FC2ブログ

自分のチャームポイント (2012/11/14)

NMB48劇場 / TeamBⅡ『会いたかった』公演

■出演メンバー
赤澤萌乃・石塚朱莉・井尻晏菜・植田碧麗・梅原真子・加藤夕夏・日下このみ・黒川葉月・河野早紀・小林莉加子・室加奈子・薮下柊・山内つばさ・高山梨子・久田莉子・三浦亜莉沙


■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.嘆きのフィギュア (黒川葉月・加藤夕夏・久田莉子・薮下柊)
◆M02.涙の湘南 (石塚朱莉・赤澤萌乃・室加奈子・山内つばさ・小林莉加子)
◆M03.会いたかった

■MC (自己紹介)
室加奈子「みなさん、こんばんは」
みんなで「NMB48チームBIIです!」客、拍手

室加奈子「本当にみなさんに!」
みんなで「会いたかった!」客、拍手

室加奈子「私たちチームBIIはみなさまにこうして劇場公演やDMM配信で応援してくれることを本当に嬉しく思っています。今日はその気持ちをみなさんにお伝えします」
加藤夕夏「今まで経験させていただいたことを思う存分発揮して、みなさんと楽しい公演にしていきたいです。こんな私たちチームBIIについてきてください」客、拍手

薮下柊「それではさっそくチームBIIメンバーの自己紹介を1人ずつさせてください。今日の自己紹介のテーマは自分のチャームポイントです。どうぞ」

【1列目 上手側から】
梅原真子「誠の幸せ届けるように、真っ向勝負挑ませていただきますえ。京都府出身、中学2年生、13歳のまこぽんこと梅原真子です。知っている方は一緒にお願いします。みなさん、まこぽん でこぽん 『ぽんぽこぽん!』おおきに。真子のチャームポイントはこのおでこです!」客、拍手

「そうなんです、おでこがすごい面積で広いということです。今日もたぶん汗かいてピカーンって光るんで、光ったら真子やと思ってずーっと見といてください。よろしくお願いします」

加藤夕夏「そこの~君!君!君!君!・・・」
梅原真子「はいー!」挙手
加藤夕夏 → 梅原のおでこを右手人差し指で突く

「ありがとうございます。うかうかしとったらうーかにう~っかりハート奪われんで、覚悟しときや」客、ひゅ~

「ありがとうございます。大阪府出身、中学3年生、15歳のうーかこと加藤夕夏です。夕夏のチャームポイントはこのプニプニのほっぺなんですけど、触りたい人いてますか?」客、反応
メンバーたち「ハーイ!」
加藤夕夏「触らせへーん」客w

「よろしくお願いします」

室加奈子「み~んなが探してるものはあっちかな?こっちかな?どっちかな? もしかして?」客「むろかな!」

「ありがとうございます。大阪府出身、高校1年生、15歳のむろかなこと室加奈子です。私のチャームポイントは色が白いところです」客、ひゅ~&拍手

「今日はたぶん白いほうなんで、こん中でも。白かったら私やと思って、まこぽんよりも私を見てください。よろしくお願いします」

薮下柊「み~んなの気持ちを全部没収、その代わりにしゅうの笑顔をナイッシュー!」客「ゴール!」

「ありがとうございます。大阪府出身、中学2年生、13歳のしゅうこと薮下柊です。しゅうのチャームポイントはキャッチフレーズにも入ってある通り笑顔なんですけど、今日の「会いたかった」公演では笑顔でみなさまが幸せになってもらえたらいいなと思います。よろしくお願いします」

日下このみ「お好み焼きとこのみんのどっちが好み?」客「このみん!」

「みなさん好みのこのみんになりたい、大阪府出身、高校2年生、16歳のこのみんこと日下このみです。このみのチャームポイントは押したらへっこむ鼻です(鼻を押す)」客、軽くw
メンバーたち → w
日下このみ「この鼻みたいにこのみ推しって言ってもらえるような公演をしたいと思います」
メンバーたち「うまい」
日下このみ「よろしくお願いします」

# 1列目メンバー捌ける


【2列目 上手側から】
石塚朱莉「チュッ・チュッ・チュッ♪ あんちゅの投げキッチュで世界一のコメディー女優の座を『ゲッチュ!』ハハハって」客w

「千葉県出身、中学3年生、15歳のあんちゅこと石塚朱莉です。私のチャームポイントは短い髪の毛です!」客、ひゅ~

「世の中にショートカット何人おんねんって話なんですが、私が一番ね、世界一似合ってるかなって思うんで、よろしくお願いします!」

河野早紀「幸せ届ける夢先案内人、み~んなの目線の先にはいっつもさきぴ! ありがとうございます。広島県出身じゃけんね、高校3年生、18歳のさきぴこと河野早紀です。私のチャームポイントはうなじなんですけど、見たい人?」客、反応
メンバーたち「ハーイ!」
河野早紀「見せるね」後ろ向きになり、髪を上げ、うなじを見せる(客、ひゅ~)
メンバーたち「セクシー」
河野早紀「いいでしょ?いいでしょ?ありがとうございます。ということで、今日の公演はみなさん一緒に盛り上がりましょう! よろしくお願いします」

赤澤萌乃「みんな!やっほのりー!」客「やっほのりー!」

「ほのりのお目目でほーのぼの。大阪府出身、高校1年生、15歳のほのりこと赤澤萌乃です。ほののチャームポイントは左目です。こっちです。理由は左のほうがキレイな形をしてるからです。でも今日はほのの左目には注目せずに、ほの全部に注目してください。よろしくお願いします」

高山梨子「高い山でもテンションたかだか! でもとってもおりこうな?」客「たかりこ!」

「ありがとうございます。大阪府出身、中学1年生、12歳のたかりここと高山梨子です。今日は久しぶりにやりたいと思うんで」
メンバーたち「あれやな」
高山梨子「知ってる方は一緒にやってください。せ~の!」
メンバーたち「ドドン波!」
高山梨子「くるくるくるくるパワーアップ! ありがとうございます。私のチャームポイントは中学1年生の終わりには大きいほうの身長なんですけど、来年ぐらいには2メートル超えると思うんで」客、軽くw

「今日はその大きい身長を使って、おっきくパフォーマンスしたいと思います。よろしくお願いします」

三浦亜莉沙「ありりんレシーブ! ありりんトス! みーんなのハートにありりん」客「アターック!!」

「ありがとうございます。兵庫県出身、高校1年生、16歳のありりんこと三浦亜莉沙です。私のチャームポイントは左目にある泣きボクロなんですけど、今日はそのちっちゃな泣きボクロを見てもらえるように注目してください。よろしくお願いします」

黒川葉月「はーこの箱の中身、教えたろか?」客「教えて!」

「♪箱の中身は?」客「はーこ!」

「ありがとうございます。大阪府出身、中学2年生、14歳、はーここと黒川葉月です。私のチャームポイントは垂れ目です、この。わかる?」
メンバーたち「わかる」
黒川葉月「でもみなさんはトローっとした目で見ないで、ビシっとした目でパチンとした目ではーこのことを見てください。よろしくお願いします」

# 2列目メンバー捌ける


【3列目 上手側から】
久田莉子「全部まとめておまかせりんこ♪ 純度100%のらぶりんこをりこりんからみ~んなへ」客「送信!」

「ありがとうございます。愛知県出身、中学3年生、15歳のりこりんこと久田莉子です。私のチャームポイントは黒髪です」客、ひゅ~

「黒髪と言えば? 大人っぽいなので、今日は大人っぽい莉子を見て行ってください。よろしくお願いします」

井尻晏菜「あんあん・たんたん・あんぽんたん! でもいじるなよ」客「いじりまーす!」

「ありがとうございます。ぜひともいじってください」
メンバーたち「キモイ」「MたんMたん」
井尻晏菜「京都府出身、高校3年生、17歳、あんたんこと井尻晏菜です。私のチャームポイントはメンバーのみんなからキレイって言われるおへそなんですけど」
誰か「見たことない」客「見せて」
井尻晏菜「ババシャツ着てるからダメです」客w

「そんなはしたないもの見せられないので。今日はババ、じゃない」客w

「おへそじゃなくて、あんぽんたんな私を見てください。よろしくお願いします」

植田碧麗「右を見れ見れ! 左をみーれ! 大根植えたら食べてみーれ♪ それでもやっぱり碧麗を~?」客「みーれ!」

「ありがとうございます。兵庫県出身、中学2年生、13歳のみーれこと植田碧麗です。私のチャームポイントはえくぼです。ぜひ今日はえくぼもみーれしてみてください。よろしくお願いします」

山内つばさ「難波からちゅばっと翼を広げてどこまでもー!」客「Let's fly!」

「ちゅばさ航空へようこそ!」客「搭乗しま~す」

「ありがとうございます。NMB48最年少、大阪府出身、小学校6年生、12歳のちゅばこと山内つばさです。私のチャームポイントはいつもぷるぷるな く・ち・び・る」客、ひゅ~

「聞いてください。今日もぷるぷるなんですよ。わかりますか? なので、今日の公演は私はどこかでみなさんに甘いキッスをするので」客、ひゅ~

「ちゃんとキスされた方はちゃんと受け取ってください。よろしくお願いします」

小林莉加子「リトルりっぴー、キューティーりっぴー、ファンキー?」客「りっぴー!」

「アイドル上等やったんで!」客「かかって来い!」

「やるか?やるか? 大阪府出身、高校1年生、16歳のりっぴーこと小林莉加子です。りかのチャームポイントは見てわかると思うのですけど、背が低いところなんです。なんで今日は背の高いたかりこにも負けないような大きなパフォーマンスをしたいと思います。よろしくお願いします」

「NMB48チームBIIによる「会いたかった」公演、今までにたくさんの先輩方がやってこられたこの公演を私たちが心を込めて、力を合わせてお届けします。次はこの曲です。せ~の」
みんなで「どうぞ」

# 3列目メンバー捌ける


◆M04.渚のCHERRY (黄=加藤夕夏・青=石塚朱莉・河野早紀・梅原真子)
◆M05.ガラスの I LOVE YOU (薮下柊・赤澤萌乃・三浦亜莉沙・室加奈子)
◆M06.恋のPLAN (加藤夕夏・山内つばさ・黒川葉月・井尻晏菜・河野早紀・梅原真子・小林莉加子)


■MC
河野早紀・井尻晏菜・黒川葉月・小林莉加子・梅原真子

# 梅原真子 ユニット曲3曲紹介

「今日はこの5人でMCを担当させていただきます。さっきみんな自己紹介終わりでチャームポイントを言ったんですけど、それはどなた様の遺伝でしょうか? 気になってて。さっきおでこって言ったんですけど、おでこはママでもなく、パパでもなく、おじいちゃんやねん」
メンバーたち「おじいちゃん?」
梅原真子「そう、1コ飛び。おじいちゃんは頭が金子さん風な感じになってんねん」客w
小林莉加子「なんとなくわかる」
梅原真子「りっぴーとか誰の遺伝?」
小林莉加子「りっぴーこと小林莉加子です。りかは身長低いのは実は真子ちゃんみたいな感じではなく、家族全員がちっちゃいんです。お母さんも150前半しかなくて、パパも160前半っていう。お姉ちゃんはりかよりちっちゃいんですよ」
メンバーたち「えー?」
梅原真子「背の順って、絶対一番前ちゃう?」
小林莉加子「そうやねん。これです」腰に手をあてる
メンバーたち → w

黒川葉月「はーここと黒川葉月です。はーこはですね、顔と性格はお母さんにちょっと聞いてみると、お母さんはお父さんに似てるって言われて、お父さんにちょっと聞いてみたら、お父さんはお母さんに似てるって言われたんですよ。それはどっちを信じたらいいんやろな」
小林莉加子「結果似てないってことじゃない?」
黒川葉月「それ誰の子ね?」
梅原真子「お父さんとお母さん見たい」
黒川葉月「ほんま? うちくる?」
梅原真子「行っていい? じゃ~、みなさんで行きましょうか」客「イェー!」
黒川葉月「箱の中、掃除しとかなきゃいけないですね」
井尻晏菜「お菓子何出る?」
黒川葉月「お菓子何出ようかな?」
井尻晏菜「じゃ~、マカロンでいこうか」

メンバーたち「おばさんは?」
井尻晏菜「おば・・・、誰がおばさんやねん」
メンバーたち「ノリつっこみや」「昭和なノリが」
井尻晏菜「改めまして、あんたんこと井尻晏菜です。私はおへそって言いましたけど、これ誰の遺伝でしょう。聞いたことないんですけど、聞いたほうがいいですか?」
黒川葉月「そやな、それは聞いたほうがいい」

河野早紀「さきぴこと河野早紀です。さきぴのこのうなじ、家族でたぶん私だけです、このうなじの形は。しっかりMなんです」
誰か「セクシーなうなじなんや」
河野早紀「そうなんですよ。お父さんちょっともっさりした感じ」

梅原真子「こんな、お父さんがうなじもっさりしてるさきぴなど個性豊かなチームBIIをもっともっとこの公演を通して知っていただけたらなと思います。なのでこれからも公演をがんばりますので温かい応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

河野早紀「次から後半戦、まだまだ続きますが、みなさん準備はいいですか!?」客、イェー!&拍手

井尻晏菜「続いてはこちらの曲です。せ~の」
みんなで「どうぞ!」


◆M07.背中から抱きしめて (赤7=薮下柊・室加奈子・加藤夕夏・赤澤萌乃・石塚朱莉・久田莉子・高山梨子)
◆M08.リオの革命 (赤7&青5=植田碧麗・黒川葉月・河野早紀・小林莉加子・山内つばさ)
◆M09.JESUS (赤7&青5&緑4=三浦亜莉沙・井尻晏菜・日下このみ・梅原真子)
◆M10.だけど・・・

# 曲終了後
# 加藤夕夏 中盤曲4曲紹介

「私たちチームBII 1st「会いたかった」公演、これからもたくさんの想いをみなさまに届けられるようにみんなで力を合わせてがんばっていきたいと思います」
薮下柊「来てくださった方々が少しでも元気を持って帰ってくださったら嬉しいなと思います。それでは最後の曲聴いてください」

「私たちにとっても大切な曲です。桜の花びらたち」


◆M11.桜の花びらたち


# 曲終了後
薮下柊「ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# メンバーたち手を振りながら捌ける


■アンコール
女性客「お集まりのみなさま、DMMをご覧のみなさま、NMB48チームBIIへ愛を込めて、アンコール始めますわよ。せ~の、アンコール・・・」

客「アンコール」


◆EN01.未来の扉
◆EN02.NMB48


# 曲終了後
赤澤萌乃「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

赤澤萌乃「1曲目未来の扉、2曲目NMB48を聴いていただきましたが、ここでもう1曲聴いていただきたいと思います」客、おー

「みなさん、まだまだ声出せますか!?」客、拍手
メンバーたち「イェー!」

薮下柊「それでは11月7日に発売されました私たちの6枚目のシングル曲をチームBIIバージョンで聴いていただきたいと思います」客、拍手

「ありがとうございます。元気にいきましょう!せ~の、 北川!」客「謙二!」


◆EN03.北川謙二


# 曲終了後
加藤夕夏「ありがとうございます。北川謙二を聴いていただきましたが、みなさんノリノリですか?」客、イェー!&拍手

小林莉加子「続いてはこの曲を聴いてください。スカート、ひらり」


◆EN04.スカート、ひらり


■MC
# 曲終了後、メンバーたち「イェー!」

石塚朱莉「なんやったっけ?」客「がんばれ」

「ここで16人MCを聞いていただきたいと思います。すみません、ごめんなさい」

「今回の・・・。あー、もう!」自分にビンタ(客w)
室加奈子「一緒に言おう。今日のお題トークテーマは誰さんからいただきましたか?」
石塚朱莉「ビックパックさんからいただきました! ビックパックさんいらっしゃいますか?」
メンバーたち「どこ?」
石塚朱莉「恥ずかしがり屋パターンやな。トークテーマやけど、夕陽に向かって叫びたいことです。実際に夕陽に向かって叫びたいこと、じゃ~、言ってみようか。誰かある?」
メンバーたち「ハーイ!」
石塚朱莉「せやな、赤澤萌乃ちゃん。じゃ~、みんな一歩ずつ下がろうか」

「ほのちゃんの夕陽に向かって叫びたいことまで」
メンバーたち「3・2・1」
赤澤萌乃「夕陽に向かって叫びたい!」
メンバーたち「そのままやん」
石塚朱莉「ちょっといいですか? 夕陽に向かって叫びたいことを言ってねとは言ったけど、夕陽に向かって叫べとは誰1人言ってないよね」
赤澤萌乃「言ったやん。ちゃんと説明して」客w
石塚朱莉「怒られちゃった。もう手の負えないやつばかりだな」
赤澤萌乃「ごめんな」
石塚朱莉「夕陽に向かって叫びたいこと、いろいろさ、生きて行く上で、虫が落ちてたら嫌やとかさ、トイレットペーパー無かったとかさ、いろいろあるやん。そういうこと言って欲しいねん」
赤澤萌乃「ごめんな」

石塚朱莉「りんこちゃん行く? じゃ~、みんな一歩ずつ下がって。センターへ」

「りこりんの夕陽に向かって叫びたいことまで」
メンバーたち「3・2・1」
久田莉子「太陽さん、あと1時間だけ出ときんしゃーい!」
メンバーたち「おー」
石塚朱莉「これはどういうこと?」
久田莉子「最近太陽、日が短くなってきたじゃないですか。で、寒いし、太陽あったらあったかいし、あと1時間だけでも出ていて欲しいっていう気持ちを叫んでみた」
石塚朱莉「主婦目線からいくとあと1時間あったら靴下乾くのになーみたいな?」客、軽くw
久田莉子「まぁ、そんなことかな」
石塚朱莉「もう出ていかなあかんねん、子供みたいな」
久田莉子「まぁ、そんな感じかな」
室加奈子「そんな感じなんかい」客w
石塚朱莉「うまーくまとめたな」

「ほかーにありますか?」
メンバーたち「ハイ!」
石塚朱莉「こにょみん」
日下このみ「やったー」
石塚朱莉「このみん前出てきて。いくで。このみんの夕陽に向かって叫びたいことまで」
メンバーたち「3・2・1」
日下このみ「このみは眠たくない!」客、拍手
メンバーたち「イェー」
黒川葉月「なんの盛り上がり?」
石塚朱莉「このみはね、いつもメンバーから「君眠たそうにしてるねー」って」客、軽くw
日下このみ「そう、それをぶつけてみた」
誰か「今寝てる?」
日下このみ「起きてるよ」客、軽くw
石塚朱莉「さっき自己紹介した時も私このみの声聞いて、あーってなったわ、眠たそうな顔じゃないけど、声し過ぎて」
日下このみ「おー。。」
メンバーたち「今も寝てる」「公演中ですね。起きてください」
日下このみ「起きてまーす。はーい、パッチリです」

石塚朱莉「はーこの夕陽に向かって叫びたいことまで」
メンバーたち「3・2・1」
黒川葉月「あなたはいったいどこへ向かうの?」
メンバーたち「なんやそれ」
石塚朱莉「今日は劇場公演であって、ミュージカルではありません」
黒川葉月「ごめん」
河野早紀「たぶん太陽なら西に沈むと思うよ」客、軽くw
メンバーたち「真面目か」「解説を入れるな」
黒川葉月「とりあえずごめんなさい」
石塚朱莉「ここは公演なんで、ミュージカルでやってください」
黒川葉月「はい、すみません」

石塚朱莉「次?」
メンバーたち「ハイ」
石塚朱莉「たかてぃん」
高山梨子「やったー!」
石塚朱莉「めっちゃ喜ぶやん。いきますよ。たかりこの夕陽に向かって叫びたいことまで」
メンバーたち「3・2・1」
高山梨子「ドドン波!」客、拍手
メンバーたち「言うと思ったな」
石塚朱莉「くるくるくるくるパワーアップできた?」
高山梨子「できたできた」
石塚朱莉「たかてぃん、ドドン波ってどっから出てきたん?いったい。生まれつき?」
高山梨子「生まれつき」
石塚朱莉「たかてぃんは生まれたら、オギャーじゃなくて、ドドン波!って言ったん?」
高山梨子「そうそう」
メンバーたち「ウソやん」
赤澤萌乃「じゃ~、みんなで言ってもらったら? いっせーので、で」
高山梨子「じゃ~、一緒に言ってください」

「準備はいいかい?」
メンバーたち「OK」
高山梨子「いきますよ。せ~の」
みんなで「ドドン波!」
高山梨子「OK!」客、拍手
石塚朱莉「いいんだか悪いんだかという締めですが、ドドン波はね。これからもチームBIIがんばっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

薮下柊「それでは次が本当に本当に最後の曲になります。NMB48シアターに来てくださったみなさん、モニター観覧をしてくださってるみなさん、そしてDMM配信をご覧のみなさま、もっともっと盛り上がっていただけますか!?」
メンバーたち「イェー」客、拍手

薮下柊「ありがとうございます。最後まで楽しんでいきましょう!」


◆EN05.ナギイチ
◆EN06.フライングゲット
◆EN07.青春のラップタイム
◆EN08.ヘビーローテーション


# 曲終了後
河野早紀「本日はNMB48チームBII 1st「会いたかった」公演に足をお運びいただき誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました!」客、拍手

# 河野早紀 ハイタッチ案内

「係員の指示に従ってください。よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
「せ~の」
メンバーたち → 手を上げ「ありがとうございました!」 → お辞儀

BGM → 会いたかった

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了