FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

顔が芸人 (2012/10/08、18時開演、「シアターの女神」公演 434回目)

■出演メンバー
新チームB → 石田晴香・北原里英・小林香菜・佐藤亜美菜・佐藤すみれ・佐藤夏希・鈴木紫帆里・鈴木まりや・近野莉菜・増田有華・宮崎美穂

チーム4 → 岩田華怜
昇格メンバー → 伊豆田莉奈・名取稚菜
12期研究生 → 佐々木優佳里・平田梨奈

前座ガール(研究生) → 前田美月

■ポジション
不在チームBメンバー 5名(河西智美・柏木由紀・小森美果・渡辺麻友・渡辺美優紀)

河西智美 → 岩田華怜
柏木由紀 → 名取稚菜
小森美果 → 佐々木優佳里
渡辺麻友 → 平田梨奈

渡辺美優紀 → 伊豆田莉奈 (旧・平嶋夏海ポジション)


■開演前
# 研究生の前田美月が上手袖より入場

前田美月「前座ガールの14期研究生・前田美月です」客、拍手

「「シアターの女神」公演が始まる前に1曲披露させてください。ロマンスかくれんぼ」客、拍手


◆M00.ロマンスかくれんぼ
(前座ガール=前田美月)


# 曲終了後、緞帳閉まる


■開演
◆ オーバーチュアー

◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)


■MC1(自己紹介)
宮崎美穂「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48です」客、拍手

# 宮崎美穂 序盤4曲紹介

# AKB48公式モバイルサイトにてお題を募集中

お題提供:リサさん
お題:みなさんが洋服を選ぶ時のポイントを教えてください


【1列目 上手側から順に】
鈴木紫帆里「ハイ、シアターを支える3本目の柱になりたい、チームBのしほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私は第一印象でパっと見て、欲しいなって思うものを基本的に買うんですけど、丈がですね、おわかりの通り、ワンピースが普通の丈だと上に上がってしまってチュニックみたいな、ただのトップスみたいになるんですよ。ほんとに。これは切実な悩みなんですよ。下に絶対にボトムスを穿かないと、パンチラどころではないんですね。なんで、まず、パっと見て、いいなと思ったものをとりあえず試着室に持って行き、微妙な丈だったら下に何かを穿いて着るかっていうのをいろいろ考えながら買い物します。ハイ、というわけで今日もよろしくお願いします」

佐藤すみれ「はい、永遠のベビーフェイス、すーちゃんこと佐藤すみれです。よろしくお願いします」

「私はロリータファッションとかちょっとフリフリした洋服が好きなんですけど、けっこうお高いんですよ、値段が。でもやっぱり初めて見た時にビビっときたものは買っといて損は無いと思うので、やっぱり初めて見た時にビビっときたものは買うようにしています。今日はよろしくお願いします」

平田梨奈「ハイ、あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。12期研究生のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」

「私はよくママとお買い物に行くんですけども、私あんまりセンスが思うよりよくなくて、なのでお母さんがセンスよくて、なのでお母さんにほとんど服とか選んでもらってるのですけども、お母さんやっぱりセンスいいんで、お母さん買ってくれた服をよく着てます。それが私のポイントです。ママ頼ることです。ということで、ママにもっと買ってもらいたいなと思います。よろしくお願いします」

宮崎美穂「ハイ、ド・レミ・ド・ミ・ド『みゃお~!』ありがとうございます。19歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「私は19年間服のセンスがないんですよ」客、軽くw

「私もこのお題を気になってた」
増田有華「じゃ~、ほかのにしよう」客w
宮崎美穂「だから私基本的に試着できなくて、恥ずかしくて。どうしたらできるようになりますか?」客w
増田有華「誰に聞いてるの? ひらりーどう思う?今の」
平田梨奈「お母さんと一緒にお買い物行くといいと思います」客w → 拍手
宮崎美穂「お母さんと一緒に」
平田梨奈「はい」
宮崎美穂「わかりました」客w

「はい、ということで今日もよろしくお願いします」

佐々木優佳里「涙の数だけ輝きたい、12期研究生のゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私はですね、好きな色が水色と黒なんですけど、いつも買い物に行ったら、いつもその二色を基準に選んでます。ということで今日も自分らしく輝いていけたらいいなと思います。よろしくお願いします」

# 以上捌ける


【2列目 上手側から順に】
石田晴香「ハイ、18歳のはるきゃんこと石田晴香です。よろしくお願いします」

「私はですね、ファッションセンスがずば抜けてないんですけど、すごい無いんで。面と向かって言われるとちょっと辛いんですけど」客、軽くw

「ほんとに無くて、私もひらりーと一緒でママと買い物に行ったり、ママのおさがりをもらったりするんですけど、やっぱりママと買い物に行くとママがお金を出してくれるから、私もママと買い物に行くのを薦めます。今日もよろしくお願いします」

増田有華「は~い、みなさんこんばんはー。笑顔ニコニコ、元気モリモリ、たこ焼き『めっちゃ好きねん』大阪魂炸裂の21歳の増田有華です。よろしくお願いします」

「私はですね、やっぱりかわいい服買いたいんですけど、最近この歳になってくると徐々にどういかに洗濯しやすいものを買うかっていうほうになってきまして、この前1万円ぐらいのTシャツめっちゃかわいいデザインのやつあって、買ったんですけど、1回着て汗かいたから洗濯したら、3分の1ぐらいのTシャツになったんですよ。ほんま盛ってなくて。ねー、会いに行けるアイドルですから喋りますからねー」客w

「どんどん喋っていきましょう」
佐藤夏希「ヤバイよ。芸人」
近野莉菜「顔が芸人」
佐藤夏希「どうしたの? 何があったの?」客w

「心配に」
増田有華「私、オズの魔法使いに出てから芸人目指そうと思いました」客、反応 → 拍手
近野莉菜「顔が芸人」
増田有華「顔が芸人、顔が芸人」
小林香菜「やっぱフィールドが違うからね」客、軽くw

「芸人のフィールドだ」
増田有華「後で覚えとけよ」客w

「ハイ、ということで最後まで盛り上がっていくでー!」

佐藤亜美菜「はい、愛されたい愛したい、でもやっぱり愛されたい、AKB48チームBの佐藤亜美菜です」

「私はですね、服とかアクセサリーとかけっこう変わったものを付けるんですけど、けっこう変わったものだから値段も高かったりして、なかなか買うことができないと、一緒に母親がいると、これママが作ってあげるよみたいなことを言ってきて、昔から服飾でいろいろやっていたらしく、私の服などちっちゃい時は作ってもらったことはあったのですけど、そんなこと言って実際やんないっしょなんて言って、某ブランドにデニムのショートパンツにクマのぬいぐるみが付いてるっていうものがあって、すっごいかわいかったんですけど、2万9千・・・みたいな、おいおいおいみたいに思って、そりゃー無理だなと思って、ある日家に帰ったら、私のショートパンツに100均のクマが付いてたんですよ」客w

「えっ? マジかよ!?みたいになって。うちの母親できるやつだと思って」
石田晴香「しかもすごいかわいいんだよ」
佐藤亜美菜「ぬいぐるみって立体じゃないですか。丸いけどちゃんと綿を抜いて片面は平らになるようにしてあって、ここにポンポンってくっつけてあって、しかもただのこういうぬいぐるみがこことここくっつけて、こういう(首かしげる)のと、こことここくっつけてこういうの二体がついてて、すごいかわいいなと思ったので、これから私がデザインして母親に作らせようかと思っているので、そんなのが披露できたらいいなーなんて思います。今日も楽しんでいってください。よろしくお願いします」

岩田華怜「ハイ、知っている方は一緒にお願いします。せ~の、可憐で華麗な『伊達娘』ありがとうございます。宮城県仙台市から来ました、中学2年生、14歳の華怜こと岩田華怜です」

「私はすごく亜美菜さんのファッションにすごく影響されてまして。もう亜美菜さんをひと目見た時からもう私が目指してるファッションはこれだ!と思ったんですよ。それから毎回のように亜美菜さんに会うと服をチェックしたりとか、今日もかわいいなと思ってるんですけど。私、クマ持ってるんですよ」
増田有華「2万9千?」
岩田華怜「もうちょっとコスト抑え目のやつ、同じようなやつ持ってます」
増田有華「今度着てきてよ、一緒に」
佐藤亜美菜「でもさ、すごい尊敬、亜美菜さんのファッションすごいです、ありがとうみたいになるんだけど、ほんとにさ、同じ格好してる時あるんだよね。同じブランドをどんどん共有することによって。すごいんだよね」
岩田華怜「そうなんですけど、亜美菜さんに、これ亜美菜さん似合いそうだな、かわいいなと思って買って、私が着るとなんか違うんですよ、やっぱり。だから、それがちょっと今悩みなんですけど、私が洋服を選ぶポイントは亜美菜さんが着たらかわいいだろうなって思ってるやつを買ってます」
佐藤亜美菜「えー? そのままちょうだいよ」客w

「違う違う、それはほんとにウソです。自分で着てください」
岩田華怜「今日も自分らしくいきます。よろしくお願いします」

鈴木まりや「はい、知っている方は一緒にお願いします。3時のおやつは?」客「まりやんぬー」
「ありがとうございます。まりやんぬこと鈴木まりやです。よろしくお願いします」

「私はつい最近この前までは、けっこうありがちな服を着てたんですけど、最近はヴィンテージとかヨーロッパとかアメリカから輸入したみたいなやつに嵌っていて、全然コストも低いんですよ。いい感じの感じで、最近の勝負服がヨーロッパの民族衣装の上みたいなのがすごいかわいくて、それに嵌ってます。隣にいるのが佐藤夏希さんって言うんですけど」客w
佐藤夏希「すごい失礼じゃない。みんな知らないの?私。大丈夫?大丈夫?」
鈴木まりや「佐藤夏希さんって言うんですけど、夏希さんが若いうちは短いの穿くかもしれないけど、歳を重ねるうちにどんどん長くなっていくんだよって前MCで言ってたんですけど、最近私も膝下丈を穿くようになりまして、なっちさんと同じ匂いがするのでそのうち業務用の枝豆とか買っちゃうんじゃないかなって思っています。今日はよろしくお願いします」

佐藤夏希「は~い、せ~の、1+2=Nなっちー。はい、NなっちことチームBの佐藤夏希です。よろしくお願いしま~す」

「私がお洋服を選ぶ時のポイントはですね、やっぱ女の子ですから、フリルが付いてる服を買いたくなっちゃいますねー」
増田有華「でも?」
佐藤夏希「でもですね、いろいろ気づいたことがあります。歳のせいでしょうか、私のクローゼットからフリルが消えました」客、軽くw

「最近私が服を選ぶポイントは、やっぱなんだかんだピンクが好きなので、ピンクのお洋服を選ぼうと思っています」
増田有華「からの?」客w
佐藤夏希「いろいろ考えたんですけれども、クローゼット開けてみました。黒と白しかありません。最近はですね、ジーパンばかり穿いてます。今日も全力でがんばります。よろしくお願いします」

# 以上捌ける


【3列目 上手側から順に】
伊豆田莉奈「10期生の高校2年生、16歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私は意外と効率がいいことができて。一番始めにネットとかで自分の好きなブランドの洋服を調べとくんですよ。それで全部写真を保存しといて、これは全部買うって言うリストみたいなのを作って、それからお店に行って、全部それを買って、余ったお金でほかのお店で使うんですよ。だから意外と効率がいいことができるのが大人なんじゃないかなと思うので、洋服はいろんなの好きなんですけど、大人っぽい洋服も着てみようかな、なんて思います。今日もよろしくお願いします」

北原里英「はい、愛知県から来ました、北原里英、21歳です。よろしくお願いします」

「私はボーダーの服がめちゃくちゃ好きなんですけれども、ボーダーを着てる女は90%モテないっていうね、話を聞いたんで、極力ボーダーを選ばないように最近は生きています。今日は盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

名取稚菜「幸せを運ぶ4つのエクボ、あなたに幸せを届けます。わかにゃんこと名取稚菜です。よろしくお願いします」

「私の洋服を選ぶポイントは素材なんですけど、気持ちいい素材を着るとそれだけでテンション上がるじゃないですか。で、けっこう今日もモコモコの気持ちいいやつとかを着てるんですけど、そういう気持ちいい素材を着て、女子力あるぶってます。今日も笑顔でいくのでよろしくお願いします」

近野莉菜「ハ~イ、ミラクルミラクル?」客「きっとくる!」
「ありがとうございます。チームBの19歳、近野莉菜です。よろしくお願いします」

「私はネオンカラーに弱くてですね、お店に行ってネオンカラーを見ると、これかわいい、これかわいいって言って、ついついネオンカラーばっかり集まってしまって、今年の夏3枚くらいショーパンで、蛍光ピンク、蛍光水色、蛍光黄色とジーパンが集まってしまったので、冬もネオンカラーでいきたいなって思います。今日もよろしくお願いします」

小林香菜「はい、最近悪女と呼ばれるのが気持ちいい小林香菜です。よろしくお願いします」客、軽くw

「私はですね、たぶん顔がちょっと幼いのかわかんないんですけど、よく子供っぽい服装を着てるよね?って言われるんですよ。でもそれはだいたい才加から譲り受けたものを着てるから」客、軽くw

「そんなハズはないんですね。秋元才加ちゃんと一緒に買い物に行くと、たいてい才加は1回あんまり気に入らないものも買っちゃうんですね、あの子は。1回着たら私にまわってくるんですよ。だから私は洋服を買わなくて済むので、けっこう順番待ちです。AKBでも順番待ちですね。ということで今日もよろしくお願いします」

北原里英「チームB5th「シアターの女神」公演。私たちが本当のシアターの女神になれるように、今日も全力でがんばっていきたいと思います。ではまずはユニットからです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(佐藤すみれ・平田梨奈・鈴木紫帆里)
◆M06.嵐の夜には(鈴木まりや・佐々木優佳里・宮崎美穂・佐藤夏希)
◆M07.キャンディー(増田有華・岩田華怜・佐藤亜美菜)
◆M08.ロッカールームボーイ(小林香菜・石田晴香・北原里英・近野莉菜・伊豆田莉奈
◆M09.夜風の仕業名取稚菜


■MC2
佐藤夏希・鈴木紫帆里・平田梨奈・宮崎美穂・佐藤すみれ・鈴木まりや・佐々木優佳里

# 宮崎美穂 ユニット曲5曲紹介

鈴木まりや「美容室の思い出について」

宮崎美穂「女の子ですからね、行く回数が多いんじゃないかと思って」
佐藤夏希「最近はひらりーが超髪の毛長かったのに、こんな短くなっちゃって」
平田梨奈「30センチ切りました。途中でやめようとしたんですよ。切ってる途中に「やめてください」って言っちゃったんですよ。そしたらやめちゃったら微妙な位置だったんですよ。なので、勇気出して目つぶって切ってもらいました」
宮崎美穂「理由は?」
平田梨奈「学校がちょっとめんどくさくてですね。毎日朝起きて5分くらい結ぶ時間がかかるんですよ。そしたらその5分間寝る時間にして」客w
佐藤夏希「たった5分のために切ったの?」
平田梨奈「はい」
佐藤夏希「そうなんだ」
鈴木紫帆里「でも切ったら切ったで寝癖とか大変ですよ、短いと跳ねちゃうし」
鈴木まりや「紫帆里もずっとセンター分けで触覚だったけど」
鈴木紫帆里「今年から変わったね。でも評判がいいです、こっちのほうが」
佐藤すみれ「こっちのほうが好きだよ」
鈴木紫帆里「ほんとに? 嬉しいです。でもなんか、今までやってたのから変えようっていう勇気ってけっこう必要じゃないですか」
佐藤夏希「まりやんぬだって前髪めっちゃ短く切った。眉毛の上まで切って」
鈴木まりや「これぐらいになって、今伸ばしてるんですけど、さっき「嵐の夜には」の時にだんだんずれてきて、ズラがずれてるみたいになってきちゃったんですよ。固めてきました」
宮崎美穂「でも私ひらりーみたいに勇気がいるじゃないですか、切る時に。私も去年か一昨年の夏に切ったんですよ、めっちゃ短く。ひらりーよりは長いけど肩につくぐらい。もう無理だと思ってエクステつけました。エクステに逃げた。似合う似合わないあるんですよ」
鈴木紫帆里「とりあえず迷ったらウィッグみたいな、かつらみたいなので少々試したり」
宮崎美穂「あれブカブカしてるじゃん。ウィッグと言えば増田さんですよね? 有華ちゃん購入してたよね?ウィッグ、ロングの。似合ってたのにね」

佐藤夏希「私AKBでデビューしたの、もう7年前なんですけれども、当時髪型を決めるプロフェッショナルの女性がいたの、1人。その方が決める髪型を絶対しなきゃいけない。今ほど自由はなかったのでそのまんまなんですよ。「あなたストレートね」って言ったらずっとストレート。「ツインテールね」って言ったらツインテールだったんですけど、なぜか私は「あなたパーマだね」って言われたの」客w

「パーマですか? でもプロフェッショナルだからその人が言うこと絶対なの。で、「明日、美容室に行ってもらっていい?どこどこの」って、指定の美容室に行って」
メンバーたち「えー?」
佐藤夏希「そしたらすごい、大丈夫?みたいな人が「なんか直毛だから、ちょっと強めのパーマ入れちゃおっか」みたいな感じで言われたの」
宮崎美穂「怖い」
佐藤夏希「強めのパーマを入れたんだけど、できた瞬間の見たらパーマが入らなかったの。直毛だから。でもパーマが入らないってこと・・・、強めなのに。えっ?と思って。帰りの電車の時点でもう取れちゃってたの。プロフェッショナルの方に電話して、「今パーマ取れちゃったのですけど」「今から戻ってもう1回パーマ入れてもらっていいかな?」って言われて、1日に2回目のパーマを入れたの。強めのパーマ、それも。「さっきのはちょっと弱かったかもしれないからもうちょっと強いの入れるね」って言われて、さらに強めのパーマを入れられたの、1日に2回目よ。で、いくじゃん、できあがるじゃん。安い牛肉のしゃぶしゃぶ食べたことあります? 縮んでいくじゃん、どんどん。ああいう、こんなんなっちゃって、私当時についたニックネーム「給食のおばさん」ですからね。ヤバくない? でもその人が言うから絶対なの」
宮崎美穂「逆らえないからね、言えないけど」
佐藤夏希「だから給食のおばさんか、安い牛肉のしゃぶしゃぶと思っていつも毎日がんばってたの」
佐藤すみれ「その後が気になる。その後はどうなったの?」
佐藤夏希「だんだんだんだん落としていって、自然に。やっと髪型変えられますよって言った時にストレートにしてやった」
メンバーたち「あー」
宮崎美穂「そっちのほうが評判良かった?」
佐藤夏希「良かったです。そういう時代もあったのよ」
宮崎美穂「切り替え大事じゃないですか。小学生の時、すごい美容室が大っ嫌いだったんですよ。なぜかというと、髪の毛洗う時にあの白いのがついたらどうなっちゃうんだろうとずっと思ってたの」
佐藤すみれ「シャイだね」
宮崎美穂「シャイだよ。それが嫌だったの。だから美容院に絶対行かない、お母さん髪切ってくださいみたいな感じだったんだけど、やっぱ美容院ってすごいんですよ。イメチェンができた」客、失笑

「イメチェンができる、段がつけられる。そう・・・。やめようやめよう。ハイ、ということでこれからもAKB48の応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 他のメンバーたち入場

宮崎美穂「それでは後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)


■MC3
前半:石田晴香・佐々木優佳里・佐藤亜美菜・名取稚菜・鈴木まりや・増田有華・宮崎美穂・小林香菜

# 佐藤亜美菜 中盤曲3曲紹介

※諸事情によりカット

# 次のメンバー入場

メンバーたち「キーンコーンカーンコーン」
宮崎美穂「みんな、授業始まるから」客、軽くw

# メンバーチェンジ

後半:鈴木紫帆里・近野莉菜・佐藤夏希・北原里英・平田梨奈岩田華怜・佐藤すみれ・伊豆田莉奈

北原里英「秋と言えば運動会のシーズン。運動会でこんな競技をやっている彼にキュンキュンするお話についてです」

「青春と言えば体育祭とかあるじゃないですか。こんなスポーツしてる人にキュンキュンみたいな話をしていこうと思います」
鈴木紫帆里「ハイ! 運動会の鉄板。さっき楽屋で私これにするってずっと話してたんですけど、鉄板でも王道でもなんでもいいですけど、とりあえずリレーのアンカー」
メンバーたち「あー」
鈴木紫帆里「アンカーって絶対その学年で一番か二番に速い人じゃないとたぶん任せてもらえないじゃないですか。その時点でけっこうポイント高くないですか?」
近野莉菜「走ってる時の顔ヤバくないですか?」
メンバーたち → 軽くw
佐藤すみれ「ひどいひどい。私アンカーにプラスしていいですか? そのアンカーの人が転んじゃったらキュンとします」
北原里英「そんで、その子のせいで負けて、「ごめん」って言われたら!」高まる
佐藤夏希「甘いよね、みんな考えが。ほんとのキュンキュン知らないみたいだね」客w
鈴木紫帆里「おっ。どういうことですか?」
佐藤夏希「私が一番キュンキュンする競技でしょ? 台風の目」
メンバーたち「何それ?」
佐藤夏希「台風の目知らないの? 台風の目やっぱかっこいいなって思うよね」
メンバーたち「棒を持って?」
佐藤夏希「そう。で、コーンを回る。かっこいいよね、あれ」
鈴木紫帆里「回りが大変なやつですよね? 外側が」
佐藤夏希「あれでだいたい台風の目でわかる。遠心力がかかってるから、回る時。自分の力を抑制させる気持ち、それがやっぱ現れてる競技だから、やっぱり台風の目」
鈴木紫帆里「ちなみにどこら辺のポジションの人がかっこいいと思いますか?」
佐藤夏希「一番最初のスタートダッシュをしてくれる人かな?」
メンバーたち「あー」
佐藤夏希「オレに任しとけ、みたいな」
北原里英「そこで決まるもんね、だいたい」
近野莉菜「最初と最後だよね。最初が重要だよね」
佐藤夏希「最初が重要。あとどんな競技があるの?今の学校は」
近野莉菜「騎馬戦」
佐藤すみれ「騎馬戦かっこいいよね」
鈴木紫帆里「の、大将でしょ?」
佐藤夏希「甘いよ、ほんとに」客、軽くw

「騎馬戦がどういう競技かわかって言ってるんですか?」
鈴木紫帆里「相手の騎馬を倒す」
佐藤夏希「違うよ。あれはほんとに性格の悪さが全部出ちゃう競技なの」客、軽くw

「ほんとに気をつけなさい。あれはもうダメ、あれは気をつけて欲しい」

岩田華怜「借り物競争とかで、お母さんって出て、お母さんを必死に探してる人にキュンキュンします」客、軽くw
佐藤夏希「ピンポイント過ぎない?」
近野莉菜「それはあったの?運動会で」
岩田華怜「借り物競争は私の小学校無かったんですけど、想像して、借り物競争とかやりたいなって思ったら、やっぱり何が出てキュンキュンするかなと思ったら、男の子が小6とかでいい歳した男の子が」
鈴木紫帆里「いい歳?」客w

「小6でいい歳ではない」
岩田華怜「お母さんっ子じゃなさそうな子が一緒に「お母さん誰か、お母さん誰か」って言ってるとちょっとキュンキュンする」
北原里英「小6がだってめっちゃ最近だもん、華怜ちゃん」
岩田華怜「一昨年の話」
平田梨奈「入った時だったもんね」
岩田華怜「小6で入ったの」
佐藤夏希「小6で入ったの? ヤバイ」
佐藤すみれ「それヤバイね」

平田梨奈「私は運動会あんまり経験したことなくてですね、アメリカだと、試合とかあるんですよ、よく。スポーツの。私が一番好きな試合はフットボールなんですよ」
メンバーたち「あー」
平田梨奈「肩とか付けて、タックルしたりだとか、うわー!って行ったりとか」
北原里英「フットサルとフットボールどう違うの?」
近野莉菜「フットサルはサッカーみたいなやつ」
北原里英「アメフトってこと?」
平田梨奈「はい。で、私もよく遊んでたんですよ。それで、投げる人が決まってるんですけど、その投げる時のポーズがすごいかっこいいです」
メンバーたち「へー」
平田梨奈「金髪の髪型にめっちゃキレイな緑と青の目とか」
メンバーたち「あー」
佐藤夏希「マイケルのこと言ってるんでしょ? 田中くんとか鈴木くんとかそういうタイプじゃない。こっちはマイケルの話してるの。続けて」
佐藤すみれ「それはかっこいい」
佐藤夏希「緑の目だって。映画でしか見たことないよね」
北原里英「羨ましい。行きたいな、その学校」
平田梨奈「勝った時、胸を合わせる、ドーンって飛ぶんですけど、その時のみんなの喜びがキュンとします」
メンバーたち「へー」
佐藤夏希「やってるのマイケルだからね」
近野莉菜「次元が違うね、私たちと」
平田梨奈「すごい楽しいです、見てるだけで」
北原里英「球技大会だよね、日本で言う」
佐藤夏希「球技大会でこれ(胸をドーン)やっちゃったら何やってるの?ってなっちゃう」
平田梨奈「チアリーダーとかもいます」
メンバーたち「あー」
平田梨奈「やってました」
佐藤夏希「どうやってやるの? やって」
平田梨奈「大丈夫です」客w。足とかすごい上げたりするんで」
佐藤夏希「掛け声とかないの?」
平田梨奈「学校の名前とか叫んだりします。日本ではリレーの時、なんかやるじゃないですか。ゴー!○○って言います」
北原里英「うちら白組(チャチャチャ)、赤組(チャチャチャ)。悲しいね」
佐藤夏希「アメリカはいいね」
北原里英「でもやっぱり秋は世界共通で青春を感じる体育祭という行事があるということでね」客、軽くw

「素敵な季節だなって思います。ということで」客w

「みなさんは今度の週末どこかへ出かける予定はありますか? 私は田舎のおばあちゃん家へ行こうと思っています。最後の曲です。聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)


曲終了後、メンバーたち、ハケる。


■アンコール


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)


■MC4
曲終了後、「イェー」

佐藤夏希「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

佐藤夏希「オネストマン、チームB推し、2曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「ありがとうございます。次の曲が本当に最後の曲になります。私たちの夢を乗せて歌います。聴いてください。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


曲終了後、
佐藤すみれ「本日のご来場ほんとにありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

佐藤すみれ「ありがとうございます。私たちAKB48ニューシングル「ギンガムチェック」はみなさんも聴いていただけましたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はこの公演メンバーで「ギンガムチェック」を披露させていただきたいと思います」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

佐藤すみれ「それでは聴いてください。ギンガムチェック」


◆M17.ギンガムチェック (全員) ※佐藤すみれセンター


曲終了後、
石田晴香「ギンガムチェックいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。これからもAKB48そして「ギンガムチェック」の応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 石田晴香 ハイタッチ案内

北原里英「みなさんにお待ちいただいてる間に10月31日に発売になります、AKB48の28枚目のシングル「UZA」のミュージックビデオが完成したので、ここで披露したいと思います」客、拍手

「今回のミュージックビデオもですね、レディー・ガガさんやブリトニー・スピアーズさんなどを手がけられておりまして、AKB48は「ギンガムチェック」を撮っていただいたジョセフ・カーン監督に撮っていただきました。AKB48史上最高難易度のダンスと後半の大技にぜひ注目してください。それでは最後の挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → シアターの女神

# メンバーたち手を振りながらハケる


上手袖前にて、
増田有華「それではみなさんご一緒に、せ~の」
小林香菜近野莉菜北原里英増田有華佐藤すみれ「またきてな~」

増田有華「ほんなね~」

# 公演終了


■AKB48 28thシングル「UZA」MV上映


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームBメンバー、正規メンバー、研究生、五十音順に並ぶ。(※ 前座ガールは不参加)

公演後のメンバーコメント(DMM)

公演後の感想 → 佐々木優佳里名取稚菜岩田華怜

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

dTVチャンネル