FC2ブログ

[速報版] チームB 1st 千秋楽 & 渡邊志穂卒業(10月2日)

まずはしほちゃん卒業式をアップします。
展開が早く、おおよそこんな感じだったということで。

記録用カメラが回っていたようなので、公式ブログあたりに動画がアップされることも予想されます。



■渡邊志穂卒業式

◆メンバー1人ずつコメント

[20:36]
ラストソング終了後、横一列に整列した状態で

シンディ 「しほちゃん、さっきので終わりだと思った?」
しほ 「間違っただけでしょ?」客w
シンディ 「違うよ。演出、演出」
なっちゃん 「そういうことにしておこう」

シンディ 「千秋楽と同時にしほちゃんの卒業の日です。メンバー全員から、しほちゃんの卒業でもあるので、 門出を祝福しつつ、ありがとうの気持ちを1人ずつ」客、クスクスw「何笑ってんのよ!」
なっちゃん
シンディ 「ひと言ずつお願いします」


上手側にメンバー。下手側にしほちゃん。向き合って。

菊地 「しほちゃん、今までありがとうございました。すごく楽しかったです」
しほ 「こちらこそありがとうございました。ヘンなことばかり言って、ごめんね」
菊地 「これからもよろしくお願いします」
しほ 「観に行くからね。セカンド公演」云々


しほ 「何、この距離感」客w
片山 「卒業おめでとうございます。これからも夢に向かってがんばってください」
しほ 「ごめんね、キモイって言って」
片山 「セカンドでは・・・」
しほ 「ぶりっ子キャラどうするの?」
片山 「ボチボチやっていきます」云々。客w「また相談に乗ってください」
しほ 「私でよければ」
片山 「応援してます」


愛ちゃん 「ありがとうございました。。。何かツメがかわいいですね。。卒業してもメールしていいですか?」
しほ 「何でそんなこと言うの? 送っていいよ」
愛ちゃん 「。。バイバ~イ」ゆる~い感じで。客、爆笑。


米沢 「AKBやめても、遊んでね。あと、ちゃんとビックになってね。チームBとビック競演 できることを楽しみにしてます」
しほ 「身長だけでなく、ビックになりたい・・・」云々


たなみん 「ジャンボです」客w
「私と違って強いんで、はだしのゲンみたいな」客w 涙声
しほ 「はだしのゲン? もうちょっとかわいい表現ないの?」
たなみん 「私、しほちゃんに憧れてて、かっこいいキャラで。もうちょっと大人になれるようがんばります」
しほ 「また一緒にポケモンやろうね」云々


井上 「ひとことでまとめると、しほちゃんに出会えてよかったです」
しほ 。ハグ。「同じ関西で、似てるって言われる」云々


上手側にしほ。下手側にメンバー。向かい合って。

まゆゆ 「思い出は北京に行く飛行機の中でもらったポテロングが美味しかったことです」客w
しほ 「席が隣りで、空調寒くなって、またまゆゆの手が動かなくなると困るので毛布もらったり」
まゆゆ 「・・・またポテロング待ってます」客w


柏木 「最初の公演のレッスンの時に、ひぃちゃん好きなんでしょ?と言われて嬉しかったです。 あと、MCのアドバイスいっぱいくれて、そのおかげでこのキャラになりました」
しほ 「かわいいキャラになりたかったんでしょ? セカンドではプリティなキャラになってね」
柏木 「今さらですけど」客w


なかやん 「私もひと言で言うと、大好きです」
しほ 「告白されちゃった~」


松岡 「しほちゃん、卒業、おめでとうございます。。。」しばらく間が空く
シンディ 「泣いたら罰ゲーム・・・」
松岡 「同じ歳、いてくれてよかった」
しほ 「ケガしてて、大変だったけど、がんばってた・休んでる間も彼女は彼女なりにがんばってて・これからもがんばって・・・」
松岡 「ありがとうございます」


ぐっさん 。笑う。
しほ 「(私を見ると)未だに笑うんですよ」
ぐっさん 「I love you というよりも、I need you です」客、ぅお~、感心
しほ 「私がヘン顔しても笑わないのに、普通の顔で笑うんですよ」


はるごん 「今までありがとうございました」
しほ 「はるごんは弟なんですよ」
はるごん 「・・・これからも明るくがんばってください」
しほ 「遊びに行こうね」
はるごん 「待って待って。うるさくてごめんなさい。しほちゃんちに遊びに行きます」云々


早乙女 「すごい緊張してます。いつもしほちゃん見ててドキっとして目をそらしてしまうんですけど、 キライだったわけではありません。これからもドキっとさせてください」
しほ 「これからもそんな素敵な女性になりたい」云々
早乙女 「素敵です」


なっちゃん 「おめでとうございます」
しほ 「すぐに泣くんだよね」云々
なっちゃん 「千秋楽に泣かないの、初めてかもしれない。いつもこの時間だとひどい顔してる」云々。 そして「しほちゃんいなかったら、私とシンディだけで不安だったの」
しほ 「私がいなくなっても、もっといいチームになってね」云々
なっちゃん 「しほちゃんがいなくても、シンディとチームBのみんなで、いいチームになったと言われたい」云々
しほ 「この人、扱い辛いんだけど、がんばってね」


シンディ 。笑う。照れ笑い? 作り笑い?
「しほちゃん、泣いてないよ。ホントに」
しほ 「泣かないって約束したよね」云々
シンディ 「策略を思いついたの。しほちゃんが年上だと思わせようと。最初に・・・」
しほ 「前に、私年上なのにって、泣いたことあるよね」云々
シンディ 「ヤバくない? しほちゃんがいなくなったら、マジ、ヤバイ」
そして「しほちゃんからいいところ見習おうと吸収して、できあがったのがこれなの」客w
しほ 「だいぶ不思議ちゃん。頭に何か乗せてるし」
シンディ 「あげたじゃん、何とか券」
しほ 「プリクラを拡大した、ゴチル券」
シンディ 「しほにはいつもおごってもらってばかりだった・・・。ずっと同期で、あんまりおごって あげたことないし、おごってもらってばかりですまん。これからもゴチル券、つかってね。 その代わり、ビックになるんだよ」
しほ 「游玄亭(ゆうげんてい)あたりに連れて行ってね」
シンディ 「キャ~っ」そして「(話が)長いって。AKB出身者ってこれから言われるね」云々


◆スペシャルゲスト登場
なっちゃん 「私たちと一緒に、ここでしほちゃんにお祝いの言葉を言いに来てくれた方がいます」云々

上手から、大島麻衣、川崎希、折井あゆみが登場。3人とも私服っぽい服装。
1人ずつ、透明なラップに包まれた1輪の花を手に。カーネーション?

大島麻衣 「じゃんけんで勝ち残った3人が来ました」冗談。客、軽くw
「ホントは星野みちるちゃんも来る予定だったけど、急遽仕事が入ってくれなくなった。 メールが届いてて」それを読み上げる

「卒業、ホントにおめでとう。また自分の夢に1歩近づいたね。 夢に向かって一緒にがんばろう」云々

しほ 「たまにはいいこと言うよね」
大島麻衣 「キスダメで同じユニットで、がんばろうねって。MIHO(シンディ)もだよ。。 そんなしほが先に卒業して寂しいけど、新たな夢に向かってどんどん大きくなってください。 おめでとうございました」客、拍手


川崎希 「昨日会ったんだけど」客w「しほちゃんがセレブだけなのに、チームセレブで括られて」 そして「しほちゃんと家が近いし、買い物に行ったらたまに同じ場所であったり。趣味もあって・・・」
しほ 「食べ物だけは合わない」
川崎希 「卒業しても遊ぼうね」
しほ 「遊ぼうね。10月25日でもう大人だからね」20歳

折井あゆみ 「チームBのみなさん、千秋楽おめでとうございます」
そして「電話もらった時、すごいビックリした。これからはAKB卒業生として誇れるよう、 他のみんなとがんばろうね」客、拍手

話し始めだか、話し終わりだかに、それぞれ花束を手渡す。


しほ 「出てきた。。」
シンディ 「これからの抱負を語ってくれる?」
しほ 「今日で最後なんですけど、2005年12月8日にAKBシアターがスタートしてから、最初は 少ないお客さんから始まって、まいも練習したり」
大島麻衣 「家で練習したよね」おそらくキスダメ
しほ 「思い出深いこともあり、AKBはどちらかというと辛いことが多かったなと思うんですけど、 辛いことがあったからこそ、成長できて、自分で考えを改めることができて、今の自分がある」云々

「チームBへの移籍とか、Aセカンドのシャッフルとか、あれはあれで自分のためになったのかなと思います」

「今日で最後となりますが、ここで学んだことを生かしてがんばっていきますので、 これからもAKB48、チームB、そして私も応援よろしくお願いします。ありがとうございました」云々。客、拍手


なっちゃん 「今日はありがとうございました。チームAの3人も一緒に、あいさつしましょう」
折井あゆみ 「端に行こうか」ゲスト3人、上手端へ

横一列手を繋ぎ、
みんなで「せ~の」後ろへ下がる。客、拍手が沸き起こる

みんなで「せ~の」前進。客、大拍手。

お辞儀後、
シンディ 。PAの方に向かって、何やら会話。手でOKサイン送ったり。
「あの、しほちゃん。最後に一緒に私たちの思い出の歌を歌いたいわけです」客、ぅお~

「みんな、準備はいい?」他メン「オー!」

シンディ 「ミュージック、スタート!」

「♪桜の花びらたち」のイントロが流れ始める。客、ぅお~!


◆特別ソング「♪桜の花びらたち」

チームBメンバーは、「シンデレラは騙されない」の衣装のまま。

客、手拍子。

途中、客「しほちゃん」コール。

しほ 。途中で花束を床に置き、フリを始める。
シンディ、なっちゃんはもちろん、新メンバーたちもフリをしていた。ゲストの3人もしていたと思う。

しほ がセンター。両サイドに他のメンバーが並ぶ。ヘの字体型。

しほ 。なっちゃんの頭をポンポン。そして抱き寄せる。

なっちゃん 。上を向いて、涙を堪える。再びしほが頭をポンポン。
しかしその後、涙が溢れてきてしまう。鼻は真っ赤。

愛ちゃん も泣いてたらしい。

歌終了後、大拍手。

しほ 。再び花束を持つ。

シンディ 「なんか、懐かしいね」
しほ 「素敵な歌詞・・・卒業にピッタリだった」云々

なっちゃん 「ホントに最後」
シンディ 「最後・・・。泣いてんじゃね~よ! 泣くなよ!」他メンに
客「お前がな!」みたいなツッコミを受ける。

横一列、手を繋ぎ、
みんなで「せ~の」バック。客、拍手

「せ~の」前進。客、大拍手

一同、礼。客「しほちゃん」コール

メンバー、個々に「ありがとうございました」

再び礼。客、拍手。

そして上手、下手袖へハケていった。

下手袖、しほちゃんが一番最後にハケていった。

[21:00] ピッタリに終了。

メンバーがハケ終えた後、再び拍手が沸き起こった。


遠征の交通手段、宿確保に…
dTVチャンネル


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply