FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

なつみかんの小1おんぶエピソード (2013/01/10)

※名前リンクはDMM個別プロフィールにリンク

HKT48劇場 / HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演

■出演メンバー
チームH → 植木南央・多田愛佳・熊沢世莉奈・兒玉遥・指原莉乃・下野由貴・田中菜津美・松岡菜摘・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・若田部遥

研究生 → 安陪恭加・上野遥・駒田京伽・坂口理子

■休演
休演2名 (穴井千尋・中西智代梨)

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:若田部遥)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG


■MC1 自己紹介
兒玉遥「みなさんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

兒玉遥「私たちHKT48チームH 初めての公演「手をつなぎながら」が始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

兒玉遥「まず始めに僕らの風、マンゴーNo2、手をつなぎながら、チャイムはLOVESONG、4曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

# ただいま私たちに聞きたいことを劇場入り口とHKT48モバイルサイトで募集しています。みなさまからの質問に答えながら1人ずつ順番に自己紹介をさせてください。

お題提供:雪だるまさん
本日のお題:心癒されたこと

【1列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私が心癒されたものは、私3歳の弟がいるんですけど、最近弟が恐竜に嵌ってて、恐竜ごっこをたまにするんですよ。私がトリキュラトップスの役で、弟がティラノザウルスの役で、私食べられちゃう役なんですけど、その時に弟が「せりちゃん」って言ってきて、「どうしたと?」って聞いたら「好き?」って言って、ほっぺにチューしてきたので、すごく癒されました! それではみなさん一緒に言ってください。今日も1日がんばー!」客「りーぬ!」

下野由貴「意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、14歳のしなもんこと下野由貴です」

「私が癒されてるものというのは愛ちゃんのほっぺたなんですけど。愛ちゃんのほっぺた、すごい私大好きで、癒されてるんですけど、やる度にすごい嫌がられて最近できてないので、全然癒されてないんですよ。ねぇ、愛ちゃん」
多田愛佳「ヤダ」客、軽くw
松岡菜摘「姉さん」

兒玉遥「今日の気分はハッピーハッピー『はるるっぴー!』毎日ハッピー 博多の妖精、はるっぴこと兒玉遙です」

「私が心癒されたのは、私も弟なんですけど、小学生の弟がいて、ある日雨の時に傘を傘立てに入れたら、カチャって音が鳴ったので、何かな?と思って見てみたら、手紙が入ってたんですよ。で、それを見ちゃって。見たら、ラブレターだったんですよ。自分がたぶんもらったのかな? 小学生のそういうのかわいいなって思って、すごく心が癒されました」

松岡菜摘「ホルモンが、食べたーい! ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「私が癒されたのはですね、去年のクリスマスに電車に乗ってたんですけど、ちょうど前にいた2、3歳ぐらいの男の子がお父さんに「今日サンタさんくるかな?」って言ってたのがすごいかわいくて。そしたらお父さんが「いい子にしてたら来るかもね」って言ってたので、私もいい子にしようと思いました」客、軽くw

村重杏奈「(ロシア語で何か話した後に) ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私はですね、昨日AKB1/149恋愛総選挙っていうゲームをしたんですけども、昨日自分をちょっとやってみたんですよ」客w

「自分やって、昨日で神告白されたんですよね。マジかわいくて」客w

「ほんとにマジ癒されました」

# 以上、捌ける


【2列目 下手側から】
坂口理子「福岡県出身、高校3年生、18歳のりこぴこと坂口理子です」

「私が心が癒されたことは、やっぱり私の愛娘の2期生の秋吉優花ちゃんって子がいるんですけども、娘という風に慕っておりまして、その優花ちゃんがですね・・・」
指原莉乃「娘なのに慕ってるの?」客、軽くw
坂口理子「娘にしてるんです。それでですね、クリスマスの時に公演に来てくれた方にメッセージを書いたのですけども、そのメッセージを書いてる時に優花ちゃんが私に「理子ちゃん、これは、この文章の後にはなんの顔文字を書けばいいですか?」って訊いてきたんですよ。めちゃくちゃかわいいじゃないですか。だから私は「星とかこういうやつを書いたりして、やったらきっとかわいいよ」って言って、教えてあげました。なのでぜひ優花ちゃんのクリスマスカード持ってる方は見てみてください」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、15歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はですね、最近髪のトリートメントを付けるようになったんですけど、ちょっと大人になって。そしたら、そのトリートメントがバニラの匂いがするんですよ。すっごいいい匂いで、お風呂上がってから付けるんですけど、寝る時にすごいバニラのいい匂いがするので、癒されてます」

指原莉乃「大分県出身、さっしーこと指原莉乃です」

「指原はひらりー、平田梨奈ちゃんという子がAKBの研究生にいるんですけど、私がぐぐたすに投稿したら、合間を狙ってくれてすごいコメントをしてくださるんですね。なんかよくわかんないけど、熱狂的に指原のことを好きでいてくれて、ネット上では。すごい「指原さん大好きです、大好きです。会いたい会いたい会いたい」っていう風に書いてくれるんですけど、実際会って、ひらりーを見つけると身構えて行くじゃないですか、こうやって(手で髪をなびかせる)」客、軽くw

「行ったら、ひらりーは意外とあっさりしてて冷たいので、なんか私も勘違いなのかと思いだしています。脳内でも楽しければいいですよね」

宮脇咲良「あなたも、あなたも、みーんなの心に『さくら咲け!』ありがとうございます。鹿児島県出身、宮脇咲良、14歳です」

「私が癒されているのは2歳の弟です。弟の影響で仮面ライダーウィザードとフォーゼとゴーバスターズに嵌ってるんですけど、みなさん知ってますか? 宇宙キター!」
メンバーたち「えっ?」
宮脇咲良「フォーゼ」客「かわいい」
指原莉乃「かわいいんならいいよね、それで」客w
宮脇咲良「今日はフォーゼみたいにキレキレのダンスでがんばりたいと思います」

安陪恭加「あべ! あべ! 『あべっこりー!』 好きな食べ物はブロッコリーの天ぷら、15歳のきょうかこと安陪恭加です」

「私は豚の画像に癒されてるんですけど、私すごい豚が大好きで、携帯の待ち受けとかも豚の画像にしてて、その携帯の待ち受けを見る度に1人でちょっとニヤニヤしちゃったりしちゃうので、ちょっと気をつけようかなと思います」

若田部遥「スリー! ツー! わっかはるゴー! 福岡県出身、14歳、わかはること若田部遥です」

「私はですね、りーぬに癒されてるんですけども、元日公演の時のウェルカムボードをりーぬと2人で書いたんですよ。そしたら今年ヘビ年じゃないですか。だから、巳って漢字でりーぬが書いたんですよ。そしたら、りーぬ今年受験生なのに、ちょっと頭のほうがよろしくないようで」客、軽くw

「ずっとあれを見て、「ねぇ、わかちゃんこれタツってすごい上手に書けたよね」ってずっと言ってて。そしたら挙句の果てにヘビの絵を自分で描いてたのに、「見て見て、タツ上手に描けたよ」って」客、軽くw

「言ってたので、なんかおバカちゃんですごい癒されました」

# 以上、捌ける


【3列目 下手側から】
森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、15歳のまどかこと森保まどかです」

「私はですね、ここだけの話、絶対聞かれたくないんですけど、今日村重杏奈ちゃんに癒されてしまったんですよ。今日楽屋ではるっぴこと兒玉遥ちゃんと村重杏奈ちゃんと私で一緒に喋ってて。昨日杏奈ちゃんは劇場公演にほかの仕事で出てなくて、はるっぴと私で、ちょっとなんかいじってあげようかなと思って「昨日の楽屋すごい静かでおもしろかったよね」って言ってから「そうだね」って言って、杏奈がどんな反応をするのかなって、生意気な反応するんだろうなって思ってたんですよ。そしたら、ひと呼吸置いて、「杏奈が居なかったらやっぱりおもしろいのかな、、」って言い出したので」客、軽くw

「すごい癒されました。ここだけの話でよろしくお願いします」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん、片っぽえくぼがチャームポイントの15歳、なおこと植木南央です」

「南央が癒されたのは、うちで犬を飼ってて、名前がさくらって言うんですけど、そのさくらもう7年ぐらい飼ってて、40近くなるんですけど、遊ぶボールを投げるふりしたら、ダーって走って行くんですよ。それで、探して探して無くて、ダーって戻ってくるんですよね。いじめるのがすごく楽しくて。違う、遊んでやるのがすごく楽しいので、いつもそれに癒されてます」

上野遥「福岡県出身、中学1年生の13歳、リンゴジュースが大好きなはるたんこと上野遥です」

「私が心癒されたことは、この前家の前を掃除してたら、通りすがりの方が「えらいね」って言ってきてくれて。いつもだったら「小学生?」って言われるんですけど、この間は「中学生?」って1回目でちゃんと言ってくれて、すごい嬉しくて、癒されました」

多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私はですね、最近いい匂いに嵌っていまして。気分によって香水を変えているんですよ。それで、昨日はいつも使っているやつなんですけど、今日はAKBのメイクさんで使っていた人がいて、その人に何の香水使ってるか聞いて、わざわざ買いに行って、一番お気に入りの香水を今日は使っているんですよ。なので今日は一番なんです」

駒田京伽「宮崎県出身、高校1年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「私が心癒されたことはですね、昨日大好きな炭酸を飲もうとしたら、冷蔵庫に入って無かったんですよ。ちょっと落ち込んでて、Google+のほうを見ながら「あー」ってやってたんですね。そしたら坂口理子ちゃんのGoogle+に秋吉優花ちゃんが載ってたんですよ。2つ結びをしていて、理子ちゃんもかわいいんですけど、やっぱり秋吉ちゃんがもっとかわいくて、お腹いっぱいになりました」

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、はとこなんですけど、1歳で、まだ。この間はとこのお家に遊びに行ったんですけど、最初はまだ小さい子だから人見知りだと思うんですけど、すごい警戒心を持っていて、あんまり遊べなかったんですよ。馴染めなくて。でも何時間か経つと自分から話しかけてくれるようになって、ずっと遊んでたら、両手伸ばして抱っこの合図って言うんですか? 両手伸ばしてきたんですよ。それで、私が抱っこしてあげたらすごい喜んでくれたので、すごい心が癒されました」

「ということで、HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、以上のメンバーでお送り致します。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」


◆M05.Glory days (下野由貴・兒玉遥・村重杏奈)
(BD:本村碧唯・宮脇咲良・坂口理子・安陪恭加・若田部遥・熊沢世莉奈)
◆M06.この胸のバーコード (田中菜津美・指原莉乃・松岡菜摘)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (植木南央(黄)・宮脇咲良(ピンク)・本村碧唯(青))
◆M08.雨のピアニスト (熊沢世莉奈・松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.チョコの行方 (若田部遥・植木南央・多田愛佳・田中菜津美)


■MC2
若田部遥・植木南央・田中菜津美・多田愛佳

田中菜津美「大人だなって感じた瞬間」
多田愛佳「成人式も近いですしね」
植木南央「来年ですよね? 今年?」
多田愛佳「私再来年。私そんなおばさんじゃない」
若田部遥「今年はさっしーですよね」
田中菜津美「すごいですよね。HKT初の二十歳。羨ましいよね」
植木南央「南央も大人」
多田愛佳「何が?」
若田部遥「どこか言ってみ」
植木南央「熱いお茶が好き」客、軽くw
多田愛佳「大人っていうかおばちゃんじゃない?」
田中菜津美「どっちかって言うとチョコメンの中で一番精神年齢低い」
植木南央「違う違う」
若田部遥「しかもあれじゃん。炭酸いつもガバガバ飲んでるじゃん」
植木南央「。。飲んでないよ」客、軽くw
多田愛佳「飲んでるな、それは」
植木南央「でもね、あったかいホットレモンとか」
田中菜津美「梅昆布茶とか」客、軽くw
多田愛佳「普通コーヒーとかじゃないの? ブラックコーヒーが飲める人」
田中菜津美「コーヒー飲める人いる?」
メンバーたち「はい」田中以外の3人挙手
田中菜津美「私コーヒー牛乳ですね」客、軽くw
若田部遥「でもあれじゃん。カフェとか行ってコーヒー頼んでからさ「砂糖要らないです」って、すごい大人っぽくない?」
多田愛佳「私いっつも言う」
田中菜津美「ブラックですか?みんなは」
多田愛佳「私ブラック派。逆に砂糖とか入ってたほうが苦く感じるのはなんでだろうか」
田中菜津美「コーヒーってタイミング的にいつ飲むんですか? 飲みたくなる瞬間っていうか」
多田愛佳「飛行機乗ってる時とか」

田中菜津美「私はつい最近なんですけど、下校してて、帰り道がたぶん同じだったと思うのですけど1年生の男の子3人ぐらいが競い合ってて、どっちが早くつくかみたいな。走りながら家帰ってて、その中の1人の男の子がこけちゃったんですよ。けっこうコンクリートのところで、駐車場が近くて、うずくまって泣いてたんですよ、たぶん。1年生しかいないからもうどうしようもなくずっとこのまま待ってるんですよ。ここで私が素通りしてもなと思って、ランドセル下ろして1年生に持ってもらって、その子おぶって」
メンバーたち「おー」
田中菜津美「まだ学校出たばっかりだったから、保健室までまた戻って、また帰ったんですよ」
メンバーたち「すごい」「大人」
田中菜津美「めっちゃいいでしょ?私」客、拍手
若田部遥「これは拍手だね」
多田愛佳「そんなことできるんだね」
植木南央「なつみかん転ぶほうだと思ってた」客w
田中菜津美「違うよ。HKT来たら、そういうキャラだと思うけど、学校行ったら最高学年、一番上だから」
若田部遥「おんぶとかできるの? 細いからさ、おんぶしたらこうなりそう」後ろ側に反る(客、軽くw)
植木南央「こけそうだよね」
田中菜津美「1年生だよ。おんぶぐらいできるよ」
若田部遥「1年生だったらおんぶしてだっこもできるよね」
田中菜津美「周りにいた私のランドセルを持ってきてくれた子もちゃんとついてきてくれました、最後まで」
植木南央「大人じゃん」
多田愛佳「私もそういう大人になりたいな」
田中菜津美「もう近いですね。早く切り替えないともうすぐだから」
若田部遥「手遅れになる前に」
田中菜津美「成人とか」
多田愛佳「そうだったね。あと2年だよ」
植木南央「もうすぐで振袖衣装」
多田愛佳「よくわかんないね。じゃ~、次いこっか」
田中菜津美「こんな感じでですね、大人だなと思う瞬間について話してみたんですが、これからも大人に近づけるようにどんどん成長していきたいと思います」


◆M10.Innocence
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策


■MC3
前半:多田愛佳・田中菜津美・安陪恭加・森保まどか・兒玉遥・植木南央・熊沢世莉奈・坂口理子

兒玉遥「今日はですね、幼い頃のエピソードについて話していきたいと思います」

植木南央「私、幼稚園の頃に年長になるとテレビ局さんがやってきて、将来の夢をそのテレビで言うんですけど、その時に私「モーニング娘。になりたいです」って言ったんですよ。すごくない?」
兒玉遥「ちゃんとアイドルになれてるからね」
植木南央「そう」
田中菜津美「なおっちは小さい頃からそういうのになりたかったんだよね」
植木南央「そうそう」
田中菜津美「幼い頃からそういう夢があるってすごいね」
兒玉遥「なつみかんはなんだったの?」
田中菜津美「私ずっとケーキ屋さんとかピッコロとか言ってたんだけど」客、軽くw
兒玉遥「ドラゴンボールの?」
田中菜津美「そう、ドラゴンボールのピッコロになりたいとか言ってたんだけど、年頃になるとなれないんだなっていうことがわかって、テレビ見て楽しむようになった」

安陪恭加「恭加はパパの数少ない髪の毛を引っこ抜いてた」
メンバーたち「えー?」
兒玉遥「今はしてないよね」
安陪恭加「今はしてないけど、ちっちゃい時、ピッピッ」
メンバーたち「パパ何も言わないの?」
田中菜津美「ちっちゃい頃抜き過ぎて今抜くもの無いんじゃない?もう」
メンバーたち「みかん!」「言っちゃダメ」
兒玉遥「ちっちゃいから許されることってあるよね。私の弟もね、おじいちゃんがいるんだけど、おじいちゃん頭がツルツルなんですけど、足でグリグリしてたんですよ」
メンバーたち「ダメだよ」
兒玉遥「弟がですよ。だからよくできるなと思って。ちっちゃいうちだから許されることってあるんだなって」
多田愛佳「ちっちゃいけどダメ、やっちゃ」
兒玉遥「ちゃんと叱っときますよ、私が。ダメでしょ?って言って」

坂口理子「私はですね、ちっちゃい頃、今は違うんですけど犬が大っ嫌いだったんですよ。で、おばあちゃんに、そのおばあちゃん家で飼ってた犬が死んで、私が生まれたから、あなたはその性格も似てるし、犬の生まれ代わりじゃないかしらみたいなことを言われまして、それの時からけっこう犬が好きになったんですよね。泣きまねとかもけっこう得意ですし」
メンバーたち「やってみて
坂口理子「そういう流れになりますよね。マイク通さないでやったほうがいいですかね」
兒玉遥「じゃ~・・・」客w

「りこぴの犬の鳴き声まで」
メンバーたち「3・2・1」
坂口理子「ワンワン」
メンバーたち「おー」「似てる」「すごい」
多田愛佳「りこぴは前世犬だったんだね」
坂口理子「そうです」
兒玉遥「じゃ~、安陪ちゃんも犬の鳴き声やってみて」客、軽くw
メンバーたち「むちゃぶり」「3・2・1」
安陪恭加「ワンワーン」
多田愛佳「なんで下に下がるの?」
田中菜津美「安陪ちゃんは豚の鳴き声だよね?」
メンバーたち「できる?」「やって」
安陪恭加 → 豚の鳴き声披露(客w)
メンバーたち「いいね」「上手上手」
多田愛佳「かわいいよ」
兒玉遥「(口笛で) ホーホケキョ」
森保まどか「いきなり・・・」客、軽くw
兒玉遥「ウグイスしようと思ったらできなかった。みなさん見なかったことに」

熊沢世莉奈「私はちっちゃい頃に、ちっちゃい頃って物がわかんないじゃないですか。だから、三輪車に乗って、後ろのカゴに砂を詰めてスーパーの中、走り回ってました。だから砂の道がダーって後ろに」
森保まどか「怒られなかった?」
熊沢世莉奈「怒られなかった、全然。優しかったんだよ」
兒玉遥「良かったね」
熊沢世莉奈「よくないけどね」
兒玉遥「幼い頃楽しかったね」
メンバーたち「楽しかった」
兒玉遥「でもこれからはルールとかマナーをわきまえながら、がんばっていきたいなと思います」

# メンバーチェンジ

後半:指原莉乃・下野由貴・上野遥・若田部遥・本村碧唯・松岡菜摘・宮脇咲良・駒田京伽・村重杏奈

下野由貴「みなさん盛り上がってますか!?」客「イェー!」

「盛り上がってますか!?」客「イェー!」

若田部遥「欲しがるね」
下野由貴「今回の後半MCはですね、最近困ってることについて話してみたいと思います」

若田部遥「私が困ってることはですね、しなもんなんですけど、私この前、ちょっと語ろうじゃないかと言って、近くの喫茶店的なところに入って、お互い飲み物買って、私だけポテト買ったんですよ。そしたら、私ポテト食べてるじゃないですか。自分も食べ出すんですよ、自分のやつを。それで、最終的にこのポテトの箱の口が私のほうを向いてるとするじゃないですか。どんどん自分のほうに向けてって!」客w

「結局半分以上食べちゃったんですよ。だからすごい困ってます」
指原莉乃「学生同士だし特にね」
下野由貴「ポテトってやっぱり分け合うものじゃない?」客、軽くw
松岡菜摘「それはしなもんが食べたいだけじゃん」
若田部遥「いいよって言ったけども、さすがに半分も食べるとは思わなかったから」
下野由貴「いやー、分け合うもんじゃんね」
若田部遥「いやらしー」
下野由貴「みんな気をつけてね、私と食べる時」

宮脇咲良「私は自己紹介MCでも言ったんですけど、仮面ライダーウィザードとかフォーゼとかが好きなのに、みんなにその話してもすっごい軽蔑した目で見られる」
松岡菜摘「そんな目で見てないけど、わかんない」
若田部遥「私は電王が好きだよ」
本村碧唯「あっ、わかる」
指原莉乃「電王ってめっちゃ流行ったよね」
村重杏奈「ねぇねぇねぇ、ゴーレンジャーが好き」
宮脇咲良「わかんない」
若田部遥「うちデカレンジャーが好き」
指原莉乃「弟の世代なんじゃない? アバレンジャー」
メンバーたち → 反応
松岡菜摘「全然わからない。プリキュアの白と黒の最初のやつで止まってる」
指原莉乃「おジャ魔女どれみでしょうが」
メンバーたち「あー!」
村重杏奈「明日のナージャ知ってる?」
メンバーたち「知ってる!」
指原莉乃「待って。おじさん涙目」客w

「やめてよ、かわいそうでしょ?」
若田部遥「共感できる人いて良かったね」
下野由貴「さくらたんがそんなの好きってなるとちょっとイメージと違うからね」
指原莉乃「でも好きなものはそれぞれだから。楽しいもんね、連続で見てるとね」
若田部遥「今度みんなで鑑賞会する?」
宮脇咲良「宇宙キタしようよ」

「宇宙キター!」ポーズ
メンバーたち「おー」
指原莉乃「こっち側には来なかったかな。ごめんね」客w

上野遥「私は今の話と全然違うんですけど、慌てて家を出ないといけない時に、自分のパーカーを着たら、チャックが上がらなくて、ずっとやってたら壊れてて、しかも自分の大好きなお気に入りのパーカーで、今もあるんですけど、チャックが上がらないので、もし外に出る時は寒いまま外に出ないと行けない」
松岡菜摘「ボタン縫い付けたら?」
指原莉乃「おー。おーじゃねーな」客w

「一瞬納得しちゃったけど」
若田部遥「リフォームのお店持って行ったら?」
指原莉乃「そうだね」
松岡菜摘「でもボタン・・・」
指原莉乃「なんでそんな乗せてくるの」客w
宮脇咲良「ボタン好きだね」
松岡菜摘「困ってることには解決策をさ」

駒田京伽「私が困ったことはですね、この前コンビニに行ったんですよ。ホットドックか何かを買った時にカスタードとケチャップ要りますか?って言われたんですよ」
メンバーたち「カスタード?」
駒田京伽「どうしようって思うじゃないですか。あっ、じゃ~、一応つけておいてくださいって言って。あっ、マスタードでした」
宮脇咲良「ビックリした」
指原莉乃「おもしろ2期生」客、軽くw
松岡菜摘「指原ビックリ」
指原莉乃「トミヨシビックリからの、指原ビックリ」
村重杏奈「からの村重ビックリ」
メンバーたち「いやいやいや」
宮脇咲良「そこは来なかった」
松岡菜摘「泥棒がいっぱい」

本村碧唯「私はですね、最近髪が伸びるのが早いんですよ」
村重杏奈「めっちゃ村重も」
指原莉乃「トーク泥棒」
本村碧唯「入って来ないで」客、軽くw
若田部遥「でも2人ともオーディションの時これぐらいだったよね」肩より少し下
本村碧唯「そう、こんぐらいだったんですよ」
村重杏奈「村重さ、オーディションの時ボサボサだったよ」
メンバーたち「泥棒」「泥棒やめろ」
本村碧唯「入って来ないで」
指原莉乃「次の機会に話そう」

下野由貴「ということでですね、困ったことについて話したんですけれども、困ったことあってもみんなで乗り越えていけたらいいなと思います」

「それでは次が最後の曲になります。最後の曲のタイトルは今日は村重お願いします」
村重杏奈「マジで?」
メンバーたち「良かったね」
指原莉乃「最高のチャンスじゃん。素敵に締めて」
村重杏奈「私は自分のことがほんとに大好きなんですよ」客、軽くw

「大好き過ぎてたまに涙が出ちゃうぐらいほんとに好きなんですけども、でもそれよりも、みなさんのことが大好きです。それでは聴いてください。大好き」


◆M13.大好き


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール


◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝


■2分半映像 (スクリーン上映)


# 上映後、メンバーたち登場


松岡菜摘「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

松岡菜摘「アンコール1曲目『ロープの友情』、2曲目『火曜日の夜、水曜日の朝』を聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

兒玉遥「さて、今回の2分半映像は大喜利対決ということで、参加してくれたのが田中菜津美ちゃん、それと熊沢世莉奈ちゃんと多田愛佳ちゃんでした」
メンバーたち「イェー」客、拍手

兒玉遥「今日は大喜利対決にチャレンジしていただきましたが、愛ちゃんの大勝利ということでした。でも、またチャンスあると思うので、りーぬたんその時は勝てるようにがんばっていきましょう」
熊沢世莉奈「はい、がんばります」
兒玉遥「以上、2分半映像でした」

松岡菜摘「本日は最後まで一緒に盛り上がってくださってありがとうございました。最後の曲の前にもう1曲だけ聴いていただいてもよろしいでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

松岡菜摘「それでは聴いてください。初恋バタフライ」


◆EN03.初恋バタフライ


兒玉遥「初恋バタフライをHKT48チームHバージョンで聴いていただきました。HKT48「手をつなぎながら」公演いかがでしたでしょうか?」客、最高!&拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

下野由貴「というわけで次が本当に最後の曲になります。どんなにみなさんが遠くにいても、私たちがみなさんの心の支えとなれるようにこれからも活動していきたいと思います。それでは聴いてください。遠くにいても」


◆EN04.遠くにいても


兒玉遥「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 兒玉遥 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶 / 兒玉遥の「せ~の、せ~の」の掛け声に合わせ、メンバーたちバック前進「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:手をつなぎながら)

指原莉乃「後ろのほうみなさんも、立ち見のみなさんもありがとうございました」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
1月10日(木) チームH「手をつなぎながら」公演

公演後の感想 → 若田部遥&松岡菜摘

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]
dTVチャンネル