FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

チーム4「僕の太陽」公演 1周年(2012/10/10、「僕の太陽」公演 102回目)

■出演メンバー
チーム4 → 阿部マリア・市川美織・入山杏奈・岩田華怜・大場美奈・加藤玲奈・川栄李奈・島崎遥香・島田晴香・高橋朱里・竹内美宥・田野優花・仲俣汐里・中村麻里子・永尾まりや・山内鈴蘭

■ポジション
不在チーム4メンバー無し / チーム4 16名フルメンバー

■開演
◆M00.overture
◆M01.Dreamin’ girls
◆M02.RUN RUN RUN
◆M03.未来の果実
◆M04.ビバ!ハリケーン


■MC1 (自己紹介)
島崎遥香「みなさん、こんばんは」
みんなで「AKB48です」客、拍手

島崎遥香「AKB48「僕の太陽」公演、まずは、Dreamin’ girls、RUN RUN RUN、未来の果実、ビバ!ハリケーン、続けて4曲聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

お題:もうすぐハロウィンが近いですが、何の仮装をしたいか

【1列目 下手側から】
市川美織「みなさん知っている方も、知らない方もみなさん一緒にやってください。いきます、せ~の、『フレッシュレモンになりたいの!』ありがとうございます、チーム4のみおりんこと市川美織です」

「私はですね、カボチャ大王になりたいです。カボチャ大王というのはですね、カボチャ畑にいる悪いカボチャの王様なんですけど、カボチャの形をしてる顔で、黒いマントを被ってるそうなんですよ。そのカボチャ大王に会って、カボチャをいただきたいなと思います。あれっ?私がなるのか?間違えました。私がカボチャ大王になってみんなを脅かしたいと思います。はい、ということで今日もフレッシュにいきます。よろしくお願いします」

加藤玲奈「ハイ、あれ?どこ見てるの? あっち?こっち?『れなっち』ありがとうございます。15歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私は自分にあんまり合わなさそうな男装をしてみたいなと思って。ハロウィンにするかどうかはわかんないんですけど、してみたいです。今日もよろしくお願いします」

島崎遥香「こんばんは、島崎遥香です。よろしくお願いします」

「私はやっぱりハロウィンと言ったら魔女とカボチャが浮かんだんですけど、やっぱりそれじゃ普通過ぎてつまんないなと思って。ハロウィンって子供じゃないとお菓子がもらえないじゃないですか。だからちっちゃい子の変装、格好をしてお菓子をたくさんもえたらいいなと思います。今日はよろしくお願いします」

山内鈴蘭「ハイ、みなさんこんばんは。チーム4の高校3年生、17歳、らんらんこと山内鈴蘭です。よろしくお願いします」

「私はぱるるが言った普通過ぎる魔女なんですけど、それはなぜかというと、みーんなの心奪っちゃうぞ♪。。」客、ひゅ~

「魔女なら奪えるかもしれないじゃないですか。なんで、魔女になって、みなさんのお家に一軒一軒お邪魔して、心を奪って帰りたいなと思います。というわけで今日はみなさん釣られちゃってください、よろしくお願いします」

高橋朱里「15歳の高橋朱里です。よろしくお願いします」

「私はAKBに入った頃からショートなんですけど、魔女ってやっぱりすごい髪が長いイメージがあるんで、魔女になってみなさんに違う一面を見てもらいたいなと思います。今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

# 以上、1列目捌ける


【2列目 下手側から】
仲俣汐里「ハイ、み~んな仲間だなかまったー(頷く)。ハイ、AKB48、チーム4のしおりんこと仲俣汐里です」

「私は歳も歳なのであんまりコスプレとか仮装とかしたいなと思わないのですけど、でも唯一ほんとにしたいのが、新世紀エヴァンゲリオンのアスカがすごい好きで、なので衣装だけではなくて、カツラも被って、オレンジの髪でやりたいなって思います。たぶん実際着たらテンション上がって成りきっちゃうんじゃないかなと思います。というわけで今日もみなさん盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」


永尾まりや「ハイ、み~んなに幸せを届けたい、ウインクキラー、永尾まりやです。よろしくお願いします」

「私は今いろいろけっこう仮装をしてるなと思って。でも次の握手会で仮装をしたいなと思ってるので、ちょっと今は言わないで秘密にしとこうかなと思って。ねぇー、みなるん」
大場美奈「ねー」
永尾まりや「ちょっと考えてるんです。楽しみにしててください。でも今着たいのはカボチャです。はい、今日もよろしくお願いします」

入山杏奈「チーム4の16歳、あんにんこと入山杏奈です」

「私はエヴァだったら綾波レイが好きなんですけど、私はロング派なのでコスプレはしないのですけど、したいコスプレは全身黒塗りで、超クールなダースベーダーになりたいなと思います。今日も元気に向日葵を咲かせられるようにがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

中村麻里子「はい、チーム4、18歳の中村麻里子です」

「私はですね、仮装するとしたら、やっぱり普段できないのがしたいので、キャラに似合わないんですけど、お姫様の格好をして舞踏会に行きたいなと思うので、ぜひ誰か王子様になってください。というわけで今日も全力でいきます。よろしくお願いします」

阿部マリア「はい、高校2年生、16歳の阿部マリアと申します。よろしくお願いします」

「ギンガムチェックのPV見てたら、指原さんとかが肩に何か斧みたいなのが刺さったセーラー服のコスプレをしていて、みなるんさんとか島田さんみたいにちょっとセーラー服とかきつい年頃になる前に」客w
大場美奈「おい」
島田晴香「ちょいちょいちょい」
大場美奈「なんで言った?」
阿部マリア「みなるんさんとか島田さんみたいにちょっとセーラー服がきつい・・・」
島田晴香「それでどうした?」
阿部マリア「なんでわざわざ名前出した」客w
島田晴香「今制服着てるぞ」
阿部マリア「怖いのでちょっとやめときます。ありがとうございました」

田野優花「チーム4、15歳の田野優花です。よろしくお願いします」

「私は以前チームBの鈴木紫帆里さんにゴキブリに似てるねって言われたので」客w

「そんな別に嫌じゃなかったんですけど、ハロウィンぐらいしかできないと思うので、そういうのは。だからぜひゴキブリになりたいと思います。今日も全力でいきます。よろしくお願いします」

# 以上、2列目捌ける


【3列目 下手側から】
島田晴香「ハイ、チーム4の島田晴香です。よろしくお願いします」

「私はずっとコスプレは興味ないので、何がいいと思います?逆に。着て欲しいものあったら着ますよ」
竹内美宥「桃太郎」
島田晴香「桃太郎は無し」客「岩」
岩田華怜「岩は私じゃないですか」
島田晴香「その岩じゃないよ。じゃんけん大会で内田さんが着てた岩。私負けたのめっちゃ悔しいんで、傷口を広げないでください。あと何がある?」
大場美奈「女の子らしいのが見てみたいね。メイド服って似合う似合わないがあるから絶対無理でしょ」
※以下、省略

岩田華怜「ハイ、知っている方は一緒にお願いします。せ~の、可憐で華麗な『伊達娘』ありがとうございます。宮城県仙台市から来ました、中学2年生、14歳の華怜こと岩田華怜です」

「私迷ったんですけど、やっぱり1人でするよりもみんなでしたほうが楽しいと思って、誰かとしたいなと思ったら、ケルベロス?って言うんですか? 犬みたいな狼みたいなやつで、頭が3つあるやつなんですけど、それで、中に私と一緒に仮装の中にみなるんさんと島田さんに入ってもらいたくて」
大場美奈「やめなよ、そういう。私たちがやったらおもしろいとかなんないからね」
岩田華怜「島田さんとみなるんさんで、私みたいな」
島田晴香「身長差あり過ぎてたぶんコケるよ」
岩田華怜「でも最強だと思いませんか? すごいうるさいケルベロスになりそうじゃないですか?」
大場美奈「私あんまうるさいキャラじゃないよ」
岩田華怜「でも島田さんがうるさいのを制してくれるじゃないですか、いっつも。そのやり取りもうるさいなと思って」客w

「それだったらおもしろそうだなと思って、それがやりたいなと思いました。叶ったらいいなと思います。今日も自分らしくいきます。よろしくお願いします」

竹内美宥「はい、高校2年、16歳の竹内美宥です。よろしくお願いします」

「私は今まで仮装したことがあるのは5歳ぐらいの頃に天使とあと小学校の頃にチャイナ服を着たことがあるんですけど、何がいいと思いますか?」
大場美奈「美宥はなんでもかわいいよ」
島田晴香「かわいいからなんでも大丈夫だよ」
岩田華怜「カメラ好きじゃないですか。すごい写真撮ってるじゃないですか。だから、戦場カメラマンとか」客、軽くw

「ちょっとボロボロでこういうやつ。(マネて)どうでしょうか?」客w
竹内美宥「いいんじゃないでしょうか。そんな感じで、去年はできなかったので、今年はちょっと仮装して、パーティーとかみんなでできたら楽しいなと思うので、やってみたいなと思います。今日もがんばります。よろしくお願いします」

川栄李奈「チーム4の17歳、高校3年生、りっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私、市川さんには悪いのですけど、レモンなんですね。なぜかと言いますと、昨日すごく嫌いっていうか、飲めない飲み物があったんですよ。でも、それにレモンを入れることによって、とっても美味しくなったんですよ。で、それがその感動がすごい大きくて、レモンになりたいなって。すごいレモンが昨日で大好きになったんですね。別にみおりんさんって言ってないんですけど。レモンが大好きになったので、レモンです。今日も1日よろしくお願いします」

大場美奈「ハイ、ちょっぴりクールな毒舌天使、みなるんこと大場美奈です」

「というわけで、私はですね、貞子とかお化け役。お化けってできないじゃん、なかなか。だからぜひやりたいなって思ってます。というわけで、私も次回の握手会でちょっとコスプレしようと思うのでみなさん、ぜひ来てください。よろしくお願いします」

竹内美宥「本日の公演は以上のメンバーでお送ります。それではAKB48・チーム4「僕の太陽」公演、はじまり、はじまり~」


◆M05.アイドルなんて呼ばないで (高橋朱里・加藤玲奈・島崎遥香・市川美織)
(ポンポン隊:入山杏奈・永尾まりや・仲俣汐里・中村麻里子・山内鈴蘭・田野優花)
◆M06.僕とジュリエットとジェットコースター (阿部マリア・島田晴香・川栄李奈)
◆M07.ヒグラシノコイ (大場美奈・竹内美宥)
◆M08.愛しさのdefense (田野優花・山内鈴蘭・永尾まりや)
◆M09.向日葵 (仲俣汐里・入山杏奈・中村麻里子・岩田華怜)

■MC2
仲俣汐里・入山杏奈・中村麻里子・岩田華怜

# 中村麻里子 ユニット曲5曲紹介

「もし自分が透明人間になってしまったら」

「したいことある?」
仲俣汐里「ないでしょ、普通に考えて」
入山杏奈「私ある。遊園地に行って、カップルが2人で観覧車に乗ろうとしてるところに一緒に入って、観覧車を揺らす」
岩田華怜「恐怖のデートじゃないですか」
入山杏奈「頂上ら辺にきたらガーって揺らす」

中村麻里子「岩ちゃん、すごい話したがりだったけど、MCのお題決めた時」
岩田華怜「そうですね、いろいろ入り過ぎてちょっと」
中村麻里子「これモノマネ入ってる?」
岩田華怜「透明人間になったらって、けっこういろいろ考えたんですけど、やっぱり普段見れないところ見たいじゃないですか。だから例えば、ヘックシュン! すみません」
メンバーたち「ビックリした」
岩田華怜「我慢できなかった、ごめんなさい。例えば、開店前のお店に忍び込んで、裏側を見たいですね」
入山杏奈「意外とつまんなかった」客、軽くw
仲俣汐里「けっこう夢あること言うのかなと」
中村麻里子「私けっこう爆弾発言するかと思ってたのに普通だった」
仲俣汐里「だって裏ではグヘヘみたいなこと言ってたじゃん。こういうお題だと私ヤバイこと言っちゃいそうですとか。全然思ってないじゃん」
岩田華怜「なんでそういうことバラしちゃうんですか?」客、軽くw

「がんばってまともなやつ考えたんです。じゃ~、いいですよ、言いますよ」
仲俣汐里「おっ! 本音は?」
岩田華怜「本音は透明人間になったら、あんにんさんが寝る時に一緒にベットに入って、添い寝したいなって」客、反応
中村麻里子「私じゃない?」
仲俣汐里「麻里子じゃないよ」
岩田華怜「あんにんさん」
中村麻里子「なるほどね」
入山杏奈「華怜ちゃんの添い寝、添い寝じゃないからね」
岩田華怜「どういうことですか? 理由があるんですよ。イチゴの匂いがするのかなっていう理由」
入山杏奈「何それ?」
中村麻里子「意外とまたつまらない」客、軽くw
岩田華怜「今日調子悪いです、すみません」

中村麻里子「私普通に、透明人間っていうのは小学校の時からの話題のネタじゃん。例えば私だったら、ちょっと悪知恵を働かせて、今季のドラマ主演誰にしますか書類に自分で中村麻里子って書いてみるとか透明人間しかできないじゃん」
岩田華怜「勝手にペンが動いてるんですよ」
中村麻里子「ペンが動いてもしかしたらその後気づいた人が消しゴムで消すかもしれないけど」
岩田華怜「ペンだけ動いてたら逆にこれは神様の道しるべだと思って、麻里子さんになるかもしれないですよ」

仲俣汐里「私普通に、これ言う子いると思ったけど、男子校に行ってみたい。えー?全然?」
中村麻里子「女子校に行きたいっていう気持ちはよくあるけど」
仲俣汐里「女子校だったから、私女子校は憧れなくて。共学も行ったし、行ってないのは男子校だって」
岩田華怜「そりゃーそうですよね」
仲俣汐里「だから気づいたんです。行ってみたいなと思って」

入山杏奈「私が一番気になるのは、食べたものがどうなるのか一番気になります。というわけでみなさん後半戦の準備はできてますか?」客、軽く拍手

仲俣汐里
「続いての曲はこの曲です。せ~の!」
みんなで
「竹内先輩!」


◆M10.竹内先輩
◆M11.そんなこんなわけで
◆M12.デジャビュ


■MC3
川栄李奈・山内鈴蘭・加藤玲奈・竹内美宥・島崎遥香・島田晴香・市川美織・入山杏奈

# 島田晴香 中盤曲3曲紹介

山内鈴蘭「チーム4が1周年を迎えたということで、1年前とどこどこが変わったなというメンバーの一面を話していきたいと思います」

市川美織「あんにんなんですけど、あんにん大人っぽくなりましたよね。イチゴの殻を破った感じ?」
島田晴香「(みおりんは)レモン殻そろそろ破りなよ」
市川美織「ダメです、まだレモンじゃないと未熟です。まだ青いレモンなんです、フレッシュではありません」客w
島崎遥香「あんにんは前髪も変えたもんね」
入山杏奈「そうなんですよね。伸ばしてます」
島崎遥香「前はあんなにここが大事だったのにね」
入山杏奈「私逆に褒めてくれたのにあれなんですけど、みおりんはフレッシュじゃなくなったなって思います」客、軽くw

「いい意味で」
山内鈴蘭「みおりんはフレッシュになるためにフレッシュレモンになりたいって言ってる」
市川美織「そうです」
入山杏奈「フレッシュレモンから遠くなったって言うのかな?」
山内鈴蘭「若くないってこと?」
入山杏奈「若くなくなっちゃったのかもね」
市川美織「やっぱりね」客、軽くw

「そりゃーもう2年ですか?AKBに入って。そしてチーム4・1周年ということで、そりゃーね、フレッシュから遠のきますよ」客、軽くw
島田晴香「諦めてる」
市川美織「後輩もいっぱいいるじゃないですか」
島崎遥香「晴香は髪が長くなったんだっけ?短かったっけ?」
島田晴香「チーム4の時は短かったですね」
島崎遥香「黒髪だったよね、最初は」
島田晴香「なんかグレたみたいな言い方」客、軽くw

「そうですね、今よりはもうちょっと黒かったかもしれないですね」
山内鈴蘭「しまちゃんは1年前よりも今のほうがちょっと元気ないかなと」
市川美織「たしかに」
山内鈴蘭「前は「おりゃー!」とか言ってた」客w

「やってましたよね?」
島田晴香「いつもと一緒です」
島崎遥香「みんな大人になって落ち着いたのかな」

島田晴香「りっちゃんは10月10日から、途中からっていう言い方も悪いのですけど、外から見てた部分もあるじゃないですか。だから、なんかありますか?変わった部分とか」
川栄李奈「逆に美宥さんが初めて見た時から何も変わってないんですよ」
メンバーたち「えー?」
島田晴香「それはいい意味だよね? まだみおりんみたいに老け出してないってこと?」客w
川栄李奈「私ほんとに、初期のまんまです、イメージというか。いいことです、すごく」
島崎遥香「美宥はすごく勉強するようになったよ、いっぱい」
竹内美宥「嫌いだったけど好きになったの、勉強が」
島田晴香「りっちゃんはますます元気になったよね」
川栄李奈「ほんとですか?」
山内鈴蘭「前髪短くなったね」客、軽くw
川栄李奈「違うんです、これは間違えました」
市川美織「一周回ったね」
川栄李奈「そうなんです」
市川美織「○○になりかけて、初期に戻った」
川栄李奈「こうなりました。初期の前髪がこれなんですよ。これの、ガーって感じなので」

島崎遥香「私ね、れなっちは身長高くなったと思う」
市川美織「私よりちっちゃかったのに」
山内鈴蘭「私勝ってると思ったらお団子だった」
島崎遥香「鈴蘭は前「鈴蘭パワー全開」とかやってた。もう1回見たいな」
島田晴香「初期のキャッチフレーズやんなよ」
山内鈴蘭「これやる感じ?」客、拍手

「待ってよ。マジで? じゃ~、センターいっちゃっていいですか?」

「あなたの笑顔が見たいから鈴蘭パワー全開でいきたいと思います。よろしくお願いします」客、ひゅ~&拍手
メンバーたち「懐かしい」
島田晴香「今では堂々と「釣られちゃってください」って言っちゃってますからね」
山内鈴蘭「もう言うことにした、隠さないことにした」

加藤玲奈「こんな感じでですね、懐かしい話もしたところで、チーム4として残り少ない公演とかですが、いい思い出をこれから作っていけたらいいなと思います」

次の曲のイントロが流れ始め、
竹内美宥 次の曲振り


◆M13.夕陽を見ているか?


■アンコール

客「チーム4」コール


◆M14.Lay down


■MC4
前半:永尾まりや・田野優花・阿部マリア・高橋朱里・大場美奈・中村麻里子・山内鈴蘭・仲俣汐里

「イェー!」

永尾まりや「アンコールありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

永尾まりや「Lay downを聴いていただきましたが、普段の私たちとは違うこの曲、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。ここでは即興演技をやりたいんですけど、楽屋での普段の感じをみんなで。でも自分の役やってもつまらないじゃないですか。だから違う人の役をやるみたいな感じで」

仲俣汐里 → 阿部マリア役
山内鈴蘭 → 仲俣汐里役
中村麻里子 → 山内鈴蘭役
大場美奈 → 永尾まりや役
高橋朱里 → 中村麻里子役
阿部マリア → 高橋朱里役
田野優花 → 大場美奈役
永尾まりや → 田野優花役

山内鈴蘭「スタートって声みなさんにかけてもらいます? よ~い」客「スタート」

メンバーたち → あれこれと

山内鈴蘭(仲俣)「みんなのためにパン焼いてきた」
田野優花(大場)「オラにくれ」
永尾まりや(田野)「眉毛にもくれ」
中村麻里子「まりちゃまりちゃ半分こしよう♪」
山内鈴蘭(仲俣)「うるさい鈴蘭。鈴蘭うるさいよ、まりちゃまりちゃって」
大場美奈(永尾)「すずちゃーん」
中村麻里子 → 泣く
山内鈴蘭(仲俣)「みんなー!」
大場美奈(永尾)「仲俣そんな大きい声出せるの?」
永尾まりや「誰やってるの?」
山内鈴蘭(仲俣)「パン焼いてきたよー」
メンバーたち「それ鈴蘭さん」

永尾まりや(田野)「なかまったー大学楽しい?」
山内鈴蘭「めっちゃ楽しい」客w
高橋朱里(中村)「ちょっとみんな公演前でうるさいよ。麻里子だよ」客、軽くw
山内鈴蘭「麻里子ごめん」
大場美奈(永尾)「でも麻里子今日あんまうるさくないね、静かだね」

など (※わかり辛い)

# 後半チーム入場

# メンバーチェンジ


後半:市川美織・加藤玲奈・島田晴香・竹内美宥・川栄李奈・岩田華怜・島崎遥香・入山杏奈

市川美織「最近懐かしいなと思ったことを発表していきたいと思います」

岩田華怜「私、この間阿部マリアさんが被災地訪問で仙台の宮城県のほうに行ってくださったんですよ、阿部マリアさんだちが。マリアさんが仙台駅の風景を写真で撮って送ってくれて、それを見て、懐かしいなってほんとに思って。ちょこちょこ帰らせてもらってるんですけど、でもやっぱりこうやって見ると懐かしいなと思って。ちょうどデパートの写真だったんですけど、駅を出て、こっち側に何々があって、正面にはなんとかがありますって全部説明するメール送ったら、ほんとだ合ってるってきて、よっしゃと思いました。それが懐かしいなって。地元ってやっぱ懐かしいですよね」

川栄李奈「私はちっちゃい頃の写真見ると懐かしいなと思いますね」
島田晴香「変わってなさそうだけどね、りっちゃん」
川栄李奈「落花生って言われてたんですよ、生まれた時。おでこが広くて」
島田晴香「落花生に失礼じゃない? 大丈夫?」
川栄李奈「そのまま落花生のまま育っちゃいました」
島田晴香「今も落花生?」
川栄李奈「今も落花生です。ちっちゃい頃の写真がほんとに落花生しかなくて」
島田晴香「出せる?おでこ今」
川栄李奈「出せないです」
岩田華怜「川栄さん最近前髪切ったじゃないですか。髪切ったじゃないですか。ちょっと前髪短くなったじゃないですか。それでなんか、入った当初の川栄さんを思い出して、あっ、懐かしいなって思いました。私が入った当初に川栄さんこのぐらいの短さだった」

竹内美宥「美宥も写真って言うより、よくお母さんと昔話をするんですよ。けっこうたくさん。そういう時にすごい懐かしいなと思って。この間は小学校3年生ぐらいの話をしてて。小学校3年生の時に入ったお店を見たんですよ。ここ行ったんだよね、そこから2、3時間ぐらいずーっと話をして。懐かしいなって思いますね」
市川美織「たしかに昔ながらのお店って見ると、ちっちゃい頃からお世話になってたなと思って、すっごい懐かしくなります」

「私も懐かしい思い出があって。この間テレビで合唱コンクールの様子を生中継していたみたいで」
島田晴香「咲子さんが出てたやつ?」
市川美織「そうです。NHK全国音楽コンクールっていうやつで、私も実は中学校の時に音楽部でそこを目指してがんばってた時があったので。練習風景とか発声練習とかランニングしたりとか見てたら懐かしくなっちゃって。歌を聴きながら思わず涙してしまいましたね」
島田晴香「ちょっと蘇ってきちゃったんだ」
市川美織「そうなんですよ、ほんとに、夏休みとか遊ばないでずーっと音楽室にいたなとか。歌ってすごい力があるなって思ったんですよ」
島田晴香「歌って大変だよね」
竹内美宥「美宥も目指してたんだよ。合唱部じゃないんだけど、大変だよね。でもみんなで完成した時の達成感がいいよね」

入山杏奈「私ちょっと感動する話なんですけど。ちょっとハードル上がったからやめとくんですけど。中学生の部活をやってた時に、テーマパークで演奏してたことがあって。その時に見に来てくれた方がいるんですよ、知り合いで。初めてそこで会ったんですね、見に来てくださって。で、ありがとうございますっていう話をして終わったんですけど、ついこの間お手紙がきて。その方からだったんですね。この間テレビを見ていたらテロップに入山杏奈って出て、まさかと思って調べたら杏奈ちゃんでビックリしましたってわざわざお手紙くれて、自分の近況報告とかしてくれて」
島田晴香「感動するね」
入山杏奈「3枚ぐらいの長いお手紙書いてくれたので、感動して、私も2枚ぐらいのお手紙を今日出してきました」

島崎遥香「私はチームサプライズのPVを最近見て。ちょうど1年前に撮ってたんですね」
島田晴香「そんな前なんだ。ぱるる髪の毛長かったもんね」
市川美織「たしかに若いですもん」
島田晴香「若いですよね?って、ちょっと今なんて言った?」客w
島崎遥香「ダンスもすごい初々しくて、なんかすごい」
島田晴香「あの曲好き、君のC/W」
島崎遥香「あれね、1人だけちょっとずれてるんだけど、ダンスが」客、軽くw
島田晴香「ぽんこつちゃん」
島崎遥香「それよりは成長したなと思いました、自分が」
島田晴香「うちのお兄ちゃんやったって言ってました。推しメンぱるるでやったって言ってました」

市川美織「れなちゃんは触覚変わらないから懐かしいです」
加藤玲奈「ありがとうございます」
市川美織「ということでですね、懐かしい思い出に浸ったところで、こっからはですね、明るく元気にですね、一緒に盛り上がって楽しんじゃいましょう。それでは続いての曲はこの曲です。せ~の」
みんなで
「BINGO!」


◆M15.BINGO!
◆M16.僕の太陽


曲終了後、
大場美奈「本日はご来場ありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

大場美奈「この後は今日ここにいる出演メンバー全員でギンガムチェックを披露したいと思います」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

島崎遥香「それでは聴いてください。ギンガムチェック」


◆M17.ギンガムチェック島崎遥香センター


曲終了後、
大場美奈「みなさーん、ギンガムチェックはいかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。これからもAKB48そしてギンガムチェックの応援をよろしくお願いします」

加藤玲奈「そして、ここでみなさんに見ていただきたい映像があります」

# AKB48・28thシングル「UZA」MV上映案内
・レディー・ガガさん、ブリトニー・スピアーズさん、エミネムさんなどのミュージックビデオを手がけられ、AKB48では「ギンガムチェック」のミュージックビデオを撮影したジョセフ・カーン監督がミュージックビデオを撮影
・変装なども見所の1つ

# 入山杏奈 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → 僕の太陽

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■AKB48 28thシングル「UZA」MV上映


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチーム4、バックダンサー、五十音順に並ぶ。(※ 16歳未満 除く)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
10月10日(水)「僕の太陽」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 島田晴香市川美織

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル