FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

梅田彩佳 新キャプテンの決意表明として…(2012/10/16、「RESET」公演 202回目)

■出演メンバー
新チームK → 秋元才加・内田眞由美・梅田彩佳・菊地あやか・田名部生来・仁藤萌乃・野中美郷・藤江れいな・松井咲子・宮澤佐江

昇格メンバー → 大島涼花
12期研究生 → 大森美優・平田梨奈
13期研究生 → 相笠萌・岡田彩花・村山彩希

前座ガールズ → 橋本耀・西野未姫・岩立沙穂・茂木忍


■ポジション
不在チームKメンバー 6名(板野友美・大島優子・中塚智実・松井珠理奈・峯岸みなみ・横山由依)

板野友美 → 相笠萌
大島優子 → 大島涼花
中塚智実 → 平田梨奈
峯岸みなみ → 村山彩希
横山由依 → 岡田彩花

松井珠理奈 → 大森美優 (旧・米沢瑠美ポジション)

■開演前
# 研究生4名が上手袖より入場

# 岩立沙穂 挨拶

# 下手から順に自己紹介
橋本耀 (オレンジ)
西野未姫 (ピンク)
岩立沙穂 (黄)
茂木忍 (青)

# 橋本耀 曲紹介


◆M00.檸檬の年頃 (前座ガールズ)


曲終了後、
西野未姫「「RESET」公演始まります」

# 4人手を振りながら緞帳閉まる


■開演
◆オーバーチュアー

◆M01.RESET (全員)
(OP → 宮澤佐江仁藤萌乃松井咲子)
◆M02.洗濯物たち (全員)
◆M03.彼女になれますか? (全員)
◆M04.ウッホウッホホ (全員)


■MC1(自己紹介)
宮澤佐江「みなさんこんばんは!」
みんなで
「AKB48です!」客、拍手

# 宮澤佐江 序盤4曲紹介

お題提供:シロタンさん
お題:もうすぐ「RESET」公演千秋楽ですが、この「RESET」公演の間にあった舞台裏の話やハプニングはなんですか?

【1列目 上手側から順に】
仁藤萌乃「二十歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「私はいつだったか忘れちゃったのですけど、「RESET」公演が始まったばっかの時に、1曲目の「RESET」っていう曲で、間奏でダブルターンっていうのやるんですね。難しいんですけど、気合入りすぎちゃったんでしょうね。ダブルターンの二回転して、着地地点がここでした。だから最前に座ってた方がビックリして、すごい距離近くなっちゃって、ワッみたいになって、受け止めようとしてくださったんですけど、スーって戻って」客、軽くw

「何事もなかったかのように戻ったのがすごく今でも覚えてる、一生忘れないんだと思います、その失敗は。そんな感じです。今日の公演もみなさんと一緒に楽しめたらいいなと思っています。よろしくお願いします」

相笠萌「13期研究生、14歳のもえちゃんこと相笠萌です。よろしくお願いします」

「私は中盤曲でパネルを使うところがあるんですけど、研究生公演で「RESET」公演をやらせていただいてた時に、そのパネルがいきなりこうやって倒れてきてしまったことがあって。みんなすごいオドオドしちゃってたんですけど、そしたら11期生さんの森川彩香さんがスタスタって運んでいってくださって、そのお陰で無事その曲を終えることができたっていうハプニングがすごい思い出に残っています。ハイ、ということで今日も元気に熱い公演にしていきたいと思います。よろしくお願いします!」

大島涼花「13期の大島涼花です。よろしくお願いします」

「私も研究生公演の「RESET」公演であったんですけど、「RESET」っていう曲で楽しみ過ぎちゃって、余所見をしながらこういうステップをしたら仁藤さんと同じように落っこちちゃったことがあって。それが一番思い出に残ってます。ハイ、今日も一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

宮澤佐江「ハイ、22歳の宮澤佐江です。よろしくお願いします」

「私はうっすらしか佐江覚えてないのですけど、だいたいつもステージの裏で円陣を「がんばるぞ、おー!」ってやるんですけど、公演が始まる10分前から5分前に円陣を組むんですよ、絶対に。なんだけど、円陣組むよ組むよってみんなが声かけてくれてたのに、私だけ着替えてもいないし、円陣組む体勢になれてなかった、悪い子だったんです、その時。そしたら萌乃が「佐江ちゃん円陣組むよ」って言ったんだけど、それにも」
仁藤萌乃「ふざけて答えられた」
宮澤佐江「なんか言ったんだよね。そしたら萌乃が泣き出しちゃって。本番前に久々に泣かせたんですよ、人を」
仁藤萌乃「なだめる感じのメンバーがその時いなかったんだよ、休演メンバーが多くて。いつもまとめてくれてるメンバーがいなくって」
宮澤佐江「人を泣かすなんて無いじゃん、あんまり。謝るの嫌いだからさ」客、反応

「自分が悪いのわかってるけどどうやって謝ればいいんだろうと思って、とりあえずごめんねみたいな感じで謝ったんだけど、まだ怒ってるみたいで」客、軽くw
仁藤萌乃「怒ってないでしょ」
宮澤佐江「千秋楽までに仲直りしたいと思います」客w
仁藤萌乃「千秋楽までにはね」
宮澤佐江「今日は残り数回のこの「RESET」公演に当たったここにいるみなさんはほんとに運があると思います。ほんとに今日来て良かったと思えるような公演にできるように私たち16人でがんばりたいと思いますので最後までよろしくお願いします」

岡田彩花「13期研究生のあやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「私はカミングアウトなんですけど、最近宮澤さんに舞台上では岡田ちゃんって呼ばれるんですけど、楽屋ではイジリーちゃんって呼ばれるんですよ」客、軽くw
宮澤佐江「言ってないよ。なんでそういうこと言うんだよ!」
内田眞由美「言ってました、さっき」
岡田彩花「ちょっとおもしろかったです」
宮澤佐江「ありがとう」客、軽くw

「かわいい」岡田の頭をなでる
岡田彩花「今日も元気良くいきます。よろしくお願いします」

# 以上、捌ける


【2列目 上手側から順に】
野中美郷「はい、21歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「私は舞台上で起きたハプニングは才加ちゃんが休演の時に才加ちゃんのアンダーでユニットをやらせていただいてた時期があったんですけど、その曲、才加ちゃんがセンターの曲で、二番の最初ここら辺で歌ってたんですけど、急にコケたんですよ、バタって。歌ってんのに転んじゃって、ヤバイ超恥ずかしいと思ったけど、その時は焦ってるから何事もなかったかのようにこっちに進んで、すぐに振りに入って、私すごいなって思った」客、軽くw

「何事もなかったように振りにそのまま入れた自分がすごいなと思って。私この「RESET」公演3回転んでるんですよ。2回目はそこの3列目にいる時にこういうステップでスって消えて、ヤバイ恥ずかしいと思ったけど、ヤバイ恥ずかしいと思ったけど、その後もずっと振りそのまま入れたし、焦ると人ってなんでもできるんだなと思いました。(梅田に)うるさい、この人」客w

「今日もよろしくお願いします」

村山彩希「13期研究生のゆいりーこと村山彩希です。よろしくお願いします」

「私はユニット曲の時に後ろでスタンドマイクにマイクを置こうとした時にいきなりパネルが開いてしまって、スタンバってるところが露になってしまったのですごい焦ったのですけど、とりあえずリラックスしてその時はできました、という話です。今日も汗かいてがんばります。よろしくお願いします」

秋元才加「ハイ、強く気高く美しく、24歳の秋元才加です。よろしくお願いします」

「私は先ほど歌わせていただいた「ウッホウッホホ」っていう曲が「RESET」公演で、セットリストに入ってた時に超ビックリして。もしかしたら身内でね、ふざけてるネタで、ゴリラゴリラって、才加センターなんじゃないの?っていう話から、いや、そんな曲でセンターになっても。でもセンターで」客w

「でもありがたいなって思わなくちゃ、思いました。でも私ちっちゃい頃ゴリラゴリラっていじめられてたからそういう気持ちもずっとありつつ、でも「彼女になれますか?」からの、女の子からのゴリラの豹変ぶりを見せたらパフォーマンスの幅広さを見てもらえるんだろっていつも前向きにがんばってたんだけど、ファンの人からウホって言われるばっかりで」客w

「そこをいつも苦悩してたんですけど、握手会とかでウッホって言われないためにはどうしたらいいんだろうと思って。あっ、がんばってキレイになったらいいんだって思ったの。でも、そういうのが自分の中だけだと思んだよ、みんなは何気ないと思うんだけど、気にするからさ、うち」客w

「で、やっと、「RESET」公演千秋楽で寂しい気持ちもあるんですけれども、ウッホとお別れできるのかなと思うとちょっと嬉しい気持ちもあるような」客、え~

「でもファンのみなさんはすごい喜んでくれるから嬉しいなと思うのですけど、そういう気持ちを持ちつつパフォーマンスをしてますよっていうのを配慮してください」客w

「w ということで、いろんな気持ちで毎回毎回いろんなことをRESETしつつ、また新たな気持ちでこの劇場公演に臨みたいなと思います。今日もよろしくお願いします」

内田眞由美「AKBのパワーストーン、内田眞由美です。よろしくお願いします」

「今日「岩」っていう声が無かった。無いんだね」客「岩」

「ありがとうございます、すみません。私は「RESET」公演が始まってからすごい変わったなって思うことがあって、それが私自身が変わったなっていうので。その変わったなって思った影響を受けた人が才加ちゃんなんですけど。なんか、才加ちゃんと出会ってから、自分をちゃんと表現できるようになった気もするし、楽屋でパンツ一丁にもなれるし」客、軽くw

「自分の表現ができるようになったなと思ったので、こういう先輩に出会えてすごい嬉しいなと思いました」
秋元才加 → 右手で両目を覆う
内田眞由美「泣かないでください、泣かないで、まだだからね」
秋元才加 → 手を外し、おちゃらけた表情(客w)
内田眞由美「今日はこの出会いに感謝してがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

大森美優「は~い、デコポン、すっぽん、思い切り『みゆぽん!』ありがとうございます。12期研究生の大森美優です。よろしくお願いします」

「私は次の曲に切り替わる時に上の衣装を脱ぐ曲があったのですけど、そしてにその衣装を脱ぎ忘れちゃって、1人だけ違う衣装でここに出たことがあったのですけど、その時はちゃんとがんばって、こう脱いで出たのをすごい覚えています。ハイ、今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

平田梨奈「ハイ、あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。12期研究生のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」
内田眞由美「(マネて)ありがとうございます」
平田梨奈「ありがとうございます」
秋元才加「そんな声出ないわ」客w
内田眞由美「すごいね」
平田梨奈「あっ、ありがとうございます。私はですね、初めてこの「RESET」公演に出た時のドキドキ感なんですけど、すごい緊張しちゃうんですよ。そのドキドキ感がすごいドキドキするのがすごいドキドキします」客w

「今日は急遽出演させていただくことになったんですけども、すごい久しぶりの「RESET」公演で、すごい久しぶりのポジションなので、温かく見守ってくださったら嬉しいです。あとこういうハプニングもあります」トップス着忘れ(客、軽くw)

「ハイ、今日もよろしくお願いします」

# 以上、ハケる


【3列目 上手側から順に】
梅田彩佳「ハイ、福岡県出身の、う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です。よろしくお願いします」
藤江れいな「梅ちゃんかわいい」客「声援」

# 声援続く

梅田彩佳
「落ち着け」客w

「ウソです。ちょっと真面目な話をすると、残り少しになってきたじゃないですか、Kが。今のKになった時の最初のほうは、ぶっちゃけ仲良くなれるかなって不安があったりとか、「RESET」公演っていう1曲目の「RESET」っていうイチから始めるっていう、昔のことを「RESET」してイチから始めるという曲も最初はほんとはすごく嫌いでした。昔のKを無くして今やっちゃうのかなと思うとすごい嫌で。最初は歌うのすらあんまり嫌だったのですけど、でもどんどん歌うごとにどんどん好きになっていって、メンバーも日を追うごとどんどん好きになっていって、今はなんとなく、あっ、残りちょっとなのかと思うとすごくメンバーも曲もすごく愛おしく感じて。でもそう思えたってことは私次はチームBに移籍するんですけど、そのBでも同じことが可能なんだろうなって思って。でもキャプテンになったので、私は何か節目を作らなきゃいけないと思って、ずーっと5年間伸ばしてきた前髪を私は今回切りました、決意表明として」客、おー

「たかが前髪なんですけど、私にとってはずっと伸ばしてきた大切なもので。その大切なものをちょっと切ることで、自分が「RESET」されて、前へちょっとでも進めたらいいなと思って私は今回切って、新しい自分を見つけようと思いました。残り数回のKですけど、大切にしながら千秋楽を迎えていきたいと思います。今日もよろしくお願いします」

菊地あやか「ハイ、19歳のあやりんこと菊地あやかです」

「私は最初の頃なんですけど、「ウッホウッホホ」のほうで、今回気合入れ過ぎて、何度か滑って転んじゃったことがあったのですけど、ふざけてたというか、「ウッホウッホホ」って、すごいおもしろいじゃないですか、曲的にも。気合入れ過ぎてたっていうのもあるんですけど、若干半分才加の呪いじゃないのかなって思ったりもしましたけど、やっぱりなんだかんだチームKの曲ってそういう個性のある曲がたくさんあって、大好きで、もう少しで千秋楽を迎えるということで、すごい寂しい気持ちがたくさんあるのですけど、残りの公演、みんなと気合を入れて素敵な公演を作り上げていきたいなと思いました。というわけで、今日もみなさんよろしくお願いします」

田名部生来「ハイ、ネッツアイに火の用心、あなたのハートを『ロックミン』たなみんこと田名部生来です」

「私はですね、舞台上でなんですけども、Gが出てきたっていうね」
メンバーたち「あったよね」
田名部生来「ゴから始まる黒い物体が出てきて、私が「♪おいでおいで」って歌ってた時に」客w

「私が歌ってないとこですけど、「♪おいでおいで」っていう時にこうGさんがきたので、いらっしゃったので、こっちくんなこっちくんなと思ってたのがすごいハプニングです。ハイ、今日も嬉しい・楽しい・たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

藤江れいな「ハイ、目指せスーパーガール、18歳のれいにゃんこと藤江れいなです」

「私はですね、1曲目に歌っている「RESET」っていう曲なんですけど、ここのステージではなくて、別の違う会場でやらせていただいた時に、シアターでは最初のダンス3人でやってると思うのですけど、会場によって、複数でやってる日があったりするんですよ。いつもなら斜めでやってるんで、絶対にぶつかることはないのですけど、その日は三角形みたいな、けっこう近い位置にいたんですよ。で、私の斜め前に才加ちゃんがいて、(イントロ歌う) 足を回し蹴りして、ズンっていう振りがあるんですけど、その足を回してた時に才加ちゃんのここ(右頬付近)めっちゃ蹴ったんですよ」客、反応

「踵落としみたいになっちゃって、ほんとにごめんねって謝ったんですけど、ファンの方に後々聞いた話だと、DVDにそれが映ってるらしいんですよ。だから、少し考えてそこ消してくれれば良かったのになと思って、すごくそれは消したい過去だなっていう。でもそれもこの「RESET」公演を通していい思い出に残ってるなって思います。というわけで今日も元気にスマイルにいきたいと思いますのでよろしくお願いします」

松井咲子「みなさんこんばんは。松井咲子です。よろしくお願いします」

「チームKこの「RESET」公演では、よく劇場公演では舞台上での落し物がすごく多いんですよ。メンバーのアクセサリーは日常茶飯事ですけど、ひどい時にはメンバーのエクステ、髪の毛の束が落ちてたりとか、前髪を丸めるカーラーっていう、それが落ちてたりとか、ひどい時は冷えピタが落ちてたりとか。これは、わかんないんですけど、私はトイレに行く系アイドルなんで言いますけど、トイレットペーパーが落ちてた時もあったんですよ、破片がね。だからそういうハプニングがすごく多いのかなと。今日はね、みんな気をつけましょうや」
藤江れいな「ピンが落ちてる」
松井咲子「さっそく落し物ありましたけど、それも1つの思い出であり楽しみなのかなと思いつつ、千秋楽もうすぐ迎えてすごく寂しい気持ちあるんですけど、まだまだ残り少ない回数の公演を楽しんで笑顔で迎えたいと思います。今日もよろしくお願いします」

藤江れいな「ハイ、ということで、「RESET」公演、以上のメンバーでお送りしたいと思います。AKB48、新しい歴史の始まりです。どうぞ」客、拍手


◆M05.制服レジスタンス (仁藤萌乃・相笠萌岡田彩花)
◆M06.奇跡は間に合わない (野中美郷・宮澤佐江・大森美優)
◆M07.逆転王子様 (内田眞由美・村山彩希平田梨奈)
◆M08.明日のためにキスを (田名部生来・秋元才加・菊地あやか・松井咲子)
◆M09.心の端のソファー (藤江れいな・大島涼花・梅田彩佳)


■MC2
藤江れいな・大島涼花・梅田彩佳

「イェー!」

# 藤江れいな ユニット曲5曲紹介

梅田彩佳「涼花ちゃんとは「RESET」公演で一緒に舞台に立つのは今日で最後なんですよね」
藤江れいな「最後になるのかな?」
梅田彩佳「涼花ちゃんとMC数々やってきました。楽しかった。さぞかし思い出に残ってることでしょう」客、軽くw

「なので、涼花ちゃんとMCの思い出とか公演の思い出を今日は話していこうと思うのですけど」

「私めっちゃ好きなの、涼花ちゃんのこと。でも全然伝わらないんだよ」
大島涼花「でも最近になってやっと」
藤江れいな「やっと?」客、軽くw
梅田彩佳「逆にどんなとこでそう思ったの?」
大島涼花「なんだろう。前までは「おはようございます」「おはよう」みたいな感じだったんですけど、「おはようございます」って言ったら「涼花ちゃんおはよう」みたいな。涼花ちゃんっていうのを付けてくれたから」
藤江れいな「ちょっと変わった?」
大島涼花「ちょっと変わった」
梅田彩佳「恥ずかしがり屋なの、裏では、私」
藤江れいな「梅ちゃん恥ずかしがり屋だよね」
梅田彩佳「涼花ちゃんって言っていいのかなと思っちゃって。好きだよ、かわいい」
大島涼花「ありがとうございますw」客、軽くw
藤江れいな「なんかさ、梅ちゃんが涼花ちゃんと話してる時ってさ、梅ちゃんおばちゃんみたいだよね」
梅田彩佳「違うから。おばちゃんじゃないから、まだ23。でも10歳離れてるんだよね」
藤江れいな「10歳ってすごくない?」
梅田彩佳「私の妹7歳下なんですけど、それよりも下なんだと思った。ビックリした。13歳からこの間ね、荒波に飲まれるという」客w

「ほんとさぞかし大変でしょう」

藤江れいな「涼花ちゃんは何が一番思い出に残ってるの?」
大島涼花「このMCをやらせていただくことによってMCをちょっとずつがんばろうかなって思えるようになりました。勉強になりました」
藤江れいな「私もこのMCですごく勉強になってるから」
大島涼花「梅田さんがやっぱり・・・」
梅田彩佳「何? もう1回言って!」
大島涼花「梅田さんがやっぱりすごいMC上手い、勉強になってます」
梅田彩佳「イェー」客、拍手

「褒められたら伸びるタイプだから伸びるわ」
藤江れいな「私もたくさんあるんだけど、一番最初に出てくれた時に、私と梅ちゃんどっちが好きなの?っていう質問をしたことがあるんですよ。で、2人とも後ろ向いてるから、どっちか指差してって言うことをやったことがあるんですけど、それで私のこと指してくれたんですよ」
梅田彩佳「私それでね、1回も自分指されたことないんですよ」
藤江れいな「何人かのメンバーでね、やったことあったんだけど」
梅田彩佳「今日もう1回聞いてみますか?」客、反応

「数々のMC一緒にやってきました。それを踏まえての」
藤江れいな「今の評価聞いてたら梅ちゃん有利だと思う」
梅田彩佳「(大島に)いいよ、そんな気にしなくていいよ、後でオンデマンド見るけど気にしなくていいよ」客w

「後でメモリストさんのやつも見るけど」
藤江れいな「メモリストさん見よう、メモリストさん」
梅田彩佳「気にしなくていいよ」

「じゃ~、せ~ので指差してもらえますか? はい」
藤江れいな梅田彩佳「せ~の」

大島涼花 → (たぶん)梅田のほうを指差す(客、おー)

梅田彩佳「どっち?どっち?」
大島涼花「お楽しみに」
梅田彩佳「帰ってオンデマンド取るわ、自分で」客、軽くw
藤江れいな「オンデマンドみなさんね、ぜひ注目ということで」

梅田彩佳「それでは、残り少ないK公演、楽しんで帰ってください。それでは後半戦どうぞ」客、拍手


◆M10.毒蜘蛛 (全員)
◆M11.オケラ (全員)
◆M12.ホワイトデーには・・・ (全員)


■MC3
前半:田名部生来・藤江れいな・宮澤佐江・岡田彩花・秋元才加・相笠萌大森美優・野中美郷

「イェー」

# 宮澤佐江 中盤曲3曲紹介

「今日は、研究生は毎回一緒に公演出れたわけではなかったけど、Kメンバーはほんとにほぼ一緒にずっとこの公演やって、活動やってきたということでね、今さらながらではあるのですけど、みんなの大好物ってなんなんだろうと」
藤江れいな「ほんと今さらだね」
宮澤佐江「これから好き、これ美味しいっていう会話はさ、けっこう聞くじゃん、会話の中でも。でもマジでこれがあればマジ生きていけるみたいな」
秋元才加「そこまで?」
宮澤佐江「宇宙一好きなもの、聞いてなかったなーと思って。それ聞いて、終わりにしようと」客w
メンバーたち「えー?」

藤江れいな「私ありますよ」
宮澤佐江「まずれいにゃんの超好きなもの知ってる人? ぶっちゃけ知らないでしょ」
田名部生来「炭酸水」
宮澤佐江「炭酸水好きね」
藤江れいな「炭酸水好きだけど、違う。私が好きなものは、餅めんたいチーズのもんじゃ焼きです」
宮澤佐江「全然食べる時なくない?それ」
藤江れいな「なかなか無いけど、誕生日絶対もんじゃ行く。餅めんたいチーズのもんじゃ焼きを絶対2つ頼む」
宮澤佐江「ペロって行っちゃうんだ」
藤江れいな「家族4人で行くけど、別の種類頼めばいいのにって、すごい言われるんだけど、それは絶対外せない」
宮澤佐江「大大大好物なんだ」
藤江れいな「大大大好物。それがあれば生きて行ける、私」
宮澤佐江「ちょっとオシャレ、もんじゃって」
藤江れいな「初めて言われた。ありがとうございます」

宮澤佐江「才加は? 相方だけどわかんないわ。アイス?」
秋元才加「(客に)ほら、またバナナって言っただろ!」客w&拍手

「おいっ!」
メンバーたち「怒ってる」
秋元才加「そういうとこだぞ、傷つけんの」客w

「でも見に来てくれてありがとうございます」頭を下げる(客w → 拍手)
宮澤佐江「偉いね」
秋元才加「AKBのマツコデラックスさんになろうかなと思って」
宮澤佐江「なんだろう。アイス?」
秋元才加「アイス食べ過ぎて、胃を悪くしたから。アイス食べ過ぎて、冷えちゃって、体がガチガチになっちゃうっていうね。ギリシャヨーグルト」
宮澤佐江「硬いやつでしょ?」
秋元才加「硬いやつ」
宮澤佐江「昔から好きだった? 最近好きになったんじゃない?」
秋元才加「最近好き」客w

「でもお米があればなんでも」
藤江れいな「日本人だね」
秋元才加「なんか1つって言うと決められない。複数あるし」

大森美優「私はお寿司とかフルーツとかいっぱいあるんですけど、1つ大好きなのが素麺です。大好きです」
宮澤佐江「被った。素麺っていうか、佐江はめんつゆが好き」
大森美優「美味しいですよね」
宮澤佐江「どの調味料よりも好き。甘ジョッパイっていう言葉が好きなんだよね。あー、素麺好き?」
大森美優「大好きです」
宮澤佐江「あら、そう?」客、軽くw

「嬉しい」
藤江れいな「素麺って夏にしか食べなくない?」
宮澤佐江「全然、先週とか週4で食べてたよ」
藤江れいな「週4? 大半素麺じゃん」
宮澤佐江「そうそう、ママに茹でてもらって」
藤江れいな「ほんと好きなんだね」

宮澤佐江「岡田ちゃんは?」
岡田彩花「私はですね・・・」
秋元才加「焼肉」
岡田彩花「あっ、よくわかりましたね」
秋元才加「さっき楽屋で言ってた」客w
藤江れいな「なんだ」
宮澤佐江「大人げないなー」
藤江れいな「焼肉の中で何が一番好きとかあるの?」
田名部生来「言ってたじゃん、前。ハラミ?」
岡田彩花「はい」
田名部生来「覚えてたよ。いいとこが好き」
秋元才加「タン塩とかは?」
岡田彩花「あっ、食べます」
宮澤佐江「塩コショウ? レモンに付ける?」
岡田彩花「レモンです」
宮澤佐江「子供だね、まだ。塩コショウになったら・・・」
秋元才加「正直どこの場所とかわかって食べてない」
宮澤佐江「たしかに。目つぶったらわかんなくない? 牛タンとカルビの違いはわかるけど」
秋元才加「それぐらいわかるよ!」客、軽くw

「萌は?」
相笠萌「焼き鳥で、鳥皮のたれが好きです」
藤江れいな「いいねー、美味しい」
宮澤佐江「焼き鳥食べたいなー」

「じゃ~、最後にみちゃ」
野中美郷「私は一番ママに求めてしまうのは、麻婆豆腐。豆腐と辛いものが好きなの」
宮澤佐江「じゃ~、あれ好き? スンドゥブ」
野中美郷「あっ、好き好き!」
宮澤佐江「さっき食べたの、初めてスンドゥブ」
藤江れいな「有華ちゃんとでしょ? 書いてあった、見た。ダメだよ、この時間に食べ物の話しちゃ」

# 「イェー」次のメンバーたち登場

宮澤佐江「咲子が宇宙一好きな食べ物何?」
松井咲子「なんだろう。アボカド?」
秋元才加「アボカド才加も好き」
松井咲子「アボカドめっちゃ好き」

# メンバーチェンジ

後半:松井咲子・菊地あやか・梅田彩佳・大島涼花村山彩希・仁藤萌乃・内田眞由美・平田梨奈

内田眞由美「秋も深まってきましたが、ハロウィンさ、今街中彩られてるじゃない。イベントがこれからあるけれども、みんなが一番好きなイベントは何かなっていう話」
梅田彩佳「作ってもいいと?」
内田眞由美「そう、作ってもいいと。いいし、今あるイベントでもいい」
平田梨奈「いいと!」
梅田彩佳「えっ?」
平田梨奈「福岡ですか?」
梅田彩佳「今?」客w
内田眞由美「遅い」
梅田彩佳「そうだよ、福岡だよ」
平田梨奈「あー! 一緒です」
梅田彩佳「ウソでしょ?」
内田眞由美「テキサスとかそういう系じゃ?」
梅田彩佳「ダメだよウソついちゃいけないよ。どうした?」
平田梨奈「アメリカで生まれたんですけど、日本にくる時は福岡なんですよ」
内田眞由美「育ちが?」
平田梨奈「はお」
仁藤萌乃「じゃ~、福岡弁みたいなの喋るの?」
平田梨奈「はい」
梅田彩佳「喋れると?」
平田梨奈いいとばいとか、そんな言葉使います」
梅田彩佳「いいとばい?」客w
平田梨奈「久留米弁なんですよ」
梅田彩佳「そうなんだ、それはちょっと違うね」

仁藤萌乃「私イベントっていうか、無意識にやっちゃってるんだけど、握手会の時に来てくださって、たぶん話すことを考えてきてくださってるんだけど、その場で真っ白になっちゃった方には見つめ会やってます、勝手に」
梅田彩佳「それって恥ずかしくない?」
仁藤萌乃「そう、恥ずかしくて逸らしちゃうのが楽しくて、やっちゃう」
内田眞由美「Sだね」
梅田彩佳「1枚10秒じゃない?握手って。10秒間ずーっと見ると?」
仁藤萌乃「見つめてる」
梅田彩佳「すごい」
内田眞由美「向こう真っ白になってるから・・・」
仁藤萌乃「あわわわわってしてるの。 (見つめる)」
梅田彩佳「キュンとするね」
仁藤萌乃「喋れなくなっちゃうから、見つめたいなって人いたら。誰もこないか。私と見つめ合いたいって人いない?」
内田眞由美「いるよ。大丈夫だよ」
仁藤萌乃「ごめんね、この「RESET」公演のMCになると急にネガティブになっちゃうから」客、軽くw

「そういうタイプ」

平田梨奈「英語教室とかのイベントをやってみたいなと思います」
梅田彩佳「それはぜひメンバーにやって欲しいかも。私もやって欲しい。なんか簡単な英語とかないと? これ知ってたら超頭いいよ、みたいな」
松井咲子「その考えがバカですよね」客w
梅田彩佳「えっ? ウソだよ」
松井咲子「そのひと言で英語喋れる風になりたいってこと?」
梅田彩佳「なりたい」
松井咲子「教えてもらいましょう」
梅田彩佳「あるある?」
平田梨奈「けっこう、難しいのでいいですか?」
梅田彩佳「初級から行こうよ。難しいのわかんない」
平田梨奈「けっこう訛るのでいいですか?」
梅田彩佳「いいよ」
平田梨奈「じゃ~、けっこう難しいっていう言葉なんですけど、difficult」
梅田彩佳「ディフィカルト?」
松井咲子「バカにされてるよ、私たち」客w → 拍手

「今なんの単語かわかる? difficult教えてもらってる時点ですごいバカにされてる」
梅田彩佳「一単語だよね。英文じゃなかったもんね」
仁藤萌乃「すごい難しい文章言わされるのかと思ったら」
松井咲子「しかもこの中でおバカ代表のあやりんはちゃんと声に出してdifficultって言ったよ」客w
仁藤萌乃「difficultわかってなかったからね」

「いろんなイベントね、AKB48これからもたくさんあると思うのでみなさんに楽しんでいただけたらなって思います。それでは最後の曲です。聴いてください。ジグソーパズル48」客、拍手


◆M13.ジグソーパズル48 (全員)


■アンコール


◆M14.星空のミステイク (全員)
◆M15.夢の鐘 (全員)


■MC4
曲終了後、
秋元才加「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

秋元才加「今日の公演もみなさんの応援そして声援に包まれて、無事終わりに近づこうとしています。ここでメンバーの1人を代表して、感謝の気持ちを述べさせていただきたいと思います。今日は、梅ちゃん」客、拍手

梅田彩佳「今日はご来場いただきほんとにありがとうございました」客、拍手

「ありがとうございます。本番始まる前の楽屋はすごいワイワイしてるんですけど、ちょっと今日どんなみんな顔して、どんな会話を喋ってるのかなと思って。別に聞き耳立ててるわけじゃないですけど、どんな雰囲気なのかなと思って、今日は楽屋をすごく見回しながら、公演の用意をしてたのですけど、すごいキャッキャ楽しそうに用意してる子や、ちょっと、あー、なんかプライベートで嫌なことあったのかな?って思うような子がいたりとか、100%めっちゃいいコンディションっていう子は、やっぱり普通の人間なので無いんだろうなと思って見てました」

「でもそれはステージ上で出しちゃ絶対にいけないし、で、そういう中で、家にいて、ボーっと2時間テレビを見て、何にもしない、無駄だったなっていう時間とかもあると思うのですけど、公演のこの2時間に必ずしも出ると、あー、この2時間最初は落ち込んでたけど、終わった後にはちょっと元気になれてる私とか、あー、気づけて良かったっていうたった2時間の使い方でもうこんなに違うんだなっていうのを今日はすごく感じながら、公演をすることができました。残り少ないですけど、たった2時間だけど、されど2時間の中で私たちがどれだけこれから成長できるか、またみなさんにこの大事な劇場で見ていただければ嬉しいなと思いました。今日はほんとにありがとうございました」客、拍手

秋元才加「何回も応募してくれてやっと当たった方だったりというのもすごく多いと思います。抽選の倍率もほんとにどんどんどんどん上がっていて、私たちも嬉しいことなんですけども、ほんとにもっともっとたくさんの人に見ていただけたら嬉しいな、なんて思っています。そしていつまでも私たちはずっとこの劇場でみなさんをお待ちして、精一杯のおもてなしができるようにこれからもがんばっていけたらと思ってます」

「それでは本当に最後の曲です。聴いてください。引っ越しました」客、拍手


◆M16.引っ越しました (全員)


曲終了後、
秋元才加「本日はご来場いただき本当にありがとうございました」
メンバーたち「ありがとうございました」客、拍手

秋元才加「8月29日にリリースになりました、AKB48の27枚目のシングル「ギンガムチェック」はみなさん、聴いていただけてるでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はですね、このギンガムチェックをこの劇場公演の、今日の劇場メン、、」客、軽くw&がんばれ!

「がんばってる」客w

「すみません。今日はそのギンガムチェックをこの劇場メンバーで披露させていただきたいと思います」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

「それでは聴いてください。ギンガムチェック」


◆M17.ギンガムチェック (全員) ※大島涼花センター


曲終了後、
秋元才加「これからもAKB48そしてギンガムチェックの応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 梅田彩佳 AKB48・28thシングル「UZA」MV上映案内
・10月31日発売
・レディー・ガガさん、ブリトニー・スピアーズさん、エミネムさんなどのミュージックビデオを手がけられ、AKB48では「ギンガムチェック」のミュージックビデオを撮影したジョセフ・カーン監督がミュージックビデオを撮影
・AKB48史上最高難易度のダンスにも挑戦しており、最後に大技もある

「以上でございます」

# 宮澤佐江 ハイタッチ案内

「それでは、あと残り数回になってしまうこの最後の挨拶、気持ちを込めてしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

宮澤佐江「ほんとにありがとうございました」

# BGM → RESET

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■AKB48 28thシングル「UZA」MV上映


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームK、五十音順に並ぶ。 (※ 16歳未満&前座ガールズは不参加)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
10月16日(火)「RESET」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 秋元才加梅田彩佳宮澤佐江

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル