FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

【HKT48】 レッスン当初の思い出 (2012/10/30)

12103002a.jpg

HKT48劇場 / HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演

18時30分開演 / 20時39分終演

■出演メンバー
チームH:穴井千尋・植木南央・熊沢世莉奈・兒玉遥・指原莉乃・下野由貴・田中菜津美・中西智代梨・松岡菜摘・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・若田部遥


■休演
2名休演 (指原莉乃・宮脇咲良)

宮脇咲良 → 梅本泉

旧・古森結衣ポジション → 草場愛
旧・菅本裕子ポジション → 坂口理子
旧・谷口愛理ポジション → 上野遥


■開演前の陰アナ
松岡菜摘「みなさん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「イェー。今日はですね、私自身10月最後の公演なので、10月をいい気分で締めれるように、みなさんと(楽しみたいと思います)。ホルモンが!?」客「食べたーい!」

「以上、なつこと松岡菜摘でした。間もなく開演です」

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)

◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:植木南央)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG


■MC1 自己紹介
兒玉遥「みなさんこんばんは!HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

兒玉遥「私たちHKT48チームH初めての公演「手をつなぎながら」が始まりました」客、拍手

「僕らの風、マンゴーNo2、手をつなぎながら、チャイムはLOVESONG、4曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

兒玉遥「ただいま私たちに聞きたいことを劇場入り口とHKT48モバイルサイトで募集しています。みなさまからの質問に答えながら1人ずつ順番に自己紹介をさせてください。今日のお題はペンネーム・雪だるまさんからです。レッスン当初の思い出です。それでは熊沢世莉奈ちゃんからよろしくお願いします」

※ HKT48モバイル:フィーチャーフォン / スマートフォン

【1列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私のレッスン当初の思い出なんですけど、最初の頃、すごく人見知りでメンバーに声をかけきれなくて、ずっと1人でお弁当食べてたんですけど、中西智代梨ちゃんと穴井千尋ちゃんと宮脇咲良ちゃんが「一緒にお弁当食べよう」って言ってくれて、みんなで円になって、お弁当を食べたという思い出があるのですけど、智代梨は一緒に食べようって言ってくれたこと覚えててくれて、でも咲良とちいちゃんは「えっ? 誰が言ったのかな?」って、忘れられてたので、その時、私まだ存在薄かったのかなと思って。なので今日はみなさんの心に残るパフォーマンスをしたいと思います。それではみなさん一緒に言ってください。今日も一緒に」客「がんばーりーぬ!」

下野由貴「意地悪なんてしないもん! み~んなにあま~い」客「シナモーン!」

「福岡県出身、14歳のしなもんこと下野由貴です」

「私は最終オーディションとレッスン当時、けっこう村重杏奈ちゃんと仲良くなったんですよ」
村重杏奈「当時?」客w
下野由貴「今もなんですけど、ほんとにあの頃はなんておもしろい子なんだろうって、今になって思えばすごいバカだったなと思います」客w

兒玉遥「今日の気分はハッピーハッピー」客「はるるっぴー!」

「毎日ハッピー! 博多の妖精、はるっぴこと兒玉遙です」

「私のレッスン当初の思い出は、私ダンスができなさ過ぎて泣いてる思い出しかないのですけど、レッスン当初、テストがあって、ダンス上手だった人が名前呼ばれて、ピックアップされて、もう1回踊ってもらうというのがあって、名前呼ばれたことなくて、りーぬとかのダンスを見て、私もできるようになりたいなって思いました。今日はこの公演でピックアップされるくらい、いいパフォーマンスをしたいと思います」

松岡菜摘「ホルモンが、食べたーい! ホルモンが大好きな平成8年8月8日、8・8・8生まれの16歳、福岡県出身のなつこと松岡菜摘です」

「私のレッスン当初の思い出は、レッスン場が13階? 高いところで」
メンバーたち「10階?」「11階だよ」
松岡菜摘「暗い道を通ってお手洗いに行かなきゃいけなくて。その時にまーちゃんと2人で歩いてたんですね。電気ついてなくて、薄暗くて、ほこり被ってるくらいのところを歩いてたら「もういいかい?」って聞こえて」
メンバーたち「あおいたんが泣くから」
松岡菜摘「(聞こえたの)私だけかな?と思って、まーちゃんを見たら、「わー!」ってなってて。その後聞いたら、なつはまーちゃんを置いて行ったみたいで。そんなつもりなかったのに。メンバーにその話をしたら、泣いてしまって」
兒玉遥「それ、私が言った。隅に隠れて言ったの」
松岡菜摘「私1年悩んでた」
メンバーたち「みんな号泣したよね」
兒玉遥「あの時はごめんね」
松岡菜摘「ウソでしょ!?」客w
若田部遥「お化けのなっちゃんって名前がついたんだよね」
松岡菜摘「頭が混乱してる。今日もメンバーと仲良くできたらと思います」

村重杏奈「(ロシア語で何か話した後に) ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私はレッスンの時、智代梨がほんとにダンス上手くて、かわいかったし」
メンバーたち「過去形?」
村重杏奈「ほんとに顔もすごいちっちゃかったんですよ」客w

「耳が小さくなってない?」
中西智代梨「顔がデカイからだよ」
松岡菜摘「智代梨はなつに「お弁当食べよう」って話しかけてくれたの」
村重杏奈「あの時、顔ちっちゃかったのに、この1年で何があったかわからないけど。でもかわいいから」
中西智代梨「フォローになってない」

# 以上、捌ける


【2列目 下手側から】
森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、長崎県出身、15歳、まどかこと森保まどかです」

「私のレッスン当初の思い出は、最終オーディションの合格発表の時、わかちゃんが私の隣で合格して泣いてて、その時私がハンカチを貸してあげたんですよ」
若田部遥「なんていい人なんだろうと思って、感動して、さらに泣いた」
森保まどか「レッスンの初日にわかちゃんが話しかけてきて、誰か探してたようで、「森保まどかちゃん知らない?」って」客w
若田部遥「オーディションの時、すごいオーラがあって。でもレッスンの初日、ダサいメガネに、肘にシュシュをダボーっとしてて、レッスン着もダサくて、誰だ?こいつと思って・・・」
森保まどか「今日もよろしくお願いします」

草場愛「福岡県出身、16歳、高校2年生のソフトバンクホークスが大好きな草場愛です」

「レッスンの思い出は、夏休みに毎日レッスンで筋トレやってたんですけど、私、腕の筋肉が無いんですね。ほんとに腕立て伏せ苦手で、腕を伸ばして、キープして、歌いながらやってて。ほんとに筋肉なくて、泣きながら「チャイムはLOVE SONG」をやってて。みんながんばってるんですよ。1人でズトズトみたいな。1人だけ泣きながらやってた思い出があるのですけど、その時がんばったので、みなさんに会えるのかなと思うと、ちょっといい思い出かなと思うようになりました」

植木南央「みーんなを笑顔にするっちゃん、片っぽえくぼがチャームポイントの15歳、なおこと植木南央です」

「南央のレッスン当初の思い出は、レッスンが始まってから早くみんなと仲良くなりたくて、いろんな人に話しかけてたんですけど、智代梨と会った時、まさかこんな人とは思わなくて。あまり喋らない人かな?と思ったら、いきなり鳥とかやり始めて。ねぇ?智代梨」
中西智代梨「まぁー!(鳥披露)」
植木南央「今日は1日よろしくお願いし『まぁー!』す。。。」客w

本村碧唯「福岡を信号の色で表します。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり?」客「あおい!」 

「福岡県出身、15歳、あおいこと本村碧唯です」

「私は小さい頃から泣き虫だったので、ダンスが上手く踊れなくて、悔しくて泣いてたり、1人が寂しくて泣いてたり、いろいろあるのですけど、掃除の時間にあおいがほうきをもらいまして、1つの部屋にお掃除をしに行ったんですね。そしたら部屋に入ったら、わかちゃんがいたの。いて、すごいビックリして。誰もいないと思って。掃除できなかった思い出があります」
若田部遥「こっちもビックリした。腰抜かして泣いてて」
本村碧唯「入ったら「わー!」ってなって。いろんなことで泣いてる思い出があります」

田中菜津美「福岡県出身、HKT48永遠の最年少でいたい、田中菜津美です」

「私はほんとに誰よりも怒られてて。1日に数え切れないくらい怒られてるというのが何日も続いて。ダンスの先生にしろ、スタッフさんにしろ、なんで私にこんなに怒ってるんだろう、何に対して怒ってるのかわからなくて、辛いとかいうのもなくて、感情がなくて、怒られても「はい、はい」言ってて。今思うと大切なことを言ってくれてたんだなと思って。今この感情が出て、成長できたということで、これからも成長していきたいと思います」

若田部遥「スリー!ツー!わっかはるゴー! 福岡県出身、14歳、わかはること若田部遥です」

「私のレッスン当初の思い出は、さっきなっちゃんも言ったように、レッスン場が11階で、トイレが8階にあって。トイレに行くのに階段やエレベーターといった手段ではなくて、訳ありの止まってるエスカレーターで。下りる時はいいんですけど、帰りの時、あんなに止まってるエスカレーターが辛いと思わなかった。しかもトイレの時間3分しかなかったから、ダッシュで下りて、ダッシュで上がって、アイドルの合宿じゃなくて、もしかしたら『りくぶ(陸上部)』の合宿なんじゃないかって思いました」

# 以上、捌ける


【3列目 下手側から】
穴井千尋「博多のクールビューティー目指すっちゃん! 福岡県出身、16歳、ちひろんこと穴井千尋です」

「レッスンの思い出じゃなくて、レッスンを積み重ねた後、西武ドームでの最初のお披露目の時、ステージに行くまで、席から走って行くのですけど、最初の「H・K・T(オーバーチュアー)」の音が終わるまでに行かなきゃ、間に合わなかったら出さないと言われて。みんなけっこう足速くて、私遅くて、出れないと思ったのですが、遅いなりに本気出したら早く走れて、間に合って、今お披露目から1年経って、こうやってステージに立てて嬉しく思います」

梅本泉「福岡県出身、15歳の梅本泉です」

「私のレッスンの思い出は、縄跳び大会が行われたんですね。どれだけ長く跳べるかという単純な大会で。みんな1位を取るためにすごいがんばってたんですね。私1回だけ1位を取ることができて、みんなその後、練習して、私は1位を取れなかったのですけど、今日の公演では一番を取れるようにがんばります」

上野遥「福岡県出身、13歳、中学1年生の上野遥です」

「私の思い出は、私たちにはごくごく最近なんですけど、「PARTYが始まるよ」公演のレッスンが始まってから、みんな必死過ぎて、先生が「こうだよ」と言ってくれた時、返事がなかったんです。それで1回怒られて、メンバーで円になって、1人ずつ(心に決めたことを)言っていったんですよ。私は何事にも返事をするで、それから街中で(見知らぬ人が話してても思わず)ハイと言っちゃったり、犬が吠えてもハイって言っちゃったり、返事をいっぱいできたことがいい思い出です」

中西智代梨「朝からすき焼き大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、17歳ちょりこと中西智代梨です」

「私のレッスンの思い出は、レッスンの一番最初なんですけど、最初のお昼ご飯、なつとりーぬも言ってくれたのですけど、私静かな空気が苦手で、ワイワイ騒いでいたくて、でも人見知りな子がポツン、ポツンといて、ムズムズするんですね」客w

「なんでやーと思って」客w

「りーぬに「一緒に食べよう」って言ったら「智代梨ちゃん」って言ってくれて」客w

「なっちゃんにも「一緒に食べよう」って言ったら「智代梨ちゃん」って言ってくれて」客w

「2人が発表してくれて、今も感謝してると思うのですけど、杏奈(?)は私に対してブスって、アイドルとして不適切なことを言ったのですけど、今は愛のムチとして受け止めようと思います」

坂口理子「福岡県出身、高校3年生、18歳の坂口理子です」

「私の思い出は、お披露目の時、初日公演の日にちが発表されて嬉しくて泣いてしまって、松岡さんが「泣いてるー」って励ましてくれて嬉しかったのですけど。先生が注意してくださったことに返事しなかったりして。みんなちっちゃいじゃないですか、私高3で、おばさん扱いされてて、でもみんなのほうが元気なハズなのに、私のほうが元気で、レッスンでみんな疲れて返されたことがあって、PARTY公演できないんじゃないかと思ってたので、初日を聞いて、泣いてしまったことが思い出です」

中西智代梨「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、以上のメンバーでお送りします。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」


◆M05.Glory days (下野由貴・兒玉遥・村重杏奈)
(BD:植木南央・松岡菜摘・熊沢世莉奈・本村碧唯・若田部遥・田中菜津美)
◆M06.この胸のバーコード (穴井千尋・森保まどか・中西智代梨)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (植木南央(黄)・村重杏奈(ピンク)・本村碧唯(青))
◆M08.雨のピアニスト (熊沢世莉奈・松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.チョコの行方 (若田部遥・植木南央・穴井千尋・田中菜津美)


■MC2
若田部遥・植木南央・田中菜津美

# 曲終了後、穴井千尋 捌ける

植木南央「GloryDays、この胸のバーコード、ウィンブルドンへ連れて行って、雨のピアニスト、チョコの行方、5曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

若田部遥「今日はこんな時どうしたらいいの?みたいな日常の困ったこと、よくあることを私たちが考えて、答えていこうという。いっぱいあると思います、生きてるから」

植木南央「けっこう前に困ったことが、学校で友達から教科書を借りたんですね。授業中開いてたら友達が書いた本気のラブレターが挟まってて。こういう時どうする?」
田中菜津美「いいね、そういうの。めっちゃウケる」客w
若田部遥「上から」
植木南央「読んでないよ。ぐちゃぐちゃにならないように、教科書の間に入れた」
若田部遥「読んだでしょ?」

「私だったら、返された時、挟まってるのを見て、あいつ見たなって思われるので、こっそり捨てる」

田中菜津美「ベタなの考えた。校長先生のカツラが浮いてたら、会った時困るよね」
植木南央「マンガみたい」
田中菜津美「小中学校、いっぱいあるから。じゃ~、全校朝会の生活の話の時に、あれっ?浮いてませんか?みたいな」
若田部遥「南央はどうする?」
植木南央「浮いてたら、担任の先生に「校長先生のズラが浮いてる」って言う」
田中菜津美「子供同士だから言えるけど、大人同士はマズイ」
若田部遥「いいこと考えた。ボールをつぶける。ドッチボールみたいなので」
田中菜津美「全校集会だよ」
植木南央「わかちゃんさっきから「どくじた」だね」
田中菜津美「えっ? 毒舌(どくぜつ)だよ」
若田部遥「聞かなかったことに」

「結論を出そう、2つとも」
植木南央「(教科書の中に友達が書いたラブレターが挟んであったら) キレイに挟んで返す。チェックしてあげる」
若田部遥「田中のほうはズレないようにって、速やかに伝える」
田中菜津美「わかちゃんは?」
若田部遥「私は人が歩いてたんです。キレイな人の腰から値段が。さー、どうする?」
田中菜津美「速やかに直す」
植木南央「ほっとく。だって知らない人だから」
若田部遥「1580円って書いてたらどうする? 速やかにハサミで切る」
田中菜津美「街中で、持ってる?」

若田部遥「日常の困ったこと、生きてるといろいろありますが、いろいろと突き詰めて感じることは大事なので、まずはこのMCについて考えたいと思います」客、軽くw

田中菜津美「ということで、後半なんですけど、後半、盛り上がっていただけますでしょうか?」客、拍手

若田部遥「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、まだまだ続きます」


◆M10.Innocence
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策


■MC3
前半:穴井千尋・森保まどか・坂口理子・兒玉遥・上野遥・田中菜津美・植木南央・村重杏奈

村重杏奈「INNOCENCE、ロマンスロケット、恋の傾向と対策、3曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

穴井千尋「今日は私が司会をします。憧れる趣味、やってみたい趣味について」

「何かある人?」
メンバーたち「ハイ!」
穴井千尋「上野遥ちゃん」
上野遥「上野遥です。私がやってみたい趣味はメンバーの人間観察をやってみたいです」
兒玉遥「やったことある?」
上野遥「さっきやりました」
兒玉遥「誰を?」
上野遥「ほとんどみんな」
メンバーたち「どうだった?」
上野遥「けっこうみんな動いてるなと思って」客w
メンバーたち「当たり前だよ」
村重杏奈「村重はどうだった? かわいかった?」
上野遥「兒玉さんがおもしろかったです」
メンバーたち「おもしろかった?」
上野遥「いつもニコニコしてる」
村重杏奈「それって杏奈がいつも楽屋で真顔みたいじゃない」
田中菜津美「はるっぴは1人の時も笑ってるよね」
森保まどか「寝てる時も笑ってる、うっすら」
メンバーたち「怖いよ」
兒玉遥「それは無意識だと思う」
森保まどか「無意識に笑うっていいことだよ」
兒玉遥「そんな自分はギターを弾ける人に憧れます」
穴井千尋「私ギター持ってるよ」
兒玉遥「ちいちゃんもしかして」
穴井千尋「ギター弾ける」
田中菜津美「なんで始めようと思ったの?」
穴井千尋「お父さんがけっこう弾いてて。家に3台くらいあって。おじいちゃんの形見とか」
メンバーたち「どんな曲が弾けるの?」「明日は晴れるかな、大家志津香さんが作った曲でしょ?」
森保まどか「詳しくはHaKaTa百貨店をご覧くださいということで」

坂口理子「私がやってみたいのはバードウォッチングです。鳥の観察です。疑問なんですよ。バードウォッチングって飛んでる鳥を見るのか、陸にいる鳥を図鑑を見て「あの鳥だ」みたいにするのか」
村重杏奈「杏奈、インコ飼ってるけど」
兒玉遥「杏奈の家に行かせてもらったら?」
坂口理子「でも私、鳥が苦手なんですよ」
村重杏奈「杏奈の家のインコはハンガーにコウモリみたいに(逆さに)ぶら下がってるの」
田中菜津美「インコって喋るんだよ。ずっと飼ってたら飼い主の名前を言うようになるの」
村重杏奈「うちのインコ何も喋らないよ。ピッピって言うの、すごいかわいいの」
兒玉遥「なんでそこになったの? でもかわいいから何も言えない」客w
村重杏奈「かわいいからみんな何も言えない。一発芸もおもしろくないし」

穴井千尋「これからもいろんなことに挑戦していきたいと思います」
兒玉遥「。。それでは後半チームです!」客、拍手


# メンバーチェンジ

後半:下野由貴・梅本泉・若田部遥・本村碧唯・松岡菜摘・草場愛・熊沢世莉奈・中西智代梨

中西智代梨「気づいたのですけど、お客さん、男性が多いですよね。もし私が男性だったらなつと付き合いたい」
松岡菜摘「いいです」否定
中西智代梨「もしみんなが男性だったら何をしたい?」
若田部遥「男性じゃなくて、男の子だと思う」
中西智代梨「もし男の子に生まれ変わったら何をしたいか」

下野由貴「私は坊主にしてみたい」
中西智代梨「男性の夢でもあるね」客w
下野由貴「なんで勝手に。坊主が夢って人いますか?」一部客、反応
若田部遥「なんでちょり、バカ丸出しなの?」
下野由貴「でもそういうアイドルは貴重だよ」

梅本泉「私は騎馬戦を思いっきりやりたいです」
若田部遥「女の子はダメって言われるよね」
梅本泉「女の子が騎馬戦をやると1つのグループに先生が4人くらい囲むんですよ」
松岡菜摘「学校に騎馬戦の種目が無かった」
若田部遥「女の子は綱引きだった」
下野由貴「たしかに珍しいよね」
松岡菜摘「一番上に乗りたいよね。それが夢だね」
中西智代梨「青春的な感じで」
メンバーたち「まとめ方がおかしい」

若田部遥「私は坊主にしたいです」
下野由貴「私と一緒だね。私の話聞いてた?」
若田部遥「しなもんの話なんて聞いてないよ」
下野由貴「仲良くしてよ!」

熊沢世莉奈「私は女装してみたい」
松岡菜摘「男の子になったのに?」
中西智代梨「男の子になれるのに、また女の子に?」
熊沢世莉奈「男の子になって、女装したらどうなるかなと思って」
下野由貴「違う異性になるのって楽しいかもね。何かの番組ではるっぴがやってた」
中西智代梨「かっこよかったね」
メンバーたち「はるお」
若田部遥「いつかみんなでやってみたいね。男装コンテストとか。なつは美形だから似合いそう」
松岡菜摘「わかちゃんも顔がハッキリしてるから似合いそう」
本村碧唯「あおいは?」
メンバーたち「あおいたんは女の子のままでいて欲しい」

中西智代梨「私はなつと付き合いたい」客w
松岡菜摘「いい(否定)。なんで話戻すの?」
中西智代梨「気が変わってないかなと思って」

本村碧唯「あおいは女性をどういう風に見てるか知りたい。女性から見る女の子と男性から見る女の子って違うんじゃん。何?」
松岡菜摘「女性っていう言葉知ってるんだなと思って」
本村碧唯「難しい?」 だからそれが知りたい
中西智代梨「なってみないとわからないよね」
下野由貴「智代梨のMC不安だよ」

中西智代梨「愛ちゃんは?」
草場愛「(小さめの声で) ナンパしてみたいです」
中西智代梨「もしかして・・・」
下野由貴「この中だったら誰をナンパしたい?」
草場愛「松岡さん」
中西智代梨「なつはうちと付き合うの。なつ、今の気持ちは?」
松岡菜摘「しょうがない・・・」
中西智代梨 → ゆっくりと松岡の元へ(客w)

「なったん」
松岡菜摘「ちよたん」
松岡菜摘中西智代梨「イェス!フォーリンラブ!」
メンバーたち「何?この茶番」
下野由貴「みんな茶番に付き合ってもらってありがとうございます。これからも女の子としてHKT48で活動していきたいと思います」

「それでは次は最後の曲です。今日は松岡菜摘ちゃんから」
松岡菜摘「ハイ(声裏返る)」客w
メンバーたち「大丈夫?」
松岡菜摘「。。飛んじゃった」

「こうやってHKT48シアターに会いに来てくれる方がたくさんいることが嬉しくて、すごくすごく幸せです。みなさんに向けて歌いたいと思います。大好き」


◆M13.大好き


曲終了後、
松岡菜摘「ありがとうございました」
メンバーたち「ありがとうございました」

# メンバーたち捌ける


■アンコール


◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝


■2分半映像 (スクリーン上映)
スケッチブック → 『あおいたんの部屋』

本村碧唯「今日の企画はドッキリ大作戦ということで、私が司会をしたいと思います。メンバーに次々とドッキリを仕掛けたいと思います。それではストップウォッチ、スタート」2分30秒カウントダウン開始

「それではゲストの方に登場していただきましょう」
兒玉遥「はい」部屋の中へ

「あおいたんの部屋」
本村碧唯「あおいたんの部屋へようこそ」
兒玉遥 → 椅子に座ると『ブー』

◆ドッキリ1:ブーブークッション

兒玉遥「もう最悪」
本村碧唯「これはちょっとしたおふざけです」

「今年の冬にしたいことは?」
兒玉遥「あおいたんと雪だるま作りたい」
本村碧唯「大きいの、身長より大きいのがいいな。雪だるまの顔だけ自分っていうのをやりたい。体だけ作って、顔をちょこんと」

「お茶飲んでいい?」

# 2人お茶を飲む

兒玉遥「ア~」客w

◆ドッキリ2:センブリ茶

本村碧唯「それセンブリ茶って言うの、ごめんね」
兒玉遥「めっちゃ苦い。美味しくない。あおいたん飲んでみて」
本村碧唯「ヤだよ。ちょっとした冗談」

「私の好きなところは?」
兒玉遥「ちょっとヘラヘラしてるところと、泣き虫なところ」
本村碧唯「泣き虫っていいのかな?」
兒玉遥「私は好きだよ」
本村碧唯「照れるな」
兒玉遥「親友みたいなもんじゃん。じゃ~、誓いの握手をしよう」

# 2人握手する

本村碧唯「あー!」驚く(客w)

◆逆ドッキリ1:ゴキブリのおもちゃ

兒玉遥「ほんとはブーブークッションとか知ってたよ。あおいたんがこんなことするとは思わなかった。もうドッキリしませんって、書いて」紙とペンを渡す
本村碧唯「(ペンを受け取り) あーっ!!」客w

◆逆ドッキリ2:ビリビリペン

本村碧唯「痛いよ~(泣)」
兒玉遥「引き続き公演をお楽しみください。泣いてるね、あおいたん」


# 上映後、メンバーたち登場

穴井千尋「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

穴井千尋「アンコール1曲目『ロープの友情』、2曲目『火曜日の夜、水曜日の朝』聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

兒玉遥「さて、今回の2分半映像は『あおいたんの部屋』ということで、ドッキリをしました。本村碧唯ちゃんと私、兒玉遥でやりました」
メンバーたち「イェー」客、拍手

本村碧唯「はるちゃんがあんなことすると思わなかった」
兒玉遥「また泣いちゃうよ」
本村碧唯「泣かないけど、ヤだ」
松岡菜摘「はるっぴのこと嫌いになった?」
兒玉遥「今度青色のタオルあげるから許して」
本村碧唯「。。OK!」
兒玉遥「こんなに早く許してもらえると思わなかった。今回の2分半映像は私があおいたんを泣かせてしまったのですけど、すんあり許してもらえて良かったです。次回も楽しみにしててください」

穴井千尋「というわけで、みなさん私たちと一緒に最後まで盛り上がってくれて本当にありがとうございます。感謝の気持ちを込めて、最後の曲の前にもう1曲披露させてもらっていいでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

穴井千尋
「それでは聴いてください。言い訳Maybe」


◆EN03.言い訳Maybe


曲終了後、
兒玉遥「言い訳Maybe HKT48バージョンを聴いていただきました。HKT48チームH 1st「手をつなぎながら」公演いかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

本村碧唯「ということで、次が本当に最後の曲になります。今日はこの劇場でみなさんと一緒に過ごすことができて、本当に嬉しかったです。私たちはこれからもメンバーと一緒に協力しながら、もっともっと成長していきたいと思います。なので遠く離れてても私たちのことを応援してくれたら嬉しいです。それでは聴いてください。遠くにいても」


◆EN04.遠くにいても


曲終了後、
兒玉遥「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

兒玉遥「この後はロビーにて、私たちから感謝の気持ちを込めて、みなさまをハイタッチでお見送りしたいと思います。係りの指示があるまでその場でお待ちください。それでは最後のご挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
兒玉遥「せ~の」バック、「せ~の」前進
メンバーたち「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# BGM → 手をつなぎながら

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
終演後、ロビーにてメンバー1人1人順に全員と。


■率直な感想 (私見)
自己紹介MCはレッスン当初の思い出。こういった今まで知らないエピソード、裏話的な話はとてもおもしろい。
兒玉さんが「もういいかい?」とイタズラで言った話や、森保さんがレッスンでは地味だった話など、とてもおもしろかった。

それにしても今日は個々によく喋った。今までで一番長く感じるほどだった。
メンバーたち話せるようになってきてるのはとてもいいことであるが、逆に今度は、話が整理されてなくて、同じような内容を繰り返してしまったり、無駄に長くなっちゃう子もちょっといたりしたので、話をまとめてわかりやすくするといった点が今後の課題だったりするのかなと。

一時期すごく緊張感が高く、素晴らしい公演が続いた時期もあったけれども、今日は、内容は決して悪いわけではないけど、ダンス中もMC中も、ちょっとまったりした雰囲気のように感じた。

今日一番目についたのは下野由貴さん。ダンスはキレがあったし、表情もとても良かった。笑顔が輝いていた。
下野さん、かわいらしいし、ダンスも上手いし、もっと人気出ていいと思うんだけれども。そこはやっぱMC面が影響してるのかなと。少しずつ前に出るようになり、今日も声を張る場面もあったりして、よくなってきていると思うけれども、話し方自体がまだちょっと遠慮気味だし、前に出る時も少し遠慮気味な感じで出るので、ちょっと印象が薄い。気持ちがしっかりと相手に伝わるような話し方ができ、あと何かキャラもついてくれば、人気は上がってくるのかなと思ったりもする。

あと、握手会の対応も、ちょっとボーっとした感じで、先日の写真会の時もポーズ何も考えて無かったり。また次も来てもらえるような、楽しんでもらえるような、そんな対応ができればいいのになと思うし、そういった対応、心がけなどMCに活かせることじゃないかなと思う。いろいろ思ったりすることもあるが、HKT48放送部の話が出始めたあたりから、少しずつ何か変わってきてるように感じるので、少し長い目で見たほうがいいのかなと。

以上
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND