FC2ブログ

赤澤萌乃(16歳)&久代梨奈(14歳) 合同生誕祭 (2013/01/29)

NMB48劇場 / TeamBⅡ『会いたかった』公演

■出演メンバー
チームBII → 赤澤萌乃・石塚朱莉・井尻晏菜・梅原真子・太田夢莉・加藤夕夏・上枝恵美加・日下このみ・久代梨奈・黒川葉月・河野早紀・小林莉加子・室加奈子・薮下柊・山内つばさ

研究生 → 三浦亜莉沙

■休演
休演1名 (植田碧麗)

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.嘆きのフィギュア (黒川葉月・加藤夕夏・室加奈子・薮下柊)
◆M02.涙の湘南 (上枝恵美加・赤澤萌乃・久代梨奈・山内つばさ・小林莉加子) ※青サイリウム
◆M03.会いたかった

■MC (自己紹介)
薮下柊「みなさん、こんばんは!」
みんなで「NMB48チームBIIです!」客、拍手

薮下柊「本当にみなさんに!」
みんなで「会いたかった!」客、拍手

薮下柊「私たちチームBIIの「会いたかった」公演が始まりました。みなさん盛り上がる準備はできてますか!?」客、イェー!&拍手

「真ん中の線からこっちの人(下手側) 声出せますか!?」客「イェー!」

「じゃ~、こっちからこっち側の人(上手側)もっともっと声出せますか!?」客「イェー!」

「じゃ~、最後にメンバーみんなとお客さんで、せ~の」
メンバーたち「イェー」客客「イェー!」

薮下柊「ありがとうございます。この調子で最後まで盛り上がっていきましょう」

加藤夕夏「今まで経験したことを活かして、みなさんに楽しんでいただける公演にする為に、私たちもいっぱい楽しんでいきたいと思います。こんな私たちチームBIIについてこれますか?」客「イェー!」

久代梨奈「それではメンバーの自己紹介を1人ずつさせてください。今日の自己紹介テーマは最近手に入れたものです。まこぽんからどうぞ」

【1列目 上手側から】
河野早紀「幸せ届ける夢先案内人、み~んなの目線の先にはいっつもさきぴ! ありがとうございます。広島県出身じゃけぇね、高校3年生、18歳のさきぴこと河野早紀です」

「私は某アイドルさんの新曲のCDを手に入れました。ということで、私すごくアイドルが好きなんですけど、みなさんもたぶんアイドルが好きだと思うので、今日は私に負けないくらい大きな声を出していきましょう」

加藤夕夏「そこの~君!君!君!君!・・・うかうかしとったら うーかにう~っかりハート奪われんで、覚悟しときや」
メンバーたち「フー!」
加藤夕夏「ありがとうございます。大阪府出身、中学3年生、15歳のうーかこと加藤夕夏です」

「夕夏は手に入れたものはずっとずっとずーっと欲しかったドライヤーなんですけど、ドライヤーなんですけど」客、軽くw
室加奈子「なんで2回言ったん?」
加藤夕夏「ちゃんと喋れてたかなと思って。それでね、そのドライヤーはほんまにずっと欲しかったんですよ。だからめっちゃ手に入れれたことが嬉しくて、しかもしれは最近のマイナスイオンという技術がついてるんですよ。だから夕夏はこれからいっぱいそのドライヤーを使って、サラサラな髪の毛になっていきたいと思います」

薮下柊「み~んなの気持ちを全部没収 その代わりにしゅうの笑顔をナイッシュー! (ゴール!) ありがとうございます。大阪府出身、中学2年生、14歳のしゅうこと薮下柊です」

「しゅうはこの前、新年会があって、その時に商品券をもらったんですよ、百貨店の。なんで、もうすぐお母さんが誕生日なんで、自分のお金じゃないんですけど、商品券を使ってプレゼントしたいと思います」

久代梨奈「インジャンホイ! あっち向いてホイ! そっち向いてホイ! りなっち向いて~ (ホイ!) 」客、うちわを掲げる
薮下柊「こいばっかりやな」
久代梨奈「ありがとうございます。すごい、めっちゃ嬉しい。大阪府出身、中学2年生、14歳のりなっちこと久代梨奈です」

「私が最近手に入れたものは夢莉ちゃんからもらった消しゴムです。私、消しゴム持ってるんで、めっちゃ嬉しくて、今日もルンルンです。だから今日もルンルンでいきたいと思います」客、声援&拍手

石塚朱莉「チュッ・チュッ・チュッ♪ あんちゅの投げキッチュで世界一のコメディー女優の座を『ゲッチュ!』ありがとうございます。千葉県出身、中学3年生、15歳のあんちゅこと石塚朱莉です」

「私が最近手に入れたものは参考書なんですけど、まだ1回も開けてなくて、袋から。でもそろそろ開けないともう本当に落ちてしまうという可能性が高いので、家に帰ったらがんばります。家に帰ったら絶対に開けて勉強しますんで、みなさん受かるようにと近くの神社でお祈りしといてください」

# 1列目メンバー捌ける

【2列目 上手側から】
山内つばさ「参考書って何?」
井尻晏菜「勉強する道具」
室加奈子「わかった?」
山内つばさ「OK、わかった」

室加奈子「み~んなが探してるものはあっちかな?こっちかな?どっちかな? もしかして? (むろかな!) ありがとうございます。大阪府出身、高校1年生、16歳のむろかなこと室加奈子です」

「加奈子が最近手に入れたものは携帯のカバーです。でも、加奈子が一番手に入れたものはみなさんのハートなので」客、ひゅ~ → w

「今日はみなさんのハートをいっぱい手に入れたいなと思います」
メンバーたち「すごいこと言うやん」「かなこ~(↑)」客w

梅原真子「まことの幸せ届けるように、真っ向勝負挑ませていただきますえ。 京都府出身、中学2年生、14歳のまこぽんこと梅原真子です。知っている方は一緒にお願いします。みなさん、まこぽん でこぽん 『ぽんぽこぽん!』おおきに」

「真子が最近手に入れたものは永遠の美貌です!」右手高く上げ、ポーズ
山内つばさ「良かった良かった、良かったよ」
室加奈子「でも光ってると思うけど、デコはな」
梅原真子「誰が自家発電や」客w

「今日もこんな感じで輝いていきたいと思います」

赤澤萌乃「みんな!やっほのりー! (やっほのりー!) めっちゃ聞こえた。すげー。ありがとうございます。ほのりのお目目でほーのぼの。大阪府出身、高校1年生、15歳のほのりこと赤澤萌乃です」
メンバーたち「ちゃうやろ」
赤澤萌乃「あっ、16歳!」客、あ~

「絶対言えると思ったのに。16歳のほのりこと赤澤萌乃です。ほのの最近手に入れたものは16歳です。でもセクシーボディはまだ手に入れられてないので16歳で絶対掴みたいと思います」

太田夢莉「私に不利なことなんかあれへん。いつでもどんな時でも (ゆーり!) ありがとうございます。奈良県出身、中学1年生、13歳のゆーりこと太田夢莉です」

「私の最近手に入れたものは、なんやったっけ?吹っ飛んだ。思い出した。愛と勇気です。こんな変な私を今日も1日よろしくお願いします」

日下このみ「お好み焼きとこのみんのどっちが好み? (このみん!) みなさん好みのこのみんになりたい、大阪府出身、高校2年生、17歳のこのみんこと日下このみです」

「このみが最近手に入れたものはこういう手の形をしたアクセサリー掛けなんですけど。ちゅばとお買い物に行った時に買ったんですけど、今日の公演ではこの手をこうやって、みなさんに指を差しちゃいたいと思います」

黒川葉月「はーこの箱の中身、教えたろか? (教えて!) ♪箱の中身は? (はーこ!) ありがとうございます。大阪府出身、中学2年生、14歳のはーここと黒川葉月です」

「私の最近手に入れたものはかわいいうさぎのイヤホンなんですけど」
小林莉加子「似合うねー」
黒川葉月「かわいいやろ。はい、ということなんですけど、今日もかわいいはーこもよろしくお願いします」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 上手側から】
山内つばさ「かわいいって自分で言えるっていいよね」客w
井尻晏菜「そやなー」

山内つばさ「難波からちゅばっと翼を広げてどこまでもー! (Let's fly!) ちゅばさ航空へようこそ! (搭乗しま~す) ありがとうございます。大阪府出身、小学校6年生、12歳のちゅばこと山内つばさです」

「私の手に入れたものはですね、学校用のHBの鉛筆1ダースを手に入れたんですけど」
上枝恵美加「かわいいなー」
山内つばさ「そうでしょ♪ ということで、こんな子供の私も今日は1日よろしくお願いします」

井尻晏菜「あんあん・たんたん・あんぽんたん! でもいじるなよ (いじりまーす!) ありがとうございます! 京都府出身、高校3年生、18歳のあんたんこと井尻晏菜です」

「私が最近手に入れたものは色気なんですけど」
メンバーたち「ちゃうやろ」
小林莉加子「なんの勘違いしてる?」
井尻晏菜「そんな全否定する?」
小林莉加子「違うくない?」
山内つばさ「色気なんか1%も・・・」
井尻晏菜「色気はちょっとずつ手に入れたいなと思います」

三浦亜莉沙「ありりんレシーブ! ありりんトス! みーんなのハートにありりん (アターック!) ありがとうございます。兵庫県出身、高校1年生、16歳のありりんこと三浦亜莉沙です」

「亜莉沙が最近じゃないんですけど、ずっと前から手に入れるものはりっぴの愛です」
小林莉加子「やめて、違うから」
三浦亜莉沙「りっぴーにね・・・」
小林莉加子「こんなところで言ったら勘違いするからやめて欲しい、マジで」
三浦亜莉沙「なんでよー」
上枝恵美加「全然愛感じないけど大丈夫?」
三浦亜莉沙「亜梨紗は感じる」
小林莉加子「おかしい」
三浦亜莉沙「なので今日はみなさんの愛を手に入れたいと思います」

上枝恵美加「えみちの笑みであら不思議! 上から読んでも下から読んでもかみえだえみか! ありがとうございます。大阪府出身、高校3年生、18歳のえみちこと上枝恵美加です」

「私が最近手に入れたものは好奇心です」
小林莉加子「おそない?」客w
山内つばさ「好奇心ってなんやろ」
上枝恵美加「後で教えてあげる」
山内つばさ「はーい」
上枝恵美加「好奇心、そんなちっちゃい子が「知りたい」とか「やりたい」とかそんなのじゃなくて、ちょっと大人の好奇心で、車の免許取りたいなとか、英会話教室とかで英語ペラペラになりたいなとか、そういう、わかります?なんかシーンとなっちゃったけど」
小林莉加子「言い訳やろ」
上枝恵美加「違う。でもちょっとこんな感じでテンションが上がってるんで、髪の毛も切って、やる気満々なんで、今日はみなさんよろしくお願いします」

小林莉加子「リトルりっぴー、キューティーりっぴー、ファンキー? (りっぴー!) アイドル上等やったんで! (かかって来い!) やるか?やるか? あとで来いよ。大阪府出身、高校1年生、16歳のりっぴーこと小林莉加子です」

「りかが最近手に入れたものはパープルの服です。パープル色は絶対流行りますよ。とりあえずパープル色の服を今年は買うべきです」

三浦亜莉沙「NMB48チームBIIによります「会いたかった」公演、今までにたくさんの先輩方がやってこられたこの公演を今度は私たちが心を込めて、力を合わせてお届けします。それでは次の曲はこちらの曲です。せ~の」
みんなで「どうぞ」
山内つばさ「ばいばーい」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.渚のCHERRY (黄=久代梨奈・青=石塚朱莉・河野早紀・梅原真子)
◆M05.ガラスの I LOVE YOU (薮下柊・赤澤萌乃・太田夢莉・室加奈子)
イントロ「ゴーゴーレッツゴー レッツゴー ほのり! ゴーゴーレッツゴー レッツゴー ほのり!」※赤サイリウム
◆M06.恋のPLAN (井尻晏菜・日下このみ・河野早紀・加藤夕夏・梅原真子・黒川葉月・小林莉加子)


■MC
井尻晏菜・日下このみ・黒川葉月・小林莉加子・梅原真子

日下このみ「今日はこの5人でMC担当させていただきます」

「チームBIIは結成されて約3ヶ月ほど経つんですけど、早いよな。チームBIIのことはまだまだ知っていただけてないと思うので、今日は説明書をしたいと思います。メンバーの説明書をしたいなって思うねん」

「誰の説明書にする?」
誰か「(小林が)一歩前に出てきた」
日下このみ「まこぽんにしよ」
小林莉加子「りかやん。ここりかやん」
日下このみ「真子ちゃんの説明書をしたいねんけど、なんかある?」
黒川葉月「カルメ焼きがまこぽんめっちゃ大好きなんですけど、そのカルメ焼きを私があげるとめっちゃ・・・」
メンバーたち「めっちゃ喜ぶねんな」
梅原真子「なんで喜ぶ出てこんへん」
日下このみ「カルメ焼きはいつから目覚めたん? 違う、カルメ焼きが好きなことにいつから目覚めたん?」
梅原真子「でもそれもBIIが結成された時ぐらいから」
井尻晏菜「真子のおでこは地球に優しいです」
メンバーたち「確かに」
梅原真子「誰が自家発電や」
井尻晏菜「さっき言っとったがな、そのネタ」
メンバーたち「けっこう光ってる」「今すごいよ」
梅原真子「汗かいてるんですよ」
日下このみ「金子さんの弟子になれるんちゃう?」客w

「後で行っといでや」
梅原真子「弟子にしてくださいって? ひかれるわ」

小林莉加子「真子ちゃんは黄色が好き。。めっちゃシーンってなった」
梅原真子「ごめん、真子ピンクが好き」
メンバーたち「どういうこと?」
小林莉加子「ウソつくなって」客、軽くw
梅原真子「無かったんやろ? 真子のこと。ほかにある?」
小林莉加子「真子ちゃんはちょっと機嫌悪くなったら「カルメ焼きいる?」って言ったら「いるー♪」ってめっちゃ機嫌良くなる」
日下このみ「じゃ~、ちょっと握手会とかで機嫌悪くなったらカルメ焼きを」
梅原真子「なんで握手会で機嫌悪くなってんねん」

井尻晏菜「私と真子が知り合ったのはNMB48の3期生のオーディション、ダンス審査終わった後なんですけど。ご飯食べる時間があって、その真子が「あの、一緒にご飯食べていいですか?」って聞いてきて、その時めっちゃかわいかったんですよ」
メンバーたち「その時」
梅原真子「その時ってお前どういうことやねん」
井尻晏菜「今は・・・」
梅原真子「その時、真子、喋る人がいなくって、1人やったんですよ。ちょっと人見知りなんで、1人やって、適当にいた前のやつに。そしたらそれが井尻やったんですよ!」客w
メンバーたち「最悪や」
梅原真子「そっから不幸の始まりでした」
井尻晏菜「誰や?最悪言ったの誰?」

日下このみ「こんな感じで真子ちゃんのことは知っていただけましたか?。。」客、拍手

「ちょっと一拍空いちゃったけど、知っていただけたということで、これからもチームBIIのことをもっともっと知っていただけるようにがんばっていきたいと思います。みなさま温かい応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手


◆M07.背中から抱きしめて (赤7=薮下柊・久代梨奈・加藤夕夏・石塚朱莉・三浦亜莉沙・室加奈子・上枝恵美加)
◆M08.リオの革命 (赤7&青5=日下このみ・小林莉加子・山内つばさ・赤澤萌乃・黒川葉月)
◆M09.JESUS (赤7&青5&緑4=河野早紀・梅原真子・太田夢莉・井尻晏菜)
◆M10.だけど・・・


久代梨奈「私たちチームBII 1st「会いたかった」公演、これからもたっくさんの方々に私たちの想いを伝えられるようにみんなで力を合わせてがんばっていきたいと思います」

薮下柊「来てくださった方々が少しでも元気を持って帰ってくださったら嬉しいです。それでは最後の曲聴いてください」

「私たちにとっても大切な曲です。桜の花びらたち」


◆M11.桜の花びらたち


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「みなさん、本日は赤澤萌乃さん16歳、久代梨奈さん14歳の生誕祭です。みなさん盛り上がってますか?」客「イェー!」

「赤澤さんにとってこの1年はお披露目に始まり、初めての握手会、3期生公演初日に選ばれ、カップリングのメンバーに入り、目標であったチームBII入りと激動の1年でした。赤澤さんは努力家で、ブログはファンの方が読みやすく、コメントしやすいように工夫して、慣れない握手も話し方に工夫したり、苦手だったダンスも日々の努力で日に日に成長していきました。公演でも握手会でも彼女の元気一杯な姿は見る人を明るく元気づけてくれます。その努力で目標である選抜入りし、最高の1年になることを信じて、みなさんこれからも応援していきましょう!」客、拍手

「そして、りなっちこと久代梨奈さん。いつも独特のアイデアで私たちファンを楽しませてくれています。初日公演を迎えられてから、白組選抜、難波鉄砲隊其之弐、目標であるシングル選抜に向けて進んでこられました。そんな中、昨年11月、突然の体調不良による休演。もうこのまま会えなくなるんじゃないかと不安に思う日がありました。でも、久代さんは元気に笑顔で戻ってきてくれました!」客、拍手

「これからもいろんな困難が待っていると思いますが、それでも私たちファンはいつでも久代梨奈さんを全力で応援しています!」客、拍手

「久代梨奈さん、生まれてきてくれて、本当にありがとう!」客w&ありがとう

「そんな2人の誕生日を祝して、本日のアンコールはほのりコールとりなちゃんコールでよろしくお願いします」客、拍手

「いきます!」

「ほのり」「りなちゃん」コール


◆EN01.未来の扉
◆EN02.NMB48


赤澤萌乃「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

赤澤萌乃「1曲目未来の扉、2曲目NMB48を聴いていただきましたが、ここでもう1曲聴いていただきたいと思います。みなさん、まだまだ声出せますか!?」客「イェー!」

加藤夕夏「12月5日発売のAKB48・29枚目のシングル・タイプBのカップリング曲をチームBIIバージョンで聴いてください。盛り上がっていきましょう! せ~の」
みんなで「HA !」


◆EN03.HA !


加藤夕夏「HA !を聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、イェー!&拍手

久代梨奈「それでは次はこの曲を聴いてください。スカート、ひらり」


◆EN04.スカート、ひらり


■赤澤萌乃&久代梨奈 合同生誕祭
小林莉加子「今日は赤澤萌乃ちゃんと久代梨奈ちゃんの生誕祭です!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び → 加藤夕夏

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア ほのり りなっち ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

メンバーたち「おめでとう」客、拍手

石塚朱莉「ほのちゃんのファンのみなさまからおは・・・」客、反応

「花束が届いております」客、拍手
赤澤萌乃「ありがとう」石塚から花束を受け取る
メンバーたち「おめでとう」客、拍手
赤澤萌乃「ありがとうございます」

河野早紀「そしてそして、こっちも久代梨奈ちゃんのファンのみなさまから花束が届いています」客、拍手
久代梨奈「かわいい。ありがとうございます」河野より花束を受け取る

室加奈子「私はほのちゃんに手紙を書いてきました」
メンバーたち「フー」「むろかな」
赤澤萌乃「やっぱり加奈子ちゃんやった」客、軽くw

「ちょっと予想してました」

室加奈子「ほのちゃんへ。ほのちゃんお誕生日おめでとう。ほのちゃんと初めて出会ったのはオーディションの3次審査の時。第一印象はハーフで身長の高い子でした。初めはほんまにハーフやと思ってたから、何回も「ハーフやんな、ハーフやんな」って訊いてたよな。今思うとあの時の加奈子は最強にウザかったと思う」客w

「ごめんなさい」
赤澤萌乃「大丈夫、全然」
室加奈子「でもこの時からいつの間にかずっと一緒にいるようになったよな。何をするにも一緒で、いっつもしょうもないことで爆笑したり、でも楽しいことばっかりじゃなかったよな。加奈子とほのちゃんは3期生としてのお披露目の時からいろんな発表の度に一緒に名前を呼ばれることが多くて、お仕事に呼んでいただいたりする時もいつも2人は一緒やったやんな。」

「でもそれが、どっちが先に呼ばれるか、どっちかだけやったらどうしようって、いろんな不安がだんだん増えてきて、1回ホテルで気まずくなっちゃった時があったやんな。いつもならホテルでも一緒にいるのに、その時は一緒にいなくて、正直加奈子もどうしたらいいかわからんかってんけど、思い切って、ほのちゃんの部屋に行って話した時、こんなんで崩れる仲じゃないよな、お互いに負けたくないけど一緒にがんばろうなってなって、一緒にご飯食べに行ったよな。この時やっぱりほのちゃんは加奈子の一番の仲でもあり、一番のライバルなんやなと思ったよ。」

「加奈子はちょっと天然でほのぼのしてるほのちゃんも、口癖が「全然いいよ」なほのちゃんも、爆笑すると口が裂けそうなぐらいイーって口をして笑うほのちゃんも、ポケットに手を入れて「あっ、うんうん」って苦笑いしてる時は」客w

「話を聞いてないほのちゃんも、テンション上がったらちょっとウザイほのちゃんも、どんなほのちゃんも大好きです。これからもいいライバルとして、一緒にがんばっていこうね。P.S. シワシワのお婆ちゃんになっても仲良くしてね。加奈子より」
赤澤萌乃「ありがとう」客、拍手

「お婆ちゃんになっても仲良くしてください」

室加奈子「もうめっちゃ緊張した。おめでとう」赤澤に手紙を手渡す
メンバーたち「おめでとう」客、拍手

梅原真子「真子はほのちゃんのママと弟くんからお手紙を」客、おー
赤澤萌乃「大好きな弟くん、ありがとう」
梅原真子「ウソやろ?」客w

「じゃ~、真子が読みます」

「萌乃へ。16歳のお誕生日おめでとう。家族大好きっ子で、お家が一番楽しいっていう理由から中学校の頃はクラブにも入らず、学校が終わったらまっすぐ家に帰ってきてたね。そんな甘えん坊な萌乃の生活が一変したのはNMBのオーディションに合格した1年前。家にいる時間はほとんど無く、レッスンレッスンの日々。のんびりマイペースな萌乃はすごいスピードで進んで行く毎日が不安でいっぱいだったんじゃないかな。覚えることの多さにパニック状態で、いつもニコニコしていた萌乃の顔から笑顔が消えてしまった時は、この世界に入ることを軽い気持ちで許してしまったお母さんは間違ってたんじゃないかなって後悔したこともあったよ。」

「高校受験と重なって、いろんなプレッシャーに押しつぶされそうだった萌乃に、無理ならNMBは諦めなさいって厳しい言葉しかかけてあげられなくてごめんね。自信が持てなくて、いつもオドオドしていた萌乃も、お披露目公演を終えて、本格的に活動が始まり、いろんな場に参加させていただくに連れて、たくましくなって行ったね。」

「与えられたチャンスの1つ1つに真剣に取り組む姿は「もうできひん」って投げ出すことが得意だった昔の萌乃からは考えられなく輝いているよ。新しく始まった高校生活も友達に恵まれて、すぐに馴染め、NMBの活動、学校生活と充実させている萌乃はお母さんの自慢の娘です。成績はともかく」客、軽くw

「これから先もまだまだいろんな壁にぶつかって、悩むこともたくさん出てくると思うけど、持ち前のポジティブで跳ね除けて行こう。萌乃ががんばり続ける以上、お母さんは応援を惜しまないからね。」

「最後になりましたが、今日は萌乃の為にこのような素晴らしい生誕祭を企画してくださった生誕委員のみなさま、一緒にお祝いしてくださってるファンのみなさま、本当にありがとうございます。家族といるより多くの時間を萌乃と共に過ごし、仲良くしてくれているメンバーのみなさん、ブログのコメントや握手会等で萌乃を励まし支えてくださっているファンのみなさま、頼りない萌乃をいつも温かく受け入れてくださっているスタッフのみなさまには言葉では表せないぐらいの感謝の気持ちでいっぱいです。」

「今日16歳になったばかりでまだまだ未熟な萌乃がアイドルとして、1人の女性として、成長して行く姿をこれからも一緒に見守っていただければ嬉しく思います。萌乃、こんなにたくさんのみなさんにお祝いしてもらって良かったね。今日は一緒にお誕生日を迎えた梨奈ちゃんと萌乃にとって、この1年が飛躍の1年でありますように。母。」

「追伸。今お母さんが手紙を書いている隣で萌乃にお祝いを言いたがっている子がいるんだけど、ひと言だけいいかな?」
赤澤萌乃「はい、いいです」
梅原真子「(幼い声で)萌乃へ」客w&ざわざわ

「ごめんなさい、もう1回いきます」

「萌乃へ。萌乃、お誕生日おめでとう。いつもいろいろ遊んでくれて、変顔とかしてくれて、ありがとう。僕は柊ちゃんが一番好きやけど」客w
薮下柊「やったー」
梅原真子「萌乃のことも応援するからがんばってね。萌乃がいっぱいテレビに出れたらいいな。弟より」
赤澤萌乃「ありがとう、弟」客、拍手

「こんな真子みたいな声じゃないけどね」客、軽くw
薮下柊「柊推しやって。嬉しい」
赤澤萌乃「柊ちゃん推しなんです」

梅原真子「おめでとう」赤澤に手紙を手渡す
赤澤萌乃「ありがとうございます」客、拍手


太田夢莉「私はりなっちに手紙を書いてきました」
久代梨奈「ありがとう。そうやと思ってた」
太田夢莉「やっぱり?」

「りなっちへ。14歳のお誕生日おめでとう。りなっちに言いたいことは特にありません」客w

「なのでオーディション時代から振り返ってみたいと思います、ワラ」客w

「私のりなっちの第一印象は顔がめっちゃ猫に似てる、です。レッスンが始まって、りなっちのことを知ってから、毎回顔を見る度、猫っぽいなーってずっと思ってました。3期生お披露目の時、りなっちもそんなにポジション上じゃなかったのに、今では三番手! ほんまに凄いと思います。りなっちとよく話すようになったんは、9月ぐらいからかな。いつも気づいたらよく隣にいることが多いやんな。チームBII発表の時も2人隣に座って、手繋ぎながら一緒に過ごしたのを覚えてます。最近いろんなことを話すようになってから、実はオーディションの時、全然かわいいと思ってなかってんとお互い暴露」客、反応

「オーディション時代はお互い相手のこと苦手やったみたい。公演のリハーサルとかで、「涙の湘南」とか「背中から抱きしめて」を踊っているのをほのちゃんと2人でいっつも「凄いなー、まだ中2なのに」と言いながらずっと見てます。なぁ、ほのちゃん。また今度、その素晴らしい表情教えてな。りなっち、ほんまに大好きやで。これからもよろしくー!」客、拍手
久代梨奈「ありがとう。大好きよ」
太田夢莉「おめでとう」久代に手紙を手渡す
メンバーたち「おめでとう」

黒川葉月「私はりなっちのお母様からお手紙を預かりました。読ませていただきます」

「今のところ泣いてないんで大丈夫です」

「梨奈、14歳のお誕生日おめでとう。こんな大勢の方々にお祝いしてもらえて幸せだね。そしてほのちゃん、16歳のお誕生日おめでとう。同じ誕生日の人がメンバーにいると梨奈から聞いた時はビックリしました。これも何かの縁かと思って仲良くしてあげてくださいね。」

「小さい頃の梨奈は人見知りしない子で、男の子たちと戦隊レンジャー遊びをよくしていて、活発な子かなと思ったけど、徒競走ではニコニコ楽しそうに走ってビリだったり、鉄棒で前回りをしようとして、おでこを思い切りぶつけてタンコブを作ってしまったりと、ママの予想を遥に超える鈍さを発揮していましたね。」

「小学校の卒業式では部活と勉強の両立をがんばりますと宣言している子が多い中、歌やダンスで世界中の人々が元気になれるようにがんばりますと堂々な大きな声で宣言していた梨奈に驚きました。NMB48の3期生オーディションの募集を知り、梨奈の夢のきっかけになればと勧めたけれど、梨奈はまったくピンとこない様子で、オーディションをほとんど理解しないまま用紙に記入したかな。」

「合格した後のレッスンは大変だったね。小学2年生から習っていたバレエとは体の使い方が違うのか、筋肉痛になって、「歩けない~」って泣きながら学校へ行ったり、風邪をひいて、目や顔が真っ赤なのに飛び起きて、レッスンに行こうとしたりと、今まで見たことのない一生懸命な梨奈に驚きましたよ。」

「初めて大阪での握手会の自己紹介では声が小さくて全然目立たなくて、ほかのメンバーは大きな声で明るく一生懸命お話しているのに、梨奈は大丈夫かな? ちゃんとやっていけるかなって心配しました。「会いたかった」公演を見ることができたのはちょうど母の日だったかな。そこにはキラキラオーラ全開の梨奈がいて、とても楽しそうに踊っている姿を見たら、ママは感動して泣いてしまいました。がんばったら少しずつ前に進み続けて行ったら、梨奈の目標に少しずつ届いて行くんだね。その後、白組、難波鉄砲隊其之弐と選んでいただいて、順調な活動でしたが、11月の体調不良ではメンバー、スタッフ、そして何よりも応援してくださるファンのみなさまに大変なご迷惑とご心配をおかけしまして申し訳ありませんでした。」

「しばらく公演を休んだほうがいいということになって、梨奈は落ち込んでるのかな、DMM配信も見たくないのかなと思いきや、楽しそうに解説する梨奈の姿を見て、本当に公演が大好きなんだなということがよくわかりました。要領が悪い梨奈をいつも温かく見守ってくださるスタッフのみなさま、不思議な行動は時々だと思うのですが、それに付き合ってくださるメンバーのみなさま、こんなに素晴らしい生誕祭を企画してくださった生誕委員のみなさまを始め、梨奈のことを気にかけてくださるファンのみなさまへ心よりの感謝を申し上げます。まだまだいろいろな面で未熟な梨奈ですが、これからも応援よろしくお願い致します。梨奈も梨奈らしい笑顔と心の優しさを忘れずに、梨奈を支えてくださるたくさんの方々に感謝して、毎日一生懸命学校にお仕事にがんばってね。ママより」客、拍手

久代梨奈「今日は泣かないって決めたんだ」
黒川葉月「おめでとう!」久代に手紙を手渡す(客、拍手)
メンバーたち「おめでとう」

山内つばさ「私は萌乃とりなっちの色紙を、あんたんが作った色紙を2人にプレゼントしたいと思います。なんとこれ繋げたらハートになるんです」客、拍手
メンバーたち「すごい」「さすがあんたん」

山内つばさ → 2人に色紙を手渡す

赤澤萌乃「馬鹿って書いてある」
山内つばさ「この人です」石塚

小林莉加子「それでは誕生日を迎えた萌乃とりなっちからファンのみなさまにひと言お願いしたいと思います」

赤澤萌乃「今日はこのような素敵な生誕祭を開いていただいて本当にありがとうございます」客、拍手

涙の湘南の真っ青なサイリウムとか、ガラスの I LOVE YOUの真っ赤なやつとか、自己紹介のメガホンとかめっちゃ嬉しかったです。メガホンはめっちゃビックリしたんですけど、ほのも欲しいなと思いました。あるの?」

「NMBに入って、16歳の誕生日を迎えれて本当に幸せです。お誕生日おめでとうって何回も言ってもらって、何回ありがとうって言ったらいいやろって思ったぐらいなんですけど、この場におれることが本当に幸せです。16歳の目標は選抜に入って、いっぱいテレビに出たいと思いますので、みなさんこれからも応援よろしくお願いします。本当に今日はありがとうございました」客、拍手

「すみません、詰まってすみませんでした」

久代梨奈「今日は私の為に生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」客、拍手

「今日は本当に最高のお誕生日になりました。ほんとにみなさんありがとうございます。涙の湘南の時の青いサイリウムや、私が自己紹介した時にうちわ見せてくださって、めっちゃビックリして、最高に嬉しかったです。私、NMB48に入って、メンバーのみんなやファンのみなさんに会えて、本当に良かったです。14歳になって、これからもりなっちパワーを上げて、これからもよろしくお願いします。文章おかしくなってごめんなさい」客、軽くw

「これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました」客、拍手

小林莉加子「これからもNMB48メンバー全員で力を合わせてがんばって行くので、みなさんこれからも温かい応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# ケーキ片付け

メンバーたち「はーこは泣いてない」「ちゅばは泣き過ぎて乾いてます」
山内つばさ「すっごいベタベタなんです」

久代梨奈「みんなからもらった色紙、後でじっくり読みたいと思います」
赤澤萌乃「一緒に読もうな」
久代梨奈「うん」客、拍手

赤澤萌乃&久代梨奈 → センターへ

赤澤萌乃「次が本当に本当に最後の曲になります。NMB48シアターに来てくださったみなさん」
赤澤萌乃&久代梨奈「まだまだついてきてくれますか?(ちょいグダる)」客「イェー!」

久代梨奈「もっともっと声出していただけますか?」客「イェー!」

赤澤萌乃「BIIのことが好きですか?」客「イェー!」

薮下柊「ありがとうございます。最後まで楽しんでいきましょう!」


◆EN05.北川謙二
◆EN06.ヴァージニティー
◆EN07.三日月の背中
◆EN08.青春のラップタイム


上枝恵美加「本日はNMB48チームBII 1st「会いたかった」公演に足をお運びいただきありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 上枝恵美加 ハイタッチ案内

# 一抹礼 / メンバー手繋ぎ「せ~の、せ~の」バック前進「イェー!」客、拍手

お辞儀「ありがとうございました!」

# BGM → 会いたかった

# メンバーたち手を振りながら捌ける

赤澤萌乃・石塚朱莉・久代梨奈の3人ステージに残る

石塚朱莉「あっ!あっ!あっ!」
赤澤萌乃「何?何?」
石塚朱莉「うっそぴょーん」直後、石塚と久代 走って捌ける
赤澤萌乃「最悪。悔しい! バイバイ」

# 公演終了

NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】1月29日(火) チームBII公演

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]