「初恋バタフライのセンターに選ばれた時は…」田島芽瑠 13歳の生誕祭 (2013/01/07)

HKT13010710a.jpg HKT13010706.jpg HKT13010713a.jpg

HKT48劇場 / HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 58回目

18時30分開演 / 20時13分終演

■出演メンバー
秋吉優花・今田美奈・梅本泉・岡田栞奈・岡本尚子・神志那結衣・後藤泉・駒田京伽・坂口理子・田島芽瑠・田中優香・谷真理佳・冨吉明日香・朝長美桜・渕上舞・山田麻莉奈

■公演前の陰アナ
田島芽瑠「今日は私の誕生日です」客、拍手

「ありがとうございます。この場で誕生日を迎えられたことが本当に嬉しいです。13歳初めの公演です。今日は劇場を芽瑠色に染める気持ちでパフォーマンスしたいと思います。今日もがんばめるる! 以上、HKT48研究生、めること田島芽瑠でした。間もなく開演です」客、拍手


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
田島芽瑠「みなさんこんばんは! HKT48」
みんなで「研究生です」客、拍手

田島芽瑠「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」が始まりました!」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

田島芽瑠「PARTYが始まるよ・Dear my teacher・毒リンゴを食べさせて、3曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

本日のお題:今年はこれがくること

「それでは渕上舞ちゃんからどうぞ!」

【1列目 下手側から順に】
渕上舞「福岡県出身、16歳、高校1年生のピーマンが大好きなまいちゃんこと渕上舞です」

「私が今年くるなって思うのは野菜です。昨日いつもは街歩いてて、コンビニが一番立ち寄り易いじゃないですか。でも昨日はちょっと変えてみて、スーパーに行ってみたんですよ。そこで、ちょっとヘルシーな体作りを目指そうと思って、キュウリともやしとトマトとレタスを買いました」
後藤泉「ピーマンは?」客w
渕上舞「昨日は肉料理が無かったからピーマン買いませんでした」
後藤泉「後藤家は昨日肉料理でした」
渕上舞「ピーマン食べたの?」
後藤泉「食べたよ!」
渕上舞「でもピーマン好きは誰にも負けません」

駒田京伽「宮崎県出身、高校1年生、16歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「私は今年くると思うものはですね、やっぱりマンゴーだと思うんですよ。で、Google+のほうにわたくし今日マンゴー食べたよとか投稿したりして、コメントのほうに「挑戦してみたよ」とか「食べたよ」っていうコメントが多くて、すごく嬉しかったので、これからいろんなマンゴー料理をみなさんに伝えていけたらいいなと思っております」

田島芽瑠「福岡県出身、今日で13歳、2000年生まれのモンブランとメロンパンが大好きなめること田島芽瑠です」客、声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。私の今年くると思うものはスペースワールドです。1月3日にメンバー6人で遊びに行ったんですけど、すっごく楽しくて、絶叫系私苦手で、ほんとは乗れなかったのですけど、メンバーと一緒なら乗れるかなと思って、乗ってみたらすごく楽しいものだとわかったので、次はザターンに挑戦したいと思います」

朝長美桜「福岡県出身、14歳、笑うと目の形がカシューナッツになります、みおこと朝長美桜です」

「私がこれがくるなと思ったものは、美桜出没中が流行るんじゃないかなと思いました」客w

「まだ今全然「みおしゅちゅぼちゅちゅう」って滑舌良く言えないのですけど、これからもっともっと練習して、言えるようになって、みんなが使ってくれるようにしたいなって思います。今日も1日がんばみーお!」

梅本泉「福岡県出身、15歳、今田さんのつむじが見てみたい、ちぃずこと梅本泉です」

「私が今年くるなって思ったことは成長期なんですけれども。笑っちゃダメ。前回お話させていただいたのですけど、私、身長が今1センチ伸びまして、148センチになったんです」客、拍手

「だからこのまま伸び続ければ今田さんのつむじも見れるんじゃないかと」
今田美奈「がんばれ」
梅本泉「って思っております」
神志那結衣「でもちぃずが成長期になるってことは、じーなたちも中3と同じ学年の人たちも成長期になるってことだからさ、どうせちっちゃいままじゃない?」
梅本泉「ハイ、今日は1日よろしくお願いします」客w

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 下手側から順に】
秋吉優花「福岡県出身、小学校6年生、12歳のみかんが大好きなゆかちゃんこと秋吉優花です」

「私が今年くるなって思ったことは、みかんです。みかんはやっぱり美味しいじゃないですか。それで寒いところでみかんを栽培してみたいです。みかんを収穫するところが寒かったら、みかんがシャーベットになっていたり、あと食べても食べても無くならないみかんを品種改良して、作りたいです」
坂口理子「品種改良っていう言葉を知ってるんだね」
秋吉優花「社会の教科書に載ってました」

田中優香「福岡県出身、12歳、小学校6年生の走ることが大好きなゆうたんこと田中優香です」

「私が今年くるなって思うものはイチゴミルクジュースです。理由は甘くてすごい美味しいし、なんかかわいいからです。なぜかわからないのですけど、イチゴミルクジュースっていう名前からしてすごいかわいいんですよ。で、もし今年ブームしなかったら、絶対いつかブームすると信じて、これからもイチゴミルクジュースを飲み続けます」

後藤泉「福岡県出身、中学3年生、15歳の小6の2人の後に話すのが申し訳ない、いーちゃんこと後藤泉です」

「私が今年くると思うものは紅茶です。理由は私は紅茶があんまり飲めないんですけど、今年は飲めるようになるつもりなので、きっとですね、生産量が去年よりいいんじゃないかなと思います。まだ紅茶についていろいろ語りたいんですけどね、今日の運勢が相応しくない言動はやめろだったので」客、軽くw

「もう終わります。でもまいちゃんにちょっとつっこんでしまいました」

岡田栞奈「福岡県出身、15歳、ごま団子が大大だーい好きなおかぱんこと岡田栞奈です」

「私が今年くると思うものはですね、お聞きの通り、ごま団子が大好きなんですけど、今年年明け早々ごま団子を売っているお店を初めて見たんですよ。ちょっとこれキターと思って。それでですね、メンバーの田中優香ちゃんと、ここにはいないのですけど伊藤来笑ちゃんとかがごま団子をこの頃食べるようになったんですよ。ちょっとこの調子の流れに乗って、私の作ったごま団子を販売する店を全国に」客、おー

「100店舗展開したいと思っています!」客、拍手

「もし叶ったら、行ってください・よろしくお願いします。(マイクを外し)今日はよろしくお願いします!」

谷真理佳「福岡県出身、17歳、ヘリウム声がチャームポイントのまりかこと谷真理佳です」

「私の今年がくるなと思うものは・・・。今年はくるなと思ったものはですね、やっぱりちょっとみなさんも同じなんじゃないですか? それは、くるものとは、清楚谷真理佳です・・・」
冨吉明日香「ちょっと巻いていこうか。次私控えてるので」客、軽くw
谷真理佳「いやー、ちょっと明日香さん、今日も冷めてますね~」客、軽くw

冨吉明日香「宮崎県出身、15歳、中学3年生のあすかこと冨吉明日香です」

「私が今年くるなと思うものはですね、りんごヨーグルトなんですけど。私のGoogle+でいつも書いてるんですけど、私、りんごヨーグルトの飲むタイプのやつを朝夜毎日飲むんですよ。なので私の体はりんごヨーグルトでできているといつも言っているんですけど、なので2期生の中で美桜ちゃんだったらカシューナッツとか、じーなだったらグミとか、食べ物の調子みたいなのあるじゃないですか。なので私はりんごヨーグルトキャラで行こうかなと思っております」
谷真理佳「りんごキャラ。じゃ~、今日からちょっと、ヨーグルトりんごって呼ぶ」
冨吉明日香「。。トミヨシビックリ!」客w

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 下手側から順に】
今田美奈「福岡県出身、15歳のみなぞうこと今田美奈です」

「今年私がくるなと思うのはですね、困り顔。雑誌にもよく載ってるんですけど、困り顔なんですけど、今人気の壇蜜さん、いるじゃないですか」客、軽くw

「あの方も困り顔じゃないですか。絶対くるなと思うので私も困り顔をどんどん出していきたいなと思います」

神志那結衣「福岡県出身、中学3年生の14歳、じーな語を流行らせたい、じーなこと神志那結衣です」

「じーなが今年くるなって思うものは、じーな語はもちろんなんですけども、グミが今年くると思います。じーなほんとにグミが大好きなんですけど、そんな中で伊藤来笑ちゃんがグミが食べれないんですよ。なので、グミの美味しさをじーながここは教えないとと思って、いろんな店舗をまわって、来笑が食べれるようなグミを探していて、昨日やっと私のイチ推しのアルデンテの噛み心地のグミをあげたんですよ。そしたら「これは食べれる!」って言って、バクバク食べてたんですよ。なので、たくさんの方がまだグミが食べれないっていう方もいらっしゃると思うので、じーながグミの美味しさを教えていきたいと思います」

坂口理子「福岡県出身、高校3年生、18歳のりこぴこと坂口理子です」

「私が今年流行ると思うものはですね、谷真理佳が清楚谷真理佳と言ったのですが、わたくしはセクシー坂口理子でいこうと思いまして」客、反応

「「PARTYが始まるよ」っていう曲があるじゃないですか。それをセクシーにしたバージョンを作ってみたんですけど、披露させていただいてもいいですか?」客、拍手

「今日はめでたい日ということで、私もうテンション上がって、やっちゃいましょう。ちょっと歌ってもらいましょう、今田さんに。幕が開いた瞬間からやりますね」
今田美奈「いきますよ・・・(歌う)」

坂口理子 → セクシーダンス披露 (客、軽く拍手)

今田美奈「良かったよ、良かった」
坂口理子「ということで、セクシーにいきたいと思います」

岡本尚子「福岡県出身、高校1年生、16歳のアニメと酢もつがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」

「私が今年流行るなと思っているものはですね、メンバーで既に流行ってるんですけど、猫のグッズが今年流行るんではないかなと思っています。この間雑誌とかも見てても、猫の洋服とかがすごいたくさん載っていたので、これは流行るんじゃないかと注目しているので、みなさんぜひ今後流行るかどうかチェックしてみてください」

山田麻莉奈「福岡県出身、こう見えても高校3年生、17歳の二次元が大好きなまりりこと山田麻莉奈です」

「私が今年くると思うものはスルメです。最近コンビニに行った時もすぐ買っちゃって、それで今日もバックの中にスルメが入っているので、私に今年きてると思うので。でもお母さんに、あんまりイカはいかんと言われたので」客、軽くw

「気をつけながら食べたいと思います」

今田美奈「ということで、HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」以上のメンバーでお送り致します。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.スカート、ひらり (渕上舞・田島芽瑠・駒田京伽・朝長美桜・梅本泉)
◆M05.クラスメイト (冨吉明日香・田中優香・後藤泉・秋吉優花・岡田栞奈)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (坂口理子=キーボード・岡本尚子=ボーカル)
◆M07.キスはだめよ (神志那結衣・今田美奈・谷真理佳)
◆M08.星の温度 (田島芽瑠・岡本尚子・渕上舞・山田麻莉奈)

■MC
# M08「星の温度」以外のメンバー、ステージへ

今田美奈「今日は芽瑠の誕生日ということで、芽瑠あるある」
誰か「めるめるあるある」
今田美奈「について話したいと思います」客、拍手

冨吉明日香「私のめるあるあるはですね、食べ物を持ってたら、すっごい満面の笑みで私の隣に座って、そこでは何も言わないんですけど、とてつもないぐらいの笑顔で食べ物だけを見つめてくるんです」客w

「私のほうは見ないんですけど」
坂口理子「欲しいのよね。言わないけど」
冨吉明日香「だから結局かわいいからあげちゃうんですけど」
今田美奈「負けるよね。絶対負ける」

坂口理子「私のめるめるあるあるはですね、オーディションの時に知り合ったっていうか、最初ら辺にずっと一緒にいさせてもらってて。芽瑠の、AKB新聞さんに写真が載ったと思うんですけど、その時に着てた洋服がここにネックレスが付いてるやつで、そのネックレスがほつれちゃって、もつれて、大変だったんですよ。で、「どうしよう」って言ってて、私が「直してあげるよ」って言って、がんばってたんですけど、「いや、これはお母さんしかほどけないの」って言ってたんですよ。結局お母さんところに、もう集合になっちゃうのに行っちゃって。ちょっと芽瑠ちゃん大丈夫かなと思ったら、佐藤支配人さんがお部屋に入ってこられて、えっ?芽瑠きてないのにどうしようと思って、すっごい冷や冷やするんですけども、そういうことが多々あるんですよ」

今田美奈「オーディションと言えば私もなんですけど、1期生のオーディションの時に冷や冷やしたことがあって。私オーディションの時、肩ら辺が透ける服を着てたんですよ。大人だからね。そしたら村重が来て「えっ? これ透けとーやん、透けとーやん」とか言って」客w

「めっちゃ触ってくるんですよ。私そんなに別に、その時は全然知らない子だったから、なんだよこの人とか思ってたんですけど」客w

「ずーっと「透けとーやん、見て見て見て見て」とか言って、ずーっとここ触ってたんですよ。その時から村重は始まってた」客w

朝長美桜「芽瑠ちゃんのあるあるは、ステージ上ではすごいしっかりしていて、ほんとに年下なのかなって思ったりするんですけど、でも普段はすごく甘えん坊で、「ちょうだい」って言う時すっごい甘えん坊だよね」
谷真理佳「子犬の目をしてくるよね」
後藤泉「中1って感じで、めっちゃ目がキラキラしてる」
今田美奈「つってくるってこと?それは」
後藤泉「正しくないって言ったらウソになりますね」
誰か「(谷に) 負けてないよね?」
谷真理佳「負けてませんよ。じゃ~、私は子猫の目でいきます。。」
メンバーたち「よくわからないから」

後藤泉「芽瑠って、バリかわいくない?」
メンバーたち「かわいい」
後藤泉「だから、絶対メンバーでも絶対1回惚れたことあると思うんですよね」
坂口理子「ガチでってこと?」
後藤泉「りっちゃんのガチはちょっと違うかな」
今田美奈「りっちゃんのガチは生々しいよね」
メンバーたち → 軽くw
谷真理佳「みんな谷真理佳に惚れたことあるよね?」
今田美奈「(直後に) はーい、じゃ~、最後に何かある人?」客、軽くw
坂口理子「ほんとにシーンってなってるじゃん」

# 「星の温度」メンバー、ステージへ

今田美奈「じゃ~、まいちゃん」
渕上舞「私のめるあるあるは、芽瑠がメルシーって書いたバッグを持ってるんですよ」
田島芽瑠「メルシーはフランス語でありがとうっていう意味がある」
渕上舞「それを持ってて、名前とめっちゃ似てるじゃないですか。だから、よく「ほら見てこれ、メルシーって書いてあるんだよ、見て見て」って何回も言ってくるんですよ」
田島芽瑠「何回も言ったっけ?」
冨吉明日香「何回も言うよね、楽しそうに」
渕上舞「でもその姿が嬉しそうだから、見ててほっこりします」

「今日はめるあるあるについて話したのですけど、みんなすごい芽瑠のことを見ていて、みんなほんとに芽瑠のことが大好きです」


◆M09.桜の花びらたち


後藤泉「この公演が終わっても、私たちとみなさんは青空の下で繋がっています。またいつの日かみなさんとお会いできることを心から願って、次の曲を歌わせてください。最後の曲になります」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後、みんなで「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「みなさん、本日は今日1月7日に13歳の誕生日を迎える田島芽瑠ちゃんの生誕祭です」客、拍手

「2012年9月30日に研究生公演「PARTYが始まるよ」で公演デビューを果たして以来、3ヶ月が経過しました。まだまだHKT48としての活動が始まったばかりで、CDデビューが決まっている今年はグループにとっても大きな変化がある年でもあります。その中でも芽瑠ちゃんが研究生公演を、そしてHKT48を引っ張っていける存在になれるよう、私たちファンが支えていきたいと思います」客、拍手

「今後も芽瑠ちゃんの更なる活躍を祈り、本日は芽瑠ちゃんコールをお願いします」客、拍手

「芽瑠ちゃんコールいくぞー!」


「芽瑠ちゃん」コール


# メンバーたち入場

田島芽瑠「アンコールありがとうございます」

◆M11.HKT48
◆M12.スカート、ひらり


# 曲終了後
渕上舞「HKT48研究生公演「PARTYが始まるよ」次が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。今日という日を忘れずに心を込めて歌います」


◆M13.桜の花びらたち


■田島芽瑠 生誕祭
渕上舞「みなさん、今日は何の日か知っていますか?」客、反応

「そうです、田島芽瑠ちゃんの13歳のお誕生日です」
メンバーたち「イェー」客、拍手&おめでとう
田島芽瑠「ありがとうございます」

渕上舞「芽瑠ちゃん本当にお誕生日」
みんなで「おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び&ロウソク火点け → 岡本尚子&後藤泉

渕上舞「何歳になりましたか?」
田島芽瑠「13歳になりました」客、拍手
今田美奈「大人っぽい」
田島芽瑠「ありがとうございます」
渕上舞「まだまだ若いね」
田島芽瑠「ありがとう」
今田美奈「まいちゃんも若いよ」

渕上舞「それではみんなで歌ってください。せ~の」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 芽瑠ちゃん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」客、拍手

# 田島芽瑠 → ロウソク火を吹き消す(2フー) 客、拍手
メンバーたち「イェー」

田島芽瑠「ありがとうございます」
渕上舞「芽瑠本当にお誕生日おめでとう」
田島芽瑠「ありがとう」

渕上舞「それではみなさんお待ちかねの研究生生誕祭生誕ステージアピールタイム」
メンバーたち「イェー」客、拍手

渕上舞「ここではですね、芽瑠こと田島芽瑠ちゃんのことをもっと多くの人に知ってもらおうということで、自己アピールをしていただきたいと思います(舌もつれる)」客、軽くw
田島芽瑠「まいちゃん、ありがとう」
渕上舞「嬉し過ぎて」

「芽瑠ちゃん何を披露してくれるの?」
田島芽瑠「私は、やっぱ読書が好きなので、私の今の想いを詩に書いてきました」客、おー&拍手
メンバーたち「すごい」
渕上舞「それではセンターステージへどうぞ」
田島芽瑠「ケーキの下に隠してあったんです」

「緊張するな。めっちゃ緊張するね」客w

# デベソへ (円形セリ上がる)

渕上舞「準備は大丈夫?」
田島芽瑠「大丈夫です」
渕上舞「それではどうぞ」

田島芽瑠「夢への一歩

あの日見た憧れのステージ
揺れるペンライト
まぶしいスポットライト
近くて遠いそのステージ
流した汗と涙が私の背中を押してくれた
そして今そのステージに立っている
みなさんと一番近い場所
嬉しかった
誰にも負けない汗をかこう
前だけを見て歩こう
決めたのに
ステージの上にあったのは楽しさ、喜び
でも気になる視線
気にする評価
迷子のよう
輝けているのかな?
無駄にしない仲間の汗
自分だけの公演じゃない
自分のいいところは大切に
悪いところは直していけばいい
何よりも大切なのは自分を知り、そして好きになること
今日も大好きなこの場所で、夢に向かって手を伸ばす
2013年1月7日 田島芽瑠」

「ありがとうございました」客、拍手

渕上舞「芽瑠ありがとう。どうだった?ステージに立ってみて」
田島芽瑠「すごい緊張したけど、やっぱずっと練習してきてたから、なんかすごい嬉しい」
渕上舞「1つ1つの言葉に想いがこもってて、すごい感動してしまった」
田島芽瑠「ありがとう」

渕上舞「じゃ~、ここで美桜からひと言、芽瑠に」

朝長美桜「まずお誕生日おめでとうございます」
田島芽瑠「ありがとうございます」客w
朝長美桜「すごい芽瑠ちゃんはしっかりしていて、んー(涙)」客「がんばれ」

「年下に感じる芽瑠ちゃんが大好きです。これからもたくさん辛いことや楽しいことがあると思うから、一緒にがんばっていこうね。お誕生日おめでとう」
田島芽瑠「ありがとう」2人抱き合う(客、拍手)

「ありがとう」

渕上舞「ここでもう1人尚子から、お願いします」

岡本尚子「まず最初に。芽瑠お誕生日おめでとう!」
田島芽瑠「ありがとうございます」客、拍手
岡本尚子「芽瑠はみんなでね、例えばね、メンバーのみんなで話してる時に、芽瑠がいい意味で間違ってること言った時に「それ芽瑠ちゃん違うよ!」ってみんなが笑いながら注意したら、「えっ? そうだっけ? えっ?」ってよく言う、そんな芽瑠がほんとに、ほんとに中学生なのかなって思うほどとってもかわいらしくて、愛おしくて、そんな芽瑠がほんとに大好きです。これからも一緒に同じステージに立って行けるように、みんながんばって行くけん、これからも一緒にがんばっていこね」
田島芽瑠「ありがとう」
岡本尚子「お誕生日おめでとう!」
田島芽瑠「ありがとう!」2人抱き合う(客、拍手)

渕上舞「私も芽瑠と入った時からずっと一緒にレッスンを重ねてきて、いつもはけっこうしっかりしてるんですけど、時々甘えてくれたりするところがすごいかわいくて。でもステージに立つとすっごいしっかり者で、だから頼りになる妹っていう存在です」
田島芽瑠「ありがとう」

渕上舞「ここで生誕祭を開いてくださったファンのみなさんにひと言お願いします」

田島芽瑠「今日は本当にこんな素晴らしい生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」客、拍手

「私は今までこんなにたくさんの方に自分の誕生日を祝ってもらったことが無かったので、本当に忘れられない日になりました。「スカート、ひらり」とか、そういうユニットの時とかにピンクのペンライトが揺れていたり、アンコールで芽瑠コールが流れたり、すごく嬉しいです。本当にありがとうございます」客、拍手

「私はこうやって芸能界に入ることには両親に反対されていて、このHKT48も締め切りギリギリまで悩んでたほど、すごく考えて応募しました。両親とは最後まで話したのは「芽瑠は芽瑠の人生だから、私が決めたことなら応援するよ」って言ってくれて、「初恋バタフライ」のセンターに選ばれた時は、驚きと不安でいっぱいでした。先輩方がここまでがんばってきたからこそのチャンスだと思っていたので、私でいいのかな?ってずっと考えてました。でも、そんな時、メンバーがメールとか支えてくれたりして、尚子は「芽瑠は影で努力しとるけん、そんな姿を見ると負けられんって思っとるよ。胸張って堂々としていいよ」ってメールくれて、後藤泉ちゃんは「公演とか見ててもやっぱりセンターは芽瑠だって思ってるから、がんばってね」って言ってくれて、ほかのメンバーにもたくさん支えられて、ここまでやってこれました」

「自分は自分で与えられたところで精一杯輝こうって決めていたので、プレッシャーに負けないためには努力が必要だって考えて、一生懸命がんばろうって決めました。これからもこんな大切な仲間たちと一緒に夢に向かってがんばっていきたいと思います。本当にありがとうございました!」客、拍手

渕上舞「ここで、13歳の誕生日を迎えたということで、1つ用意したものがあります。ジャーン(ギャラクシーを取り出す)」客、おー

「13歳から何が始まるんだっけ?芽瑠」
田島芽瑠「見てわかるわ」客w

「まいちゃんかわいい」
渕上舞「今日はスタッフさんにお願いして、サプライズで用意させていただきました」客、拍手
田島芽瑠「めっちゃ嬉しい。ありがとう。私もう忘れられたかと思ってて、すごくショックだった」
渕上舞「毎日スタッフさんに「私のぐぐたす、私のぐぐたす」ってずっと言ってたんですよ。だからステージの上で、今日は特別に来てくださったみなさんと一緒に写真を撮ってもらおうと思って」
田島芽瑠「嬉しい!」客、拍手

坂口理子「これ、初期設定とか済んであるのかな?」客w

# 田島芽瑠、デベソへ / 客席をバックに記念撮影 (撮影者:渕上舞)

渕上舞「(2枚ほど撮影した後に)フラッシュ焚いたほうがいいかな?」客w

# 合計4枚ほど撮影

渕上舞「この写真は後でGoogle+に載せてね」
田島芽瑠「うん。あとでメンバーとも撮ろう」
渕上舞「みなさん要チェックですよ! お願いします」

「ここでもう1つサプライズがあります」

# 2ショットチェキ抽選会

田島芽瑠が白い箱から紙を3枚引く / 紙の数字と整理券の数字が一致した方にプレゼント

1枚目 → 176番
2枚目 → 12番
3枚目 → 168番


岡本尚子「今日は田島芽瑠ちゃんの生誕祭ということですが、みなさんまだまだ一緒に盛り上がっていただけますよね!?」客、イェー!&拍手
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

岡本尚子「それでは聴いてください。初恋バタフライ」


◆M14.初恋バタフライ


岡本尚子「初恋バタフライを研究生バージョンで聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

岡本尚子「この楽曲は先日発売されたAKB48さんの29枚目のシングル「永遠プレッシャー」のタイプCに収録されているカップリングとなっております。HKT48初のオリジナル楽曲となっておりますので、みなさんぜひチェックしてみてください!」客、拍手

田島芽瑠「本日はご来場いただきまして、本当にありがとうございました!」
みんなで「ありがとうございました!」客、拍手

# 田島芽瑠 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶
田島芽瑠「せ~の」バック / 客「芽瑠ちゃん!」

「せ~の」前進 / 客「おめでとう」

「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM → 桜の花びらたち

# メンバーたち、手を振りながら捌ける

下手袖前にて、
田島芽瑠「ありがとうございました」深々とお辞儀、そして捌ける(客、拍手)

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー1人1人順に全員と

■メモ (田島芽瑠 生誕祭)
・オーバーチュアーにて、最後の「H・K・T・48」の後、客席「Are you ready!」一緒に歌う
・M04「スカート、ひらり」、M08「星の温度」にて、ピンクサイリウム
・アンコールは「芽瑠ちゃん」コール
・EN4「初恋バタフライ」にて、白サイリウム

HKT13010718a.jpg

■率直な感想 (私見)
2期生のオーディションの時、秋元康プロデューサーが田島芽瑠さんについて「10年に1人の逸材」と話したそうであるが、決して大げさな表現では無かったと今日の生誕祭を見て強く感じた。

田島さんは2期生の中では別格で、圧倒的なオーラを放ち、1期生の中に入っても全然引けを取ることは無い。
オーラだけではなく、パフォーマンスも素晴らしい。キャリアの違う1期生たちと比べると、振りも表現力もまだまだこれからではあるものの、昨年9月末にデビューして、まだまだ日が浅いことを考えると、現時点でのパフォーマンスはほんとに素晴らしい。この子は何より一生懸命で、それにとても真面目。その一生懸命さ、真面目さがパフォーマンスからすごく伝わってくる。夢に向かって、ほんとにひたむきにがんばってるんだなっていうのがよくわかる。

PARTY公演はMCの機会が少ないので、どんな子なのか、まだよくわかっていなかった。真面目そうな子だな程度しか。でも今日の生誕祭での詩の朗読、それに生誕コメントを聞いて、すごく驚いたし、とても感動した。見た目も大人っぽいし、内面も、ほんとに13歳なのかと思ってしまうほど、とてもしっかりしたコメントだった。すごく中身が詰まった子なんだなと思ったし、何より自分の「想い」をしっかりと伝えられる点がすごいと思った。田島さんのコメントを聞いて感動したのは、その言葉に負けないほどすごく一生懸命に公演に取り組んでいたからだと思う。

この子は将来大物になりそうだなとなんとなく思っていたけれども、今日のコメントを聞いて、きっと大物になるんだろうなと改めて感じた。

「初恋バタフライ」では1期生を差し置いて、センターに抜擢されたわけだけれども、きっと今後も曲に限らず、テレビ番組といったメディアでも、いいポジションを与えられるかもしれない。プレッシャーに感じる機会も今以上に増えて行くと思う。田島さんは真面目というか、見ていて真面目過ぎる感があるので、プレッシャーにぶつかった時がちょっと心配だったりする。幾ら大人っぽいと言っても、まだ13歳になったばかりだし。周りの大人がしっかりケアしてあげて欲しいと思うし、時にはメンバーに支えてもらいながら、順調に育っていって欲しいなと思う。

ダンスに関しては、力み過ぎてしまうのか、逆に動きが硬く見えてしまうことがたまにあったりする。真面目だから、ついつい力を入れ過ぎてしまうのかもしれないが、時には肩の力を抜いて、リラックスして踊ることができれば、もっとよいパフォーマンスができるのかなと思ったりもする。公演中に気になるのはその程度。

ほんとにこれからの田島さん個人としての成長も楽しみだし、それに、1期生だけではなく、2期生の中にもHKT48を引っ張っていけるであろう存在がいるという点で、今後のグループとしての発展がますます楽しみになった。

最後に。生誕委員さんの提案で、オーバーチュアーの時、「Are you ready!」の部分をみんなで歌った。少し前の公演のMCで、田島さんがオーバーチュアーを一緒に歌うとテンション上がった状態で公演を迎えられると話したので、その提案に繋がったのかなと思うのであるが、実際「Are you ready!」を一緒に歌って、なんだかすごく楽しかったし、私自身もテンション上がった状態で、1曲目から楽しむことができた。今日だけではなく、これから恒例になればいいなと、ちょいと思った。

以上

HKT48 LIVE!! ON DEMAND
1月7日(月) 研究生「PARTYが始まるよ」公演

公演後の感想 → 渕上舞&田島芽瑠

[ 配信中の公演一覧 ]



カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ