FC2ブログ

チームB 北京イベントレポート

# 日中文化人懇談会2007~オープンカレッジ IN 北京~(2007年9月22日)

とある方より、今月22日におこなわれたチームB、北京イベントのレポート掲載サイトを教えていただきました。

台湾の方が管理されているサイトの掲示板に、中国の方が投稿されたものでした。
レポートは中国語で書かれたものでした

http://akb48.info/bbs/viewtopic.php?t=1033
(※ チームBメンバーのサイン画像も掲載されてます)

トップページ はこちら。


サイト管理人に連絡したところ、レポート投稿者の方にわざわざ連絡を取ってくださり、掲載許可をいただきました。

というわけで、サイト管理人の方が日本語に翻訳したものを以下に掲載させていただきます。
なんとレポート投稿者は、25日の公演でシンディ(浦野一美)が自己紹介MCで話した、あの「ヨーヨーちゃん」とのことです!
9月25日 チームB公演

以下、そのレポートです。(※ 原文を若干編集させていただいております)

--
◆ 1. オープニング
AKB48が北京で公演をやってることを知ったと、私は入場資格を必死に探していた。

今日はやっとここで彼女たちのすばらしい公演を見た。興奮過ぎると、ゆうべから寝れなくなっちゃった~。

朝、会場に到着しました。二人のファンも出会った。彼らは遠いところからの大ファンです。
一人のEさんと、もう一人は上海からのSさんです。はじめは長い長いオープニングセレモニーです。

このあと昼食、座談会、写真展、書道展、茶道展・・・などなど。この間に、康師匠(※1)とメンバーたちの姿はない。

午後二時ごろ、ファンのEさんからのメールは「康師匠はホールのエントランスにいます」と。
そこにいくと、康師匠は通話中。このあと康師匠といっぱい話しました。康師匠はとっても親切でした。

私「小さい頃から日本の音楽が好き。私が好きな歌は康師匠の作品がいっぱい。」
康「ありがとう。」
私「ちなみに私もAKB48の大ファンです!」
康「どうしてAKB48が知っているの?」

このあと康師匠からサインをもらった。私はノートを持ってる。
ファンのSさんは「BINGO!」のCDとAKB48を表紙であるBLTを持ってます(※2)。
康師匠はびっくりしましたで、「東京から?」と聞かれた。私たちは中国ファンと知ると、もっとびっくりした。 でも彼は楽しそうですね。私たちは彼とべつべつでツーショットを撮った。

(※1)秋元大先生のコト。中国語表記は「康師傅」になってます。
ちなみに「康師傅」は中国で一番大手なインスタントらーめんブランドですーw

(※2)これは日本の新聞紙でも載ってる。


◆ 2. 到着
康師匠のサインをゲットしたあと、私たちはホールの周辺でごろごろします。

そのとき、興奮しているEさんとSさんは「さっき緑の制服を着てるメンバー数人(平嶋夏海ほか)が楽屋に入った!」と。

私たちは楽屋の外で待ってる。ノックした・・・反応なし。ちょっと扉を開けと、メンバー二人は制服を着て、 鏡の前に座ってます。そして黄色の服を着てるスタッフが「何の御用ですか?」と聞かれたと、 「失礼しますが、AKB48の大ファンですけど、どうしても本人に会いたい」と言った。スタッフがちょっと笑って、 「ちょっと待ってね」と、扉を閉じた。

少し待ってが、スタッフが「いまからリハーサルしますので、サインとかはちょっと無理です」と。

しょうがないと外へ待ってます。
でもこのあと、康師匠のおかげで、あるスタッフが私たちのノートと雑誌とペンとかを取り「メンバーにサインします」と約束した。

私たちはずーと外で待ってるが、誰も来なかった。このとき、ホールの扉はもう閉じた。
ホールの中は「Overture」の音楽が始まった。リハーサルが始めます。でもホールがだれでも入られないように。 このとき、ホールのなかはおなじみの音楽を。「青春ガールズ」の曲だ。一曲目はフルコース、ほかのはイントロだけ。

リハーサル中は、ある巻き髪、奥ちゃんと似てるメンバーはホールから出たと、楽屋に入った。 体調がちょっと不良かも!?楽屋とバックステージが通路あるので。どう待ってるでも出なかった。

そしてホールのエントランスへ戻って、入場を待ってます。このとき、あのスタッフがメンバーたちのサインを持って出ました! 私たちは狂喜になった!でもちゃんと数えると、15のサインしかなかった。 でも公演メンバーは16人だった。たぶんさっきのメンバーはサインしなかったね。(※3)

(※3)ちなみにそのメンバーは菊地彩香でした。どう見ても奥様と似てないけど・・・w


◆ 3. 本番
公演は16:00に始めます。会場は空席あり。日本の新聞で言った「地元ファン600名」などはウソだった。

でもファンたちはちゃんと前に座った。私たちは4列に。始めは康師匠とある中国のミュージシャンとのトーク。 あとはある中国の女子民族音楽グループのパフォーマンス。そして、かわいいベイビーたちの登場!

Overtureのあと、「青春ガールズ」のイントロが始めた。
ステージの照明と音響はとっても良いです。メンバーたちの元気な笑顔は観客に染まった。そばのEさんとSさんは狂気で叫んでいるw。 でも会場の雰囲気はそんなに上がってないみたいですね・・・

セットリスト:
1.Overture
2.青春ガールズ
3.ビーチサンダル
4.君が星になるまで
5.中国語で自己紹介
6.約束よ
7.転がる石になれ
8.MC
9.シンデレラは騙されない

ちょっとDVで撮ったが、中国語で自己紹介の時は興奮過ぎると録画忘れた。クローズアップもいっぱい、 席は良いだから効果はいいだね~(*^^*)

メンバーたちについて、まゆゆ(※4)と(柏木)由紀(※5)の表現はいつも通り良いです。

ちょっとびっくりだったのは松岡由紀でした。
彼女はちょっと太いと、写真でもあまり可愛くないので、別に注目しなくなった。
でもそんな彼女はステージではとっても輝くメンバーです!

あとはツインテールをしている愛佳ちゃん。
しゃべる時、声が萌えるね~。初めてAKB48のことを知った、私のクラスメートたちはみんな「愛佳ちゃんかわいい!」と言った。

あとはさらさらなヘアーの田名部生来さん、さわやかな雰囲気が感じますね。
私の後輩の女の子は公演を見ると仲谷明香さんが好きになった、理由は「メガネを着たと天然すぎる!~」

メンバーたちの中国語自己紹介はほとんど「うぉしーxxx」(私はxxx)と、終わる。 でもそのなかも「ちゅーつーじぇんめん」(はじめまして)とか「二ハォマ?」(お元気ですか)とかを言ったメンバーがある。

愛佳ちゃんの番のとき、忘れみたいと、手のひらを見た。手のひらで書いたか。
かわいい~(そのあとクラスメートは「メンバーたちはほとんど手のひらを見ていた」と言われた・・・)ハプニングもある。

中国語MCが終わったあと、あるメンバー(Eさんによると、菊地彩香でした)はマイクを持ったが、言いたいことを忘れた。 何度も「わたしたちAKB48・・・」を繰り返すだけ。泣きそうになった。 観客の日本ファンは「頑張れ」と叫んだが、最後まで言わなかった。 このとき、志穂ちゃんはお姉さんみたい、一言で危機解除。 この場面で、私のクラスメートたちは志穂ちゃんによいイメージに残った。

あとのMCでは、まゆゆが「すばらしい中国語を覚えた!」と「うぉあいにー」(あいしてる)を言った(発音は完璧だよ!)、

浦野ねーさんは「らー」(辛い)を覚えた、彼女は辛いものが好くだから。
メンバーたちは彼女といっしょに「らー」をリピートしました。中国のイメージについて、 メンバーはしょーろんぽーとかチャイナドレスとか天安門とか来年の五輪とかと言った。 とにかく、彼女たちは中国のいい思い出を残った。

(※4)「まゆゆ」は漢字になった「麻友友」の発音は、台湾出身の有名チェリスト(チェロ演奏家) 「馬友友/ヨーヨー・マ」と似ている。

(※5)モー娘。のオーディションも参加したので、海外のハロプロヲタの中でも人気高い(みたい)


◆ 4. 最後のあいさつ
公演が終わると、私たちは出待ちをします。
私のクラスメートの女の子たちは今日はじめてAKB48のことを知ったが、 「公演を見たと、彼女はかわいいだった!」ので、本人たちと会いたいです。

ちょっと待ってると、康師匠が出た。
私は「浦野一美さんが大好きので、彼女と会いたいです」っと。

康師匠はやっぱりいい人ですね。
「OK」と言ったと、スタッフに伝えた。スタッフもやさしいですね。

メンバーたちはすぐ私服で出た。私たちの前に通じる、そしてバスを乗ってる。
彼女たちは親切的に、笑顔で手を私たちに振ってる。私たちは彼女たちの名前を呼んでいると 「また中国に来てね!また北京に来て!ぜひライブに行きます」とかを言った。 彼女たちは笑顔で「はい!ありがとうございます!」を言った。一美ちゃんは最後だった。 私たちをみると大きい声で「ありがとうございます」。

そして私は彼女と話します。
私は「あなたは私の幼稚園の先生と似てるので(これは私の秘密だよ~)、親切な感じがあるので、 あなたのことが好きです」と言った。彼女はうれしいと、手を伸ばして、私と握手した。 そして私に「贈る言葉」を書いた。私はノートで自分の名前を書いたと、笑いながら彼女といっしょに私の名前を言った。 彼女は私の名前の前で「Dear」とハートマークを書いたと、「ずっと笑顔でいてね」と自分の名前をサインした。 そして彼女は自分のほっぺに指す。笑顔の意味ですよね。そしてまた握手と、また中国に来たと約束。

彼女たちはバスを乗ってるあと、車はすぐ発動しないです。メンバーたちは車の中で私たちに手を振ってる。 私はそのなかで松岡由紀しか見えなかった。車は発動すると、彼女たちはバスの後ろで手を振ってる。 車が見えなくなったまで・・・

この日はホントに楽しかったです。チームBの皆さんはとっても親切でした。
彼女たちに好感になった。またAKB48が中国で公演をやってますように祈ります。チームBだけじゃなく、全員でいいです! そしてチームBのオリジナルステージが待ってます。きっと彼女たちの特別な魅力が最大限に表現できます。


以上です。

サイト管理人の方、レポート投稿者のヨーヨーちゃん、本当にありがとうございました m(__)m

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/09/28 (Fri) 06:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply