FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

佐々木優佳里 突然の涙 (2012/11/28、「僕の太陽」公演 126回目)

AKB48劇場 / 研究生「僕の太陽」公演 33回目

■出演メンバー
12期研究生 → 佐々木優佳里・平田梨奈
13期研究生 → 相笠萌・岩立沙穂・梅田綾乃・岡田彩花・北澤早紀・篠崎彩奈・高島祐利奈・村山彩希・茂木忍
14期研究生 → 内山奈月・岡田奈々・小嶋真子・西野未姫・前田美月

※ 平田梨奈 → 体調不良のため一部出演

■ポジション
阿部マリア → 前田美月
市川美織 → 岡田奈々
入山杏奈 → 西野未姫
岩田華怜 → 岡田彩花
大場美奈 → 内山奈月
加藤玲奈 → 篠崎彩奈
川栄李奈 → 北澤早紀
島崎遥香 → 小嶋真子
島田晴香 → 高島祐利奈
高橋朱里 → 岩立沙穂
竹内美宥 → 村山彩希
田野優花 → 平田梨奈
永尾まりや → 梅田綾乃
仲俣汐里 → 佐々木優佳里
中村麻里子 → 茂木忍
山内鈴蘭 → 相笠萌

■開演
◆M00.overture
◆M01.Dreamin’ girls
◆M02.RUN RUN RUN
◆M03.未来の果実
◆M04.ビバ!ハリケーン


■MC1 (自己紹介)
小嶋真子「みなさん、こんばんは」
メンバーたち「AKB48です」客、拍手

小嶋真子「AKB48「僕の太陽」公演、まずは、Dreamin’ girls・RUN RUN RUN・未来の果実・ビバ!ハリケーン、4曲続けて聴いていただき、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

お題提供:ポッケさん
お題:みなさんが先輩から言われて心に残ったひと言はなんですか?

【1列目 下手側から】
岡田奈々「14期研究生、15歳の岡田奈々です。よろしくお願いします」

「私は「シアターの女神」公演の前座に出た時なんですけど、私の大好きな渡辺麻友さんに「あれっ?なんかしっかりしてて落ち着くね」って言われたんですよ。えっ?よくないですか? 私にとっては一生忘れられないひと言なんで、絶対に忘れないようにしたいと思います」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ?」客「あやな~ん!」

「ありがとうございます。13期研究生、あやなんこと篠崎彩奈です。よろしくお願いします」

「私の嬉しかった言葉はNMB48のみるきーさんにぐぐたすにコメントをくださったことがあって、それで「コメントありがとうございました」ってご挨拶に行った時に「あー、彩奈ちゃん、これからも仲良くしてな」って言ってくださって、その関西弁もほんとにかわいくって、ほんとにすごく嬉しかったです」

小嶋真子「14期研究生の15歳、小嶋真子です。よろしくお願いします」

「私はですね、2つあるんですけど、まず1つは言われたというかぐぐたすのコメントなんですけど、私の大好きな島崎遥香さんに先日有吉AKB共和国に一緒に出させていただいたせていただいた時に、それをぐぐたすに書いたんですよ。そしたら「お疲れ」って来て、もうそれがほんとに嬉しくて。2回目だったんですけど、島崎さんからコメントをくださったのが。たかまりましたね。もう1つはですね、握手会の時に横山由依さんから言われたのですが、「こじまこちゃんって私によく似てるって言われるよな」みたいな感じで言われて。私まだその時に横山さんと話したこと無かったんですよ。なのに名前も覚えてくださってて、自分から話しかけてくださって、もう、たかまりましたよ」

相笠萌「13期研究生、14歳の相笠萌です。よろしくお願いします」

「私はですね、藤江れいなさんなんですけど、会う度にかわいいって言って抱きついてくださるんですよ。毎回会う度にかわいいって言ってくださる先輩はほかにいないので、あとお下がりをくださったりしたり、私を妹にしてくださったりするのでほんとに大好きです」

岩立沙穂「みなさん、発声練習始めます。私に続いて言ってください。ヤッホー!」客「ヤッホー!」

「さっほー」客「さっほー!」

「13期研究生のさっほーこと岩立沙穂です。よろしくお願いします」

「私が先輩から言われて心に残ってるひと言は近い先輩なんですけど、藤田奈那さん、なぁなさんなんですけど私のことを「ぶりちゃん」と呼んで。なんか私がぶりっ子らしいんですよ。私ぶりっ子ってよく言われるんですけど、なぁなさんはそのぶりっ子が嫌いという噂もちょっと小耳に挟んでいるのですが、そんな私のことをぶりちゃんぶりちゃんと言いながら、なんだかんだかわいがってくださってると思うので、そのぶりちゃんが一番心に残ってるひと言です」

# 以上、1列目捌ける


【2列目 下手側から】
佐々木優佳里「涙の数だけ輝きたい、12期研究生のゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私は2つあるんですけど、まず1コ目はですね、K6thの「RESET」公演に出演させていただいた時にアンコール後の最後の感想みたいな感じで1人ずつ最後に感想を言う時に私が選ばれて、その時私、うまく言えなくて、喋れなくて、それで楽屋、公演終わってから泣いちゃったんですよ。そしたら大島優子さんが声をかけてくださって・・・」客、ざわざわ&がんばって
平田梨奈「声をかけてくださって」
佐々木優佳里「嬉しかった」
平田梨奈「優子さんは何て言ったんですか?」
佐々木優佳里「MCは自分らしく言えばいいんだよ、みたいなことを言ってくれました」客、拍手

「あともう1コは最近北海道の握手会があって、柏木さんに「ご飯行こうね」って言われたことが嬉しかったです。ということで、ちょっと涙が出ちゃったのですけど、(涙混じりに)今日も自分らしくいきたいと思います」

梅田綾乃「うめだじゃなくて、うめたです。笑顔第一、13期研究生のうめたんこと梅田綾乃です。よろしくお願いします」

「私は藤田なぁなさんなんですけど、私はメールで「うめたんってカジュアルな服しか着ないよね」って言われたんですよ。私あんまり服を別にカジュアルとかかわいい感じとか選ばないんですよ。普通にパッパッパって取っちゃうんで、あんまり考えて着たことないんですけど、「うめたんの洋服ってカジュアルだよね」って言われたのがなんか嬉しかったです」

西野未姫「14期研究生、中学1年生の西野未姫です。よろしくお願いします」

「私が嬉しかったのは、公演の時にみるきーさんが撮影かなんかでいて、その時に私がちょっと自己紹介したんですよ。そしたら次にレッスンで会った時にみるきーさんが来てくれて、それで抱きついてくださって、「ぐぐたすをコメントしてよー」って言ってくれて、それがすごい嬉しかったので、心に残った言葉です」

茂木忍「あなたのハートを『もっぎもぎ』ありがとうございます。13期研究生のもぎちゃんこと茂木忍です」

「私は心に残ってるひと言はほんとにもう神みたいな存在の前田亜美さんに、初めてお会いした時からすごくよくしてくださってて、初めて会った時にも、最近も、「もぎちゃんじゃん」って言ってくれるんですよ。もうそれがかわいくてかわいいくて、ワーもう(たかまる) 言われる度に体が固まっちゃって、熱くなっちゃって、リアクション取れないんですけど、そのたったひと言の「もぎちゃんじゃん」っていうのがもう一生忘れられないです」

前田美月「14期研究生の前田美月です。よろしくお願いします」

「私の生誕カードに宮澤さんが書いてくださった言葉なんですけど、「美月ちゃんのスタイルはAKBイチだよ。次世代エース目指せ!」と書いてくださって」客、おー

「それですごい嬉しくて、それで毎日がんばっています」

平田梨奈「ハイ、あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。12期研究生のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」

「私は2つあるのですけども、1つは大島さんに初日のバックダンサーに出演させていただけたのですけども、その時に楽屋でメンバーさんといろいろ喋ってまして、悩み事とかいろいろ大島さんが聞いてくださって、大島さんはひらりーは今のままでいいんだよって言ってくださったことが一番嬉しかったです。あとはですね、宮澤佐江さんにひらりーはやっぱり一番輝いてたよって言われたことが一番嬉しかったです」

# 以上、2列目捌ける


【3列目 下手側から】
高島祐利奈「ハイ、みなさんこんばんは。13期研究生のゆーりんこと高島祐利奈です。よろしくお願いします」

「私が嬉しかったことは2つあって、どうしても絞れなかったのですけど、1つは前にも劇場で言ったことがあるんですけど、「RESET」公演で正規メンバーさんと出させていただいた時に、菊地あやかさんが公演後に私に「すごい表情がいいね」って言ってくださって、ずっと、菊地あやかさんのほうが表情のバリエーションとかいっぱいあって、自分も公演をやってるのに後輩の私にも目を向けてくださったのが嬉しかったのと、7月8月にすごい悩んだ時期があって、いろいろあったじゃないですか。その悩みの投稿をしたんですよ、ぐぐたすに。そしたらSKE48さんの阿比留李帆さんがコメントで「自分を信じてがんばって」って書いてくださったんですよ。ちょっとしか直接喋ったこと無かったんですけど、わざわざコメントを残してくださった心の温かさにすごい心に残りました」

岡田彩花「13期研究生のあやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「私は2つあるんですけど、1つは宮澤さんに「RESET」公演の中盤曲始まる前に髪型が前より今のほうが似合うんで私は好きだよって言ってくれて、宮澤さんに言われたらキュンキュンするじゃないですか。それが一番心に残っていて、もう1つはぐぐたすでコメント欄に松井咲子さん、師匠さんにお疲れ様って初めてのコメントだったので師匠さんから来て嬉しかったです」

村山彩希「13期研究生のゆいりーこと村山彩希です。よろしくお願いします」

「私は「目撃者」公演で、着替えてたんですよ、そしたらいきなり倉持さんに「腹筋すごいね」って言われたんですよ。そしたらたかみなさんと仲谷さんがそれの言葉に気づいたのかわかんないんですけどお腹をめっちゃ触ってきたんですよ。それで初めて話しかけてもらったのがお腹についてだったのですごいビックリしたんですけど心に残ってるので嬉しかったです」

北澤早紀「13期研究生、中学3年生のさっきーこと北澤早紀です」

「私はですね、アンダーとして出させていただいても、人見知りもあって絡むこともなくて。ここにいる同学年なんですけど、学力的には先輩の高島祐利奈さんなんですけど、覚えてるかわからないんですけど、以前彩希が変な日本語を使ってまして、それを私が訂正したことがあって、私がバカだと思ってたのか知らないのですけど、「早紀って頭いいんだね」って言われて」
高島祐利奈「バカだなんて思ってませんよ」
北澤早紀「とりあえずその時に頭いいオーラがあったのかなと思って、ちょっとワクワクしちゃいました」

内山奈月「14期研究生の内山奈月です。よろしくお願いします」

「私が先輩に言われて嬉しかったひと言は、私、夏ぐらいの時にダンスが全然踊れなくて、ちょっと凹みながら自主練に行ったりしてたのですけど、その時たまたま横山さんにお会いして、「最初は私もできなかったから大丈夫だよ。きっと誰かががんばってる姿を見ててくれるよ」って言ってくださったことがすっごい嬉しくて、それ以来、横山さんみたいになれるようにと思って毎日がんばってます」

北澤早紀「本日の公演は以上のメンバーでお送りします。それではAKB48「僕の太陽」公演、はじまり、はじまり~」


◆M05.アイドルなんて呼ばないで (岩立沙穂佐々木優佳里・篠崎彩奈・小嶋真子・岡田奈々)
(ポンポン隊:西野未姫・梅田綾乃・佐々木優佳里・茂木忍・相笠萌・平田梨奈)
◆M06.僕とジュリエットとジェットコースター (前田美月・高島祐利奈・北澤早紀)
◆M07.ヒグラシノコイ (内山奈月・村山彩希)
◆M08.愛しさのdefense (平田梨奈・相笠萌・梅田綾乃)
◆M09.向日葵 (佐々木優佳里・西野未姫・茂木忍・岡田彩花)


■MC2
佐々木優佳里・西野未姫・茂木忍・岡田彩花

# 西野未姫 ユニット曲5曲紹介

「インドア派かアウトドア派か」

茂木忍「茂木はですね、がっつりインドア派です」
メンバーたち「えー?」
茂木忍「なんでそこで驚かれるのか。私まず外で遊ぶ友達がいない」客、軽くw

「これに尽きるんですよ。一緒に出かけようみたいな友達もいませんし、今高校生なんですけど、ずーっと休み時間は机で寝てます」
岡田彩花「かわいそうだね」
茂木忍「そこで哀れまないで欲しいんだけど」
岡田彩花「今度遊びに行こう」
西野未姫「私も行きたいです」
茂木忍「やったーやったー」

西野未姫「私はアウトドア派なんですけど、私ショッピングするのが大好きで、よくママと2人でいろんなところに行って、洋服を買ったりするんですよ。家にいるより外でお買い物してたほうがすごい楽しいので、アウトドア派のほうが好きです」

岡田彩花「私もアウトドア派なんですけど、遊園地にも行けるし、遊び行けるし、やっぱご飯食べに行けるから」
西野未姫「焼肉ですか?」
岡田彩花「焼肉。それかクレープかスパゲッティ屋さんかかつ丼屋か。ご飯みんなで行こう。じゃ~、茂木のおごりで」客w
茂木忍「なんで?」客、拍手

「なんでですか? この流れ、ちょっと岡田ちゃんにしてやったりみたいな顔されたんですけど」

佐々木優佳里「私はですね、インドア派です。なぜかというと、まず最近寒いじゃないですか。だから外に出たくないっていうのもあるし、あと家には大好きなゲームがいっぱいある。ゲームが好きなんですよ、私。例えば寝ながらゲームしたりとか、そういう感じ」

西野未姫「私、茂木さんははしゃいで遊んでそうなイメージがあるんですけど、なんかスポーツとかしてそうじゃないですか」
岡田彩花「私、草むしりかと思ってた」客、軽くw
茂木忍「なんで?なんで? 岡田ちゃんの中で私はどういうイメージなのか問いただしたい」
岡田彩花「おかしいキャラ。でも私に言われたくないでしょ?」
茂木忍「うん。私運動とかも苦手だし」
佐々木優佳里「得意そう」
西野未姫「陸上とかやってそう」
茂木忍「でも私全然遅いです。この間長距離一番最後でした」

「お買い物以外にどっか行ったりする?」
西野未姫「お買い物以外にそんな行かないんですけど映画とかカラオケによく行きます。なんか私、弟と2人で行くんですけど、すごい汗かいて盛り上がっちゃうんですよ、カラオケに行くと。椅子の上に乗って踊ったりとか、すごい盛り上がっちゃう人なんですよ」
岡田彩花「じゃ~、みんなで。ヘビーローテーションでも踊りましょう。茂木が舞台に乗って」
茂木忍「なんで茂木が変なところなの?」
岡田彩花「茂木、おもしろい」客、軽くw
茂木忍「何この人。もうヤダ」

佐々木優佳里「ということでみなさん、後半戦の準備はできてますか?」客、イェー&拍手

「続いてはこの曲です。せ~の!」
メンバーたち「竹内先輩!」


◆M10.竹内先輩
◆M11.そんなこんなわけで
◆M12.デジャビュ


■MC3
北澤早紀・相笠萌・篠崎彩奈・村山彩希・小嶋真子・高島祐利奈・岡田奈々・西野未姫

# 岡田奈々 中盤曲3曲紹介

村山彩希「幼稚園の頃、言えなかった言葉」

相笠萌「私は月火水木金土日って、1週間が言えなくて。何回言っても覚えられなくて、記憶力が悪いのか。なんで月水土火みたいな。でもなぜかもう勝手に覚えてました、知らない間に。がんばってたんですけど、がんばらなくて良かったかなって」
村山彩希「努力の無駄ですね、それは」客、軽くw
相笠萌「無駄じゃないよ、がんばって幼稚園児の頃、覚えようと思ったの」

高島祐利奈「私スパゲティが言えなくて。スケバティみたいな。スパゲティっていう言葉の並びが言えなかったんですよ。よくないですか?スパゲティって言えない人多いと思うんですか? そんな隠さなくていいってば」
村山彩希「またいつの間にか言えるようになってたと」
高島祐利奈「いつの間にかね」
村山彩希「努力の無駄、ハイ次」客、軽くw

岡田奈々「私はですね、すっごく単純なんですけど、パパが言えなくて。ずっとアパって言ってた」
村山彩希「そっちのほうが難しくない?」
岡田奈々「私、ママとパパって呼んでるんですよ。その時に小さい時はずっとアパアパって言えなかったんですよ」
高島祐利奈「今言える?」
岡田奈々「言えます」
北澤早紀「そんなにバカにしちゃうの?」
高島祐利奈「してないってば」

篠崎彩奈「私も似てるんですけど、パパじゃなくてママが言えなくて。マンマーマンマーって言ってた。たまにメンマって言っちゃうことがあって」客、軽くw

「本気で「お母さんメンマじゃなよ」みたいな」

北澤早紀「私はですね、最初に喋ってる言葉が英語だったので」
メンバーたち「おー」
北澤早紀「それで幼稚園の年長の頃に帰ってきたんですけど、みんな日本語普通に喋れるじゃないですか、当たり前なんですけど。でも私はほとんどママとパパぐらいしか喋れなくて、で、徐々に覚えていったのですけど、なぜか掃除機だけ日本語の掃除機って言葉だけをなかなか頭にインプットすることができなくて。日本語喋って、日本語の間に時々、バキュンクリーナーとか」
メンバーたち「かっこいい」「もう1回」
北澤早紀「バキュンクリーナー」
メンバーたち「おー」「かっこいい」
北澤早紀「そういう感じで日本語の間にちょくちょく英語が出てくるっていう変な文章が」
相笠萌「でも今喋れないんでしょ?」
北澤早紀「今英語喋れないですね」客、軽くw
相笠萌「もったいないですね、仕方ないですね」
北澤早紀「日本人ですからね」

西野未姫「私は年少さんの頃なんですけど、まだ「さしすせそ」って難しいじゃないですか。それが「ちゃちぃちゅちぇちょ」ってなっちゃうんですよ」
メンバーたち「かわいい」
西野未姫「それでなんか、「ちゃちぃちゅちぇちょ」みたいな感じになっちゃって、言葉の間に「ちゃ」とかが入っちゃうんですよ。それでちょっと恥ずかしいなって。でも今は言えます」
メンバーたち「そりゃーそうだよ」
西野未姫「それも自然と言えるように。何回も練習したんですよ、「さ」とかって。それでも「ちゃ」って言っちゃって。でもいつの間にか言えるようになってました」
高島祐利奈「ゆいりーゆいりー、最後の締めの言葉」
村山彩希「いつの間にか言えるようになったんだっけ?」
西野未姫「はい」
村山彩希「努力の無駄」客、軽くw
相笠萌「要らないです」
村山彩希「振られたんだもん」
相笠萌「練習してなかったら今も「にちぃのみきです」かもしれないですよ」
誰か「かわいいからいいじゃん」

小嶋真子「私は対称みたいな言葉が言えなくて。壁、床とか」
メンバーたち「あー」
北澤早紀「あの、いいですか? 壁と床ってちょっと・・・」客、軽くw
村山彩希「いいのいいのそこは触れないで」
相笠萌「みなさん「あー」って言ったんだよ」
村山彩希「みんなわかってるから、言いたいことは」
小嶋真子「肘の対称は膝とか」
高島祐利奈「なんかさ、上とし下とか言わない?」
誰か「例えばが難しい」
小嶋真子「エスカレーターとエレベーター」客、軽くw
篠崎彩奈「それ対称じゃないよ」
村山彩希「おかしいよそれ。この子さ、努力の無駄じゃなくて努力してねって感じじゃない?」客w → 拍手
高島祐利奈「努力中」
小嶋真子「今言えますよ」
村山彩希「対称は何?」
小嶋真子「えっ?」
村山彩希「彩希の質問がおかしいね」
高島祐利奈「人のこと言えなくない? じゃ~、問題出してあげる。具体の反対は?」
小嶋真子 → 何か
高島祐利奈「違うは」
篠崎彩奈「抽象」
高島祐利奈「イェー、そうです」客、拍手
篠崎彩奈「みんなハテナになってるよ」
茂木忍「祐利奈は頭いいね」
高島祐利奈「ありがとう」
村山彩希「問題は楽屋でしてください、高島さん。自慢は楽屋でお願いします」

「私はとうもろこしが言えなく。とうもごろしって言ってたんですよ」
高島祐利奈「ちょっと怖い」
村山彩希「言えないから「とうもごろごろごろし」って」
北澤早紀「それじゃ通じないよ」
村山彩希「誰か彩希につっこんで」客「今では?」
高島祐利奈「じゃ~言うよ。今では言えるようになった?」
村山彩希「言えます」
高島祐利奈「努力した?」
村山彩希「したしたした」
高島祐利奈「でも自然に言えるようになったんだよね」
村山彩希「もうめんどくさいな」客w

「すぐに言ってよ」
高島祐利奈「いくよ。努力の無駄。。。」
相笠萌「微妙な空気になっちゃうでしょ」
村山彩希「私じゃないとダメみたいですね。あと楽屋に戻って自分自身に言ってみたいと思います。ということでこれからも言えなかったことが言えるのと同じように、できないことをできるまで一生懸命がんばっていきたいなと思います」

# 次の曲のイントロが流れ始める
高島祐利奈:楽しい時間って本当にあっという間ですよね。そろそろ最後の曲の時間になってしまったようです。こうして毎日暮らしていると、失敗しちゃったり、辛いこともあるけど、でもいつも夢と希望を胸に自分らしく生きていこうという気持ちを歌っています。聴いてください。夕陽を見ているか?」


◆M13.夕陽を見ているか?


■アンコール


◆M14.Lay down


■MC4
前半:内山奈月・梅田綾乃・茂木忍・前田美月・岩立沙穂・相笠萌・佐々木優佳里

茂木忍「アンコールありがとうございました」
メンバーたち「ありがとうございました」客、拍手

茂木忍「Lay downをお聴きいただきありがとうございました。普段の私たちとは違うこの曲、私たちなりに精一杯表現してみましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」

岩立沙穂「ここでのMCはですね、あの頃私はすごかったというちょっと武勇伝的なお話をしたいと思います」

内山奈月「私小さい頃はすごく利発な子だったんですよ。賢かったってことなんですけど。小さい頃のホームビデオとかを見てるとオムツを替えてもらってる私に母が「今の感想どうですか?」とか言ってたら「われときて あそべやおやのない すずめ」とか言ってるんですよ。すごくないですか?」※小林一茶
メンバーたち「えー?」
相笠萌「何歳の時?」
内山奈月「小学校入る前でした。すごいですよねっていう私の武勇伝です」
岩立沙穂「何で覚えたの?」
内山奈月「わかんないですけど、それが言えたっていう」

相笠萌「私知ってる方いると思うのですけど、入ってすぐくらいに有吉AKB共和国に出させていただいた時の、13期のナンバーワン決定戦で、私は椅子取りゲームですごいことをしてしまって、怖いイメージをつけてしまったんですよ」
岩立沙穂「アイドルじゃなかったよね」
相笠萌「負けず嫌いさを出し過ぎて、茂木とかをバーンってやっちゃったりしたのが映ってしまってですね、それが今考えるとすごかったかなと思います。あれは自分で見てもひいちゃった」
梅田綾乃「近くで見ててすごい怖かった」
相笠萌「もっとかわいくアイドルらしくやっとけば良かったなって思いました」
梅田綾乃「萌らしくていいんじゃないかな?」
相笠萌「今はちょっと控えめになりました」

佐々木優佳里「私は中学校の時に1回も休まなかったんですよ」
メンバーたち「すごい」
佐々木優佳里「そう、皆勤賞みたいな。もらってないんですけど、でもちゃんとゼロだったし、1回も休まなかったし、部活も全部参加したし、すごいなって」
岩立沙穂「遅刻もないですか?」
佐々木優佳里「遅刻はいっぱいした」客w

「いっつもギリギリについて、学校に。それでみんなもう着替え終わっててヤバかった」

茂木忍「茂木はですね、中3の頃に、受験シーズンとかだったんですけど、昼休みとかに珍しく友達と外でドッジボールやろうみたいになったんですね、中3の時に。で、私なんか逃げるのはすごく得意で。投げるのはヘタだったんですけど。めっちゃ私狙われるんですよ。でもこうアニメみたいな避け方とかできるんですよ」
相笠萌「ちょっとやってみよう」客、拍手
茂木忍「こうくるじゃないですか、まず1回すごかったのが、ビュンってきて、シャって逃げて」脚を開いて屈み、床に片手をつく

「その後もこの状態からまた狙われるわけですよ。その状態からこうやって逃げたことがあります」立ち上がり、背中を反る
メンバーたち「すごい」
茂木忍「その時自分でも「おっ、自分すごい」って思いました」

岩立沙穂「小学校の時に給食あるじゃないですか。あれのだいたい残す子がいて、おかわりじゃんけんとかそういうのなる時に、私ジャムのじゃんけんに限って1回も負けたことがないんですよ」
メンバーたち「ジャム?」
前田美月「私、牛乳のじゃんけんだったら、小学校の時、何日か連続ずーっと勝ってました」
岩立沙穂「だから伸びたんだ」

前田美月&岩立沙穂 → じゃんけん:パー・グーで前田美月の勝利 (客、拍手)

岩立沙穂「でもこれはあれですよ、ジャムがかかってないからですよ」客w

「ジャムがかかってれば勝てます」
相笠萌「じゃ~、あれじゃない? 来年もしじゃんけん大会があったらジャム目の前にあると思ってやったら」
岩立沙穂「センターが景品じゃなくてジャムが景品」客、軽くw
相笠萌「それは勝っちゃうかもしれない」

梅田綾乃「私そういうかっこいいとかじゃないんですけど。小さい頃お家を出る度に洋服を買えてました」
岩立沙穂「どういうこと?」
梅田綾乃「近くにスーパーがあったんですよ。スーパーに行こうと思って、洋服を着替えるじゃないですか、パジャマとか。それで出て、帰ってきて、またどっか行こうってなった時、着替えるんですよ。1日に何回も着替えたんです」
内山奈月「あんまり意味ないですよ」
梅田綾乃「そうなんだよ。なんかわかんないんですけど、着替えてたんです、毎回」
茂木忍「洗濯物増やし過ぎでしょ」
内山奈月「お洋服痛みますよ」
相笠萌「お母さんみたいな」
梅田綾乃「お母さんだから」

岩立沙穂「じゃ~、奈々ちゃんは1日に何回着替える?」

# 後半チーム入場

岡田奈々「ん~、3回」
メンバーたち「けっこう多い」

# メンバーチェンジ


後半:岡田奈々・篠崎彩奈・高島祐利奈・村山彩希・北澤早紀・岡田彩花・小嶋真子・西野未姫

村山彩希「暇な時にする1人遊びについて」

西野未姫「私は1人でスピードをやります。トランプのなんですけど、1枚でやるんですよ・・・ (説明) 楽しいですよ、みなさんやってみてください」
高島祐利奈「なんか切ないよね」

岡田彩花「私は指と指やって寄り目するんですよ。そうすると指が繋がって見える。これで遊ぶとけっこう30分ぐらい経ってるっていう」
西野未姫「なんかやると指がビヨーンって」
# その後、寄り目がどうたらこうたら

岡田奈々「私はそういう系じゃないんですけど。暇で1人の時は手に落書きをするんですよ。岡田奈々ハートみたいな」
メンバーたち「えっ?」
篠崎彩奈「自分大好きじゃん」
岡田奈々「違います。そうじゃないんですけど、でもなんか普通に猫ちゃんの絵とかうさぎさんの絵とか、楽しいですよ、特にハート付けるといいと思います」
北澤早紀「やるとしても油性でやるとね」
村山彩希「だから細かいことはいいんだってば」客、軽くw

小嶋真子「私は1人オセロです。未姫と似てるんですけど、自分で白と黒の玉を持つんですよ」
西野未姫「そしたらどっちが勝ってるか自分で決めるてこと?」
小嶋真子「そう」
村山彩希「だから細かいところはいんだって」客、軽くw
高島祐利奈「それで?それで?」
小嶋真子「終わりです」

高島祐利奈「似てるんですけど、1人チェロ・・・」
篠崎彩奈「チェロって何?」
メンバーたち → w
高島祐利奈「チェス。チェスって人型じゃないですか。それを整列させるんですよw」
村山彩希「チェスじゃなくてもよくない?」
高島祐利奈「ダメなんです。チェスは人型だからちゃんと整列してるように見えるんです」
村山彩希「くだらないよ」
高島祐利奈「違うんです、違うんです。そのオセロを順番に並べて」
メンバーたち「オセロ?」
高島祐利奈「ここでオセロが出てくるんです。表彰台みたいなのを1段目、2段目、3段目って作って、そこにチェスの一番センターの高いところにキングを乗せて、その脇にその次に強いやつを乗せたりすると楽しいんです!」
村山彩希「すごい、これは細かいこと聞かないとわかんなかったね」
メンバーたち「おもしろいね」

村山彩希「私は1人しりとりします」
メンバーたち「やって」
村山彩希「じゃ~、ゆいりんごから初めて「ん」で終わらすね。じゃ~、みなさんよーく耳を澄ませてください。いきますよ」

「ゆいりんごりらパセリスイカモメダカエルビーイルカモメロン、さてどうだ」
高島祐利奈「途中でなんの単語が出てくるかわからなくなっちゃうね。メダカが出てきたような、でも違うようなみたいな」

篠崎彩奈「私はその物を使ったとかじゃないんですけど、妄想」
メンバーたち「えー?」
篠崎彩奈「自分がもしこうだったらどんなんなんだろう。しますよね?みんな。ですよね?」
岡田彩花「例えば? 私よくわからない」
篠崎彩奈「だから、もうちょっと髪長かったらどんな感じなんだろう」
高島祐利奈「果てしないよね、その考え事って」
篠崎彩奈「なんで私いるんだろうなって」
メンバーたち「えー?」
高島祐利奈「大丈夫? 相談乗るから」
篠崎彩奈「そういうのじゃなくて、思いますよね?たまに」
岡田奈々「私は共感できます」
篠崎彩奈「わかるよね? 地球の原点を考えたり」
高島祐利奈「なんか不安なことあったらメールして」

北澤早紀「私はですね、筆箱の中のものを観察するのが大好きです。一番嵌ってるのがシャーペンの芯を大量に出して、こうやって、ちょっと遠くら辺に置いてみるとシャー芯がモコモコしてるのが見えるんですよ。それが私の目すごいなと思って・・・。そういうの観察するのが大好きです」
村山彩希「豆知識ですよね。みなさんやってみてくださいね」

篠崎彩奈「1人遊びって個性出るね。みんなの個性がわかったところでこの後もみなさん明るく元気に盛り上がって楽しみましょう!」客、拍手

「続いてはこの曲です」
メンバーたち「BINGO!」


◆M15.BINGO!
◆M16.僕の太陽


# 曲終了後
小嶋真子「ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# メンバーたち捌ける → 暗転


■ダブルアンコール


◆M17.UZA


# 曲終了後
岩立沙穂「UZAを聴いていただきありがとうございました」
みんなで → お辞儀(客、拍手)

岩立沙穂「みなさまへのご報告が最後となってしまいましたが、平田梨奈さんが体調不良のため一部出演になってしまいました。申し訳ございませんでした」

# ハイタッチ案内

# 相笠萌 12月20日発売「AKB1/149 恋愛総選挙」神告白映像上映について
・AKB48、SKE48、NMB48、HKT48出演
・全国各地で撮影

「それでは最後の挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → 僕の太陽

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■VTR:ゲーム「AKB1/149 恋愛総選挙」神告白映像


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
11月28日(水)「僕の太陽」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 茂木忍&佐々木優佳里

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル