FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

パセリ (2012/10/08、14時開演、「シアターの女神」公演 433回目)

■出演メンバー
新チームB → 石田晴香・北原里英・小林香菜・佐藤亜美菜・佐藤すみれ・佐藤夏希・鈴木紫帆里・鈴木まりや・近野莉菜・増田有華・宮崎美穂

チーム4 → 岩田華怜
昇格メンバー → 伊豆田莉奈・名取稚菜
12期研究生 → 佐々木優佳里・平田梨奈

前座ガール(研究生) → 前田美月

■ポジション
不在チームBメンバー 5名(河西智美・柏木由紀・小森美果・渡辺麻友・渡辺美優紀)

河西智美 → 岩田華怜
柏木由紀 → 名取稚菜
小森美果 → 佐々木優佳里
渡辺麻友 → 平田梨奈

渡辺美優紀 → 伊豆田莉奈 (旧・平嶋夏海ポジション)

■開演前
# 研究生の前田美月が上手袖より入場

前田美月「前座ガールの14期研究生・前田美月です」客、拍手

「「シアターの女神」公演が始まる前に1曲披露させてください。ロマンスかくれんぼ」客、拍手


◆M00.ロマンスかくれんぼ
(前座ガール=前田美月)


# 曲終了後、緞帳閉まる


■開演
◆ オーバーチュアー

◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)


■MC1(自己紹介)
宮崎美穂「みなさん、こんにちは!」
みんなで「AKB48です」客、拍手

# 宮崎美穂 序盤4曲紹介

# AKB48公式モバイルサイトにてお題を募集中

お題提供:メイさん
お題:1年の間で一番好きな月はいつですか?


【1列目 上手側から順に】
鈴木紫帆里「ハイ、シアターを支える3本目の柱になりたい、チームBのしほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私はけっこう春夏秋冬全部どれも好きなんですけど、5月が一番好きで。4月って新学期とかが始まって、どうしても新しい環境で慣れないって言うじゃないですか。5月って一番慣れてきて、楽しい時期だと思うんですよ。で、私今年の5月すごい楽しかった記憶があるので、私は5月が大好きです。ハイ、今日も思い切り盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

佐藤すみれ「はい、永遠のベビーフェイス、すーちゃんこと佐藤すみれです。よろしくお願いします」

「私は10月、今月が好きです。読書が好きで、やっぱり読書の秋ということで、だんだん涼しくなってきて、寝る前にベランダで好きな本を読むのが好きなので、やっぱり今月だんだん涼しくなってるじゃないですか。なので今の季節が一番好きです。今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

平田梨奈「ハイ、あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ ありがとうございます。12期研究生のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」

「私はですね、12月なんですけど、理由はサンタさんが毎年来てくれるんですけれども、毎年楽しみにしてるんですよ。何もらえるのかなーって」
増田有華「サンタさんはいないよ」客、反応
鈴木紫帆里「夢壊さないでくださいよ」
増田有華「サンタさん、いるよ」客w
平田梨奈「良かったです」
佐藤亜美菜「お子さんもたくさんいらっしゃるんですから」
増田有華「ごめんね」
平田梨奈「でも私サンタさんのビデオ撮ったことあるんですよ」客、おー

「ちゃんと隠しカメラで」客w
増田有華「それ絶対お父さんやて」
佐藤亜美菜「コラッ」
平田梨奈「ちゃんと太ってたんですよ。なので、今年も何もらえるかなってすごい楽しいにしています。ハイ、今日もみなさんと盛り上がれたらなと思います。よろしくお願いします」

宮崎美穂「ハイ、ド・レミ・ド・ミ・ド『みゃお~!』ありがとうございます。19歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「私はですね、1月ですね。私の家は1月1日にお年玉がもらえるんです」客w
増田有華「みんなやけど」
宮崎美穂「でも、もらうからさ、お金を」
増田有華「みんなもらうよ。がんばれー」客w
宮崎美穂「でもさ、ここにきてる大半の人はたぶん1月は嫌いだと思うんですよ。それはあげる側になるから」
佐藤夏希「うるさいよ」客w

「黙りなさいよ。ほんとに私、来年からあげなきゃいけなくなるから」
宮崎美穂「だからね、ちゃんと大人の人はあげてください、いっぱい。よろしくお願いします」

佐々木優佳里「涙の数だけ輝きたい、12期研究生のゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私は8月なんですけど、理由はいつも晴れてるし、夏休みだし、そして自分の誕生日があるから8月が大好きです。ということで、今日もかっこいいパフォーマンスができるようにがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

# 以上捌ける


【2列目 上手側から順に】
石田晴香「ハイ、18歳のはるきゃんこと石田晴香です。よろしくお願いします」

「私は12月と1月が好きです。なぜかというと、みゃおが言った通りお金ももらえるし」客w

「12月は私の誕生日もあるので、誕生日プレゼントももらえるし、もらうものも好きですし、あげることも好きなんですけど、もらうのも好きなので、だから12月と1月が好きです。今日もよろしくお願いします」

増田有華「みなさんこんにちはー。笑顔ニコニコ、元気モリモリ、たこ焼き『めっちゃ好きねん』もうちょっと声出そうかなー。笑顔ニコニコ、元気モリモリ、たこ焼き『めっちゃ好きねん』出るやん。大阪魂炸裂の21歳になりました増田有華です。よろしくお願いします」

「私はですね、12月ですね。理由はサンタさんがくるからです」客、拍手

「クソ野郎って言葉が悪いよ」客w

「私は正直言うと夏、8月が好きですね。誕生日もあるし、あとはやっぱ水着着れちゃうみたいな」客、おー

「盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

佐藤亜美菜「はい、愛されたい愛したい、でもやっぱり愛されたい、AKB48チームBの佐藤亜美菜です」

「亜美菜はすーちゃんと同じで今月10月なんですけど、自身の誕生日があると言うよりもハロウィンがすごい大好きなので、ハロウィンが10月31日にあるということで好きなんですけど。そう、爪もハロウィン。オンデマンドさん抜いてもらっていいですか?」
メンバーたち「すごい」
佐藤亜美菜「そのぐらいハロウィンが好きなんですけど、今まで冬に毎年舞台が入ってたっていうのもあってけっこう忙しい秋冬を過ごしてたんですけど今年無いので、ちょっとこれはと思って、実家で、それこそメンバーを呼んでハロウィンパーティーをしようと思ってもう飾りつけを始めてるんです」
メンバーたち「早い」
佐藤亜美菜「私が本気になんないとみんなこないと思ったから、私はアリスの衣装を買ってきて、破って血だらけにするつもり」
メンバーたち「すごい」
佐藤亜美菜「私は用意できました。みなさんいつでもどうぞっていう状態を作んないと、みんな来辛いなと思って」
鈴木まりや「私、かぼちゃの着ぐるみにするの」
小林香菜「無理無理、もう上海行く上海行く」客w
佐藤亜美菜「最低」
メンバーたち「まだ行かないから」
佐藤亜美菜「まりやんぬが上海行く前にやるから絶対。なんかの媒体でお知らせします。ということで今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

岩田華怜「ハイ、知っている方は一緒にお願いします。せ~の、可憐で華麗な『伊達娘』ありがとうございます。宮城県仙台市から来ました、中学2年生、14歳の華怜こと岩田華怜です」

「私はやっぱり夏休み明けの9月あたりですかね。私学校がすごく大好きで、夏休みはいっつももう早く学校始まらないかなってウズウズしてるので、9月に行ったら夏休み明けって一回り成長した気持ちになって登校できるじゃないですか。私はそうなんですけど、なので9月がすごい一番大好きです。今日も自分らしくいきます。よろしくお願いします」

鈴木まりや「はい、知っている方は一緒にお願いします。3時のおやつは?」客「まりやんぬー」
「ありがとうございます。まりやんぬこと鈴木まりやです。よろしくお願いします」

「私はですね、4月なんですけど、4月12日が母の誕生日で、14日が兄の誕生日で、28日がお父さんの誕生日で、29日が私の誕生日で、家族全員4月なんですよ。なので私はちっちゃい頃、家族はみんな誕生日月が一緒だと勘違いしてたんですけど、4月みんな誕生日なので、4月が一番好きです。というわけで今日はよろしくお願いします」

佐藤夏希「は~い、せ~の、1+2=Nなっちー。はい、NなっちことチームBの佐藤夏希です。よろしくお願いしま~す」

「私が一番好きな月は3月です」
増田有華「からの?」客w
佐藤夏希「いろいろ考えたんですけど寒いの大っ嫌いだったから3月は無かったです、ごめんなさい。私が一番好きな月は6月です」
増田有華「とか言って?」
佐藤夏希「私、雨が大っ嫌いなんですよ」客w

「すみません、だから6月じゃなかった。私が一番好きな月は私がほんとに見てるとすごく笑顔になれる、ほんとに笑顔が素敵な、有華、誕生日いつだっけ?」
増田有華「8月」
佐藤夏希「もう1回やり直します」客w

「私がいつも見ててほんとに笑顔になれる、そんな笑顔が素敵、すごく笑顔がかわいくてしょうがないアッキーナこと南明奈ちゃんの誕生日5月が大好きです。よろしくお願いします」

# 以上捌ける


【3列目 上手側から順に】
伊豆田莉奈「10期生の高校2年生、16歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私は11月の26日が誕生日なので、11月が好きっていうか、26日が好きなんですけど、あと、昨日この季節なのに花火が家のベランダから見えたんですよ、打ち上げ花火が。でもどこでやってんのかよくわかんなかったんですけど、家からいっつも見えるんですよ、夏だと。けどもう終わったのかなと思ってたら、夏に見たやつと違う花火をやってて、始め気づかなかったのですけど、どんどん音鳴ってて、ベランダから誰か叩いてるのかと思って、すごい冷や汗かいてきちゃったんですよ。こんな時期に花火なんてないと思ったんで。それでこっそり開けたら花火の音で、1人でベランダで見てたんで、この時期に花火があるならこの時期も好きかなと思います。今日もよろしくお願いします」

北原里英「はい、愛知県から来ました、北原里英、21歳です。よろしくお願いします」

「私は夏がめちゃくちゃ好きなので、8月が本当に大好きで、今年の8月もとっても楽しかったです♪ なんで今日もみなさん楽しんでいきましょう。よろしくお願いします」

名取稚菜「幸せを運ぶ4つのエクボ、あなたに幸せを届けます。わかにゃんこと名取稚菜です。よろしくお願いします」

「私は秋が好きで、なぜかというとチェックシャツが多いからなんですよ。着るのも見るのも好きで、今日は最前列に7人もいるんですよ、チェックシャツの方が」客、ざわ
北原里英「私も今日チェックシャツで着たよ」
小林香菜「私も」
名取稚菜「やったー、じゃ~、後で見ますね」客、軽くw

「そうなんですよ、チェックシャツがすごく好きなので、最前列の方がちょうどチェックシャツを着て、9月は暑かったじゃないですか、10月になって、やっと涼しくなって、またチェックシャツを着てる方が増えてきたので、劇場いっぱいチェックシャツになるように、これからも寒くなっていって欲しいなと思います。今日も笑顔でいくのでよろしくお願いします」

近野莉菜「ハ~イ、ミラクルミラクル?」客「きっとくる!」
「ありがとうございます。チームBの19歳、近野莉菜です。よろしくお願いします」

「私は12月が好きなんですけど、12月の24日ってクリスマスイブじゃないですか。から、年末にかけてめちゃくちゃ忙しい時期があって、慌しいのが大好きなので、12月が好きかなと思います。今日もよろしくお願いします」

小林香菜「はい、最近悪女と呼ばれるのが気持ちいい小林香菜です。よろしくお願いします」客、軽くw

「私はですね、前までは夏がすごい大好きだったんですけど、最近夏になると虫がすごいんですね。で、うちのベランダにカナブンがいっぱい出て、それで、ツイッターに「退治しなきゃ」って言ったら、「退治したらかわいそうだから、飼ってあげて」みたいあコメントめっちゃきたんだけど、ほんとになんか、私が洗濯物干そうとするとブーンって飛んでくるの。それなのに飼うってどうかなと思ったから、ティッシュでこうやってやって、逃がしてあげました。私は逃げません」客w

「よろしくお願いします」

北原里英「チームB5th「シアターの女神」公演。私たちが本当のシアターの女神になれるように、今日も全力でがんばっていきたいと思います。ではまずはユニットからです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(佐藤すみれ・平田梨奈・鈴木紫帆里)
◆M06.嵐の夜には(鈴木まりや・佐々木優佳里・宮崎美穂・佐藤夏希)
◆M07.キャンディー(増田有華・岩田華怜・佐藤亜美菜)
◆M08.ロッカールームボーイ(小林香菜・石田晴香・北原里英・近野莉菜・伊豆田莉奈
◆M09.夜風の仕業名取稚菜


■MC2
佐藤夏希・鈴木紫帆里・平田梨奈・宮崎美穂・佐藤すみれ・鈴木まりや・佐々木優佳里

# 宮崎美穂 ユニット曲5曲紹介

「素朴な疑問があるんですけど、性格は人それぞれじゃないですか。性格悪い人とかいい人って言うと、そこの境目って何?」
鈴木紫帆里「素朴ですね」
宮崎美穂「性格悪いって何?って思うんですよ。私基本的に自分で性格悪いと思ってるんですけど、自分のことをね。でもそれの何がいけないの?って思っちゃう。なんなんですか?その境目」
鈴木紫帆里「自分が性格悪いと思うポイントはどこですか?」
宮崎美穂「気分屋。気分屋で、顔に出る」
鈴木紫帆里「態度が?」
宮崎美穂 → うなずく
鈴木紫帆里「それって悪いの?」
宮崎美穂「悩み悩み」
鈴木まりや「でも表に出す人がいいって人もいれば・・・」
宮崎美穂「私が疑問に思ったのは、会社とか学校とかこういうところで、表で素直に言う人、あなたこうだから直したほうがいいよって言う人が裏で、あの子はあれだからさーって言う人はどっちが性格悪くなるんですかね?」
佐藤夏希「どっちなんだろう」
宮崎美穂「それがほんとに気になってるんですよ」
佐藤すみれ「難し過ぎる」
鈴木紫帆里「深刻な悩みになっちゃう」
鈴木まりや「でも大人になっていくと表に全部出して良くないこともあるじゃない」
佐藤すみれ「世渡り上手みたいな」
鈴木まりや「難しいね」
平田梨奈「間違えたことは言って欲しいです」
鈴木まりや「言い方とかもあるけどね」
宮崎美穂「言い方かもね。みなさん自分性格いいと思いますか? 正直になったほうがいいと思いますよ。まりやんぬはいいと思う、私」
鈴木紫帆里「今トゲがあったぞ。まりやんぬ"は"」
佐藤夏希「7人中1人だけ? ヤバイぞAKB」
鈴木まりや「ゆかるんいい子ですよ」
宮崎美穂「特にいいと思った人」
鈴木まりや「私個人的にゆかるんすごいいいと思う」
佐藤夏希「いい子だよね」
佐々木優佳里「嬉しいです」
佐藤夏希「結局あの子性格悪いよねって言ってる人の好みじゃない。私は気に食わない、あの子のここは気に食わない、それは性格悪いってひと括りにして言っちゃってるだけなんじゃない? 結局は性格悪いは相性問題だよ。私は、みゃおは性格悪いって思うのはみゃおに何か私的にはみゃおの許せないところが1個あるみたいな感じを大きくし過ぎちゃってるの。性格悪いって言葉を撤去したほうがいいと思う」
宮崎美穂「そうしようよ。固定概念なんですよ」
鈴木まりや「人はそれぞれいいところも悪いところも持ってる」
宮崎美穂「私たちみたいな年齢はさ、悪いところを取り上げるじゃない。友達はみんな取り上げるじゃない。それちょっとやめたほうがいいんじゃないですか?」
佐藤夏希「やめたほうがいいと思う、それは」
宮崎美穂「大人になりたいですよ」
佐藤夏希「ちっちゃい頃思い出してください。私、みゆきちゃんキレイとか言ってるじゃん、ちっちゃい子は素直に。どうして歳を取っていくて、「ねぇ、聞いて。なんとかちゃんがさ」ってなっちゃう」
宮崎美穂「でもね、ちょっといい? 私たちが例えば握手会が始まるとするじゃないですか。1人のファンの方がくる、そっちから。(上手側から)ゆかるん好き、好き、好き、好き、嫌い・・・素直に言われたらそれも嫌」
佐藤夏希「それもちょっと嫌だ。メンタルが追いつかない」
宮崎美穂「それは裏で言って欲しい。推しメンのアピールは裏で」
佐藤夏希「難しいね。裏でやって欲しいこと、直接言って欲しいこと、時と場合によりけり」
鈴木紫帆里「その人のためになると思ったら言って欲しいですね」
佐藤夏希「でもそれでどうする? しほりん嫌いって言われたら嫌じゃない?」
鈴木紫帆里「私のために嫌いって言ってること?」
佐藤夏希「たぶん意味があって嫌いって言われてもちょっとショック受けちゃわない?」
鈴木紫帆里「ショック受けますね」
佐藤夏希「嫌いはもうなくそう」
宮崎美穂「苦手も嫌だ。すーちゃん苦手とか言われたら嫌じゃない?」客、軽くw
メンバーたち → w
鈴木紫帆里「たしかに」
宮崎美穂「作ろう、新語。意味は嫌いとか苦手なんですけど」
鈴木まりや「やわらかい言葉がいい」
佐藤夏希「わかったわかった。パセリって言うのはどう? 私すーちゃんパセリとか。パセリってサンドイッチとかに残っちゃうじゃない。そういう、ちょっと嫌いだけどでもあってくれてありがとうみたいな。あなたがいなかったらこんなにサンドイッチ華やかじゃない」
宮崎美穂「パセリがあってサンドイッチだから、AKBだから、すーちゃんは」
鈴木紫帆里「どういうこと?」
宮崎美穂「みゃおはAKBだからサンドイッチみたいになってるけど」
鈴木紫帆里「なくてはならない」
佐藤夏希「パセリで行こう、じゃ~。パセリって言ってください」
宮崎美穂「でもヤダ。ハイタッチとかでパセリとか言われたら嫌じゃん」客w
佐藤すみれ「ヤダヤダ、今日言われるかもしれない」
宮崎美穂「やめよう。そういうの心に仕舞ってください」
鈴木紫帆里「パセリもここで終わり」
宮崎美穂「終わりですよ。絶対やめてくださいよ」客、軽くw

「はい、ということでこれからもAKB48の応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 他のメンバーたち入場

宮崎美穂「それでは後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)


■MC3
前半:石田晴香・佐々木優佳里・佐藤亜美菜・名取稚菜・鈴木まりや・増田有華・宮崎美穂・小林香菜

# 佐藤亜美菜 中盤曲3曲紹介

「最近納得いかなかったこと」

佐々木優佳里「身近なんですけど、前髪がうまく決まらなくて、できなくて、アイロンやっても。それで納得できなかった」
石田晴香「この間おでこ火傷してなかった?」
佐々木優佳里「アイロンで火傷しました」
増田有華「ゆかるんの前髪のこだわりは何?」
佐々木優佳里「左分けで、ちょっと目の上ら辺で切って。そんな感じです」
増田有華「めっちゃキレイ前髪。トゥン、トゥトゥンって感じ」客w
佐藤亜美菜「実は私たちも楽屋の裏で今回の納得いかないことについて、無いねって話をしてたの。私が考えたんだけど、実は私も無かった。すべてのことに最近納得している。と思って、どうしようかなと思ったの。そしたらはるきゃんが、たまには2回公演だし、ゲームとかしねー?みたいに言ってきたの。簡易的にできるとしたら、みんなが知ってるはないちもんめとかね。今から話題変更してはないちもんめやってもいいですか?」客、拍手

# 上手側4人と下手側4人に分かれ、はないちもんめ

◆1回戦

下手側「勝って嬉しいはないちもんめ」
上手側「負けて悔しいはないちもんめ」
下手側「あの子が欲しい」
上手側「あの子やわからん」
下手側「その子が欲しい」
上手側「・・・」
下手側「相談しよう」
上手側「そうしよう」

石田晴香増田有華がじゃんけんし、増田が負け、下手側へ

◆2回戦

小林香菜「有華要らなかったから、あっち行ったから誰もいらなくない?」
増田有華「別に必要やったら戻してもらっていいよ」

名取稚菜小林香菜がじゃんけんし、小林が負け、下手側へ

※上手側は鈴木まりや宮崎美穂の2人

宮崎美穂「性格の悪さで選ばないでね」客w
増田有華「向こう側クズしか残ってない」客w

◆3回戦

小林香菜「みゃお選ばなかったらリアルにかわいそう」客w
佐藤亜美菜「まりやんぬ上海行っちゃうよ」
小林香菜「上海行くから後のことはどうでもいいじゃん」客w

佐々木優佳里鈴木まりやがじゃんけんし、鈴木が負け、下手側へ

※上手側は宮崎美穂1人

増田有華「帰っていいよ」
宮崎美穂「お疲れ様でした」

# 次のメンバー入場 / メンバーチェンジ


後半:鈴木紫帆里・近野莉菜・佐藤夏希・北原里英・平田梨奈岩田華怜・佐藤すみれ・伊豆田莉奈

佐藤夏希「みゃお、かわいそうに」
北原里英「1人残ってすごい良かったね。ちょうどいい感じで終わってね」

「後半MCは言いたいことについて」

「ハイ。亜美菜ちゃんがハロウィンがすごい好きって言って、ハロウィンパーティーをしたいって言ってたじゃないですか。そもそもハロウィンって海外のものじゃないですか。で、日本人って、もともとたぶんやってなかったじゃないですか。で、私ずっと思ってたんですけど、ハロウィンパーティーで仮装したことがあるやつはリア充だってずっと思ってたんですよ」
近野莉菜「ハロウィンパーティーってあんまりやんなくない?」
佐藤夏希「だからやっぱりそこで仮装しちゃう人はリア充。亜美菜はリア充になろうとしてるんだね」
北原里英「だってパーティー好きじゃないとハロウィンまで手回んないじゃん。なおかつ仮装もしようとなると、そういうの大好きでしょ? 人も集められるでしょ? 場所も確保できるでしょ?」
佐藤夏希「たしかに」
北原里英「リア充だ」客w
近野莉菜「亜美菜ちゃんは自宅でやろうとしてますよ」
北原里英「そこはかわいいところだよね」
近野莉菜「この中で仮装したことある人いる?」

平田梨奈岩田華怜伊豆田莉奈 挙手

北原里英「ひらちゃんはだって本場なんだから」
近野莉菜「本場ってどんな感じ?」
平田梨奈「なんか、食べ物が全部脳みそとか、手にガミーベアが入ったりとか。アイスとかで形をいっぱい買って、カタをお店とかで買って、その中にゼリーとかアイスとか入れて、脳みそのゼリーみたいなので」
メンバーたち → 反応
平田梨奈「私がよく作るのは緑色のミントアイスとかを、ドライアイスをアイスの中に入れて、アイスがブクブクってして、それを救うとちょっとアイスが溶けてて、スライムみたいな」
メンバーたち「へー」
佐藤夏希「やっぱすごいね」
平田梨奈「コスチュームコンテストとかあります」
メンバーたち → 反応
鈴木紫帆里「超楽しそうじゃん。ひらりー主催でなんかやりたい、ハロウィンパーティー」
佐藤夏希「亜美菜ちゃんのほうはいいんじゃない?」客、軽くw
北原里英「おいおいおい、かわいそうだ」
鈴木紫帆里「亜美菜ちゃん家にひらりーも呼ぶ」
佐藤すみれ「お菓子を交換するの?」
平田梨奈「交換したりもします。グッディーバーグって言うんですけど、1人の家族がいろんな家族が集まるんですけど、1人の家族が何百人とか何十人分のお菓子を袋の中に入れて、帰る時、家族1人ずつにあげる」
佐藤すみれ「トリック・オア・トリート?」
北原里英「言って言って、トリック・オア・トリートって」
平田梨奈「(ネイティブに)トリック・オア・トリート」
佐藤夏希「早い」
北原里英「キレイ」
平田梨奈「あとトリック・オア・トリート、歌とかあります。お菓子をくれないとパンツ下げるよっていう曲です」客w
北原里英「そういうイタズラをするってこと?」
平田梨奈「はい。ほんとにそうする人とかもいます」
メンバーたち「へー」
佐藤夏希「亜美菜はなんならアメリカのほうに行ってやってきたほうがいいんじゃないの? 本場でね」
近野莉菜「ハロウィンなめてたわ」
北原里英「なめてた、私も。リア充みたいにハロウィンパーティーしよう。今年こそ。やったことないから」

佐藤夏希「この前お洋服買いに行ったの。そしたら「(ぶりっ子)それ今私も着てるんですけど~」って言われたの、店員さんに。私今着てるんですけど、なんですか?って思っちゃうタイプなの、私は」客w

「それもほんとは言おうと思ったの。「すごいよく似合ってますね。私もこれかわいいかなと思ってたんですよねー」って言ったら、「あれっ?お客さん今何なさってる方ですか?」「いや、あの、いろいろ」」客、軽くw
メンバーたち「間違いないね」
佐藤夏希「チームKでデビューしましたよね?って言われて。なんてコアなと思って。私がチームKでデビューしたことを知っている方がそのイケイケのお店のファッションのお店で働いてるなんてと思って。「なんで知ってるんですか?」って言ったら、「私チームKがデビューした日、カフェっ娘で働いてたんですよ」」
メンバーたち「えー!?」
佐藤夏希「そこにカフェがあって。カフェっ娘っていうカフェで働くアルバイトの女の子がいたんですけど、チームKの日にデビュー、そこにカフェっ娘デビューした方がそこの店員さんだったの」
メンバーたち「すごい」
佐藤夏希「私絶対「私も着てるんですけど」って言ったら絶対買わないタイプなのね。で、買っちゃった」客w
メンバーたち「それは買っちゃうよ」
近野莉菜「ちょっと運命的なの感じるよね」
佐藤夏希「さらにすごいの。「先週、野呂佳代さん来てますよ」って言われたの」
メンバーたち「えー!?」
佐藤夏希「ノンティー来てる。なちのんの店みたいになっちゃって」客w

「知らない方は調べて欲しいんですけど」
北原里英「すごい」
佐藤夏希「すごかったの、その日は。偶然過ぎるよ。こういうこともあるんだなと思ってね」
近野莉菜「その服次の握手会で」
佐藤夏希「着てこよう。野呂さん買ってるかもしれないからね」客w

伊豆田莉奈「私は電車に対してのマナーにすごい厳しいんですよ、自分が。やっぱり駆け込み乗車したい人もいると思うのですけど、それがすごい許せないんです・・・」

北原里英「いろいろ話してきましたけど、本当に言いたいことはね、すーちゃん」
佐藤すみれ「ありますよ。トガブロを見たんですけど、11月から新体制が始まるということで、この公演も残りわずかだなと思ったらなんか寂しくなってきちゃいますね」
北原里英「残り少ないですけれども、「シアターの女神」公演全力で私たちがんばっていくのでぜひみなさん最後までよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

北原里英「みなさん、今度の週末は何か予定はありますか? 私は田舎のおばあちゃん家へ出かけようと思っています。最後の曲です。。聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)


# 曲終了後、メンバーたち捌ける


■アンコール


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)


■MC4
曲終了後、「イェー」

佐藤夏希「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

佐藤夏希「オネストマン、チームB推し、2曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「ありがとうございます。次の曲が本当に最後の曲になります。私たちの夢を乗せて歌います。聴いてください。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


曲終了後、
佐藤すみれ「本日のご来場誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

佐藤すみれ「ありがとうございます。私たちのAKB48ニューシングル「ギンガムチェック」はみなさんもうチェックしていただけましたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はこの公演メンバーでその「ギンガムチェック」を披露させていただきたいと思います」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

佐藤すみれ「それでは聴いてください。ギンガムチェック」


◆M17.ギンガムチェック (全員) ※佐藤すみれセンター


曲終了後、
石田晴香「ギンガムチェックはいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。これからもAKB48とそして「ギンガムチェック」の応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 石田晴香 ハイタッチ案内

北原里英「お待ちしていただいてる間に10月31日に発売される、AKB48の28枚目のニューシングル「UZA」のミュージックビデオが完成したので、そちらを披露したいと思います」客、拍手

「今回のミュージックビデオは、レディー・ガガさんやブリトニー・スピアーズさんなど手がけておりまして、AKB48でしたら「ギンガムチェック」も撮っていただいたジョセフ・カーン監督に撮っていただきました。AKB48史上最高難易度のダンスと後半の大技にぜひ注目してください。それでは最後の挨拶いきましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → シアターの女神

# メンバーたち手を振りながらハケる

上手袖前にて、
増田有華「それではみなさんご一緒に、せ~の」
増田有華小林香菜「またきてな~」

増田有華「ほんなね~」

# 公演終了


■AKB48 28thシングル「UZA」MV上映


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームBメンバー、正規メンバー、研究生、五十音順に並ぶ。(※ 前座ガールは不参加)

■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
公演後のメンバーコメント(DMM)

公演後の感想 → 北原里英石田晴香

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル