一人旅してみたい場所(2012/10/20、14時開演、「RESET」公演 203回目)

【遠方にお住まいの方限定公演】

■出演メンバー
新チームK → 秋元才加・内田眞由美・梅田彩佳・大島優子・菊地あやか・田名部生来・中塚智実・仁藤萌乃・野中美郷・藤江れいな・松井咲子・峯岸みなみ・宮澤佐江

12期研究生 → 大森美優
13期研究生 → 相笠萌・岡田彩花

前座ガールズ → 平田梨奈・西野未姫・佐々木優佳里・小嶋真子


■ポジション
不在チームKメンバー 3名(板野友美・松井珠理奈・横山由依)

板野友美 → 相笠萌
横山由依 → 岡田彩花

松井珠理奈 → 大森美優 (旧・米沢瑠美ポジション)



■開演前
# 研究生4名が上手袖より入場

# 佐々木優佳里 挨拶

# 下手から順に自己紹介
平田梨奈 (ピンク)
西野未姫 (オレンジ)
佐々木優佳里 (青)
小嶋真子 (黄)

# 平田梨奈 曲紹介


◆M00.檸檬の年頃 (前座ガールズ)


曲終了後、
西野未姫「「RESET」公演始まります」

# 4人手を振りながら緞帳閉まる


■開演
◆オーバーチュアー

◆M01.RESET (全員)
(OP → 菊地あやか峯岸みなみ中塚智実)
◆M02.洗濯物たち (全員)
◆M03.彼女になれますか? (全員)
◆M04.ウッホウッホホ (全員)


■MC1(自己紹介)
大島優子「みなさんこんにちは」
みんなで「AKB48です!」客、拍手

# 大島優子 序盤4曲紹介

お題提供:ノリオさん
お題:今日は遠方の方限定公演ということで、1人で行ってみたい一人旅の場所はどこですか? その理由も教えてください

【1列目 上手側から順に】
仁藤萌乃「二十歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「私はですね、パリとロンドンにすごく行きたくて。パリとかはお仕事で行かせていただいたことあるんですけど、古着が好きなので、パリとかロンドンとかのヴィンテージショップを1人で行けたらめっちゃかっこよくないですか? っていうだけなんですけど、実際は喋れないので無理だと思うのですけど、大人になったら喋れるように勉強して行けたらいいな、なんて思ってます。それでは今日の公演もみなさんと一緒に楽しんでいけたらいいなと思います。よろしくお願いします」

相笠萌「13期研究生、14歳のもえちゃんこと相笠萌です。よろしくお願いします」

「私も仁藤さんとちょっと似てるのですけど、イタリアにいつか大人になって1人で行ったらかっこいいんじゃないかなと思うので、行ってみたいのですけど。朝さっき来る前にテレビでイタリアの特集がやってて、その家がめちゃくちゃオシャレだったり、お土産屋さんとかすごいオシャレだったので、いつか行けたらいいなと思います。ハイ、ということで今日も遠くから来て良かったなって思えるような公演にしていきたいと思います。よろしくお願いします!」

大島優子「ハイ、みなさんこんにちは、大島優子です」

「私よく一人旅するんですけど、この前は三重県の伊勢神宮に行ってきたんですよね。自然が好きなので、どうしても人生に一度行きたいところがあって。屋久島の縄文杉を見に行きたいんですよ。行ったことある人いますか? 1人で?」客「1人」

「1人で行った? 女子?」客「女子」

「すごい。かっこいい。8時間くらい歩くんですよね、縄文杉を見るのに。だからたぶん8時間行って、8時間帰ってくるってことだから」
宮澤佐江「16時間じゃない」
大島優子「よく計算できたね」客w

「だから、8時間っていうものにどれだけ自分が有効に使えるか、優子だけにね」客w

「やってみたいと思いまして。一人旅も有効に使っていい旅をしていきたいなって、これからもどんどん旅して行って、いい女性になりたいなって思います。今日は秋葉原にいい旅ができたなって思えるように楽しませたいと思いますので、よろしくお願いします」

宮澤佐江「ハイ、22歳の宮澤佐江です。よろしくお願いします」

「私はなんと言っても1人でお買い物に行くことすらできない人なので、昨日久々に渋谷という街を1人で歩いたのですけれども、もう怖くて、15分ぐらいで帰ってきちゃったんですけど。だからもうどこかに行くとか絶対無理。新幹線とか飛行機とかで1人で行くっていうのはたぶんできないので、高円寺に行ってみたいです」客w

「w 古着屋さんがね、いっぱいあるんだって。さっき萌乃の話聞いて思い出したんですけど。古着の洋服好きなので、高円寺に今度旅に行ってみたいなって今思いました。今日1人でここに来た人っていますか?」客、反応

「ほんと? 怖くない?」客w

「せっかくなのでお友達作って帰ってください。今日は楽しんで帰ってください。よろしくお願いします」

岡田彩花「13期研究生のあやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「私はフランスなんですけど、パンが好きなので、パンの食べ歩きをしたいです。今日はみなさんと先輩方に13歳という若さを見せていきたいなと思います。よろしくお願いします」

# 以上、捌ける


【2列目 上手側から順に】
野中美郷「はい、21歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「私も佐江ちゃんと一緒で絶対一人旅とか考えられない人なんですけど、もしどうしても1人で行ってこいって言われたら、大阪か名古屋かな。それは家族と旅行何回も行ったことあるから、少し安心感があるので、そこだったら自分で行けそうかなと思います。今日も一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

峯岸みなみ「19歳のみぃちゃんこと峯岸みなみです。よろしくお願いします」

「私はまだ建物とか植物とかに興味を持てなくて。やはり旅をするなら何か食べ物を目当てに行きたいなと思って、ずっと香川県のうどんは絶対に食べたいって言ってたんですけど、最近また1つ食べたい物が増えまして。番組で山口県の人が来てくれて、そのお魚を、朝取れたお刺身とかを振舞ってくれて、それがすごい美味しかったので、この為なら1人でも行けるかなと少し思いました。今日は若い子も何人かいますが、10代最後の意地を見せていきたいと思います。よろしくお願いします」

秋元才加「ハイ、強く気高く美しく、24歳の秋元才加です。よろしくお願いします」

「私はですね、京都ですね。前々から行きたくて。でもまだ一歩踏み出せてないんですけれども、舞妓さんとか芸者さんがすごくキレイだなと思って、ちっちゃい時から憧れがありまして。そういうのにもちょっと成りきりとかあるじゃないですか。けっこうなれたりとかするので、そういうの申し込んで、ちょっとやってみて、写真とか撮りたいなと思ったり」
内田眞由美「舞妓さんにいそう」
秋元才加「いそう? お作法がキレイなんですよね。そういうのも学んで、女子力アップしたいなって思います。ということで、今日はですね、遠方から来てくださって本当にありがとうございます。遠くから来ても、来て良かったって思ってもらえるような、そんな公演になるように、みなさんの力も必要なんですけども、一緒に心を1つにして盛り上げていけたら嬉しいなと思います。よろしくお願いします」

内田眞由美「ハイ、AKBのパワーストーン、内田眞由美です。よろしくお願いします」客、軽くw

「私は昨年の冬からスノボを始めまして。ちょっと滑れるんですよ、シュッシュッシュって。だからスノボの名所を行きたいのですけど、どこだろう? 長野とか。スノボする人いますか? どの辺行きますか?」客、反応

「ちょっといろいろ調べてみます。はい、ということで今日もみなさんの心に残るような公演にしたいと思います。よろしくお願いします」

大森美優「は~い、デコポン、すっぽん、思い切り『みゆぽん!』ありがとうございます。12期研究生の大森美優です。よろしくお願いします」

「私はイタリアにパスタを食べに行きたいのですけど、やっぱり1人でイタリアにパスタ食べてきたって帰ってきたらかっこいいじゃないですか。だから、そういう風にかっこよく行きたいと思います。今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

中塚智実「ハイ、埼玉県出身、19歳のクリスこと中塚智実です」

「私は今年ツアーで沖縄に行った時に、もう私は将来絶対ここに住むって思ったので、いつか下見も兼ねて、沖縄に一人旅をしに行こうかなと思います。ということで今日も張り切っていきたいと思います。よろしくお願いします」

# 以上、ハケる


【3列目 上手側から順に】
梅田彩佳「ハイ、福岡県出身の、う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です。よろしくお願いします」

「1人で行くならどこにだって行きたいです。行けるなら、行きたいのですけど、海外に1人でずっと行きたくて。今年1人じゃないのですけど、韓国に友達と行ったんですけど、韓国で待ち合わせをしたんですよ。だからそこまで1人で行くのが、今までAKBで海外行く時は成田まで車で送ってもらってたんですけど、そこまで1人で行かないと行かなきゃいけないし、手続きも全部1人でやらなきゃいけないし、とか考えると超大変で、でもすっごい楽しくて、ワクワクしたので、そういうワクワクとかを経験できるなら、これからも。日本だったら私福岡出身なので、普通にどこでも行ける気がする。海外に行ってみたいなーと思うのですけど、私ちっちゃい子供がめっちゃ好きなんですよ。で、今日一番前の列にちっちゃい子がいて。元気?」客w

「かわいい。何歳?」客(子供)「9」

「9歳なの? かわいい。全然公演中笑わなかったのに」客w

「でもうっちーのパワーストーンでめっちゃウケてた。ねー、楽しかった? どっから来たの?」客(子供)「兵庫県」

「遠いのに」
藤江れいな「静岡県」客w

「梅ちゃん」
梅田彩佳「ごめんって。静岡から。お茶美味しいとこやね。聞いてないね」客w

「今日もよろしくお願いします」

菊地あやか「ハイ、19歳のあやりんこと菊地あやかです」

「私は沖縄に2回行ったことあるんですけど、まだ沖縄のキレイな海に入ったことがないんですね。なので近いうちに渡り廊下のみんなが沖縄行って海に入りたいって言ってたので。今年もう寒いかな? だからいつか行けたらいいなって思います。ナンクルナイサー!」客w
梅田彩佳「全然笑ってない、一番前の子、ナンクルナイサー」客w
菊地あやか「ナンクルナイサー! イェー。今日も楽しい公演にしたいと思います。よろしくお願いします」

田名部生来「ハイ、ネッツアイに火の用心、あなたのハートを『ロックミン』たなみんこと田名部生来です」

「私はですね、羽豆岬に行きたいなと思ってまして。ずっと、ほんとに申し訳ないのですが、羽に豆に岬って書くから、はねまめみさきってずっと読んでて。でもSKEさんのお陰で知ることができたので。私1人でここはちょっと行ってみたいなと思ってます。ハイ、今日も嬉しい・楽しい・たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

藤江れいな「ハイ、目指せスーパーガール、18歳のれいにゃんこと藤江れいなです」

「私はですね、私も絶対1人でどっか行くとか、行動するっていうのは絶対無理な人なんですけど、もし何かどっか行かなきゃいけなくなったら、マザー牧場」客w

「かな?っていう風に思うんですけど、千葉県出身で、マザー牧場も千葉県にあるんですけど、けっこう遠いところの千葉にあるので、行ってみたいなっていう風に思うのですけど、もうプランも立てたんですよ。行くっていうことを前提に。で、もし行ったら、まず着いて、ソフトクリーム食べます。で、マザーファームツアーっていう館内を一周できる、羊に餌あげたり、アルパカに餌あげたりできるアトラクションがあるんですよ。それに乗って、乗り終わったらジンギスカンを食べる。これね。もう完璧だと思う」
松井咲子「見た後に食べられる?」客、軽くw
藤江れいな「待って。そこ言っちゃダメ。よく考えて。食べてから見ても嫌じゃない」
松井咲子「食べなきゃいいのに」客w
藤江れいな「でもマザー牧場に行ったらぜひジンギスカンを食べて欲しいなっていう風に思います。見えてないけど、たぶん今靴下に穴開いてるんですよ。踊ってる最中に穴が開いてしまったのですけど、それぐらい全力で今日はがんばっていきたいなっていう風に思います。ということで、今日も元気にスマイルにいきたいと思いますのでよろしくお願いします」

松井咲子「ハーイ、みなさんこんにちは。松井咲子です」

「師匠って呼ぶか咲子って呼ぶかすごいみんな迷ってたんですけど。咲子でお願いします」

「私はですね、長野におじいちゃんおばあちゃん家がありまして。そこには1人で新幹線に乗って行ったりとかもよく行ってるので、あんまり、行きたいなとは思うけど、そこまでは行けてしまうので。昨日も大阪にお仕事で行ってきたし、行きたいところはいろいろあるのですけど、今一番行きたいのは山で、どことかじゃなくて、人が誰もいなくて、1人でただボーっと歩きたいんだけど、別に私自身疲れてるわけじゃないので」客w

「ほんとに心配しないでください」
藤江れいな「(最前列の子供に)さっちゃん、笑ってる」
松井咲子「ありがとう。ほんとに景色のいいところをただひたすら歩きたいなって思います。みなさん心配せずに今日も1日がんばっていきましょう。応援よろしくお願いします」

藤江れいな「ハイ、ということで、「RESET」公演、以上のメンバーでお送りしたいと思います。AKB48、新しい歴史の始まりです。どうぞ」客、拍手


◆M05.制服レジスタンス (仁藤萌乃・相笠萌岡田彩花)
◆M06.奇跡は間に合わない (野中美郷・宮澤佐江・大森美優)
◆M07.逆転王子様 (内田眞由美・峯岸みなみ・中塚智実)
◆M08.明日のためにキスを (田名部生来・秋元才加・菊地あやか・松井咲子)
◆M09.心の端のソファー (藤江れいな・大島優子・梅田彩佳)


■MC2
藤江れいな・大島優子・梅田彩佳

大島優子「心の端のソファー、最後のところ私がハミングするんですけど、最近ちょっと遊び心が生まれまして、今日は何を言おうかなと思って」
梅田彩佳「悩んでたんですね」
大島優子「そのまま、oh, for tomorrowどうしても頭から離れなくってですね」
梅田彩佳「明日のためにキスを」
大島優子「for tomorrowって言っちゃいました」
梅田彩佳「すごいキレイだったよ」
大島優子「ありがとう」客、拍手

「ありがとうございます」

# ユニット曲5曲紹介

「もうハロウィンだね」
梅田彩佳「ウキウキするね」
大島優子「ハロウィンと言えばちょっと聞いて欲しい話があるんですけど。2年前のハロウィンの時に、ちょうどAKB48がニューヨーク公演をするって言って、ニューヨークに行ったんですよ。で、ニューヨークのハロウィンなんて、もう絶対楽しいじゃん、と思って準備して行ったの。パーティーのバックとか帽子とか持って行ったわけ、私は。スーツケースに入れて。にゃんにゃんも乗り気で、一緒にそれで街を歩こうって、歩いてたわけ。そしたらなんかあんまりニューヨークがハロウィンモードじゃないの。なんでだろうって。そんなんじゃない、アメリカは。もっと自由な国」
梅田彩佳「もっと返してくれる」
大島優子「そう、返してくれると思うじゃん。そしたら気づいたんですよ。9月31日で、まだ1ヶ月前だったの」
藤江れいな「ヤダ、恥ずかしい」
大島優子「9月31日だったの」
梅田彩佳「9月31日って無いんだよ、知ってる?」
大島優子「9月30日か」客w

「それすらも間違ってた」
梅田彩佳「1ヶ月間違えてたの?」
大島優子「うん、1ヶ月間違えてた。それから思った。ちゃんと10月31日だって。20年間くらい知らなかった」
藤江れいな「えっ?ほんとに?」
大島優子「20年間くらいずっと勘違いしてたの。ずーっとハッピーハロウィン!ハッピーハロウィン!ノリノリだって」客w

「9月ぐらいに言ってた。今年のハロウィンはどうするの?」
藤江れいな「私はちょっと、いつも仮装とかしないから、何かハロウィンっぽいことしたいなと思って、ネイルをハロウィン仕様にしたんですよ。やたんですけど、もう取れました」
大島優子「取れてるし、最前も見えないと思うんだけど」
藤江れいな「こっちの指にハッピーハロウィンって書いてある」
大島優子「ざわざわざわ」客、軽くw
藤江れいな「事故事故」

梅田彩佳「私は街に出るとすごい仮装してる人いっぱいいるじゃん。去年一番テンション上がったのはデスノートのノートの仮装してる人がいて」
藤江れいな「そっち?」
梅田彩佳「エルもいたのね。エルの人は。いたんですけど、すごいかっこいいと思うじゃん。でもノートもいたの」客w

「すごくない?」
大島優子「それデスノートのノートなの?」
梅田彩佳「そう、デスノートって書いてあるの」客w

「それを見るのが私ハロウィンがすごく楽しみなんで、今年も、やる側ではなくて、見に行こうかなっていう」
藤江れいな「梅ちゃんノートやんなよ」
梅田彩佳「ハァー?」
藤江れいな「怖い」
大島優子「梅ちゃん、ほうき似合う」
梅田彩佳「ほうきをどうやってやるん?」
大島優子 → ジェスチャー
梅田彩佳「やるんだったらみんなでやりたい」
大島優子「私やるつもりだよ。私全身タイツ」客w&反応

「めっちゃ骨の絵描いて、それで街歩こうと思って」
梅田彩佳「気づかれないね。街中で骨を見つけた人は優子だと思って」
大島優子「体格良くても私だと思ってください」

梅田彩佳「ということで、ハロウィンみたいに今日の公演も盛り上がって帰っていただけると嬉しいなと思います。それでは後半戦どうぞ」客、拍手


◆M10.毒蜘蛛 (全員)
◆M11.オケラ (全員)
◆M12.ホワイトデーには・・・ (全員)


■MC3
前半:田名部生来・藤江れいな・宮澤佐江・岡田彩花・秋元才加・相笠萌大森美優・野中美郷

「イェー」

# 宮澤佐江 中盤曲3曲紹介

「みなさん楽しんでくれてますか!?」客、拍手

「自己紹介でみんなが一人旅に行くならどこに行きたいという話をしましたけれども、みんなが過去1人で行ったことのある場所で、一番遠いところはどこ?」
田名部生来「私、京都かもしれない。才加ちゃん行きたいって行ってたけど、行きました」
宮澤佐江「もともと滋賀っ子じゃん」
田名部生来「だから30分しか」客w

「でも京都に1人で行った」
宮澤佐江「新幹線で?」
田名部生来「電車、琵琶湖線」
宮澤佐江「京都行って何したの?」
田名部生来「私、神社がすごい好きで、見て周って」
宮澤佐江「マップとか見て?」
田名部生来「マップとか見ないで」
宮澤佐江「すごくない? 絶対5分で帰ってくる、佐江は」客w

「もう無理だわと思う。もっと遠いところ行ったことある人?」
野中美郷「違う感じかもしれないけど、小学生の時にこっちにいたんですよ、神奈川に住んでて。でももともと福岡生まれだから、おじいちゃんとか親戚とかみんな福岡にいるから、小学生の時、夏休みの時、1人で飛行機に乗って帰ってた」
メンバーたち「すごい」
野中美郷「でも着いてからは親戚とかが迎えに来てくれるから。でもちびっ子1人旅というのがあって、全部案内してくれる、席とか」
宮澤佐江「あの人が? なんて言うんだっけ?」
野中美郷「スチュワーデス」
藤江れいな「キャビンアテンダント」

宮澤佐江「才加は旅したい旅したいって言ってる割に、あんま行かないよね」
秋元才加「怖いんだよ」客w

「マジで怖いんだって。行きたい気持ちはあるの。でも知らないところに行くのが怖いんですよ。だから大島優子みたいな起爆剤みたいな人がいれば」客、軽くw

「ついて行けるんだけど、怖くて。でも24になるから、ちゃんと自分でさ、新幹線の切符取ったりとか、飛行機の切符取れなかったら恥ずかしいなと思ってきたわけ。全部ね、スタッフさんがやってくださって、渡されるだけだから、握手会の時とかも。ちょっと恥ずかしくない? 恥ずかしいよね」
宮澤佐江「(客:小さい子供に)1人で今日来たのかな?」
メンバーたち「かわいい」
宮澤佐江「どこから来たの?」
藤江れいな「静岡静岡」
秋元才加「さっきね」
宮澤佐江「知り合い? いつもお世話になってます」

藤江れいな「私も1人でどっか行くの無理なんですけど」
宮澤佐江「無理そう」
藤江れいな「無理そうでしょ? 一番遠く行ったなって思ったのは、なんだっけ? なんとか多摩センター駅」
秋元才加「京王多摩センターでしょ?」
藤江れいな「そうそうそう」
秋元才加「うちら千葉市民だけど京王多摩センターめっちゃ遠い」
藤江れいな「めっちゃ遠いよね!」
宮澤佐江「マジすか学園の撮影の時でしょ? 京王多摩センターまで通ったね。遠かったね」
藤江れいな「あそこに行ったのが一番遠い、私。ヤバイよね。2時間以上かわかんないけど、それぐらいかかるよね」
秋元才加「かかるけど、表参道から一本だからね。松戸から1本」

宮澤佐江「でもだって、まだ中2とかでしょ?」
秋元才加「どこ行ったことある?」
宮澤佐江「渋谷とかじゃないの?」
相笠萌「そこも1人では行ってないです。私は家の近くのカラオケに1人で行きました」
宮澤佐江「中学生で1人カラオケ?」
相笠萌「はい」
田名部生来「すごいね」
藤江れいな「1人で何歌うの?」
相笠萌「1人で公演っていうことで、「RESET」公演の歌を歌って、1人でユニットまで、自分じゃないユニットも歌ってみて、下手でした」
秋元才加「いるでしょ? ほかにもカラオケでさ、絶対AKBのユニットじゃ歌わせてもらえないから、カラオケで歌うユニットあるでしょ? あるでしょ? (自分を指差し)夜風の仕業、夜風の仕業」客w&拍手
宮澤佐江「絶対歌わないだろ」
秋元才加「歌いたいんだって」

# 次のメンバーたち登場 / メンバーチェンジ

後半:松井咲子・菊地あやか・梅田彩佳・大島優子・峯岸みなみ・仁藤萌乃・内田眞由美・中塚智実

大島優子「AKBの紅白でやって欲しいよね」

峯岸みなみ「ということで、お題は優子が提案してくれましたよ」
大島優子「私だっけ? あででで・・・。梅ちゃんだって」
梅田彩佳「あそこが私を呼んでいる場所をそれぞれ教えて欲しい」客、軽くw
峯岸みなみ「どういうことなの?」
梅田彩佳「国内限定」
大島優子「私めっちゃ呼ばれてる」
仁藤萌乃「意識過剰」
大島優子「引っ張りだこなんだよね」
峯岸みなみ「例えば?」
大島優子「まずこの前三重県行ったのは、天照大神が呼んでたっていう話」客、軽くw

「呼ばれてたんだよね。呼ばれてたから行かなきゃと思って、行った。あと二十歳の時は富士山に呼ばれてると思って富士山に登ったし」
峯岸みなみ「プライベート?」
大島優子「ネ申」客w
峯岸みなみ「それ東北新社が呼んだんでしょ?」客、軽くw
大島優子「東北新社が仲介人になってくれて」

「私、香川に行きたいです。香川県に行ったことがなくて。香川県から来た方いますか? いないか。香川のうどんが私を呼んでいる。私の胃袋を呼んでいる」
峯岸みなみ「けっこう呼ばれてるんだね」
大島優子「幸せな野郎です」

内田眞由美「私、沖縄に呼ばれてる気がする」
大島優子「沖縄よく呼ぶよ」
内田眞由美「あいつよく呼んできますよね。夏もチームKでツアーで行ったんですけど」
大島優子「最高だったじゃん」
峯岸みなみ「ちょっと静かにしてもらっていい?」客w

「うっちーの番」
内田眞由美「すごい帰ってきたって感じがして、魂から」
松井咲子「何回目なの?」
内田眞由美「沖縄? 2回目くらい。でもすごい呼ばれてる感じがした。私、夏がまず好きで、海とかそういうのがよくて。沖縄好きですね」
峯岸みなみ「クリスも沖縄呼ばれてるの?」
中塚智実「呼ばれてない」
峯岸みなみ「将来住みたいなと思っただけ?」
中塚智実「そう、思ってただけなんだけど、私は別に県とかじゃないんですけど、舞浜に呼ばれてる。休みの日とかでもよく行くんですけど、家にいるより落ち着くんですよ、そっちのほうが。某夢の国と海によく行ってて」
大島優子「夢見すぎなんじゃない?」
峯岸みなみ「別にうまくないよね、今の」
中塚智実「現実逃避かもしれないですね」

松井咲子「私は呼ばれたいのは長野のほうかな。おじいちゃんおばあちゃん家があるんですけど、すごい好きで、いつでも行きたくなる」
大島優子「長野のどこ?」
松井咲子「松本なんですよ。松本城のあるところ。長野の人います?」客、反応

「いるじゃん。私のパワースポットは善光寺って言われたんですよ・・・」

仁藤萌乃「私は京都に行きたい。なんか最近思うのが、日本を好きになってくれてる海外の方のほうが日本のこと知ってると思って。だからちゃんとそういう歴史あるところに行って」
大島優子「さっき言ってたじゃん、自己紹介MCでイタリア行きたいって」
仁藤萌乃「フランスです」客w
峯岸みなみ「でも本当の意味で呼ばれてるのはフランスなんでしょ?」
仁藤萌乃「私、前世フランス人なんで」
大島優子「あー」
峯岸みなみ「じゃ~、パリに行ったら涙出てくる人なの?」
仁藤萌乃「全然。地元だよ、ようこそみんなみたいな感じだった。メンバーと一緒に仕事に行ったから、私の地元へようこそみたいな」
大島優子「萌ちゃん、そういうの人前で言わないほうがいいよ」客w
仁藤萌乃「マジで?」
峯岸みなみ「痛い子」
仁藤萌乃「めっちゃ言っちゃってるんだけど」

峯岸みなみ「私、みんなが淡々と進めてる中、呼ばれてるってどういうこと?って」
大島優子「どこだと思う?」
峯岸みなみ「私呼ばれてないと思う」
梅田彩佳「導かれてるみたいな」
峯岸みなみ「その感覚普通じゃないよ、言っとくけど」客、軽くw
大島優子「そんなことないよ」
峯岸みなみ「あやりんある?」
菊地あやか「私、静岡」
峯岸みなみ「あるんだ」
大島優子「パっと思い浮かんだ日本国内」
峯岸みなみ「足立区」客、軽くw

「もうちょっと20代になったら神経研ぎ澄ませてそういうの感じ取れる人間に・・・」

「ということでね、みんなが呼ばれてる場所がわかったということで、みなさん今日ね、ここに呼ばれて、何百分の何の確率で来ていただいたというわけですから最後までしっかり楽しんでください。それでは最後の曲聴いてください。ジグソーパズル48」客、拍手


◆M13.ジグソーパズル48 (全員)


■アンコール

客「チームK」コール


◆M14.星空のミステイク (全員)
◆M15.夢の鐘 (全員)


■MC4
曲終了後、
秋元才加「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

秋元才加「星空のミステイク、夢の鐘、2曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。「RESET」公演、本日の公演もみなさんの声援、そして大きな応援に包まれて無事終わりに近づこうとしています。ここでメンバー1人を代表して、今日の感謝の言葉を述べさせてください。今日は、みぃちゃん」
峯岸みなみ「おー」客、拍手

「今日はご来場いただきほんとにありがとうございます。そうですね、やっぱり、どうしても公演をやる上で頭に浮かぶのはこのチームでは残り少ない回数しか公演ができないんだなっていうのをすごく寂しいなという風に感じていて、やっぱり新しいことが始まることってすごく怖くて不安に思うのですけども、このチームが始まる時にもまったく同じようなことを思っていて。だけど新チームKになって、「RESET」公演を始めて、元チームAでは団結とか協調性っていう言葉の意味みたいなものが体現できてなかったんですけど、このチームKになって、まとまったり、1人1人の力が合わさることで大きな力になるっていうのがすごく学べて、新しい自分も見つけることができたので、きっと次のチームでもそういう新しい発見がたくさん生まれてくるんじゃないかと期待しつつ、今はこの公演にすごく酔いしれて楽しめました」

「メンバーと顔が合う度に「あっ、これももう少しだな」と感じていたのですが、残り少ないのですが、がんばっていきたいと思います。みなさんこの公演が見ていただけてすごく良かったなって思うので、心に止めて、新しいチームになってもAKB48これからも応援よろしくお願いします。今日はほんとにありがとうございました」客、拍手

秋元才加「これからも進化し続ける、そして成長し続けるAKB48そしてそれぞれのチーム、応援ほんとによろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

秋元才加「それでは本当に最後の曲です。聴いてください。引っ越しました」客、拍手


◆M16.引っ越しました (全員)


曲終了後、
大島優子「本日のご来場本当にありがとうございました」
メンバーたち「ありがとうございました」客、拍手

大島優子「ところでですね、8月に発売されました、私たちのシングル「ギンガムチェック」はもうお聴きいていただけてますでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。というわけで、今日はですね、このメンバーでギンガムチェックを披露させていただきたいと思います」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

大島優子「けっこうキャッチーというか、やりやすい振りだったりするので、みなさんもぜひ覚えて帰って、カラオケなどでやってください。それではいきましょう。聴いてください。ギンガムチェック」


◆M17.ギンガムチェック (全員) ※大島優子センター


曲終了後、
大島優子「ありがとうございます。ギンガムチェックとAKB48これからもよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手


# 梅田彩佳 AKB48・28thシングル「UZA」MV上映案内
・「ギンガムチェック」のミュージックビデオを撮影しくださったジョセフ・カーン監督がミュージックビデオを撮影
・AKB48史上最高難易度のダンスにも挑戦しており、後半には大技もある

# 秋元才加 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶いきましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → RESET

# メンバーたち手を振りながら捌ける

大島優子「ありがとうございました~。また来てね。ウェイティング公演で」

# 公演終了


■AKB48 28thシングル「UZA」MV上映


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームK、研究生、五十音順に並ぶ。 (※ 前座ガールズは不参加)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
10月20日(土)「RESET」14:00公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 仁藤萌乃野中美郷

AKB48 LIVE!! ON DEMAND



カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ