新チームA ウェイティング公演初日 (2012/11/02)

12110202a.jpg

■出演メンバー
新チームA → 入山杏奈・岩田華怜・大島涼花・河西智美・川栄李奈・菊地あやか・小谷里歩・佐藤すみれ・篠田麻里子・高橋朱里・高橋みなみ・田野優花・仁藤萌乃・松井咲子・横山由依・渡辺麻友


■公演前の陰アナ
高橋みなみ「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください」

「ということで、みなさんこんばんは!」客「こんばんは」拍手

「ありがとうございます、高橋みなみです。遂に新生チームA開幕でございます。緊張しますね。緊張するよ。私たちも緊張しますし、みなさんも何が始まるんだと思ってると思います。チームAは若手が多いです。だから古参と中堅どころのメンバーは若手に負けないようにがんばる。若手は私たちを食う勢いでくると思います。ぜひみなさんメンバーの成長を見守ってください。間もなく開演です。もうちょっと待っててください」客、拍手



■開演前
緞帳の奥より、
高橋みなみ「(マイクなし)本日は新生チームA初日にご来場いただき誠にありがとうございます」客、拍手

「すごく緊張していますが、素敵な公演になるようにみんなでがんばっていきたいと思います。それでは篠田キャプテン」客、おー

篠田麻里子「せ~の」
みんなで「冷静丁寧性格に」
篠田麻里子「チーム」
みんなで「A!」客、拍手


■開演
◆M00.overture
◆M01.重力シンパシー
◆M02.言い訳Maybe
◆M03.制服が邪魔をする
◆M04.上からマリコ

■MC (自己紹介)
渡辺麻友「みなさん、こんばんは」
メンバーたち → バラバラ
高橋みなみ「もう1回いきましょうか。もう1回言おうぜ」
渡辺麻友「もう1回いきます」

「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48チームAです」

渡辺麻友「新チームA公演、始まりました!」
メンバーたち「いぇー」

渡辺麻友「ということでまず始めに重力シンパシー言い訳Maybe制服が邪魔をする上からマリコ、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「それでは今日を迎えての意気込みと自己紹介をお願いします。ではあんにんから順番にお願いします」

【1列目 上手側から】
入山杏奈「杏仁豆腐は食べられません、チームAのあんにんこと入山杏奈です」

「私は今までチーム4にいたのですけれども、昨日からチームAになって今日初日公演を迎えたということで、チーム4ではできなかったことを既にたくさん経験させていただいていたりするので、チームAでたくさんいろんなことを吸収して、新しい自分を見つけていけたらいいなと思います。はい、ということで今日も1日よろしくお願いします」

岩田華怜「みなさん、私が「可憐で華麗な」と言ったら一緒に「伊達娘!」って言ってください。お願いします。いきます」

「可憐で華麗な『伊達娘』ありがとうございます。はぁー、すごい揃った、ありがとうございます」客w

「宮城県から来ました、チームAの中学2年生、14歳、華怜こと岩田華怜です」

「ほんとに私は今日この日にチームAとしてこの舞台にこのステージに立たせていただけたことで、もうほんとに感謝の気持ちでいっぱいだし、すごく嬉しい気持ちでいっぱいなんですけども、私も前はチーム4にいまして、でもこうして憧れの先輩が歴史を刻んできたチームAの一員になれたので」
高橋みなみ「なんか歴史上の人物みたいな感じが」客w

「それはちょっと嫌だわ」
岩田華怜「ほんとにもう」
高橋みなみ「古い人みたいになってるやん」
岩田華怜「AKB48の歴史あるチームAに」客、軽くw
高橋みなみ「歴史って」
岩田華怜「チームAの一員になれたということでですね、チームA歴史上・・・」客w
高橋みなみ「いいよいいよ、自由にやりなさい」
岩田華怜「チームAちょっと、史上最高の今回チームなんじゃないのって言われるぐらい」客、拍手

「先輩に遅れを取らないように追い越す気持ちでがんばっていきたいと思います。よろしくお願いします」

渡辺麻友「新時代の幕開け! チームAでも、み~んなの目線をいただき~まゆゆ~。チームAのまゆゆこと渡辺麻友です」

「私はデビュー当時からずっとチームBとして活動していて、今回こうしてチームAになったのですけども、今までにない新しいチーム、そして新しい渡辺麻友をみなさんにお見せできたらいいなと思っております。ということでみなさん今日はよろしくお願いします」

川栄李奈「はじける笑顔でスマイルセンター、17歳、高校3年生のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「このキャッチフレーズを今日初めてやったのですけど、この振り付けはたかみなさんが」
高橋みなみ「やめてー!」客w

「なんで言うの?」
川栄李奈「ちょっと昭和っぽいのは否めないですけど」
高橋みなみ「ダサイ振りだと思ったからうちも引っ込んでたのよ」
川栄李奈「こういうのとかちょっと昭和っぽいなと思うのですけど・・・」
高橋みなみ「平成3年生まれ」
川栄李奈「このチームAは先輩がたくさんいて、チーム4だった時には学べないことやいろんなことを教えてくれる先輩方がたくさんいるのでいろんな先輩のいいところを盗んでいきたいと思います。今日も1日よろしくお願いします」

田野優花「ハイ! 私の名前であいうえお作文をやりたいと思います」客、おー

「たの・楽しく、ゆ・優雅に、う・歌って踊り・・・あっ?間違えた」
高橋みなみ「もう1回。初披露だからね」
田野優花「たの・楽しく、ゆ・優雅に、う・歌って踊り、か・完全燃焼!」客、拍手

「ありがとうございます。チームAにはですね、こんな身近に選抜さんという素晴らしい先輩方がいるので」客w
高橋みなみ「選抜さん。ちょいちょいさ、華怜もそうだけど歴史上の人物にしたりさ。選抜さんってね」
岩田華怜「それだけすごく尊敬というか」
田野優花「素晴らしい先輩方がいるので、いいところを自分吸収して、先輩を越したいと思います。よろしくお願いします」

# 1列目メンバーたち捌ける


【2列目 上手側から】
大島涼花「ちっちゃくたって、だいじょうブイ! りょーちゃんこと大島涼花です」
高橋みなみ「いやー、いいキャッチフレーズだよ」
横山由依「たかみなさん、それ押し付けたんじゃないですか?」
高橋みなみ「だって知ってます? 私より身長低いんですから」客、反応

「遂にこの日がきたと」客w
横山由依「年齢も若いですからね」
高橋みなみ「継承したから」
篠田麻里子「でも1年立てば抜いてると思うよ」客w
高橋みなみ「そんな気はするんですけどね」
大島涼花「ということで、チームAさんに入らせていただいて初めてのチームですごく緊張してるのですけど、今日まで練習してきたことを全部出し切って、先輩のいいところをいっぱいいっぱい吸収したいと思います。ハイ、今日これからよろしくお願いします」

小谷里歩「いきなりなんですけど、ここで、俳句をひとつ言います。山あり谷あり小谷あり」客、拍手

「ありがとうございます。京都府出身、NMB48チームN、AKB48チームA兼任させていただいているりぽぽこと小谷里歩です。よろしくお願いします」客、拍手&声援
横山由依「俳句良かったね」客w
小谷里歩「あの、実は横山さんとたかみなさんが考えてくれました」
高橋みなみ「ほぼほぼあなた(横山)ですけどね。やりましたね、わー!ってなりましたよ」
横山由依「ダメかな?ってちょっと思ってたんですよ」
小谷里歩「ダメなやつやらせたんですか?」客、反応
横山由依「そんなことない」
高橋みなみ「みなさん、おーって言ってたもん」
横山由依「おーって言ってたじゃないですか」客、軽くw
小谷里歩「本題に戻りますが。実は夢で見たことがあって、この光景を。その時はみなさんの足をすごく引っ張っていたので、今日はその時よりも足を引っ張らないようにします」
高橋みなみ「ちょっと適度に引っ張るってことですか?」客w

「大丈夫?」
小谷里歩「ちょっとだけ。なので今日はお見守りください。よろしくお願いします」

篠田麻里子「はーい、チームAのキャ、キャ、キャップテン(クシャミ)、篠田麻里子です」

「すべったなー、これ」
高橋みなみ「篠田さんもしかして、私たち新チームAでみんなでメールのやり取りしてるんですけど」
篠田麻里子「昨日の夜、キャッチフレーズめっちゃ考えたから楽しみにしとけよってメール送ってきたんですけど、まさかのすべり具合で、ちょっと恥ずかしいみたいな感じになってるのですけど、今回チームAのキャプテンをやらせてもらうことになったので、私としてはですね、みんなを支えられるキャプテンになりたいと思います。そしてチームAとしてはですね、みなさんが来たいと思うような公演にしたいと思います。ぜひみなさんまた遊びに来てください」客、反応
高橋みなみ「終わっちゃったみたい」
篠田麻里子「これから。今日初日なんでね、ぜひこれからみなさんが足を運んでくれると嬉しいなと思います。今日もよろしくお願いします」

横山由依「朝ご飯・昼ご飯・夜ご飯?」客「ゆいはん」
高橋みなみ「ごめんな、これ言うこと言っといたほうが良かったな」
横山由依「そうでしたよ」
高橋みなみ「何を食うんだって感じだった。もう1回やっとけば? ゆいはんを言って欲しいんだよね」
横山由依「突然やってできるみなさんやと」客w

「思ってたんですけど」
篠田麻里子「そんなハードル上げて」
横山由依「朝ご飯・昼ご飯・夜ご飯?って言ったらゆいはんって言ってください」

横山由依「朝ご飯・昼ご飯・夜ご飯?」客「ゆいはん」

「ありがとうございます、京都から来ました金閣寺よりも輝きたい、AKB48チームAそしてNMB48兼任、横山由依です。よろしくお願いします」

「やっぱりキャッチフレーズ、人の考えたほうが良かった気がする」客、軽くw
高橋みなみ「いや、良かったですよね。あきちゃシリーズを目指したんだもんね」
横山由依「そうです、あきちゃさんのキャッチフレーズがすごいいいから、それに続くものをと思ったんですけど」
高橋みなみ「出たよ出たよ今日出たよ」
横山由依「今後浸透していけばいいかなと思います。今日はチームAの初日ということで、私は公演の初日に立つっていうのがチームに入ってから初めてなんですよ。だからこうやってみんなと一緒にレッスンをして、一緒に汗を流して、こうやって一緒のステージに立ったりとか、チームAのメンバーみんなでご飯を食べたりとかするのがすごい楽しくって。これからみなさんももっともっと巻き込んでチームAを盛り上げていけたらいいなと思います。今日もみなさんに楽しんでいただけるような公演にしたいと思っています。よろしくお願いします」

河西智美「はい、みなさんこんばんは。垂れ目がチャームポイントのとも~みちゃんこと河西智美です。よろしくお願いします」

「ともはですね、最初チームKそしてチームBそして今回チームAと全チームを制覇したんですけれども、いろんなチームをやってきて、いろんなものを見てきて経験してきたつもりなんですけど、チームAにやってみて、まだ始まったばっかなんですけど、今回この公演が始まる前もレッスンとかもそんなに何日間もたくさんあったわけではないのですけど、すごいなんか、充実してて、毎日が。なんか初めてこんなに早く打ち解けたチームかもしれないって思って、すごい自分でもビックリしてるんですけど、人見知りな私がこんなにみんなに打ち解けてるというのがすごい自分でも驚いていて、これからもっともっとみんなを好きになっていくんだろうなと思ってすごくワクワクしてるんですけど、ほんとに今回のチームに、私が言うのもなんですけど、すごく自信があります」客、おー

「なので今日の公演でみなさんがほんとに汗なのか涙なのかわからないものをたくさん出して帰ってもらえると思ってるので、みなさん期待していてください。ということで今日も1分でも2分でも3分でもとものことを見て帰ってください。よろしくお願いします」

高橋朱里「ハイ、いきます。お箸・綿菓子・八つ橋・高橋、みんなが一番好きなのは?」客「高橋」

「おー、ありがとうございます。うまくいった」
横山由依「私が考えたんです」
高橋みなみ「何個作品作ってんの?」
横山由依「チームAに入ってからものづくりの仕事もね」
高橋みなみ「いいねいいね、横山P」
篠田麻里子「横P」
高橋朱里「本番前にですね、すごいテンぱってて、キャッチフレーズどうしようってなった時に横山さんとかたくさんメンバーのみんなが優しくて、そこからチーム愛を感じたんですけど、今日のためにすごく精一杯がんばってきました。この公演を見て私たちにもっとみなさんが期待していただけるようにがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

# 2列目メンバーたち捌ける


【3列目 上手側から】
松井咲子「あなたのドレミを奏でたい、松井咲子です。よろしくお願いします」
高橋みなみ「いいよそれ」
松井咲子「いいですか?」
高橋みなみ「ちょっと色っぽいし」
松井咲子「一応少しだけピアノやってるんで、私」
高橋みなみ「あなたそれでデビューしてるでしょ」
松井咲子「私は今回チームAのほうに組閣があって入ったわけなんですけども、研究生の時に私はチームAさんの公演にアンダーで1年以上出させていただいていたので、まぁ、おこがましいですけど、ちょっとただいま的な」
高橋みなみ「おかえり」
松井咲子「すごい嬉しいですし、やっぱりなんと言ってもチームAのお父さん的存在のたかみなさんが」
高橋みなみ「私か。お母さんにはなれない? お父さんなの?」
松井咲子「お父さんのような」
高橋みなみ「マジか」客、軽くw
松井咲子「あたたかさですごいメンバーを包んでくれるのですごく私たちは安心して、とても頼っています。でもですね、今回チームA、私こう見えてと言いますか、見たまんまかもしれないのですけども、けっこう年長組と言いますか、上から二番目の歳の代になったので」
高橋みなみ「上から咲子」
松井咲子「そうですね、やや上のほうの咲子なんですけど」客、軽くw

「後輩の面倒を見つつも後輩に負けないようにしっかりとやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

仁藤萌乃「はーい、キャッチフレーズはありません、あっ、作りません」客、え~

「仁藤萌乃です」
高橋みなみ「萌乃さん、ちょっと。今日みんな作る言うたやん」
仁藤萌乃「それキャッチフレーズね」
高橋みなみ「今のが?」
仁藤萌乃「そのうち、キャッチフレーズは?」
松井咲子「ありません!」
高橋みなみ「そんな。絶対今作ったでしょ」
仁藤萌乃「そういう感じになっちゃうかもしれないのですけど、でもね、みんなのキャッチフレーズ聞いてたから、すっごいね、いいの思いついちゃって、いっぱい」
高橋みなみ「何?何?」
仁藤萌乃「それはだからこれからの公演で小出しにしていこうかな、なんて」
高橋みなみ「大丈夫?それ。トゲトゲしてるやつじゃない? ジャックナイフとかじゃない?」
仁藤萌乃「それ禁句。ほんとに怖いと思っちゃうから。今日初めて来てくださった方は」
高橋みなみ「そっかそっか。スプーンです、彼女は」客、軽くw
仁藤萌乃「あんまおもしろくない」
高橋みなみ「ごめんなさい」客、軽くw
仁藤萌乃「新チームA初公演ということなんですけども、私的な目標としては、私も今まで研究生からB・K・Aと全部のチームを経験してきたということもありますので、しっかりそのプライドを持って、先輩に頼ってばっかじゃなく、今度は自分がちゃんと引っ張っていけるような存在になっていきたいなと思ってますので、みなさん期待しててください。よろしくお願いします」

高橋みなみ「はい、燃える闘魂、燃える髪の毛、高橋みなみです」
メンバーたち「総監督~(↑)」
佐藤すみれ「燃える?」
高橋みなみ「燃える闘魂、燃える髪の毛」客、軽くw
松井咲子「自分でネタにするようになったんですね、髪の毛」
高橋みなみ「もうね、半年ぐらい経ったからもうネタよ」
松井咲子「知らない人のためにちょっと」
高橋みなみ「えっ? 知らない方のために? ゴールデンウィーク中にキャンドルで髪の毛を引火してしまった話です、それ」客「ちりみな」

「ちりみな言うな! ちりって無いわ」客「ちり毛」

「ちり毛はダメだ。ちり毛はほぼダメだ」客、軽くw

「そうですね、新チームAということで、私はずっとチームAに在籍させていただいてるのですけど、今回ほんとに若い子が多くてね。もう、我々としては中堅どころとしてはですね」客「えっ?」
仁藤萌乃「中堅じゃないよ。たかみなさん古参だよ」
高橋みなみ「私、古参か。古参としてはね、育ててあげたいという親心? お父さん心みたいなものもありつつ、ただやっぱり若い子には負けないぞっていう気持ちもあるので、その切磋琢磨をですね、みなさんに見せていけたらいいなと思います。そうちゃんとしてがんばりたいので」
メンバーたち「そうちゃん?」
高橋みなみ「そうちゃんとしてがんばりたいと思いますので、みなさん今日は楽しい時間を一緒に過ごしましょう。よろしくお願いします」

佐藤すみれ「チームAではすーめろでぃじゃなくて、すーえろでぃで行こうかな? すーちゃんこと佐藤すみれです。よろしくお願いします」
高橋みなみ「マジか。いいね、お色気路線ね。いいと思うよ」
佐藤すみれ「今までは私はチームBとしてけっこうかわいい系の路線をきたんですけど、やっぱりチームAに入って、年齢の自分より低い子もたくさん入ってきたし、チームAになったからにはやっぱりキレイ系とかかっこいい系に個人的には挑戦してみたいなと思いますので、みなさんこれから私の新しい魅力にぜひ見ていただけたら嬉しいです。今日はよろしくお願いします」

菊地あやか「チームAの笑顔の天使、スマイ・リンリンリン、19歳のあやりんこと菊地あやかです」

「私はチームKからチームAになったわけなんですけど、チームKはやっぱりかっこいいイメージがどうしてもあったのですけど、チームAになったからにはかわいく、この列見た通り、やっぱり歳がけっこう上なので」
松井咲子「ちょっと待ってよ」
高橋みなみ「語弊がある」
菊地あやか「なので、若い子に負けず、キャピキャピして、がんばっていって、そしてたかみなさんや麻里子様の背中を見てどんどん成長していけたらいいなと思っておりますので、みなさんこれからも新チームAの応援よろしくお願いします。というわけで今日はみなさん楽しんでいってください。よろしくお願いします」

高橋みなみ「さー、ということで、本日のチームA公演は以上のメンバーでお送りします。続いてはユニットの登場です。みなさん新生チームAにご注目あれ。どうぞ」客、拍手

# 3列目メンバーたち捌ける


◆M05.スカート、ひらり (田野優花・高橋朱里・川栄李奈・岩田華怜・渡辺麻友・入山杏奈・大島涼花)
◆M06.純愛のクレッシェンド (小谷里歩・横山由依・河西智美)
◆M07.黒い天使 (仁藤萌乃・篠田麻里子・菊地あやか)
◆M08.天使のしっぽ (大島涼花・川栄李奈・高橋朱里)
◆M09.雨のピアニスト (佐藤すみれ・高橋みなみ・松井咲子)
◆M10.ガラスのI LOVE YOU (入山杏奈・岩田華怜・田野優花・渡辺麻友)

■MC
菊地あやか・河西智美・大島涼花・高橋朱里・横山由依・仁藤萌乃

メンバーたち「かわいい」「フレッシュ」

# 河西智美 ユニット曲6曲紹介

「初日に出るのが初めてっていうメンバーがいるという噂を聞いたんですけれども、誰ですか?」

メンバーたち「はい」大島涼花・高橋朱里・横山由依の3人挙手

河西智美「えっ?由依も?」
横山由依「そうなんですよ」
河西智美「えっ?ほんとに?」
菊地あやか「そんなイメージが無いよね」
横山由依「チームに上がってから初日迎えるっていうの今回がほんとに初めてです。めっちゃ嬉しいですね」
河西智美「けっこう古参な感じなイメージが」客w
横山由依「菊地さんととも~みさんと萌乃さんは古参でしょうが」客、反応
河西智美「まだまだ。研究生ぐらいの気持ちでいますから」客、反応

「よろしくね♪ 緊張しちゃってユニットの名前言えるか緊張しちゃったの。6曲ちゃんと覚えれてるかなって緊張しちゃったの」
仁藤萌乃「はい、どうしたのかなー?」客w
横山由依「そんなチユウさんと歳が離れてるのが涼花」
仁藤萌乃「何歳なの?」
大島涼花「私14歳になりました。中2です」
高橋朱里「15です。中3です」
河西智美「でもともも中2の冬に入ったので。あんまその時の記憶は無いのですけど」客w

「遠い昔の話ですけどね」
大島涼花「今は何歳なんですか?」客w
メンバーたち「涼花ちゃん」
河西智美「でもまだ私二十歳ですから。もうちょっとで21歳になっちゃうけど」
菊地あやか「まだ大丈夫」
河西智美「大丈夫だよね?私」
仁藤萌乃「まだチユウって言ってていい」
河西智美「わかった」客w
仁藤萌乃「冗談です」
河西智美「ありがとうチユウ」客w

「どうですか?初日やってみて」
横山由依「朱里どうやった? ユニットも2曲」
高橋朱里「スカート、ひらりと天使のしっぽで。みんなセットリスト知らないじゃないですか。だからネタバレしないかとか気にしました」
横山由依「どこからネタバレするの」
高橋朱里「Google+とか」
メンバーたち「あー」
高橋朱里「自己紹介MCで「天使」とか言っちゃったりしないようにすごい気をつけました。初日にしかできないことでした」

仁藤萌乃「そう言えば麻里子様が今日全員にクッキーを作ってくださったんですよ。もらった時に今すぐツイッターに上げようと思ってたんだけど、メッセージが1人ずつ書いてあってね、「萌乃、ユニット一緒だね。これからよろしくね」みたいなこと書いてあったから」
メンバーたち「あぶない」
仁藤萌乃「そう、テンションのままに行っちゃったら危ないところだった」
横山由依「やったー!Google+ あー、ってなる。「これ消したほうがいいですよ」みなさん優しいですからね、すぐ教えてくれる」
河西智美「私はブログとかあんまりやらないんでそういう心配は無い」客w
菊地あやか「チユウさん、もっと更新してください」
仁藤萌乃「Aの初日が終わったということでね、終わったらね、更新するよね?」
河西智美「そうですね、今日感想を、ほほほほほw」客w
菊地あやか「言っちゃったからね」
仁藤萌乃「楽しみにチェックしときますから、みなさんもチェックしてください」

横山由依「涼花も天使のしっぽ」
河西智美「かわいかったー」
大島涼花「ほんとですか? 私、老け顔なので」客、反応
菊地あやか「それで老け顔だったらどうなるの」
大島涼花「いや、老け顔なので、髪型とかもちょっとかわいく見えるように研究しました。だから、本番前にも前髪を短くしてかわいく見えるようにしました」
菊地あやか「待って待って。私言っとくんですけど、今日ダンスの先生に幾つに見えますか?って訊いたんですよ。今19なんですけど、22って言われましたからね」
横山由依「ちょっと反応し辛いんですよ。3歳差とか言われても反応し辛い」
河西智美「私22歳よりもっと上のお姉さんいるからさ」
菊地あやか「じゃなくて19だからこんなに見られるんだって」
河西智美「でも私も14歳ぐらいの時から21歳と思われてたから」客w

「やっと追いついてきたから、そういうもんだよ、気にしないで」客、軽くw

横山由依「私も初日を迎えるって言うのがほんとに初めてやったじゃないですか。こうやってほんとにみんなとレッスンをして、チームA22人全員でがんばってきたんですけれども、これからもチームAがみなさまにもっともっと愛されていくように、私たちも成長していきたいと思います。それでは次の曲です」


◆M11.RIVER
◆M12.孤独なランナー
◆M13.ファースト・ラビット


■MC (今日の感想)
# 川栄李奈 中盤曲3曲紹介

# マイクスタンド準備

篠田麻里子「今日はですね、初日ということで、初日の感想をみんなに聞きたいと思います。初日の感想を言いたい人?」

「いっぱいいるんで、じゃ~、この中からコマネチが上手にできる人を当てます」
高橋みなみ「どういうことですか? コマネチ基準?」

「コマネチ!」客、反応
岩田華怜「コマネチ!」客w
篠田麻里子「華怜、今日の感想をお願いします」
高橋みなみ「負けた」
岩田華怜「ありがとうございます、コマネチ得意です」客、軽くw

「初日、そうですね、今汗だくで、ほんとに何回も今日まで練習とか重ねてきたんですけど、やっぱり今こうしてここに立って、お客さんの前で披露したこの初日が今までの練習の中でも一番自分的にも良かったんじゃないかなってすごい満足・・・」客、拍手

「私はすごくやっぱりみなさんが目の前にいてくれるとすごいもっと楽しいし、こうしてやっぱりすごい楽しくて・・・」
高橋みなみ「真面目やな」
岩田華怜「何度も涙腺が」
高橋みなみ「けっこう泣き虫なんだよね」
岩田華怜「そうですかね? そうだと思います」
高橋みなみ「麻里子様クッキーで号泣してましたから」
岩田華怜「キャプテンの優しさにまず涙。ということで」客、軽くw

「新チームAの初日、ほんとにもうこれからもっとどんどん楽し過ぎてどうなっちゃうんだろうってくらい、すごいもう最高だったと思います。でもまだまだこれから楽しみ残ってるんで。みなさんこの次もどんどん期待しててください」

篠田麻里子「ほかにコマネチできる人? 涼花とか」
高橋みなみ「りぽぽだってコマネチできるだろう? 涼花とりぽぽどっちが」
篠田麻里子「恥ずかしいのを捨てて」

小谷里歩 → コマネチ披露
高橋みなみ「ビックリした、突然過ぎて。涼花もやりなさい」
大島涼花「コマネチ!」客、拍手

篠田麻里子「どっちにするか迷うな」
高橋みなみ「これ迷いますね」
篠田麻里子「じゃ~、まず涼花から聴こう」

大島涼花「そうですね、あの、正直言うと間違えてしまった部分はあったのですけど、自分なりに我武者羅に今まで練習してきた成果を出せたので、間違っちゃったことは反省点でもあるのですけど、今日とにかく楽しかったので良かったなと思って、その反省点を次に活かしたいなと思います」
高橋みなみ「真面目」客、拍手

篠田麻里子「りぽぽ」
高橋みなみ「ラストりぽぽ」
篠田麻里子「もう1回やる? 見えなかったかもしれないからもう1回」
高橋みなみ「行くね、センター行くの?」
小谷里歩 → センターへ
篠田麻里子「欲しがり屋さんだね」客w

小谷里歩「コマネチ!」客、拍手
篠田麻里子「さすが」
高橋みなみ「ナイスコマネチ」
篠田麻里子「今日の感想を」
小谷里歩 → 定位置へ戻ろうとする
篠田麻里子「それで終わりじゃないよ」客w
小谷里歩「あの、みなさん真面目なこと言ってる中でこれ言うのもって感じなんですけども、曲中にずっと手が震えてます」客、反応
高橋みなみ「マジか? 震えてる?」
小谷里歩「それだけです」客w&反応
高橋みなみ「自分の感想それだけ? しかもね、唇に黒いラインが付いてるからブツブツみたいになってる」客w

「大丈夫かよ」
小谷里歩「唇もパサパサで」
高橋みなみ「OK、素晴らしい感想だった、ありがとう」客、拍手

「おもしろいわ、あの人変だわ」
篠田麻里子「まだまだね、メンバーの話聴きたいのですけども、今日はこれまでということで。こんな感じで新生チームAこれからもよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

篠田麻里子「続いてが最後の曲になります。AKB48として、原点でもある私たちの大切な曲でもあります。聴いてください。桜の花びらたち」


◆M14.桜の花びらたち


■アンコール


◆EN01.ポニーテールとシュシュ
◆EN02.Only today


# 曲終了後
高橋みなみ「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」

高橋みなみ「ポニーテールとシュシュ・Only today、2曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。これから新生チームA、みんなで力を合わせてこれからもみなさんに全力をお見せできるようにがんばっていきたいと思います。どうぞこれからも応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

高橋みなみ「それでは次が最後の曲になります」客、え~

「楽しい時間はあっという間なんですね、ほんとにね。なんで笑うの? あっという間ですね。ということでみなさん最後まで一緒に盛り上がっていきましょう!」客、イェー!&拍手

「最後の曲です。聴いてください。AKB フェスティバル」


◆EN03.AKB フェスティバル


■ダブルアンコール

客「チームA」コール


◆EN04.UZA


# 曲終了後
横山由依「AKB48・28枚目のニューシングル「UZA」を聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。ほんとに本日はご来場ありがとうございました」
みんなで → お辞儀 (客、拍手)

横山由依「ここでみなさんにご報告があります」客、反応

「本日付けオリコン・デイリーチャートでただいま披露させていただきました「UZA」が第1位を獲得することができました」客、拍手

「ありがとうございます。ほんとにみなさまが応援してくださってるからなので、ほんとにありがとうございます。これからもAKB48の応援はよろしくお願いします」
みんなで → お辞儀 (客、拍手)

# 横山由依 ハイタッチ案内

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → UZA

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにてメンバー全員と1人ずつ


■率直な感想 (私見)
研究生公演を見てるのかと思った。

篠田麻里子さんと岩田華怜さんはとても良かった。
でも、あの高橋みなみさんにいつもの「らしさ」を感じなかったし、他のベテランや中堅どころも、初日ということを差し引いても、もっと踊れるハズなのにと感じる内容だった。単にレッスン時間が足りてなかったのだろうか。

若い子たちとベテラン、中堅の間にかなり差があった。差はあって当たり前なんだけれども、一番気になったのは若い子たちに勢いを感じなかった点。若い子の中では岩田さんだけは1人めちゃくちゃ良かった。パフォーマンスはほんとに素晴らしかったし、とても輝いていた。他の若手に勢いが無いので、若手同士にしろ、若手とベテランの間にしろ、チームの中で化学反応が起きなかった。

若い子たち、決して流してるわけじゃないのだけれども、振りは小さくまとまっていて、目的なくただなんとなく踊ってる感じで、ステージから伝わってくるものはほとんど無かった。ほんとに先の夢に向かって取り組んでたのは岩田さんだけで、他の子はAKBに入るのが目標だったのかなという風に感じた。親に無理やり習い事させられてる子供のように見えてしまった。

大島涼花さんは昇格してからさっぱり。研究生として劇場デビューした当初の意気込み、躍動感は見られなくなってしまった。なぞる感じで踊ってるだけ。何か勘違いでもしてるのだろうか。どうしてこうも、昇格するとダメになっちゃう子が多いのか。そういう子が多いと、研究生への興味は薄れてしまう。

前日の新チームKは、多くの大人の中に若手が数名混ざっていて、バランス良かったと思うけれども、今日の新チームAは若い子が多く、それに松井咲子さん、佐藤すみれさん、菊地あやかさんあたりは若い子を引っ張っていくタイプではないし、渡辺麻友さんは我が道を行くタイプだし、いくら高橋さんと篠田さんと言っても、その2人だけで若い子全員を引っ張っていけるのかなと。 仁藤萌乃さんあたりも引っ張っていけるようになればいいのだろうけれども。

でも、夢があって必死に取り組んでるけどどうやれば成長できるかわからないというような子を育てるのではなく、夢も目標も無いような子を無理やり育てようとしてる感じがして、例え育ったとしてもそこに感動は無いような気はする。


セットリストは、パフォーマンスの影響もあったのだが、あまり心に刺さらなかった。
前日のチームKは序盤はチームKの歴史が感じられ、ユニット以降はAKB48グループの曲を楽しんでもらう、そういうコンセプトが感じられたけれども、今日のチームAはそういったものは感じなかった。別になきゃいけないというわけではないが。「AKB フェスティバル」お祭りソングが最後にくるのもあまりしっくりこなかったし、「孤独なランナー」からの「ファースト・ラビット」の流れも、いまいちしっくりこなかった。「孤独なランナー」がもうちょっと踊れていれば、次のイントロはもっとしんみりした気分になり曲に入れたのだろうけれども、ただ流れていっただけという感じがした。

「孤独なランナー」はかなり厳しかった。SDN48の魂が込められた曲だっただけに、恵まれた若い子たちが元気無く踊っているのを生粋のSDN48ファンが見たら、果たしてどう思うか。いい曲だからという理由だけでそのグループの代表曲をセレクトするのは危険だと思う。

ユニットは大人と子供をキレイに分けただけといった感じで、あまり面白みは無かった。
印象に残ったのは「雨のピアニスト」の佐藤すみれさんが秀逸だったことくらい。
「天使のしっぽ」でダンスの下手さがバレてしまうようでは、この先厳しい。

自己紹介の冒頭の挨拶、「UZA」の後の挨拶など見て、チームとしてまだまだ息が揃ってない感じがした。

以上


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
11月2日(金)チームA公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 高橋みなみ・小谷里歩・篠田麻里子

AKB48 LIVE!! ON DEMAND



カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ