FC2ブログ

[前編] チームB 1st千秋楽 & 渡邊志穂卒業(10/2 、チームB・ファースト94回目)

■チケット&抽選
抽選待機中に、有志がサイリウムとうちわを配布。サイリウムはリングタイプ、青、黄色各2本ずつ。

抽選前、有志より説明。

90→231→210→150→20→70・・・

6順。中央ブロック中段。ほぼ全体を見渡せる理想的な席に座ることができました。

キャンセル(抽選対象)は8人、10番までだった模様。

■16人公演でした


■公演前の影アナ
片山 「ファーストステージ、青春ガールズ公演千秋楽もどんどん熱く盛り上がっていきましょう。 今日の影アナは、はーちゃんこと片山陽加でした」客、拍手

■公演直前
緞帳の奥から
しほ 「みんな、今日も盛り上がって行くよ!」客、盛り上がる
メンバーみんなで「冷静に、丁寧に、正確に、みんなの夢が叶いますように チ~ムB~ム!」客、拍手。盛り上がる。


■公演スタート
[19:01] オーバーチュアー

[19:02]
◆1曲目 青春ガールズ(全員ソング)

出だしはちょっと動きが硬かったように見えた。

◆2曲目 ビーチサンダル(全員ソング)

ウェーブ。中央ブロックは関係者が多いせいか、3~4割程度。上下はかなり。

◆3曲目 君が星になるまで(全員ソング)

イントロではいつものようにミックス発動。

■自己紹介&本日のお題「セカンドステージへ向けての意気込み」
[19:15]
MC井上 「みなさん、こんばんは」
メンバー一同「AKB48 チームBです」客、拍手。お辞儀、いつもより長く。
井上 「チームBファーストステージ、青春ガールズ公演、千秋楽です」客、拍手&少し、え~ 「ありがとうございます」

「さて今、公式モバイルサイトで私たちに聞きたいことを募集してます。今日も、キテますよ!」 他メン「イェー!」

「今日のお題はイシちゃんさんから」客「イシちゃん!」
「次のセカンドステージへ向けての意気込みを教えてください。しほちゃんは次のステップへ向けての 意気込みを教えてください」

しほ 「チームBでもオシャレ番長でありたい、渡邊志穂、19歳です」客、大拍手
「ハイ、私は今日でAKBを卒業するんですけど」客、え~! 「これからは、ここで経験したことを生かして、幅広くいろんなことに挑戦していきたいです。みなさん見守ってください」

客。声援。
シンディ 「どうも~。。私はセカンドステージ、とってもとっても気合を入れてがんばってます。ね、しほちゃんが 卒業するということで最年長になるのですが」
なっちゃん 「最初からじゃん!」客w
しほ 「元からだから」
シンディ 「バレた? 落し込もうと思ったのですが・・・」

井上 「みなさんが、幸せに、なるっぺ!」声裏返る感じで、やり切る
「ハイ、私は次のステージでは、かわいい一面、かっこいい一面、いろんな一面を見せれるようにがんばります」

米沢 「今日も目指すはキャッチユアーハート。笑うと目が、メガネを取った時のタモリさんになっちゃう」
客「知らね~」などといった反応
米沢 「千秋楽も、盛り上がってくれるかな!?」客「いいとも~!」その後「ナイス!」の声も

「セカンドではもっと表現力を付けて、セカンドの曲をしっかり表現できるようにがんばります」

なかやん 「ハイ、私はですね、、。何を言おうとしたんだっけ。。」客「メガネ!」
「メガネ? メガネはセカンドで変えます」客、反応

「この青春ガールズ公演はチームKさんの曲でかっこよくて、今度の曲はチームAさんでかわいくて、 意外な一面を見せれたらなと思います」

以上、ハケる。

ぐっさん 。ぐっさんじゃんけん。「今日勝った人は、ゆでたまごの殻がうまく剥けます」客、軽くw

「ファーストで学んだことや、失敗したことを生かして、もっと演技力、ダンスをもっとうまくできたらなと思います」

愛ちゃん 「ハイ、私は、集中力がないので、集中力が、、なんかモゴモゴ言ってる~」マイクのノイズ? 「集中力を付けて、セカンドステージがんばりたいです」いつもの少し緩い感じ

なっちゃん 「私は、とにかく下手にいても上手にいても、どこにいても250人全員私に向いてくれるくらい、 もっと、もっと、もっと・・・」10回ほど繰り返す「好きになってもらえるようにがんばります」云々

最後に「今日初めて来てくださった方も」客、軽くw&ざわつく
「何度の来てくださってる方も、今日の千秋楽もがんばりなっちゃんでがんばりますのでよろしくお願いします」

柏木 「あなたが、あなたが、私に、恋しちゃう、か~も♪ 。。か~も、か~も。ゆきりんこと柏木由紀です」 そして「私は、ファーストは初めてこの劇場に立って、いっぱいいっぱいで、とりあえず歌う、踊る・・・」 といった感じでしたが、云々「セカンドでは表現力を付けて、自己満足で終わらないように、がんばります」

まゆゆ 「私はこの青春ガールズ公演は、ケガが多かったので、セカンドではケガなく柏木由紀ちゃんと 仲よくできるように」客w「柏木由紀ちゃんとうまく絡めるようにがんばります」客w 最後に、3フル

片山 「大きな太陽のように、みなさんのハートに明るい光を灯したい」そして 「まだ誰のモノでもありません」客、ひゅ~「今日は有名な80年代アイドルのキャッチをパクってみました」井森美幸?

「ファーストではかわいく、セカンドではかっこいい、倖田來未さんのようにエロかっこよく、がんばります」客、ひゅ~

以上、ハケる。

早乙女 「ファーストの青春ガールズ公演は、みなさんと一緒に楽しむ公演でしたが、セカンドでは みなさんが公演に引き込まれるようにがんばります」

菊地 「次のステージでは、表現力をもっとパワーアップして、後は日本語もっと勉強して、みんなにバカに されないようにがんばります」

松岡 。流暢な英語を披露。「ゆきこと松岡由紀です」
そして「私はセカンドステージでの注目、、がんばるところは、ファーストとは違ったところを見て欲しいです」

はるごん 「ハイ、えっと、私は今の青春ガールズ公演はとてもパワフルで元気でしたが、セカンドはかわいらしい曲なので、 意外な一面を見せれたらと思います」

たなみん 「今日も弾けるパワーでがんばります。みんなのビタミンC、田名部生来です。。。 ジャンポ言うの、いい忘れました」客、軽くw

「セカンドではもっともっとかわいらしくなれるよう、それともっとかわいらしい声になるように。 今日はシンミリしちゃいがちですが、悲しい公演にならないよう」客と一緒にたなみんヴォイスで 「うれC~、たのC~、たなみんC~でがんばります」

締め。 松岡 「チームAさん、チームKさんに負けないくらい一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします」客、拍手「まずは、このナンバーから!」

■ユニットソング
[19:28]
◆4曲目 Blue rose(しほ、シンディ、井上、米沢)

しほ&米ちゃんパート。
いつもは米ちゃんコールが優勢な場面で、今日はしほちゃんコール大きく。

曲中、手拍子大きく。
「ハーイ!×2、ハイ!×4」大きく。会場のボルテージがたいぶ上がってきた感じ。

「もう1回」コール

終盤の「ハーイ!×2、ハイ!×4」はさらに大きく。

歌終了後、大歓声。


◆5曲目 禁じられた2人(白、柏木。ピンク、メガネなかやん)

イントロ時「なかやん!」や「ゆき~!」の声援が飛ぶ。

「キスしていいですか?」客、ひゅ~!

ラストのセリフ。
柏木「メガネを取ってもいいですか?」そして、なかやんのメガネを本当に外す。客、ぅお~!

なかやん。メガネを付け直して、ハケる。


◆6曲目 雨の動物園

ゾウ → まゆゆ
キリン → 片山
チンパンジー → 多田
ペンギン → なっちゃん
シマウマ → 菊地
ラクダ → 野口
パンダ → 松岡
ライオン → 早乙女

歌終了後、ペンギン、シマウマ、ゾウ、はける。

■動物トーク
[19:41]
MC。パンダ、ラクダ、キリン、ライオン、チンパンジー。

キリンはーちゃん 「ハイ、整列~」
パンダ松岡 「ムシャ、ムシャ、ムシャ」

キリンはーちゃん 「3曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたか?」客、拍手
「メンバーも盛り上がってるようですね。私たちの雨の動物園も、なかなかかわいく決まってますか?」客、拍手

キリンはーちゃん 「ハイ、ということで、今日でしばらくの間、AKB動物園は休演してしまうのですが」客、え~ 「あっという間だったね」
ライオン早乙女 「すぐだった」
キリンはーちゃん 「ということで、今日は思い出でも語ろうかなと思います」

ラクダぐっさん 「雨の日戦隊アニマルレンジャー・・・」が思い出

ライオン早乙女 「ガオーレッド」
キリンはーちゃん 「キリンイエロー」
ウッキー愛ちゃん 「うっき~ピンク」
ラクダぐっさん 「ぐっさん」客w
パンダ松岡 「パンダホワイト」それぞれポーズを決めていく
キリンはーちゃん 「5匹揃って、雨の日戦隊アニマルレンジャー!」客、拍手
他メン「今日も決まったね」「楽しかった」
キリンはーちゃん 「真ん中だからね。真ん中おいしいよね」

ウッキー愛ちゃん 「ちょっと、じゃまだね」ポジション
キリンはーちゃん 「何? 思い出は」
ウッキー愛ちゃん 「白雪姫とか桃太郎とか、やったこと」
ラクダぐっさん 「私は白雪姫やってて、最後にキスシーンがあって・・・」
キリンはーちゃん 「ライオンさんが王子で、ウッキーがキスの後、よだれをすごい勢いでふいてて」
ラクダぐっさん 「いい思い出」
ウッキー愛ちゃん 「怖かったから。。そのまま受け入れると食べられそうだった・・・」

締め。キリンはーちゃん 「まだまだ熱い私たちの後はちょっぴり大人っぽく決めてみます。 まーちょっと寒くなってきた、、何だっけ? ちょっと寒くなってきたけど、、」客、軽くw 「熱いダンスナンバーが続々登場します。みなさん、お楽しみに!」

照明が落ち、ハケる最中に
ウッキー愛ちゃん 「ウッキ~」


■中盤戦
[19:45]
◆7曲目 ふしだらな夏(シンディ、しほ、井上、柏木、なっちゃん、まゆゆ、田名部、菊地、仲川)

暗転中。イントロがかかるまでの間、各メンバーに声援が飛び交う。声援大きく。

息を呑むような感じで見守るといった雰囲気。

しほちゃんの「パーン!」決まる。

客「パンパン、パンパンパン」いつもよりやや小さめ。ずれることなく。


◆8曲目 Don't disturb!(全員ソング)

前曲終了後、大拍手 → パン、パパン手拍子に切り替わる


◆9曲目 Virgin love(全員ソング)
◆10曲目 日付変更線(全員ソング)

■MC
野口、柏木、多田、菊地、しほ、仲谷、早乙女、田名部

[20:03]

しほ 「熱い南国ムードいっぱいのダンスナンバーをお送りしました」
たなみん 「今日はですね、青春ガールズ公演の思い出を語って欲しいと思います」
しほ

菊地 「いろいろあるよね」
しほ 「印象的なことを」
菊地 「最初ダンスがバラバラで、ダンスが頭から抜けちゃって慌ててた」
しほ 「テンぱってたよね」

早乙女 「初日の前日、みんなでステージの上で寝そべって」
しほ 「夏先生に、キミたちここで輝けるのは照明さんやスタッフさんとこのステージがあるからだよと・・・」言われて
早乙女 「みんな泣きながら歌ったの」
しほ 「ステージの下に降りて、このステージに立ちたい人は上がりなさいと言われて、 みんな先を争うようにすごい勢いで上がって、なんだみんなやる気あるじゃん。しのぶさんがウケてた。その時のしのぶさんが思い出」客w

たなみん 「私、さっきありました。禁じられた2人で、なかやんがホントにメガネを外されてた」客、ざわつく
しほ 「気付いた人?」
客「ハイ」中には「柱で見えなかった」という声も
柏木 「ただでさえセリフがある曲で、苦手意識があって、それだけでいっぱいいっぱいで、なかやんのメガネが外せるか心配で」
しほ 「若干、耳に引っ掛かってた」客、軽くw

しほ 「無事に千秋楽を迎えましたが、まだまだ続いていくので・・・」


浴衣チーム入場。メンバーチェンジ。

片山、米沢、シンディ、まゆゆ、なっちゃん、松岡、はるごん、井上

シンディ 「熱いね、ウヒャーだね」

まゆゆ 「先輩2人に質問があります。千秋楽にちなんで、どうして楽屋にケープが9本もあるのですか?」
シンディ 「千秋楽にちなんで?」
まゆゆ 。質問を繰り返す。
シンディ 「どうする?」
なっちゃん 「取り扱い、難しいね」

はるごん 「ハイ! 4月8日、初公演の時、幕が開いた瞬間、どんな気持ちだったか教えてください」

井上 「幕が開いた瞬間は、お客さんがたくさんいて、あ~、ありがとうございます」
シンディ 「そうなんだ」
井上 「ありがたかったです」

米沢 「現実味がなかった。あっ、こんなにいる。私、ここにいる」

片山 「AKB48のチームBという実感があまり無かった。幕が上がってから、チームBのメンバーになったんだって実感が沸きました」

なっちゃん 「まつゆきは?」
松岡 「もうすごい~、すごい緊張してて、顔がフリーズしたままでした」客、フリーズに反応 「表情が固まって」
なっちゃん 「最初は表情を作る余裕がなかったよね」
シンディ 「なっちゃん、表情作ってるの?」客w
なっちゃん 「ダンスとか必死で・・・」

シンディ 「はるごんなんて地獄の底みたいな怖い顔してて」
はるごん 「お客さんいるし、フリできないし、もう無理~」
シンディ 「もう無理~、なんだ」

まゆゆ 「始まって、スポットライトみたいな機械がいっぱいありました」
シンディ 「そこなんだ」

なっちゃん 「初心忘れるべからず。当たり前のことは当たり前に・・・。これからもチームBがんばっていこうね~」
みんなで「ヨシっ!」

シンディ 「いいね、みんなね。シンミリしてるね」客、軽くw
他メンを見て「泣くなよ!」客、反応「泣くなよ! 泣くなよ!」
客「お前がな!」
シンディ 「お前がな!じゃない!」

「最後の曲にいくんですが」客、え~!「私たちも大好きな曲です。僕の打ち上げ花火」


◆11曲目 僕の打ち上げ花火(全員ソング)

[20:15] 歌終了 本編終了

遠征の交通手段、宿確保に…
dTVチャンネル


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply