FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

小嶋&高橋サプライズ出演! 峯岸みなみ 二十歳の生誕祭 (2012/11/26、チームB ウェイティング公演 6回目)

■出演メンバー
新チームB → 石田晴香・市川美織・岩佐美咲・梅田彩佳・大場美奈・大家志津香・柏木由紀・片山陽加・加藤玲奈・小森美果・島崎遥香・竹内美宥・名取稚菜・藤江れいな・峯岸みなみ・渡辺美優紀

研究生バックダンサー → 大森美優・平田梨奈・北澤早紀?・内山奈月・橋本耀・前田美月

■ポジション
小嶋陽菜 → 小森美果
山内鈴蘭 → 大家志津香
石田安奈 → 名取稚菜

■開演
◆M00.overture
◆M01.初日
◆M02.君のことが好きだから
◆M03.Virgin love
◆M04.正義の味方じゃないヒーロー

■MC (自己紹介)
梅田彩佳「みなさんこんばんは」
みんなで「AKB48チームBです」客、拍手

梅田彩佳「初日・君のことが好きだから・Virgin love・正義の味方じゃないヒーロー、4曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

お題提供:リョーチャンさん
お題:冬の必需品はなんですか?

「それではレモンちゃんからどうぞ」

【1列目 上手側から】
市川美織「フレッシュレモンになりたいの~♪ ありがとうございます。チームBのみおりんこと市川美織です」

「冬の必需品と言えばタイツですかね。すっごい真冬になると2枚から3枚重ねでいつもタイツを穿いてるんですけど、最近はモコモコのタイツというのも出てきまして、この冬はタイツから目が離せないです」客、軽くw

「ということで今日もスマイルレモンファンタジーでいきたいと思います」

竹内美宥「高校2年、16歳の竹内美宥です。よろしくお願いします」

「私は朝から学校に行ったりすると朝ってほんとに寒くて、冬の朝って。その時に毎年マフラーが必要になってきて、ずっと中学校の頃から付けてる間にやっぱり身長とはマフラー関係ないじゃないですか。でもノリでどんどん買ってったらマフラーが溜まってきちゃって、マフラーと制服を組み合わせるのが毎日楽しくなってきたので、そういうところにも、制服とマフラーのファッションにもこだわりつつ寒さ対策していきたいなと思います」

梅田彩佳「福岡県出身の、う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です。よろしくお願いします」

「冬の必需品は寒い時に私、雑誌を読むのが好きなんですけど、冬は関係ないですけど、すごく雑誌を読むのがすごく好きで、この間お仕事が18時頃に終わったので、お家帰る前にコンビニ寄って、雑誌を見て帰ろうと思って、コンビニで雑誌を見てたんですけど、高校生2人の男の子が私に気づいてくれて話しかけてくれたんですよ。梅ちゃんですか?って。嬉しいなって思うじゃないですか、おー、気づかれたみたいな」客、軽くw

「そしたら「こんな時間にここにいるって暇なんですね」って言われて」客w

「ハァー、ショックって思ったので、この冬はたくさん必需品になれるようなものをいっぱい買って、いろいろ自分のためにもっともっとがんばろうと思いました」

島崎遥香「18歳の島崎遥香です。よろしくお願いします」

「私はモコモコの靴下なんですけど、夜寝る前に絶対穿くんですけれども、私1年中冷え性なんですよ。だから、そうなんです」

小森美果「大盛り? 中盛り? やっぱり『小森!』 こもりんこと小森美果です。よろしくお願いします」

「私は腹巻です。腹巻なんですよ、わかりますか?腹巻って。知ってますよね。今日も付けてきました、腹巻。すごくないですか? すごいですよね。冬と秋は腹巻をいつもしてます。なのでみなさんぜひ腹巻付けてください」

# 1列目メンバーたち捌ける


【2列目 上手側から】
峯岸みなみ「二十歳になってもチームBの正統派アイドル、峯岸みなみです。よろしくお願いします」

「私はボディークリーム。実は今までは反対派だったんですよ。メンバーが塗ってるのを見ても「いい匂いさせやがって」ぐらいに思ってたのですけど」客、軽くw

「でも今日の朝、自分の足をふと見たら、白い粉がね」客、反応

「出てきちゃって。それはもうヤバイ、末期だなということで、今日の夜ぐらいからボディークリームをつけようかなとちょうど思ってたとこです。ということで、今日幕が開いた瞬間から、曲が始まった瞬間かな? 二十歳の初日っていうのをみなさんが掲げてくれましてすごく感動しました。まっさらな気持ちでまた新たなスタートだと思い、今日がんばっていきたいと思います」

加藤玲奈「あれ?どこ見てるの? あっち?こっち?『れなっち』ありがとうございます。チームB、15歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私はリップクリームです。やっぱり冬になると乾燥して、唇がカサカサになっちゃうんですよ。だけど私は匂いするのだと酔っちゃうんですよ。車乗ってなくても匂いで気持ち悪くなっちゃうのでワセリンっていうのが入ってるリップクリームがすごいお薦めなんでぜひ帰りに買って行ってください」

藤江れいな「目指せスーパーガール、18歳のれいにゃんこと藤江れいなです」

「私はですね、湯たんぽなんですけど、少し前にAKB48がガールズアワードに参加させていただいた時にきたりえが楽屋に私の大好きなキャラクターの湯たんぽが置いてあったらしくて、それを持って帰ってきてくれたんですよ。で、最近はそれにお湯を入れてギューってやりながら寝るのに嵌っています。ということで今日も元気にスマイルにいきたいと思いますのでよろしくお願いします」

渡辺美優紀「ミルクと美優紀を混ぜるだけ、あっという間に?」客「みるきー!」

「ありがとうございます。奈良県出身、19歳の渡辺美優紀です。よろしくお願いします」

「・・・よろしくお願いします」

石田晴香「はるきゃん Do it! 18歳のはるきゃんこと石田晴香です。よろしくお願いします」

「私はですね、最近自分が鼻炎であるということに気づいて。風邪薬と鼻にツッてやるやつと、あと箱ティッシュを常にカバンに入れていて。なぜか箱かというと、ポケットティッシュだと絶対足りなくなっちゃうんですよ。で、箱ティッシュを2つぐらい1日に使ってしまうので、ずっとカバンに入れてます」

片山陽加「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「片山はですね、最近寒くなって水筒を持ち歩くようになったんですよ。で、水筒の中身がハーブティー。水筒って聞くとちょっとあれですけども」客、軽くw

「中身オシャレですから。ハーブティーをよく最近飲むようにしてて」
誰か「味噌汁・・・」
片山陽加「お味噌汁入れてるけど、それ言わないで」客w

「この間朝早い仕事があった時に水筒に味噌汁を入れて飲んでましたけど、普段お昼とかに外出する時はハーブティーを入れて、体を冷やさないようにしています。みなさんもぜひ、女性の方はぜひともそれをやっていただけたらなと思います。なんでざわついてるの?」客w
石田晴香「いつもお味噌汁じゃないですか」
峯岸みなみ「お味噌汁とハーブティー兼用なの?水筒」
片山陽加「うん兼用」
メンバーたち → 反応
片山陽加「洗えばキレイだもん。というわけでみなさんもぜひやってみてください」

# 2列目メンバーたち捌ける


【3列目 上手側から】
大家志津香「できませんは言いません、福岡県から来ました大家志津香です。よろしくお願いします」

「私はですね、すごくシンプルに必需品って言いますか、あればいいなって思うのは髪の毛です。やっぱりほんとにたぶん男性の方が思ってる以上に髪の毛ってあったかいんですよ。夏とかも熱いなーと思って上げたらほんと涼しくなるくらい、髪の毛ってほんと大切だなって失って気づいたみたいなところあるので」客、軽くw

「今年の冬はマフラーとかストールとか○○をいっぱい買ってね、ひつづひん、言えないんですけど、ひつづひんにできたらいいいなって思います」客w

名取稚菜「幸せを運ぶ4つのエクボ、あなたに幸せを届けます。わかにゃんこと名取稚菜です。よろしくお願いします」

「私の必需品はブランケットなんですけど、私ブランケットが大好きで、相棒って呼んでるぐらいブランケットが好きなんですよ。で、私こう見えて高校生なので、まだ。いつも23歳とか言われるんですけど」客、軽くw

「まだセブンティーンなんですよ。だから学校の時とかやっぱり冷えるので、それをかけて、相棒と一緒に授業を受けてます」

柏木由紀「ハーイ、寝ても覚めてもゆきりんワールド、夢中にさせちゃうぞ♪ ゆきりんこと柏木由紀です。よろしくお願いします」

「私はほんとに今すごいビックリしたんですけど、私とまったく同じ必需品の人がいて。みぃちゃんなんですけど、私も今日、粉吹いてたんですよ」客w

「同じタイミングだと思って。でも私はチームAのたかみなさんが「ゆきりん、もうその足アイドルなんだからやめなさいや」ってボディークリームを買ってきてくれたんですよ。でも、1回も使ってないんですけど」客w

「今年はそれを使っていい女を目指したいと思います」

大場美奈「あなたの! あなたの! あなたの! みーんなの隣でこーろころん、みなるんこと大場美奈です」客「愛してるー!」ざわざわ
柏木由紀「同じ人だよね?」客w

「いいんですよ、いいんですよ」
大場美奈「ありがとうございます。私はですね、毛布が大好きでして。1年中使っているんですけども、毛布の端があるじゃないですか。端っこのなんか、綿っていうか、引っかかるやつ。それをこの爪の境界線にシャーってやるのが好きなんですよ。すみません、わかり難くて。それを毎年っていうか、毎日やってるんですけど、それが私の冬の必需品です」

岩佐美咲「あなたの心に走りたい、始発駅は? 無人駅~。次から無人駅って言ってください。17歳のわさみんこと岩佐美咲です。よろしくお願いします」

「私はですね、部屋が北川の部屋なんですよ。なんですごい寒くて。ほんとにリビングとの温度差が5度ぐらいあるぐらい寒くて。なので分厚いパジャマを着て、暖房は付けてません、まだ1度も。すごいですよね? なので今年も体に悪いですけど、体を張って地球に優しく生きていこうと思います」

柏木由紀「チームB公演、以上の16人でお送りします。続いてはこの曲からです。どうぞ」客、拍手

# 3列目メンバーたち捌ける


◆M05.君のc/w (市川美織・島崎遥香・竹内美宥)
◆M06.抱きしめられたら (藤江れいな・小嶋陽菜・加藤玲奈)
◆M07.思い出以上 (梅田彩佳・峯岸みなみ・片山陽加)
◆M08.ごめんね ジュエル (岩佐美咲・渡辺美優紀・大家志津香・石田晴香)
(BD:大森美優・平田梨奈・北澤早紀?・内山奈月・橋本耀・前田美月)
◆M09.涙に沈む太陽 (名取稚菜・柏木由紀・大場美奈)

■MC
藤江れいな・市川美織・竹内美宥・峯岸みなみ・島崎遥香・小森美果・梅田彩佳・加藤玲奈

# 峯岸みなみ ユニット曲5曲紹介

梅田彩佳「チームBが始まってまだちょっとですし、お互いのまだ共通点なんかもわかんないので、ちょっとみんながどれぐらい共通点を持っているのかここでちょっとゲーム的なことをやろうと思うのですけどどうですか?」
メンバーたち「賛成」
梅田彩佳「じゃ~、れいにゃんからいきますか? 1つずつ質問」

藤江れいな「私Google+で毎日私服を載せてるってことで、ファッション関係の質問をしたいのですけど。自分の洋服のお薦めアイテム。ズボン、スカートだと二択だから簡単かなと思って。だから例えばTシャツとかなんでも、1コのもの限定みたいな感じで。難しい? じゃ~、ズボン、スカートにする?」
峯岸みなみ「揃ったらイェーなの? お客さん何もわかってないと思う」
梅田彩佳「揃ったらイェー」

メンバーたち「せ~の、スカート! イェー!」客、拍手
藤江れいな「すごい」
梅田彩佳「予定では一番最後に当たったらいいなと思ったのに序盤で当たるとは」
藤江れいな「まさか頭からくるとは」
小森美果「ズボンですよ・・・」客、反応
メンバーたち「えっ?」
梅田彩佳「なんて言った?」
小森美果「ズボン」
峯岸みなみ「声がちっちゃいよ。ズボンなの?」
小森美果「はい」
峯岸みなみ「今のイェーの時間返してよ」客、軽くw
藤江れいな「ほかにズボンの人いる? 小森だけか」
峯岸みなみ「スカートよりズボンのほうが多いんだ」
小森美果「はい、ズボンのほうが多いです」
藤江れいな「たしかにショートパンツ穿いてるイメージ強いかも」

市川美織「お花のかわいい衣装なので、好きなお花はなんですか?」
梅田彩佳「いっぱい種類ありますよ」
メンバーたち「せ~の」 → あれこれと
峯岸みなみ「全然バラバラ」
藤江れいな「じゃ~、れなっちから」
加藤玲奈「コスモス」
梅田彩佳「桜が好き」
小森美果「向日葵」
島崎遥香「バラ」
峯岸みなみ「たんぽぽ」
竹内美宥「鈴蘭」
市川美織「たんぽぽ」
藤江れいな「ミニ薔薇」客、反応
峯岸みなみ「ミニ薔薇って何? 豚腹みたいな」

藤江れいな「美宥ちゃん揃いそうなやつ」
竹内美宥「けっこうバラバラになるやつなんですけど」

「好きな本」
藤江れいな「本読まないんだけどどうしたらいい?」
市川美織「本読まないんですけどどうしよう」
竹内美宥「じゃ~、今まで読んだ中の記憶に残ったの」
峯岸みなみ「揃える気ゼロだね、これ」客、軽くw

「みんながどんなものが好きか知れるから」
メンバーたち「せ~の」 → あれこれ
梅田彩佳「全然合わないわ」
峯岸みなみ「言おうと思ったのド忘れしちゃって今言えなかったの」
藤江れいな「私は携帯小説の恋愛もの」
峯岸みなみ「本じゃない」
市川美織「私はデコちゃんです」
藤江れいな「何? デコちゃんって」
市川美織「デコちゃんっていう絵本があるんです。それがすごく印象に残ってます」
竹内美宥「私は今公開されてる映画の悪の教典で、こんな分厚いんですよ。それを借りて読んでます」
藤江れいな「今どの辺までいってるの?」
竹内美宥「全然読んでないです」客、軽くw

「読みたいみたいな感じで」
峯岸みなみ「私が言いたかったのは湊かなえさんの少女」
島崎遥香「私は夢を叶えるゾウです」
小森美果「100万回生きた猫」
梅田彩佳「私ド定番でハリーポッター」
加藤玲奈「思い出せなくて、なんとかの国って言いました」
峯岸みなみ「誰もわからないよ」

「じゃ~、みんなで揃うやつでしょ? 最近二十歳になって色気が増したなと思うメンバー」客w
メンバーたち「最近?」
峯岸みなみ「広い意味での最近」
島崎遥香「思いつかないですね」客w
峯岸みなみ → 腕を触る(島崎腕上げたね、みたく)

メンバーたち「せ~の、峯岸さん」
峯岸みなみ「ちょっと揃えて、言うなら」客、軽くw

「こんな遊びもありつつ」
藤江れいな「じゃ~、梅ちゃんとっておきのいこう」
梅田彩佳「じゃ~、みんながこれはぜひ揃って欲しいなっていう質問なんですけど。好きなアルファベットはなんですか?」
峯岸みなみ「あー」
藤江れいな「すごいいっぱいあるもんね」
梅田彩佳「これわかるでしょ」
藤江れいな「これだけは揃って欲しい」
梅田彩佳「AからZまでいっぱいある」
峯岸みなみ「みんな何公演きたんだってことですよね」客w
梅田彩佳「じゃ~、いきますか?せ~ので」
メンバーたち「せ~の、B!」
梅田彩佳「いぇーい、揃った」客、拍手
藤江れいな「やったー!」
梅田彩佳「嬉しいですね」

市川美織「みなさんの気持ちが1つになったところで、みなさん後半戦も盛り上がる準備はできてますか?」客、拍手

「それでは後半戦はこの曲からです。どうぞ」


◆M10.フライングゲット
◆M11.キスして損しちゃった
◆M12.ナギイチ
◆M13.呼び捨てファンタジー

■MC
岩佐美咲・藤江れいな・片山陽加・峯岸みなみ・梅田彩佳・大家志津香・柏木由紀・小森美果・竹内美宥・島崎遥香・加藤玲奈・名取稚菜・渡辺美優紀・市川美織・大場美奈・石田晴香

# 竹内美宥 中盤曲4曲紹介

柏木由紀「ここで私たちからお知らせがあります。毎年12月31日に行われている紅白歌合戦に今年AKB48として出場させていただくことが決定しました!」客、拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。さらにですね、私たちAKB48の姉妹グループであるSKE48も今年初の単独出場が決まりました」客、拍手
渡辺美優紀「ハイ(挙手) NMB48ももっとがんばります」客、拍手

柏木由紀「出場が決まり、SKE48の単独出場も決まり、すごい嬉しいお知らせをみなさんにすることができて、私たちもすごく嬉しく思ってます。31日みんなでがんばりたいと思いますので、みなさんどうぞ応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

梅田彩佳「さー、ということでここのMCでは1人のメンバーにスポットを当てて、その子に物申したいこととかちょっと言いたいことを言っていくとこなんですけど、今日はあの方しかいないということで、みぃちゃん。みぃちゃんに対してみんなが物申したいこととか言いたいことがあれば言っていくとこにしたいと思います」
峯岸みなみ「それってプラスのこともマイナスのこともなの?」
梅田彩佳「みんないいことばっかりですよね、大丈夫」

石田晴香「今「呼び捨てファンタジー」をみなさん聴いていただいたと思うのですけど、この動きみんな揃ってたので、たぶんそれが振りなんだと思った方もいると思うのですけども、これ実は峯岸さんがレッスンの時にやっていて、ちょっとおもしろいからやろうってなったという、不思議な動きなんですけど、みなさん気づきましたか?」
大家志津香「何人か笑ってらっしゃる方がいました」
石田晴香「その振りを峯岸さんが考えてくださって、今日やったんですよっていう話です」客、拍手

大場美奈「私は最近峯岸さんがなんだかたかみなさんに見えます」
峯岸みなみ「何それ?嬉しいの? わかんない」
大場美奈「キャプテンの梅田さんと2人でチームBを引っ張っていってくれてるんですけど、すごいそれがたかみなさんみたいで頼もしいです」客、拍手
峯岸みなみ「おー、ありがとうございます」

市川美織「私はですね、峯岸さんの歌声が大好きなんですよ」
峯岸みなみ「おー、ありがとう」
市川美織「もう大好き過ぎて」客w

「あと、実はAKB48を好きになったきっかけもみなぎしさん」
峯岸みなみ「あー、大事なとこ。みなぎしさんって言いました?」客w
市川美織「ちょっと噛んじゃいましたけど・・・」

渡辺美優紀「峯岸さんはムツゴロウさんみたいに私のことを「みるちゃんかわいいねー♪」とかやってくれるんですけど、ちょっと目を離したらもうほかのところに行っちゃって」客w

「もうショックです、いつも」
峯岸みなみ「みるきーこそなんですよ。みるきーも全部の先輩に種を撒いて」客w

「お互い様ですよ」

名取稚菜「研究生時代の時に峯岸さんのアンダーをやらせていただいていて。それで公演のDVDとかで振りを覚えるんですけど、すごく峯岸さんばっかりに目が行ってしまって、アンダーだからっていうのもあるのですけど、ほんとに踊り方とか、そういうのがすごく好きです」
峯岸みなみ「ありがとう。両親も喜びます」客w

加藤玲奈「私は峯岸さんは優しくて大好きです」客w
峯岸みなみ「コメントが浅い」
加藤玲奈「ほんとです。大好きです」
峯岸みなみ「ほんとか?」
加藤玲奈「ほんと優しいんですよ。メールとかもすごい優しい言葉をしてくださったりとか」
峯岸みなみ「無表情なのが悩みなんだよね」客、軽くw

「そういう悩みとかも最近聞いたりしてますね」

島崎遥香「私すごいいっぱいあるんですけど、いっぱいいいですか?」
峯岸みなみ「いいよ」
島崎遥香「まず今洋服の衣装裏側見えちゃってる」客、軽くw
峯岸みなみ「細かいね」
島崎遥香「あと、握手会で休憩時間があるんですけど、その休憩時間に仮眠室っていうのがあって、そこで仮眠室で隣で寝てたんですね、一緒に。その時に・・・」
峯岸みなみ「何言うの?怖い」
島崎遥香「違うんです。めっちゃ笑ってて、寝てる時に」
峯岸みなみ「寝てる時にめっちゃ笑ってた?」
島崎遥香「めっちゃ笑ってて、なんか幸せな気分になりました、私」客w

竹内美宥「私はこの間神戸に由依ちゃんと峯岸さんと私で撮影があって泊まったんですけど、その時にお風呂でガールズトークしたじゃないですか。私、先輩とガールズトークするの初めてだったんで、またしたいなって思いました」

小森美果「私の従兄弟に似てます」客w
峯岸みなみ「よろしくお伝えください」客w

柏木由紀「なんだろう。ほんとにBになってから特に仲良くなって。一番たぶん最初に仲良く、違う、二番目に仲良くなった先輩かな」客、軽くw
峯岸みなみ「そこは一番でいいだろ」
柏木由紀「でもその先輩と後輩の壁みたいなのがあんまりなくてバラエティっぽくていいと思う」客、軽くw
峯岸みなみ「ゆきりんは今日誕生日プレゼントをくれたんですけど、何かなと思って開けたら、本来なら彼氏みたいな人がくれるんだろうみたいなちっちゃい四角い箱で、開けたらリングで、「重い」と思った」客w
メンバーたち「すごい」「お揃いのリング?」
峯岸みなみ「なぜかピンクのキラキラのリングが入ってた」
柏木由紀「飾ってもいいよって言ったのに、なんでそういう風に言うんですか?」客w
峯岸みなみ「ごめんね。嬉しいくてちょっと照れ隠ししました。ありがとうございます」

大家志津香「私は峯岸さんに1度ラジオの企画で誰から返信くるかみたいなやつで、ご飯行こうよみたいなの来て、「行きましょう」って返して返ってきてない以来」客、軽くw

「私、峯岸さんから何々しようよってくるとラジオの企画なんじゃないかって」客w

「疑っちゃうんで、今度からは普通に本気で誘いの時は最後に「not ラジオ」って付けてもらっていいですか? 返信し辛いんで」

梅田彩佳「私はみぃちゃんが初日の円陣の時に飴をみんなにくれたんですよね。その時にこの飴を食べると公演が成功するっていう飴があって、私その飴めっちゃ好きなんです。それ家に持って帰っちゃったんですね。家に持って帰ったら口寂しい時あるじゃないですか。食べだしたらあと残り5個ぐらいしかないの」
峯岸みなみ「ちょっと待って。あと5公演しかできないじゃん、梅ちゃんだけ」
梅田彩佳「だから今メンバーに会うごとに1個ちょうだいって毎回」
藤江れいな「今日私のやつ持って帰りました」客、軽くw
梅田彩佳「ごめんなさいっていう懺悔をしました」

片山陽加「みぃちゃんはほんとにしっかりしてて、この間私が落ち込んでる時にすごい「大丈夫?」とか声かけてくれたりとか、でもそういうしっかりした面もあるんですけど、あっちゃんの卒業公演の時、めちゃくちゃ子供みたいに泣いてるみぃちゃんを初めて見て。やっぱりかわいいところもあって、もう大好き」
峯岸みなみ「ヤバイ、親戚のおばさんみたい」客w
梅田彩佳「顔もそんな感じだったよ」
片山陽加「まだ2歳しか変わらないから、みぃちゃんとは」
梅田彩佳「2歳しか変わんないのか」
片山陽加「22歳と二十歳でしょ?」
峯岸みなみ「22か。すごい28感が出てるよ」客w
片山陽加「ヤダヤダ。22。みぃちゃんはなくてはならない存在だなって思ってますね」
峯岸みなみ「ありがとう、嬉しいです」

藤江れいな「みぃちゃんはですね、唯一シャッフルしてもA・K・Bって、ずっと同じメンバーなんですけど、やっぱりそれもすごく嬉しくて。みぃちゃんはほんとにMCがすごく上手なので、みぃちゃんのすごいなっていう部分をいっぱい盗んでいきたいなって思うのと、あとお母さんとかがやっているタネに連れて行って欲しいです」
峯岸みなみ「はい、ぜひ」
藤江れいな「まだ行ったことないので。あっ、16人で行きたいです。23人で行きたいです」
峯岸みなみ「大丈夫?行って、ママ。OK、OKって」客、拍手
藤江れいな「えっ!? ありがとうございます。23人で、全員で」

岩佐美咲「私はですね、峯岸さんは母の推しメンなんです。あとこの場でお願いしたいことが1コあって。みぃちゃんってこれから呼んでいいですか?」
峯岸みなみ「いいよ」
梅田彩佳「あだ名で呼ぼうよ、みんな」
峯岸みなみ「そうだよ、このメンバーの中で峯岸さんって呼んでる人は今日からみぃちゃんで」
石田晴香 → 首を横に振る
峯岸みなみ「ちょっと無理っていうのは、みぃさんぐらいで」客w

「幸せな時間でした。ありがとうございます」
加藤玲奈「こんな感じで峯岸さんのいいところが知れたところで」ローテンション(客w)
峯岸みなみ「もう、ゆとり世代なんだから。なんでそんなテンションなの?」
加藤玲奈「えっ?」
峯岸みなみ「張り切っていこう」
加藤玲奈「(テンション上げて)峯岸さんのいいところも知れたところで、これからもチームBみんなで仲良くやっていけたらいいなと思います」

# 次の曲のイントロが流れ始める
島崎遥香「楽しい時間ってほんとにあっという間ですよね。そろそろ最後の曲の時間になってしまったようです。こうして毎日生活していると、失敗しちゃったり、辛いこともあるけど、でもいつも希望と夢を胸に、自分らしく生きていこうという気持ちを歌っています。聴いてください。夕陽を見ているか?」


◆M14.夕陽を見ているか?


# 曲終了後、列ごとに「ありがとうございました」挨拶してから捌ける


■アンコール
有志の方「本日は11月15日に二十歳の誕生日を迎えました峯岸みなみさんの生誕祭です」客、拍手

「AKBに入った時は13歳だったみぃちゃんも二十歳の素敵な女性に成長しました」客、拍手

「この記念すべき二十歳の生誕祭に相応しく、アンコールは楽屋まで届くような盛大なみぃちゃんコールでお願いします」客、拍手

「全力で、みぃちゃんコールいくぞー!」客、おー


「みぃちゃん」コール


◆EN01.チームB推し


■MC (感想)
梅田彩佳「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」

梅田彩佳チームB推し聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。それではここで今日の公演の感想を1人のメンバーに言っていただきたいと思います。今日は誰にしようかな?」
柏木由紀 → 挙手
梅田彩佳「おっ、ゆきりん」
柏木由紀「ハイ! 今日みなさんのお陰でとっても序盤からかなり盛り上がっているんですけども、みなさん何かお忘れじゃないですか?」客、おー

「今日は」客、おー

「10月15日に誕生日を迎えた」客、え~
峯岸みなみ「ちょっと待った。巻き戻す?」
柏木由紀「トゥルルル・・・。11月15日に」客w

「誕生日を迎えた峯岸みなみちゃんの生誕祭です。みぃちゃん!」
みんなで「お誕生日おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ運び&ロウソク火点け


峯岸みなみ「タイミングがここかと思ってすごいビックリしちゃった、今」
柏木由紀「意外なとこでしょ? ではでは誕生日を迎えたみぃちゃんにみんなで誕生日の歌を歌いましょう。せ~の」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア みぃちゃん」客、ひゅ~&拍手

「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

# 峯岸みなみ → ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射(客、拍手)

メンバーたち「おめでとう」客、拍手
峯岸みなみ「ありがとうございます、ありがとうございます」

柏木由紀「じゃ~、みぃちゃん、11月15日で何歳になったんですか?」
峯岸みなみ「なんと、記念すべき二十歳になりました」客、拍手

「ありがとうございます」
柏木由紀「おめでたい。そんな記念すべき二十歳を迎えたみぃちゃんに、今日はこの会場にいる方からですね」客、おー

「お手紙を預かっております」ケーキの下から取り出す

「なのでちょっとここで今日は読ませていただきたいと思います」

「Dear みなみへ。お誕生日おめでとう。」BGM:桜の木になろう

「あんな子供で泣き虫だったみなみももう二十歳だね。ずっと一緒だったから、なんだか不思議に感じます。AKBに入ったのが13歳で、あれから7年。青春と言われる10代をすべてAKBに捧げてきて、普通じゃ経験できないことも経験してきたけど、嬉しいことだけじゃない、辛いこともたくさんあったね。」

「13歳の頃のみなみはいっぱい泣いていました。きっと不安や不満が子供だったからすぐ涙になって出てきたんだよね。そんな姿を見る度に支えたいと思っていました。でも、いつからか、泣かなくなったね。大人になったからなのかな。我慢を覚えたからなのかな。何かいろいろ想っているのに涙を流すことをやめたみなみを見て、成長したんだなと思ったのと同時に切なくなりました。」

「あの手紙を覚えていますか? 孤独を感じないでください、私たちはたかみなのすぐ後ろを走っています。この言葉にどれだけ助けられたことか。だから逆にこの言葉を贈ります。みぃちゃん・・・」
高橋みなみ → 登場(客、おー)

「みぃちゃんががんばってるの、みんなみんな知ってるよ。だからそんなに気負わずに、自分のペースで進んで行こう。ネガティブをポジティブに、自分に少しは自信を持ちなさい。笑ってるみぃちゃんも、落ち込んでるみぃちゃんも大好きだよ。ずっとずっと見守ります。いつかみぃちゃんがMCを務める番組に出演するのが私の密かな夢です。」

「私がAKBに入って得たもの、それはたくさんあるけれど、大きな大きな1つは一生涯の親友に出会えたこと。同じみなみに出会えたことに感謝します。心からお誕生日おめでとう。みなみ」客、拍手
峯岸みなみ「ビックリした」
高橋みなみ「ビックリした?」
峯岸みなみ「うん、ビックリした」
高橋みなみ「ちょっと、ママっぽく書いたんだけど」
峯岸みなみ「途中までママだと思ったもん」客w
高橋みなみ「そう、ママー」客席に向けて
峯岸みなみ「だって、みなみっていう最初言わないから」
高橋みなみ「そう、言わないやろ?」
峯岸みなみ「呼ばないし、会場にいると知らなかったから」
高橋みなみ「そうやろ?」客、軽くw

「がんばって考えてんな。ビックリしたやろ」
峯岸みなみ「ビックリした」
高橋みなみ「ハハハ、泣いてるやん」
峯岸みなみ「お前もな」客w&拍手
高橋みなみ「ちょっとね、一歩目から「みぃちゃん」って言っただけで泣いてましたけれども」
峯岸みなみ「嬉しかった」
高橋みなみ「おめでとう」
峯岸みなみ「ありがとう」
高橋みなみ「あと私もう1コやんなきゃいけないことがあるんだよね」客、おー

「ある方から手紙を預かっています」客、おー
峯岸みなみ「えー?誰?」
高橋みなみ「いきます」

「みぃちゃんへ」BGM:桜の木になろう

「みぃちゃんもついに二十歳か。この日をずっと待ってたよ。ワーイ」客、軽くw

「妹みたいなかわいいみぃちゃんがついに二十歳になる。これは誰のお誕生日よりも嬉しいです。私が二十歳の頃からみぃちゃんも二十歳になったら一緒にお酒飲もうねなんて約束してたけど、その時はAKBも先が見えないような状況だったから、実際ほんとにこんな日がくるとは思っていませんでした。」

「13歳だったみぃちゃんが二十歳になるなんて、みぃちゃんの成長にはテレビのお仕事で一緒になる度、毎回驚かされます。バラエティでは大活躍で、自ら新幹線のモノマネを」客w

「首がグニャってなっても体当たりでやるみぃちゃん。女の子だったらみんなが嫌がるような顔面マッサージを引き受けるみぃちゃん」客w

「そうそうたる顔ぶれに混じって立派に発言しているみぃちゃん。最近ではAKBの後輩たちのいいところをいっぱい引き出してあげているみぃちゃん。テレビでは自分がおいしく、「尺が欲しい!」ってガツガツしてるように見られてしまうけど、ほんとは気遣いで空気を読んで、常に相手の気持ちを考えていて、誰よりも繊細です。大丈夫かな?と思うぐらいネガティブな時もあるけど、これからはもっと自分に自信を持って、素敵な女性になってね。手伝うよ。いっぱいお世話になってる分、こういうところでお返ししなきゃ。」

「みぃちゃんにはほんとに感謝しています。AKBのオーディションで1人でいた私に最初に話しかけてくれたのもみぃちゃん。そのお陰でみんなと仲良くなれました。ノースリーブス結成当初、たかみなと私が全然話したことなかったのを気遣って、その間に入って話してくれて、たかみなと仲良くなれたのもみぃちゃんのお陰。今のノースリーブスの関係があるのはみぃちゃんのお陰。偶然なのか今日はもう1つ大事な日。何の日か覚えてる?」
小嶋陽菜 → たくさんの風船を手に、どんでんより登場(客、おー)

「ノースリーブス4周年おめでとう」客、拍手
高橋みなみ「おめでとう」客「おめでとう」
峯岸みなみ → 涙
高橋みなみ「風船が邪魔で」小嶋の風船を預かる
小嶋陽菜「そう、今日はノースリーブス結成4周年。やっぱり大事な大好きなノースリーブスだからちょっと来ちゃいました」客、軽くw

「そしてノースリーブスもそうだけど、チームBのみんなもみぃちゃんを頼りにしています。AKBにみぃちゃんは欠かせない存在です。後輩もいっぱい増えたけど、しっかりものでいなきゃって考え過ぎないで、ノースリーブスではまだまだ子供で、妹キャラのみぃちゃんでいて欲しいな。辛いことがあったら相談してね。たかみなと私にいっぱい甘えてね。そしてみぃちゃんファンのみなさん、みぃちゃんの人柄からか、みぃちゃん好きに悪い人はいない、そう思っています。これからもかわいいみぃちゃんを一緒に見守っていきましょう。いつもいっぱい笑わせてくれてありがとう。二十歳のみぃちゃんにどうか尺がいっぱい与えられますように」客w

「本当におめでとう」客、拍手&おめでとう
峯岸みなみ「ありがとうございます」
高橋みなみ「号泣」
峯岸みなみ → 号泣/嗚咽
高橋みなみ「大丈夫ですか?峯岸さん」
峯岸みなみ「ありがとう。ビックリした。いやー、ほんとに、2人とも揃って手紙に自信を持ちなさいって書いてある通りにほんとに私は自分のことを好きになれずに、AKBに7年いさせてもらっていて、それでもなかなか順位は伸び悩み」客w

「選抜に入れていただいてるにも係わらず、目立った活躍もできずにいつも端っこだし」
高橋みなみ「ネガティブやなー」客、軽くw

「そこやって」
峯岸みなみ「そういう自分の中でどっかに引け目みたいなのをいつも背負っていまして。なんか、いてもいいのかなっていうのはすごくずっと感じていたし、テレビに出ている笑いに対して貪欲な自分とAKBでいたい自分のバランスがうまく取れずに、どうしたらいいんだろうって悩んでる時もあったりして、この1年は前には進めず、現状維持な1年だったかなとすごく自分では感じていました。でも、こうやってたかみなや陽菜もそうだし、チームBのみんなや素敵なファンのみなさん、そういう素敵な人たちが私のことを好きと言ってくれていることが、それが私の一番の自信に繋がることだなとほんとに思っています。いれるだけAKBにいさせてください」客、拍手

柏木由紀「ビックリした?」
峯岸みなみ「ビックリした。なんか立て続けにいろんなことが起こり過ぎてすごいビックリしちゃって。すごいね。海外のアクション映画を見てるような感じ」
高橋みなみ「どういうこと?」
峯岸みなみ「ボーンボーンって。すごいほんとに幸せな。13歳で初めてこうやってステージでお祝いしてもらった時に、誕生日をこんなにたくさんの人とお祝いできるってすごい素敵だなって、嬉しいなと思って、そっからもう7回目の誕生日会で、何回やってもやっぱり嬉しいものだし、こうやってステージでお祝いしてもらって初めて二十歳になったなーという実感が沸きました。ほんとにみなさんありがとうございました」客、拍手

「なんか、チームBになって、すごくみんなが頼ってくれて。今までそういう引っ張ることとかお姉さんみたいなこととか、みんなに指示を出したりみんなを励ましたりすることが無かったんですけど、チームBに入ってそれをしたいなと心からそういういいチームにするためにそういうことをしたいなと思えることが、私がこれからもAKBにいていい意味になってくるんじゃないかなとすごく感じていて、梅ちゃんと一緒に、梅ちゃんをサポートして素敵なチームにできるようにこれからもがんばりますので、チームBのメンバーも、そしてお客さんもこれからも応援よろしくお願いします」客、拍手

柏木由紀「みぃちゃん改めて二十歳お誕生日おめでとう」
峯岸みなみ「ありがとう」客、拍手
メンバーたち「おめでとう」

峯岸みなみ「次の曲歌っていきなよ」客、おー
小嶋陽菜「次の曲何かわかんないし」客w

「出てないから、ちょっと事故起こりそうだから。ちょっとまだ撮影があるんですよ」
高橋みなみ「撮影の合間なんだよね」
峯岸みなみ「プライスレス?」
小嶋陽菜「そう。今日もうすぐ9時からです」客w

「ってことで」
峯岸みなみ「ありがとう、忙しい中」
高橋みなみ「ノースリーブスの新曲も来年発売だよ」客w → 拍手

「みぃちゃんお誕生日おめでとう!」客、拍手
小嶋陽菜「お邪魔しました」
高橋みなみ「お邪魔しました」

# 小嶋陽菜&高橋みなみ → 上手袖に捌ける

梅田彩佳「それでは次の曲みぃちゃんに曲振りしていただこうかしら」
峯岸みなみ「あっ・・・」客、軽くw

# メンバーたち所定の位置へ

峯岸みなみ「それではハッピーな気持ちのまま歌います。ギンガムチェック」


◆EN02.ギンガムチェック
◆EN03.タンポポの決心

# 曲終了後、緞帳閉まる


■ダブルアンコール
有志の方「本日ご来場のみなさん、みぃちゃんのことは好きですか?」客、反応

「みぃちゃんのことが大好きですか?」客、反応

「オレよりもみぃちゃんが好きなやつ、出てこいやー!」客、反応

「その気持ちを込めて、みぃちゃんコールもういっちょいくぞー!」客、反応


「みぃちゃん」コール


◆EN04.UZA


# 曲終了後
峯岸みなみ「本日のご来場誠にありがとうございました」
みんなで → お辞儀(客、拍手)

# 島崎遥香 ハイタッチ案内

# 片山陽加 「AKB1/149 恋愛総選挙」神告白映像上映について
・12月20日発売
・AKB48、SKE48、NMB48、HKT48出演
・日本各地で撮影

「今日はどのメンバーが登場するんでしょうか。お楽しみに。ということで最後の挨拶をしましょう」客w
誰か「がんばった」

# バックダンサー 列の上手下手の端に加わる

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → UZA

# メンバーたち手を振りながらハケる

# 公演終了


■VTR:ゲーム「AKB1/149 恋愛総選挙」神告白


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー全員と / チームBメンバーの後にバックダンサー

以上

■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
11月26日(月)「梅田チームB」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 柏木由紀&峯岸みなみ

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル