えてしまって(w) まさか、私はグレーを選んだつもりなんですけど、なんか凄い色になって、でも凄く、こう見たら皆さん似合ってるから、これで良かったなって思います。

それと絵を描いて、女の子が待ち合わせしてるポーズがあるんですけど、親指と小指を間違えてしまって(w) 親指を出してて。でも皆さんこんな生誕Tシャツ珍しいから絶対に持ってた方がいいと思います(w) ぜひご注文を(w&完売)

それと「虫のバラード」今日少し歌詞を間違えてしまいました。ごめんなさい。

でも本当に私はこれからももっともっと成長を絶対にしていくので、皆さんも私のことをずっと見ててください。そして、皆さん、大好きです。本当にありがとうございました」拍手&おめでとう

「ありがとうございます。あっ、18歳前でも待ち合わせやで」

[2014年8月25日 チームBII「逆上がり」公演]



・最近盛りグセがひどい。 (山尾梨奈談)

[2014年3月13日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]



・メンバーによく「靴下に穴が開いてる」と言われてしまうので、月曜日から日曜日までの靴下(計7足)を購入。

渋谷凪咲「7足あるんですけど、横にマンデーとかいっぱい書いてる」
松村芽久未「凪咲、よく靴下穴開いてて、でもみんなでそれは直さなあかんって言ってて、で、気がついたら月曜日とか書いてる靴下を穿いてきてたんだけど、月曜日と水曜日になってたよね、この前」客w

◆渋谷凪咲 17歳の生誕祭

・大段舞依からのお手紙

「凪咲へ。なぎちゃん、お誕生日おめでとう。

凪咲を初めて見た時、本当に大人っぽいなって思いました。すごくビックリして、すぐにママに言った覚えがあります。

なぎと舞依はダンスが全然できなくって、ダンスに関してはずっとぽんこつって言われてきてるよね。「青春ガールズ」公演が決まって、初日メンバーに選んでもらえてすごく2人で喜んだけど、そこからのレッスンがどんどん厳しくなって行って、みんなとダンスが追いつけないで、2人でよく泣いたよね。

「ふしだらな夏」「シンデレラは騙されない」が踊れなくって、泣いた思い出もあります。 でもこの2つは踊りたくても,歌いたくても、選んでもらえた子しかできないやん。だからがんばろうってお互い言い合って、励ましあったのを覚えています。 今でも苦しいことがあっても、この言葉を思い出すとなぜか元気になれます。

いつも、「まいまい」って笑顔で寄って来てくれるなぎちゃんが大好きです。 そして、今では「青春ガールズ」公演をなぎちゃんは前でしているなぎちゃんを見て、とっても羨ましいなーと思うことはたくさんあります。

でも、羨ましいと思ったら負けやと舞依は思っているので、舞依はどんどんなぎちゃんに追いついていきたいと思います。 これからもお買い物に行ったり、ご飯に行ったりしようね。

まだまだ言いたいことがありますが、 泣いてしまいそうなので今度伝えます。

P.S. めぐみんとあやてぃんには怒られるかもしれないけど、 いつかめっちゃダンス上手になって、エンドロールとかセンター割りで踊れるようになりましょう。あと、ダイエット2人でがんばろうね。

舞依より」客、拍手

・お母さんからのお手紙 (松村芽久未が代読)

「凪咲へ。17歳のお誕生日おめでとう。

NMBに入るまでの凪咲はお笑いが大好きで、お友達とふざけあっているごく普通の女の子でしたね。中学校、高校はバレー部で、毎日練習に試合にがんばっていました。オシャレも大好きで、将来はヘアーメイクさんになりたいって言ってて、家では「ビューティー凪咲」という美容室を開いていたね。(軽くw)

マッサージやお化粧、髪のセットなどをしてくれたよね。 でも、ある夜、寝ているパパにこっそりお化粧をして、翌朝、パパの顔が腫れ上がっているという大事件を起こし、ビューティー凪咲は閉店してしまいました。(w)

そんないたずら好きで、いつも楽しいことを考えている凪咲。そんな凪咲がNMB48に受かり、本当にビックリしました。

大丈夫かなとママは心配でしたが、レッスンが始まり、ダンスの苦手な凪咲は、 毎日夜中や朝方まで練習しているので、「もうそこらへんにして早く寝なさい」って言った時、凪咲は「甘やかさんといて。やらなあかんことはやるって決めてん。」とママを初めて睨みつけましたよね。覚えているかな?

ママはビックリしたけど、あの脳天気な凪咲が今必死にがんばって乗り越えようとしているんだなーと思ったのを覚えています。

そして、初めての青春ガールズ公演は、思いっきり笑顔で楽しそうに踊っていたね。凪咲は「自分の笑顔に自信ないねん」と笑顔の練習をよくしていたね。でも、「公演が楽しすぎてめっちゃ笑顔になってた。」と言ってて、コメントにも「笑顔がいいね」とたくさん書いていただき本当に嬉しそうだったね。

今でも公演が一番楽しいって言ってるよね。そんな凪咲が一番辛かったのは体調を崩した時だったよね。しなければいけない事ができない情けなさで毎日泣いていたね。あの頃の凪咲は初めてのことばかりが続き、今にも溺れそうな感じでした。いつも笑顔だったのに、不安な顔が多くなってきてママは凄く心配でした。

でも、負けず嫌いな凪咲は元気になり、少しずつですが強くなっていきました。今の凪咲はあの頃凪咲よりたくましく、ほんの少し成長したのではないかなーとママは思います。

凪咲は何かあると「ママ、一緒にお風呂入ろう。」と言うからママはのぼせるのを覚悟で入ります。そして、お風呂でいっぱい話すよね。
時には意見が食い違い、口ゲンカになってしまうこともあるけど、凪咲と色んなことが話せるお風呂タイムがママは大好きです。これからもいっぱい話そうね。

凪咲が大好きな公演や、ツアーに出させていただいたり、 色々経験をさせていただけるのは、周りのすべてのみなさまが凪咲を支えてくださっているからだと思います。支えられてることに感謝して、これからもがんばってね。

最後になりましたが、娘、凪咲のために劇場に足を運んでくださったみなさん、こんな素敵な生誕祭を開いてくださった生誕委員のみなさん、スタッフのみなさん、メンバーのみなさんには本当に親として感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだ未熟で、細かいことの気のつかない娘ですが、これからもどうか凪咲のことをよろしくお願いします。

本日は本当にありがとうございました。」客、拍手

・ファンのみなさんにひと言どうぞ

渋谷凪咲「今回こんな素敵な生誕祭を開いていただいて本当にありがとうございます」客、拍手

「いつも私のことを支えてくださってるスタッフさん、そしてメンバー、家族、そしていっつも本当に私のことを支えてくださっている
ファンのみなさん本当にありがとうございます」客、拍手

「私は、なんか入るまでは、本当になんか普通の子で、なんかずっとヘラヘラしてて、なんかそんな深く物事を考えたりとかしてなくて、で、NMB48に受かってからは、すごく考えることが多くて・・・。(涙声)なんかいつもの、今の私じゃダメだなってすごく思って。私はダンスもできひんし、なんか特にこれといって頭もそんな良くないし、なんかこれといってできることがなくて、すごく、いろいろ、なんか私すごい先生とかに怒られて、いつもヘラヘラしてって怒られてて、それで、ここに入ってからは、すごい怒られて辛い思いとかして、NMB48は私の中ですごく辛い経験なんですけど、でも私の中でNMB48は本当に楽しいところで、私がここに入ってなかったら、多分こんな素敵なみなさんとも出会えてなかったし、本当にいっつもコメントとかも見させていただいているんですけど、本当になんか嬉しいコメントとか写真に撮ったりして、残してます。

私はそれでなんかブログとかでも、気の利いたこと書けなくてお母さんにすごい怒られたりするんですけど(軽くw)、でも本当にみなさんに感謝してるんですけど、なんかどうやって書いたらいいのかわからなくて。でも本当に感謝しています。

それに、なんか辛いこともあって、入ったばかりで右も左も何もわからなくて、正直すごく辛くて、嫌な時期もあったんですけど、でも、本当にそれを乗り越えて、得るものがあるから、私はそれをもっとたくさん手にしたいです。

それに、センターに初めなるのがすごく怖くて(涙)」客「がんばれ」

「すごく怖くて、自信がなくて。でも今日みなさんがなぎさコールをしてくれたりとか、本当に嬉しくて、私は自信がないままやったらみんなに、メンバーのみんなに申し訳ないし、だから私が1番だって思って、がんばっています。

それに今日みなさんがコールしてくれて、みなさんも認めていただけたのかなと思って、本当に嬉しかったです。

なんかこんなあんましっかりしてなくて、なんか変な私なんですけど、でもこれからも私のことを応援してくださったら本当に嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。本当に今日はありがとうございました」客、拍手

[2013年8月31日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]



・「部屋が汚そうな子1位」に選ばれる (シンデレラは騙されない前MCにて)

理由があるんですけど、1つ。靴下に穴が開いてるのが当たり前」客w

松村芽久未「片付けができなさそう」
中川紘美「それは私書いた。洗濯物とかたためなさそうじゃない? そのまま置いてそう」
松村芽久未「もう1コ、なんとなくっていうのがあるんですけどね」

[2013年8月18日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]



・札幌ドームで初披露される新ユニットに選抜される。本日、福岡で行っているAKB48五大ドーム公演にて発表され、公演中に知らされる。

渋谷凪咲「よくなんのことかわからないんですけど、でも選ばれたので、NMB48研究生の代表として選ばれたので、絶対にほかのグループに負けないようにがんばります。よろしくお願いします」

[2013年7月20日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]



・18年間ニコニコしてたらやり過ごせてこれた。

渋谷凪咲「私。私の笑顔の源は、やっぱり物事そんな深く考えないことなんですよ。そしたらやっぱ、なんか私18年間ニコニコしてたらやり過ごせてこれたんで、なので皆さん今日も深く考えずに楽しみましょう」

・「まぁなんとかなるか」と思う人なんですよ

小林茉里奈「なぎちゃんの凄い好きなところなんですけど。自己紹介MCでも十分伝わったと思うんですけど、私はなぎちゃんのいつも笑ってるところが凄い好きなんですよ。凄いいい話しますね、今から。やっぱなぎちゃんはNMBと兼任してるから凄い忙しいじゃないですか。チーム4のリハーサルとか全然出れなくて、大変なんですよ。なぎちゃん大丈夫?って言っても絶対いつも「はぁ~ヤバイ、でも大丈夫」みたいな」客w
西野未姫「言ってる!」
小林茉里奈「なんか「○○と思う」みたいな感じで、でもそれが凄いなと思って。普通だって一杯一杯なっちゃうじゃないですか。でも結局出来るんだから、裏で頑張ってるんだなっていう(拍手) そこが私のなぎちゃんの一番好きなところです」
西野未姫「どうですか? 頑張ってるんですか?実は」
渋谷凪咲「全然」
西野未姫「あれっ?」
渋谷凪咲「うそうそ。でも嬉しい。でも私はヤバイと思っても「まぁなんとかなるか」と思う人なんですよ」
西野未姫「今までなんとかなってる?」
渋谷凪咲「なってる」
西野未姫「だからこれからもなんとかしていって」
渋谷凪咲「なんとかしていきます」

■渋谷凪咲 18歳の生誕祭

◆手繋ぎ挨拶「せ~の」でバックした後、「ちょっと待って」と言ってしまう。

渋谷凪咲「ルールが分からなくて。私かと思ったw」

◆進行役は西野未姫

てんとうむChu!メンバーからのお手紙

「なぎちゃんへ

お誕生日おめでとう。

私がなぎちゃんと初めてしっかり喋ったのは札幌ドームのコンサートでした。てんとうむChu!の中でグループの中から1人選ばれた私達は境遇が似てて、人見知りな私でもすぐ打ち解けられました。

覚えてるかな? てんとうむChu!の曲がリハーサルを1人で涙をポロポロ流しているなぎちゃんがいました。「私だけ埋もれてる。こんなんじゃダメだ」そう言ってるなぎちゃんを見て負けず嫌いで頑張り屋さんで強い気持ちを持っている子なんだなっていう印象でした。それは今でも変わりません。

それからてんとうむChu!の番組が始まり、会うことも増え、仲が一気に深まりました。いつからか私にとってなぎちゃんは本当に本当に大切な人になっていきました。

なぎちゃんはどんな時でもニコニコ笑顔で場の雰囲気を和ませてくれて、私が悩んでいる時も一緒に頑張ろうって声をかけてくれて、何度も私が挫けそうな時、話を聞いてくれて励ましてくれました。

嬉しい時も悲しい時も一番に報告するのはなぎちゃんです。私もなぎちゃんにとってそんな存在でいられたらいいな。

チーム4との兼任もコンサートとかでも覚える曲もすごく多いと思うし、公演も2つ覚えたりして、ほんとに大変だと思います。できひん!って言ってても本番にはしっかりチームの中で堂々と踊ってるなぎちゃんを見て、凄いな、強いなって思っています。

いつもなぎちゃんが頑張ってるから私も頑張ろうって思えるよ。これからもお互いを高め合っていける存在でいられますように。

なぎちゃん!これからもよろしくね。

聞いてくださったなぎちゃん、メンバーの皆さん、ファンの皆さん、本当にありがとうございました。

なぎちゃんが大大大だーい好きなSKE48チームS 北川綾巴より」拍手

西野未姫「りょうちゃんからのお手紙ですけど、どうですか?」
渋谷凪咲「まさかりょうちゃんからと思ってなくて。もうほんとに嬉しい(涙)」
西野未姫「一杯泣いてるね。滅多にそんな泣いてるとこ見ないけど。ほんとに仲良しだからね」
渋谷凪咲「綾巴はもう心の友なんで」

「なぎちゃん、お誕生日おめでとう。

凪咲ちゃんはてんとうむChu!の活動を通して話す機会が増えて、明るくてちょっと天然で、でもメンバー想いで優しいなぎちゃんのことがとても好きになりました。

てんとうむChu!の番組では凪咲ちゃんの天然ぶりに一杯笑顔をもらいました。

私の中で印象強いのはてんとうむChu!でカフェを切り盛りする企画で(w) 凪咲ちゃんがお客さんに対して「食い逃げ!」って言ったのは(w) 凄いなって思ったよ。またてんとうむChu!で何かできたらいいね。

そうそう、昨日凪咲ちゃんが「私、6時以降食べへんダイエットしてんねん」って言ってたのに、夜9時に普通にアイスを食べたたの(w)可愛かったよ。凪咲ちゃんらしく笑顔一杯な1年になりますように。

お誕生日おめでとうございます。

田島芽瑠」客「おー」


「凪咲ちゃん、お誕生日おめでとう。

凪咲ちゃんとはてんとうむChu!が結成されて同じ時間を過ごすようになったね。

たまにしか会えなくても会った時にはたくさんお話したり、現場を盛り上げてくれるなぎちゃんが大好きです。またてんとうむChu!で何かできるといいね。

凪咲ちゃんにとって素敵な1年になりますように。

朝長美桜」拍手


「なぎちゃんへ

お誕生日おめでとう。

なぎちゃんとはてんとうむChu!のお姉さん組として真面目な話もするし、もちろんふざけてる時はめちゃくちゃふざけたりするよね。

AKB48を兼任しているなぎちゃんはツアーや公演、色々大変なことにぶつかって、きっと本当にしんどい時もたくさんあったと思います。それでも表に出たら笑顔で全力でファンの方に元気を与えてるなぎちゃんを見て、私も凄く刺激をもらっているし、凄く尊敬しています。

でも、そんななぎちゃんだから、辛いこととかも溜めこんじゃうんじゃないかなと心配なところもあります。だからもっともっと私はてんとうむChu!のメンバーを頼って欲しいです。大切な仲間だもん!

これからもお互いに切磋琢磨しながら上を目指していけたら嬉しいです。

本当にお誕生日おめでとう。素敵な1年になりますように。

なぎちゃん大好き!

チームK 小嶋真子」拍手


「なぎちゃんへ

お誕生日おめでとう。

最初なぎちゃんに会った時は、まさかこんなに元気で明るくて、ずっとニコニコ元気な子だと思ってなかった。でも、同じてんとうむChu!になって、大人でしっかりしているのに、子供の部分もあるすっごく優しいなぎちゃんが大好きになったよ。

なぎちゃんはすっごくオシャレ! 同じチーム4になれた時はすごーく嬉しかったよ。

いつも私が悩んでいる時に相談に乗ってくれるなぎちゃん。私が泣いちゃうと励ましてくれてありがとう。なぎちゃんといると自然と笑顔になれるよ。

本当にいつもありがとう。これからもチーム4のメンバー、てんとうむChu!のメンバーとしてよろしくお願いします。

大好きだよ! あっ、それとてんとうむChu!の活動が増えますように。

西野未姫」拍手


「次が最後です」客w


「なぎちゃんへ

18歳のお誕生日おめでとう。

なぎちゃんを初めて見たのは研究生武道館で、Birdを踊っている姿で、めちゃくちゃかっこ良くて、本当に刺激を受けたのを覚えてます。

なぎちゃんはいつもニコニコしてて、誰にでも優しくて、そんななぎちゃんの明るさや笑顔にいつも元気をもらっています。

これからも同じチームで頑張ろうね。いつか遊びに行こうね。大好きだよ。

岡田奈々より」

渋谷凪咲「もうほんとに、もう嬉しくて。こんなにもみんなが書いてくれて、ほんとにてんとうむChu!はもう私にかけがえのない存在です。本当にありがとうございます」拍手

今年1年を振り返って、どんな1年でしたか?

渋谷凪咲「私の今年の1年はですね、もうほんとに大きく変わった1年で。最初私はNMB48として約1年間NMB48の研究生として活動させていただいていて、そして大組閣祭りの時にNMB48のチームBIIに昇格と、チーム4に兼任が同時に決まって。研究生から上がった私はチームを経験したことが無かったので、凄く不安で。

兼任ってやっぱりそのチームにプラスになることをしないといけないと思うので、その為に呼ばれたのに私は、今の私で何ができるのか凄く不安だったんですけど、でも、チーム4のメンバーはほんとに優しくて。

私がチームBIIの公演とチーム4の公演がほぼ同時で、2日間しかなくて初日が。その時はほんとにもう死んでしまうんじゃないかと思うぐらい、もう頭がパンパンになって。ツアーの時もBIIとチーム4はツアーの日にちが短くて、私ほんとにタイミングがいつも悪くて、もう死んでしまうと」客w
西野未姫「死なないで。頑張って生きてね」
渋谷凪咲「思っていて。でも絶対にBIIのほうでも絶対に一番誰よりも輝きたいし、チーム4でも絶対に兼任させていただいてる以上はちゃんと結果を残さないといけないと思っているし、チームに何かプラスになることをしないといけないと凄く思っているので、もうほんとに今やり切るしかないと思って頑張りました。

そしたらチーム4のメンバーもみんな、いつも支えてくれて、夜遅くまで練習に残ってくれたりとか、私の為にみんなで合わせてくれたりとか、本当に優しくて、いつも大丈夫?って声をかけてくれたり、嫌な顔ひとつせずに一緒に曲を合わせてくれたり、ほんとに私はこんなチーム4に入れることができてほんとに幸せです。こんなにもいいチームに兼任させていただけていることは本当に幸せに思っています。

そして私はこれから、今の私はチーム4にとって、もう笑顔で自分らしく全力で頑張ることしかないと思うので、全力で自分の今持ってるパワーを出し切って、チーム4にとってプラスになれるようなそんな存在に本当になりたいと思っているので、今年の18歳はもう私は凄く大きく成長してチーム4の為になれるような人材になります! よろしくお願いします」拍手

生誕祭を開いてくれたファンの皆様にひと言お願いします

渋谷凪咲「あっ、そうですね(w) 今回この生誕祭を開いていただいた生誕委員の皆さん、そしてDMM配信をご覧の皆さん、そしていつも支えてくださってるスタッフの皆さん、そしてこの大好きな凄く素敵なチーム4のメンバー、皆さん本当にいつもこんな私をありがとうございます。これからもよろしくお願いします!」拍手

言い残したことはないですか?

渋谷凪咲「無いです・・・ありました。てんとうむChu!で何かしましょう」拍手
西野未姫「そうですね、またね、番組とか出来たらいいですね」
渋谷凪咲「何かひとつよろしくお願いします」

◆手繋ぎ挨拶「せ~の」で、バックし過ぎて壁にお尻を強くぶつけ、その後しゃがみ込んでしまう。

メンバーたち「大丈夫?」
岡田奈々「勢いが良すぎたんだね」

◆公演後 (オンデマンド)

岡田奈々「1ヶ月遅れの生誕祭」
西野未姫「どうでしたか?今日の生誕祭は」
渋谷凪咲「もうほんとに感動して。今年一番泣いたっていうぐらい泣いた。一番嬉しかったのはやっぱてんとうむChu!のみんなからの手紙がもうほんとに嬉しくて。私にとってもかけがえない存在です」

[2014年10月7日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・いつも笑顔を絶やさない。

峯岸みなみ「なぎちゃんはいっつもほんとに笑顔を絶やさず、けっこうみんなが体力的にも精神的にもきついだろうなっていう忙しい時でも笑顔を絶やさなくて、いつもこっちが元気をもらうんですけど、そのギャップで、かっこいい曲の時のパフォーマンスが凄いんですよ。それにゾクっと来ちゃって、なのでこの後素晴らしいの見せてもらえると思うんで、皆さん注目していてください」

[2014年8月24日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 14時開演]



・林萌々香のモノマネ披露 「モカパンチ!」「楽しモーカ!」

[2013年3月31日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]



・お兄ちゃんがいる。ラグビーやってて、いつもケンカしたら、タックルされてしまう。

[2013年2月13日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]



・チャームポイントはまんまる顔のまんまる笑顔。

[2013年2月5日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]



・公演デビュー

[2013年2月1日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND