FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

ちゃぷちゃぷって関西弁? (2012/11/23、18時開演、「僕の太陽」公演 125回目)

AKB48劇場 / 研究生「僕の太陽」公演 32回目

■出演メンバー
12期研究生 → 大森美優・佐々木優佳里・平田梨奈
13期研究生 → 相笠萌・岩立沙穂・梅田綾乃・岡田彩花・北澤早紀・篠崎彩奈・高島祐利奈・茂木忍
14期研究生 → 内山奈月・岡田奈々・西野未姫・橋本耀・前田美月

■ポジション
阿部マリア → 前田美月
市川美織 → 岡田奈々
入山杏奈 → 西野未姫
岩田華怜 → 相笠萌
大場美奈 → 内山奈月
加藤玲奈 → 篠崎彩奈
川栄李奈 → 茂木忍
島崎遥香 → 岡田彩花
島田晴香 → 高島祐利奈
高橋朱里 → 岩立沙穂
竹内美宥 → 佐々木優佳里
田野優花 → 平田梨奈
永尾まりや → 梅田綾乃
仲俣汐里 → 北澤早紀
中村麻里子 → 大森美優
山内鈴蘭 → 橋本耀

■開演
◆M00.overture
◆M01.Dreamin’ girls
◆M02.RUN RUN RUN
◆M03.未来の果実
◆M04.ビバ!ハリケーン


■MC1 (自己紹介)
岡田彩花「みなさん、こんばんは」
メンバーたち「AKB48です」客、拍手

岡田彩花「AKB48「僕の太陽」公演、まずは、Dreamin’ girls・RUN RUN RUN・未来の果実・ビバ!ハリケーン、4曲続けて聴いていただき、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

お題提供:ロックさん
お題:これって私だけ?

【1列目 下手側から】
岡田奈々「14期研究生、15歳の岡田奈々です。よろしくお願いします」

「これ私だけなんじゃないかと思うのが、私毎日寝る前に愛犬とキスするんですよ。私すごいチューしちゃうんですよ、もうかわいくて、二匹飼ってるんですけど、寝る前はキスの時間があります」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ?」
メンバーたち「あやな~ん!」
篠崎彩奈「ありがとうございます。13期研究生、あやなんこと篠崎彩奈です。よろしくお願いします」

「私だけ?って思うことは夜歯を磨く時に30分かけないと歯を磨けないので、30分毎回歯ブラシに時間がかかっています」
北澤早紀「私、15分ぐらいですね」
篠崎彩奈「私ものろりんずに入れて?」
岩立沙穂「ダメ」
篠崎彩奈「じゃ~、1人のろりんで」

岡田彩花「13期研究生のあやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「私は自分だけ?って思うことは、ご飯食べるじゃないですか。その時に、たまになんですけど、どうしても最後のひと言分だけ残しちゃうんですよ。これ私だけですか? 食べれるんですけど、どうしても食べれないんですよ。残しちゃって、最終的に親が食べてくれるんですけど、どうしても最後のひと言だけが食べれないという」
岡田奈々「給食は絶対必ずひと言残します」
岡田彩花「自然的になっちゃうんですね」

橋本耀「14期研究生の橋本耀です。よろしくお願いします」

「私はですね、けっこう変なことかもしれないんですけど、学校とかで普通にシャーペンで字書くじゃないですか。すごく1回だけ字がすごいキレイに書けたなってことがありませんか? 自分上手いと思った時あるじゃないですか。あれをわざと消したくなるんですよ。上手く書けたのに、また消したくなって、書き直したくなるんですよ。ありません? もう1回書き直して、それより下手になっちゃうんですけど、すっごく上手く書けたらもう1回書いてみようと思っちゃうんですよ」
西野未姫「それって消す必要なくない?」
橋本耀「なんかじれったいというか。わかんないんですけど、消したくなっちゃうんですよ」

岩立沙穂「みなさん、発声練習始めます。私に続いて言ってください。ヤッホー!」客「ヤッホー!」

「さっほー」客「さっほー!」

「13期研究生のさっほーこと岩立沙穂です。よろしくお願いします」

「私だけって思うことは、私の家のお弁当事情を知ってる方っていらっしゃったりしますか?」客、軽くw

「笑いが起きるってことは知ってらっしゃるかもしれないのですけど、ちょっと女子高生らしからぬお弁当を私は持って行ってるんですよ。要は茶弁と言いますか。ちょっと大雑把な、白いご飯の上にホタテが3つぐらい乗っかってるお弁当だったり、そういうのがあるんですけど、私のおばあちゃんに前お弁当を頼んだことがあったんですよ、塾に行く時に。その時にお寿司を持たされました。これって私だけですか? うちのお弁当事情はやっぱり私だけってことでよろしいでしょうか? さすがにお寿司はないか。ということでおばあちゃんに言っときます」

# 以上、1列目捌ける


【2列目 下手側から】
北澤早紀「13期研究生、中学3年生のさっきーこと北澤早紀です」

「私は前に1回ぐらい喋ったことがあるんですけど、朝起きた時ってお腹空いてることよくあるじゃないですか。その時のために、枕元にタッパに入れたクッキーを用意しておくんですね。朝起きてお腹が空いたなと思うとまずそのクッキーを食べるっていう習慣があるんですけど、それがまたまた進化しまして、最近は普通にお出かけする時にお腹空く時って、普通は食べ物を買うんでしょうけど、私はケチなのであんまりそういうことはしないで、まぁ、好き嫌いもあるんですけど、その時の度に毎回カバンの中にほんとはクッキーのはずだったんですけど、ちょっと無くなってしまって、今はお煎餅が入っています」

梅田綾乃「うめだじゃなくて、うめたです。笑顔第一、13期研究生のうめたんこと梅田綾乃です。よろしくお願いします」

「私はですね、この顔のアゴの下、伸びるんですよ、すごい。すごい伸びるんですよ」
内山奈月「それ私も伸びますよ。しかも私聞いてください。腕も伸びるんですよ」
梅田綾乃「私、顔しか伸びないや」
内山奈月「(腕の皮を伸ばす) すごくないですか? すいません、なんか」客w
梅田綾乃「私だけじゃなかったみたいなんですけど、ここの顔の下がいっぱい伸びるっていうのは私だけかもしれないです」

西野未姫「14期研究生、中学1年生の西野未姫です。よろしくお願いします」

「私がこれって私だけ?って思うのは、さっき言われたんですけど、何かを飲み込んじゃった時に、「あっ、のっくっちゃった」って言うんですよ。言いませんか?みなさん」
メンバーたち「言いません」「聞いたことない」「方言?」
西野未姫「わかんないんですけど、私的にはそれが当たり前だと思ってて、よく、例えばお茶を飲んだ時、ちっちゃい氷を飲み込んじゃった時に、「あっ、氷のっくっちゃった」って言ったんですよ。そしたら「何それ?」って言われて、えっ?と思ったんですよ。だからそれって私だけなんですか? ビックリです」

大森美優「ハ~イ、デコポン、すっぽん、思い切り『みゆぽん!』ありがとうございます。12期研究生の大森美優です。よろしくお願いします」

「私は歩いてる時に両手と両足が一緒になっちゃうんです。こうなっちゃう時がたまにあるんですね。そういう時ありませんか?」
メンバーたち「無いです」
大森美優「無いそうです。じゃ~、私だけですね」

前田美月「14期研究生の前田美月です。よろしくお願いします」

「私だけ?って思うことは、朝もし寝坊しちゃった時にすごい焦るじゃないですか。焦ってる時に歌を歌っちゃいます。みなさん歌いません? リズミカルな歌を歌ったら、急げますよ」
平田梨奈「でも美月ちゃんはいつも歌ってるよね」
前田美月「ハイ。焦んなくても歌っちゃいますね、ごめんなさい」

平田梨奈「ハイ、あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。12期研究生のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」

「私はですね、やっぱり私だけは平田梨奈が1人だけということなんですけども。やっぱり私は1人じゃないですか。自分しかいないじゃないですか。だから私はやっぱり・・・、マイペースで、すごい甘えん坊で、すっごい泣き虫っていうのがやっぱり平田梨奈だと思うので、やっぱ自分を大切にしたいなと思います」

# 以上、2列目捌ける


【3列目 下手側から】
高島祐利奈「はい、みなさんこんばんは。13期研究生のゆーりんこと高島祐利奈です。よろしくお願いします」

「私だけって思うのは、例えば眠くなって授業受けたくなくなっちゃうとかってたぶんあると思うんですよ。でも私は例えばノートを書いてて、じゃ~、その下に教科書のどこどこを三行分ぐらい写しといてって言われて、そこで本来なら教科書を忘れてしまった時、三行空けて次に書けばいいのですけど、なんかもうすっごいそこでやる気なくなっちゃうんですよ。なんで私教科書忘れちゃったんだろうと思って、自己嫌悪に陥って。で、さらに、だったらそれから後にもっと真面目に授業受ければいいのに、もうやる気なくなっちゃって、もうノート書かなくていいやと思って、結局テスト前に焦るっていうのが私だけかなって思います」

相笠萌「13期研究生、14歳の相笠萌です。よろしくお願いします」

「これは私だけかなと思う疑問があるんですけど、ひらがなのあとかいとかいっぱいあるじゃないですか。それなんでできたんだろうと思うんですよ。なんでその「あ」をあって読むようになったのかとか、なんで国語っていう授業あるのかなとか、全部なんで?と思っちゃって。数学なんのために必要あるのだろうとか思っちゃうんですよ。だから、ずっと深く考えている人です」

佐々木優佳里「涙の数だけ輝きたい、12期研究生のゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私はですね、佐々木優佳里っていう文字、漢字で書くと六文字なんですね。それで、たぶんAKB48の中で唯一六文字なのは私だけじゃないかなと思ったんですけど、私だけでしょうか?」
相笠萌「ちょっと調べてみないとわからないかもしれないですね」
佐々木優佳里「そうですね。でもたぶん六文字私だけだった気がするんで、たぶんすぐプロフィールとかそういう名前とかすぐ見つかると思います」

茂木忍「あなたのハートを『もっぎもぎ』ありがとうございます。13期研究生のもぎちゃんこと茂木忍です」

「私の私だけ?って思うことは、今でもたまに、今日お風呂入るの怖いなって思うとお母さんと一緒に入るんですね。でもお母さんと一緒に入る子はまだ研究生の中にも数人いると思うのですけど、でも私、お母さんと全裸でお風呂に入るのが恥ずかしくて。だから水着を着て入るんですよ、お風呂に」客、反応

「そしたら隠すとこ隠せるし、だからいいかなって思うんですけど、やっぱりそれって私だけですかね?」
内山奈月「茂木さんだけです」
茂木忍「茂木だけですね」

内山奈月「14期研究生の内山奈月です。よろしくお願いします」

「これって私だけってことはいっぱい考えたんですけど、あんまり見つからなくて、唯一思ったのは口にしゃもじが入るカッパだってことです」

相笠萌「本日の公演は以上のメンバーでお送りします。それではAKB48「僕の太陽」公演、はじまり、はじまり~」


◆M05.アイドルなんて呼ばないで (岩立沙穂・篠崎彩奈・岡田彩花・岡田奈々)
(ポンポン隊:西野未姫・梅田綾乃・北澤早紀・大森美優・橋本耀・平田梨奈)
◆M06.僕とジュリエットとジェットコースター (前田美月・高島祐利奈・茂木忍)
◆M07.ヒグラシノコイ (内山奈月・佐々木優佳里)
◆M08.愛しさのdefense (平田梨奈・橋本耀・梅田綾乃)
◆M09.向日葵 (北澤早紀・西野未姫・大森美優・相笠萌)


■MC2
北澤早紀・西野未姫・大森美優・相笠萌

# 西野未姫 ユニット曲5曲紹介

「寒いと困ること」

西野未姫「私すごい乾燥肌なんですよ。なんで冬になると唇とか脚とかカサカサになっちゃうんですよ。なんで、すごい困ります、寒いと。だからリップとハンドクリームっていうか、ボディークリームっていうか、そういうのは欠かせないです」
相笠萌「私カサカサのまんまです」

「私、朝起きれないんですよ、ほんとに。今日ほんと寒過ぎて、目覚ましなってることに気づかなくて、どうしましょう。これからもっと寒くなるじゃないですか。まだ冬始まったばっかりだと思うんですよ。だからもっと真冬になったら遅刻しちゃうかなと思って。何かいい方法は無いですかね?」
大森美優「冬は起きれるんだけど、寒くて外に出たくないんだよね。どうしたらいいんでしょうね」
北澤早紀「私の家はですね、シーツをホットシーツみたいなあったかくなるやつを使ってまして。私はお父さんの起きる時間より1時間ぐらい遅く起きるんですけど、お父さんが起きたら付けてもらって、その1時間後ぐらいには熱いなって思って起きてるっていうのが時々あります。それで、やってみてください」
相笠萌「がんばります」


北澤早紀「私はちょっと似てるんですけど、お家でこたつから抜けられなくなるっていう。毎回お母さんになんとか取ってきて、ジュースちょうだいとか全部言っちゃうんですね。それを言いたくないのはわかるんですけど、抜けられないので言っちゃいます」
大森美優「こたつ病って言うんだよ、そういうの」
北澤早紀「そうなんですか?」
大森美優「いや、わかんないけど」
相笠萌「今適当に言いましたよね」客、軽くw

「ほんとにあるかと思いました」

大森美優「私は寒いのもそうなんですけど、やっぱり静電気ですかね。たまに棒とか持つとバチってきたりするじゃないですか、ドアとか」
相笠萌「水道の水からも静電気きません?」
大森美優「えっ?こないよ」
相笠萌「私だけですか? きますよね? 私さっき手洗ったらバチってきて。こないですか?」客「なる」

「良かったー。私の手の感覚がおかしいかと思った」
北澤早紀「未だに私理解できてないんですけど、理解できたということで、後半戦の準備いかがですか?」客、イェー&拍手

「ありがとうございます。続いてはこの曲です。せ~の!」
メンバーたち「竹内先輩!」


◆M10.竹内先輩
◆M11.そんなこんなわけで
◆M12.デジャビュ


■MC3
茂木忍・橋本耀・篠崎彩奈・佐々木優佳里・岡田彩花・高島祐利奈・岡田奈々・西野未姫

# 岡田奈々 中盤曲3曲紹介

「今までで一番褒められたことについて」

篠崎彩奈「私は中学の定期テストで国語のテストとか社会のテストとかで100点を取ったことです」
メンバーたち「すごい」
篠崎彩奈「いつも95点とか100点取れなくて、取れた時に褒められました」
高島祐利奈「平均点いくつ?」
篠崎彩奈「60とか」
メンバーたち「すごい」
篠崎彩奈「塾の先生に100点じゃなきゃ0点だみたいな言われた」
岡田奈々「あやなんさんってそんな天才キャラだったんですか?」
岡田彩花「バカに見えるよね」客、軽くw
高島祐利奈「勉強できなさそう」

西野未姫「私も似てるのですけど、前の前の前のぐらいのテスト、中学の時の最初から二番目ぐらいのテストの時に、200何人中、順位が18位でした。全部平均取ってました」
メンバーたち「すごい」
高島祐利奈「それなら順位なら生物の中1の一番最初のテストで。ずいぶん昔なんですけど、210何人中6位でした。すごくないですか?」客、拍手パラパラ
茂木忍「なんか自慢大会みたいになってるけど」

橋本耀「私はお母さんになんですけど「気が効くね」って言われたんですよ。私、親とかの前でお手伝いしたくないんですよ。いない間にしたいんですよ。なので、買い物行ってる時に洗い物とかお風呂とか洗ったりしてると、ちっちゃい頃からそういうのしてたので、すごいその時、褒められました。すごいいい子だったんですよ。今もいい子です」

岡田奈々「私はお母さんじゃなくてお父さんなんですけど、私のお父さんって滅多に褒めたりしないんですね。いつも、そんなの当たり前、当たり前って感じで、全然褒めてくれなかったんですけど、最近の定期テストで、美術のテストで」
高島祐利奈「美術テストあるの?」
岡田奈々「はい、あります」
西野未姫「ありますよね」
高島祐利奈「何のテストするの?」
西野未姫「絵描くんです」
高島祐利奈「50分で絵描きなさい?」
西野未姫「30分ぐらいです」
岡田奈々「で、私は鶴の絵を描いたんですよ。鶴って言うのは折り紙の鶴です。あれを自分で30分以内で折って書くんですけど、それで、私何点取ったと思いますか?」
メンバーたち「100点」
岡田奈々「違うんです。100点中91点取ったんですよ」
高島祐利奈「すごい」
茂木忍「でも100点聞いた後だとちょっと」
岡田奈々「それでお父さんにすごい褒められて、私的に人生最大の褒められたっていう」
高島祐利奈「でも90点取ったらすごいよね」
岡田奈々「自分にちょっと絵のセンスがあるんじゃないかと」

茂木忍「茂木はですね、いろんな人からすごい言われるんですけど、黙ってばかわいいのにってすごい褒められます。これは褒められてるうちに入りますよね?」
高島祐利奈「入る入る」
茂木忍「あれっ?って思うことはあるんですけど、黙ってばってことで。見た目はいいっていうのは言ってもらえてるのかなって」

岡田彩花「私は耀ちゃんにさっきなんですけど、彩花さんって優しいし大好きですって言われて嬉しかったです」
高島祐利奈「耀ちゃんちょっと。耀、ちょっと浮気だよ」
橋本耀「なんでですか?」
高島祐利奈「だって耀大好きだもん」
茂木忍「耀ちゃんは私のことが好きなんで」
岡田彩花「結果的に私が言われたってことで」

佐々木優佳里「ということで、これからもっと褒められるために努力しながらがんばっていきたいと思います」

# 次の曲のイントロが流れ始める
高島祐利奈:楽しい時間って本当にあっという間ですよね。そろそろ最後の曲の時間になってしまったようです。こうして毎日暮らしていると、失敗しちゃったり、辛いこともあるけど、でもいつも夢と希望を胸に自分らしく生きていこうという気持ちを歌っています。聴いてください。夕陽を見ているか?」


◆M13.夕陽を見ているか?


■アンコール


◆M14.Lay down


■MC4
前半:平田梨奈・内山奈月・梅田綾乃・大森美優・前田美月・岩立沙穂・橋本耀・北澤早紀

大森美優「Lay downを聴いていただきありがとうございました」
メンバーたち「ありがとうございました」客、拍手

大森美優「普段の私たちとは違うこの曲、私たちなりに精一杯表現してみましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」

岩立沙穂「ここでのお題は最近ちょっと残念だったことです」
メンバーたち「ちょっと」

平田梨奈「私ちょっとじゃなくて大きい。AKBの握手会ではたまーに予防接種インフルエンザ注射をやるんですよ。それが近いんですね」
大森美優「冬です」
平田梨奈「近いんです、その日が。なので、私はそれが残念なんです」客w
岩立沙穂「ひらりーさん苦手ですもんね」
平田梨奈「私にとっては生きて行く中で一番残念なことです」
メンバーたち「そんなに?」
平田梨奈「針が体に入るんだよ」
岩立沙穂「でも終わっちゃえば」
前田美月「そうです、楽ですよ」
平田梨奈「終わっても私泣くから」
大森美優「この子好きなんだよね」
前田美月「私、注射大好き」
平田梨奈「おかしい! 絶対おかしい」
梅田綾乃「注射やるって言ったらイェー!って言ったんですよ。おかしくないですか?」
前田美月「自慢していいですか? 生まれた時から注射をして1回も泣いたことがないんですよ」
平田梨奈「すごいね」
北澤早紀「やっぱり不思議ちゃんなんだね」

内山奈月「私は最近関西弁ってかわいいなってすごい思って。聞いてください。めっちゃ嬉しい~みたいな」
メンバーたち → 軽くw
梅田綾乃「ほんとにお母さんみたい」
内山奈月「それにめっちゃ嵌ってて、今めっちゃえせ関西弁やってるんですよ。そしたら関西弁の友達が「それイライラするんだけど」って言われて」
平田梨奈「みるきーさんに教えてもらえば? そしたらちゃぷちゃぷとか使えるよ」
岩立沙穂「ちゃぷちゃぷは違うよ」
平田梨奈「違うんですか?」
メンバーたち「違います」
平田梨奈「大阪の人って使わないの? ちゃぷちゃぷって」客w
大森美優「全国共通ですよ」
平田梨奈「なるほど、はい、わかりました」

梅田綾乃「私はですね、最近っていうか、今日から奈月ちゃんに梅干と言われるようになりました」
内山奈月「それは違うんですよ。梅田さんが私のこと「カッパ」とか言うから、だから梅干か干し梅かどっちがいいですか?って訊いたら梅干になったんです」
梅田綾乃「言ってない言ってない」
北澤早紀「その呼び方私も誘われた」

岩立沙穂「私が最近残念だったことは、家具って買いに行ったんですよ。家具って言ってもドアに掛けるフックみたいな。荷物を掛けたくて買ったんですよ。実用的なやつを買いまして。行き当たりばったりで買ってしまったのは悪いんですけど、うちのドアがちょっと高過ぎて、背伸びしても届かないんですよ、かけても」
誰か「意味ないじゃん」
岩立沙穂「100円でかわいくて、花柄で。すっごいワクワクして買ったのに、届かないことが残念で残念で」
前田美月「じゃ~、玄関じゃないところに付けちゃえばどうですか?」
岩立沙穂「玄関じゃなくて自分の部屋なの」
平田梨奈「解決できる」
岩立沙穂「なんですか?」
平田梨奈「はしご」
岩立沙穂「でもドアの前にはしごあったら邪魔じゃないですか? 自分の部屋の入り口のドアなんですよ」
平田梨奈「だからはしごでこう上がって、乗せて、降りて、はしご直して」
岩立沙穂「めんどくさいです」客、軽くw
梅田綾乃「わかったわかった、じゃ~、背の高い美月ちゃんにお家に来てもらえばいい」
岩立沙穂「えっ?居候?」
メンバーたち → 軽くw
岩立沙穂「そうなっちゃうじゃん」
北澤早紀「全然実用的じゃないね」

大森美優「私もサイズ感の話なんですけど。写真立てあるじゃないですか。写真を入れるやつ。それがもうかわいくて、それを買ったんですよ、安かったし。それでルンルンでお家に帰ったら写真とサイズが合わなくて」
メンバーたち「えー?」
大森美優「初期設定みたいな、初期の買った時に入ってたかわいい写真みたいなのが今入って飾ってあるんですけど。あるよね?そういうこと、サイズが」
平田梨奈「あっ、解決できる。じゃ~、私がそのフレームに入ってる12期全員の写真をプリントして、あげる」
大森美優「嬉しいですよ」

橋本耀「私はですね、いつもストッキングを穿いてるんですよ、透明のやつなんですけれども、必ず毎日穿いてるんですよ。なんですけど、必ず電線するんですよ」
梅田綾乃「電線したまま穿いて帰るんですよ」
橋本耀「生脚じゃ寒いんですよ。それで毎日電線しちゃってストッキング買ってこないよっていっつも怒られるんですけど、いっつもなぜか電線しちゃうんですよね」

平田梨奈「奈々ちゃん?」

# 後半チーム入場

岡田奈々「はい」
平田梨奈「奈々ちゃんもよくストッキング穿くけどどうなんですか?」
岡田奈々「全然電線しないです」

# メンバーチェンジ

後半:岡田奈々・篠崎彩奈・高島祐利奈・佐々木優佳里・茂木忍・相笠萌・岡田彩花・西野未姫

佐々木優佳里「ここでのMCはおふくろの味で好きな料理についてです」

西野未姫「私はハンバーグなんですけど。私の家のハンバーグはママが作るハンバーグは特別なタレなんですよ。肉汁とケチャップとソースで砂糖をちょっと入れるんですよ。そういうなんかオリジナルなタレをかけて食べるんですよ。私は中にチーズと上にチーズをかけて食べるんですよ。それがすっごい美味しい」

岡田奈々「そんな私は未姫のお家からまたお魚をもらったんです。未姫のおばあちゃんが干物屋さんか何かをやっていて、でまた私が鮭が大好きって言ったらまた送ってきてくれたんですね。その未姫のおばあちゃんの鮭でお母さんが料理すると、ほんとに美味しいです」
メンバーたち「おー」「コラボね」

茂木忍「茂木はですね、うちのお母さんの卵焼きがすごい美味しくて、定番なんですけど、すごく甘いんですね。卵2個に対してお砂糖とか大さじ2、3バイくらい入ってて、テクニックで牛乳とかも入ってるんで、ふわふわしてるんですけど、お弁当に持って行くと、お弁当の底が全部卵焼きの汁になるんです。ちょっとほんのり甘くなっちゃうんですけど、その甘さがお母さんの味がして」

相笠萌「タコライスなんですけど、普通にお店とかであるタコライスってちょっと辛かったりするんですけど、私辛いのが苦手なので、その辛くないんですよ、だからタコライスっていうのかよくわからないのですけど、そぼろとか野菜とかトマトが入ってて、それに最後にチーズをかけるとすごい美味しくて、それが一番好きです」

高島祐利奈「私のお家、筑前煮です。前にも私、筑前煮が大好きって話したことあるんですけど、めっちゃ甘くて、すごい全部に味が染みてて、めっちゃ美味しいです」
相笠萌「この前お弁当で持ってきてたよね」
高島祐利奈「そう。誰かに食べたかったって言われたんですよ。でもやっぱり自分の親の味なんであげたくないですね」
茂木忍「お母さんの愛情を一身に受けてますね」

岡田彩花「私はチャーハンなんですけど、それに、普通のチャーハンじゃなくて高菜を入れるんですよ。親が一番作ると美味しいですね。辛くも無く、甘くも無く」
相笠萌「でもさ、岡田ちゃんは全部好きでしょ?」
岡田彩花「まぁね、全部好きですね」

篠崎彩奈「私は肉じゃがなんですけど」
メンバーたち「あー」「わかる」
篠崎彩奈「定番なんですけど、みんなみたいに何を入れてるかちょっと知らないんですよ。なんかおばあちゃんが作る肉じゃがとお母さんが作る肉じゃがもまた違うくて、今日はおばあちゃん作ったんだなとか思って」
相笠萌「すごい。味でわかるの?」
篠崎彩奈「そうなの」
茂木忍「利き肉じゃがみたいな・・・」
篠崎彩奈「そう、なんかわかるの。でも違うよね、味って肉じゃが」
佐々木優佳里「違うよね。煮込んでる時間とか、味の染みてる具合とか」
篠崎彩奈「そうれが美味しいんです、本当に、大好きなんです」

相笠萌「萌、肉じゃがのことで、おふくろの味っていうかわかんないんですけど、普通肉じゃがだけで食べるじゃないですか。でも私の家は肉じゃが丼って言うんですかね。ほとんど肉じゃがだけで食べることが無くて、ご飯の上にかけて食べると美味しいんですよ。お薦めです」

岡田奈々「私も肉じゃがなんですけど、肉じゃがにお肉って入ってるじゃないですか。あれを全部お肉だけ取って、じゃがいもとかたまねぎとか全部取って、お肉をご飯と一緒に食べるとすごい美味しいんですよ。鶏そぼろみたい感じで」

佐々木優佳里「私はですね、お味噌汁です」
茂木忍「一番定番なのきましたね」
佐々木優佳里「だってお味噌汁って一番毎日ほとんど出てくるし、生きてる中でけっこうお味噌汁は食べてるんじゃないかなってぐらい。だからすごい大好きというか」
高島祐利奈「何が入ってるんですか?中は」
佐々木優佳里「なめことか」
メンバーたち「あー」
佐々木優佳里「あとネギでしょ。いろいろ」

篠崎彩奈:みなさんここからは明るく元気に盛り上がって楽しみましょう! 続いてはこの曲です。せ~の!
メンバーたち「BINGO!」


◆M15.BINGO!
◆M16.僕の太陽


# 曲終了後
平田梨奈「ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# メンバーたち捌ける → 暗転


■ダブルアンコール


◆M17.UZA


# 曲終了後
岩立沙穂「UZAを聴いていただきありがとうございました」
みんなで → お辞儀(客、拍手)

# 岩立沙穂 ハイタッチ案内

# 相笠萌 12月20日発売「AKB1/149 恋愛総選挙」神告白映像上映について

「全国各地で撮影しているので、そこにも注目してみてください」

「最後の挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → 僕の太陽

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■VTR:ゲーム「AKB1/149 恋愛総選挙」神告白


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
11月23日(金)「僕の太陽」18:00公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 梅田綾乃&内山奈月

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル