「悔しかった気持ちを忘れずに・・・」神志那結衣 15歳の生誕祭 (2013/01/28)

HKT48劇場 / HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 70回目

■出演メンバー
安陪恭加・伊藤来笑・井上由莉耶・岩花詩乃・宇井真白・上野遥・岡田栞奈・岡本尚子・草場愛・神志那結衣・後藤泉・駒田京伽・田中優香・谷真理佳・冨吉明日香・山田麻莉奈



■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
神志那結衣「みなさんこんばんは! HKT48」
みんなで「研究生です」客、拍手

「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」が始まりました!」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

神志那結衣「PARTYが始まるよ・Dear my teacher・毒リンゴを食べさせて、3曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

本日のお題:ちょっと後悔したこと

【1列目 下手側から】
岡田栞奈「福岡県出身、15歳、最近みたらし団子のほうが嵌っています、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私がちょっと後悔しちゃったことはクラスで最後にお楽しみ会みたいなのがあったんですよ。その時にみんなノリで、1人1人ギャグとかしてたんですけど、「オイ、岡田もやれよ」とか言われて」客、軽くw

「それで断れない雰囲気だったので、「あっ、できるよ、一発芸」みたいな感じで余裕ぶっかましてやろうと思ったんですよ。発表するところまで「ヤバイヤバイヤバイ、どうしよう」みたいな感じでパニくってて、どうしようかなと思って、フリーズして10秒した上で、考えついたギャグがあったんですよ」客、おー
メンバーたち「やってみて」
岡田栞奈「やるんですか?」
メンバーたち「見たい」
岡田栞奈「ひかないでください。じゃ~、いきます」
メンバーたち「3・2・1」
岡田栞奈 → ビックリした表情で、左手で右手の手首付近を高速連打
メンバーたち「何?何?」「それなんなのかな?」
岡田栞奈「こんな感じで失笑されたんですよ。だから1人でフフフって笑いました。(マイクを外し)今日はよろしくお願いします!」

上野遥「福岡県出身、中学1年生の13歳、リンゴジュースが大好きなはるたんこと上野遥です」

「私が少しだけ後悔したことは、この間すごい長い階段を上ってたんですけど、その途中に大荷物を持ったお婆さんがいて、これは助けなきゃと思って、「私が上まで持って上がります」って言って、上って、そのお婆さんに渡したら「私、下に下りたい」と言って」客w

「まさか下に下りたいのかと思って、その荷物をまた下に下ろして、ハァーと息切れしながら私は上に上らないといけなかったので、また上に上って、疲れたなーと。でもいい運動できたし、そのお婆さんと仲良くなれたので良かったです」

神志那結衣「福岡県出身、中学3年生の1月24日で15歳になりました、じーなこと神志那結衣です」客、声援&拍手

「ありがとうございます。じーながちょっと後悔してしまったことは1月24日に誕生日だったんですけど、その時に妹から誕生日プレゼントをもらったんですね。でも私はすごくそれ、ハァー嬉しいと思って、すごい大喜びしようと思ったんですけど、妹の前ではちょっと恥ずかしくて。気まずいじゃないですか。わかりますか? 近々にいる人、身近にいる人に、こうあれするの。なのですごい恥ずかしかったので、「ありがとう」って言えなかったので、ちょっと後悔しています。なので次からは自分の気持ちをはっきり言おうと思います」

岡本尚子「福岡県出身、高校1年生の16歳、酢もつとアニメがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」

「私がですね、少し後悔したことは、私3人兄弟の真ん中なんですよ。で、お父さんとかがチョコレートだったりアイスだったり買ってきてくれるんですよ。この間お風呂上がりに食べようと思って、取っといておいたら。取っといて、冷蔵庫次開けるじゃないですか。無いんですよ。だれが食ったとなって」客、軽くw

「その時少しだけ、あの時さっさと食べておけば良かったなと後悔しました」

山田麻莉奈「福岡県出身、こう見えても高校3年生、17歳のまりりこと山田麻莉奈です」

「私が後悔してしまったことは、この前、妹に勝手に服を借りたんですよ。それで、私のサイズとちょうどピッタリなので、借りてたんですけど、返すタイミングを伺ってたんですね、ずっと、それから。でもなかなか見つからなくて、今も私の部屋に保管してあるので、いつかは返そうと思います」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から順に】
宇井真白「福岡県出身、12歳、ビーフジャーキーが大好きなましろこと宇井真白です」

「私はですね、宿題のことなんですけど、夏休みとか冬休みとか宿題っていっぱい出るじゃないですか。で、宿題は絶対に最初の2日で終わらせようっていう気でいっつもいるんですけど、毎回毎回後でいいかなとか思って、ずっと後でいいやと思って、最後の2日で徹夜してがんばって宿題を終わらせてるので、今度からは計画的に宿題をしていこうと思います」

岩花詩乃「福岡県出身、中学1年生の12歳、ワンちゃんが大好きなしのこと岩花詩乃です」

「私はお母さんのお手伝いをしようと思って、お皿洗いをしたんですよ。そしたらお皿を割っちゃって、お母さんに怒られちゃったので、しばらくはお手伝いをしないようにしたいと思います」客w&反応

井上由莉耶「福岡県出身、中学1年生の13歳、猫が大好きなゆりやこと井上由莉耶です」

「私が後悔してしまったことは、これをするといつもほぼ毎回後悔してしまうんですけど、コーンスープが好きで、よく作るんですね。冬場は毎日のように飲んでるんですけど、たくさん飲みたいと思って、粉にお湯をたくさん入れちゃうんですよ。そしたら絶対毎回薄くなって後で後悔しています」

伊藤来笑「愛媛県出身、中学2年生、14歳のらいらこと伊藤来笑です」

「私はですね、ホラー映画を見てしまったことなんですけど。エレベーターで扉のところに窓ガラスになってて外が見えるやつあるじゃないですか。それで、その映画の中に、そのエレベーターが出てきて、乗ってたら、外が見えるんですね。見えた瞬間お化けがバってくるんですよ。ちっちゃい頃に見てたのですごい未だに怖くて。しかも劇場に来るまでのエレベーターもそのタイプのエレベーターで、ものすごく怖いんですよ、いつも。なので、ホラー映画を見てしまったことに後悔しています」

田中優香「福岡県出身、みんなの妹になりたい12歳、小学校6年生のゆうたんこと田中優香です」

「私の後悔してしまったことはお母さんとピッツァを食べたことなんですけど」客w

「お母さんがピッツァにタバスコをかけて食べてたので、私もちょっと大人なふりをして、ピッツァにタバスコをかけてたんですね。そしたらすっごい辛くて、結局大好きなピッツァもお母さんに渡してしまったので、次は逆に甘いピッツァを考えてみたいと思います」
伊藤来笑「あのね、さっきからすごい気になってたの。なんでピッツァなの?」客、軽くw
田中優香「でもピッツァでしょ?。。今日は1日よろしくお願いします」

谷真理佳「福岡県出身、17歳、ヘリウム声がチャームポイントのまりかこと谷真理佳です」

「ありがとうございます。ちょっとかわいいって声が聞こえてきましたね。ありがとうございます」客、軽くw

「私がちょっとだけ後悔したことはですね、洋服なんですけど、これは私がまだピチピチな16歳の時のお話なんですけど」客、軽くw

「最近? まぁまぁまぁ。でですね、ショッピングに行って、あっ、かわいい服があると思って、買おうと思ったんですよ。けど、やっぱり次もっとかわいいのが出るのかなと思って買わなかったんですね、私に似合いそうな服。でもやっぱり、家に帰るじゃないですか。やっぱりその私に似合いそうなかわいい服が頭から離れなくて、あー、どうしようって思って、1週間後に行ったんですよ、買いに。そしたら無かったです・・・。私はそして思いました。あー、あの時、素直に買っとけば良かったんだ。なのでみなさまも後悔した時は谷真理佳を思い出して、笑顔になりましょう」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から順に】
冨吉明日香「宮崎県出身、15歳、中学3年生のあすかこと冨吉明日香です」

「私が後悔してしまったことはですね、社交辞令を真に受けてしまったことなんですけど。私小学3年生ぐらいの時にお母さんから買ってもらった黄色のレインコートを着てたんですね。そしたらお友達が「ほんと明日香ちゃんって黄色似合うよね」って言われて、私それを真に受けて、私黄色似合うんだなと思って、それからずっと黄色を着てたんですね。そしたら小学6年生ぐらいのある日お母さんから「あんたほんと黄色好きだけど全然似合わないよね」って言われて」客、軽くw

「隣にいたお父さんとかお姉ちゃんからめっちゃ同意されて、あれは社交辞令だったんだと。なんだったんだ、あの3年間はと思ってですね、この悔しい気持ちをここで一句」客、おー

「社交辞令 信じて縛られ 丸三年」客、拍手

草場愛「福岡県出身、17歳、高校2年生のソフトバンクホークスが大好きなまなみんこと草場愛です」

「私がちょっと後悔したことは昨日の話なんですけど、昨日私遊園地に行ったんですね。それで、動物と触れ合えるコーナーみたいなのがあったので行ったらアヒルがいたんですよ。それで、すごい鳴いてきたから餌が欲しいんだと思って、餌を買って、あげようとしたら、すっごい追いかけられて、飼育員さん助けてって言うぐらい追いかけられたんですよ。その時に餌を買わなければ良かったとちょっと後悔しました。でもアヒルさんがすごくかわいかったし、アヒルに追いかけられることって滅多に無いので、貴重な経験ができたなと思います」

駒田京伽「宮崎県出身、高校1年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「私の後悔したことはですね、けっこうちっちゃい頃のお話なんですけど、ある日の夜ご飯が私の大好きなお肉だったんですね。それで、我慢ができなくて、机で、私お母さんお父さんとなってるんですよ、食べる場所が。それで我慢できなかったので、お母さんの椅子とお父さんの椅子をヒョイヒョイって乗って、キッチン台まで行って、お肉をもらったんですよ。そしたら危ないよって言われたんですけど、そんなもん耳に入らなくて、そのまま自分の席にヒョイヒョイって行って、戻ったら、落ちてしまって椅子から。お肉を犬に食べられてしまったんですよ」客w

「なのでその日の夜ご飯は添え物のキュウリだけでした」

後藤泉「福岡県出身、中学3年生、15歳のいーちゃんこと後藤泉です」

「私は最近の話なんですけど、今学校の休み時間で、クラスのお友達とサッカーをしてるんですよ。でも私、ルールも蹴り方もわかんなくて、いつもキーパーばっかりなんですね。それで、今日同じクラスの女の子なんですけど、サッカー部でキーパーをやってる子がいて、その子と同じチームになったので、その子がキーパーだったら全部止めてくれる訳じゃないですか。だから今日はしなくていいやと思って、蹴り方もわからないのに蹴る人になったんですよ。それでいいところでまわってきて、ボールが。みなさんの想像通り空振りました。いつも通り普段通りキーパーをやっておけば良かったなと後悔しています」

安陪恭加「ブロッコリーの天ぷらが大好きな福岡県出身、15歳、きょうかこと安陪恭加です」

「私はこの前、歌の練習をしに熊沢世莉奈ちゃんと田中菜津美ちゃんと今田美奈ちゃんと一緒にカラオケに行ったんですけど、私、歌のほうがあまり得意じゃなくて、ちょっとカラオケで音を外してしまってすごい笑われたんですよ。だから1人でカラオケに行っとけば良かったなと後悔しちゃいました」

冨吉明日香「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」以上のメンバーでお送りします。続いては様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.スカート、ひらり (上野遥・神志那結衣・岡田栞奈・岡本尚子・山田麻莉奈)
◆M05.クラスメイト (伊藤来笑・岩花詩乃・田中優香・井上由莉耶・宇井真白)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (草場愛=キーボード・谷真理佳=ボーカル)
◆M07.キスはだめよ (駒田京伽・冨吉明日香・安陪恭加)
◆M08.星の温度 (神志那結衣・岡本尚子・上野遥・後藤泉)

■MC
# M08「星の温度」以外のメンバー、ステージへ

冨吉明日香「今日はですね、神志那結衣ちゃんにとって素敵な日ということで、じーなあるあるを話したいと思います」

谷真理佳「トップバッター私でいいの?」
冨吉明日香「考えてね、トップバッターだから」
谷真理佳「ありがと、明日香ちゃん今日も優しいね」客、軽くw

「私のじーなあるあるはですね、これは私の2ヶ月前の記憶なんですけど。じーなはよくグミを持ち歩いてると聞いたんですよ、私は。なので2ヶ月前の私はグミが食べたい気分だったんですよ。みなさまもそういう希望ありますよね? あっ、ありますよねー?やっぱり」
メンバーたち「続けて」
谷真理佳「それで私はじーなに「グミちょうだい」って言ったんですよ。そしたらじーなが「ちょっと待ってて」って言ったんですよ」客、軽くw
草場愛「イントネーションおかしい」
谷真理佳「それでですね、私は待ってたんです。そしたら待ちきれなくなったので、じーなに「グミまだ?」って言ったんですよ。そしたら「ごめん、今日グミ持って無いじーな」って言われたんですよ。私はそのことにビックリしました。だから、もうね・・・」
冨吉明日香「どうしたの? それから?」
谷真理佳「それでね、ごめん、その後の記憶よく覚えてないじーな。2ヶ月前だったからさ」
冨吉明日香「トップバッターに当てたら何か出てくるんじゃないかなって期待したけどダメだったね」客、軽くw
谷真理佳「ありがとうじーな」

山田麻莉奈「私のじーなあるあるは、じーなは最初見た時すっごく大人しくて清楚な子だと思ったの」
メンバーたち → 反応
山田麻莉奈「でも今となっては、ほんとに常にうるさくて。声も大きくて高いから、ほんとどこにいるかすぐわかる」
冨吉明日香「でもじーなのギャップはけっこうみんな言うよね。あんな子に絶対見えなかったもん」
草場愛「歩きながら、誰かにすれ違ったらいきなりモノマネとかし出さない?」
メンバーたち「する」
谷真理佳「でもじーなの最初の時、私清楚だと思ったんですよ、じーな。谷真理佳系だったよね、ほんと」
冨吉明日香「はい、次何かある人?」スルー(客、軽くw)

安陪恭加「私はじーなはギャグとかダジャレとかよくやってくれるけど、全部がちょっと微妙で、残念な空気になっちゃう」
冨吉明日香「すごいわかるね」
安陪恭加「最近、谷真理佳みたいになってきたよね」客w
谷真理佳「ちょっと一緒にしないでくださいー」
冨吉明日香「それじーなのセリフ」客w

駒田京伽「じーなはですね、メンバーを変なあだ名で呼ぶことがあります」
冨吉明日香「呼ばれた人?」
メンバーたち「はい」
冨吉明日香「けっこういるね。みんな? 真白はなんて呼ばれたの?」
宇井真白「真白は頭の中は真っ白!って言われました」
冨吉明日香「これ以上聞くのはやめとこうか」

「最後に何かある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 「星の温度」メンバー、ステージへ
メンバーたち「おかえり」

上野遥「私はじーなは楽屋でもほんとおもしろくて、スタンバイしてる時も笑わせてくれたりするんですよ。それで最近一番ビックリしたのが、自己紹介MCのお題に沿ってエピソードを言わないといけないんですけど、思いつかなかった時がたまにあるんですけど、その時にじーなに「私何言ったらいいかな?」って言ったら、真剣に「はるたんはね、えっとね」みたいな感じで考えてくれて、優しいなって思いました」
メンバーたち「優しーな」

草場愛「ということで、今日はじーなあるあるについて話してきました。これからもメンバーに優しく、たまーに微妙なモノマネをして、メンバーみんなの空気を和ませて欲しいと思います」


◆M09.桜の花びらたち


神志那結衣「私たちはこれから夢に向かって一歩ずつ進んで行きます。ぜひ私たちの成長を見守ってください。次が最後の曲になります。聴いてください。青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「本日は1月24日、15歳の誕生日を迎えたじーなこと神志那結衣ちゃんの生誕祭です」客、拍手

「盛り上がってますか!?」客「イェー!」

「神志那結衣ちゃんの15歳の1年が最高のものになるために、アンコールはじーなコールでよろしくお願いします」客「イェー!」

「じーなコールいくぞー」客、拍手


「じーな」コール


神志那結衣「アンコールありがとうございます」

◆M11.HKT48
◆M12.スカート、ひらり


山田麻莉奈「アンコール1曲目HKT48、2曲目スカート、ひらりを聴いていただきました。HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」次が本当に最後の曲になります」客、え~

「今日という日を忘れずに心を込めて歌います。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M13.桜の花びらたち


■神志那結衣 生誕祭
# 曲終了後、神志那結衣 口に手を当て、早くも感涙気味

岡田栞奈「さてみなさん、今日は何の日か知ってますか?」客、拍手

「そうです。今日は先日15歳のお誕生日を迎えた神志那結衣の生誕祭です!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

岡田栞奈「じーな、お誕生日」
みんなで「おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び&ロウソク火点け

岡田栞奈「それではみなさんで歌いましょう。せ~の」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア じーな ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

メンバーたち「おめでとう」客、拍手

神志那結衣 → ロウソク火を吹き消す(3フー)
メンバーたち「イェー」客、拍手

岡田栞奈「じーな、改めましておめでとうございます。さて、ここからですね、みなさんお待ちかねの、研究生生誕祭恒例アピールタイム!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

岡田栞奈「この企画はですね、じーなこと神志那結衣ちゃんのことをもっともっとたくさんの方に知ってもらうためにセンターステージで自由に自己アピールができます。じーな、何を披露してくれるのかな?」
神志那結衣「モノマネです」客、反応
メンバーたち → 反応
岡田栞奈「それではじーな、センターステージへどうぞ!」

# 神志那結衣 → センターステージへ

「サザエさんのアナゴさんとマスオさんのちょっとした会話です」

おーい、マスオくん。ちょっとさ、僕と一緒にご飯食べに行かないかい? ちょっと妻が怒っててさ、帰れないんだよ。えー!?」客w → 拍手
メンバーたち「おもしろい」

# 神志那結衣 → メインステージへ戻る

岡田栞奈「じーなのさっきのモノマネは私たちが「えー!?」って思うぐらいでしたけど」客w
メンバーたち「うまい」
岡田栞奈「じーな、やってみてどうだった?あそこで」
神志那結衣「めっちゃ緊張しました」
岡田栞奈「足ガクガクだったね」
神志那結衣「はい」客w
岡田栞奈「それではですね、実は、ちょっと、神志那結衣ちゃんにどうしても、どうしても感謝の気持ちを伝えたいという方がいます。そして手紙を書いてきています。まなみん!」
草場愛「はい」客、拍手
神志那結衣 → 両手で顔を覆い、涙
草場愛「(ケーキ台の下から手紙を取り出す) ハイ、ここに手紙を書いてきました。こんな感じです。直筆だよ」客w

「当たり前か。じゃ~、読むね」

「(終始涙混じり)結衣へ。お誕生日おめでとう。結衣に初めて会った時、すごく清楚で、キレイな子だなって思って、仲良くなりたいけど人見知りのうちからはなかなか声をかけられないという状態がずっと続いてました。名前順で並んだ時にいつも隣にいて、やっぱり仲良くなりたいって思って、がんばって話かけたら、すごく笑顔で話してくれたね。あの時は本当に嬉しかったよ。」

「仲良くなってきて、だんだんと本当の結衣をうちに見せてくれるようになって、今ではモノマネが上手なおもしろい子という印象に変わりました。結衣はうちが悩んでいる時、相談したらすごく真剣に話を聞いてくれて、一緒に考えてくれて、励ましてくれて、ありがとう。いつも結衣に頼ってばっかりだから、頼りないかもしれないけど、いつでも頼ってください。」

「陰で努力を絶やさず、確実に成長してる結衣は本当に輝いてると思います。これから辛いことや楽しいこといっぱいあると思うけど、メンバーみんなで笑って泣いて、一緒に乗り越えて行こうね。」

「聞いてくれてありがとう。結衣にとってこの1年がいい年になりますように。結衣大好きです。改めましてお誕生日おめでとう。草場愛」客、拍手
神志那結衣「ありがとう(涙)」
岡田栞奈「この愛さんからの直筆の手紙はちゃんと最後に愛さんから神志那さんに渡します」

「まなみんからの気持ちを聞いてどうでしたか?」
神志那結衣「(涙)めっちゃ嬉しいです」

岡田栞奈「それでは生誕祭を開いてくださったファンの方々にひと言お願いします」
神志那結衣「生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」お辞儀 (客、拍手)
岡田栞奈「改めまして、じーなお誕生日おめでとう!」
後藤泉「まだ言うんじゃない?」
神志那結衣「まだ言おうと思ってるんだけど」客w
岡田栞奈「ごめんなさい」
神志那結衣「私はすごく人見知りで、最初メンバーと会った時もすごい全然喋れなくて。ずっとレッスンの時もほとんど1人でいるぐらいで。ずっと1人でいたんですよ。でもある時にみんなの前で鈴木福くんのモノマネをする機会があったんですよ。その時にみんなが笑ってくれて、その時からみんなが気軽に話しかけてくれて、それからモノマネをすることが今まで以上に大好きになりました」

「それで、私が赤ちゃん、生まれた時みたいに泣いたんじゃないかっていう時があったんですね。それはこの「PARTYが始まるよ」公演の初日公演に出られなかった時がめっちゃ大泣きして・・・、すごい悔しくて、もうなんでだろうと思ってて、なんで出られないんだろうと思ってて。みんなが私たちの前で円陣を組んでて、それを後ろ側で見てるのがすごく辛くて、心の中でずっとそれを押し付けてて、みんなが「いってきます」って言った時は明るく振舞って「いってらっしゃい、がんばって」って言ったけど、それはほんとに心の中ではずっと悔しくて、ほんとに泣きたい気持ちでいっぱいで、胸が苦しくて、みんながステージに行った後に私は大泣きして、赤ちゃんが生まれた時ぐらい泣いたんじゃないかってぐらい泣きました。なので今このPARTY公演がその悔しかった気持ちを忘れずに臨んでいます。なのでこれからもHKT48をそして私、神志那結衣をよろしくお願いします」客、拍手

岡田栞奈「今度は本当に改めまして、おめでとうございます」客、拍手
神志那結衣「ありがとうございます」
メンバーたち「おめでとう」

岡田栞奈「まだまだ生誕祭は続きますよ!」

◆2ショットポラ抽選会 (3名にプレゼント)

1人目 → 77番
2人目 → 125番
3人目 → 5番

メンバーたち「おめじーな」


岡本尚子「ということで、今日はじーなこと神志那結衣ちゃんの生誕祭ですが、みなさん、まだまだ盛り上がっていただけますよね!?」客、イェー!&拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

# メンバーたち所定の位置へ

岡本尚子「それでは聴いてください。初恋バタフライ」


◆M14.初恋バタフライ


岡本尚子「初恋バタフライを研究生バージョンで聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか!?」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

神志那結衣「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 神志那結衣 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶
神志那結衣「せ~の」メンバーたちバック / 客「お誕生日」

せ~の」前進 / 客「超絶おめじーな!」

「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM → 桜の花びらたち

# メンバーたち、手を振りながら捌ける

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と


■メモ
・M09「桜の花びらたち」にて、ピンクサイリウム


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
1月28日(月) 研究生「PARTYが始まるよ」公演

公演後の感想 → 岡田栞奈&神志那結衣

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ